« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

今日も飲み会です、その前に西天満の「松浦酒店」、そして宴は「てんまみち阿田 本店」でおでんと日本酒を堪能しました。

【2015年10月20日(火)】

大阪 西天満 「松浦酒店」~「てんまみち阿田 本店」

今日も飲み会があります、ありがたいこってすhappy01

店は西天満の「てんまみち阿田 本店」、

おでんのお店で、日本酒もいただけるようです、嬉しheart02

逸る気を押さえられず、早めに梅田から歩いて西天満を目指しますdash

旧関西テレビ本社辺りをかすめます、

、「大安」が営業していますね、ここでフライングしましょうか、、、むむむ、、、

悩みながらも、ここはスルー、、、ごめんなさい、また来ますねhappy01

なんか今日は後で美味しいおでんとか日本酒が飲めそうなので(ありがたやありがたやhappy02)、、、

フライングするなら、この先にあるあそこの方が似合いそうですshine

旧梅ヶ枝町(こちらの名前の方が風情がありますwink)の交差点を渡り、

少し行くと「松浦酒店」があります、

立ち飲みの角打ち、大きな細長いコの字カウンター、肴・料理も充実happy01

今日はまずここで瓶ビールをキュ~っと飲んでから、飲み会に臨むのがエエように思いますhappy02(なんじゃそりゃ)、

ひさしぶりです、時間は18時過ぎ、まだ余裕があります、

ま、大箱なので一人なら何とかなることが多いのですが、

予定通り、瓶ビール、酒屋ですので全銘柄が揃っていると思います、

ここはSAPPORO黒星(生)の小瓶にします、

013

きゅ~、イメージ通りです!ウマイ!!happy02

肴はまず「茄子炊いたん」、

014

そして焼酎に変えます、「麦水」お願いします、

018

ここもセットで出てくる店ですねwink

コップに溢れんばかりの焼酎と、グラスと氷、正しい焼酎の水割りセットです、

これで2杯作って飲みましたが、、、 

ここまでコップに一杯だと、最初の焼酎の注ぎ方が大変難しいsweat01

こぼさずにグラスに注ぐにはテクニックが必要です、

お手本は東神奈川の「みのかん」の大将ですshine

「みのかん」の大将はコップ一杯の焼酎をこぼさずに見事にグラスへ注ぎ入れますhappy02

最初に焼酎の入ったコップの底をグラスの中へ入れ少し垂らして、機を見て一気にグラスへ流し入れます、

真似してみました、、、が、、、邪念がありましたheart03

2杯に分けて飲みたいという邪念が思い切りの良さを無くさせました、、、

ちょっとこぼれましたsweat02、、、わ、、、スイマセン、もったいないcoldsweats01

肴は「おから」を追加、

019

これで焼酎2杯を飲んでお勘定です、“せんベロ”でした、

西天満の角打ち立ち飲み「松浦酒店」、

おおきに、イメージ通りのフライングが出来ました、

ごちそうさん!また来ますねheart04



 

さて、19時からは「てんまみち阿田 本店」で飲み会ですbeer

10人ほどでワイワイと楽しみましたheart01

料理は“おでん”ということですが、上品で手の込んだ皿も多かったです、

前半戦はお通しに刺身、

020

おでんは「大根」、

021

「すじ」、

023

「厚揚げ」、

024

日本酒も揃ってます、ビールで乾杯した後は日本酒どんどんイキましたgood

025
028
030



後半戦のおでん、「たまご」、

029

「肉吸い」、

043

「しゅうまい」、

044

これは「おもち」です、

046


ふ~、お腹一杯です、みなさま、おおきにでしたshine

美味しいおでんと日本酒、サイコーでした、

「てんまみち阿田 本店」、おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

本日、プレゼントでいただいたぐい飲みとお酒ですup

054kai

いやはや、嬉しカルカル、家でもゆっくりいただきましたhappy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月27日 (金)

贅沢なイベントに参加です、本庄「酒蔵なかやま」で大塚まさじさんのライブ♪と、「菊姫」を呑みながらの食事会です。

【2015年10月18日(日)】

大阪 本庄 「酒蔵なかやま」(菊姫と大塚まさじライブ)

今日はライブと日本酒という贅沢なイベントに参加しましたnoteshine

大阪本庄の“酒蔵なかやま”で年2回開催されている『酒蔵なかやま企画 音楽と日本酒』、

今回のアーティストは“大塚まさじ”さんgood

Ohtsuka

そして、お酒は“菊姫”ですheart02

参加費(ライブと食事+菊姫)が8000円也とちょいと張りますが、

東京から菊姫サポーターのMさんも参戦ということで、ワタシも行くことにしましたwink

◆大塚まさじLIVE & 石川県白山市「菊姫」を楽しむ会

2015年10月18日(日)

会場:酒蔵なかやま
¥8,000【飲食代含む】※完全予約制 定員30名
開場14:30 開演15:00
 

*お食事を提供していただけるお店は北新地本通りにございます日本料理店「麓」さんです!http://www.fumoto-kitashinchi.com/

ライブは15時から2時間ほど(今回は残念ながら写真撮影不可でしたので写真なしですheart03)、

そして、「菊姫」を楽しむ会へ突入しますhappy01

食事はこんな感じ、おお、美味しそうで、なかなか豪華、ボリュームもあります、

011kai

今日の献立です、

008kai



そして、この日用意された「菊姫」はこちらの7種類、

005kai

各自で自由に飲むのではなく、「菊姫」のWさんの説明と共に、この順番に飲み進めるカタチです、

ライブ参加者と出演者40人ほどでワイワイと開宴、

とにかく食べ呑み、酔っぱらいましたので、説明が正確ではないかもしれませんsweat01

ご容赦くださいませcoldsweats01、、、

まずは◎にごり酒(山廃仕込)特A山田錦26BY

Pa180007

ほう、最初がにごり酒なんですね、

◎純米「金釼」特A山田錦

012

これは燗酒で出てきました、

◎特吟 柳達志コレクション 特A山田錦11BY

013

これは冷で出てきました、これは本数の少ない貴重なお酒のようです、

BYというのは“ブリュワー イヤー(Brewer Year)”の略で、数字は平成表記の年次だそうです、

これは平成11年に醸造した、ということになりますね、15年前の日本酒ということになりますshine

ちなみに日本酒の醸造年度暦は7月1日から始まるそうですので、翌年の6月30日までがその年度に醸造された日本酒となります

◎山廃純米「鶴乃里」特A 山田錦25BY

Pa180051kai

この瓶がそうだったと思います(たぶん)、綺麗なラベルheart02

◎山廃純米 特A山田錦

Pa180041kai
(「菊姫」のWさんhappy01)

これは、一番よく見る「菊姫」ですね、

◎吟醸「加陽菊酒」特A山田錦11BY

Pa180080kai

これも見たことない「菊姫」ですね、

最後に出たのは普通酒、これでお終いですね、

◎普通酒(山廃仕込み)「菊」山田錦/五百万石



贅沢なイベントでしたhappy01

フォークのライブnote、菊姫、美味しいお弁当wink

この企画は「酒蔵なかやま」さんのオリジナル企画、

また来年もあるかもですね、

春は加川良さんのライブが恒例のようです、また来れたらイイですねheart02

おおきに!ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

立ち飲みの最新トレンド!?洋食です、肥後橋商店街の「洋もん 日本酒のめるとこ」、驚きの「おまかせ3品」。

【2015年10月16日(金)】

大阪 肥後橋 「洋もん 日本酒飲めるとこ」

「のめとこ」の3店舗目が出来たそうです、それも「洋もん」だそうですflair

こりゃ、行かねばなりますまい。

って、なんのこっちゃ!?ですかねhappy02

本店が京阪「萱島」駅にある「日本酒のめるとこ」(これが店名です)shine

2店目の京町堀の「日本酒のめるとこ」が出来た時に知りました、

京町堀には数回、萱島のお店には一度行きました、両店とも良い店でありますheart02

その「日本酒のめるとこ」の3店目が肥後橋の“日本一短い商店街”「肥後橋商店街」に出来たそうです、

それも「洋もん」だそうですflair

そう、これまた最近のトレンドの一つ、日本酒と洋食のコラボ、

肴・料理が洋食なんです、

なんばの「最」の2号店「ビストロSAI」は日本酒と洋食、

京橋の「明けごころ」の「洋食明けごころ」はワインメインですが、立ち飲みの「明けごころ」が洋食メインで勝負、

いずれも立ち飲みの最新形ですなshine

そして、今回は「日本酒のめるとこ」の3号店「洋もん 日本酒のめるとこ」、

こりゃ楽しみですhappy01

時間は18時半過ぎ、

026

ちょいと中を覗くと、、、うわ!満員ですやんsweat01、やはり人気していますね、

ここはあきらめずにプッシュします、

カウンターの中のお兄さんに指で一人客の合図を送りながら、眼力で“入れてください~”ビーム!を送りますhappy02

ひとり~、え~~っと、奥へどうぞ~、

お、入れるみたいです、おおきにですwink

10数人立てるカウンター、奥の方に隙間を作ってもらいます、

あ、そのまた奥にはテーブル席も2つほどありますわ、

おおきに、すいません、通してもらいます、

大丈夫です、

ここは最大で20人くらい入ったことあるからhappy01、とお兄さん、

おおきにです、なんとか、カウンターに納まって注文です、

せっかくですから、ここは端から日本酒でいきましょうdash

まずは、、、

メニューNo.5!「ZAKU プロトタイプシリーズH」M650円也にしますshine

サイズはS90ml、M120ml、L180mlの3種類、Mにしました、

027

そして、肴は、、、

これまた、最近の立ち飲みトレンド、まずは「肴の3種盛」みたいなん、

「日本酒と私」の「三種盛り」、

014

「ナニワスタンド」の「三種盛り」、

019

もう圧倒的な迫力CPですなlovely

さて、ここ「洋もん のめるとこ」のお奨めも「おまかせ3品」500円也、

さていかがなものなのかな?

これが凄かったですsign01

これは反則でしょう、なくらいのボリュームです、

まずは2品が乗ったプレート、

034

「生ハム」(それも相当の量)と「枝豆」、

これだけ見てもちょっと食べ切れない予感があったのですが、、、

3品目がこれ、

035

「サンマのオイルサーディン」sign03

あは!これでまとめて500円也ってどうよ!笑わなしゃあないなあhappy02

それに、絶対食べ切れへんし、笑わなしゃあないなcoldsweats01

ほんま、大阪の立ち呑み戦線はとどまるところを知らないビッグバン中でありますdash

正直言うとワタシ、「生ハム」はあまり得意じゃないのですsweat02

嫌いじゃないけど、塩分多いし(血圧が気になる)、

ほんの一口でイイんだけど、、、そこは貧乏性、完食しますよ~、

日本酒をお替り、

ネーミング買いでNo.19「ポコアポコ」ひとごこち生原酒780円也、

036

これが好みでした、やや酸味強く、辛くて旨味あり、生原酒してますわ~heart02

これで、なんとか「おまかせ3品盛り」を完食してお勘定にします、

ふ~、お腹一杯ですわ、1930円也、

肥後橋商店街に出来た「洋もん 日本酒のめるとこ」、

またまた、インパクト一杯の立ち飲み登場ですhappy01

17時台に行くと空いているみたいです、奥のテーブル席は予約もできます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

本町から肥後橋目指してぶらぶら、いつも満員の「ましか」が開店直後で空いています、一度入ってみましょう^^)

【2015年10月16日(金)】

大阪 肥後橋 「ましか」

本町で所用終了、ぶらぶらと四ツ橋筋を梅田目指して歩きますhappy01

途中から一本裏通りへ入ります、

京町堀の「日本酒のめるとこ」がもう開いていますねshine

う~ん、今日は他にお目当てがあります、スルーします、

お目当ては肥後橋商店街に出来たらしい「日本酒飲めるとこ」の洋食バージョンのお店heart02

歩いて10分くらいでしょう、

と、その前に、、

「ましか」の前を通りかかると、開いています、開店直後かな、まだお客さんなし、

021

ここは通るたびにいつも盛り上がっているお店です、

テント看板には“手作りサンドの店”とあります、

022

「神戸屋」の看板もサンドイッチ感を盛り上げますがhappy02、、、

どうやら、夜はワインが飲める店のようです、

いつも、ほ~っ、人気だね~、と見ていたのですが、、、今なら入れそうですwink

オープンドアの店内が良く見えます、

開店直後でまだ忙しそうに動いている大将とお兄さんに、一人で入れるか訊きます、長居はしませんので、

はい!どうぞ~、とのことです、

店内に入ると、お兄さんがざっと「ましか」のシステムを説明してくれはります、

ふむふむ、なんとなく分かりましたhappy01

ではでは、ヨロシクお願いします、、、

奥に続く逆Lカウンター、奥の底辺に着きます、カラフルな可愛い椅子、

015

横にも別のカウンターテーブルがありますね、

カウンターには“「ましか」の楽しみ方”がありました、こちら、

008kai

なるほど、セルフでねgood、、、オーダーも清算もレジ前でねgood、承知いたしました、

では、まずワインをいただきましょうか、

ワインはレジ前のサーバーから自分で注ぎます、生ビールも同様にセルフサービスです、

016

ワインの量は思ったより少な目でしたcoldsweats01

で、壁のボードを観て料理も注文、

「ポムドチールさんの美味しい無農薬野菜サラダ」800円也と、

「明石コショウダイ炙りお刺身」700円也、

いずれもハーフが出来るとのことでしたのでハーフにしてもらいます、

ワイングラスを持って席まで戻ります、

ぼちぼちとお客さん来店、

基本は予約みたいですね、そしてやはり女子会が多いみたいですhappy01

「ポムドチールさんの美味しい無農薬野菜サラダ」、

011

ワタシにはちょっとソースが刺激的でした、

「淡路産コショウダイの炙りお刺身」、

012

うん、美味しいですshine

ワインをお替わり、量が少ないので結局3杯飲みましたsweat02

グラスに継ぎ足しは無しで、新しいグラスに注ぎます、あとでグラスがお勘定でカウントされます、

う~ん、ちょっと中途半端なのでもう一品、

「大山地鶏ココロ、ハツモト塩焼き」600円也、こちらはレギューラーでお願いしました、

018


はい、鶏好きです、美味しいです、

さらに女性続々来店、混み合ってきました、

おそらく予約で一杯になるのでしょうね、ワタシはそろそろ切り上げましょうwink

ワイン3杯飲んで3品、3000円程でした、予想よりちょっと値が張りました、

肥後橋の裏通り、セルフサービスでワインと料理を楽しむ店、「ましか」、女性に人気のお店のようです、

おおきに、ごちそうさん!heart04

さて、では「日本酒のめるとこ」洋食のお店へ向かいましょうdash

(おまけ)

この日のランチは大阪駅前第4ビルB1Fの「めん次郎」で「天ざるうどん」、

004

これでたしか500円台、リーズナブルなうどん屋さんです、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

西宮からテクテク探訪、武庫川も渡って“センタープール”すぐ近くの「中島酒店南店」へ、お久しぶりです^^)

【2015年10月14日(水)】

尼崎 センタープール前 「中島酒店南店」

JR「西ノ宮」駅近くの「東口商店」で昼飲みした後ですhappy01

さて、どうしようかな、とりあえず東へ向けて歩き始めますshine

次に飲めそうな店というと、、、

甲子園にはないねえ、、、鳴尾の「新小松」が気になるけど、、、

まだ未入店ですからね、とりあえず「新小松」を目指しますかdash

とにかく時間はあるのでゆっくり歩きます、

途中で山手幹線に出て、そこからJR「甲子園口駅」へ、

駅南側の繁華街を探訪、

ここら辺りだと立ち飲みの「ザクロ」が気になります、、、が、この日は見つからずheart03

あれ?たしかこの商店街にあったと思うんだけど、

まあいいや、時間的にはおそらくまだ開店していないでしょう、また、あらためて来ましょうwink

ここまでで1時間くらいかな?

