« 西梅田“ぶらり横丁”にあった串カツ「七福神」が移転再開店です、駅前第4ビルB2Fに「七福神」新店へ。 | トップページ | 今日は番外編、ランチ店の紹介です、でも昼飲み、夜飲みも出来ます、ぜひぜひ^^) »

2015年10月13日 (火)

こりゃいいや、駅前第1ビル1Fの「上田酒店」で日本酒「雪の茅舎」を堪能する、の巻。

【2015年9月3日(木)】

大阪 駅前第1ビル 「上田酒店」

さて、駅前第4ビルの串カツ「七福神」新店探訪の後です、

次は駅前第1ビル1Fの「上田酒店」へ行ってましょうhappy01

お目当ては、、、日本酒「雪の茅舎」、

味はもちろん好み、そして、その風情のある名前も気に入っている銘柄ですが、、、

先日、日本酒がウリの立ち飲みで飲み友と飲んでいる時に「雪の茅舎」を注文したところ、

「上田酒店」にも置いてあるよshine、と教えてもらいましたflair

え!?そうなんや、気付きませんでしたsweat02

大阪駅前第1ビルの「上田酒店」へは何度も行っていますが最近ご無沙汰、

そういうと、日本酒にあまり興味がなかったころは、「上田酒店」では日本酒銘柄を意識していませんでしたな、

駅前第1ビルの「上田酒店」、

東京で酒場探訪修行を終えてhappy02関西へ帰って来た2009年か2010年頃に初めて探訪しました、まだまだ初心者ですな、

この店、おそらく駅前第1ビルが出来た時からあると思います(未確認ですが)、

駅前第1ビルが出来たのが1970年ですから、45年はここで営業しているわけですwink

記憶曖昧ですが、、、

実際の「上田酒店」初訪問はたぶん1980年代、

会社の先輩に連れられて入った一度入ったような記憶が蘇ります、

その頃は立ち飲み、酒場などにはまったく興味がなかったので、これといった感慨もありませんでしたhappy01

そしてこの数年、日本酒に目覚めてあちこち飲み歩いてはおりますが、

「上田酒店」が「雪の茅舎」をレギュラーで置いていると気付きませんでしたheart03、不覚ですsweat02 

これは探訪、「雪の茅舎」確認、飲む必要がありますなdash

ということで「上田酒店」探訪ですgood

大阪駅前第1ビルの1F、入口は2カ所、

桜橋交差点側の四ツ橋筋に面した入口と、駅前第1ビル内から入る入り口の2カ所があります、

今日はビル内から入りました、

まだ、時間が早いので先客5~6人、空いています、カウンター左手に着きます、

カウンターの中にはお母さんが3人、その中の一人が社長ですhappy02

よく知りませんが、他のお二人が彼女のことを“社長”と呼ばれていますhappy02

お歳も一番上のようです、ワタシより一回り以上、いやワタシの母親くらいのお歳と拝見します、

お元気で何よりですhappy01

 

とりあえず目標の「雪の茅舎」は、、、

007

あります!大きな短冊メニューがドーンと貼られています、

ほんまや、なんで気付かんかったんやろ、

日本酒は他にも幻の瀧、梅錦、夢灯り、四万十川、かぐや姫、玉乃光、魚沼、土佐鶴などがり(結構揃っていますね)、

010kai

純米で290円也~350円也くらいで飲めます、コップ一杯の値段(180ml?一合)ですから、とってもリーズナブルですshine

またまた、朧げな記憶が蘇ります、

前回探訪時には「幻の瀧」か「梅錦」を飲んだような気が、、、たしか、、、そうだと思う、、、

 

さて、今日はもう「雪の茅舎」しかないです、

カウンターのお母さんに日本酒を頼むと、、、

社長!雪の茅舎!、、、

と、いきなり社長に丸投げです、おいおい、社長をそんなに顎で使っていいのか?happy02

いやいや、これは役割分担、

お母さん二人はカウンターの中が担当、フロアとお勘定は社長のご担当のようです、

日本酒は四ツ橋筋側の入口辺りのリーチインに入っていますので、そこまで社長が取りに行ってコップに注いでいただきます、

008

ありがとうございます、「雪の茅舎」330円也、

しかし、このお酒、情緒溢れるネーミングですheart02

でも、、、“茅舎”ってなんですか?な知識不足のワタシsweat01

初めは“ぼうしゃ”とさえ読めませんでした、お恥ずかしい、おそらく“茅舎”って言葉も聞いたことないと思いますsweat01

でも、“ぼうしゃ”って入力すると、スルリと“茅舎”が出てきます、

ほう、それだけポピュラーな言葉なんだ、

昭和、いや明治大正の言葉かもしれませんが、ずっと生きながらえている言葉、そして実物も多数実在しているんでしょうね、

肴はカウンターの上のショーケースから「ポテサラ260円也」です、

時間が早いせいか、肴はまだあまり揃っていません、おでんもまだかな?

しばらくするとお兄さんが肴を持って帰って来られました、

食材や惣菜の到着のようです、なるほど、これからが立ち飲みの本番ということですな、

伝票、会計はこれが一番確かですな、「雪の茅舎」は“○ぼ”ですhappy02

011

1杯で切り上げて他に回る(駅前第1ビルB2Fに最近出来た立ち飲みへ行く)予定でしたが、

「雪の茅舎」が美味しいです、これはもう一杯いきますか、

社長を呼び止めてお願いしますhappy02、スイマセン、「雪の茅舎」、お替りで、

肴は「ウインナー」、

015

ふふ、またコップ一杯の「雪の茅舎」、幸せです、

014

コップ一杯で330円也は本当にお得ですな~、ふ~、酔っぱらってきました、

これでお勘定です、伝票はこうなりました、

017

社長が勘定してくれはります、もちろん正確無比明朗会計です、

いや~目から鱗の「上田酒店」での日本酒三昧、

これからはここでコップ酒楽しむことが増えそうです、飲み方バリエーションが増えましたねshine 

ごちそうさん!また来ますねheart04

 

|

« 西梅田“ぶらり横丁”にあった串カツ「七福神」が移転再開店です、駅前第4ビルB2Fに「七福神」新店へ。 | トップページ | 今日は番外編、ランチ店の紹介です、でも昼飲み、夜飲みも出来ます、ぜひぜひ^^) »

大阪梅田(駅前ビル)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/61663409

この記事へのトラックバック一覧です: こりゃいいや、駅前第1ビル1Fの「上田酒店」で日本酒「雪の茅舎」を堪能する、の巻。:

« 西梅田“ぶらり横丁”にあった串カツ「七福神」が移転再開店です、駅前第4ビルB2Fに「七福神」新店へ。 | トップページ | 今日は番外編、ランチ店の紹介です、でも昼飲み、夜飲みも出来ます、ぜひぜひ^^) »