« 最後の?東京酒場探訪、限られた選択、で一番に行ったのはやはりここでした、立石の「宇ち多"」^^) | トップページ | 怒涛の東京5日間、最終日の日曜日は東向日島の洋食屋「カタヤマ」で昼ステーキからです♪ »

2015年10月16日 (金)

最後の?東京酒場探訪、2軒目は神奈川の「みのかん」、至福の時を求めて今日も雨の中を歩きます^^)

【2015年9月10日(木)】

横浜 神奈川 「みのかん」

おそらく最後の東京出張、限られた時間での酒場探訪、

1軒目の立石の「宇ち多”」に続く2軒目は、神奈川の「みのかん」です

今日も夜は飲み会です

その前に行ける店、昼間から飲める店、となるとここが思い浮かびました、

神奈川の「みのかん」

比較的最近知った店です、Iさんに教えてもらいました

FBで写真でその外観を見た途端に、絶対に探訪すべき店であることを確信、次の東京出張時にさっそく駆けつけたのを想い出します

まずはその外観、

032

これは溜まらんでしょう

ワタシがすぐに駆け付けたのも無理はないです(そうでもない?)、

住所は横浜市神奈川区青木町、

駅でいうとJR京浜東北線の「東神奈川」、京急本線の「仲木戸」、「神奈川」各駅から徒歩で10分前後という不便な場所にあります、

つまり、わざわざ行くしかないのです、それがまたよろしい

そして、ここは”市民酒場”であります

ん?なに??ということですかね、

横浜には“市民酒場”という文化が残っています、

詳しくはこちら辺りを読んでくださいませ、どうやら“市民酒場”は70年余りの歴史があるようです、

“大衆酒場”という言葉はおそらく全国共通だと思われますが、

“市民酒場”は聞いたことなかったですね、新鮮でよろしい、

かつ店の生き様をそのまま反映している良い言葉だと思います

しかし、この横浜の“市民酒場”も現在は僅か3軒程度しか残っていないようです、

「みのかん」と同じく神奈川区の「市民 酒蔵諸星」と西区の「常盤木」、

「市民 酒蔵諸星」は何度か探訪、ここも間違いなくエエ店です

「常盤木」も不便な場所にあります、

最寄駅は横浜地下鉄ブルーラインの「高島町」ということになります、

JRでいうと「横浜」と「桜木町」のちょうど中間辺り、

一度、横浜から歩いて探訪しましたが、まさかの“本日貸切”で入店できず、以来、不精をしており、残念ながら未入店です

そして3軒目の市民酒場が「みのかん」です、

市民酒場の冠にふさわしく?朝10時から夜20時までの営業(水曜日、日曜日定休)、

格安で酒と肴を提供し続けておられます、今日は飲み会前のフライングです

この日は雨、

どうも「みのかん」へ行くときは雨が多いような気がします、

だいたい「東神奈川」駅から歩いて行き(徒歩10分くらい)、

探訪後は京急「神奈川」駅まで歩く(こちらの方が少し近いような気がします)のがパターンですが、なんか雨のイメージがあります、

紹介者のIさんと「東神奈川」で合流して歩き始めます、

「東神奈川」駅前には「根岸家」という良い酒場があります、

0311

現在は再開発で綺麗なビルの一階に納まっていますが、元の店にも行ってみたかったなあ~、な感じの良い店です

その隣にも新しい店が出来ていました、昼間から盛り上がっています、

041



さらに京急本線のガード前には生蕎麦「一休」、

040
039


日本酒が揃っているようです、これは一度入ってみるべきですな

いつもは京急本線沿いの道を歩いていたのですが、1本海側に入ると旧東海道がありました、

この辺り史跡名跡が多く残っており、『神奈川宿歴史の道』という形で整備保存されているようです、

いちばん気に入ったのはここ、

037

この外国宣教師さん、“ヘボン”さんだそうです、

そう、あのローマ字の“ヘボン式”のヘボンさんです、おお!てな感じ

さて、「みのかん」に到着です、

元気に営業されています、ではでは入りましょう

お、先客なしです、

今日は二人飲み、大将に訊いたらOKとのことでしたので、珍しくテーブルに着きます、

とりあえずのビール大瓶で乾杯、

034kai

突き出しにおでんの「厚揚げ」と「じゃがいも」が出てきます

0321

(写真撮り忘れ、過去記事写真を転用です)、

そして、ワタシはすぐに「酎ハイ」へ、

頼んでから想い出しました、

ここの「酎ハイ」(焼酎のソーダ割りです、甘くないです)は濃いんだあ

まず大きなグラスの氷を入れ、焼酎は別のグラス(180mlかな)に並々と注ぎ、

これを全部大きな方のグラスに投入、

この時点でほぼグラスは一杯になっています、ほぼ焼酎ロックな状態

で、ミネラルウォーターのボトルとともに出てきます、
(ミネラルウォーターのブランドも珍しい)

036

ああ、これだったよね、参ったな、濃い

昨晩も大いに飲んだ、今宵も飲む、ので、そんなにグビグビは飲めません、

ちょいと舐めてはギリギリまでソーダを足して、またちょっと舐めてはソーダを足して、、、これでなんとか乗り切る作戦です

肴は「まぐろ刺身」、

035

これだけで1時間ちょっと、ゆっくりと酒場に流れる時間と酒を楽しみました

やっぱり、いいねえ~、ここは

Iさん、おおきにでした、

お勘定は二人で1500円もしなかったような、いずれにせよ高いはずはない、

市民酒場価格です(ちょっと値上がりしたみたいですけどまだまだ安い)、

そうそう、突出しは確かサービスです、

最後の?東京酒場探訪2軒目は横浜神奈川の市民酒場「みのかん」でした、

ええ店です、この末枯れた店でゆっくり飲む至福、まだまだ続けて欲しいですね

ごちそうさん!ぜひ!ぜひ!!また来ますね

この日の夜の飲み会は勝どきの「池のや」、こちらも楽しい店です、

044

045

たしか、コース料理で焼酎とかが無料になり?格安になる?そんなシステムだったはず、懐かしいです

 

 

|

« 最後の?東京酒場探訪、限られた選択、で一番に行ったのはやはりここでした、立石の「宇ち多"」^^) | トップページ | 怒涛の東京5日間、最終日の日曜日は東向日島の洋食屋「カタヤマ」で昼ステーキからです♪ »

横浜川崎横須賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の?東京酒場探訪、2軒目は神奈川の「みのかん」、至福の時を求めて今日も雨の中を歩きます^^):

« 最後の?東京酒場探訪、限られた選択、で一番に行ったのはやはりここでした、立石の「宇ち多"」^^) | トップページ | 怒涛の東京5日間、最終日の日曜日は東向日島の洋食屋「カタヤマ」で昼ステーキからです♪ »