2号線を横切ってさらに南下、

途中で大きな通りを鳴尾方面へ、この大通り(旧国道?)沿いに「新小松」がありますheart02

038

前を通るのは二度目、この外観が気になって仕方ないのですがhappy02、、、

この日はさすがに時間が早かったのか、まだ開店していませんでしたsweat02

次回こそ入店してみたいですねheart02

ここまでで90分ほど歩きました、そろそろどこかへ入りましょう、

ここからだと、、、

もう少し歩きますが阪神電車「センタープール前」のある「中島南店」はどうでしょうかflair

競艇場のすぐ近くにあるのでこの時間でも開いている可能性大、

競艇のスケジュールは分かりませんが行ってみましょうdash

20分くらい歩いたかな?

とにかくこの道をまっすぐ、武庫川橋を渡ってしばらく行くと交通整理のガードマンが立っています、競艇場の場外整理です、

ということはこの辺りを曲がればいいかな?flair

と、適当に検討をつけて曲がって南下(スマホは余程困らない限り見ないで歩く主義wink)、

ドンピシャでした、「中島南店」の前に到着、

041

120分ほどのウォークもここで終了、ではでは入りましょうheart02

スクエアなフロアにはビールケース、酒樽などを上手く利用したテーブルが5つ6つ、

051kai

奥のカウンターに料理、肴が並んでいます、

047kai

先客4組ほど、競艇系、若いカップル、料理も酒も揃っているので人気の立ち飲みですshine

良く歩いたので、ここは珍しく瓶ビールの気分、サップロの黒★、

043

肴は奥のショーケースから「じゃこおろし」、

ふ~、一人でカンパイですbeer

ここは久しぶりなので大将憶えてくれてるかな、

挨拶しようかな~、と考えていたら、大将からにっこり挨拶してくれはりました、

お久しぶりです、

スイマセン、ホンマ久しぶりです、ガンガン歩いてきましたよhappy02

大将、店のあれこれで忙しそうです、

ビールを残して、日本酒にしましょう、

入口横の冷蔵ショーケースに日本酒の瓶が並んでいます、

045kai

やはりここは「大黒正宗」かな、

お姉さんに訊くと“しぼりたて”がお奨めとのこと、ではそれで、

046

コップ一杯で400円也、

おう、さすがにフレッシュで美味しいですねheart02 

050

一升瓶の予約もできるようです、

肴は珍しい「ぶりの子」、

048

これでお勘定です、1320円也、

競艇場“センタープール”の西北端に隣接、

阪神電車「センタープール前」駅からは歩いて10分ほどかかりますが、歩く値打ちはありますgood

「中島酒店南店」、おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

この後は、歩いているうちに連絡のあった飲み友と西宮で飲むことに、

さすがに歩いて戻る気力はなくcoldsweats01、阪神電車で「香枦園」駅まで行き、そこからまた少し歩きました、

よく歩き、よく飲む、、、健康的やなhappy01、、、かな?sweat01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

西宮のお役所探訪の後は、、、あら、昼の12時ですが「東口商店」がもう開いていますね、これは寄らねばなりますまい^^)

【2015年10月14日(水)】

兵庫 JR西ノ宮 「東口商店」~尼崎 センタープール前「中島酒店南店」

今日も良くある歩いていますねwink

今日は西宮にあるお役所にいきました、

いろいろと書類を書いたり、届けたり、、、ふ~、思ったより親切でスムーズに済ませましたが、やはり疲れるわcoldsweats01

さて、とりあえずJR「西ノ宮」駅を目指して歩きましょう、

10分くらいで駅に着くはずです、往きとは違う近道と思われる経路を辿ると、、、

あれ?この道ってなんか見憶えありますね、、、あ、ここへ出ますかflair

JR線路の北側の団地の端に出ます、

ここの棟の1階には立ち飲みの「東口商店」があります、一度、いや二度かな、入ったことがありますhappy01

025
(写真は開店後の写真です)

時間は12時過ぎ、、、もう開いているのかな?

と覗くと、、、開いてますhappy01、暖簾はまだ内側ですが開いています、開店準備真っ最中のようです、

うむ、これは久しぶりに寄っていきましょかheart02

でも、まだ準備中みたいだし、もうちょっとしてから寄りましょう、

JRの高架を潜って南側にある「淡路島バーガー」へ、

ここは水曜日定休のようですが、一応、定休の確認happy02

ここもまた食したい、今度来た時はぜひ食べましょうshine

で、「東口商店」へ戻ると、もう暖簾が出ています、

へへ、ではでは入りましょうdash

ちょうどイイ感じのコの字カウンター、10人ちょっとは立てるかな、

表にもテーブル席が二つ、ま、パリのカフェと同じですなhappy02

もちろん、時間的に先客なし、

カウンターの中にはお母さんとお姉さん、家族経営かな、

だいたい常連さんが昼から飲んでおられる店です、

表のテーブルに座って、まったいゆっくり飲んでおられることが多いのですが、、、

今日はワタシが一番客ですgood

誰やこれ!

まではきつくないですが、お母さんもお姉さんも???な感じ、スイマセン、もう飲めますか?

はい、どうぞ~、

お母さん、素早く対応していただきますwink

では焼酎、う~ん、珍しく「ウーロン割」260円也にします、

肴はカウンターにずらりと並んでいます、

032kai

げそ天、イワシフライ、チーズカボチャフライ、豚串、てんぷら、ウインナ、餃子、厚揚げ焼き、カボチャ天、とずらり、

左手奥のリーチインにも小皿が入っています、

とりあえず、カウンター上の目の前にあった「げそ天」にします、

026

お母さんは懸命に肴の仕込中です、

おでんのネタもどんどん投入、これから煮込みですねshine

店内の案内によると「東口商店」の営業時間は朝10時~22時と12時間営業です、

飲もうと思うと朝から飲めるんですhappy01

「ウーロン割」をお代わりします、

そして、リーチインからの「ポテサラ」にします、

031

常連のお父さん来店、

酒、

半分でイイよね、

う~ん、うん、、、

どうやらお父さん、お母さんに酒量制限されておられるようですhappy02

お父さん、お酒半分とおでんの「スジ」食べてしゅっと帰らはった、

毎日のルーティンなんでしょうね、

結構、本格的に飲んでいます、もう一品、いきますか、

カウンター上の串カツみたいなんも魅力的です、

お母さんに訊くと「豚串」とのこと、悩んだ末に「厚揚げ焼き」にします、好物、

034

しっかり焼いていただき、鰹節に生姜、葱、エエですな~heart02、丁寧な出し方ですshine

また常連のお父さん、

「アキレス」ある?

今日はないよ、

お父さん、ホントに残念そうでしたhappy02

さて、ワタシはこれでお勘定にしましょう、千円ちょっとかな、

JR「西ノ宮」駅の北側、団地の1階にある東口商店、

朝から営業の立ち呑みです、常連率相当高いですが、敷居はありませんwink

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、ちょいと腹ごなしに歩きましょかwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

広島2日目は急遽予定変更で西条「酒まつり2015」へ参戦することに、「亀齢」「賀茂泉」「福美人」「賀茂鶴」「白牡丹」蔵を探訪。

【2015年10月11日(日)】

広島 西条 「酒まつり2015」

広島、呉でワイワイと楽しんだ翌日です、今日は西条へ向かいますdash

事前の予定では、この日は“尾道”へ行く予定、

でも、、、昨晩飲んでいる時に耳寄りな情報がflair

この土曜日、日曜日と酒処西条(東広島市)で「酒まつり2015」が開催されているそうなshine

知りませんでした!広島では超メジャーなイベントみたいですwink

『“尾道”はいつでもあるけど、酒まつりは明日しかない』、

『どんなイベントかって?って、行けばわかりますよ、人一杯ですから』、

という飲み友の言葉に急遽予定変更happy02

尾道はまた今度行くとして、とりあえず今日日曜日は西条を目指しますdash

呉線「呉」駅を出発、朝早くに目が覚めたので結構早い時間の出発です、

081

呉線で一旦「広島」駅まで戻っても良いのですが、

途中の「海田市」駅が呉線と山陽本線との分岐駅になっています、

西条は山陽本線沿線です、ここで快速に乗り換えましょう、

ちなみにこの「海田市」は“かいたいち”と読みます、

最初、車内の案内アナウンスで聞いた時は「解体地」という感じが浮かびました、

どんな場所?なんだあ、と思っていたのですが、

駅に着いてちゃんとした漢字を見てちょっとビックリhappy02

普通は“かいだいち”とか読みそうですがね、

閑話休題、

「西条」駅には9時30分頃に到着、

ちょっと早かったかな、こういうイベントは大概10時頃からですからね~、、、

と云う甘い考えは「西条」駅ホームで打ち砕かれます、

人人人人ですsweat01(こう“人”という字を繋げると違うものに見えるなあ)、

9時30分頃で、駅はもう人で一杯です、こりゃどんなイベントなんだろう、

ルールはどこに書いてあるんだ?

なんていうことを考える前にとりあえず駅のトイレに並びます、

帰りの切符も買いなさい!と駅員さんが叫んでいます、

こりゃ大変なところに来たみたいですcoldsweats01

駅を出ると少し楽になります、人がどんどん流れています、

087

なんとなくいろんな看板などを見て、なんとなくイベント概要を把握、

どうやら大きくは「酒蔵巡り」(西条駅前すぐにたくさんの酒蔵があります)、「イベントステージ」、「酒ひろば(全国の酒を飲める有料エリア)」と、3つのエリアがあるようです、

いずれにせよ、重い旅行カバンを持って歩くのは辛いです、

駅のコインロッカーはすでに空きなし、

駅員に訊くと、お店で“手荷物預かり”みたいなものがあるかもしれません、とのことでした、、、探してみましょう、

しかし、駅前の商店(どこも料理販売や直売しています)やら屋台を見て回りますが“荷物預かり所”は見つかりませんheart03、うむ~、

と、梨の直売をやっておられる店に『お帰りまで預かります』という短冊が下がっていましたflair

お!これは!!訊いてみると、

「買っていただいた梨を帰りまで預かっておきますよ」ということだそうです、

だよね、、、

でも、訊いてみました、

カバンも一緒に預かってもらえませんか?

良いですよ~happy01、そういう方、おられます、

やった!親切ですwink、では梨を一盛(大きな梨4個)を購入、

で帰り掛けまでカバンと一緒に預かっていただきました、

さて、身軽になったので、いよいよ「酒まつり2015」に参加いたしますheart02

「酒蔵巡り」、「イベントステージ」、「酒広場(全国の酒を飲める有料エリア)」のうち、

まずは駅近くにある「酒蔵巡り」エリアに入ります、

基本入場無料ですが、有料での試飲がたくさんあるようです、

贔屓の「賀茂泉」の蔵が一番奥の方にありますshine

ではまず「賀茂泉」へ行ってみますか、

という方針も数分で崩壊happy02

まず目に付いた「亀齢」蔵、どんなシステムなのか?まずはここで試してみましょう、

ほうほう、試飲に、日本酒の販売、グッズの販売、そして飲食ブース、

こんな構成ですね、

091

ではまず「亀齢」純米大吟醸300円也をいただきましょう、

小さなプラコップに一杯です、

Pa110323kai

さすがに美味しいですshine

こちらは「限定酒」100円也、これもいただきました、

090kai

そして、飲食ブースで「かやくご飯」を頂きました(もちろん有料です)、

これから飲みますからね、まずは腹になんか入れておきましょう、、

092

なるほど、こんな感じですね、だいたい分かりましたshine

ではどんどん行きましょうdash

ここは飲み比べ3種で500円也のお店でした、

Pa110331kai



そして「賀茂泉」へ、

095

ここではTシャツ買いました、贔屓ですから、

試飲は「酒まつり限定酒」100円也、

Pa110338kai
Pa110347kai


この方も酒造りの修行中だそうですwink

「幻の酒壷」、コップ200円也を飲みました、

098kai



次は「福娘」で一杯、

099kai

そして一番大きな蔵の「賀茂鶴」へ、

人人人人、、、

Pa110371kai

103kai



ここは500円也で4種の酒をいただけるシステム、

Pa110390kai

1番、

Pa110395
Pa110396

うわ!高いお酒やsign01


2番、金の花びら入りです、

Pa110406kai
Pa110408kai


3番は燗酒、

106kai

燗酒も美味しいですね~heart02

4番、

Pa110424kai
Pa110399kai

結構、酔って来ましたよhappy02

これでイベントスペースへ移動しようかと思いながら、もう一蔵「白牡丹」さんへ、

Pa110466kai

ここは「甘酒」が無料試飲だったかな?忘れました、

Pa110483kai

「酒粕」200円也購入、

Pa110488kai

ふ~、酔った酔ったwink、では「イベントステージ」へ向かいます、

いろいろやったはります、が、、、ここはスルー、

Pa110515kai



そして、日本各地の酒が飲める「酒ひろば」へ向かいます、

Pa110520kai

ここは入場券が必要でした、これが案外高く2100円也sweat01

中で日本酒が飲めて肴は有料、、、

うむ、ここはスルーでイイか、なんか凄い人出だしsweat02

と、帰ろうとしたら、

見知らぬご夫婦がいきなり前売りチケットを差し出しながら近寄って来られました、

Pa110518kai

ええ!?

