« 先日好感の「日本酒のめるとこ」、今日は本家の京阪萱島駅高架下の「日本酒のめるとこ」へ参上です。 | トップページ | ストレスなく飲めました、京都裏寺街の「三木半」、そして柳小路の蕎麦「まつもと」で一杯。 »

2015年1月23日 (金)

京阪「萱島」駅の立ち飲みを2軒、「呑喜」から「酒楽」へ、地元密着立ち飲みです。

【2014年12月5日(金)】

大阪 萱島 「呑喜」~「酒楽」

京阪電車「萱島」駅探訪、「日本酒のめるとこ」のあとです、

「萱島」駅高架下の「日本酒のめるとこ」で気持ち良く飲みました、

015_2

で、隣にある立ち飲み「呑喜」も寄っていくことにします(どないだ!)、さっと入店、

比較的大きな立ち飲みです、

038

30人くらいは立てそうな縦棒の短いコの字カウンター、明るい店内、タイル貼りの床、

037

カウンターの中にはお母さん方、エエ店ですやん

さっきの「日本酒のめるとこ」が日本酒にこだわった今時の立ち飲みだとすると、こちら「呑喜」は誰もが気軽に楽しめる地元の立ち飲み、って感じですね、

え~っと「芋お湯割り」290円也ください、

それと「湯豆腐」も、本当に寒くなってきましたからね湯豆腐が美味しい季節です、

035

お!「湯豆腐」、旨いです!

出汁が美味しいです、たっぷりの葱におぼろ昆布、蒲鉾まで乗ってます、これで200円也は良心的、リーズナブルです、

客層は比較的高め、若者はいないですね、店の雰囲気が守られています

結構顔見知りの方がいらっしゃるようで、あちこちでグループが出来ています、やはり地元の憩いの場というところですな、

日本酒の定番酒は、先程、お隣で飲んだ「片野桜」ですね、やはり地元の酒、なんか灘や伏見よりはエエ感じがします、

味違いが欲しく「コロッケ」120円也、

043

通し揚げです、

カリカリアツアツをいただきます、ふ、ふ、熱!うむ、これも旨いわ、

店内をよく見回せば地酒のメニューもそれなりにあったみたいです、

おそらくは隣の酒販「地酒者」からの仕入れでしょうか?「あたごのまつ」「盾野川」「れい泉」「十九」とありました、

しまった、さっき「日本酒のめるとこ」で気になった「十九」を飲んだらよかったのにね、失敗

後の祭りでとりあえずお勘定です、610円也、はい、明朗会計です、

京阪電車「萱島」駅の高架下、「日本酒のめるとこ」の隣の「呑喜」、

なかなか良い店です、おそらく地元の方の評価は高いのではないでしょうか?「日本酒のめるとこ」との関係も気になります、今度訊いてみましょう、ごちそうさん!また来ますね


萱島3軒目は改札フロアから降りた目の前にあった立ち飲みの「酒楽」です、

013_2

酔った勢いですっと入ります

変形のコの字カウンター、10人以上立てそうです、

カウンターの中にはお母さんがお二人、先程の「呑喜」よりも静かな感じの店内、

とりあえずここでは熱燗にしました、「大関」、

046

肴は「うるめ」を焼いてもらい、静かに熱燗いただきます、

お客さんの年齢層は、「呑喜」よりもこちらの方がさらに高めですね、こちらも常連さんがメインのようです、

お母さんお二人は物静かな感じで、料理もメニューは少ないですが丁寧な感じがします、

「うるめ」も焼き上がりました、

048

これで熱燗をいただきます、ふ~、ちょいと酔っぱらって来ましたね、今日はこれくらいにしておきましょう、

京阪電車「萱島」駅、駅周辺に良い飲み屋がありました、もう一度探訪したいですね、

 

 

|

« 先日好感の「日本酒のめるとこ」、今日は本家の京阪萱島駅高架下の「日本酒のめるとこ」へ参上です。 | トップページ | ストレスなく飲めました、京都裏寺街の「三木半」、そして柳小路の蕎麦「まつもと」で一杯。 »

京阪沿線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪「萱島」駅の立ち飲みを2軒、「呑喜」から「酒楽」へ、地元密着立ち飲みです。:

« 先日好感の「日本酒のめるとこ」、今日は本家の京阪萱島駅高架下の「日本酒のめるとこ」へ参上です。 | トップページ | ストレスなく飲めました、京都裏寺街の「三木半」、そして柳小路の蕎麦「まつもと」で一杯。 »