« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

久しぶりの新今宮です^^)、「岩田屋酒店」から「足立酒店総本店」へ、やっぱりええなあ~。

【2014年4月24日(金)】

大阪 新今宮 「岩田屋酒店」~「足立酒店総本店」

さて、初めて探訪のJR大阪環状線「芦原橋」、駅すぐ横の「山源」で飲んだ後ですhappy01

ここからはいろいろと選択肢があります、芦原橋周辺で、もう少し粘ってみるか?、

環状線外回り一駅で「大正」へ行くのも分かりやすいですね、最近できた日本酒の店もあるので、どうせそのうち行かなきゃいけないしねshine

環状線内回りなら、今宮~新今宮~天王寺と続きます、

う~ん、大正も行きたいけど、今日は久しぶりに新今宮へ行きましょか、飲む店には事欠きません、そうしましょgood

夜のこの時間は区間快速みたいなのも停車するみたいで、さっと電車が来たので乗り込みます、

二駅で「新今宮」駅、久しぶりですね、半年ほど来ていないような気がします、

まずはここ、

「岩田屋酒店」、ええ感じです、

035

前回は飲み友と偶然遭遇後、

相当飲んだ状態で入店したのでよく憶えておりませんhappy02、相当騒いだような気もいたします、スイマセンsweat01

ということで、今日はゆっくりと飲ませていただきましょう、

両側にカウンターがあります、左が調理場、右は壁向きのカウンターです、4分の入り、左の土手焼き?の平鍋の前に着きます

酒は多聞ですね、常温でいただきます、300円也、

肴は、、、う~ん、なににしようかと壁の短冊メニューを見て悩んでいると、お母さんが助け船を出してくれました、

「すきみ」、まだあるよ、

どうやら、「すきみ」はおすすめメニューのようです、いいですね、ちょうどそんな口になってました、ではそれを、

036

「すきみ」270円也、 

正解です、美味しいしheart02ボリュームもありCP高いですwink

よく見ると壁に『岩田屋 人気の5品』の短冊が、

039kai

①位が「まぐろのすきみ」でした、

人気メニューを教えてくれたお母さん、ありがとうshine、なんか得した気分です、

あとは、ホルモン煮、大根あら煮、むし豚、ニンニクから揚げと続きます、憶えておきましょうwink

珍しいのが左カウンター上にあるショーケース、

小皿料理が並んでいるのですが、これが手前からも開けられる仕様になっていました、勝手に取れるわけですflair

044

これはカウンター上では初めてかもflair

ま、思わず手が伸びてしまうという意味では、コロンブスの玉子的な発想の販売促進作かもしれませんねhappy02

新規のお連れさんが入店、でも、、、

なんと20時30分閉店とのこと、あと15分くらいありますがご新規さん、撤収、

ワタシももう一杯のつもりでしたが、ならばこれでお勘定にします、明朗会計、

「新今宮駅」、すぐ近く、ガード沿いの「岩田屋酒店」、

肴・料理充実の角打ち本格立ち飲みです、「すきみ」、美味しかったですshine、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、存外に一杯だけで退店したのでもう一軒行きましょうかdash

大通りを渡ってすぐの「足立酒店総本店」を覗きます、

ここは好きな店です、やはり肴・料理が充実の本格角打ち立ち飲みです、それにお父さんの対応がなんともいえずイイ、リズムと愛に溢れていますshine

045

まだやってるかな?と入りましたがまだまだ絶賛営業中lovely

ではでは、入ったところのL字カウンター角近くに着きます、

壁側のスペースでグループ飲みの一団、奥まで長いカウンターにはお一人だけですね、

ちょうど調理で忙しいお父さん、タイミングを見計らって「角ハイボール」310円也を注文、

そして肴は、、、

前も頼んだかな、「ニラ玉」210円也にします、結構好きなメニューで立ち飲みでメニューにあるとかなりの確率で頼みます、それにここは安いしshine

 

「角ハイボール」、

048

あ、これまた旨いです!ダブルなのか?炭酸が濃いのか?とにかく美味しいハイボールですshine

 

「ニラ玉」も注文聞いてからの手作りです、

050

ほほ、玉子料理好きですheart02

3軒目だし、飲み物も料理も量があったのでこれにてTVで野球観戦、

今日は虎の試合はないのかな?Gの試合が流れてますが、早々にGが負けるのを確認、

ここからお客さんが何人か入店、

閉店時間は決まってないのかな?まだもう一盛り上がりするみたいですhappy02

では、今日はこれで帰ることにしましょう、

お勘定は明朗会計、520円也、やはりこの辺りで飲むと安いですわgood

新今宮駅すぐの「足立酒店総本店」、ええ店です、好きです、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

JR大阪環状線完全制覇を目指して・・・残り3駅の一つ、「芦原橋」駅の「山源」を探訪です.

【2015年4月24日(金)】

大阪 芦原橋 「山源」

なんでもすぐに揃えたくなるのが悪い癖です、ワタシ、

収集癖強いです、たいして意味もないものを集めたくなる、

ということで、今回の収集対象は、、、

「JR大阪環状線 全駅酒場探訪」ですhappy02

JR大阪環状線、東京の山手線に比べるとだいぶ小さいですが、それでも路線距離21.7Km、全19駅あります、

天満、京橋、鶴橋、福島、西九条、新今宮、天王寺と酒場集積地も多くあるのですが、逆にあまり酒場探訪に縁がない駅もあります、

手強かった「弁天町」駅を昨年来探訪、先日も市岡周辺を探訪しましたね、

これで、酒場未探訪の駅はあと三つになっています、「大阪城公園」駅、「芦原橋」駅と「今宮」駅です、

今日はそのうちの一駅、「芦原橋」駅で一杯飲むことにしますdash

というのも、FBで「芦原橋」駅直下に良き立ち飲みがあるとの情報をいただいたからです、

これはちょうどいい機会です、さっそく行ってみることにしましたwink

大阪駅から大阪環状線内回りの各駅停車に乗ります、

いまでは奈良・和歌山方面への快速電車が直通運転で多数乗り入れているため、環状線内の各駅停車は基本15分に1本しかありません、

各駅停車のみ停車の「芦原橋」駅は意外と不便なのでありますcatface

話はそれますが(今日は前置きが長いですsweat01)、

芦原橋駅というと駅前にある和太鼓の製造販売「太鼓正」が有名です、

大学の頃、和太鼓を購入しに来たような気がします、、、

和太鼓購入!!??、、、はは、訳あって購入したのですhappy02

今回、久しぶりに芦原橋駅を降りてみると、、、

やはり駅前に「太鼓正」さん、ありました!健在です、大小様々の和太鼓が飾られていましたwink、懐かしい、

閑話休題、

さて、改札を出てすぐ左手に立ち飲みの「山源」があります、

023_2

おお、なかなかの外観でございます、これは期待できますねheart02

でも、いったんスルーして高架沿いにもう少し先へ進みます、

「山源」の前に行きたい店があるのです、お好み焼き・焼きそばの「大西」です、

024

ですが、、、

あちゃ、もう終っていますね(早sweat02)、時間は19時過ぎ頃、まだやっているかと期待したのですが、、、

実は先日偶然見かけた「大西」、

010

なにやら昼間からええ感じで飲めそうな店でした、

それに安い!お好み焼き、焼きそばが200円からという激安店です、

これはまずここで一杯飲んでから「山源」へと、、、

という壮大なhappy02構想を練っていたのですが、、、早くも暗礁に乗り上げましたheart03

気を取り直して「山源」へ戻ります、

正面の間口は広く、歩道沿いに長い暖簾が掛かり、ガラス戸が並んでいます、

その横にも一カ所入り口があり、そこから入ろうかと思ったのですがちょうど出て来られるお客さんと鉢合わせ、結局表から入りました、

ほう、とりあえずカウンターが店内をぐるっと回っています、

入ったところで落ち着こうと思ったのですが、なんか落ち着きが悪かったので奥の壁際のほうまで回り込みます、

雑然系のカウンターの中には大将が一人、

先客が5人ほど、カウンターは4辺で構成されており、もう一辺は出入りのために開いています、ここを塞ぐと五角形です、

なんとなく『五稜郭や!』と心の叫びましたhappy02、全然似てませんけどね、、、

飲み物は「芋水」、

028

濃いめです、

肴は「土手焼き」を所望したのですがちょうど売り切れて新しいのを入れたばかりとのこと、残念heart03

ではおでんにします、

好物の「厚揚げ」がこれまた売り切れ、で、「すじ」と「ちくわ」、

027

これでしばしゆっくり飲みますshine

店内にはTVが三台あり、五角形の店内のどこからでも見れます、

民放のバラエティですが、つい見入ってしまいます、いかんな~、

「芋水」をお代わり、

揚げ物のトレイに乗っていた「かき揚げ」をもらいます、おでんのつゆかソースになるそうです、ソースにします、なんか懐かしい感じになるでしょう、

034

うん、ソースで「かき揚げ」、ありですね、たしかに懐かしい感じしましたheart02

これでお勘定にしました、1170円也、

JR大阪環状線「芦原橋」駅改札から15秒、立派な暖簾ですぐに分かります、「山源」、ごちそうさん!でしたshine

 

さて、どうしましょうか、むこうの高架下にも提灯が見えますが、、、

ここは移動しましょう、久しぶりに「新今宮」で飲みましょうlovely

ではでは、とりあえず「芦原橋」駅初酒場探訪、おめでとうございました!happy01(なんのこっちゃ)、

つづきは明日の記事で、、、

これで残り二駅になった環状線探訪shine

「今宮」駅はすでに目当てがあります、日本酒の店、前から行こうと思いながら延び延びになってます、そのうちにきっと行くでしょう、

問題は「大阪城公園」駅です、

どうやら駅周辺に酒場はありません、というか店らしきものは1軒もありません、これが問題です、さてどうしたものやらsweat01、、、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

