« 今日も飲み会です、その前に西天満の「松浦酒店」、そして宴は「てんまみち阿田 本店」でおでんと日本酒を堪能しました。 | トップページ | 大阪港、なんか郷愁を誘う街、、、のような気もします^^)まだ、角打ちが残っていますね、「おおさわ」から「仲野酒店」へ。 »

2015年12月 1日 (火)

早くも肥後橋の「洋もん 日本酒のめるとこ」再訪です、やはり「おまかせ3品」は凄かった!2軒目はしまなみ酒場「晴れ晴れ」へ。

【2015年10月21日(水)】

大阪 肥後橋 「洋もん 日本酒のめるとこ」~「晴れ晴れ」

先週、初訪問で好感した肥後橋の「洋もん 日本酒のめるとこ」へ早くも再訪ですhappy01

18時過ぎに飲み友と現地集合の予定ですが、、、

18時前に“とうちゃこ”happy02、ちょっと早めに入店します、一番客でしたcoldsweats01

前回訪問時は満員でした、

カウンターの中のお兄さんに訊くと19時前まではこんなもんですよ、とのこと、

ビジネス街ですからね、やはりスタートはそれくらいになるんでしょうね、

ワタシはまず「麦水」にします、

そして、肴は「おまかせ3品」にしても良いのですが、、、

この“ビックリポンsign02”は飲み友に残しておきましょうhappy02

で、「レバーパテ」380円也にします、

005

“レバー嫌いでも大丈夫”のキャッチコピー通り、臭みは無し、

ほのかに甘いパテです、こりゃイケますわgood

18時過ぎから徐々に入店あり、奥のテーブル席にもお客さんが入ります、

やはり人気ありますね、

ほどなく飲み友も入店wink

初めてだったらまずはこれでしょう、

「おまかせ3品」500円也からいってみい~、と誘導します、ビックリするでえ~

で、ビックリしてましたhappy02

今日の「おまかせ3品」、

006

まず、ボリュームたっぷりの「生ハム」と「きのこのソテー」、

そして、もう一品「サンマのオイルサーディン」、

007

はは、このボリューム、もう笑うしかないですよねhappy02

これ一人で頼むと他の肴・料理まで行きつけないsweat01可能性があるので、ホント注意が必要なオーダーです、

それはそうと、“サンマのオイルサーディン”というのはおかしいのではないか!?

サーディンは“鰯”だし、という話題も店で出ていました、

お店のメニュー表記は「新鮮サンマのオイルサーディン風」、

flair、“風”になんだhappy01

調べると“サーディン”は特定の種の鰯の事ではないそうです、

ウイキペディアでは、

『サーディン (sardine) は、ニシン科ニシン亜科のうち、マイワシ類など数属の小魚の総称である。』

と書いてあります、

ま、サンマも大まかに言うと“サーディン”の仲間や!

ということでエエですか、、、やっぱ、違うかhappy02

閑話休題coldsweats01

そろそろ、日本酒へ行きます、

まずは冷やで「奥羽自慢」、好きなお酒です、

009

「琥泉」、これは飲み友かな?

011

日本酒はS90ml、M120ml、L180mlのスリーサイズです、

Mでいくのがイイかな、ちょうどエエペースで飲み進められるような気がします、

飲み友は「カレー」を頼んだはりますsign02

015

「バリさん特製 茄子キーマカリー」580円也、これも美味しかったすwink

店は混んで来ました、奥のテーブル席も含めてほぼ満員に、人気です、

燗酒へいきましょか、そろそろ燗酒が美味しいシーズンですshine

「一品」辛口純米、茨城のお酒ですって、

017

お燗メータで自己管理です、

上がらないようでスイスイと酒温が揚がって行きますので集中が必要です、、、

って、、ちょっと話に盛り上がると、、、

見逃してしまい、ついアツアツになってしまうのですが、、、sweat02

こちらは島根の「扶桑鶴」純米高津川、

013_2

燗酒、両方とも美味しかったですheart02

はい、ここらでお勘定です、

二人で4000円はしなかったと思います、リーズナブルです、

肥後橋商店街の「洋もん 日本酒飲めるとこ」、

エエ感じです、おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、近くでもう一軒、行きましょかdash

この辺りも新旧交えてまだまだ行きたい店があります、

まずは、肥後橋商店街を抜けたところにある立ち飲み「虎居」、

002

ここは昼間、焼肉やステーキの定食を出している「TRY(トライ)」です、

で夕方から立ち飲みに変身して「虎居(トライ)」になるみたいです、

オモロイです、一度入ってみてもイイかな、でも、もう少し歩いてみましょう、

こんな店が出来てました、立ち呑み「すし米」、

004kai_2

ここは知りませんでした、

覗くと小さなカウンタの店、寿司が出て来るみたいです、

へ~、ここも要チェックですねshine

で、今日の2軒目はここにします、しまなみ酒場「晴晴」、

019_2

ここも知りませんでした、

なぜか“広島”と“高知”の日本酒が飲めるようです(広島の焼酎もあるみたいです)、

ではでは、入りましょうdash

そこそこの広さのスクエアな立ち飲み、明るくて綺麗な店内、

028_2

立ち飲みテーブルが4つほど、ワタシ達は奥のカウンターに着きます、

ウリの刺身いってみましょか、「刺身桶盛り」880円也、

025_2

お、なかなかエエじゃないですかheart02

説明を聞いて盛り内容確認、、、

はまちトロ、カンパチ、しめ鯖、スルメイカ、石垣鯛、まぐろしんこ、蛸、、、

んなとこだったかな、

これは納得のメニューでした、

日本酒は広島の「龍勢」、これは燗酒で、

022



そして、高知からは「久礼」、こちらは冷やで、

021_2

訊くと若い店主さんが広島出身、だから広島の酒、

高知の酒は、、、大将が好きだからだそうですhappy02

これでお勘定です、

しまなみ酒場「晴れ晴れ」、ヨカッタです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

では、ほろ酔いで帰りましょうwink

 

|

« 今日も飲み会です、その前に西天満の「松浦酒店」、そして宴は「てんまみち阿田 本店」でおでんと日本酒を堪能しました。 | トップページ | 大阪港、なんか郷愁を誘う街、、、のような気もします^^)まだ、角打ちが残っていますね、「おおさわ」から「仲野酒店」へ。 »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/62475966

この記事へのトラックバック一覧です: 早くも肥後橋の「洋もん 日本酒のめるとこ」再訪です、やはり「おまかせ3品」は凄かった!2軒目はしまなみ酒場「晴れ晴れ」へ。:

« 今日も飲み会です、その前に西天満の「松浦酒店」、そして宴は「てんまみち阿田 本店」でおでんと日本酒を堪能しました。 | トップページ | 大阪港、なんか郷愁を誘う街、、、のような気もします^^)まだ、角打ちが残っていますね、「おおさわ」から「仲野酒店」へ。 »