これ、使ってください、余っちゃったので、

ええ!?じゃあ、買い取ります、

いえいえ、いいんです、差し上げます、

いや~、余程難しい顔でチケット購入を検討していたのでしょうか?coldsweats01

ここでこんな厚意に恵まれるとは、ありがとうございます、

では遠慮なくいただきます、しっかり楽しませていただきますshine

ということで「酒ひろば」へ入場、

やはり凄い数の人で混み合っています、

猪口を持って飲みたい地域のブースに並び銘柄を番号で伝えて注いでもらいます、

Pa110517kai

これを繰り返す訳ですが、列に5分ほど並んで猪口一杯、、、

Pa110524kai

これでは“呑む”を楽しめるペースにはなりませんheart03

Pa110530kai

それに足の踏み場もないくらい、あちこちで宴会状態、ゆっくり各ブースも散策もできず、、、

2杯で退出しました、チケット貰ったのにスイマセンsweat02

でも、ご厚意には心から感謝しておりますheart01、おおきにでした、

ここは、来年からの運営はもう少し変わるんじゃないでしょうかね、

さて、これで西条「酒まつり2015」探訪は終了です、

時間は13時頃、これでも3時間半も楽しんだんですね、

西条「酒まつり2015」、楽しかったです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、梨とカバンを忘れずに引き取って帰りましょうhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

広島呉の夜、「おおむら亜」で美味しいビールとやおぎも、がんす!?そして、念願の屋台で一杯は「龍王」へ^^)

【2015年10月10日(土)】

広島呉 「おおむら亜」~屋台「龍王」

北海道から広島の呉へ転戦中ですhappy01

呉の「第三鳥八」での一次会を終えて、さあもう一軒ですdash

目論見は屋台ですshine

呉の屋台は有名ですが、過去2回の訪問では残念ながら屋台未訪問heart03

今回こそは屋台へ行くつもりです、

今日、屋台が出ているのかどうか?

よく分からないのですが、「第三鳥八」で訊くともう少ししたら出るでしょう、とのことcoldsweats01 

時間は18時過ぎ、ひょっとするとまだ早いのかもしれません、

では、一軒挟みましょうか、

ということで美味しい生ビールが飲める「オオムラ亜」に入りましたheart02

ここも呉の有名店shine

以前より美味しい生ビールを出しておられたようですが、近年、代変わりしたようです、

で、店名は「オオムラ」から「オオムラ亜」に進化したそうな、、、

と地元民の薀蓄、

たしかに「おおむら亜」の表示があったような記憶が、、、あった、、、あったよね、、、すでに酔ってますhappy02

もちろん生ビールで乾杯、

Pa100190kai

肴はこれ、、、なんですか? 

051

呉の名物で「やおぎも」というそうで、

正体は牛の肺、東京で“フワ”と呼ぶ部位ですねshine

そしてこれ、、、なんですか?

053

これはたしか「がんす」というものだそうです、

これまた呉の名物らしく、同じ広島県でも広島市や福山市ではあまり馴染みがないかも、、、という超ローカル食材ですhappy02

見た目の通り揚げ物、

それもパン粉を付けたフライ状であります、

身は“すり身”、蒲鉾などのすり身と同じものに野菜や、味付けで七味唐辛子が混ぜ込んであるようです、

こちら、「オオムラ亜」のメニュー、

Pa100185kai

リーズナブルですね~heart02

ここでもこんな雰囲気で大いに盛り上がりました、

キャッチコピーは『グッと一杯、思わず二杯!』happy02

052kai

そろそろ、屋台出てそうですか?ではでは、行きましょう、お勘定です、

呉の「おおむら亜」、ごちそうさん!また来ますねheart04

屋台は川沿いの公園に出ているそうです、

「おおむら亜」からすぐ、え~っと屋台は、、、ないよ~、、、え~~~???、、、もっと駅の方なの?、、、

あ、

ありました!!

出てます、ずらりと屋台が並んでいます、やった!!やっと、呉の屋台に入れます、

Pa100207kai
Pa100208kai
Pa100209kai

おでんに中華そば、ホルモン、串カツとなかなか個性的です、エエ感じ、

Pa100210kai

さて、どこにしようかな~、、、

などと選んでいる余裕はなく、どの屋台も満席ですsweat01

あら~こりゃ凄い人気ですね、呉の人はみんな屋台で飲んでいるのか?happy02

屋台の端から端まで歩きますが満席が続いているようですsweat01

Pa100212kai

と、少し遅れて歩いていたワタシの目の前で空きが出ました!ラッキー、

お~い、ここ、入れるよお、

Pa100218kai

やきとりにぎょうざ、博多ラーメンの暖簾、

呉の屋台は「龍王」に無事5人で入店ですwink

お母さんとイケメンの大将happy01

L字の椅子席、10人入るか入らないか、スイマセンね、5人でお騒がせいたします、

はい、カンパ~イ、燗酒だったかな、

まずは「おでん」、

070

そして「豚足」、

071

こちらでは軽く焼くみたいですね、これが普通だって、

関西では茹でるのみが多いと思います、これは新鮮、美味しかったですshine

ワイワイと盛り上がって、

そして、〆に「中華そば」です、

072

はい、もういっちまいましたhappy01

博多ラーメンという暖簾でしたが、純な“とんこつ”ではなく、“とんこつ醤油”な感じかな、

大将が本当にイケメン、

缶コーヒーのCMに出てる宇宙人ジョーンズかと思いましたわ!と大いに騒ぎました、

これでお勘定です、呉の屋台「龍王」、

おおきにでした、お騒がせいたしました、ごちそうさん、また来ますねheart04

この後、昼間に見つけた駅の向こう側の「山城屋酒店」で〆ようと向かったのですが、、、

073

なんと、満席、2階の広いスペースのお店でしたが大繁盛、やりまんなhappy02

さすがに待つ気力もなく、ここで解散といたします、

みなさん、おおきにでした、また飲みましょね~shine

この後、ホテルにチェックインしたら、目の前に縁日が、

今宵はお祭りのようです、

ちょいと覗いていきましょう、

Pa100244kai
Pa100252kai
Pa100254kai
Pa100267kai
Pa100289kai
Pa100292kai

ふ~、充実の呉でした、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

北海道から帰った翌日は広島呉を目指します、あ忙し!^^)広島駅「いっちゃん」~呉「第三鳥八」。

【2015年10月10日(土)】

広島 駅ビル広島焼き「いっちゃん」~呉「第三鳥八」

昨日、北海道から帰って来たのですが、、、今日は朝から広島を目指しますdash

広島で世話になった人たちとの飲み会、

日程は今日がベスト、ならば連投で参りましょうhappy01

「新神戸」駅から「広島」駅までは新幹線で1時間ちょっと、と近いです、

11時過ぎに「広島」駅着ですbullettrain

あら、しばらく来ないうちに「広島」駅が綺麗になっていますねshine

へ~、時は弛まず流れますな、

綺麗になったコンコースからそのまま駅ビルへ通じている改札口を出ます、

ランチはここの2階に並んでいる広島焼きにしましょう、

時間的にまだ大丈夫でしょう、、、と、2階の食堂街に行くと、、、

002kai

あちゃ、えらい人ですやんsweat01

考えてみたら今日は3連休の初日、どこも観光客で一杯なんでしょうsweat02

広島も賑わってます、

お気に入りは「麗ちゃん」ですが、さすがにここは長蛇の列、

他のお店もどこもほぼ満席、「麗ちゃん」に並んでもヨカッタのですが、

ま、どこもそう変わらないでしょう、ということで少し待って「いっちゃん」へ入りました、

008kai

メニューは番号制、気になるのは⑤イカ天そば、

“イカ天”って?イカの天ぷらかな?

お母さんに訊くとあのおつまみなんかでよくある、薄い板状スルメを揚げた“イカ天”ですって、

へ~、これは食べたことないなあ、ではそれにしますhappy02

はい、見た目は普通の広島風お好み焼きです、

009

ではではいただきます、

なるほどね、こういうことね、、、普通のイカそばでもヨカッタです~~coldsweats01

さて、ランチを済ませて呉線の快速で呉を目指します、

今夜は呉で飲み会ですbeer

快速電車の車両もなんか新しいです、時は弛まず流れます、

飲み会は16時からの予定、

それまでは『大和ミュージアム』と『鉄のクジラ館』見学の予定です、

呉は3回目の探訪ですが、どちらも未訪問です、楽しみlovely

駅で荷物をコインロッカーに入れて、海側へ向かいます、

『大和ミュージアム』も『鉄のクジラ館』もすぐ近くにあります、

陸橋を歩いていくと、、、地上に酒屋が見えます、すわ!角打ちか?これは確認しておきましょうwink

「山城屋酒店」、

030

おお、ホンマに角打ちというか、立派なお店を営業されているようですね、

これは発見ですflair、今まで気がつきませんでした、

後で再訪することにいたしましょう、

まずは『大和ミュージアム』、

029kai

1/10の模型は迫力満点でしたshine

『鉄のクジラ館』、

Pa100058kai

こちらは海上自衛隊の潜水艦「あきしお」が何と実物展示されています、

近くで見るとめちゃデカい、こちらも迫力満点good

Pa100127kai

「あきしお」の艦内にも入れます、これは貴重な体験、 

さて、余裕の時間割かと思っていたのですが、展示が一杯で時間が足らなくなりましたsweat02

先にホテルにチェックインするかな、と考えていましたが断念、

急いで飲み会会場の「第三鳥八」へ向かいますdash

16時からで予約してもらいました、大箱の店です、

飲み友が予約の電話したら、

店の人に“そんなん予約せんでも大丈夫やで”と言われたそうですがhappy02、予約してもらいましたhappy02

5分ほど遅刻して入店、もう3人揃っています、

ゴメン、ゴメン、ではでは、とりあえずのビールで乾杯ですbeer

「第三鳥八」は前にも一度来ています、安定感のある良い酒場ですshine

名前の通り“焼き鳥”がメインですが、、、

呉の“焼き鳥”もおおらかで鶏以外に牛か豚の部位もあり、串フライもあり、というのが一般的のようです、

北海道もそうでした、もちろん東京も、、、

こうして考えると、全国的には“焼き鳥”というのは、とりあえず串に刺して焼いたり揚げたりすれば食材は何でもOK!というのが多いようですcoldsweats01

関西だけが食材と調理法によって“焼き鳥”、“串焼き”、“くわ焼”、“焼きトン”、“串カツ”などと厳密に区分しているように思えてきました、

あ~、常識とは崩れ去るものですsweat01

さて、「第三鳥八」の料理、

最初に出てきた、これが名物の、、、なんだっけ!?ありゃ忘れた!!

これが「味噌煮」だったかな?

034

「刺身盛合せ」、

036

「焼き鳥盛合せ」、

037

ね、フライが混ざってるんです、

メニューでは「カツ」です、具材は豚肉とタマネギだったかな?

035kai



「タタキ」、

038



途中から燗酒に、

039

酒は「千福」、これが食事によく合うのでスイスイ飲めますlovely

皆で一升くらいのんだのでは?

〆はこれ、、、「スープ豆腐」かな、

040

とにかくワイワイと飲み食べました、

呉の「第三鳥八」、大箱なので飲み会にはイイですね、

ごちそうさん、また来ますねheart04

さて、次行きましょか~、、、

(明日へつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

札幌最後の夜は嵐の中、二条市場近くの“のれん横丁”2階の「酒菜や おたふく」へ飛び込みます。

【2015年10月8日(木)】

札幌 南3条東1丁目 「酒菜や おたふく」

嵐の札幌ですが、まだ行きますよhappy01

台風の影響で強風の札幌、「第三モッキリセンター」で飲んだ後です、

この日はすすきの周辺の立ち飲みや酒場を探訪する予定でしたが、この荒天では無理heart03

早々に歩き回るのはあきらめていますsweat02

とはいえ、もう一軒くらいいきたいです、

「第三モッキリセンター」で飲みながら思案ですconfident

この嵐の中、そう歩けません、

ならば候補は、、、

朝、二条市場の「ながもり食堂」で朝ご飯の「海鮮丼」を食べた後に探訪したここ、

二条市場の裏手?にある“のれん横丁”ですheart02

Pa080497kai

路地、ではなくビルの通路ですねwink

2年前に来た時も気になっていました、

この荒天の中、あちこち歩き回れないなら、ここで飛び込んでみましょうかshine

1階にも店があるし、2階へ上がったところにも洒落た店がありましたが、

入ったのはこの店、

Pa080512kai

「酒菜や おたふく」、

いえいえ、とくになんか感じた訳ではなく、1階にあったこのメニュー看板に魅かれたせいですcoldsweats01

212kai

「晩酌セット」1000円也でドリンク2杯と焼き鳥3本におつまみsign01

安いgoodエエ心意気です、大阪の立ち飲みにも負けていませんよhappy02、これは、、、

それになんと手打ち蕎麦もあるみたいです、これは大きい、魅力的ですheart02

ということで、、、何軒かあるうちの「おたふく」へ入店です、

ではでは入ってみましょうdash

どうも、一人です、ここで良いですか、はい、

カウンター、だけだったかな?ちょっと憶えてないです、

やや暗い照明、先客が2組、カウンターの中には若いお兄さんがお二人、

お一人が調理担当?もう一人のお兄さんが注文を訊いてくれます、二人ともエエ感じですよ~happy01

では、下のメニュー看板で見た「晩酌セット」1000円也でお願いいたします、

ドリンクは「ハイボール」でお願いします、

「焼き鳥」、まずは2本出てきました、

216

皮と、もう一本はなんだろう?いや、皮2本だったかな?