みなと通りにもいろいろあります、まずは市岡3丁目探訪です、「富士屋酒店」~「淡路屋」~「木村屋」。

【2015年4月21日(火)】

大阪 市岡 「富士屋酒店」~「淡路屋」~「木村屋」

今日は大阪環状線「弁天町」駅周辺の立ち飲み探訪です、

以前一度「弁天町」駅周辺を探訪していますが、その時は環状線の内側“波除”辺りを九条方面まで歩きました、

内側もそれなりに収穫はありましたが、

調べてみると角打ち立ち飲み系は環状線の外側、みなと通り沿いに“市岡”辺りから、さらに西へ行って地下鉄中央線「朝潮橋」駅、「大阪港」駅辺りにたくさんあるようですshine

ということで、今日は「弁天町」駅で降りて南方向、市岡3丁目の交差点を目指しますdash

「弁天町」はJR大阪環状線と地下鉄中央線の高架接続駅、

地上の交差点も国道43号線と中央大通りが交差する大きな交差点で、車と電車優先、人もあまり歩いていませんし、残念ながら飲み屋も見あたりませんheart03

43号線沿いに南へ少し歩くと“市岡3丁目”の交差点があります、

ここまでくると俄然生活の匂いが強くなります、

南東にはアーケードのある商店街もあるし、西側には下町が広がります、必然、いかにも酒店の角打ちもたくさんあるようです、

ではでは、今日はさくさくと何軒か回る予定です、

まずはここ、「富士屋酒店」、角打ちですね、

006

市岡3丁目の交差点から100mほど西へ行った南側、大きな港通りに面しています、

なかなかの店構えです、ではでは入ってみましょうdash

15人は立てそうな年季の入ったL字カウンター、

中には大将、きっちりとした立ち飲みであります、

先客は4人ほど、みなさん、入り口近くに立っておられるのでワタシはカウンター半ばまで入り込みます、

珍しくTVはなく、奥の方からかすかにラジオの野球中継が流れてきますhappy01

え~っと、小瓶がありそうですね、

さすがに陽気がよくなってきたので少しだけビールを飲んでみたいです、小瓶260円也をお願いします、

008

それとショーケースに入っている小皿から「高野豆腐」200円也、

007

大将が常連さんに話されています、

今日はドームでポールがやってるんよ、今からでも行きたいわ、ほんま、立ち飲みなんかやってる場合やないんやけど、、、

ポールとは、ポール・マッカートニーのことですねnote

たしかにこの日は近くの京セラドームで大阪公演中です、

どうやら大将は大のビートルズファンのようです、

角打ちでビートルズは似合わないですが、考えてみればみなさん、そんなお年頃ですからおかしくはないです、

ワタシもだいたい同年代、

その後、ワタシも入って懐かしい音楽の話題でひとしきり盛り上がりましたwink

酒も肴も良心的価格です、

缶ビールは「淡麗」の青いのがよく出るみたいですが、350mlで190円でした、

010kai

料理もメニューもそこそこ揃っています、

「おでん」は100円から、「焼き鳥」が4本セットで390円、刺身はまぐろ、きずし、イカなど、おから、ちくわ、ウインナ、玉子焼きに角煮、アスパラベーコンなどちょっと手を加えるもの、てっちゃん、煮魚もあるね、

お酒にします、

011

「豊祝」310円也、伏見の酒ですね、燗で出てきました、

「おでん」の“ごぼてん”100円也、

012

店内は歌の話から競艇に競馬の話に、競艇のことは全く分からないのですが、大将はなんでも詳しいですわ、

さて、これでお勘定にします、明朗会計です、

市岡3丁目交差点近くの「富士屋酒店」、王道の角打ち立ち飲みでした、好きなタイプの店です、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて次は南側の1本裏の通りを東へ、

43号線の高架を潜るとアーケードのある商店街があります、角の渋いうどん屋はすでに終い支度、

016

1本目の路地を南に行くと、、、

ちょっと先の角に「淡路屋」がありました、

018

こちらも立派な暖簾が掛かっています、入ってみましょうdash

思ったより新しく綺麗な店内、

10人は立てるL字カウンター、こちらはお母さんとお姉さんでやっておられます、

どうしようかな、、、ま、お酒でいいか、燗をお願いします、

021

なんか食べたかったのですが、もう料理がほとんど終わりとのこと、

白版メニューにあった「ニラレバ炒め」250円也を頼んでみましたが、やはり終わったとのことで、「奴」210円也に決定、

019

ここはTVで虎の試合をやってます、あ、なんか勝ってるhappy01

客層はさっきの「富士屋酒店」よりちょっと若いのかな?(といってもそれなりでcoldsweats01)

ご近所の常連さんが軽く1杯飲んで帰る、な感じです、

常連さんが数人、割と素早くお勘定です、

19時30分頃ですがそろそろ終盤な感じ、ま、16時から開いているらしいですからね、

ワタシも1杯でお勘定です、明朗会計、ごちそうさんでした!

来た道を戻る途中に「OHTA酒店」があります、

015

ここも奥で立ち飲みで飲めるようですねshine

どうしようか迷いましたが、この先に別の店があるのでそちらを優先することにしました、

また、あとで来ますねgood

裏通りを少し歩くと「木村屋酒店」があります、

022

ここは酒販スペースだけですが、一軒置いた左隣に立ち飲みらしき「木村屋」があります、

023

どうやら若大将がやっておられる、な感じ、

店内は賑わっていますね、では入ってみましょうdash

変形のM字ともいうべきカウンター、

先客7~8人、手前は会社のグループのようです(あとで何人かさらに合流されました)、

カウンターの中には若い大将とお母さん、真ん中辺りのカウンターが空いていたので着席、、、

あ、表には立ち呑みと書いてありましたが、、、

椅子あります、みなさん座ってゆっくり呑んでおられますhappy01

ここは先の2店よりまたさらに若いグループの常連さんがゆっくり飲んで帰る店のようですねgood

「角ハイボール」280円也と、目の前のショーケースから「生姜天」150円也にします、

026

メニュー多いです、刺身もそれなりにあります、



若いお仲間はどうやらサーフィン繋がりのようで大将も乗るみたいですgood

他にも“バス釣り”や“バイク”の話題も、若いって素晴らしい♪happy02

「角ハイ」をお代わりして、「ミンチカツ」280円也(やってもたsweat01)、

お母さんが「ちょっと時間掛かります」、とのこと、揚げ物は普通は通し揚げのようですね、

「はい」、

もうちょっとなにか食べたかったのです、『春は揚げ物』ですheart02

ハイ、出来上がり、

036

衣は分厚いですが、中は熱々でジューシー、ハフハフいただきますwink

これで満足、ごちそうさん!お勘定は1050円也、

立ち飲みだけど椅子もあります、「木村屋」、ワイワイと楽しいお店でした、

で、先程の「OHTA酒店」へ戻ったのですが、、、

すでに暖簾が降りて終われていました、20時には終了みたいですね、残念heart03

市岡の立ち飲み、三店三様で面白かったです、

「OHTA酒店」はリベンジしたいし、周辺には他にもまだ何軒か角打ちがあるみたいです、もういちど“市岡探訪”をせねばなりますまいdash

ではでは、今宵はこの辺で帰りましょう、お疲れ様でしたhappy01

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

二度目の布施探訪です、まずは立ち飲み「ひらた」、評判通りのエエ雰囲気の店、そして「淡路屋」へ。

【2015年4月16日(木)】

大阪 布施 「ひらた」~「淡路屋」

今日は久しぶりに布施を探訪いたしますwink

前回の布施探訪はおでん立ち飲みの「みやもと」へ行ったのですが、そのとき見つけた気になる店「淡路屋」shine

038
(前回訪問時写真)

