« 二度目の布施探訪です、まずは立ち飲み「ひらた」、評判通りのエエ雰囲気の店、そして「淡路屋」へ。 | トップページ | JR大阪環状線完全制覇を目指して・・・残り3駅の一つ、「芦原橋」駅の「山源」を探訪です. »

2015年5月27日 (水)

みなと通りにもいろいろあります、まずは市岡3丁目探訪です、「富士屋酒店」~「淡路屋」~「木村屋」。

【2015年4月21日(火)】

大阪 市岡 「富士屋酒店」~「淡路屋」~「木村屋」

今日は大阪環状線「弁天町」駅周辺の立ち飲み探訪です、

以前一度「弁天町」駅周辺を探訪していますが、その時は環状線の内側“波除”辺りを九条方面まで歩きました、

内側もそれなりに収穫はありましたが、

調べてみると角打ち立ち飲み系は環状線の外側、みなと通り沿いに“市岡”辺りから、さらに西へ行って地下鉄中央線「朝潮橋」駅、「大阪港」駅辺りにたくさんあるようです

ということで、今日は「弁天町」駅で降りて南方向、市岡3丁目の交差点を目指します

「弁天町」はJR大阪環状線と地下鉄中央線の高架接続駅、

地上の交差点も国道43号線と中央大通りが交差する大きな交差点で、車と電車優先、人もあまり歩いていませんし、残念ながら飲み屋も見あたりません

43号線沿いに南へ少し歩くと“市岡3丁目”の交差点があります、

ここまでくると俄然生活の匂いが強くなります、

南東にはアーケードのある商店街もあるし、西側には下町が広がります、必然、いかにも酒店の角打ちもたくさんあるようです、

ではでは、今日はさくさくと何軒か回る予定です、

まずはここ、「富士屋酒店」、角打ちですね、

006

市岡3丁目の交差点から100mほど西へ行った南側、大きな港通りに面しています、

なかなかの店構えです、ではでは入ってみましょう

15人は立てそうな年季の入ったL字カウンター、

中には大将、きっちりとした立ち飲みであります、

先客は4人ほど、みなさん、入り口近くに立っておられるのでワタシはカウンター半ばまで入り込みます、

珍しくTVはなく、奥の方からかすかにラジオの野球中継が流れてきます

え~っと、小瓶がありそうですね、

さすがに陽気がよくなってきたので少しだけビールを飲んでみたいです、小瓶260円也をお願いします、

008

それとショーケースに入っている小皿から「高野豆腐」200円也、

007

大将が常連さんに話されています、

今日はドームでポールがやってるんよ、今からでも行きたいわ、ほんま、立ち飲みなんかやってる場合やないんやけど、、、

ポールとは、ポール・マッカートニーのことですね

たしかにこの日は近くの京セラドームで大阪公演中です、

どうやら大将は大のビートルズファンのようです、

角打ちでビートルズは似合わないですが、考えてみればみなさん、そんなお年頃ですからおかしくはないです、

ワタシもだいたい同年代、

その後、ワタシも入って懐かしい音楽の話題でひとしきり盛り上がりました

酒も肴も良心的価格です、

缶ビールは「淡麗」の青いのがよく出るみたいですが、350mlで190円でした、

010kai

料理もメニューもそこそこ揃っています、

「おでん」は100円から、「焼き鳥」が4本セットで390円、刺身はまぐろ、きずし、イカなど、おから、ちくわ、ウインナ、玉子焼きに角煮、アスパラベーコンなどちょっと手を加えるもの、てっちゃん、煮魚もあるね、