おつまみは「薄揚げ焼き」と「サラミ」、

218

そして、もう一本の「焼き鳥」はレバ、

219

いやはや良心的です、これでドリンク2杯付いて1000円也は納得ですwink

この辺りでもう「ハイボール」をお代わり、2杯目まではセットのうちね、

ぼちぼちとお兄さんと話します、もちろん天気の話、残念ながら嵐ですね~coldsweats02

そして、ワタシが着ていたダウンジャケットの話、

Pa080647kai

実はこのダウンジャケット、今回の北海道旅行の直前に買いましたhappy01

2年前に来た時も10月にもかかわらず雪が降りsnow、薄手のジャンパー(死語かsweat01)だけでは対応できませんでした、

ので、今回は事前に念入りに準備しました、

山専門店で一目惚れしたダウンジャケット、

始祖鳥かなんかの骨の化石がロゴマークになっています、

なんと、お兄さんもこのブランドのダウンジャケットを狙っているそうで、試着までしたそうです、

そのダウンジャケットを着た客が入ってきたのでビックリしたみたいです、

これエエですよね、軽いでしょshine

イイ!これ、一目惚れで買いました、スタイルも色も気に入ってますよheart01

と、酒場でなぜかダウンジャケットの話題で盛り上がりますhappy02

でも考えてみたら、北海道ではヘビー・デューティーな防寒具は必需品ですからね、関心も高い訳です、

閑話休題、

この“のれん横丁”の建物はなんだったんでしょうね?訊いてみました、

前からこういう雑居ビルだったみたいです、

もちろん、最近はこういう若い人の店が増えています、

そして、その前、もっと昔は“パチンコ屋”だったのではないか、、、という話が出てきました、

なるほどflair、いかにもありそうですね、

今でこそ“パチンコ屋”は大きく綺麗な建物になっていますが、

戦後すぐの頃は、アパートや市場の一画に少数台で営業していたパチンコ屋があったと聞いています、

ここもそうだったのかもしれませんwink

メニューに「手打ち蕎麦」があります、

北海道はさすがに蕎麦屋が多いです、原材料産地という事でしょう、

ここは〆に「ざる蕎麦」を頼みます、

となるとお酒ですね、メニューの日本酒も揃っています、

それもなかなかセンスのある揃えです(個人的感想happy02)、

223
224
225

今日の感じは「菊鷹」800円也(一合)ですかね、燗でお願いします、

222

でも、メニューには倶知安町の「二世古」特別純米というのもありましたね、

せっかくですから地元の酒でもヨカッタか、、、あとの祭りですsweat02

はい、「菊鷹」、前にどこかで飲んでいますね、大阪淀屋橋の「膠」だったかな?

230

辛口ですが、大丈夫、イケますshine

そして「ざる蕎麦」、

233

う~ん、これが好きなタイプでしたheart02

細めでコシがあり、喉越しヨロシイ、札幌の最後の夜の〆に満点の蕎麦でした、

これでお勘定です、2500円也、明朗会計、「ざる蕎麦」は700円也ですね、

札幌二条市場近くの“のれん横丁”2階の「おたふく」、

「晩酌セット」に魅かれて入店しましたが、ごっつうエエ店でしたshine

料理良し、酒良し、蕎麦良し、そして人も良しgood、入ってヨカッタです、

次回札幌探訪時には再訪確実です、おおきにごちそうさん!また来ますねheart04

 

翌日は午前便で関西へ戻ります、

空港でのランチはこれ、

240


札幌で食べなかった“ジンギスカン”ですhappy01

さて、これで今回の北海道シリーズはお終いです、北海道、また来るね~heart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

嵐の札幌、強い雨風の中の強行軍、お目当てはまず「第三モッキリセンター」です。

【2015年10月8日(木)】

札幌 南2条東2丁 「第三モッキリセンター」

嵐の札幌ですsweat02

台風が太平洋岸を北上、ここ札幌も予想以上に強い風雨ですrain

この日は1日札幌周辺を歩き倒す予定でしたが、、、とてもじゃないが、無理ですheart03

朝から二条市場の「ながもり食堂」、そしてランチは「ゆりや食堂」と2軒回りましたが、もう無理です、

傘は役に立ちませんcoldsweats02

どうしようか?迷いましたが一旦ホテルに戻って様子を見ることにします、

ちょっとウトウトしながら2時間半ほど、

部屋の窓から外の様子を窺いますが、一向に風は弱まる気配がありません、

雨はなんとか我慢できますが強風では歩くのもままなりませんcatface

もうピークは過ぎるのではないか、と期待して待ちましたが、、、

仕方ありません、ここは嵐の中へ出掛けることにしますdash

折り畳みの傘は持っていますが役に立つかどうか期待薄、

コンビニで傘を買うか、、、いや、傘は役に立たないでしょう、

ということで“レインコート”を買いました、

こちらの方が歩くには適しているのではないかな?

地下鉄で「すすきの」駅まで行って狸小路にでます、

ここはアーケードがあるので平常営業です、そのまま西1丁までアーケードの守られて進みます、

さて、アーケードが終わるところから、今日のお目当ての「第三モッキリセンター」までは徒歩5分くらい、

普段なら何でもない距離ですが、今日は雨風の中の強行軍ですdash

レインコートを首回りまでしっかりボタンを留めて歩きます、

カメラやスマホが濡れないようにレインコートに下に荷物を抱きしめて黙々と歩きます、

大丈夫です、顔や足元が濡れることをあきらめればこれでイケますwink

はい、「第三モッキリセンター」到着heart01

197

外観の写真撮るの、これが精一杯sweat02

レインコートのまま、とりあえず入店します、

明るくて広い店内、

濡れ鼠のレインコート姿のワタシに視線が一斉に集まりました、あちゃsweat01

いやはや、お騒がせです、すぐにレインコートを脱ぎます、

お母さんが駆け寄ってきて、レインコートの置き場所を教えてくれます、

この辺りに置いといてね、

おおきにです、

ここまでして飲みに来るか?な感じですが、先客5組ほど、

やはり、飲んでる人は飲んでますhappy02

おそらく30人以上座れる細長いコの字カウンター、テーブル席も3つ、

209

奥には座敷、広間もある大きくて明るい店です、

前回同様、左手奥に案内されます、

どうやら右手の壁側は常連さんが多いようです、

無事、席に着いて一段落です、

飲み物は「焼酎」200円也の水割りにします、

199

こんなセットで出てきます(前回も飲みましたね)、

「焼酎」はコップに一杯(180mlかな)、それに水と氷のセット、あとは自分で好きなように飲んでね、ということです、

これで3杯作って飲みましたshine

肴はちょっと寒いので「湯豆腐」300円也、

198

うん、温かくエエ感じです、つけ汁は甘めですね、

隣りの客の「ぶた鍋」が美味そうですflair、次回はこれも狙い目ですねgood

“モッキリ”は“盛り切り”から来ているそうで、ご飯や酒を器に一杯づつ売る商いの事だそうです、

うん、この言葉の通りの店です、飾り気のないそっけなく明るい店内、

酒場の雰囲気があるという事ではないですが、こういう食堂的な雰囲気で飲むのも好きなんです、

もう一品、「さんま焼き」320円也(小さく見えますが皿がデカいのですhappy02)、

205

札幌の他の店でもそうみたいですが、さんまの頭は切り落として出てきます、

お母さんに訊くと、、、

“頭は食べられないので、姿はイイが残るでしょ、残ると汚いから”とのこと、

なるほどflair、北海道合理主義ですな、見た目の“尾頭付き”にはこだわらないようです、

「焼酎」を飲み終えて日本酒にします、

日本酒は残念ながら揃っていませんheart03

定番酒は「白鹿」です、う~ん、ここまで来て“灘の酒”を飲むのも芸がありません、

メニューにあった「千歳鶴」300cc480円也にします、

206

これもまた瓶sign01、“モッキリ”精神と北海道合理主義満載ですhappy01

これでお勘定、伝票はこれ、明朗会計でした、

210

嵐の中の「第三モッキリセンター」、酒場の風情よりも北海道の“モッキリ”精神を楽しみましょうwink

ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

2年振りの北海道、台風接近の中、朝から食堂2軒を回ります、「ながもり食堂」~「ゆりや食堂」。

【2015年10月8日(木)】

札幌 南3条東1丁「ながもり食堂」~「ゆりや食堂」南1条西19丁

2年振りの北海道探訪、4日目ですhappy01

余市、旭川と探訪した後の今日の予定は、、、日がな一日、札幌を歩き倒す計画でした、

が、、、

残念ながら、台風が接近してきたため生憎の荒天ですheart03

台風は太平洋を北上しているので北海道東部の方が荒れた天気になっていますが、札幌も朝から風が強いです。

どこまで歩けるか?分かりませんがとりあえず朝早くにホテルを出ますdash

お目当ては二条市場にある「ながもり食堂」、

前回訪問時に見つけましたが入店していません、

今回のプランは朝食に「海鮮丼」をいってみる予定です、朝8時から営業しているので余裕で入店できますwink

予定では「大通り」駅からブラブラと大通りを歩き、テレビ塔から二条市場へ、

な感じで考えていましたが、、、

風が強く、風が強く傘が役に立ちませんsweat01

ここは地下街ですねflair

大阪と同じく、札幌の中心街も地下街が発達していますshine

「札幌」駅から「大通り」駅、そして「すすきの」駅まで西4丁の地下道が南北に繋がっています、

さらに大通りの地下にも東西に地下街があります、

この地下街でテレビ塔下辺りまで行けます、ドンツキ(突き当り)まであるいて地上に出ます、

風に加えて雨もパラパラと来始めました、

なるべくビルの軒下などを辿りながら二条市場への接近を試みますが限界があります、

意を決して傘を両手で持ちながら雨の中を歩きますdash

なんとか、二条市場のアーケードに到着、

ふ~、こりゃ、今日は街歩きは無理ですな、、、

この雨風ですが、市場のお店はちゃんと営業していますが、さすがに観光客も少ない、

ほう、なんか2年前に比べると、市場内の“イートイン”が増えているような気がしますね、

なんか、美味しそうな店もありますが、、、

Pa080463kai

律儀なワタシhappy02、ここは浮気せずにお目当ての「ながもり食堂」を目指します、

こんな外観、好きなタイプです、

Pa080460kai

鮮魚販売と渾然一体の食堂です、

もう営業しているはず、よく分かりませんが入店しましょう、

表で販売準備をされているお兄さんに確認します、

はい、もう開いてますよ、とのこと、ではではdash

コの字カウンター20席くらいかな、先客なし、大将とお母さんが忙しそうに動いたはります、

どこへでも、な感じなので右側のカウンターに、

メニューは丼系を中心にいろいろあります、

166kai

海鮮系の丼は結構なお値段がしますcoldsweats01

まあ、札幌市内どこへ行ってもこんな感じです(値段だけで云えば大阪の方が安いです)、

が、旅先の趣向と贅沢ですからまあ良いでしょうshine

あ、表の看板にもありますが、ここは「三浦商店」でもあるみたいです、

「永森正商店」と「三浦商店」のコラボなのか?

オーダーは「海鮮丼」2000円也、それに「カニ汁」350円也も付けます、

ビールも、、、かと思いましたが、まだ午前中、昨晩も結構飲みました、ここは自重します(大人やな~happy01)、

お茶をいただきながら待つことしばし、来ました、

「海鮮丼」、

170

「奴」が付いています、

そして「カニ汁」、

171

セットになるとこんな感じ、

172

お漬物の横にちょこっとあるのは佃煮です、

これはお母さんが“店の自家製なんで味見して”と付けてくれはりました、おおきにですlovely

では、いただきます、、、

うんうん、朝からの「海鮮丼」、趣向ですな、贅沢ですなhappy02

鮪が美味しいですheart02、イカも甘いですheart01、うんうんhappy02

お!「カニ汁」が美味い!heart02

正解ですね、これで随分と贅沢度が上がりますup、これはお薦めです、

食べながら再度ビールが頭をよぎりますが、、、やはり我慢coldsweats01、、、

ご飯も少し残そうかと思いながら、結局完食、

札幌二条市場の「ながもり食堂」、ごちそうさん!朝から幸せな気分になりました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、腹ごなしに街を歩き回りたい、、、のですが、、、無理sweat02

この雨風では無理ですheart03

仕方ないです、ここはアーケードと地下街にお世話になります、

二条市場からすぐの狸小路にはアーケードがあります、

182

まずはこのアーケード(西1丁~7丁辺りまであります)をブラブラ、

中国人観光客もわんさか、爆買中happy02

地下街も隅から隅まで歩きます、

大通り~札幌~すすきの~大通り、東西の地下街も探訪、、、

ふ~、2時間ほど歩き回りましたcoldsweats01

まだ、あまりお腹はすいていませんが、

そろそろとランチの店に向かいます(食べてばっかりsweat01)、

ランチのお目当ては「ゆりや食堂」、

ホントは歩きたかったけどここは地下鉄移動にします、

地下鉄東西線で2駅「西18丁目」駅で下車、

ますます勢いを増す風の中、数分歩きますがこれが辛い、もう傘はさせませんsweat01

早いこと店に入りたい!