そして、立ち飲み仲間から情報をもらった、これは絶対に間違いのなさそうな「ひらた」shine

今回は、この2軒が今回のターゲットです、

せっかくですので近鉄沿線の飲み友2人にも事前連絡済み、19時頃にまずは「ひらた」にゆる~く集合となりました、

ワクワクしながら大阪環状線から鶴橋で近鉄奈良・大阪線へ乗り換えます、

「布施」駅は近鉄奈良線と大阪線の分岐駅ですのでどちらに乗っても大丈夫、鶴橋からも2駅と案外近いのですgood

18時45分には「布施」駅到着、歩いて3分くらいで「ひらた」に到着です、

047

ほう、ええ感じですhappy01

実は前回布施探訪の折りにも「ひらた」の前を通っているのですが、あまり印象がありません、おそらく時間が遅く、もうシャッターが閉まっていたのでしょう、

「ひらた」の閉店は20時だそうです、

さすがに早いね~、でもイイですよ、早い店終い、いいじゃないですか、ねwink

では、まずは一人で入ります、

J字カウンターが一本、入っただけでエエ雰囲気なのが分かります、

入ったところのおでん鍋の前のJの底辺カーブ辺りに2人は立てそうですが、3人となると奥の方が良いかな、と奥を覗きますがよく分かりません、

カウンターの中の大将がここでどうぞ、

ということなのでそのまま入ったところのカウンターに着きます、

目の前が仕切の入ったおでん鍋です、ひゃ、旨そうlovely

055

後で連れが来るのが分かっているのでここは瓶ビールにしましょう、

キリン、アサヒ、サッポロとお好みのままです、ではサッポロ大瓶ください、450円也、

049

く~、冷えた瓶ビールも美味しいです、

とりあえず「おでん」ですかね、

あとでいろいろ頼むつもりで好物の「厚揚げ」をお願いします、

大きめの厚揚げを皿に掬って辛子をちょいと皿にすり付けて、、、と、ここまでは普通なんですが、、、

048

さらに、葱が乗り、生姜が乗り醤油がかかりました、え~!そらちょっと薬味過剰じゃないでしょうか?coldsweats02

という状態で出てきましたhappy01

ふ~ん、これはあれこれ頼まんでよかったなあ、

これで立派な一皿になってます、では、まず生姜醤油(のパーツ)でいただきます、

あ!美味しい!!shine

なんというのか、生姜醤油とおでんの汁が合わさってなんとも微妙な味わいを醸し出しています、ほう、これは新鮮な味です、

だめ押しでもう一度、“美味しいです”happy02

一人感動しているところに後輩のKちゃんが登場、

久しぶり、ではまず乾杯good

おでんの薬味が変わっていて美味しいこと、カウンター真ん中のショーケースに小皿料理が並んでいることを伝達、

あとは勝手に頼んでくださいhappy02

小皿料理も見聞しますが、どうもピンと来るのがないようで、おでんから「大根」となりました、

050

とろとろの大きな大根なんですが、

皮をむかずに入れているせいか周りの皮の部分が沢庵漬けみたいな感触になってます、

こういう流儀なんでしょう、ご愛敬ということでhappy01

隣のお客さんがショーケースにあった皿をおでん鍋に投入というリクエスト、

大将、気にもとめずに鍋に投入、たしかイカだったかな、身と葱をささっと湯がいて出来上がり、

へ~、こんな出し方もあるんですね、

そのために大きなおでん鍋は碁盤の目に仕切られており、そのうちの一つは普段はなにも入っていない、いわば「ゲスト湯の部屋」のようになっていますhappy02

なるほどねflair

ここらで3人目のMさんも登場、

ちょっときついですが詰め合わせていただいて無事入店、ではでは3度めの乾杯です、

Mさんはおでんの「湯豆腐」、

051

醤油生姜を期待したのですが、これには葱と鰹節でした、

おでんネタが続きます、たしかこれは「まぐろ」、

052

葱にポン酢、そして一味が掛かりました、

ネタによって薬味も変わってくるようです、なんかおでんの域を越えてるかもしれませんね、

ネタも通常のおでんネタに加えて、蛸やホタテ?貝柱などの海鮮系、揚げ焼売、すじなども控えており美味しそうです、

ワタシはお酒に変えます、「長龍」ですね、

053

こんなんも飲んでますな、色合いが渋く写ります、

056

おでんの〆は旬の「筍」、

054

大将が切り分けながら、これは掘り立てやからな美味しいでえ~、とアピール、

ほんとに美味しかったですよ~heart02

まだまだ行きたいところですが、、、

ここらで表のシャッターが閉まり始めました(早sign01)、20時閉店、健全、

そろそろお時間のようです、

ではではお勘定、いくらだっけ?忘れました!sweat012500円くらいだったかな?

出るのは少し開いているシャッターの下を潜ってもいいのですが、

安全のため奥から回って出るみたいです、なるほど、表からみて右側に酒販コーナーがありそこを通って退店です、

布施の「ひらた」、気に入りましたgood

料理は少々荒っぽいかもしれませんが、それなりに美味しいし、店の雰囲気が非常によろしい、

ここは一人でエエ感じで飲めると思います、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、もう一軒いきましょかdash

「ひらた」は20時で閉店、これはどうしてももう一軒ですね、

そんな時にぴったりなのがここじゃないでしょうか?happy02

「ひらた」の並び、徒歩5秒の角に「淡路屋」があります、

060kai

前回の布施探訪時に引っかかりました、ワタシ好みの外観です、暖簾がピシッと決まっています、

前回は時間が遅く「ひらた」はすでに閉店していたせいか?あまり印象になく、この「淡路屋」がとにかく収穫でした、

「ひらた」と「淡路屋」、こんな近くにあったんだshine

とにかく3人で入店です、

入った途端に、、、ここも気に入りましたhappy02

エエ雰囲気の店内です、大きなU字?カウンターと壁際にはテーブル席があります、

エエやんか!と、いそいそと奥のテーブル席に着きます、

「この灯りの感じがエエよね」と勇んで褒めると、Mさんが一言、、、

「LEDですね」

062kai

わお、鋭い観察眼、

そういうとMさんはこの辺りのことに詳しかったね、でも、LEDとは意外でした、

でも、考えてみれば青色LEDの発明のおかげで、ほぼ全色、どんな色でも作り出せるようになったわけですから、“下町酒場の色”なんていうのも可能なわけですね、

ここ「淡路屋」の照明計画、相当成功していると思いますhappy02

どうでしょうか?

さて、3人で腰を落ち着けて飲みましょう、

3人とも日本酒になりました、地酒は広島の「加茂鶴」350円也がありました、

061

コップ酒、やはり色合いがよろしい、

料理は「ポテサラ」に「ホタルイカ酢味噌」、

066

これはワタシが頼んだ好物の「げそ天」ですね、

067



話題はLEDの流れから仕事絡みの看板制作とかそんな話、はは、なんか懐かしい仕事の話をしてたようやけど、、、

ワイワイ飲んでいるので、忘れましたhappy02

追加の料理、「鰺南蛮漬け」、大きい割にちょっと漬かり方が浅かったか?

068

「出汁巻き」、

069

これはボリュームあり、とても美味しかったです、

全体に料理は及第点ではないでしょう、

「加茂鶴」をもう一杯だけ注文、Mさんと分けあって、これでお勘定です、

え~、いくらくらいやっけ?ここも忘れましたhappy02、@1000円くらいかな?

布施駅からすぐ、商店街の角にある「淡路屋」、

外観良し、照明計画もよしhappy01、料理もそれなり、酒場としては使い勝手のよい店ではないでしょうか?個人的には気に入りました、ぜひ再訪したい店です、 

ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

難読店名、2軒目は大阪淡路町の「膠」へ、店は若い感じですが焼き鳥美味いっす、あ、店名は読めるかな^^9

【2015年4月14日(火)】

大阪 淡路町 「膠」

大阪淡路町の「赫連勃勃」で気分良くなった後ですwink

「赫連勃勃」の読み方については昨日の記事を参照してください、

そして、「赫連勃勃」から徒歩1分にあったのがここ、

「膠」、

はは、ここもにわかには読めないですね、

でも「赫連勃勃」よりは読めるかな?ワタシは、、、読めませんでしたsweat01

この字、見憶えあるけど、なんだっけ?なレベルですね、

「膠」は“にかわ”と読みます、あの強力な接着剤の“にかわ”ですね、

この店の前まで来たことがありますが未入店、「赫連勃勃」を出て、ひょっとしてここだっけ?とすぐ近くのビルの通路を覗くとやはりここでした、

「膠(にかわ)」、手前の赤い看板が「膠」ですcoldsweats01

032

良い機会ですので入ってみます、 

ちょっと暗めの照明、若向きなのか?10数人立てるカウンターと奥にはテーブル席もあるみたいです、

7分くらいの入り、なんか活気あります、

一人であることを示して右手のカウンターに着きます、「赫連勃勃」でハイボール~日本酒と呑みましたので悩み所です、

カウンターにあったメニューを手に取ると、クラフトビールのメニューでした、へ~、ビールの店なのかしらね、ではここはとりあえずのビールにしましょうか、

ピルスナーをお願いします、

020

うん、美味しいですshine

だいた酒は濃いめの味がある系が好きなのでクラフトビールも概ね美味しくいただけます、 

 

料理のメニュー、

021

焼き鳥は大山鶏、和牛ホルモンもあるみたい、 

鶏好きですので大山鶏の「肝造り」380円也にします、

023

うめ~、好きですheart02、この塩味がたまりません、料理好感です、

こりゃ、料理が期待できますね、焼き鳥も頼んでみましょう、

1本からの注文もOKとのことですので、「焼き鳥」と「ぼんじり」を1本づつお願いします、@150円也、

「焼き鳥」、

027

美味しいですflair

大降りの身を玉葱といっしょにいただきます、うん、焼き方もええ感じ、これはレベル高いですね、 

 

「ぼんじり」、

028

こちらもボリューミーで焼き方もOK、美味しいです、

薬味に山椒が見あたらなかったので七味にしようかと思ったのですが、、、七味は出ず、、、なくなってたのかな?まあご愛敬ですhappy02

4人連れの入店があり詰め合わせです、

奥の方へちょいと移動、若いカップルが隣に来られました、はいはい、おっちゃんはこんなん慣れてるから大丈夫だよ~、移動移動、

と、カップルの女性が気を使って、

「スイマセンね、お父さん」、

って!飲み屋で若い女子に“お父さん”って云われてしまいましたsweat01、ま、今年還暦なので、まちがいなく“お父さん”なんですけどねcatface、、、

なんか、深く静かに軽いショック状態happy02

それでという訳ではなく、今日はこれでお勘定にしましたhappy01、1280円也、

難読店名2店目の「膠」、若い感じの良いお店です、焼き鳥美味しかったですheart02

それと途中で思い出したのですが、ここは確か日本酒も置いてたはずです、うん、今度は日本酒も飲まなきゃね、好感です、ごちそうさん!また来ますねheart04

(おまけ)

この週のランチ、風邪気味だったのですが、だったからか、結構がっつり系を食しています、

「遙華」、

201504201

ここCP高いです、



「葡萄亭」、

201504151

ここのビフカツは絶品です、

「ちんみん」、

20150417

年に3回くらい食べる「五目焼きそば」、これも癖になる味です、

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

この日は難読店名の店を2軒、まずはこちら、大阪淡路町の「赫連勃勃」、、、え~、なんて読むんだあ^^)

【2015年4月14日(火)】

大阪 淡路町 「赫連勃勃」

今日は難読店名2店を回りましょうhappy01

この店名、すっと読める人は余程の博識家か、、、呑み助ですhappy02

「赫連勃勃」、

こちらは“かくれんぼつぼつ”と読むそうです、もちろんワタシは読めませんでした、

なにやら“かくれんぼ”の語呂合わせのようにも思えますが、調べてみるとこんな由来のようです、

赫連勃勃=五胡十六国時代の夏(大夏・北夏・胡夏)の創建者。劉衛辰の三男、

なぜ、こんな店名にしたのか?

