« 雨の横浜、ここならそんなに濡れません、“狸小路”の「味珍」で尻尾と頭^^) | トップページ | 駅前第2ビルの「かわさき」、残念ながら2014年12月26日で閉店、お世話になりました。 »

2015年1月 9日 (金)

久しぶりに落語を聞いて、角打ちで一杯、摂津市駅辺り「上田酒店」から京都五条楽園辺り「にこみ屋六軒」へ。

【2014年11月22日(土)】

大阪 摂津市辺り「上田酒店」~京都 五条楽園辺り「にこみ屋六軒」

久しぶりに落語を聞きに行きましたhappy01

会場は“摂津市民ホール”、

ほう、摂津市に侵入するのは初めてかもしれませんねshine、JR「千里丘」駅でOさんと待ち合わせます、

歩いて6~7分で会場に到着、

003

雀々師匠の独演会です、

故枝雀を彷彿とさせる芸風に一段と磨きがかかった個性豊かな爆笑落語、久しぶりに笑いましたhappy02

さて、終わったのが17時頃、

こんな時間に終わるやなんて、まるでちょっと飲んでかえって下さいと言わんばかりの終演でございます(ちょっと落語調)、

O氏は予定があるそうですが軽く一杯だけなら、とのこと、では行きまひょ、

来た道をJR「千里丘」の駅まで戻ります、

時間があまりないので角打ちの立ち飲みでもあったら一番ええのにね~、そう都合良くはないわな~、と阪急京都線の線路を渡ります、あら、こんなところに駅が、、、「摂津市」駅、前からあったっけ?

などとワイワイ言いながら二人で歩いておりますと(ここも落語調でございますhappy01)、

O氏が彼方を指さして!あれは!!おお、あの提灯と看板は、いかにも角打ちとお見受けいたす!!パン!パン!!(講談か!)

ラッキーです、なんと絵に描いたようにそこには角打ちがありました、「上田酒店」、

010

暖簾の下からお客さんの足が見えます、もうやっていますね、入りましょdash

短いカウンター、先客が3人様ほど、

向かいにテーブルもあり(荷物置き場になってましたが)、わてら、こっちでもかまやしません、と言うと、常連さんが、そないなこと言わんとまあこっち入りなはれ、さ~さ~、っと、この二人、すっぽりカウンターに収まりよった(どうも落語調が抜けませんhappy02、ってもうエエかsweat01)

このところ“とりあえずのビール”を敬遠しているのでワタシは「芋水割り」、O氏はビールで乾杯です、

005

カウンターの中はご夫婦でしょうか、お兄さんとお姉さん、明るくてエエ感じの店です、

酒のつまみは乾き物から缶詰、ちょっとした料理までそこそこあります、まずは日本初!だそうな「柿ピーの唐揚げ」、とくにびっくりする美味しさではありませんがhappy01

「湯豆腐」、

007

「牛蒡」、

006

これはレトルトパウチの「じゃがばた」、初めて食べましたがちゃんとしてます、

008

30分ほどでお勘定です、狭い店内ですが気兼ねなく楽しく飲めました、明るく暖かい雰囲気の店です、二人で5杯飲んで2110円也、安!

阪急「摂津市」駅辺りの「上田酒店」、ここへ来れたのもなんかのご縁です、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、O氏と電車を乗り違えたりしながらの珍道中coldsweats01、で、京都駅で分かれます、

ここからは一人旅(また落語調になりそうsweat02)、

京都駅から歩いて“五条楽園”を目指します、徒歩10分くらいかな、河原町通りからひょいと東へ入ります、「キコク食堂」の筋です、「キコク食堂」をそのままスルーして高瀬川を渡り北へ上がり、もう少し東に入るとありました、

「にこみ屋六軒」、

024

こんなところにこんな店があるんですね、知りませんでした、

店名の通り“煮込み料理”の店のようですが日本酒も揃えているようです、では入りましょうdash

テーブル席の広い店内、ちょっと暗めの照明、まだ空いています、奥にはカウンターもありますが、珍しくテーブル席に着かせていただきます、

日本酒にします、今はなにがありますか?

手元メニューと黒板にもいくつか銘柄が書いてあったのかな?気を引く銘柄がいくつか目に留まります、「東一」もありますが、まずは「玉川」にします、 

こんなラベルでした、

011

「玉川」純米無濾過生原酒コウノトリ800円也、

初めてみました、コウノトリ、蔵の近くにも飛んで来るのかな?

味は「玉川」でしたhappy01、升にたっぷりとこぼしていただいて納得、

肴はやはり煮込みからでしょう、「煮込み小」450円也と「豆腐」150円也、

013

セットで出てきました、イメージ通りです、

「煮込み」は柔らかく煮込まれていますが、なんかちょっと物足らない、京都流の上品な味付けなんでしょうか?

2杯目はやはり気になる「東一」800円也、

017

一升瓶の最後のグラス一杯分でした、でも、やはり旨いです、ワタシの好みです、こりゃたまりませんわheart02

来週、駅前第2ビルの「かわさき」へ行く予定があるのでそこでも飲もう!shine

升にこぼせなかったので代金は少しおまけさせていただきますとのこと、はい、おおきにです、

肴が足らなくなったのでおでん、

020

「厚揚げ」と「玉子」、そして、、、もう一品はなんだろう?こんにゃく?かな、忘れました(最近、こういうなんが多いです)

これでお勘定です、2350円也、やはりお酒が少し高いとこれくらいにはなりますね、

“五条楽園”辺りにこんな店があるとは知りませんでした、場所的には少々辺鄙ですが、ワタシ的にはこの辺りをウロウロする機会が多いので助かります(いや、バンド練習でねsweat02)、

ごちそうさん!また来ますねheart04

 

 

 

 

 

|

« 雨の横浜、ここならそんなに濡れません、“狸小路”の「味珍」で尻尾と頭^^) | トップページ | 駅前第2ビルの「かわさき」、残念ながら2014年12月26日で閉店、お世話になりました。 »

京都駅周辺」カテゴリの記事

大阪北部(十三西中島東三国茨木高槻)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/58320835

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに落語を聞いて、角打ちで一杯、摂津市駅辺り「上田酒店」から京都五条楽園辺り「にこみ屋六軒」へ。:

« 雨の横浜、ここならそんなに濡れません、“狸小路”の「味珍」で尻尾と頭^^) | トップページ | 駅前第2ビルの「かわさき」、残念ながら2014年12月26日で閉店、お世話になりました。 »