と、「ゆりや食堂」前に到着、、、ですが、、、うわ、こりゃすごいわhappy02

Pa080489kai

ここですよね、これが「ゆりや食堂」ですよねsweat02

一刻も早く入りたいのですが、

営業しているのか確信が持てないくらい末枯れています、

でも、風で巻きついているとはいえ暖簾も出ている、ように見えます、

、、、入りましょうdash

店内も凄かったです、

193

いや、綺麗に手入れされているし、テーブルや椅子もそんなに古くないのですが、なんか独特の雰囲気があります、

こりゃイイですね~wink

そうそう、北海道らしく、店の真ん中にど~んとストーブがあったと思います、

2時間くらい歩いたとはいえあまりお腹が減っていません、

「カレー小」も食べてみたかったけど、ここは「ラーメン」480円也のみにします、

他のお客さんは複数注文も多いみたい、

“タヌキに小カレー”、“ラーメンとカレー”とかね、 

汗かきかき食べたはる「鍋焼きうどん」も美味しそうです、

はい、「ラーメン」、

191

普通のラーメン、懐かしい中華そば、ということかな、

でも汁は案外薄い色、チャーシューも普通、でもこの雰囲気で食べるのが値打ちですなshine

はい、食べ進めるとこんなマークがhappy01

192

オリジナルの丼が妙にモノ言うてます、さすが老舗good

南1条西18丁目駅近くの「ゆりや食堂」、

晴れている日に来たらエエ感じで飲めるかもしれません、次回はぜひ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

初探訪の旭川、2軒目は「居酒屋天金」で“国士無双”の燗酒をいただき、〆は札幌“ススキノ0番地”の「朱月庵」の蕎麦です。

【2015年10月7日(水)】

北海道 旭川 「天金」~札幌「朱月庵」

初探訪の旭川、名店「独酌三四郎」の後ですhappy01

旭川~札幌間、昔はもっと時間が掛かったと思うのですが、今は特急電車で90分ほどです、

日帰りはもちろん、夜も結構遅くまで運転しているので、もう少しゆっくり出来そうですshine

では、旭川でもう一軒、いっときましょか、

ざーっと調べて良さそうなのが「天金」です、

この「天金」、旭川に3店舗くらいあるようです、

まずは「天金本店」、

昼間に歩いている時に偶然前を通りかかりましたが、どうも一人でぶらりと入るような店ではなさそうです(高そうhappy02)、

それよりこちらの方がワタシ向きです、「居酒屋天金」、

144

どうやら、入るならこちらの店ですな、

もう一軒、「らーめんや天金」という店があるようですが、こちらはみかけませんでした、

ま、ラーメンは「蜂屋五条創業店」へ入ったのでもういいでしょうhappy01

ということで、「独酌三四郎」の後は「居酒屋天金」を探訪ですdash

入るとすぐ目の前が大きなコの字カウンターのようです、見通しが悪いのでよく分かりませんhappy02

左側には半個室のようなテーブル席が並んでいます、ワイワイと盛り上がっている酒場ですね、正解good

カウンターに着いて燗酒を注文します、

148

銘柄は「国士無双」、これも旭川のお酒なんですね、

お通しは「玉子サラダ」かな?

このお通し、“ホタテの紐”が入っていて妙に美味しいですlovely

149



メニューはこんな感じ、

147kai

146kai

さすがに北海道の味満載の居酒屋メニューですhappy01

どれも美味しそうですが、お通しの“紐”が美味しかったからか?

「貝帆立」540円也にします、

刺身、バター焼き、塩焼き、磯焼き(醤油焼きか?)、どれでもOKな感じです、ここは「バター焼き」にします、なんか北海道してますhappy02

Pa070364kai

やや小振りでしたが、これもイケますgood

寿司も摘まもうかと考えていたのですが、、、

ここまでで結構飲んでます、ここらで止めましょう、お勘定です、、、1000円也くらいかな?

「居酒屋天金」、こちらはカジュアルな酒場でした、

一人で飲むも由、二人で語るも由、皆でワイワイと騒ぐも由の酒場でした、 

そうそう、お隣のサラリーマン二人連れは、、、関西弁で激論中でした、

関西人恐るべし、旭川の酒場のお隣は2軒とも関西人でしたhappy02

ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、最終の電車まではまだ時間があります、

少し歩きますがピンとくる構えの店がなく、

明日は台風の襲来が予想されており、風も心なしかきつく感じます、

ここはこれで切り上げて、一本早い特急で帰りましょう、

往きの感じでは自由席で十分座れそうです、まだ指定席取っていないのでこのまま自由席で帰りましょう、 

初の旭川探訪、良い街でした、また来たい街です、

次回は泊まってもイイかな、うん、また来ますねheart04

札幌に戻ったのは22時過ぎだったかな、

電車で少し眠ったので元気回復ですhappy01

ではもう一軒、〆の店に行っときましょか(おいおい)、

札幌初日の夜に寄った“ススキノ0番地”地下の「朱月庵」、

なんと第1月曜日が定休日でしたsweat01

今日は開いているはずです、本日の〆に蕎麦を手繰って終わりましょう、

“ススキノ0番地”は古いアパート?

Pa050028kai

地下には狭い通路が走り、エエ感じの飲み屋がずらりと並んでいます、

2年前も探訪しましたね、

159

ここもなんか惹かれました、「ぼんてん」、

余裕があったら入りたい、、、

さて、お目当ての「朱月庵」、無事営業しています、

が、目の前で3人さんが入店、あちゃsweat02、たしか10席ほどの小さな店ですのでだいじょうぶかな?

店内を覗くと案の定、満員ですcoldsweats02

指で一人客であることを示すとカウンターの中の女将も困り顔、

でも、先客のグループが気を利かせてお勘定の声、ありがとうございますshine

少し、表で待って無事入店です、

ここ「朱月庵」は蕎麦屋です、とにかく「ざる」を注文、

日本酒のメニューは「東北泉」、「酉与右衛門」(よえもん)、「田人人」(たびと)、

161

どれも美味しそうです、そして難しい字の銘柄が二つhappy01

「酉与右衛門」(よえもん)は先日、大阪南船場の「燗の美穂」で飲みましたね、

“酒扁に与える”で一文字なのですが変換では出てきませんので、“酒と与える”の二文字で書いています、

ワタシだけの表記ではなく、蔵元「川村酒造」(岩手)のHPでも、一部このような二文字表記になっていましたhappy02

「田人人」(たびと)も難しい字です、

二文字目は“人”という字が2つ重なっています、これも変換では出てきませんsweat02

のでやむなく“人人”表記にしています、

こちらは蔵元「舞鶴酒造」(秋田)の商品紹介ページでは、ちゃんと一文字で“人人”を表現されています、

他のHPなどでは「田人」表記も見受けられますね、

閑話休題、

迷った末に「田人人」にします、

160

蕎麦を待つ間にお通しで一献、なかなかインパクトのあるお酒です、

「朱月庵」へは2年振りの探訪です、

しばらくして女将が思い出したように(いや、本当に思い出していただいたのですhappy01)思い出しました!と行ってくれました、

そうです、そうです、

Sさんと一緒に2年ほど前に来ました、ご無沙汰でございます、

「ざる」はこんな感じ、好きな感じのシュッとした蕎麦です、

162

はい、ごちそうさん!美味しかったです、今日の〆はばっちり決まりました、

“ススキノ0番地”の蕎麦「朱月庵」、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

初めての旭川、いよいよ酒場探訪です、まずは超有名店の「独酌三四郎」へ参上いたします^^)

【2015年10月7日(水)】

北海道 旭川 「独酌三四郎」

さて、旭川観光を終えて、いよいよ酒場探訪ですhappy01

まずは「独酌三四郎」を目指しますheart02

太田さんや吉田さん、他にもいっぱい紹介されている押しも押されぬ超有名店ですshine

念のため前日に電話で営業確認しました、1名ですが予約もお願いしておきました、

さすがに旭川まで来て、満員で入店できないとか臨時休業は辛いですからねwink

「独酌三四郎」の住所は“2条通5丁目左7号”、

札幌同様の住所表示は分かりやすい、これならすぐに見つかるでしょう、

旭山動物園から帰り、「旭川」駅へ向かう大通りの途中の“1条通りのバス停”で降ります、

2条通りを見つけて、そのまま西へ向かいます、この先に「独酌三四郎」があるはずです、、、

と、、、毎度の如く、すぐには見つかりませんheart03

よくあることです、動揺しませんcoldsweats01

2条通りとはいえ、その左右も住所は同じなんでしょう、

住所の“左7号”が意味するのは?どちらを向いて左なのか??分かりません、

適当に当たりをつけて、左か、ということこっちかな?

と、一筋駅寄りの道まで戻りますが、、、そこにもなし、、、

うむ、ということは反対側か?と反対側に二筋戻ると、、、

ありましたflair、「独酌三四郎」heart02、やっと到着です、

Pa070347kai

パラパラと空き地が目立つこのエリア、「三四郎」はすくっと一軒、建っていました、

ではでは、入りましょうdash

どうも、、、あの~昨日電話したモノですが、

はいはい、こちらへどうぞ、ということでカウンターの端の席に案内されます、

先客はお一人、その先客とお隣同士で座ります、

カウンターの中には女将、奥に大将、他に御二人ほどお姐さん、

店内の雰囲気は期待通りの蒼然とした酒場ですshine、エエ感じ~happy02

まずはビールにしましょうか、

銘柄が選べたと思います、「サッポロラガー」(赤☆)、

肴は「〆さんま」にします、

お通しの「煮豆」とビールが来ました、

Pa070351kai

く~、今日も良く歩きました、ビールが旨いですhappy02

そして「〆さんま」も早々に来ます、

139

おお、これも美味そうですheart02

と、お隣りさんを見たら同じ「〆さんま」でした、あら被りましたねhappy02

話しぶりから関西の方のようですので話し掛けました、

明石出身で今は東京暮らしのOさん、

仕事で旭川出張だそうです、ワタシは旅行中です、どうもどうも、乾杯させてくださいませbeer

Oさんは何度かここに来られているようです、

おかげですっと馴染めていろんなお話ができました、

ということで、以降は女将とOさんと3人で楽しみました、

店内に関西弁充満(失礼しましたhappy02)、旭川の名店も気兼ねなく楽しめました、

ビールはそこそこで日本酒にしましょう、

地酒のメニューもいくつか並んでいましたが、ここは燗酒にしましょうshine

燗酒は「麒麟山」(新潟)だそうです、

ほう、たしか大阪東淀川の「カサブランカ」で飲みましたね、

これはチロリ、ということでイイのかな、

141

陶器ですね、訊くと滋賀の“大津焼き”だそうです、

特注のオリジナルで今はもう作れない代物です、これ、壊したら怒られるで~happy01

最初の一杯はぬる燗で出てきます、

うん、贅沢な燗酒です、エエ気分heart02

この日は台風が近づいて来ています、明日の天気はどうですかね?

ワタシは明後日の便新千歳から関西へ帰るのですが、新千歳は大丈夫、飛ぶでしょう、旭川はどうでしょうかね、

旭川はね欠航が一番少ない空港なのよ、と女将に教えてもらいます、

そうなんですかflair

山に囲まれた盆地で案外天候の影響を受けにくいそうです、へ~、

話題転換、

そういうと旭川の地名で“四条”は“よじょう”って読むんですねsign01

ワタシは京都生まれなので、てっきり“しじょう”と読むかと思っていたら、バスのアナウンスが“よじょう”でした、

そう、“よじょう”ですね、と女将、 

そうですよ、いち、にい、さん、と読むのに“し”ではなく“よじょう”なんです、

なぜかしらね?happy02

もう一品、「ししやも」、

Pa070352kai

さっと炙って出てきました、本物の「ししゃも」、

あまりに美味しそうだったので、思わず数匹むしゃむしゃと食してから写真を撮ってないことに気付きパチリ、

ですのでちょっと寂しい画にcoldsweats01、、、

「麒麟山」も3杯飲みました、

お代わりを頼む時は、ちろりを木の座布団からずらして置くと阿吽の合図で、お代わりが出て来るそうです、

なるほどねflair、3杯目はワタシもこの方法でお願いしました、

では、これでお勘定にします、4300円ほど、

帰るころには満員になっていました、若いお客さんも多い、街にこんな店があるとは、羨ましい限りです、

旭川の「独酌三四郎」、期待通りの酒場で良いお酒が飲めましたheart02

酒良し、肴良し、人も良しhappy01

旭川に行った時は必探訪ですね、ごちそうさん!また来ますねheart04

Oさんもいろいろと世話を焼いていただきありがとうございました、

また、どこかでお会いいたしましょうshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月12日 (木)

今日は初の旭川探訪、まずはラーメン「蜂屋五条創業店」から「男山酒造り資料館」へ。

【2015年10月7日(水)】

北海道 旭川 「蜂屋五条創業店」~「男山酒造り資料館」~「旭山動物園」

2年振りの北海道探訪、今日は旭川の名店を探訪いたしますhappy01

39年ほど前にバイク(HONDA DAX ST70)で北海道を一周しましたdash

道内の主要な街はほとんど走ったのですが、旭川だけは未訪問でした、海沿いを走ることが多かったのでつい寄りそびれましたheart03

そんな旭川、

札幌から140kmほど離れているようですが、特急電車だと90分ほどで行けますtrain

昔はもっと遠いイメージでした、ずいぶんと電車も早くなったような気がしますね、

90分なら札幌から十分日帰りできます、

ならば、旭川のあの名店へ行きたくなるのが人情というものです、いや、必然、必至ですかlovely

とにかく、今日は旭川へ向かいます、

10時の特急「カムイ」に乗車、

30分に一本運転されているようで、関西で云うと“新快速”みたいな感じですが、もちろん特急券が要ります、

結構な料金がすると覚悟していましたが往復割引で6000円切りました、これくらいならまあ納得ですwink

電車の旅は快適、空いてます、

予約席は通路側しか取れなかったのですが、自由席が空いていたので窓際に座って車窓の風景を楽しみますshine

車窓大好きheart02、流れる風景を見ていると90分はあっという間です、

11時30分頃に、とても綺麗で立派な「旭川」駅に到着、

まずはバスの時間などを確認します、後の観光のための情報収集です、

駅前のバス停と少し行ったデパートなどが並ぶ大通りのバス停をチェック、

うむ、だいたい分かりましたgood

では、ランチに向かいましょう、事前にお薦めを聞いております、

繁華街を数分歩くと狭い飲み屋街路地がありました、エエ感じwink

Pa070218kai

その中にあるのがラーメンの「蜂屋 五条創業店」、

Pa070217kai

Iさんの紹介、エエ感じですね、今日のランチはここです、

他に「蜂屋本店」という店もあるようですが、生憎水曜日定休です、

ではでは入りましょうdash

デコラのテーブルに定番のパイプ椅子、エエです(連発happy02)、こんなんが好きですheart02

111

お昼直前、

入店が相次ぎますがちょうどその前に席を確保できましたhappy01(この後、満席に、一人なので当然相席になりました)、

ラーメンは、しょうゆ、塩、味噌と3つの味があり、それぞれにトッピングなどのバリエーションでいろんなメニューがあります、

105kai

醤油が王道かと思いますが、この時は味噌が食べたかったので「味噌白ねぎ」950円也にしますshine

ビールはぐっと我慢happy02

注文の時に“脂”普通と濃い目を訊かれます、

とりあえず今日は“普通”でお願いします、

はい、「蜂屋 味噌白ねぎラーメン」ですshine

107

スタンダードな外観、

味は、、、これもスタンダード、スープはコクがあって美味しいですgood

109

箸には「蜂屋」のロゴが!愛情を感じますね~happy01

ラーメンの味については語れないので、、、、以上でhappy02

隣りの注文の「醤油」味は色が濃く、京都の「新福菜館」を彷彿、

ちょっと魅かれました、次来るなら「醤油」にしましょうcoldsweats01

旭川の「蜂屋五条創業店」、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、西武百貨店などがある大通りまで戻ります、バス停で時間を確認、