お酒にします、

011

「豊祝」310円也、伏見の酒ですね、燗で出てきました、

「おでん」の“ごぼてん”100円也、

012

店内は歌の話から競艇に競馬の話に、競艇のことは全く分からないのですが、大将はなんでも詳しいですわ、

さて、これでお勘定にします、明朗会計です、

市岡3丁目交差点近くの「富士屋酒店」、王道の角打ち立ち飲みでした、好きなタイプの店です、ごちそうさん!また来ますね

さて次は南側の1本裏の通りを東へ、

43号線の高架を潜るとアーケードのある商店街があります、角の渋いうどん屋はすでに終い支度、

016

1本目の路地を南に行くと、、、

ちょっと先の角に「淡路屋」がありました、

018

こちらも立派な暖簾が掛かっています、入ってみましょう

思ったより新しく綺麗な店内、

10人は立てるL字カウンター、こちらはお母さんとお姉さんでやっておられます、

どうしようかな、、、ま、お酒でいいか、燗をお願いします、

021

なんか食べたかったのですが、もう料理がほとんど終わりとのこと、

白版メニューにあった「ニラレバ炒め」250円也を頼んでみましたが、やはり終わったとのことで、「奴」210円也に決定、

019

ここはTVで虎の試合をやってます、あ、なんか勝ってる

客層はさっきの「富士屋酒店」よりちょっと若いのかな?(といってもそれなりで)

ご近所の常連さんが軽く1杯飲んで帰る、な感じです、

常連さんが数人、割と素早くお勘定です、

19時30分頃ですがそろそろ終盤な感じ、ま、16時から開いているらしいですからね、

ワタシも1杯でお勘定です、明朗会計、ごちそうさんでした!

来た道を戻る途中に「OHTA酒店」があります、

015

ここも奥で立ち飲みで飲めるようですね

どうしようか迷いましたが、この先に別の店があるのでそちらを優先することにしました、

また、あとで来ますね

裏通りを少し歩くと「木村屋酒店」があります、

022

ここは酒販スペースだけですが、一軒置いた左隣に立ち飲みらしき「木村屋」があります、

023

どうやら若大将がやっておられる、な感じ、

店内は賑わっていますね、では入ってみましょう

変形のM字ともいうべきカウンター、

先客7~8人、手前は会社のグループのようです(あとで何人かさらに合流されました)、

カウンターの中には若い大将とお母さん、真ん中辺りのカウンターが空いていたので着席、、、

あ、表には立ち呑みと書いてありましたが、、、

椅子あります、みなさん座ってゆっくり呑んでおられます

ここは先の2店よりまたさらに若いグループの常連さんがゆっくり飲んで帰る店のようですね

「角ハイボール」280円也と、目の前のショーケースから「生姜天」150円也にします、

026

メニュー多いです、刺身もそれなりにあります、



若いお仲間はどうやらサーフィン繋がりのようで大将も乗るみたいです

他にも“バス釣り”や“バイク”の話題も、若いって素晴らしい♪

「角ハイ」をお代わりして、「ミンチカツ」280円也(やってもた)、

お母さんが「ちょっと時間掛かります」、とのこと、揚げ物は普通は通し揚げのようですね、

「はい」、

もうちょっとなにか食べたかったのです、『春は揚げ物』です

ハイ、出来上がり、

036

衣は分厚いですが、中は熱々でジューシー、ハフハフいただきます

これで満足、ごちそうさん!お勘定は1050円也、

立ち飲みだけど椅子もあります、「木村屋」、ワイワイと楽しいお店でした、

で、先程の「OHTA酒店」へ戻ったのですが、、、

すでに暖簾が降りて終われていました、20時には終了みたいですね、残念

市岡の立ち飲み、三店三様で面白かったです、

「OHTA酒店」はリベンジしたいし、周辺には他にもまだ何軒か角打ちがあるみたいです、もういちど“市岡探訪”をせねばなりますまい

ではでは、今宵はこの辺で帰りましょう、お疲れ様でした

 

 

 

 

 

|

« 二度目の布施探訪です、まずは立ち飲み「ひらた」、評判通りのエエ雰囲気の店、そして「淡路屋」へ。 | トップページ | JR大阪環状線完全制覇を目指して・・・残り3駅の一つ、「芦原橋」駅の「山源」を探訪です. »

大阪西部(九条西九条梅香大阪港)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みなと通りにもいろいろあります、まずは市岡3丁目探訪です、「富士屋酒店」~「淡路屋」~「木村屋」。:

« 二度目の布施探訪です、まずは立ち飲み「ひらた」、評判通りのエエ雰囲気の店、そして「淡路屋」へ。 | トップページ | JR大阪環状線完全制覇を目指して・・・残り3駅の一つ、「芦原橋」駅の「山源」を探訪です. »