大将に訊いてみたいところですが、今回が初訪問、いきなりそんな無粋な真似もできないので、命名理由は次回のお楽しみですwink

場所は淡路町、

淀屋橋と本町の間、本町の方が近いのかな?腹ごなしがてら梅田から歩いていくことにします、

御堂筋の2筋東の通りをどんどん南下、案外遠いな~、と思い出した頃に発見!右手(西側)にありました、

004

「赫連勃勃(かくれんぼつぼつ)」、

うむ、本当にこの名前で営業してますわflair、という感じhappy02

ではでは、入りましょう、

スライドのドアは自動だったかな、す~っと開くと、、、うわ、満員です、10人くらい立てば満員の逆Lカウンターです、

カウンターの中には大将が一人、

こちらもいつもの指の仕草で一人客であることをアピール、なんとか入れますかなあ~、な気持ちを込めます、

と、大将、目の前のカウンターの切れ目から出てきて、

下に置いてあるパーツを拾い上げてカウンターの切れ目にはめてくれはりましたflair

出入りは出来なくなりますが見事に一人分立つスペースが出来ました、おおきにですheart02

生ビールにしようかと口に出したのですが、メニューに角ハイボールを見つけたので急遽訂正、

ハイボールください、

はい、なにを割りますか?角もあるし、この他のウイスキーでも出来ますが、

なるほど、壁にはボトルが4つほどショットサーバー?(あれ、なんというのですか?ボトルを逆さまにしてるやつ)が装着されています、バーボンもあるのかな、

ここはシンプルに「角ハイボール」380円也にします、ドリンクは銘柄問わず380円也みたいです、

見てると“ショットサーバー”を2回操作、どうやらダブルのようです、うん、シングルのハイボールは薄すぎます、ダブル好きですlovely

肴はまずはこれからが良さそうです、「まぐろ中おち」180円也、

006

007

ボリュームあります、薬味は葱に山葵、そしてトロッとした黄身が乗ってます、珍しいですね、

まずは葱と山葵でいただき、その後、様子を見ながらぐるっとかき回して黄身を絡ませます、

008

これもまた美味しい、黄身はすごく粘りがありました、

店内は数組のグループで満員、

一人客はワタシだけのようです、時間的にまずは常連さん先発組という感じでしょうか?賑やか、大将とも会話も多いです、大将もエエ感じです、

もう一人お連れさんが入店でほんとに満員になります、

ダークスタイル、もしくははみ出しスタイルでの対応となります、ワタシは端なのであまり影響なしhappy01

2杯目の「角ハイボール」も飲み干して日本酒にします、銘柄は「四季桜」、

018

大きな効き猪口にたっぷり、

肴は缶詰メニューに挑戦、「サバ缶おろし」180円也というのにしました、

こんな感じです、

015

だいたいイメージ通りshine

鯖缶に大根おろしと葱、これもまずはこのまま上品にいただき、途中でぐちゃっとしました、醤油もちょっと入れたかな、

「四季桜」は辛口ですがちょいと癖もありイケますgood

入店して30分ちょっと、19時を過ぎると続々お勘定、

あっという間に空きました、みなさん、これから出撃なのか、これで帰るのか?やはり18時前くらいに常連さん第一陣が殺到するようですね、ここからは割と静かになるようです、一人客も新規で入店、なるほどね、

最後にもう一品、「長芋とろろ」180円也、

019

これも美味しいわ~、とろろの出汁がようできてるのかな?

肴は安いですね、

大将曰く、一人でやっているので安くても手間が掛からず美味しく出せる方がこっちも楽ですから、

いやいや、にしても美味しくて安いですwink

はい、これでお勘定は明朗会計、1650円也、あら?(今考えると)安すぎます、すいません、ゴチになりますhappy02

淀屋橋と本町の間、淡路町の立ち飲み「赫連勃勃」、

エエお店です、優しそうな大将の人柄がそのまま店の雰囲気に現れています、肴も安くて美味しい、来て良かった、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、もう一軒行きますか、そこも難読なんだよねwink

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

こちらも初見参ですね、阪急「西宮北口」駅で立ち飲みです、「西田酒類販売」から「吾一」でちょい飲みです。

【2015年4月10日(金)】

兵庫 西宮北口 「西田酒類販売」~「吾一」~「MOO」

今日は西宮北口のライブハウスでライブ参戦ですnote

で、その前に恒例のフライングですhappy01

ライブ開演が20時~と遅いので、いっしょにライブ参戦のN氏と西宮北口の立ち飲み「吾一」で待ち合わせします、

梅田で業務終了後、

阪急「西宮北口」へ移動、18時30分頃に着いてしまいました、うむ、これはフライング前のフライングしかなさそうですhappy02

待ち合わせは比較的普通な立ち飲み「吾一」にしましたが、

すぐ近くにもっとディープ(と勝手に想像coldsweats01)なお店があるようです、そこをちょっと覗いてみましょうdash

西宮北口、

阪急「西宮北口」駅を中心に再開発が進み、現在の綺麗な街並みは隔世の感があります、

昔は阪急神戸線と今津線が直角に交わる、一般旅客線路としては国内唯一の“ダイヤモンドクロッシング”があり、それにより駅を中心に4つの区画に分割されていました、

ワタシが憶えているのはそのうちの2区画、京都からは遠かったですが、いろんな縁で何度も来た街です、

まずは北西区画、

ここは昔からの飲み屋街・学生街(KG他)です、今もその面影を留めており、その雰囲気は40年くらい前とあまり変わっていない唯一の区画です、 

本日訪問のライブハウスもこの区画、40年前に飲んでた酒場「ふじや」も少し移転しましたが綺麗な飲み屋になってまだ残っているし、30年前からオーナーも内装も変わっていないBar 「MOO」も健在ですshine

対称の位置になる南東区画には“阪急西宮球場”がありました、

ブレーブスの試合は観たことがないと思いますが、アメリカンフットボウルの試合を何度か観ました、

阪急西宮球場では競輪も併設で行われていたせいか、駅から球場までの道沿いにはエエ感じの食堂・飲み屋がずらりと並んでいましたが、まだ酒場に興味がなかったので入店は1軒だけ、今なら全店制覇を目指すところです、ほんとに惜しいことをしましたsweat01

現在は“西宮ガーデンズ”が開業、なんとまあ綺麗な街になってしまいました、

南西区画はあまりイメージがありません、神戸線のホームから見えていたのは何だっただろう?工場?社宅のような建物?いや、よく思い出せません、

そして、本日行く北東区画は住宅街だったのでしょうか?ここはまったく足を踏み入れたことがありません、

現在は典型的な駅前再開発が終了し、よくある低層部分ショッピングセンター+中高層部分が住居ビルとマンション群で新しい街ができています、

低層階の専門店街は“アクタ”というようで、東館・西館の2つがあり(もっとあるのかな?)、ここに地権者のものと思われる店舗が収容されています、

立ち飲みの「吾一」は西館の1階にあります、

そして、同じく西館1階に「西田酒類販売」という店があります、ここがどうやら飲めるようですgood

少々前置きが長くなりましたが、まずはこの「西田酒類販売」を攻めてみることにします、

駅からの連絡橋を渡り、アクタ西館1階に降りると目の前に「吾一」がありました、チェック!

022



で、「西田酒類販売」はどこですか?

と、西館のフロアを端までいきますがありませんsweat02

いったん外にでるとすぐ右手にそれらしき店がありました、アクタ館内ではなく外に向いて店を構えておられます、

011_2

再開発前もこの辺りで店を構えてらっしゃたんでしょうね、

外から見るとテーブル席で飲んでおられるのが見えます、

座り飲みか?いや、左手奥に立ち飲みスペースもあるようです、ではでは入りましょうdash

大将らしき方がおられます、飲めますか?と訊くとやはり左手奥へ案内されました、

狭いスペースに立ち飲み台があります、

015kai

先客お二人、大将?もお二人(あとで若い大将も来られました)、テーブルスペースとの間に狭い調理+料理展示スペースがあります、

飲み物はリーチインから取るようです、

017

宝の「焼酎ハイボール」を取り出すと大将がジョッキーを置いてくれます、これでまずは一人乾杯です、

012

料理メニューはこんな感じ、

014kai

調理スペースに並んでいる小鉢から「木の芽和え」をチョイス、

013

イカと筍が入っています、味は少々濃いです、

これで壁のTVのニュースも肴にしながらゆっくり飲みます、大将お二人もずっと立って常連さんとコンタクト、

「焼酎ハイボール」を早々に飲み干し、時間はまだ少しあるし、もう一杯日本酒を飲みますか、

短冊メニューに広島「白牡丹」340円也というのがあります、日本酒ですよね、これにしましょう、

あ、リーチインの中に一升瓶が入っていました、

020

これをコップに並々と注いでいただきます、

うわ、180ml以上あるかも、これは飲み応えがあります、

021

ここは兵庫県ですが、コップはなぜか例の“大阪府小売酒販組合”のコップなのはご愛敬(だいぶ、飲んだ後の写真ですsweat01)、

料理も追加しましょう、美味しそうだったので「チキンカツ」@150円也、「しそ梅」と「チーズ」を一つづついただきます、

018_2

ソースの掛かっているのが「チーズ」、「しそ梅」はそのままいただくと云うことです、

と、待ち合わせの時間がいきなり迫ってきましたcoldsweats01

時間配分を誤ったか、とにかくがんばって日本酒を飲みきってお勘定です、1120円也だったかな?

西宮北口アクタ西館1F北側の「西田酒類販売」、

大将とはあまり話せませんでしたが、良い雰囲気の角打ちでした、期待以上の成果か、ごちそうさん!また来ますねheart04

急いで「吾一」へ入店、N氏と合流です、

ここではたしか「香住鶴」410円也を燗酒でいただきました、

024_2

肴は「奴」210円也、

これでちょいと話し込んでたらあっと云う間に時間が来てお勘定、ライブハウスへ急ぎますdash

ライブハウスでもバーボンソーダを2杯ほど飲み、良い気分、

帰り掛けには酔った勢いで4階まで階段で上がり、2~3年振りにBar「MOO」へ、

035

気持ち良く酔っぱらい、何とか最終電車で無事帰りました、

西宮北口、やっぱりなんかエエなあ、また来よっとheart04 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

蒲生4丁目は初見参です、まぐろがウリの立ち呑み「魚庭本店」、“魚庭”で“なにわ”と読むそうです。

【2015年4月8日(水)】

大阪 蒲生4丁目 「魚庭本店」

“蒲生4丁目”、

昔はよくラジオの交通情報なんかで、渋滞情報が出てたような気がしますが、最近はあまり聞かないですな、高速道路とかできた関係かな?happy01

今日のお目当ての店はその蒲生4丁目の交差点近くにあるみたいですshine

蒲生4丁目の場所は、何となくの場所は分かっていましたが、いざ行くとなるとこれがやっかいです、

まずバスで行くか?という選択肢が一番に浮かびましたが、結構時間が掛かるようでなんか億劫になり却下coldsweats01

地下鉄の駅でズバリ「蒲生4丁目駅」というのがあるのですが、

これが「長堀鶴見緑地」線と「今里筋」線の2路線の連絡駅、両線とも梅田辺りから行くにはいかにも不便ですsweat02

京阪・JR「京橋」駅から歩く、という手もあります、おそらく15分くらいかな?