次のお目当ての「男山酒蔵」まではちょっと距離があります、フルで歩くと90分くらいかな?sweat02

ここはバス利用にしたいのですが、、、次のバスまで40分くらいあります、

先に「旭山動物園」へ行くことも検討しますが、やはり先にバスの本数が少ない「男山酒蔵」へ行っておく方が良いでしょう、

では、せめて途中まで歩くことにしましょうdash

広域の地図を確認してなんとなく歩き始めます、

四条通りを東へ歩きます、

途中のバス停でバスの運行時間を確認、

ふむ、目当てのバスは間違いなくここを通りますね、大丈夫です、

と、その番号のバスがいきなり来ましたsweat01

あれ?まだだよね、と思いながらも乗ります、

で、運転手さんに行き先を確認すると、、、どうも違う様子です、

運転手に「はあ?」とか言われて、ドアが開き、降ろされました(愛想のない運転手でしたwobbly)、

どうやら、旭川には2つのバス会社(旭川電気軌道と道北バス)があるみたいで、

どうやら違う会社の方の同じ番号のバスだったようです、

ややこしいsweat02、、でもこういうなんも旅の楽しみですwink

結局、「四条十八丁目」のバス停まで歩きました

時刻表を見るとあと5~6分でバスがきます、

ここまでは四条通りには偶数丁目にバス停がありましたが、この先は左に曲がって違う道路に入ります、

様子が分からないのでここでバスを待つことにします、

時間通りにバスが到着、今度は間違いないようですgood

降りる前に運転手さんに確認、

「男山酒蔵」に行きたいんですけど、

はい、次の次で降りたらすぐですよ、

おおきにです、

今度の運転手さんは親切でしたheart02

「男山酒造り資料館」、

116

中国人観光客で溢れていました、

Pa070229kai
122

無料試飲と、

Pa070250kai

有料試飲で純米大吟醸、さすがに美味しいですheart01

Pa070246kai



実際にここで醸造されています、

Pa070230kai

昔の醸造器具などの展示もあります、

Pa070237kai

はい、ごちそうさん!heart04

この後は一旦「旭川」駅まで戻って、

再びバスで「旭山動物園」へ(やっぱり「四条十八丁」を通りました)、

フラミンゴにペンギンもいましたが、

Pa070262kai
Pa070279kai_2

大きな猫系の展示が気に入りましたshine

Pa070286kai
Pa070299kai
Pa070302kai

この“ユキヒョウ”が可愛かったheart02(猛獣ですがhappy02)、

Pa070289kai

シロクマクンも、、、

Pa070337kai

さて、もうすぐ陽も暮れそうです、

そろそろお目当ての酒場へ向かいましょうwink

(つづく)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

2年振りの北海道探訪2日目の夜です、金富士は金富士でも狸小路の「金富士酒場」です。

【2015年10月6日(火)】

札幌 南2条西10 「金富士酒場」

2年振りの北海道、余市から札幌に戻って2日目の夜ですhappy01

まずは「金富士酒場」に行きましょうheart02

といっても前回探訪したすすきの(南5条西3丁目)の「金富士酒場」ではありません、

まったく同じ名前の酒場、「金富士酒場」が札幌にもう一軒ありましたsign01

“すすきの”の「金富士酒場」はビルの地下の飲食街に納まっていました、

たしか、見つけるのにえらい苦労をした憶えがありますsweat02

こちらはこちらですごく良い店でしたgood

その時は、評判の「金富士酒場」はてっきり“すすきの”の店だと思っていたのですが、、、

その後、もう一軒、なにやらエエ感じの外観の「金富士酒場」が別にあることに気がつきましたflair

どちらの店も安くて美味い焼鳥の店として評判上々ですが、

ビルの中ではない方の「金富士酒場」にもぜひ行ってみたいlovelyと思っていました、

ビルの中ではない方の「金富士酒場」は南2条西10丁目にあるそうです、

“狸小路”と表記している情報もあります、

ではでは、探訪してみましょうdash

“狸小路”は南3条のアーケードのある商店街です、

西1丁目から西7丁目辺りまでは立派なアーケードが付いています、



西7丁より西はアーケードなし、そのままもう2ブロックほど行くと「金富士酒場」がありました、

076

へへ、エエ感じの外観です、これは期待に胸が膨らみますheart02

まだ開店時間前なのでもう少し先まで歩いてみます、

大通りに出るとその辺りに“中央区役所”があるらしく、

最寄駅としては札幌市電「中央区役所」駅が表示されたりもしますが、わざわざ市電に乗る必要はないでしょう、

“狸小路”をぶらぶら物見しながら行くのがお勧めですshine

店の向かい側にも焼鳥屋「鳥十」、

Pa060164kai

そして、こんな路地もかろうじて残っています、この路地も風前の灯かな、

Pa060171kai

「粉雪亭」、これは良いネーミングだね~shine、なんか感心しましたwink



では、「金富士酒場」に入りましょうdash

時間は17時過ぎ、開店直後のはずですが、、、すでに先客数組、少し前から飲んでおられる雰囲気ですhappy02

カウンターとテーブル席、そして小上がりもあります、

カウンターの中には大将とお姐さん、

期待通りの末枯れた焼鳥屋です、好き!heart02

一人のワタシは当然カウンターに案内され、

大将から、飲み物はどうします?と訊かれます、

壁に貼ってあるメニューを見ると、、、

飲み物は瓶ビールとお酒だけのようです、え~っと、では燗酒ください、

日が暮れてくるとダウンジャケットでちょうどイイ気候です、ここはやはり燗酒でしょうwink

そして大将が、後の注文はこの紙に書いてください、

と小さな、ホントに小さなメモを渡されました、

はい、噂には聞いておりましたhappy02、これに書いたらエエんですな、

壁のメニューで検討、

昨日行った「福鳥本店」に比べると焼き鳥は安いですね、

4串で230円から260円くらい、一番高い「つくね」で2串260円也です、

078kai



“焼き鳥”とはいえ、ここもやはり豚鶏混成軍です、

注文は「たん」4串240円也と「かしわ」4串260円也、

これでお腹一杯になりそうですが、一品モノもいっときます、「厚揚げ」210円也も書いときましょ、

まずは燗酒が、、、2本sign01、、、来ましたsign02、、、

079

お通しの「白菜の漬物と練り物天ぷら」付です、

詳しいルールは分かりませんがcoldsweats01、酒はどうも2本セットのようです、

2本で270円也!?な訳はないわな、@270円也のようです、ま、こういう仕来たりなんでしょう、

これくらいは飲む予定なので不満はありませんが、燗酒なので一本づつ出てきてもイイかな、とも思いますwink

酒は「男山」、旭川の酒蔵ですね、ふふ、明日行く予定ですshine

これでクイクイと飲み始めます、

まず「厚揚げ」が出てきました、

080

薄揚げをさっと炙って辛子が付いて出てきました、

美味しいです、気のせいか?いや、ホントに美味しい薄揚げですgood

辛子が付いていますが、これはどうなんだろう??

ワタシはほとんど醤油だけでいただきました、

来店が続きます、常連さんが多いようです、

無口な感じの大将ですが、顔見知りの客とは世間話もされています、

焼物が一盛で来ました、わお!happy01

081

「たん」と「かしわ」、いずれも小振りでタマネギが挟まっています、

肉もタマネギも一緒にムシャッと食いつくのが美味しい食べ方みたいですgood

うんうん、こういうことね、ムシャ、旨い、ムシャshine

酒はもう一本あります、ムシャ、燗酒、ムシャ、燗酒happy02

ゆっくりと、酒場の雰囲気を楽しみながら飲むのが通、、、

な訳はなく、割りとサクサクと飲み食べ進みました、

ふ~、追加のオーダーの方法はどうするんだろう?

また、メモに書くのかな?とか考えながら、これでお勘定にしました、

いえいえ、まだまだイケますが、今日はもう一軒くらい飲みに行きたいところです、

これでお勘定です、1250円也、明朗会計です、燗酒は@270円也×2ですね、

札幌南3条西10の方の「金富士酒場」、

良いお店です、安いし、他のメニューも頼んでみたいな、

次回札幌探訪時も必訪問ですね、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

次は狸小路の立ち飲み「札幌バル」を狙いましたが、、、

085

どうも魅かれず、、、結局スルー、すいましぇんsweat01

この後は、未訪問だったフォーク業界では有名な居酒屋「拓郎」happy01を目指しましたが、

090

なんと移転していて、見つけるのに小一時間かかるという事態にcoldsweats01、、、

でも、なんとか入店、

093

ふ~、結局、これでこの日はお終い、

すすきの辺りで蕎麦を手繰って帰ることにします、

099

さあ、明日は旭川へ行くぞdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

2年振りの北海道探訪、2日目は余市へ、ニッカ工場内の「レストラン樽」~「柿崎商店」へ。

【2015年10月6日(火)】

北海道 余市 ニッカ工場「レストラン樽」~「柿崎商店」

2年振りの北海道探訪、2日目は朝から余市へ向かいますhappy01

お目当てはニッカ余市工場ですheart02

2014年10月~放送されたNHK朝の連続ドラマ「まっさん」の影響です、はいhappy02

札幌から余市まではJRで90分ほどtrain

途中、小樽までは快速電車が運転されていますが、朝の時間は運転していないのか?各駅停車で行きました、

小樽から先は単線ワンマンカーに乗り換えです、

この小樽~余市間はSUIKAなどのカードが使えないので要注意です、

カード利用のワタシはとりあえず小樽で一旦改札を通って下車、切符を買い直しましたgood

この方が通しで乗るより少し安くなるようですので、乗り換えに時間の余裕がある場合はこの方がお得ですwink

ちなみにJR北海道のICカードは“KITACA”、

014

可愛いムササビが描かれています、いや、モモンガか?

調べてみたら“エゾモモンガ”らしいですwink

単線路をグングン走って「余市」駅着です、

こんな看板や、

030

こんなディスプレイ、

031

「まっさん」効果で昨年などは随分と観光客が押し寄せたのでしょな、

この日は平日ですがそれなりの乗客数でした、

駅前は・・・なにもありません、正直、思ったより田舎です、、、スイマセンsweat02

でも、「ニッカ余市工場」は目の前です、みなさん、やはりお目当てはここです、

おそらく100年くらいは経っている建物、

034

これが『リタ・ハウス』、

Pa060125kai

ドラマのエリーに、そしてモデルになったリタに思いを馳せますshine

もう一つの目玉は「ウイスキー博物館」、

047

ウイスキーとニッカの歴史に関する資料展示が充実しています、ここは結構楽しめましたねwink

「ウイスキー博物館」の中では有料のウイスキー試飲もあります、

050kai
054kai

この工場限定の「シングモルト余市」(たぶんcoldsweats01)をいただきます、ストレート、ワンショット200円也だったかな、

うん、この雰囲気の中で飲むウイスキー、さすがに美味しく感じますheart02

工場内にある「レストラン樽」はたしか11時からの営業、

開店と同時に飛び込むつもりでしたが、展示鑑賞していたら結構な時間になってしまいました、

11時30分頃に入店です、

まずはやはりウイスキーですなheart02

「竹鶴」ピュアモルトのハイボール360円也と、肴は「海鮮サラダ」980円也、

058

最近は鴨井サン、いや鳥井サンかのおかげでウイスキーハイボールも再興していますhappy01

ニッカも売りゆき好調なようです、よござんしたwink

土産にウイスキーを買おうかとも思いましたが、重いので敬遠、、、

ここでしか買えない「余市」には未練がありますが、ま、またどこかで飲めるでしょう、

さて、2時間ほどの滞在でニッカ余市工場を後にします、

もう一つ、こんな展示施設もありました、

071

宇宙飛行士の毛利さんが余市出身のご縁らしいです、

こちらはどうしようか迷いましたが、、、スルーcoldsweats01、スンマセン、

次のお目当ての「柿崎商店」に向かいます、

Pa060131kai

ニッカ余市工場と駅の間にある「柿崎商店」、

1階が海産物やお土産物の売場になっており、2階が食堂になっているようです、 

食堂の入り口はここですが、、、

2階への階段の下まで並んでいますsweat01、仕方ありません、並びます、、、

後で分かったのですが、並んでいるのは食券売場での注文支払い待ち、

2階は全面広い客席になっていますので、席がなくなることはないみたいです、比較的スイスイ進みます、

10分ほどで食券売場に辿り着きます、

Pa060132kai

お目当ての名物「海鮮丼」は残念ながら少し前に売り切れheart03

貝の丼、「磯丼」1110円也にします、もちろん「サッポロビールの生」330円也と、

食券売場の反対側のスペースに席が空いているとのことで案内されます、

適当に開いているテーブルに座って待ちます、

食券に番号がふられており、お母さんが料理を持ちながら『OOO番の方~』と声を上げてくれるシステムです、

すぐにワタシの番号が呼ばれました、

は~い、まずはビールね、はい、ありがとうございます、食券、これね、

063

そして、生ビールを飲みながら待つことしばし、「磯丼」も来ました、

066

あまり見ない色合いの丼ですなshine

具材はホタテ貝にホッキ貝、そしてツブ貝ということです、

貝だけで飲んでもイイのですが、醤油のかかったご飯も美味しいのでついつい完食、

はは、お腹一杯ですわhappy02

余市駅前の「柿崎商店」、

北海道の丼、エエ雰囲気の食堂でいただきました、ごちそうさん!楽しめましたheart04

 

