« カウンターのガスコンロで、焼肉とがっつり正面から向き合う店、新今宮の「大寅食堂」です。 | トップページ | 西梅田“ぶらり横丁”にあった串カツ「七福神」が移転再開店です、駅前第4ビルB2Fに「七福神」新店へ。 »

2015年10月 7日 (水)

37年前の面影はないけれども、梅田芝田町の裏通りは健在です、酒場探訪、まずはおでんの「すえひろ」、昭和の雰囲気です^^)

【2015年9月2日(水)】

大阪 芝田町 「すえひろ」

今日は大阪梅田芝田町の裏通りで飲んでます、

1978年、社会人になった時に初めて勤務したオフィスがあったのが、大阪梅田芝田町でした、

梅田の交差点から北へ200mほど、

中津との間の、当時としては「ちょっと梅田のはずれ」な感じ、阪急グループの戦略で梅田が北へ伸び始めて10数年経ったころですね、

で、2015年、何度かのオフィス移転を経て、

会社がまた芝田町辺りの大きなビルに引っ越しました(はは、もう書いてもエエか、グランフロントですhappy02)、

37年前とは芝田町交差点より西側の風景が一変、

国鉄大阪支店(まだJRじゃなかった)のビル跡にはヨドバシのビルがそびえ、グランフロントができましたdash
(この間に梅田の東北側、茶屋町も一変しています)

でも、芝田町西北側の雑居ビルがひしめく裏通りの一画はまだ健在です、

JRAの場外馬券売り場は拡張されていますが、それがかえってよかったのか?酒場も何軒かまだ残っています、

さすがに1978年当時から営業している店は少ないと思いますが、それでも何軒か、梅田の裏通りの風情を残している店があります、

人生で初めて牛丼を食した交差点角の「吉野屋」もまだありますねhappy02

近くに引っ越してきたのを機に、

久しぶりにこの辺りを探訪してみることにしますgood

実際に歩いてみると、

記憶にある食堂や、競馬ファンが集っていた酒場は残念ながら居酒屋チェーン店に変っていますheart03、、、

そら、もうないですよね、、、

で、雑居ビルの狭い通路の奥にあるこの店に入ることにしました、

017

おでんの「すえひろ」、

さて、この店がいつからあるのか?

定かではありませんが、昭和の店構えで佇んでいます、

格子戸のガラス越しに中を覗くとちょうどエエ感じで客も入っています、暖まってますね、こりゃイイや、

では、まずはここへ入ってみましょうdash

スクエアなコの字カウンター、15席ほどかな、

正面には堂々のおでん鍋、そして向こうにはお母さんとお兄さんのお二人、

左右の席は埋まっていますので、入ったところの目の前の席に着きます、

ほう、店内も昭和ですねshine

仕事帰りにちょっと一杯、そんな気分にピッタリの雰囲気、

ちょっと高いかもしれないという感じもありますが、奥の壁に掛かっている白板メニューを見るとそんなに心配することもないようです、

014_3

小鉢で250円也から、刺身煮付けで650円円也、一番高い「馬刺し」で950円也です、

では、まずは「麦水割り」、

ずっと「芋水」を好んでいたのですが、この夏の暑さでなぜか「麦水」に転身しています、

それとメニューを見て即発注は「鱧の身と子の玉子とじ」、

006_2

好物なんで焦って発注したのですが、、、まずは「突出し」が出てきましたcoldsweats01

これは、「河豚皮の酢の物」かな?

はい、こういう一品からしてちゃんとしてます、これが昭和の酒場の作法です、

そして「鱧の身と子の玉子とじ」、

007

なかなかインパクトあります、うん、美味しいheart02

カウンターには大皿や一品モノが並んでいます、

016

こういうなんも好きですlovely

文字メニューよりもシズル感があるので、思わず触手が動きます、

その向こうにあるのはなんですか?なんて訊くのも楽しいのであります、

だいたい、お母さんがこれはOO、これは××、他にはあれとこれと、、、なんて、すらすらと料理名を挙げてくれます、ほう、ではOOを、なんてついね、

この日、並んでいたのは、

ゆ塩焼き、かれい煮付、あら炊き、南蛮漬けが3種、鯵に鰯にもう一つ、おからにきんぴら、茄子、ごぼう、たまひも云々、

う~ん、悩みますね~、

ここは、看板のおでんにしましょう、ならば、酒は燗酒、ということになるでしょう、

先日も暑い日に久しぶりに燗酒を飲みましたがやはり美味しいwink

これからの季節は燗酒が堪らん季節になりますheart02

おでんは「ねぎま(鮪)」と好物の「きんちゃく(餅)」、きんちゃくは葱入りもあります、

そして、燗酒はぬる目で「賀茂鶴」450円也、

日本酒は他にも「玉乃光」550円也、「宮水の華」650円也、「純米賀茂鶴」750円也などがあります、

「賀茂鶴」の燗酒、

008_2

う~ん、美味しいですshine

広島の酒なら他に贔屓の銘柄があるのですが、この雰囲気でいただく燗酒は文句なしに旨いですgood

おでんも来ます、

011

「ねぎま」も美味しいですwink

で燗酒をグビ、おでん、燗酒グビ、、、このサイクルが止まりませんhappy01

燗酒、ついお替り、おでんの追加は「厚揚げ」と「玉子」、

013

で、燗酒をグビ、おでん、燗酒グビ、おでん、、、こりゃ堪りませんなhappy02

他のお客さんも料理と酒、ええバランスで進めたはります、

料理の美味しい酒場の真骨頂、久しぶりに酒場満喫です、

これでお勘定です、3000円は超えたと記憶、

やはり少し張りますが、この感じ、この料理なら納得です、

大阪梅田芝田町のビルの1階、ちょっと奥まったところにあるおでんの「すえひろ」、

気持ちよく酔いました、これからの季節、おでんと燗酒を楽しみましょう、

ごちそうさん!また来ますねheart04

 

|

« カウンターのガスコンロで、焼肉とがっつり正面から向き合う店、新今宮の「大寅食堂」です。 | トップページ | 西梅田“ぶらり横丁”にあった串カツ「七福神」が移転再開店です、駅前第4ビルB2Fに「七福神」新店へ。 »

大阪梅田」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/61646944

この記事へのトラックバック一覧です: 37年前の面影はないけれども、梅田芝田町の裏通りは健在です、酒場探訪、まずはおでんの「すえひろ」、昭和の雰囲気です^^):

« カウンターのガスコンロで、焼肉とがっつり正面から向き合う店、新今宮の「大寅食堂」です。 | トップページ | 西梅田“ぶらり横丁”にあった串カツ「七福神」が移転再開店です、駅前第4ビルB2Fに「七福神」新店へ。 »