あとはJR「東西線~学研都市線」の「鴫野(しぎの)」駅で降りる案、ここから徒歩で10分くらいでしょうか?

今回はこの「鴫野」駅からのルートをとることにしました、

JR東西線の各駅停車にのって「京橋」の次の駅が「鴫野」です、

この“鴫”という字もあまりお目にかかりませんね、“鴨(かも)”に似ていますが違う字ですhappy01、いったいどんな意味があるのかしら?

調べてみると、、、“鴫”=シギ、単純に鳥の名前でしたhappy02

閑話休題happy01

「鴫野」駅で降りるのも初めてです、

改札を出ると大通りがあります、この通りをまっすぐ北へ行くと蒲生4丁目の交差点です、ものの10分ほど、この日はちょっと寒いくらい、スプリングコートを着て来て正解です、

と、歩き出すなりいきなりこんな店が、、、

004

「魚介本店」、

ほう、立ち飲みですね、それも“まぐろ”がウリのようです、そういうと玉造に同名の店がありましたね、ここの支店ですかね?

一瞬入ろうかと思いましたが、、、断念wink

今日のお目当ての店ともろ被っています、ひょっとするとなにか関係があるのかもしれません、

とりあえず、ここはスルーしましょう、余裕があれば帰り掛けに寄ればいいでしょうgood

イメージ通り、10分経たずに蒲生4丁目の交差点が見えてきました、

お目当ての店はどこかな?スマホで確認、右に曲がってもう少し行ったところのようです、

少し歩くと商店街の入り口があります、

006

この辺りかな?と、ふと横を見ると、、、目の前が目当ての店でした、うわ!な感じでちょっとビックリ、

005

「魚庭本店」、 これで“なにわ”と読ませるらしいです、

商店街側に入り口がありました、予想通りの感じですね、ではでは入りましょうdash

右側の窓際から奥に回り込む30人くらい立てそうな大きな変形コの字カウンター、入り口両サイドにも飲みスペースがあります、

7分くらいの入り、ちょうど窓際真ん中辺りが空いたところのようなので後釜に立ちます、

ちょっと冷えたので熱燗にします、はい、小さいのんで、

007

それとまずは名物の“まぐろ”から行きましょう、

え~っと、、、まぐろメニューがいろいろあります、気持ちとしては「まぐろぶつ」と言いたかったのですが、、、ど忘れで一瞬言葉に詰まりますsweat01

と、御姐さんが「まぐろ」!?と断定、

ワタシも「はい!」と応じて商談成立、「まぐろ」に決定しましたhappy02

出てきたのはどうやら「天然生まぐろ」280円也(税別)のようです、

008

それなりのレベル、これならCP高いですね、

でも、あとから周りの注文を見ていたら「中トロ」つうのがめちゃ美味しそうでした、あ~、あれにしておいたらよかったと後悔しきりhappy01

メニューはこんな感じ、

010kai
011kai

19時頃ですがお勘定が続出、

あれよあれよという間にお客さんが入れ替わります、第1陣退去!てな感じですね、

で、入れ替わりで今度はどんどん入店、

だいたいピンの客か二人連れなのですが、、、なぜか皆さん顔見知り~wink、入り口当たりでカウンター着いたお客さんもどんどん奥の方へすい寄せられて行きます、

019kai

最終的には10人くらいのグループ成立、ワタシも煽りをうけて二人分くらい入り口側へ移動、

隣合わせになったお母さんがナニワのおばちゃんパワー炸裂coldsweats01

ワタシに向かってシャチョ~、シャチョ~を連発happy02、面白かったけどシャチョ~は勘弁してください、

しかし、ワタシの10年くらい先輩と思われるこの一団、

みなさん、めちゃ元気で楽しそうですわ、やはり酒は百薬の長、近所にこういう店があるといいですな~、

おでんのメニューもあります、

その中の「おでんジャンボねぎま」380円也というのが気になってお姉さんに頼みますが、、、日本語がうまく通じませんsweat01、で、板場のお兄さんに助けてもらいます、

どうやら、このおでんの串メニューは今はないようで、小鉢の「ねぎま」になるとのこと、はい、それでお願いします、

015

ボリューム満点、味は案外薄味でまぐろ肉が美味しいですheart02

燗酒をお代わりして、最後に味違いでもう一品、「ちくわ磯辺揚げ」100円也(安sign01)、

018



これでお勘定にしました、1200円也ほど、安sign01

蒲生4丁目の「魚庭本店」、

近所にあればついつい寄ってしまう店ですね、安い、美味い、なにわパワー炸裂の元気な店ですhappy02、ごちそうさん!また来ますねheart04

今日はもうこれで帰りましょう、鴫野駅前の「魚介本店」はまた今度にします、

京橋までぶらりと歩いて帰ることにします、

 

途中、気になる店が2軒ほど、

024
027

さらに先日訪問の「山葵」の前も通りましたが、、、かろうじてスルーhappy02、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

北新地のど真ん中にこんな立ち飲みがあったのですね、「スリール」、その前に「ほんだ」。

【2015年4月7日(火)】

大阪 北新地 「ほんだ」~「スリール」

だいたい月曜日は飲みません、

で、火曜日は飲みに出掛けます、なので、火曜日が来るのがとても待ち遠しいですheart02

が、今日はどこへ行こうか決まりません、迷いに迷いましたsweat02

あちこち浮かぶのですがどうにも決定打がない、一度迷い出すとホントに決まりません、

行きたい店はわんさかあるのですが、今日の気分と合う店が浮かんできませんheart03

それに今日は案外寒いです、あまり長い距離は歩きたくない、

う~ん、決まらない!まま定時で退社、とりあえずあまり歩かなくてもイイ近場の未訪問店に行くことにしましょう(なんだかな~sweat02)、

その前になんとなくここなら美味しいハイボールが飲めそうだったので、桜橋の「ほんだ」へ2度目の訪問ですwink

010

今日もお客さんはシュッとしたはりますhappy02

女性客もいらっしゃいます、前と同じくシュッとした立ち飲みですshine

ここのハイボールはサントリー角、シングル350円也とダブル450円也があります、

最近、飲み屋の定番となった「ハイボール」ですが、どうも平均的に薄いです、水のように飲めてしまいます、サントリーさんの指導はどうなんでしょうか?これでイイのでしょうか?happy02

って、別にそこまで怒ってるわけではないのですが、

ここ「ほんだ」はダブルがあり、前回ダブルを頼んだら美味しかったので今日も「角ハイボール」ダブル450円也にします、

あら!?今日はグラスで出てきました、たしか前はジョッキーだったような、、、ま、イイや、(グラスは響ですが、角ハイボールです)

006

うん、やはりこれくらいの濃さの方が美味しいですheart02(もしくは単なる酒飲みかsweat01)、ビール代わりのとりあえずの一杯、今日は成功です、

肴はおでん、「こんにゃく」と「玉子」、@110円也、

007_2

これまた、珍しいですね、

好物の「厚揚げ」が入っていません、なんかハイボールと合わせるとこんな気分だったのでしょうか?よく分かりません、

実は、この夜のキーワードは“玉子”だったのかもしれませんwink

はい、今日はこれにてお勘定です、

明朗会計、723円也(メニュー価格は税別ですね)、桜橋の「ほんだ」、ごちそうさん!また来ますねheart04


さて、迷った挙げ句に近場で済ませた1軒目ですが、自分では満足、上々の出足ですgood(よう分からんなcoldsweats01)、

では、本日のお目当ての店に向かいましょうdash

「ほんだ」から歩いて3分とかかりません、こんなところに未訪問の立ち飲みがありました、

北新地、アバンザのすぐ東側のビルの1階に入っている「スリール」、

先日、鶴橋を一緒に探訪した飲み友に教えてもらいました、

調べてみると新地のど真ん中ですが、価格は“新地価格ではない”とのこと、ほう、これは一度探訪せねばなりますまい、

012

013_2

はい、こんな外観、ぱっと見、立ち飲みとは見えませんね、だから見逃していたんだ(言い訳happy02)、

ではでは、入りましょう、

18時45分頃ですが一番客です、そろりと入ります、

さすが新地、ちょっとBarみたいな雰囲気もあり、10人くらい立てるL字カウンターと壁際にも立ち飲みテーブル、

カウンターの中には、、、あら、かわいいお嬢さんがお一人、ほう、こういう感じですかhappy01

とりあえず飲みモノは?ということになります、

「日本酒はなにがありますか?」

「この4銘柄です」

なるほど、カウンターの上の小さなPOPにたしかに4銘柄かかれていました、

「梵」GOLD無濾過大吟醸、「白不見ノ池」、これは新潟のお酒のようです、「四季桜」生酒純米、栃木らしいです、そして「小左衛門」純米吟醸おりがらみ、

すべて700円也のようです、

では、先日、伊丹の「つるつるいっぱい」で好感した「梵」から行きましょう、

大きめの利き猪口にたっぷりと入れていただきます、

014_2

うん、飲み口と旨味のバランスが良い美味しいお酒ですheart02

肴のメニューがないので訊くと壁に貼ってある分だけだそうです、

ポストイットのレギュラーメニューと、小さな黒板に本日のオススメメニューが4品ほど書いてありました、

そのうちのひとつ「鶏つくね」なんとか、

あ、これって目の前のカウンター上の大皿に並んでいる奴ですね、直感的によく見ずにこれにします、

016

こんな感じ、美味しいです!good

が、付け合わせが玉子でした、さっきも「ほんだ」でおでんの玉子食べたとこです、ちょいと被りましたねcoldsweats01

カウンターの中にはもう一人、お嬢さんが入られました、

お客さんも続々入店、

さすが新地、全員スーツにネクタイのサラリーマン、待ち合わせにも使っておられるようで、4人グループは揃ったら一杯だけ飲んでさっと次の店に繰り出して行かれました、なるほど、こういう使い方もあるのですね、

一人客の方も次の店へ行かれるようです、

お勘定!の声にもお嬢さん動ぜず、どうせもう一回来るでしょう、後で払ってくれたらいいのよ、となかなかの商売上手ですhappy01

2杯目は「小左衛門」にしましょう、

019

春限定バージョンみたいです、

はい、これも間違いなくおいしいお酒です、“おりがらみ”ということで少し濁っており、これまた旨味たっぷりの私の好みのお酒でございます、

肴ももう一品頼みましょう、先程の小さな黒板を見に行ったら、一品300円、とのこと、安いですね、

でも、その後に「2品で500円也」とも書いてありました、あら、よく読んでなかった、失敗したわheart03、最初から2品頼んでおいたらよかった、、、

で、「ブロッコリー」のなんか、、、を頼むと、、、

020

うわ!また、付け合わせが玉子でしたsweat01

目の前の大皿に盛ってあったのでよく見れば分かりそうなものですが、酔ってますか?3品連続の茹玉子です、もう笑うしかないですcoldsweats01

はい、これでお勘定はちょうど2000円也かと思いきや、1900円也とのこと、あ!肴は2品500円也の勘定にしてくれてます、さすが、おおきにですshine

今まで知らなかった北新地ど真ん中の立ち飲み「スリール」、

気に入りました、さりげなくお勘定もちゃんとお得な方に計算してくれたし、可愛いお嬢さんだし(おっちゃん!happy02)、料理もレベル以上、日本酒もありました、

ごちそうさん!ご近所なのでまた寄せてもらいましょう、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

鶴橋探訪後半戦も立ち飲み3軒、「すし幸」~「源氏」~「まつ」で完全に出来上がりました。

【2015年4月2日(木)】

大阪 鶴橋 「すし幸」~「源氏」~「まつ」

さて、大阪鶴橋探訪も後半ですdash

新進気鋭の「白星」から、貫禄十分の角打ち「細田酒店」へ行った後、

鶴橋駅まで戻ってきます、

ここで一服、というわけでもないですが千日前通りガード下の立ち食い寿司「すし幸」へ入ります、

028

元々ガード下に屋台の店なのですが、ちょいと曲がったところにも「すし幸 心天」という新しい店も出来てました、

027

飲み友によると屋台「すし幸」の系列の店のようです、

屋台「すし幸」の方は6人か7人立てば一杯の店、4人ほど立っていますが二人なら何とかなりそうです、

ではでは、暖簾をかき分けます、

029

若い大将が一人で握っておられます、前はもっと先輩格の大将だったけど、、、ま、交代制かな?

瓶ビールにします、中瓶で570円也と格安立ち飲みのようには行きません、あくまで寿司屋ということで納得、

とりあえず握ってもらいます、お値段は一皿210円也と一皿420円也の2つのみの設定のようです、

ワタシは好物の「はまち」、飲み友は「ほっき貝」かな、両方とも2個210円也、上質、

031



先客のオーダーで、珍しい、で、とっても美味しそうだった「生ホタルイカ」を刺身でに便乗happy01、値段不明、420円かな?

033

旨め~heart02、ネタが新鮮じゃなきゃこれは出せませんね、

隣にご婦人お二人無理矢理入店coldsweats01

どうやら外国人観光客、酒は飲まずに寿司を少し摘んで行かれました、すごいね~、最近はここもガイドブックに載っているようですね、

立ち食い寿司もグローバルです、

大将からのお勧めshine

今日のマグロはイイのが入った!これは食べてほしい!絶対お勧め!とのことで「とろ」、これは高い方420円也ですね、

035

ほんまや、こりゃ美味しいですheart02

「とろ」が旨かったので、それで「鉄火巻き」もつい発注、

036

あ~、鉄火巻きも美味しいですlovely、たまりましぇ~んhappy02

はい、これでお勘定は2000円程かな、

鶴橋駅前、千日前通りのガード下、屋台風立ち食い「すし幸」、ごちそうさん!大将、おおきにでした、また来ますねheart04

さて、次は飲み友がどうしても行きたかったという立ち飲み「源氏」へ、改札からガード下へもぐりこみます、

039

詰めれば20人くらい立てるコの字カウンターの立ち飲みです、ここも久しぶりです、

中にはお兄さん、彼の客捌きのノリが楽しいお店です、

お客さんと軽く絡みながら、リズムよく注文をどんどん捌いていきます、お母さんも元気でいらっしゃいました、

040

ここは、え~っと、日本酒燗だったかな?コップ酒、

「マカロニサラダ」、

041

飲み友の注文は串カツ、

ソースのかかった串カツはなんだろう?もう一つは「手羽先」ですね、

044

ワタシは串カツメニューの中の「コロッケ」が気になります、

というのも先日、守口市駅近くの角打ち「大阪城」でもやはり串カツメニューに「コロッケ」というのがありました、

とても気になったので頼んでみたら、小さな俵形の「コロッケ」が串に刺されて出てきました、初めて食べたわ、、串カツの「コロッケ」happy02

はたして、ここ「源氏」の串カツメニューの「コロッケ」やいかに?

ということで「コロッケ」を注文、

で、出てきたのは、、、

045

ふつうのコロッケでしたcoldsweats01、引っ張った割にオチなしsweat01

は、これで「源氏」もお勘定です、お支払い額忘れましたheart03、ごちそうさん!また来ますねheart04

最後にもう一軒、すぐ近くの立ち飲み「まつ」へ、

047

なにやら明るくて綺麗な店内、飲み友からは改装した?との感想ですが、、、いや、前からこんな感じですよね、

ここでは「おでん」と「芋水」、

048
050

飲み友はまた串カツ頼んでますwink

051

2杯飲んだような気がしますが、、、もう、細かい記憶はありませんsweat01

これで5軒目ですよね、

もうだめ、明日も仕事があります、この辺でお開きといたしましょう、お疲れさまでした!happy02

ふ~、でもこれに懲りずにまた飲みに行こうねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

貫禄の外観、鶴橋と玉造の間のガード下の角打ち、久しぶりの「細田酒店」。

【2015年4月2日(木)】

大阪 鶴橋 「細田酒店」

さて、立ち飲み「白星」を初探訪した後です、

ここからはどんどん梯子探訪の予定ですdash

まずは「細田酒店」、

鶴橋と玉造の間のJR大阪環状線ガード下にある角打ちです、ずいぶん以前に一度訪問しておりますが、飲み友は未訪問とのことなので行きます、

歩いて5分ほどで到着、

019kai

貫禄十分の外観ですhappy01、ではでは入店しましょう、

10人以上は立てる、縦棒が短い変形のコの字カウンター、先客がお二人、カウンターの中には大将だけ、

もともと静かなイメージの店ですが、この日も静かです、大人しくしてましょうcoldsweats01

右側のガード下入り口の方から入ったので、カウンターをぐるりと回って小さなリーチインから飲み物を選びます、

022

ワタシは「ブラックニッカ ハイボール」、

最近はあっという間にシェア拡大していますね、「マッサン」のエリー=シャーロット効果heart02

023

飲み友が乾き物を調達してとりあえずこれで静かに飲みますwink

暖かい物は湯豆腐がありますが、先程「白星」で「奴」を頼んだのでここではスルー、

先客がお帰りになり、でも交代でまたお客さん、ほとんどがご近所の常連さんな雰囲気、

このまま静かに時が過ぎていくのかと思いきや、、、

飲み友がトイレに行ったのを機にふと思い出したflairので大将に話し掛けました、

「今、急に思い出しました、ここのトイレってタンクが上の方に着いててチェーンをグイッと引っ張る懐かしい奴でしたよね」

「今もそうですわ、もう古るくなったけど動いてます」

と、トイレのタンクの話しでhappy02一気に大将とおしゃべりモードになりましたshine

先代からこの辺りで酒店を営み、ガード下へは戦後引っ越してきたとか(この辺りは記憶曖昧です)、

この看板の話しもhappy01

024

昔は掛け売り(ツケ)が一般的だったので酒屋は大変だったそうです、

集金に行くとその時だけ家族全員でどこかに出掛けるとか、隠れてしまうとか、とにかくなかなか酒代を払ってくれない人が多かったので、組合でこの看板を作って斡旋したそうです、

それが今まで残っているんですな、

いつ頃のモノでしょうかね、昭和20年代かな?

入口に貼ってあるこちらのイラストの話しも、

026

この店の前から、一瞬夕陽が綺麗に見えることがあるそうです、それを見たお客さんがイラスト(版画かな?)にされたそうです、

作者の名前を見ると、おお、酒場巡りの大先輩「立ち飲み三銃士」の方の文ですね、なるほどflair

周りには高いビルも建ち並びましたが、今でもこの夕陽が見える日(角度)があるそうですsun、へ~、やはり夏の夕陽なんかな?一度見てみたいですね、

ちょっとしたきっかけでいろいろとお話が聞けました、

ホントはもう少しゆっくり話を聞きたいところですが、今日はこれでお勘定にしました、二人で700円也、ごちそうさんでした!

鶴橋と玉造の間のJRガード下、貫禄十分の外観の「細田酒店」、ごちそうさん!大将はとっても優しい方です、帰り際に「また来てね」と笑っておられました、

はい!必ずまた来ますねheart04

 

さて、ではもう一度「鶴橋」駅前へ戻りましょうか、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

今日は飲み友と鶴橋探訪です、まずは今年で来たばかりの鶴橋駅近くの立ち呑み「白星」。

【2015年4月2日(木)】

大阪 鶴橋 「白星」

久しぶりに鶴橋界隈を探訪ですwink

まずは駅すぐ近く千日前通り沿いの立ち飲み「白星」、

2015年初めに出来たばかりの店のようです、気になっていたのでここから始めましょうgood

018

エエ感じの暖簾が掛かっていますね、時間は18時過ぎ、ではでは入りましょう、

入ると、逆Lカウンターが奥にすーっと伸びています、その奥には立ち飲みテーブルスペースがあるようです、

手前側に先客が3人ほど、カウンターの一番奥に着きます、

店員さんは皆若いです、フレッシュなお店ですなhappy02

飲み物は「髭のハイボール」280円也、そして肴は定番の「奴」200円也にします、

007

まだ新しいですが、エエ雰囲気の店内です、

料理の定番メニューはこんな感じ、

009kai

今日のおすすめメニュー、

008kai

日本酒もそれなりに揃っています、

010kai

こんなアピールも、

011

ほう、燗酒、いいですねgood

少し暖かくなってきましたが、やはり燗は燗で美味しいのであります、あとで頼もうかな、

ここで飲み友が登場、

実は今日は二人で鶴橋周辺の立ち飲みを探訪する企みですhappy01

すでに飲み友は1軒、駅から少し離れた「角井酒店」という角打ちへ行ってきたとのこと、

そこは知らないわ、どこどこ、ふむふむ、了解、今度行ってみるわshine

飲み友の注文は「どて焼き」、

014

味噌の風味はあまりなく「すじ煮込み」な感じ、

ワタシは旬の「筍の旨煮」、

013

わ、でか!!大きいです、煮具合も良好wink

そして、先ほどメニューで見た燗酒にしましょう、「上喜元 お燗純米」の小330円也をください、

015

こんな感じで出てきました、錫じゃないけどチロリで出して貰うのは風情があって好きですheart02

今日はこれから梯子の予定なのでこれでお勘定にしましょう、

はい、値段は・・・忘れましたsweat01二人で2000円くらいかな?

鶴橋駅すぐのところに出来た立ち飲み「白星」、

若いスタッフががんばっています、応援します、ガンバってくださいませgood

帰りがけに店名の由来を女性スタッフに訊いたのですが、、、分からないとのことでしたhappy02、残念、なんとなくの予想はあるのですが、、、次回また訊いてみましょうshine

ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

桜が咲き始めるとなぜかここへ来たくなります、玉造のおでん「きくや」からあと「おんにょ」、「細川酒店」。

【2015年3月31日(火)】

大阪 玉造 「きくや」~「おんにょ」~「細川酒店」

桜が咲き始めましたcherryblossom

昨年もこんな日和におでん食べたな~、となったのを思いだしました、

となると無性におでんが食べたくなりましたhappy01

行きましょう、

明日の水曜日から天気は下り坂、今日はまだ天気は持ちそうです、桜を観ながら一杯と参りましょうgood

早めに仕事を切り上げて玉造を目指します、

003kai

ちょいと花見もhappy02

最初のお目当ては駅前のおでん「きくや」shine

いつも、冬場は特にいつも長蛇の列、1時間待ちは当たり前の人気店です、並ばずに入るには早い時間に行くしかありません(残念ながら土日は休みです)、

この日は17時頃に現地到着、

014

正面から入っても良いのですが、ワタシは左側から入るほうが落ち着きます、

変形のフの字カウンター、20人ちょっとは座れるかな?でも、この時間でも早くも7分くらいの入りです、 

左側のカウンターの奥が空いています、昨年もこの席でした、

とりあえず生ビールにします、

ビール頼むのは久しぶりです、おでんは「こんにゃく」と旬の「筍」にします、それぞれ@110円也、

大将が独特の唄うような節回しで注文確認、そして、おでんはすっと出てきます、

004

「こんにゃく」、美味しいですheart02

こんにゃくでさえこんなに美味しくなるおでん鍋はいったいどうなってるんでしょう、

大きな四角いおでんを煮る鍋?が正面に2つあります、

きっちりと仕切があって、ネタを分けて整然とおでんが煮込まれているお店も多いですが、ここは仕切はありませんsweat01

おでんのすべてのネタが大きな鍋の中で渾然一体となってグツグツいってます、

でも、これが美味しいのですshine、出汁が違うのかな?こんにゃくまで美味しくなるくらいですから、

旬の「筍」も大降り、ブロック状に切ってあります、これも美味しい、歯応えあります、食べ応えあります、

追加で「春菊」@220円也、さすがにこれは鍋には入っていません、注文を聞いてから鍋に投入されます、

007

ベーコンで巻かれています、これも美味しいです、大好きですlovely

最後に「げそ」130円也、

011

これでお勘定です、1210円也、玉造駅前のおでん「きくや」、本当に美味しいです、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、次は環状線の内側、歩いて5分ほどの空堀の交差点にある「おんにょ」、

なにやら激安の看板が立っています、

018

うむ~、どんな感じなんだろうと気になってました、入ってみましょうdash

思ったより狭い店内、

022

カウンターが8席ほどと壁際に小さなテーブルが3つありました、

カウンターの上にはいくつか料理の皿が並んでいます、安いです、煮魚230円也、野菜炒め180円也、麻婆豆腐140円也などなど、

ワタシは日本酒燗250円也と、入り口近くにショーケースに入っていたおかず盛り合わせの小皿120円也(安sign01)を取ってきます、

温めます?、ということでチンしてもらいます、

020



とにかく、安いですねhappy01

ランチ使いとかがいいのでしょうか?ビール大瓶は450円也ということなので、やはり食堂使いが良いようですgood

大将が優しそうな感じで、これだけで出るのはちょっと申し訳ない感じです、どうしようか迷いましたが、どうも飲み使いがしっくり来ませんでした、

やはりこれでお勘定にしましょう、370円也、今までで支払い最安値かもしれませんhappy02

「おんにょ」、とにかく安い食堂です、ごちそうさん!heart04

さて、もう少し西へ向かいましょう、

しばらく行って左に曲がると「細川酒店」があります、

023

左側は角打ちです、

立飲みではないようで、看板だと「焼きそば・お好み焼き」がウリみたいですね、どんな感じなんでしょうか?入ってみましょうdash

テーブルが大小3つづつほど、先客が4組と繁盛しています、小さい2人掛けのテーブルに着きます、

手元と壁のメニューをざっと見ると日本酒もあるようです、

024

ここは日本酒で行きましょう、まずは「岩清水 春の純米」490円也、

028

結構量たっぷりです、正一合かな、味はちょっとワタシには大人しすぎますが旨味あります、

野菜が食べたかったので「ボロニアソーセージサラダ」270円也、

030

うわ!これも凄いボリューム、マヨネーズもたっぷりcoldsweats01、ま、いいか!いただきます!

他にも料理、酒の肴は揃っており、普通の居酒屋使いができるようです、日本酒の4合瓶も売っていて、グループさんはこれを頼んで皆で飲んだはります、

そして、やはり焼きそば、お好み焼きも美味しいようでどんどん注文が入ります、

日本酒をお代わり、「手取川」白寿にごり480円也、

034

後ろの瓶はお水です、

先客が「焼きそば」の“麺少な目”を注文されました、

“麺少な目”もあるんだflair、1人前は多すぎるなと思っていたところなので便乗します、せっかくですからワタシも貰いましょうか、

すいません、「焼きそば」麺少な目でくださいhappy02

はい!

ということで出てきたのが、、、

035

麺多いですsweat01

これで少な目ですか、ノーマルサイズはどんだけあるんでしょうか?

でも、焼きそばは美味しいですgood

やはりソースが違うのでしょうか、麺のエッジも立っていて歯触りもいいです、

少し残そうかと思っていましたが、結局完食coldsweats01、ふ~お腹一杯です、

谷町6丁目が近いようです、「細川酒店」、

角打ちというよりはお好み焼き屋さんのようですが、日本酒もあり料理メニューも充実、焼きそばお好み焼きも美味しいです(お好み焼きは食べていませんが)、焼そば・お好み焼きで一杯、というのが良いようです、ごちそうさん!また来ますねheart04

最後のにごり酒が効いたようです、

酔い醒ましに夜桜でも観ながらぶらぶらと森宮まで歩いてみましょう、

038

あまり通らない環状線外側の通りに出ると飲み屋街がありました、

こちらは初めてですね、

048

何軒か気になる店もありました、あらためて探訪しなきゃ、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

どこへはいろうか?放浪の果てに入ったのは西木屋町のおでん「おもて」、これがアタリでした^^)

【2015年3月28日(土)】

京都 六角西木屋町辺り おでん「おもて」

さて、錦通りの「英」から「松川酒店」で飲んだ後です、

3軒目が難しいですね、どこへ行きましょうかね、

なんとなく四条通りを渡り綾小路へ、

046_2

込みの「鈴や」は開いていましたが、どうも気分が違うなあ、

062

近くの「楽庵」ここも未入店なのですが、まだ開いてないのかな?ここもスルー、

東へ向かい、綾小路富小路辺りで「玉之光」のお店を発見、

048

へ~、こんなん出来たんですね、憶えておきましょう、

と、ぶらぶら歩いているとトイレに行きたくなった、、四条河原町の高島屋さんでトイレを借りますcoldsweats01

木屋町辺りで飲もうかとさらに東へ向かいます、

049

この日は桜が咲き始めなので木屋町も人でいっぱい、なんとか空いている路地を縫いながら四条西木屋町辺りまで到着、

そういうとまだ入ったことのない立ち飲み「わたなべ横丁」、

前を通りかかると開いていたので入ったのですが、、、

カウンターの中の大将が「まだ準備中」とのこと、18時からだそうです、あと10分ほどheart03、そうか、、、では、出直します、

立ち飲み日本酒Barの「壱」、うむ、ここも今日は気分が違います、

立ち飲みの「HOPE」、

ここも入ったことがないのでここにしますか、と入ると、、、うちは紹介がないと入れません、とのこと、、、

うお!ほんまに会員制なんですね、ビックリしましたhappy02

とくに紹介状は持っていないので撤退ですsweat02

と、こうなってくるとなかなか店が決まりません、負のスパイラルに陥りましたね、

なんとなく北上、西木屋町でふと思いつきましたflair

この辺りで入っていない良さげな店がたしか2軒ほどあったはずです、六角を少し北へ、で河原町に向かう路地を入ると、、、

052

ありました、ここ、ここshineおでん「おもて」、

ここも気になりながらまだ未入店です、隣の串揚げの店も気になりますが、気分は「おもて」かな?

春の陽気で引き戸は開いています、

中はコの字カウンター、先客が一組2人だけのようです、エエ感じです、立ち飲みは止めてここにしましょうgood

ということで、本日3軒目、やっと入店です、

奥の方に座ります、カウンターの中には大将が一人だけ、え~っとではぬる燗でお願いします、

酒は「白鹿」です、

燗酒は苦手なんですわ、と笑いながら大将、チロリに酒を入れて鍋で湯煎にされます、正しい燗の付け方ですな、

それでも、何年やっても燗は難しい、とのこと、

おそらく、一人で料理もされているのでそういうことになっているのでしょう、

適当なところでチロリからお銚子に移し、もう一度湯煎、これで最終調整してから出てきました、丁寧な燗酒、おおきにです、

054

突き出しが出てきました、「ホタルイカ」、

注文を考えていましたが、とりあえずこれで一杯は飲めそうです、

先客のご夫婦はなんと東京は吉祥寺からわざわざ「おもて」で飲むために日帰りで来られたそうですshine

前に来た時の料理が素晴らしいかったとのこと、ほう、やはり良い店なんですね、

続いて入店の方も名古屋から来られたそうです、

美味しいおでんが食べたい!と飛び込みだそうです、みなさん、すごいな~、

さらに、同年代か先輩の女性二人組は徳島からの旅行中で、昨日も来たけど、今日もお酒飲みたくなって来たとのことhappy02

なにやら凄いことになってます、全国から「おもて」へ集合です、さすが京都の飲み屋街、ワタシ以外京都人はいませんわheart02

やはりおでんが美味しそうなので頼みます、

「だいこん」と「厚揚げ」、

056

厚揚げは珍しい角形、

中の豆腐が絹ごし?で、しっかりとした豆腐の味がします、うん、美味しいですgood

だいこんも上手いこと炊けています、

柔らかくて味も染み込んでて、これまた美味しい、さすがですね、

燗酒をお代わりです、

と、大将、ちょっと注文の料理で忙しくなりました、ちろりを上げるタイミングが遅れたようで、、、すいません、やり直します、とのこと、

あらら、それでイイですよ、と云いましたが、やはり酒を注ぎ直して一からやり直し、、、丁寧ですねhappy01

はい、これで燗酒を飲み干してお勘定です、2200円也、

おおきにごちそうさんでした、コの字の雰囲気も良し、料理旨し、おでんも美味し、大将も良し、エエ店でした、

六角西木屋町上ル辺りのおでん「おもて」、入って良かったです、気に入りました、また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

先日、見つけた錦通りの立ち食い寿司「英」に初入店、そしてやはりここ、「松川酒店」へ。

【2015年3月28日(土)】

京都 寺町錦西入ル 立ち食い寿司「英」~高倉錦上ル「松川酒店」

日曜日に京都で所用があるので、この土曜日は京都探訪ですhappy01

今日のお目当ては、錦寺町をちょいと西に入った立ち食い寿司「英」shine

先日、錦通りを歩いていて見つけた店です、最近出来たのかな?行ってみよ!

ということで、本日初入店です、

先に書いておくと、

いつ出来たのか?入店して訊いてみたら、なんと開店してもう1年半くらいになるそうですsign01

ひょえ~、どんだけこの辺り、ご無沙汰してたんだ!自分でもビックリしました、

さて、土曜日は12時から営業している「英」、

043

この日は16時前の入店、7~8人立てる立ち食いカウンター、先客なし、カウンターの中には寿司を握る大将とお姉さん、

メニューはこんな感じ、

042

2個で300円也~600円也くらいまで、大トロで2個800円也です、

ちょうど回転寿司と普通の寿司屋の真ん中くらいですか?最近、普通の寿司屋に行ってないのでよく分かりませんhappy02

ちょっと話がずれますが、寿司の数量の数え方に“かん”というのがありますが、これがよく分かりません、

この「英」では“1かん=1個”ということのようですが、ワタシの昔の寿司屋での経験では“1かん=2個”とか“1かん=3個”(店により、ネタにより違う)という風に、「注文したら一度に出てくる最小単位、一つの皿に乗っている数」みたいに教わった記憶があります、

ここ「英」では1個からの注文が可能なようなので“1かん=1個”で理屈は合うのですが、、、なんか最近は“1かん=1個”が定着しているようです、

だれか、正しい数え方を教えてくださいsweat01

閑話休題coldsweats01

お好みで頼んでもよいのですが、こんなセットメニューがあります、

041kai

どちらも1000円也、量が多い「錦セット」と、ちょっとクオリティの高い「英セット」、

今日は何軒か梯子する予定ですのでクオリティ重視で「英セット」にします、飲み物は「芋水」500円也、立ち飲みですが寿司屋なので少々高いです、

はい、「英セット」6個、

038

鯖ずしが2個、中トロ、鰻、活鯛、帆立は炙りでした、

はい、美味しいです、が、シャリがちょっと粘り系、もうちょっと堅い方が好きです、

ちょっと食い足らなかったので「はまち」300円也を追加、

039

はい、これも美味しいですheart02

これでお勘定にしましょう、1960円也、

江戸前の握り寿司は屋台が発祥ですから、こういう食べ方もありなんでしょうね、さくっと寿司を摘むには気楽で良いです、もう少し安けりゃなおイイんだけどねhappy02

京都寺町錦西入ルの立ち食い寿司「英」、ごちそうさん!でしたheart04

さて、もう一軒行きましょか、

先日、訪問したとこですが錦通りとなれば高倉通りをちょいと上がったとこの「松川酒店」が近いです、ちょっと顔を出しておきましょうwink

しかし、錦通りめちゃくちゃ混んでいます、外国人観光客がワンサカ、えらい人気です、すんなりとは歩けません、

ここで偶然叔父叔母にバッタリ、はは、京都は狭いのう、

10分ほど掛かってなんとか到着、時間は16時半頃、ここもまた賑わっています、

今日は大将もおられますが、、、常連さんの仕切でhappy02入ったところのカウンター内側へ落ち着きます、

今日の日本酒は「秋鹿」の純米酒と「京都 五山の四季」というお酒、なんとなく「秋鹿」にしました、

044

肴は「シーチキン」の缶詰、シーチキンの缶詰食べるのめちゃ久しぶりです、なんか欲しました、

045

しかし、今日はどうしたのでしょう?

女性客が多いです、カップルに女史、そこへ若い女性客がお二人、前を通りかかって偶然入ったそうです、神社仏閣はそこそこに昼飲みしてるそうです、やるわ~happy01

常連さん、立ち位置を決め、作法を説明、盛り上がります、

さらにカップル2組入店、1組はこれまた初入店らしく、常連さんが作法指導、忙しいですdash

と、しばらくしたら常連さん、あっさり帰られましたflair、ほんまに飲んでる途中のお手伝いなんですな~

ワタシは「秋鹿」ももう一杯、たぶん@250円也、

練り物の天ぷらみたいなツマミで飲み干します、

これでお勘定が840円也、イイお酒を2杯飲んでこのお勘定はほんとうに嬉しいです、

京都高倉錦上ルの「松川酒店」、

なにやら若い女性にも人気のようです、エエことです、店が華やぎます、ごちそうさん!また来ますねheart04

(おまけ)

前々日、ずっと食べたかった「大起水産」阪急三番街店でランチしました、

20150326

「上にぎり」750円也、

予想よりちょっと美味しかった、かなhappy01、マグロ以外は全部イケました、こんどは回る寿司に挑戦しようかな?

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

軽くフライングで初訪問です、大阪駅前第4ビルの立ち飲み「七津屋」、ここのハイボール、美味しかった!

【2015年3月25日(水)】

大阪 大阪駅前第4ビル 「七津屋」

今日は送別会、でもスタートが遅いので一人飲みに出掛けますhappy01

送別会の会場は駅前ビルの近く、

ということで駅前ビルの中でさくっと飲めるとこ、、、いろいろありますが、まだ飲んだことのない第4ビルB1Fに昨年出来た「七津屋」に行ってみましょうgood

「七津屋」は京橋が本拠地なんでしょうか?

ホワイティ梅田(梅田地下街)の泉の広場にも1軒ありますね、こちらは何度も入店していますが、2014年末に出来た第4ビルの「七津屋」は未入店です、

東梅田から堂島へ抜けるルートの一つとしてよくここを通るのですが、昼間から営業しているようで、毎度昼飲みの諸先輩方を見ては涎を垂らしておりましたhappy02

時間は19時頃、流行ってます、

060

結構な人数が立てそうですがほぼ満員、混みあっております、なんとかカウンターの一番左端に場所を見つけて潜り込みました、

え~っと「芋水」250円也、

それと「自家製ツナサラダ」180円也、

057

「自家製ツナサラダ」、ねっとりした食感で美味しいですshine

058

酒、料理肴とも安いですな、

大瓶350円也、生中250円也、角ハイボール210円也、おでん、串カツが90円也から、小鉢も160円也から、

さらに金曜、土曜はさらにプライスダウン!というのもあるようですよhappy01



ま、さくっと酔うにはええ感じの店ということになります、

昼からも飲めるので土曜日とかの1軒目はありかな、

滞在時間はやはり短め(じっくり粘っている人もいますが)、

カウンターもあちこちで入れ替わり、ワタシは一番端なので右往左往する事はありませんが、混んできたのでさらにギリギリ端まで寄ります、

お変わりは、え~っと「角ハイボール」にします、それと「きゅうりの浅漬け」180円也、

062

「角ハイボール」はスチールのコップで出てきました、

お!このハイボール、旨いです!!flair

あまり期待してなかったから驚きがあるくらいのレベルで旨いです、なんだろう?濃さ?炭酸?温度?よく分からないですがとにかく美味しかったですわ、210円也はお得ですheart02

はい、これでお勘定です、明朗会計、820円也、

大阪駅前第4ビルの立ち飲み「七津屋」、酔えるCP高し、さくっと飲むにも使えますね、ごちそうさん!heart04

この後、送別会はイタリアン、

067

結構美味しかったwink

そして、この週は金曜日も宴会、

023

こちらは隠れ家系、中津の「まちゃど」、初めてのお店、

面白かったのが日本酒のデキャンタ売りがあり(400mlくらいかな)、それを頼むと料理1品サービス!っていうシステム、

大人数だったのでデキャンタも大量発注、料理もどんどんサービス、日本酒無くなるくらい飲みましたわhappy02

ここはあらめて探訪しますdash

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »