« 今日は番外編、ランチ店の紹介です、でも昼飲み、夜飲みも出来ます、ぜひぜひ^^) | トップページ | 最後の?東京酒場探訪、2軒目は神奈川の「みのかん」、至福の時を求めて今日も雨の中を歩きます^^) »

2015年10月15日 (木)

最後の?東京酒場探訪、限られた選択、で一番に行ったのはやはりここでした、立石の「宇ち多"」^^)

【2015年9月9日(水)】

東京 立石 「宇ち多”」

久しぶり、そして会社人現役最後になる東京酒場探訪ですhappy01

きゃ~、嬉しいshine

おかげさまで会社人生活一旦満了です、

9月末の定年退職を前に、退職の手続きや挨拶回りで東京出張ですdash

お陰様で飲み会の予定が毎晩入っていますが、

その前にフライングをしている日もあります、

限られた日程で行くべく酒場をあれこれと検討しましたが、、、

ここがまず一番に思い浮かんだしlovely、一番に探訪決定good、そんな店であります、

ということで、今日は同期のH氏と立石で待ち合わせです、

もちろんお目当ては、もつ焼きの「宇ち多”」ですheart02

009

(写真は今や出口専用となった仲見世商店街側の出入口)

東京単身赴任時に初訪問以来、数えきれない探訪数、

関西へ戻ってからも年に2回は通っておりました、

とにかく、ここのもつ焼きは他店とは明らかに一線を画きます、

新鮮なもつをざくっと大振りに切り分けたインパクトは強力、

なのに大味ではない、モツの旨味をシンプルに最大限に発揮していますwink

「宇ち多”」での、もつの相方は”焼酎梅割り”ですwink

005

ま、焼酎ストレートの梅風味という事であります、

焼酎は「寶焼酎」、一升瓶からグラスに注がれ、梅シロップをちょろり、いやどぼっ!か、 

ワタシが焼酎ストレートを飲むのはここだけです、

やはり“水割り”の方が飲みやすい、でも、この店で飲む“焼酎梅割り”は、、、なぜか旨いのですhappy02

チューっと飲む感じ、昭和の残像、滝田ゆうさんの世界heart01

店内もまさしくそんな雰囲気、この雰囲気で飲むから旨い、というのもあながち間違いではないようです、

家で「寶焼酎」をストレートであおってもこんなに感動することはない、

やはり、この店自体のもつ不思議な魅力が「寶焼酎」と化学反応しているとしか思えないのですwink

初見なら不愛想に思える客あしらいも、皆が気持ちよく飲むためのルールということ、

最近、街中や電車内で迷惑をこうむる“リュック背負ったまま”や、カバンの“肩掛け”などはこの店にかかれば一発粉砕good

知らずに入ってくる客は、『他のお客に当たるから肩から外して!!』と一喝されます、

乗車マナーキャンペーンも「宇ち多”」ぜひお願いしたいくらいです、

そうそう、飲んでからの2軒目での入店も禁止です、

飲むなら「宇ち多”」が一軒目に限ります、どうして分かるのか?今日も玉砕しているグループありましたhappy02

店内での待ち合わせもできません、(ま、常時並んでいる状態ですから実際席を取っておくということは不可能ですが、、、)、

入店待ちの並びも、グループ全員が揃ってからでないとNGです(一人での列の場所取り禁止)、

すべてがまっとうなルールでありますから、飲む方も自然と背筋が伸びるというものなのです、

メニュー表がないのでネタの注文にも技量が必要(こう書くと面倒くさそう)ですが、慣れればなんということはありません、

要領を得ないオーダーには店員さんも丁寧に対応してくれます、食べたいものをどんどん頼みましょう、

そういうと、もつ焼き一皿(串2本)の値段が今回は200円也に上っていました、

時勢柄仕方ないか、初めて来た時は140円也だったかな?何回か小刻みに上がってここまで来ました、

それでもこの串が@100円也は納得の価格です、

ということで、いろんな思い出、感慨を持っての東京酒場探訪、

まず初日は立石の「宇ち多”」へ来ましたhappy01

 

土曜日に来ることが多かった「宇ち多”」、

今日は平日の午後、「宇ち多”」時間で云うともう終い掛けだからか、珍しく並ばずに入店、

真ん中のアイランドカウンター、幅30cmくらい?

そこに向かい合わせで座るんですから、皆、回りの客の事を気遣いながら飲みます、

皿も瓶も乱雑に拡げてはいけません、きっちっと並べて重ねて最小限のスペースをシェアします、

二人なのでビール大瓶、

生モノは何があります?お、ほとんど残っていますね、で、これは「ハツ生」かな、

013

「お新香」、H氏は「大根」(“お新香”はきゅうりとの盛合せ、”大根”は単品)が好みだそうです、

そして「梅割り」へ移行、

焼きは「あぶらタレ」、

014

「あぶら塩」も美味いんだけど、、、

H氏はタレ一本だそうで、この日もなんと「あぶらタレ」のみを連投という豪快な注文っぷりでしたhappy02

ワタシは「かしら塩」に「がつ塩」、

015

写真は「がつ塩」かな、この日は二人なのであまり写真撮っていませんねheart03

あしからず、

これで小一時間飲んでお勘定、

この日はこの後の宴会もあるし、体調も万全ではないので早めに切り上げさせていただきました、

限られた日程での東京酒場探訪、まずは立石の「宇ち多”」でしたheart02

次回、またどこか1軒を選べと言われたら間違いなく候補に挙がるお店です、

ごちそうさん!できれば、ぜひぜひ、また来たいです!!heart04

それまでしばしのお別れです、おおきにでした、

 

(おまけ)

今日のランチは東銀座の「歌舞伎蕎麦」、ここもまた必探訪の店であります、

012

|

« 今日は番外編、ランチ店の紹介です、でも昼飲み、夜飲みも出来ます、ぜひぜひ^^) | トップページ | 最後の?東京酒場探訪、2軒目は神奈川の「みのかん」、至福の時を求めて今日も雨の中を歩きます^^) »

葛飾区(立石四つ木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/61688400

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の?東京酒場探訪、限られた選択、で一番に行ったのはやはりここでした、立石の「宇ち多"」^^):

« 今日は番外編、ランチ店の紹介です、でも昼飲み、夜飲みも出来ます、ぜひぜひ^^) | トップページ | 最後の?東京酒場探訪、2軒目は神奈川の「みのかん」、至福の時を求めて今日も雨の中を歩きます^^) »