さて、札幌行きの電車までは少し時間があります、

腹ごなしにその辺を散歩しようと思いましたが、、、なにもなく、、、少し歩いて、なんとなく駅に戻ってしまいましたが、、、

「余市宇宙記念館」を越えて少し行くと、

余市川から港方面へ行けたようです、事前調査不足、残念sweat01

帰りの小樽までの電車は一両編成、

満員で乗れなくなる場合もあるらしいです、注意、ちょっと早めに並ぶのがイイみたい、

では、夜は札幌でまた焼鳥ですheart04

またかい!!happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

2年振りの札幌探訪です、最初の1店は焼き鳥の「福鳥本店」、前回中途半端に終わったので再訪です。

【2015年10月5日(月)】

札幌 南3条西2 「福鳥本店」

2年振りに北海道へやって参りましたheart02

今回も格安のツアー、一人部屋、4泊5日でエアー+ホテル代で3万円を切っていますsign03

関西から東京へ行くよりずっと安いのです、関西から北海道は案外行きやすいshine

でも、行き帰りとも便は悪いのですsweat01

往路は夕方神戸空港を出発、新千歳空港着は19時過ぎ、

荷物受け取って、JR快速で札幌まで移動してホテルに入ったらもう21時前です、

が、、、行きます!dash

急いでホテルを出て“すすきの”を目指します、

今日のお目当ては南3条西2の「福鳥 本店」ですshine

2年前の探訪時にも入店しているのですが、

都合であたふたと次の店に移動、なんだか中途半端に終わった思い出があります、

北海道再訪の折には必再探訪と思ってました、

地下鉄南北線「すすきの」駅で下車、地上に出ます、

2年振りなので土地勘が鈍っています、え~っと、ここが南4条西4辺りだから、、、

札幌は京都と同じように碁盤の目の街です、

東西南北が数字で示されているので少し慣れれば店を見つけるのは案外楽です、

でも、一つだけ気をつけなきゃ行けないことがあります、

京都の“条”は“通り”の名前ですが、札幌の“条”はエリアというかブロックの名前です、

これには少し戸惑います、

京都で“四条河原町”といえば一つの交差点を明確に示します、

そこからは“上ル(北へ行く)”“下ル(南へ行く)”“東入ル”“西入ル”で示します、

札幌の場合はブロックを示しているので、

大きな交差点になるとなんと角毎に4つの異なる地番が表示されていますsweat01

「南3西3」「南3西2」「南4西3」「南4西2」という具合です、

同じ交差点なのに違う地番、これは京都人にはなんとも奇奇怪怪に思えますhappy02

とりあえず「すすきの」駅から地上に出ると南4西3角でした、

「福鳥 本店」へは北へワンブロック、東へワンブロック進めば良いことになりますgood

2年前の記憶もあり、なんなく発見、「福鳥 本店」、

003

前回探訪時に、この外観を偶然見つけて入店したのです、エエ感じですわheart02

ではでは、入りましょう、

右側は奥へ伸びるカウンター、その左側奥にはテーブル席があります、

カウンターの中には男女4人ほど、結構手厚い配置です、

5分の入り、カウンター奥のスペースが空きがあるので奥まで進みます、

即座にお姉さんが飲み物確認、

壁のメニューを見ると「瓶ビール」580円也と値が張ります、

では「焼酎水割り」ください、350円也くらいだったかな、失念、焼酎は「いいちこ」でした、

肴は目に付いた「煮込み」320円也を注文、

でも、さらに『焼き物は?』とお姉さんの素早い勧誘に合いますhappy01

では、「タン」2本490円也と、「ガツ」4本490円也も頼みます、

ふ~、これで一段落です、

昭和21年創業の老舗焼き鳥です、

店内はそんなに古い訳ではありませんが、やはり雰囲気はあります、好きですwink

焼鳥を焼きだすと店内は煙モクモク、それもまたエエ感じに思えるような店です、

またまた京都や関西との比較になりますが、

関西圏では「焼き鳥」というと素材は文字通り“鶏”オンリーです、

東京の「焼き鳥」は牛、豚、鶏となんでもありです、“串に刺して焼く”料理全般を「焼き鳥」というようです、

で、札幌は、、、やはり東京に近いようで鶏、豚混合の店が多いようです、

ここ「福鳥 本店」も豚メインに鶏の素材もあります、な構成です、

串の内容も東京の「焼き鳥」が“肉のみ”が多いのに(もちろん「ねぎま」とかには葱が入りますが)比べ、

札幌では肉にタマネギが挟まっているのがスタンダードなような気がします(違うかもしれませんcoldsweats01、詳しい方はご教授くださいませ)、

閑話休題、

まず「ガツ」が来ました、

004

これが札幌焼き鳥のスタンダードタイプ=タマネギ挟みタイプですねshine

軟らかいです、ま、普通happy01

でも、タマネギが挟まっている分、軽めな感じでさくさく食べれます、

一人前の本数が多いのも、そういう訳があるのかもしれません、

次は「煮込み」、

007 

ほう、美味しいですshine

予想外の見た目、もっと濃いめの煮込みを予想していました、

味噌味ですね、北海道はやはり味噌か、

豆腐、牛蒡、蒟蒻、葱と野菜も一杯、肉もいろんな部位が入っていたと思います、

早くも「焼酎」もお替り、

そして「タン」、

009

鉄串に刺さって出てきます、

これは見た目も味もインパクトあります、旨いです!札幌の焼鳥の真骨頂はこの辺りかな、

「焼酎」をさらにお替りして、もう一品頼みます、

「ウマイ」(「タンもと」かな?)を頼みますが売り切れだそうです、残念heart03

では「つくね」は?、、、これも売り切れcoldsweats02

時間が遅いので切れているネタが多いですね、

では、「豚ホッペ」490円也というのは“カシラ”かな?それをお願いします、

015

やはり“カシラ”な感じです、細身の串の方はアブラが入っています、まずまず、

これで勘定にしました、3杯飲んで3070円也、結構な値段になりますな、

他の焼鳥屋と比べるとちょいとお高い価格設定かもしれません、

一人前の串数も多い(札幌では普通かもしれませんが)ので、一人で行くとあれこれ頼めないのがちょっと残念sweat02

でも、それを差し引いても店の雰囲気は好みです、

札幌の「福鳥本店」、再探訪してヨカッタです、ごちそうさん!また来ますねheart04

この後、“すすきの0番地”の蕎麦「朱月庵」を覗きましたが、なんと定休日、

021

残念heart03、あらためて来ますね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

恒例「天満音楽祭」の打上げ!は、ここです、天満の「ダイワ食堂 天五店」で宴会です^^)

【2015年10月4日(日)】

大阪 天満 「ダイワ食堂 天五店」

この5年ほど、年1回、ここ「ダイワ食堂 天五店」で飲み会をしておりますhappy01

今年も行けましたheart02、、、というのも、、、

2015年10月4日(日)開催の『天満音楽祭』に出演note、今年で6年連続かな、

今年はJR環状線「桜ノ宮」駅が最寄りの「さをり会館」での出演でした、

当然、打ち上げは「ダイワ食堂 天五店」の予定ですshine

が、、、どう行くのが近いんだろう?

この辺りの位置関係、あまりよく分かっていませんsweat01

えーい、ここは明快に一旦「桜ノ宮」駅まで歩いて、一駅電車に乗って「天満」駅で降りました、

う~ん、どうなんでしょうか?遠回りだったかな?よく分かりませんが、

ま、確実に「ダイワ食堂 天五店」に着きましたがhappy02

ということで「ダイワ食堂 天五店」で打ち上げです、参加者は5名、

019

まずはビールで乾杯です、

生はサッポロ、瓶ビールはサッポロ黒と赤、アサヒスーパードライ、キリン一番搾りとすべてあります、

ビール好きにはありがたい店ですな、この日はたしかサッポロ黒で乾杯ですlovely

あとは一気の注文でワイワイと宴会dash

比較的広い店内は大き目のテーブルが5つほどかな?グループでの飲みに最適のレイアウトです、

毎年、いくつかの「天満音楽祭」出演バンドが打ち上げに来ているようですよnote

今年の先客の方々も出演者のようで、帰り際にご挨拶いただきましたwink

さて、料理はまず「上ミノポン酢」、

025

これは「砂づり」かな、

021

「餃子」wink

022

そして、これが名物の「海老平」です、

023

豚肉を玉子焼きで巻く「とんぺい」の“海老”版ですな、美味しいheart02

ここらでワタシは日本酒に変えているようです、日本酒のメニュー、

026_2

お、ワタシの好み、「山形正宗」があるじゃないですかlovely、これにしましょうgood

024

このラベルは珍しいですね、記念ラベルかな?ダブルは量もしっかり、で860円也は納得の価格です、

さらに食べ進みます、

031

「だし巻」、

「唐揚げ」、

034

これは分かります、「牛バラポパイ炒め」、

035

これは・・・イカですね、「いかやき」かな?

036

これで2時間ほど、大いに盛り上がりました、

「ダイワ食堂 天五店」、毎度お世話になりありがとうございますshine

毎度お騒がせしてスイマセンsweat02、でも、、、おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

今日は大阪福島で飲み会、題して“不思議なご縁の4人会”、「タヴェルナ・ポルチーニ」~「穴子家NORESORE」。

【2015年10月3日(土)】

大阪 福島 「タヴェルナ・ポルチーニ」~「穴子家NORESORE」、

今日は大阪福島で飲み会です、題して“不思議なご縁の4人会”、

今日のメンバーは不思議な縁と関係の4人、

四角形で云うと、四辺はそれぞれ別々の関係で繋がっているのですが、対角線先の相手とは面識がない、という関係、

この説明で分かります?分からないか!?happy02

とにかく、4人揃って会うのは初めて、

「2人は初対面」が2組という飲み会でございます、

店は福島の「タヴェルナ・ポルチーニ」、

何度もこの辺りを探訪しておりますが、いつも満員のお店です、

一人で入店を試みたこともありますが、やはり満員、

それに一人で飲み食べる店でもないようですので、今回の“不思議なご縁4人会”で探訪することにしましたshine

17時開店の、17時予約、

すでに並んでおられる人もおられましたが、本日も予約で満席な様子、4人組は予約一番乗りで入店ですwink

 

カジュアルなイタリアンのお店ですな、

056kai

やはり、CPが良いので人気のようです、

予約客は100%女性、もしくはカップル、男性客のみというのはおられません、

料理が出て来るのに時間が掛かるようです、

オーダー取る時に店員さんからも料理によって時間が掛かる旨、コーションがあったので、最初にどんどん注文しましたdash

実際、時間が掛かる料理もあったようですが、、、

こちとら、時間も忘れるくらいワイワイと飲み喋っていたので、時間はあまり気にならずhappy01

結局、3時間ほど飲み食べ喋り、大いに楽しみました、

料理名は控えておりませんので写真のみ、

これは「前菜の盛合せ」かと、、、

043

「カルパッチョ」かな、、、

044

これは「エビのアヒージョ」、

047



これは・・・パン!?、、、パンってことはないかcoldsweats01、でも、美味しかったですheart02

045



プレーンな「ピザ」、これ、美味しかったです、

049



これは・・・メインだったかな?忘れました、

048

パスタも頼んだのですが写真なしheart03

ワインを2本飲んで、

050

お勘定は@5000円しなかったと思います、、、

カジュアルで美味しいイタリアン、CPも良いので人気なんでしょうねwink

帰りがけには、同じ路地の並びにある系列店と思われる店でパンも買って帰りました、

なんか、ここのパンも美味しいんだなheart02

福島の「タヴェルナ・ポルチーニ」、

皆でワイワイとワインと料理を楽しむ店、ということですな、また来ましょうheart04

2軒目は同じ路地にある“穴子料理の店”「穴子家NORESORE」へ、

日本酒があったのでこれで、、、

059



「穴子の肝」、

062

たしか「穴子の南蛮漬け」、

063

これが美味しかったねheart02

ふ~、酔った酔った、ではこれで解散です、

“不思議なご縁の4人会”、次回もよろしく~!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日 (木)

「日本酒ゴーアラウンド」大阪、後半戦は4軒、計6軒でもういっぱいいっぱいです。

【2015年10月1日(木)】

大阪 『日本酒ゴーアラウンド』 「BARJAZZ」~「うろこ屋」~「ロシュタン」~「麦太郎」

さて、『日本酒ゴーアラウンド』探訪の後半ですhappy01

10月1日は“日本酒の日”、

いろんなイベントが開催されたと思いますが、この『日本酒ゴーアラウンド』は参加しやすい緩やかなルール、特定のスペースでの開催ではなく、参加者が勝手に店を巡る仕組みが成功しているようですgood

2015年は大阪以外にも5都市で開催されているようですshine 

さて、今年は心斎橋エリアで回遊することにしました、

まずは、「ボンボリ」(銘柄:『忠臣蔵』)、そして「ミコノス」(『松の司』)と2軒回った後です、(昨日の記事参照)

飲み友が数人で近くを回遊、飲んでいます、

連絡すると「BARJAZZ」(『睡龍』)にいるとのこと、歩いて数分の店です、

「ミコノス」の肴「和風麻婆豆腐」をささっと平らげて「BARJAZZ」に向かいます、

その名の通り、BARな雰囲気ですな、

どうもどうも、初対面の方、偶然一緒になった方、なんかよく分かりませんが輪の中に入れていただきます、

カウンターとテーブルスペースの比較的広い店ですが、

皆さんもうすっかり出来上がっています、日本酒バンザイな気分happy01

酒は「睡龍」の濁り、温燗、肴は濃厚な「レバー」です、

022

ほう、これは酒、肴ともインパクトがあります、

酔いそうです、いや、もう酔ってますhappy02

さて次に行きましょか、ワタシも同行させていただきますhappy01

次はすぐ近くの「うろこ屋」、『ゆきの美人』は好みの銘柄、ここはぜひ寄ってみたかった、

ビルの3階か4階のお店なのでエレベーターで上がります、

023

普段から日本酒が揃っている店のようですね、

普通なら来ないような店ですが、

こういう店にも入れるのもこのイベントのおかげ、お店発見のきっかけになりますな、

普段は上品な料理屋なのでしょうが、

今日は椅子がなく、テーブルで立ち飲みです、ここもまたえらい盛り上がっています、

酒は「ゆきの美人」、

024_2

肴は「刺身」でした、


025


杜氏さん(というか社長やったかな)が来られていたので、

写真も撮らせていただきましたlovely

さて次はちょっと離れています、「ロシュタン」、酒は『花巴』、

千日前通りの南、四ツ橋通りの西側、

もちろん歩いて行けますが15分以上はかかりそう、酔った勢い?で4人でタクシーを飛ばすことにしましたhappy01

交叉点の角で、ここもまた大いに盛り上がっていました、

どこの店もホント満員ですね、いったい何人がこのイベントに参加しているんでしょう、

ここでも蔵の方と写真撮ったりしています、

肴は3種類あり、4人で適当に別々のものを頼みました、

035

が、内容はすでに記憶ナシsweat01

041

こんなんでした、

ここまでで6軒、3合ほど飲んでいるのかもしれません、時間的にもそろそろ〆ましょか、

最後の店は帰路を考えて梅田へ移動、

042

駅前第3ビルB1Fの「麦太郎」、酒は『瓣天』の燗、

ここは、普段よく行っている店です、普段から燗酒に力が入っています、

キャッチフレーズは“酒は純米以上、燗ならなお良し”だったかな、

店内も普段通り、少しならんで4人テーブル席に着きます、

大き目の盃、肴は煮込みだったかな?

045

はい、これで一旦終了解散です、 

今年の『日本酒ゴーアラウンド』、6軒でした、ふ~、

今日はこれくらいで堪忍したるわhappy01

 

と云いながら、もう一軒行ったみたいですsweat02

駅前第1ビルB2Fの半立ちワインバル「ALFREDO」、

065

ここもリーズナブルな良い店、、、

みたいですが、すでに的確なコメントをかける状態ではありませんheart03

なんとなくこれで流れ解散、、、

今日の訪問店、全部で8店、、、あ~、明日は飲めないな、これはsweat01・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

10月1日は“日本酒の日”、イベント『日本酒ゴーアラウンド』に参戦です!でもまずはビールでスタート!?

【2015年10月1日(木)】

大阪 ホワイティ梅田「直福」~日本酒ゴーアラウンド「ボンボリ」~「ミコノス」

今日、10月1日は記念日ラッシュの日なのですflair

ワタシはもちろん『日本酒の日』に乗らせていただきますhappy01

『日本酒の日』イベント、『日本酒ゴーアラウンド2015』に参加します、

昨年も参加したこのイベント、昨年は、、、一人で飲んで結構ベロベロになりましたなcoldsweats02

そして、今年はこの『日本酒ゴーアラウンド』、

大阪だけかと思っていたら、他にも日本各地5都市で行われているらしいっす、日本酒ブームもここまで来ましたか、な感じですねgood

参加店毎に日本酒の銘柄が割り当てられていて、開店時間はまちまち、

早い店は13時から営業開始=イベント開始しています、

できれば、早い目から参加しようと思っていたのですが、

こういう日に限ってあれこれと用事がsweat02、、、

結局、参加は夕方になりました、、、梅田でやっと自由の身に、

さて、このまますぐに『日本酒ゴーアラウンド』に飛び込んでも良いのですが、、、

まずは“とりあえずのビール”というのもありやね、

つうことで、まずはウメ地下(ホワイティ梅田)の立ち飲み「直福」に入ります、

008_2

ここ初めてです、

「生中」290円也で一人乾杯、ふ~、ビール、美味しheart02

一品だけ頼みましょう、

好物がありました!「とり天」、鶏の天ぷら、大の好物です、これお願いします、

005

おお、予想外のボリュームです、

ナゲット大の天ぷらが5個!さっと食べて飲んで、すぐに移動の予定でしたが、、、

お客さん、これはちょっと時間掛かりますぜhappy02

でも、さくっさくっと急いで食してお勘定です、590円也、

期待以上のお店でした、こりゃ、あらためてゆっくりと探訪しないといけませんなwink

ウメ地下の「直福」、好感です、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、『日本酒ゴーアラウンド』参戦開始ですdash

参加店舗は大阪のキタは梅田・野田福島から淀屋橋・本町、そして心斎橋からミナミ難波まで広く点在しております、

店舗の日本酒銘柄から好みをピックアップして行くのもありですが、移動が大変ですsweat02

ここは、どこら辺りで飲むのか?エリア優先で臨みましょうgood

心斎橋エリアは参加店が比較的密集しています、

飲み友もミナミ~心斎橋辺りでで飲む予定との情報もあります、ここは心斎橋へ向かいましょうwink

『日本酒ゴーアラウンド』、

まずは飲み友の後を追いかけて「ボンボリ」、酒は『忠臣蔵』、2階のカウンターは立ち飲みでした、

このイベントの仕組みは参加バッジ(500円也)を事前購入、

これで各お店で日本酒が一杯無料で飲めます、90ml(5勺)くらいかな?

そして、だいたい500円くらいの肴を別途オーダーする必要があります、一軒500くらいで飲みまわるということですね、

「ボンボリ」の肴は「茄子揚げ浸しとカキのオリーブオイル」みたいな一品、

011

おお、美味しいですな、

009

「忠臣蔵」も辛口で旨味もあるタイプ、初めて飲みましたがイケますねshine

はい、これで移動です、

後からどんどん入店がありますので、飲み終わったら素早く出て行かなければなりませんwink

2軒目は「ミコノス」、銘柄は『松の司』、

016

先日、テニス合宿で行った滋賀県高島市朽木でもこのお酒売ってましたね、

高島市のお酒かな?と、酒蔵の方に訊いたら対岸の蒲生郡竜王町のお酒でした、

肴は2種類から選べたような記憶が、、、

なんかこれに魅かれました、「和風麻婆豆腐」、

020_2

う~ん、ここは料理がイケますわheart02

美味しいし、ボリュームもある、今日はなんかボリュームの料理に当たるなあhappy01

店はマスコミの取材なんかも入って、お店も盛り上がっています、

どんどん来店、ではここも移動です、

ごちそうさん、なんか店の雰囲気も気に入りました、また来ますねheart04

さて、『日本酒ゴーアラウンド』はまだまだ続きます、、、

(明日の記事につづく)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

今宵もフライング飲みです、梅田芝田町の路地裏に健在、ちょっと一杯の居酒屋「蛍屋」です。

【2015年9月28日(月)】

大阪 梅田芝田町 「蛍屋」

今日も飲み会があります、で、やっぱりフライングで一人飲みですhappy01

飲み会が大阪グランフロントなので、この日も近場の梅田芝田町を探訪してみましょうwink

お目当てはここ、「蛍屋」、

008

先日、昼間のランチ時に前を通ったら結構混んでいました、

ランチが混むということは、、、夜もイケるんじゃない!?happy02ということで、今宵は「蛍屋」へ入ってみましょうdash

ちわ、、、ほう、一本カウンター、テーブルもあり、奥にもまだテーブル席もあるのかな? 

入口近くのカウンターが空いているのでそのまま着きます、

カウンターの中には大将と副大将、

どちらがどちらなのか?は知りませんが、とにかく大将が二人ですhappy02

飲み物は?と、良いタイミングで大将が訊いてくれます、

では「麦水」にしますか、

つまみは、、、と、ホワイトボードのメニューが掛かっています、

100円台の肴もありますな、安!とりあえず「じゃこおろし」200円也にしましょう、

002

入りは6分くらい、ほど良い感じで暖まっています、

やはりサラリーマンメイン、梅田のすぐ近くですが、まだ少し昭和の匂いを残している芝田町の路地裏で、しっかりエエ味出したはりますwink

もう一品、「ちくわの天ぷら」200円也、

通し揚げかな、小振りですがちゃんと美味しいですshine(写真、忘れたみたいですheart03)

飲み会まではまだ少し時間があります、

う~ん、一杯だけのつもりでしたがもう一杯飲みますか?

お、奥の方に日本酒のメニューが貼ってありますね、、、

遠くて見えないので、見に行きますhappy02

え~っと、「春鹿」に「花ボンボリ」(新潟のお酒でした)、「男山」(北海道の男山かな?)の三種類、

どうしようかとメニューを見つめていると大将に気付かれましたcoldsweats01

日本酒?

あ、え~、あ~~、飲みましょう!!

ということで「秋鹿」超辛口純米500円也をお願いします、

006

コップに7分目程、つい~っといただきます、

辛口で旨いタイプ、エエ酒ですな、

辛口はあまり得意ではないのですが、最近はこの辺りの飲み口にも鷹揚です、美味しくいただきますshine

ついでに肴も追加、「鯖塩焼き」350円也、

007

珍しい注文ですが、なんか食べたかったんです、

小振りですがこれも美味しいです、どうやらこれがランチの魅力の源泉かな?

はい、これでお勘定です、1500円くらいだったかな、

大阪芝田町の「蛍屋」、会社帰りにちょっと一杯、安くてそこそこ美味しい、そんな街場の居酒屋です、近くにあれば使うかな、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



 

(おまけ)

この後は、グランフロント大阪の「Nippon」という店で飲み会でした、

ここでは日本盛の燗酒、ならぬ缶酒が出されてます、

014

最近、コンビニでも良く見かける缶酒ですね、

こんな飲み方も出てきたのは、ま、エエかな、どんなカタチでも日本酒に触れれば、ファンも増えるかもですshine

結構な値段しますが、青色の“生原酒 大吟醸”はさすがに美味しいですわhappy01

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

飲み会前に一人フライング飲み、福島の「うおずみさん」で佐賀の日本酒を堪能いたしました。

【2015年9月24日(木)】

大阪 福島 「うおずみさん」

このところ飲み会が続きますhappy01

飲み会が続くことはありがたいのですが、、、一人での酒場探訪が激減しておりますsweat01

やはり、一人での探訪飲みにも行きたいので、、、

必然、飲み会前のフライング一人飲みが増えておりますhappy02

この日も飲み会があります、スタートが19時30分、これはフライングでしょうdash

ということで、今日は福島を目指します、

未訪問の立ち飲みがあるので行ってみましょう、

今日のお目当ては「うおずみさん」、

面白い店名ですね、自ら“さん”付ですhappy01、どういう意味が込められているのでしょうかね?

梅田から2号線沿いを歩きます、

淨正橋の交差点の手前で路地に入るとありました、立ち飲みビュッフェ「うおずみさん」、

019

綺麗なお店ですね、そして箱も大きいようです、ではでは、入りましょうdash

店内も真新しい感じで、清潔、綺麗な内装です、

右手にカウンターと壁沿いに立ち飲みテーブル(5~6つ)、左手のコーナーは壁に沿って座れるようです、

先客なし、カウンターの中にはお二人、

一人客であることを告げると椅子を奨めてもらいましたが、、、立ちますhappy02

はい、大丈夫です、立つのが好きなんです、

それに飲み会前のフライングなので長居できないので立ちます、

え~っと、まずはハイボールにしましょう、「角ハイボール」380円也、

濃い目もありましたが普通で、、、

020

料理は、まず刺身かとも思ったのですが、ハイボールなので「鶏ささみポン酢」380円也にします、

024

ふ~、お疲れ様です、

あ、思わずパクついたので、写真は残骸ですsweat02、、、

手元メニューには日本酒の“飲み比べ”メニューもあります、

日本酒も揃っているみたいですね、

ふと、後ろの壁を見ると日本酒の半紙メニューが貼ってあります、

021kai

ほう、日本酒も力入っているようですね、

それに“The SAGA 認定酒”のショルダーコピーが見えます、

“SAGA”って、、、??“サーガ”、年代記?、、、いや“佐賀”の事かな?happy02

調理を担当されているお兄さんに訊いてみましょうshine

あれは佐賀のお酒、ということですか?

そうです、あまり知られていない佐賀のお酒をお奨めしています、

やはり佐賀だflair

ワタシも佐賀のお酒は好きです、「東一」とか「鍋島」とか、

有名な銘柄以外にも良い日本酒がたくさんありますよ、

訊くと、このお兄さんが佐賀出身なので説明にも力が入ります、

半紙メニューには4銘柄、「幸姫」、「窓の梅」、「肥後 蔵心」、「純天山」と並んでいます、

025kai
026kai

お兄さんにざっと説明してもらいます、

「東一」みたいな濃厚な米の味がする日本酒が好きなんですが、

それなら「蔵心」がそういうラインですね、

辛口なら「純天山」、癖のある「窓の梅」、そんなお話だったと思います、

ではまずは「蔵心」にしましょう、

それと「和歌山 活メバチマグロぶつ」580円也にします、

「蔵心」、

028kai

お!美味しいですねheart02

ワタシのラインです、たしかに「東一」のライン、

芳醇、しっかりした米の味、お兄さん曰く、純米ですがそれ以上の酒です、とのこと、妙に説得力があります、

「和歌山 活メバチマグロぶつ」、

031

これはまあ普通happy01

飲み会の時間が迫って来ましたが、もう一杯飲みましょう、

もちろん佐賀のお酒にします、

お兄さんが“ちょっと癖がある”と紹介してくれた「窓の梅」、

032

これまた的確な説明でした、たしかに辛口で癖があります、

でも、飲み進むと味が変わってすっと飲める酒です、とお兄さん、

あら、ほんとだflair

たしかに二口目からすっと喉を通って行きます、はは、なにか暗示にでもかかっているのかな?

お兄さんの紹介通りの展開に納得、

これでタイムアップです、飲み会に向かいましょう、

お勘定は2500円くらいだったかな?忘れましたcoldsweats01

福島の「うおずみさん」、

思わぬ佐賀の日本酒との出会いでしたが、とても美味しかったですshine

今日飲めなかった銘柄もぜひとも飲んでみたいですね、

そうそう、店名の由来はちゃんと聞けませんでしたが、やはり関係者が“うおずみさん”らしいです、

それより、電話に出る時がおかしかった、

「はい、“うおずみさん”です」って電話に出られますhappy02

やはり店名なので“さん付け”なんです、なんかおかしかった、

とにかく、また佐賀のお酒、飲みに来ますすね、

ごちそうさん!絶対にまた来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »