« 京都での日曜日ランチは、やはりここへ足が向きました、東九条のお好み焼き「本多」、旨い!! | トップページ | 大阪「弁天町」駅から九条方面へ、町工場の中に角打ちがポツリ、「川西酒店」から「白雪温酒場」へ。 »

2014年12月18日 (木)

酒場探訪未踏の地、「弁天町」駅で飲みます^^)まずはホルモン串の「わかまつ」が気になりました。

【2014円11月5日(水)】

大阪 弁天町 「若松」

大阪環状線、、、

全19駅、路線距離21.7km、東京の山手線が路線距離34.5Kmですからだいたい周回距離で60%、環状内に含む面積では45%くらいになるのかな?(ざっとした計算です)、、、

やはり東京に比べると大阪の街は小さいのですが、

酒場探訪で云うと「天満」「福島」「西九条」などええ感じの駅が多いのです、

が、まだワタシが探訪していない大阪環状線の駅が3駅ほどあります、「弁天町」「芦原橋」「今宮」の3駅が未開拓ですね、

そのうちに全駅制覇を目指して回ろうと思いつつ(好きやな、こんなん)今日まで先送り、

ということなので、億劫がらずに今日はそのうちの「弁天町」を探訪してみましょう、

「弁天町」駅は、大阪環状線の最西端(港側)、地下鉄「中央線」との乗換駅です、周辺は住宅、軽工業地帯ですから飲み屋もされなりにあるでしょう、

駅の東西とも飲み屋街がありそうですが、今日は東側(環状の内側)を歩きます、

と、駅前にいきなりええ感じの居酒屋があります、

031

「中元商店」、ほう

名前からすると角打ち出身でしょうか?

でも、いまはちゃんとした居酒屋です、格子戸越しに中が見えますが、適度に末枯れていてエエ感じも店内です、

いきなりここに入るのも良いですが、、、もうちょっと歩いてみましょう、

少し北へ歩くとこんな看板がありました、

032

うむ、これはなんかそそられますね、「わかまつ」、

大阪では珍しいホルモンの串と天ぷら(これも串かな?)ですって、

ここはちょっと入ってみましょう

一番客です、タイル張りの床、テーブル席が5つほど、

034

突き当たりに2席だけのカウンターがありますが、今は荷物置き場になっているようです、プラモの戦艦なんかも飾ってあります

奥のTVを女の子がテーブルに座ってみています、

お孫さんかな?奥には大将とお母さん、お母さんが出てこられて注文を訊いてもらいます、

瓶ビールは大瓶だけと云うことですので「芋水」にします、

そして、メニュー、

035

串は3本300円也と云うのが標準値のようです、他の一品モノも300円也がウリみたいですね、

では、「タン」塩、それと「ハラミ」はタレでお願いします、あ、それと「ポテサラ」も下さい、これも300円也、

しばし、TVを観て和みます、奥では大将が串を焼いておられる気配です、

まずは「ポテサラ」が来ました、

037

、胡椒が効いていて美味しいです

続いて、串が来ました、

038

「塩タン」と「ハラミ」、こういう感じの串ホルモンは大阪南部を中心に多くあったと思いますが「焼肉」スタイルに押されて減って来ましたね、

では「塩タン」からいただきましょう、

うん、旨いです、牛ですね、塩加減が上手です

「ハラミ」のタレは甘辛で思ったより濃厚です、

これで3本300円なら納得ですね、東京のやきトンに比べるとボリュームがないのがやや残念ですが、串モノに関しては関西のほうが全体に小降りというか上品なので仕方ないです、

4人組のサラリーマンが入店、日本酒はやめとこな、とか言いながら乾杯のビールなとは即熱燗、サラリーマンのあるべき飲み会です

ワタシは「芋水」をお代わり、ゆっくりと食してお勘定です、

「げそ天」とかも頼んでみたいけど、今日は何軒か回る予定、まずはこれくらいにしておきましょう、

大阪環状線「弁天町」駅から徒歩数分、

大阪では珍しいホルモン串がある「わかまつ」、ええ感じでした、次は「げそ天」とか「天ぷら」なんかも食したいです、また来ますね

 

 

|

« 京都での日曜日ランチは、やはりここへ足が向きました、東九条のお好み焼き「本多」、旨い!! | トップページ | 大阪「弁天町」駅から九条方面へ、町工場の中に角打ちがポツリ、「川西酒店」から「白雪温酒場」へ。 »

大阪西部(九条西九条梅香大阪港)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒場探訪未踏の地、「弁天町」駅で飲みます^^)まずはホルモン串の「わかまつ」が気になりました。:

« 京都での日曜日ランチは、やはりここへ足が向きました、東九条のお好み焼き「本多」、旨い!! | トップページ | 大阪「弁天町」駅から九条方面へ、町工場の中に角打ちがポツリ、「川西酒店」から「白雪温酒場」へ。 »