« 貫禄の外観、鶴橋と玉造の間のガード下の角打ち、久しぶりの「細田酒店」。 | トップページ | 北新地のど真ん中にこんな立ち飲みがあったのですね、「スリール」、その前に「ほんだ」。 »

2015年5月13日 (水)

鶴橋探訪後半戦も立ち飲み3軒、「すし幸」~「源氏」~「まつ」で完全に出来上がりました。

【2015年4月2日(木)】

大阪 鶴橋 「すし幸」~「源氏」~「まつ」

さて、大阪鶴橋探訪も後半です

新進気鋭の「白星」から、貫禄十分の角打ち「細田酒店」へ行った後、

鶴橋駅まで戻ってきます、

ここで一服、というわけでもないですが千日前通りガード下の立ち食い寿司「すし幸」へ入ります、

028

元々ガード下に屋台の店なのですが、ちょいと曲がったところにも「すし幸 心天」という新しい店も出来てました、

027

飲み友によると屋台「すし幸」の系列の店のようです、

屋台「すし幸」の方は6人か7人立てば一杯の店、4人ほど立っていますが二人なら何とかなりそうです、

ではでは、暖簾をかき分けます、

029

若い大将が一人で握っておられます、前はもっと先輩格の大将だったけど、、、ま、交代制かな?

瓶ビールにします、中瓶で570円也と格安立ち飲みのようには行きません、あくまで寿司屋ということで納得、

とりあえず握ってもらいます、お値段は一皿210円也と一皿420円也の2つのみの設定のようです、

ワタシは好物の「はまち」、飲み友は「ほっき貝」かな、両方とも2個210円也、上質、

031



先客のオーダーで、珍しい、で、とっても美味しそうだった「生ホタルイカ」を刺身でに便乗、値段不明、420円かな?

033

旨め~、ネタが新鮮じゃなきゃこれは出せませんね、

隣にご婦人お二人無理矢理入店

どうやら外国人観光客、酒は飲まずに寿司を少し摘んで行かれました、すごいね~、最近はここもガイドブックに載っているようですね、

立ち食い寿司もグローバルです、

大将からのお勧め

今日のマグロはイイのが入った!これは食べてほしい!絶対お勧め!とのことで「とろ」、これは高い方420円也ですね、

035

ほんまや、こりゃ美味しいです

「とろ」が旨かったので、それで「鉄火巻き」もつい発注、

036

あ~、鉄火巻きも美味しいです、たまりましぇ~ん

はい、これでお勘定は2000円程かな、

鶴橋駅前、千日前通りのガード下、屋台風立ち食い「すし幸」、ごちそうさん!大将、おおきにでした、また来ますね

さて、次は飲み友がどうしても行きたかったという立ち飲み「源氏」へ、改札からガード下へもぐりこみます、

039

詰めれば20人くらい立てるコの字カウンターの立ち飲みです、ここも久しぶりです、

中にはお兄さん、彼の客捌きのノリが楽しいお店です、

お客さんと軽く絡みながら、リズムよく注文をどんどん捌いていきます、お母さんも元気でいらっしゃいました、

040

ここは、え~っと、日本酒燗だったかな?コップ酒、

「マカロニサラダ」、

041

飲み友の注文は串カツ、

ソースのかかった串カツはなんだろう?もう一つは「手羽先」ですね、

044

ワタシは串カツメニューの中の「コロッケ」が気になります、

というのも先日、守口市駅近くの角打ち「大阪城」でもやはり串カツメニューに「コロッケ」というのがありました、

とても気になったので頼んでみたら、小さな俵形の「コロッケ」が串に刺されて出てきました、初めて食べたわ、、串カツの「コロッケ」

はたして、ここ「源氏」の串カツメニューの「コロッケ」やいかに?

ということで「コロッケ」を注文、

で、出てきたのは、、、

045

ふつうのコロッケでした、引っ張った割にオチなし

は、これで「源氏」もお勘定です、お支払い額忘れました、ごちそうさん!また来ますね

最後にもう一軒、すぐ近くの立ち飲み「まつ」へ、

047

なにやら明るくて綺麗な店内、飲み友からは改装した?との感想ですが、、、いや、前からこんな感じですよね、

ここでは「おでん」と「芋水」、

048
050

飲み友はまた串カツ頼んでます

051

2杯飲んだような気がしますが、、、もう、細かい記憶はありません

これで5軒目ですよね、

もうだめ、明日も仕事があります、この辺でお開きといたしましょう、お疲れさまでした!

ふ~、でもこれに懲りずにまた飲みに行こうね

 

|

« 貫禄の外観、鶴橋と玉造の間のガード下の角打ち、久しぶりの「細田酒店」。 | トップページ | 北新地のど真ん中にこんな立ち飲みがあったのですね、「スリール」、その前に「ほんだ」。 »

大阪玉造鶴橋周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴橋探訪後半戦も立ち飲み3軒、「すし幸」~「源氏」~「まつ」で完全に出来上がりました。:

« 貫禄の外観、鶴橋と玉造の間のガード下の角打ち、久しぶりの「細田酒店」。 | トップページ | 北新地のど真ん中にこんな立ち飲みがあったのですね、「スリール」、その前に「ほんだ」。 »