« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

【2014年上半期 訪問酒場一覧】

【2014年上半期 訪問酒場一覧】

1月
4日(土) 元町 立ち飲み新世界
5日(日) 尼崎 小判屋酒店、 元町 金ちゃん
9日(木) 尼崎 しもやま
10日(金) 肥後橋 わすれな草~樽~吟藏
11日(土) 尼崎 神戸東店~トシヤ
13日(月) 立花 小西酒店~尼崎 ナニワ酒販
14日(木) 十三 正宗京屋
18日(土) 阿部野 明治屋~松よし
20日(月) 京都駅前 ひょうたん~へんこつ
23日(木) 広島 なわない
25日(土) 尼崎 中田酒店~やまもと吉
27日(月) 梅田 七津屋
31日(金) 都島 金盃

2月
1日(土) 尼崎 あさを~中島酒店
2日(日) 元町 平和
4日(火) 中崎町 セルクル~お初天神 門
5日(水) 駅前第2ビル かわさき
8日(土) 京都 麩屋町二条 魚波波
9日(日) 京都 祇園 松乃~四条大宮 庶民
13日(木) 東京神田 藤田酒店~中屋酒店~秋吉
14日(金) 東京吉祥寺 いせや~門前仲町 魚三
15日(土) 尼崎 しもやま
18日(火) 天満 稲田酒店~奥田~リピジャ
20日(木) 姫島 河村酒店~のざと
23日(日) 高槻 田淵酒店
24日(月) 南森町 あづま
26日(水) 野田 満海
28日(金) 西天満 そら豆食堂~松浦酒店

3月
1日(土) 京都四条大宮 庶民~島原 たこ松
3日(月) 東京大森 富士川~蔦八
4日(火) 東京亀戸 松ちゃん
5日(水) 東京東向島 岩金~日の丸酒場
6日(木) 東京代々木上原 ジータン
8日(土) 尼崎 曇天~中島南店~田中清太郎酒店~寄ってって~小判屋酒店~コニシ酒販~牧商店~王将
11日(火) 天満 向井酒店~花門
13日(木) 南森町 よしむら
14日(金) 浅田屋酒店~黒西酒店
15日(土) 京都深草 近善
17日(月) 東京平井 松ちゃん
18日(火) 南森町 あづま
19日(水) 岡山 成田屋田町店
22日(土) 十三 イマナカ~武庫之荘 赤坂、天満 かね又~稲田酒店
25日(火) 駅前第2ビル 山長酒店
27日(木) 福岡 さきと~花山
28日(金) 福岡 酒一番~みすみ~かわ屋

4月
1日(火) 玉造 きくや、天満 稲田酒店~ラパン
4日(金) 姫島 ハイタニ~マルナカ酒店
5日(土) 京都中書島 太郎
8日(火) 都島 ラマンミーナ~酒の大丸
11日(金)  京橋 京橋酒販~徳一、中崎 花門
13日(日) 西宮仁川 きまぐれ~鳥居
15日(火) 大物 原田酒店、尼崎 矢田~GON
16日(水) 梅香 金生
20日(日) 神戸新開地 大勝~福寿
22日(火) 尼崎 小西酒店~辻本酒店
25日(金) 岡山備前市寒河 タマちゃん、姫路 試、西明石 つなぎ屋、天六 北浦酒店
26日(土) 新今宮 八福神~難波屋
29日(火) 新梅田食道街 奴、京橋 徳一

5月
2日(金) 駅前第2ビル かわさき、京橋 吉田スヰッチ~かんちゃん
3日(土) 緑地公園 イバタ
5日(月) ホワイティうめだ 大御所
7日(水) 駅前第3ビル 麦太郎
9日(金) 天満 こまちゃん~くら寿司
10日(土) 神戸新開地 福寿
13日(火) 九条 島下酒店~このや
16日(金) なんば 日本酒と私~兵吾
20日(火) なんば かなまたーく~日本酒と私~兵吾
23日(金) 大国町 二劫~堀谷酒店
24日(土) 芦屋 まるさん~リブゴーシュ
27日(火) なんば 魚屋ひでぞう~兵吾
29日(木) 大国町 二劫~堀谷酒店~エノキ屋酒店

6月
4日(水) 新今宮 たつ屋、京橋 明けごころ、天満 稲田酒店
6日(金) 東京世田谷 酒の高橋、新宿3丁目 らくだば
7日(土) 立石 宇ち多”、阿佐ヶ谷 川名、五反田 へそ
8日(日) 東向島 丸好酒店、日本堤 丸千葉~大林酒場
10日(火) 駅前第2ビル 山長酒店、中崎町 セルクル
12日(木) 東淀川 権兵衛、吹田 ままや
13日(金) なんば はり重~カナマターク
14日(土) 芦屋 上篠酒店、住吉 かこも、青木 あぽろ食堂~花木商店
15日(日) 芦屋 あづま
18日(水) なんば 桝田商店~仔牛屋
20日(金) 高槻 盤石~福田バー
21日(土) 京都綾小路 Jinsuke、十三 十三屋新店舗~十三食肉センター
24日(火) 駅前第2ビル 山長酒店~マルコ酒店
25日(水) 東十条 埼玉屋、十条 斎藤酒場
27日(金) なんば 桝田商店~日本酒と私
29日(日) 尼崎 下山酒店

訪問した全店ではありません、
上記の店すべての記事を書いている訳でもありません、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【2014年下半期 訪問酒場一覧】

【2014年下半期 訪問酒場一覧】

7月
1日(火) 駅前第2ビル たよし
3日(木) 九条 島下酒店~白雪温酒場
4日(金) 天満 肴や~ラパン~ソースバー
5日(土) お初天神 たに~亀寿司
9日(水) 東京木場 河本~門前仲町 折原酒店
10日(木) 東京新橋 大露路~龍馬
11日(金) 駅前第2ビル 山長酒店
12日(土) 京都東九条 よっちゃん、天満 稲田酒店
15日(火) 駅前第2ビル 和
16日(水) 南森町菅原町 雲州堂
18日(金) 中津 酒のおおにし
19日(日) 十三 中島酒店~十三食肉センター
23日(水) 今里 ひでぞう
24日(木) 東京新宿 カブト、品川 大関
26日(土) 京都七条 キコク食堂、西梅田ぶらり横丁 大関
29日(火) 梅田芝田町 ビンゴヤ~初霞酒蔵

8月
1日(金) 内本町 うさぎ
2日(土) 神戸元町 楽園酒家、新世界 平野屋、なんば 日本酒と私
5日(火) 東京錦糸町 三四郎、門前仲町 折原酒店
6日(水) 東京四ツ木 ゑびす、立石 ミツワ
8日(金) 駅前第1ビル 銀座屋
12日(火) 日本橋 黒門~兵吾~魚屋ひでぞう
14日(木) 新今宮 かめや~足立総本店~岩田屋
15日(金) 京都三条木屋町 弘
19日(火) 大国町 二劫
21日(木) 天満 大旦那
22日(金) 梅田 味香佐
23日(土) 京都東九条 本多
26日(火) 神戸元町 楽園
27日(水) 北新地 たゆたゆ~十三トリス北新地店
30日(土) 京都東九条 本多、三条大宮 寿し保

9月
2日(火) 北新地 海藤花~十三トリス北新地店
4日(木) 新今宮 マルフク~大国町 二劫~だいどこやまなか
9日(火) 大正 田中屋酒店~大川
12日(金) 京都深草 近善
13日(土) 梅田 松葉地下店~蕎麦香雅~奴、高槻 すーさん~福田バー
14日(日) 神戸六甲道 東亜食堂、野田 満海
16日(火) 土佐堀 森田商店~もなか~銀座屋
17日(水) 天満 天ぷらやまなか~吉田スヰッチ
19日(金) 九条 泉本店~泉酒店~小林酒の店商店街店
20日(土) 新梅田食道街 奴、天王寺 森田屋、なんば みずき
23日(火) 京都七条 さたけ、京都島原 たこ松~やすい
24日(水) なんば 円~日本酒と私
27日(土) 京都三条大宮 寿し保、東山三条 BEER KOMACHI
29日(月) 東淀川 権兵衛~華酒舞乱家

10月
1日(水) 日本酒ゴーアラウンド
老松町 喜きつ~梅小町~西天満 そら豆食堂~天満 陽~天六 なかやま
3日(金) 天満 稲田酒店
5日(日) 南森町 南森町食堂~とっつあん
7日(火) 福岡赤坂 なかむら、久留米 古賀久、大牟田 元禄、久留米 屋台キング~てん屋
8日(水) 福岡中央卸売市場 福魚、天神 角屋、大牟田 元禄、福岡箱崎宮 花山、長浜 長浜ラーメン、
9日(木) 福岡大名 やぶ金、北九州小倉 末松酒店~武蔵~赤とんぼ
11日(土) 阿部野 赤のれん
15日(水) 放出 大丸屋、天満 稲田酒店
17日(金) 桃谷 吉村善商店~今津商店近江屋
20日(月) 野田 上田温酒場、福島 珉珉
21日(火) 大国町 だいどこやまなか
22日(水) 東京神田須田町 藪蕎麦~まつや
23日(木) 東京虎の門 港屋~虎の門砂場
25日(土) 野田 お多幸
26日(日) 神戸元町 松屋
28日(火) 野田 中川酒造~日本盛
29日(水) 東京虎の門 鳥与志
30日(木) 神戸御影 銀狐
31日(金) 北新地 一笑

11月
1日(土) 京都四条大宮 庶民~てら
2日(日) 京都東九条 本多
5日(水) 弁天町 わかまつ~川西酒店~九条 白雪温酒場
7日(金) 天満 八尾蒲鉾店~稲田酒店
8日(土) 京都伏見桃山 富士
9日(日) 北加賀屋 おく
11日(火) 東京五反田 ばん~蔵や
12日(水) 東京恵比寿 たつや、新宿 大黒屋
15日(土) 南森町 雲州堂~北浜 ひらやま~京町堀 日本酒のめるとこ
18日(火) 神戸元町 熊澤~三宮 皆様食堂
19日(水) 東京人形町 キッチン ツカサ
20日(木) 横浜神奈川 みのかん、横浜 味珍
22日(土) 千里丘 上田酒店、京都五条楽園 煮込み屋六軒
23日(日) 京都二条木屋町 めん坊
25日(火) 駅前第2ビル かわさき~北新地 紫
27日(木) 東京新橋 くら島、日本橋 満月
28日(金) 横浜東神奈川 南京亭~大洋白楽店

12月
1日(月) 東京立石 宇ち多”
5日(金) 萱島 日本酒のめるとこ~呑気~酒楽
6日(土) 京都裏寺町 三木半~まつもと~二条東洞院 よらむ1
9日(火) 野田 人見酒店
10日(水) なんば ナニワスタンド~日本酒と私
12日(金) なんば ナニワスタンド
13日(土) 新世界 更科~平野屋、河堀口 山長酒店~たつみ商店~阿倍野 あべの銀座、大正 ホルモン立ち飲みおかだ、新梅田食道街 初音
14日(日) 三宮 魚山人
17日(水) 赤羽 いこい、四谷 鈴傳、人形町 ひょっとこ、東銀座 秩父錦
18日(木) 駅前第2ビル 楠フサエ~かわさき
20日(土) 京都東山 蕎麦茶寮 澤正
21日(日) 御影 銀狐
22日(月) 三宮 鶴亀八番
24日(水) 高速神戸 立ち飲み天ぷら國~かくうち
26日(金) 駅前第2ビル かわさき、なんば ナニワスタンド
28日(日) 四ツ橋 きのこの道
29日(月) 北浜 かこも

訪問した全店ではありません、
上記の店すべての記事を書いている訳でもありません、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

新宿思い出横丁へ、今日は日本酒が飲みたい気分です、で見つけました、「大黒屋」へ飛び込んでみます。

【2014年11月12日(水)】

東京 新宿思い出横丁 「大黒屋」

さて、2014年も最後の酒場記事となりました、
本年もご愛読、ありがとうございました、

さて、まだ、新幹線までは少し時間があります、新宿へ向かいましょう、

久しぶりに新宿思い出横丁を歩いてみます、

相変わらず賑わっておりますな、みなさんエエ調子で一杯やったはりますwink、焼きとんが多いのですが今日は日本酒が飲みたい、JRガード寄りの通りに出てみましょう、

事前情報なしでしたが、エエ感じで店が2軒並んでました、どちらも日本酒の揃えが良さそうです、

「大黒屋」と「安兵衛」、日本酒の飲める店が2軒並んでいますshine

037

ほう、思い出横丁にもこういう店がありましたか、いままではカウンターの「焼きとん」というのが定番でしたので気がつきませんでした、

どっちにする?どうしましょうか、

ちょいと2店の間をウロウロします、「安兵衛」のほうが少し上品というか高そうです、ここはちょっとカジュアルな感じのする「大黒屋」に入ってみましょう、

ちわ、テーブル席が6~7つの手頃なサイズ、先客がお二人ほど、奥の方のテーブルに案内していただきます、

え~っと、日本酒にしましょう、

四方の壁に日本酒の短冊メニューが張り巡らされています、ふむ~、ほう、ぐるりと首を回し、背中の壁も確認、首が痛いわhappy02

042

有名銘柄を中心に良く揃っています、

あまり熟考もできないので、短冊が後で足されたような感じでフューチャーされている「写楽」800円也にします、好きなお酒ですheart02

お通しが出ました、「白和え」だったかな、ピンボケheart03

039

そして「写楽」、

038

グラスとコップにたっぷりと注いでいただきます、おおきにですhappy01

ここでちびっとしかこぼさないような、店の器の小さいことをするといけません、どどっとこぼしてもらうと素直に嬉しい、店にも好感するというものです、お店の方はどんどんこぼしてくださいませgood

「写楽」は旨味たっぷり、この日は特に美味しく感じました、

料理を一品、好物の「〆鯖(きずし)」650円也、

040

お、エエ感じですね、好みの“ドライレア系”です、「〆鯖(きずし)」はこれに限りますshine

お酒ももう一杯、これまたフューチャー短冊になっていた「伯楽星」800円也にします、

041

すっきり辛口です、

でも旨味もしっかり感じますね、どちらかというと辛口が苦手なワタシですがこれくらいまでの辛口ならイケますgood

これで「〆鯖」をゆっくりいただいてお勘定です、2750円也、やはり少し張りますね、でも料理もお酒も美味しかったです、

新宿思い出横丁のJRガード側の「大黒屋」、

飛び込みでしたが満足のお店でした、この辺りで美味しい日本酒が飲める店を見つけたのは大きな収穫です、ごちそうさん!また来ますねheart04

2014年も「東西酒場探訪案内所」をご愛読いただきましてありがとうございました、今年はこれでお終いです、

2015年も書きます、飲みます、引き続きのご愛読をお願いいたします、

では、みなさま、良いお年を!happy01

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

この頃は東京で飲む機会が増えて来ました、今日は恵比寿の「たつや」、初めて入りました。

【2014年11月12日(水)】

東京 恵比寿 「たつや駅前店」

夕刻の東京、新幹線の時間までまだ少しあります、

どこか早めから飲めるところはないかな?場所は新宿か渋谷か、、、

そういうと、恵比寿に昼から飲める焼鳥屋があったよね、まだ入ったことがないので行ってみましょうかwink

「恵比寿」駅西口のロータリーの向こう側辺りにあるはずです、心躍らせせっせと歩きますdash

この辺りかな~と角を曲がると、はい、いきなりありました!flair、「たつや駅前店」、

028

看板には“たつやのやきとり”とありますが、おそらく鶏以外も焼いてます、いや、豚の方がメインかもしれません、東京では串に刺して焼くのはほぼすべて“やきとり”ということになりますsweat01

早い時間ですが先客が10人くらいいらっしゃいます、おじさん二人、一人客、カップル、おsign01、若い女性の一人飲みもいらっしゃいますね、ドキhappy02

大きなコの字カウンター、右手にはテーブル、奥にも飲むスペースもあります

そうそう、地下にも地下店があるようです、恵比寿以外にもあちこちにある大きなチェーン店のようですね、

まずはホッピーにします、

焼き鳥の注文は、、、2本ずつですか、、、

どうしようかな、1本180円~190円也とやや高めです、盛り合わせのほうが良いかなと思いましたが、やはり注文いたしましょう、「かしら」と「なんこつ」、それに「たんもと」をください、

焼きが上がるまでのつまみに「奴」310円也も頼みます、

大きめ、葱と鰹節、醤油をかけていただきます、普通ですがなぜか美味しいheart02

029

「ホッピー」、もう半分飲んじゃった!

030

そして、焼き物が一気に来ました、ボリュームあります、6本は多かった~、頼みすぎた~sweat01

034

「かしら」は赤身、まあ美味しい、

「なんこつ」は柔らかくて身が付いたタイプ、これは好みですgood

 ボリュームがあるのでとりあえずガシガシ食べます、

「たんもと」もまあ普通、ホッピーお代わり下さい、

ガツガツグビグビ、こりゃほんとに頼みすぎたわsweat01

メニューには“やきとり”の語源に関する蘊蓄が書いてありました、

内容は・・・忘れました、読んだときは時は「ほんまかいな」と覚えたつもりでしたが、一晩経つと忘れています、最近はこういうことが多いです、そろそろあぶないのか?、、、

031

この写真にその語源が書いてあります、

読めますかね、、、“とり”=“肚裏”だって、、、ホンマかいな、、、これがホントなら、東京の“焼くモノ全部やきとり”論が解明されたことになりますshine

どうなんでしょう、ご存知の方は教えてくださいませwink



隣の客の引っ越し騒動の話が面白くて聞き耳を立てます、

とにかく面白い話でした、このエピソードは覚えています、が、書けませんhappy02、ま、今度一緒に飲んだ時に話しますわ、

ふ~、なんとか完食、お勘定は2370円也、ちょっと頼み過ぎましたねsweat01

常連さんはお勘定の時に「追加はOO円」という風に支払っている方が続きました、あれはなんだろう?前払いとか預け金とか?あ、回数券でもあるのかな?ちょっと不思議な感じでした、

恵比寿駅すぐの「たつや」、なんと朝からの通し営業だそうです、焼きとんはちょっと高いです、ボリュームがあるので盛り合わせにするか、二人以上で行くのがイイかもしれませんねwink

 

(おまけ)

この日のランチ、このところ東京ランチは蕎麦に傾倒中、この日は「小諸そば」、

027

かき揚げ専用のツユが別に付いてました、親切shine

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

久しぶりの東京酒場です、五反田の「ばん」から「蔵や」へ、どちらも間違いない店です。

【2014年11月11日(火)】

東京 五反田 「ばん」~「蔵や」

久しぶりに東京で飲みますheart02

今日は夕方に業務終了、

このところ毎週東京に来ていますが、体調不良や送別会、どうしても関西へ帰らなきゃいけない!などの理由で一人飲み皆無ですsweat01

今日は無事業務も終了、ここは久しぶりに東京で一人飲み決行です、

どこで飲むか?

久しぶりなのでなかなか考えがまとまりません、とりあえず近場の盛り場と云うことで五反田へ向かうことにしました、

立ち飲みの「加藤酒店」や「のんき」も浮かびますが、今日は座って飲みましょう、

となれば、まずはここが良いでしょう、「加藤酒店」の向かいのもつ焼きの「ばん」shine

007

やはり東京ではもつ焼きは外せません、

そして、ここ「ばん」のもつ焼きはとくに安くて美味しいですheart02東京の何本かの指に入るのではないでしょうか?山手線内では最強かもしれません、で、一本@100円也とリーズナブルです、

「中目黒」が原点のようですが、おそらく祐天寺の「ばん」とも関係があるかと思います、祐天寺の店もイイですよね~、長いこと行っていませんが大好きですlovely

と、もう久しぶりの「ばん」でワクワク状態です、

では、入ってみましょう、

まだ、早い時間ですがほぼ満員です、詰め合わせていただき、20人以上は座れるコの字カウンターの角になんとか一席確保してもらいます、、、めちゃ、狭いですがhappy01、、、入ります、

すませんね、ちょっと空けていただいて、はい、失礼します、

ここの飲み物はなんだっけ?ちょっと忘れてしまいましたね、え~っと、目に付いた「ハイサワー」300円也を注文、

008_2

これだっけな~、祐天寺の店ではレモン搾っていた憶えがあるが、ここではレモンなしなのかな?

もつの刺身やフライもありますが今日はもつ焼きが食べたいのでいきなりもつ焼きを頼みましょう、

がつ、かしら、あぶら、をタレで、タンを塩でお願いします、

あ、それと「生キャベツ」210円也も、

010

これで待つことしばし、

まずは「タン塩」が来ました、

012

旨い!shineさすがです、

そしてタレ焼きの「がつ」「かしら」「アブラ」、

013

ほう、タレは濃くてやや辛口です、いずれもボリュームがあり、

これで一本@100円也というのはやはり人気の源泉ですね、

大好きな「アブラ」は立石の「宇ち多"」には及びませんでしたが、やはり好きです、

ここでは“かしら”関係の部位は「かしら」、「アブラ」、そして「チャンポン」=おそらく赤みとアブラが混ざった串、と3種類があります、親切ですねhappy01

ボリュームがあるのですぐにお腹一杯になりそうです、2軒目へ行きたいのでこれくらいにしておきます、満足満足、

久しぶりの五反田「ばん」、ごちそうさん!やはりもつ焼きは美味しかったです、また来ますねheart04

さて、もう一軒、すぐ近くの「蔵や」へ行ってみましょうdash、刺身が美味しい酒場です、久しぶりです~、

エエ感じの外観、

015_2

引き戸を引いて入ります、

ここも混んでいますが目の前のカウンターが空いていました、ラッキー、即座に着席、

12~3人ほど座れる「への字」カウンターに3組、二つのテーブル席も埋まっています、

カウンターの中には粋な女将さんと寡黙な大将、相変わらずでお元気そうです、なによりです、

お酒下さい、熱燗で、

017_3

お、いきなり大きな銚子です、はい、ぐびっと飲みますよ~、

ここへ来たら刺身の盛り合わせです、

女将さんに盛り合わせを所望、好きなネタを3種類選んで、とのことです、メニューをみながら「戻り鰹」と「ヒラメ」、「あじ」にします、

カウンターの上には大皿料理が並びます、

茄子、なんきん、ピリ辛こんにゃく、煮物、竹輪、きんぴら、蓮根などなど、お通しはこの大皿料理の盛り合わせになります、

018_3

うわ!こちらもボリューム満点です、こりゃ刺身まで行けるかな、、、

「刺身盛り合わせ」、

019_4

はい、新鮮で旨い刺身です、

で、こちらもボリューム満点coldsweats01、はは、これはお腹一杯になりますぞ、熱燗でちびちびと行きます、

お隣が焼酎の烏龍割りをオーダー、

焼酎は銚子で出てきました、珍しいですねflair

銚子には緑の輪ゴムが巻いてあります、なにかの目印なんでしょう、烏龍茶は大きなペットボトルで出てきました、後は自分で割って飲む、これはこれで親切です、自分の好み、自分のペースで飲めますgood

「熱帯魚」というオーダーもありました、

なんだろう?前にも聞いたような気がしますが忘れました、「金魚」の熱いので「熱帯魚」!みたいなことだったかな?

見てると、これも銚子で出てきて、ロンググラスになにやら葉っぱを浮かべて飲んだはります、

うむ、焼酎のお湯割り?紫蘇の葉かな?ちょっと不明、、、

「ネギトロ」も美味しそうですが、でも今日は無理、食べられないわ、、、

と、周りの注文をチェックしながら「刺身盛り合わせ」を完食、残すのは失礼なので「お通し」も平らげてお勘定です、2100円也、

ふ~、ごちそうさん!お腹一杯になりましたhappy02

ここはやはり二人で来てワイワイ飲むくらいの方がいいかな、

でも、刺身は絶品です、やはりまた一人で来そうだな、五反田の「蔵や」、美味しかったです、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

二日連続で偶然の入店です、この店構えを見ては入らない訳には行きません、北加賀屋「おく」。

【2014年11月9日(日)】

大阪 北加賀屋 大衆酒場「おく」

今日は北加賀屋の「名村造船所跡地」で開催中の『大人の遊園地』を覗きました、

Nさんが『バーニングマン・フェスティバル』のPRブースを出されています、

この頃はNHKでもドキュメンタリー番組も放送されたので一部では盛り上がっているかもwink、、、

Photo

なかなか面白いイベントです、8月から9月頃の開催、定年した再来年くらいに行けたらエエなheart02

日曜日なので今日はこのまま帰ろうと思っていたのですが、ちょっとだけ、「北加賀屋」駅の周りだけでも探訪してみましょうか、

と、道を渡った途端、いきなり見つけました!

「大衆酒場 おく」、

019_3

わお!エエ感じですやん、

「北加賀屋」駅周辺は2年ほど前に探訪したのですが、その時は交差点から別の方角へ歩きだしたのでここは見逃していました、

日曜日の夕刻、ま、いいか、ちょっとだけ飲んで行きまひょwink

店内も予想通り、年季の入った酒場です、

20人くらい座れそうな大きめの逆L字カウンター、奥の方には小さなテーブルスペースもあるのかな?

大通りから入ったところの逆L字底辺に着きます、

カウンターの中には大将と若者、お母さんもいらしたかな?

とりあえず「芋水」をお願いします、

手元メニューがありません、

カウンターの中の壁に黒板がなんと7枚、白板が1枚、ぎっしりとメニューが書き込まれています、

028

席が逆L字の底辺なので正面向いている黒板メニューが見にくいです、なんとか見える範囲で「ひらめ造り」300円也にします、

「芋水」の焼酎はオリジナルのようで、

024

かつ、瓶に入った前割だそうです、はい、それで結構ですよ、

“前割”、水割りをその場で作るのではなく、前の日から焼酎と水を混ぜ合わせて寝かせてから飲む飲み方、これが旨い!とハマっている友達もいます、

飲んでみて、、、よく分かりませんが、なんかマイルドな飲み口のような気もしますshine

「ひらめのお造り」300円也、

022_2

縁側付き、イケます、

魚は一定のレベル以上ですね、リーズナブルです、大将が捌く担当、職人魂グッと入ってそうでした、

もう一品、「げそ塩」250円也、

026_2

これは普通でしたhappy01

大将はゴルフ好きなのか、

TVで女子ツアー最終日の模様をやっていますが、手が空くとTVの下まで行って観戦、

「芋水前割」をお代わり、

席を立って大量のメニューを正面から眺めます、だいたい300円くらいで何でもありますね、安い、高いメニューでは「土瓶蒸し」700円也、「てっさ」、「馬刺し」600円也くらい、

「ハムエッグ」とか「ベーコンエッグ」とかも食べたいな

、もちろん天ぷらに揚げ物もある、悩んだ末に「茄子の天ぷら」250円也にします(なんでや!?って、食べたかってん)、

030

予想に反して輪切りにした茄子の天ぷら、なんか写真では「芋の天ぷら」みたいです、

ふと思い出しましたflair

子供の頃はおかずに「さつまいもの天ぷら」がよく出たな~、

ソースかけて食べるのが美味いんです、天ぷらでも「さつまいも」だけはソースで食べてました、

さてこれでお勘定です、1500円か1600円くらいだったかな、

焼酎前割は案外高いのかも、でも、全体としては料理が美味しくて安い良き店、と云うことでOKかと思います、

地下鉄四つ橋線「北加賀屋」駅、地上に上がってすぐの大衆酒場「おく」、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

ふと見かけた店構えが気になったので入りました、京都伏見桃山大手筋の「富士」、やはりイイ店でした^^)

【2014年11月8日(土)】

京都 伏見桃山大手筋 「冨士」

とりあえず、、、メリークリスマスhappy02

この日は思いもよらぬところで良い店に出会いました、

今日は京都伏見桃山の納屋町商店街にある「レ ミューズ カフェ」にライブ出演ですnote

17時頃にお店には行ってライブリハーサル、

音出しOKだけ確認して一旦外へ出ます、すぐ近くの大手筋商店街に出て(納屋町商店街は大手筋商店街と交わっている商店街)、「餃子の王将」へでも行こうか、

という状況だったのですが、

この店を発見flair

008

伏見桃山大手筋商店街の「冨士」、お食事処、であり“ぎょうざの店”でもあるようです、

外観はなにやらええ感じですheart02

他の4人は「餃子の王将」へ向かいますが、ワタシだけは偵察することにしますdash、これは見逃すわけには行きませんhappy01

店に入るといきなり突き当たり、

左奥にスペースが拡がり、席があります、テーブル4つほどの狭い店内、、、でも、気に入りました!

014kai

ここは何か注文してみましょう、

奥から大将が出て来られました、

では少しだけ飲んで食べますね、とりあえず「餃子1人前」と「芋水」をお願いします、

「ちょっと手洗い借りますね」

「はい、そちらの奥です」

手洗いもえらい奥まってますわhappy01

テーブルに戻ると大将が「携帯鳴ってましたよ」とのこと、スマホを取り上げて見る間もなく他のメンバーが「冨士」入ってきます、あら?どうしたの?

「王将、満員やったsweat02happy02

ということで、5人であらためてここで飲むことになりました、

大将、すいません、とりあえず餃子6人前に増やして、それと皆はビールですか?

ということで、偵察のつもりがいきなり本格的な飲みになってしまいましたhappy01

どうやら中華料理が生業のようですが、酒の肴やうどん・丼モノに定食もあります、

適当に肴を注文します、

写真があるのは「鰯煮付け」、

015

これは「スジ焼き」やったかな?不明、

016

「ベーコンと青菜玉子」?品名忘れましたsweat01

017_2



ビールは500円也、焼酎が350円也、まずまずの値付け、皆がドンドン注文、大将、急に大忙しです、

この頃、お母さんが用事から帰って来られたので、大将もなんとか一段落、

壁に俳優の水谷豊さんの色紙が張ってあります、

聞くと店に来られたわけではなく知り合いが水谷さんと親戚らしい、へ~、水谷さんって京都出身なの?

「とても律儀で良い人です」とお母さん、大絶賛でしたheart02

そうそう、「餃子」、一度に3人前しか来なかったので(というか一度に3人前しか焼けない?な感じ??等身大でエエですね~)、これは残りの3人前、

018_2



他にも「若鶏唐揚げ」、おいちい~、

019_2



「酢豚」、

020

ボリュームあり、美味しかったけど、、、

ワタシが知ってる「酢豚」の味と微妙に違います、なんだろう?ワイワイ飲んでいるので不明、よく分からないまま、、、

時間がないのでこれくらいでお勘定、5人で3杯づつくらい飲んで1万円でした、@2000円也、安!

店構えだけで飛び込みましたがエエ感じの店でしたgood

「酢豚」の味をもう一度確かめたい、京都伏見桃山大手筋商店街の「冨士」、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

“蒲鉾”!?やっと訪問です、天満の「八尾蒲鉾店」、熱々ホワホワの天ぷらです^^)

【2014年11月7日(金)】

大阪 天満 「八尾蒲鉾店」~「稲田酒店」

そういうとずいぶん前からここの情報をもらっていましたが未訪問、天満の「八尾蒲鉾店」、

Kちゃんがスポーツ紙の月一連載で取り上げていたので、この際行くことにしましたhappy01

JR環状線「天満」駅を降りて立ち飲みストリートを北上、

ちょっとクランクすると立ち食い焼き肉の「電撃ホルモン ツギエ」がありますが、その斜め向かい辺りが「八尾蒲鉾店」です、

023

文字通り“蒲鉾”の店、のようですhappy02

その場でオーダーの蒲鉾をあげていただくシステムなのかな、ではでは入店です、

入り口近くに5~6人ほど座れるテーブル、

その奥にやはり8~9人ほどのカウンターがあります、カウンター中程が空いてました、

とりあえずのビールを回避して「芋水」にします、「伊佐大泉」400円也、

そして、蒲鉾は、、、メニューとにらめっこ、

018

初見と見られたか?(はい、初見なんですがcoldsweats01)、

お母さんが「蒲鉾、分かります?」と訊いてくれました、でもまあ、メニューの通りだと思うので大丈夫でしょう、「はい、分かります」、、、

まずはなにも入っていない基本形「平天」230円也、そしてなんか惹かれた「ほたて」260円也を注文、

蒲鉾はちょっと時間かかるので他にすぐ出せるものはどうですか?と勧められ、思わず「もっちり豆富」360円也も注文してしまいます、

017

たしかに“もっちり”で美味しいです、「胡麻豆腐」とは違うのかな?

蒲鉾は注文を聞いた大将が練り生地を掬い、それにネタを仕込んで一個一個目の前で揚げておられます、手際の良さに見とれていると、、、

「平天」と「ほたて」が来ました、思ったより早いやん!happy02

「平天」という名前ですが、よくおでんのネタに入っている薄くて丸い形ではなく俵型です、いかにも練り生地のふんわりとした感じが伝わってきます、

019

まずはなにも入っていない、練り生地だけを揚げた「平天」をパクリ、

うむ、たしかに美味しいですねheart02、揚げたて、生地もよし、まずい訳がありませんgood

醤油とかつけずにそのままパクパクいけます、

酒の肴のようにちびちびと行こうと思ったのですが、パクパク行ってしまいます、「平天」、あっというまに完食、

「ほたて」は細かいほたての切り身が入っています、これも美味しいけど「平天」のほうがいいな、

「芋水」をお代わりして、もう一つ蒲鉾行きましょか、

いろいろあるのですが、ここはメニューの押しに従って名物の「・・・・」名前がややこしく発音に自信なくcoldsweats02

お母さんに「この名物ください」と逃げ腰の注文、はい「ウッフ・・・・」ですね、「はい、それを」sweat01、、、

これがその名物の「ウッフ・ド・ロワイヤル」です、

022

まず蒲鉾の中身は半熟玉子の黄身です、出てきたらすぐに割って黄身が固まる前に食べて下さい、と「注意」が入ります、

はい、とか言いながら写真を撮っていると、「再度早く割って下さい」、と今度は「指導」がsweat01

「一本!」を取られる前に急いで割りますhappy02、はい、黄身がとろりと流れ出ます、

蒲鉾の周りに敷き詰められているのはニラと玉子の白身、

そしてポテトスティック(市販の細いタイプじゃないかな)、この具材に塩胡椒で味付けがされており、崩した黄身と揚げた生地を混ぜながら食べるのが流儀のようです、

うん、これはこれで美味しいですが、、、「平天」が一番だったな~

同じく押しのメニュー「スップリコンビ」というのも気になりますが注文せず、隣のお客さんの注文見てたら意外なモノでした、次回は頼むかな、、、

はい、これでお勘定です、1800円也ほど、

蒲鉾と云っても普段食べている板蒲鉾とは別物、美味しい生地の揚げたてのホクホクをいただくという店ですね、

2人か3人でいろんな蒲鉾を頼むのが楽しいかもしれません、天満の「八尾蒲鉾店」、ごちそうさん!美味しかったです、また来ますねheart04

この後は毎度の「稲田酒店」で酒の仕入れです、

とはいえ、まずは立ち飲みで一杯、、、まずは前回好感の「奥羽自慢」、記憶よりも辛かったですが、旨味もありイケます、

肴は「いか大根」、

025

もう一杯、こちらは好きな銘柄の一つ「超長久」、

026

うん、コクがあって旨いです、やはりこういうタイプが好みですね、

これでお勘定、鉄板の立ち飲み「稲田酒店」、いつもお世話になってます、また来ますねheart04

で、酒販コーナーへ回って一升瓶を物色します、前回は「米鶴」、その前が「超長久」だったかな?

お!「竹泉」がありますがちょっとグレード高いです、5000円台、これはちょっと無理かな、

029

悩んだ末に今日は「奥羽自慢」にしました、辛いですが美味しいし、いろんな肴に合うと思います、

039

はい、ではこれで、一升瓶下げて梅田まで歩いて帰りましょう、15分くらい、お疲れさまでした~、 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

大阪「弁天町」駅から九条方面へ、町工場の中に角打ちがポツリ、「川西酒店」から「白雪温酒場」へ。

【2014年11月5日(水)】

大阪 弁天町境川「川西酒店」~九条「白雪温酒場」

JR環状線「弁天町」駅東側(内側)を探訪中です、

1件目の「わかまつ」、なかなか渋い感じでヨカッタですhappy01

引き続き「弁天町」駅東側駅前をうろうろと探訪、

立ち飲みもあり、何軒か気になる店もありますが入店はなし、次に入るならやはり駅前の「中元商店」が良さそうですね、

少し駅から離れた住宅街をさまよいます、

ここはなんか気になりました、

044

「伊予」、魚が旨そうな予感がします、チェックsign01

そして、しばらく行くと角打ちがありました!

011

「吉田酒店」、

中を覗いてみると、しっかりとカウンターのある角打ちですね、でもなにやら満員です、ちょっと一人で入れる雰囲気でもないので今日はスルーいたします、

ここは再訪しなきゃいけませんねgood

さらに東へ移動、地名でいうと境川と云うことになります、

まっすぐな広い道が南北に何本か走っており、道沿いには町工場が建ち並ぶ軽工業地帯です、

この辺りにはさすがに飲み屋の匂いがしませんわheart03

と、九条方面へ抜けようとしたら、少し先になにやら看板が見えます、うん?酒屋かな?とりあえず、吸い込まれるように方向転換、

酒屋でした、それも角打ちやってます、「川西酒店」、

045

建物は「酒屋」然としているわけではなく、どちらかというと回りの町工場と同じような高い天井の建物です、

053

元は町工場の建物で角打ちを開店したのか?と思わせる感じ、

回りに馴染みきっていますので、看板がなければ絶対に角打ちとは分からないと思います、

いや~、エラい店を見つけてしまいました、これは入らないといけないでしょうdash

アルミサッシの引き戸を引いて入店です、

金属性のL字カウンター、

中には大将、雑然系の店内、天井が高かったような気がします、やはり元は町工場なんだろうか?

先客は3人、みなさん、作業衣か制服らしきジャンパー姿、仕事の後の一杯と云うところです、

スーツ姿のワタシは違和感バリバリsweat01

日本酒にしたかな?

047

そして肴は、、、なにがあるんだろう?奥に小さな冷蔵ショーケースがありそこにいくらか小皿が並んでいるようです、

大将に訊くと筍に漬け物、チーズとか、、、あ、ではチーズ下さい、

こうしてみると写真はええ感じですね~、

常連さんは景気の話し、

聞いているとやはり工場の経営は上向かないようで、消費税増税後はとくに厳しいとのこと、それでも社員の給与は少しでもあげてやらなきゃいけないから会社は余計に苦しいわsweat02、、、なかなか気概のある社長さんですgood

「どう、エリートさんは」

あちゃsweat01、ワタシのことです、そりゃスーツ姿でここにいたらそういうことになりますわな、

でも全然嫌みではありませんhappy01

「これでまた消費税が上がったら、もうやっていけへんな」

「ですよね~」

これが庶民の声です、

たしかに8%は予想より影響大きいですね、

ちょっと値の張る買い物、1万円単位の買い物(たとえばスーツなど)の時は税込価格が予想より大きいのでちょっとビビったりします、これで10%になったら、ほんと景気が総崩れするかもしれませんね、

常連さんが「すじ」を注文sign02

え!?そんなんあったんですか?

050

と、大将、ワタシの目の前の鍋のふたを取って「すじ」を2本サーブします、どうやら「おでん」の鍋のようです、見逃してました、

そんなんあるなら言ってくれないとcoldsweats02、、、

ワタシも追随発注、「僕もすじください」、

鍋をかき回す大将、あまり具が残っていません、ありゃ、、、

「ごめん、すじ、売り切れ」heart03

ということで、残っていた「厚揚げ」を掬っていただきました、

049

これでお勘定です、480円也だったかな?

トイレはありますか?と訊くと、大将も常連さんも「う~ん」な感じ、あるにはあるけど、、、ということでしょうか?

常連さんが「表の植裁にしとき」、了解です、我慢しますhappy02

「弁天町」駅から徒歩10分くらいかな?

町工場が建ち並ぶ比較的広い通りにある、奇跡の立ち飲み「川西酒店」、ご近所の町工場の経営者の憩いの場、というところでした、ごちそうさん!また来ますねheart04

この夜は月がとっても青くて明るいスーパームーンでした、

052kai

「川西酒店」を出て空を見上げると、本当に明るかったです、、

この後は九条方面へ、数分で「きらら九条商店街」の北端に出ます、

ということはそこにあるのは「白雪温酒場」、せっかくですからちょっと寄って行きましょか、

007

先客二人と空いています、逆L字カウンターの底辺について熱燗です、

054

肴は「鯛の刺身」、

旨い!定番酒ですがここの熱燗は本当に美味いのですshine、燗酒はつけ方ひとつですね、

「なまこ」あります?

「なまこ」はまだ早いやろ~、とのこと、

そうですか、残念heart03

後から入店のお客さんも「なまこ」ある?、「なまこはまだ早いやろ~」、はは、みんななまこが恋しい季節です、

でも「茶碗蒸し」はありました、この季節の「白雪温酒場」では外せない一品です、

058

うまい!旨い!美味い!heart02

これも絶品です、熱燗お代わりではふはふいただきます、

出汁の効いた玉子と海老、椎茸、蒲鉾、百合根、鱧、かしわ、白身魚と具もたっぷり、大満足の一品です、

ではこれでお勘定、1400円也、ごちそうさん!九条の「白雪温酒場」、これからの熱燗シーズン、温酒場の本領発揮ですね、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

酒場探訪未踏の地、「弁天町」駅で飲みます^^)まずはホルモン串の「わかまつ」が気になりました。

【2014円11月5日(水)】

大阪 弁天町 「若松」

大阪環状線、、、

全19駅、路線距離21.7km、東京の山手線が路線距離34.5Kmですからだいたい周回距離で60%、環状内に含む面積では45%くらいになるのかな?(ざっとした計算です)、、、

やはり東京に比べると大阪の街は小さいのですが、

酒場探訪で云うと「天満」「福島」「西九条」などええ感じの駅が多いのです、

が、まだワタシが探訪していない大阪環状線の駅が3駅ほどあります、「弁天町」「芦原橋」「今宮」の3駅が未開拓ですね、

そのうちに全駅制覇を目指して回ろうと思いつつ(好きやな、こんなんhappy02)今日まで先送り、

ということなので、億劫がらずに今日はそのうちの「弁天町」を探訪してみましょう、

「弁天町」駅は、大阪環状線の最西端(港側)、地下鉄「中央線」との乗換駅です、周辺は住宅、軽工業地帯ですから飲み屋もされなりにあるでしょう、

駅の東西とも飲み屋街がありそうですが、今日は東側(環状の内側)を歩きます、

と、駅前にいきなりええ感じの居酒屋があります、

031

「中元商店」、ほうshine

名前からすると角打ち出身でしょうか?

でも、いまはちゃんとした居酒屋です、格子戸越しに中が見えますが、適度に末枯れていてエエ感じも店内です、

いきなりここに入るのも良いですが、、、もうちょっと歩いてみましょう、

少し北へ歩くとこんな看板がありました、

032

うむ、これはなんかそそられますね、「わかまつ」、

大阪では珍しいホルモンの串と天ぷら(これも串かな?)ですって、

ここはちょっと入ってみましょうwink

一番客です、タイル張りの床、テーブル席が5つほど、

034

突き当たりに2席だけのカウンターがありますが、今は荷物置き場になっているようです、プラモの戦艦なんかも飾ってありますhappy01

奥のTVを女の子がテーブルに座ってみています、

お孫さんかな?奥には大将とお母さん、お母さんが出てこられて注文を訊いてもらいます、

瓶ビールは大瓶だけと云うことですので「芋水」にします、

そして、メニュー、

035

串は3本300円也と云うのが標準値のようです、他の一品モノも300円也がウリみたいですね、

では、「タン」塩、それと「ハラミ」はタレでお願いします、あ、それと「ポテサラ」も下さい、これも300円也、

しばし、TVを観て和みます、奥では大将が串を焼いておられる気配です、

まずは「ポテサラ」が来ました、

037

flair、胡椒が効いていて美味しいですgood

続いて、串が来ました、

038

「塩タン」と「ハラミ」、こういう感じの串ホルモンは大阪南部を中心に多くあったと思いますが「焼肉」スタイルに押されて減って来ましたね、

では「塩タン」からいただきましょう、

うん、旨いです、牛ですね、塩加減が上手ですhappy01

「ハラミ」のタレは甘辛で思ったより濃厚です、

これで3本300円なら納得ですね、東京のやきトンに比べるとボリュームがないのがやや残念ですが、串モノに関しては関西のほうが全体に小降りというか上品なので仕方ないです、

4人組のサラリーマンが入店、日本酒はやめとこな、とか言いながら乾杯のビールなとは即熱燗、サラリーマンのあるべき飲み会ですhappy02

ワタシは「芋水」をお代わり、ゆっくりと食してお勘定です、

「げそ天」とかも頼んでみたいけど、今日は何軒か回る予定、まずはこれくらいにしておきましょう、

大阪環状線「弁天町」駅から徒歩数分、

大阪では珍しいホルモン串がある「わかまつ」、ええ感じでした、次は「げそ天」とか「天ぷら」なんかも食したいです、また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

京都での日曜日ランチは、やはりここへ足が向きました、東九条のお好み焼き「本多」、旨い!!

【2014年11月2日(日)】

京都 東九条 「本多」

実家に泊まった日曜日のランチです、

東九条のお好み焼き「本多」へ行くことにします、

先週、御影の「銀狐」で飲んでるときに「本多」の話が出ました、う~ん、思い出すとまた行きたくなった!

ちょうど京都の実家に泊まる予定があったので、ランチは「本多」と決めていましたhappy01

実家から歩いていきます、

伏見稲荷はこの日もエラい人ですsweat01

なんでも“外国人が選ぶ人気観光スポット”でここ伏見稲荷が第1位になったとかいう幟が立っています、へ~、すごい、

山椒を買いたかったけど、目当ての店はやはり日曜日は休んでいます、

祇園の有名店よりこっちの方が好みなんだけど日曜日休みなのでなかなか補充できません、

稲荷、鳥羽街道から東福寺まで本町通りを歩きます、で「東福寺」駅の手前で高架下の道に入ります、

ここにトンカツの「ふじと」があります、

062

まだ、入ったことないです、

「東福寺」は高校へ3年間通った駅ですが、こんな所にこんな店があるとは知りませんでした、今日はまだ開店前、また今度来ますね、

映画「パッチギ!」1作目のロケ地にもなった「ひがしやまはし」で鴨川を渡ると東九条です、

063



数分で「本多」到着、

075

時間は11時30分頃、はい、もう営業していますね、で入りましょう、

先客は家族連れ4人、親子でお好み焼き食べたはります、

6つか7つくらいの男の子、

「ここのお好み焼き、ホンマ美味しいな~」(ぷ!思わず笑ってしまいましたhappy02)、

「お好み焼きのプロやな~」(そらそうやhappy01)

エエ感じの休日です、

ワタシは奥のテーブル席へ、「スジ入りお好み焼き」をお願いします、

そしてもちろんビール!・・・

と言いたいところですが、昨日まで飲み会などが続き、またもや5日連続で飲んでいます、
ここは自重します、水で行きましょ!!と思っていたのですがメニューの短冊にあったので、思わずノンアルコールドリンク300円也を注文、

069

う~ん、水で良かったかも、

前にも書いておりますが、ここのお好み焼きは大阪風ではなく、生地を薄く敷くだけのどちらかというと“広島風”に近いです、

近所の他の店でもやはりこのスタイルでした、東九条はこのスタイルなのか?もう一軒くらい確かめないといけませんな、

今日は作り方をお見せしますflair

まず、薄く敷いた生地にキャベツ、中華そば、ちくわ、イカが乗りました、

064

そば・うどんはオプションです前回は「そば1玉」を頼んだのですが、ちょっと量が多すぎましたsweat02、今日は「半玉」にします、

さらに“スジ”がどばっと投入されます、この“スジ”が旨い!大振りで主張が強いですlovely

066

さらに天かすと、この段階で紅生姜も掛かります、

このまましばし放置、ほんとに放置、

ひっくり返したり押したりしません、ひたすら放置、

固唾をのみながら、ノンアルドリンクを飲みながら待ちます、ノンアルドリンクはほとんどこの段階でなくなります、

“玉子”もオプションです、

写真にはないですが、鉄板に玉子を落として、少しかき混ぜて、その上にお好み焼きをひっくり返して乗せます、

こんな感じ、

071

これでまたしばし待機、でも、そんなに長い時間ではありません、

072

元に戻して完成です、分かりにくいですが玉子も一体化しています、

ソースはセルフです、納得できるまで塗れるこの方が嬉しい、

073

手元に箸はありません、“こて”(てこ?)で食べるのが本道、

でも云えば箸も出してもらえます、

074

う~ん、やはり旨いheart02、ソースが旨い!“スジ”が旨い!やはり癖になる味です、

続々、ランチ使いの常連さん入店、“焼きそば2玉”なんていう豪傑もおられます、

今日も大満足、京都東九条の「本多」、美味しゅうございました、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

きょうもまた四条大宮、でやはり「庶民」からスタート、2軒目は大宮の先輩格立ち飲み「てら」へ。

【2014年11月1日(土)】

京都 四条大宮 「庶民」~「てら」

今日は、またもや京都四条大宮に出没していますhappy01

阪急電車「河原町」駅延伸までは阪急京都線のターミナルだった四条大宮、

なかなかええ雰囲気の一角があります、まだまだいってない店もあります、今日は何軒か回ってみましょう、

交差点付近には「餃子の王将」1号店(ここから始まりましたsign01)があります、

016

ここも古い店のようです、

029



と云いつつ、やはりまずは毎度のここに足が向きますshine

1年ほど前に開店した立ち飲み「庶民」、

013_2

もう爆発的人気で常時満員の状態です、

今日も土曜日の16時頃、どうかな?と入り口から半身を入れて覗きます、とりあえず入り口付近は一杯sweat01

大将と目があったので、いつもの手振りで一人客であることを告げると、どうぞ~、との仕草(ワイワイと盛り上がっているので声はあまり通りません)、

お、入れるようですね、ではではgood

カウンター中程に一人分のスペース、ちょっと詰め合わせていただいて無事入店です、

さて、今日の一杯目ですが、、、

昨日まで飲み会3連荘coldsweats01

その前の火曜日も一人飲んでいますので、今日で5日連続の飲みとなります、量は押さえ気味とはいえこれはちょっとまずいです、週に2日か3日はノンアルデーが必要な状況です、じゃあ今日は飲まなきゃいいじゃん!と云うことなんですが、、、

気持ちだけでもと、ビールを回避、焼酎から始めます(気持ちね、気持ちhappy02)、

「かのか」芋の水割り、200円也、安!

008

そして、肴は「本まぐろ」造り400円也、

これが美味しいんですheart02

大振りの「本まぐろ」5切れ、旨い!厚切り、色も身の締り具合も上等です、

これで400円也はリーズナブルでしょう、新梅田食道街の「奴」に匹敵する価格とクオリティですshine

とにかく、このリーズナブルな価格が「庶民」の人気の源泉です、

出入りはありますが常に満員、いやさっきより人口密度は上がっています、

「かのか」をお代わりしてもう一品、「肉豆腐」300円也、

012

ボリューミー、すき焼きの味です、

さらに店内人口密度が上がりそうなので早々にお勘定宣言しましょう、1100円也、

もうなにも言うことはありません、四条大宮の「庶民」、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、次は四条大宮の立ち飲みの先輩格「てら」へ行きましょう、

整然とした碁盤の目の京都にしては珍しく、大宮通りは四条より上(かみ・御所の方向・この辺りでは北の方向)は細い一方通行の道になっており、車は千本通りへ斜めに走ることになります、

この細い大宮通りを少し上がると右側に渋い飲み屋街の路地が残っています、なにか名前が付いていると思うのですが不明、路地が何本か交錯してます、

角のこのおでん屋とか、

025

この店とかが気になります、

027

この路地街を抜けて少し東に入ったところにまた路地というかビルの通路というか、とにかく細い通路があります、

029_2



ここを入って行って、、、


0291

折れ曲がった通路の奥に「てら」があります、

0292

032

17時からのオープンです、まだあと5分ほどあります、クランクな通路に入り込み奥を覗きますが暖簾はまだ出ていません、

表で少し時間をつぶします、女性が一人通路に入って行かれました、

もういいかな?とまた通路から覗くとまだ暖簾は出ていません、17時少し過ぎ、でも店内からは声が聞こえます、

ま、いいか、入りましょうhappy01

と、先ほど通路を入って行かれた女性はもう飲んだはりますhappy02、常連さんのようです、

8~9人ほどで満員のL字カウンター、大将は開店準備が忙しそうです、

どうも、一人です、

どうぞ、すいません、ちょっとまだ準備中で、

はい、待ってます、

飲み物だけ先出します、

では芋水で、

このあと常連さんであっと言う間に一杯になったのですが、大将と常連さんのやりとりから事情が判明、どうやらこの日は特別に仕込みが遅れたようです、

なんでも大将は病院へ行ってたとのこと、十分余裕を持って行ったそうですがめちゃめちゃ待たされたみたいです、なんとなく想像できますよねwink

それで今日は開店早々満員と云うこともあり、大将、大忙しですhappy01

ちょっと落ち着いたところで料理も注文、

ではとりあえず手間が簡単そうな「奴」、あれ?さっきも「肉豆腐」食べましたやん!sweat01、ま、いっか、

料理は焼き鳥、揚げ物、一品とけっこうなバリエーションがあります、

とりあえず「奴」120円也にします、安!

033

そして、ボリューミーです、う、なんかお腹一杯になりそう、

ほとんどが常連さんのようで大将と近況交換、欠席の常連さんの健康情報もしっかり伝わりますhappy02

お店は順調に回り始め、一通り料理も出そろいました、ではワタシももう一品、揚げ物が欲しくなりました、「鶏天おろしポン酢」250円也、

034

鶏の天ぷら3ピース、これもボリューミーです、ほんとにお腹一杯になってきました、

さらに常連さんが来店されたのを期にお勘定、720円也、

ここも「庶民」に負けず劣らずリーズナブルですね、常連さんもしっかり付いています、良いお店です、大将も気取りがなく優しい感じ、京都四条大宮の立ち飲み「てら」、ごちそうさん!また来ますねheart04

これで3杯飲みました、お腹もいっぱい、

ですが、もう一軒と、3軒目の「酒の天神」へ行きましたが、、、あら、臨時休業です、これはもう飲むな、ということかな、

046

残念heart03

とりあえず腹ごなしに三条通りを東へ、河原町まで歩きます、

三条新町~室町辺りはええ感じの店がありました、今度はこの辺りを探訪してみましょう、

もう一杯、日本酒を飲みたかったのですが、どうもイメージにぴったりの店がみつからず、飲み過ぎてはいけないという心理的抑制もあったのか、この日は結局これで打ち止め、

最終的には京都駅までぷらぷらと歩きましたsign03

京都駅前の「へんこつ」にも惹かれましたが何とかスルー、

では、この辺で今日はおしまいにしましょう、しかし、良く歩いたなhappy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

大阪野田探訪、次は「日本盛」へ、大通り側の外観からてっきり立ち飲みかと思っていたのですが、、、

【2014年10月28日(火)】

大阪 野田 「日本盛」

まるで映画のセット、でも怖くなかった、アットホームな酒場、大阪野田の「中川酒造」の後ですhappy01

すぐ近くにある「日本盛」に入りましょう、

「中川酒造」から徒歩30秒くらい、あ、こちらにも入り口あるんや!

011

高速高架側の道からしか見たことなかった、

高架側の暖簾は“日本盛”の文字だけだったような気がしますが、こちら側(角の店なので路地側にも入り口あり)の暖簾にははっきりと『日本盛直売所』の文字が、そして看板には『居酒屋 日本盛』とも書かれています、

(上記は間違いで確認すると高速側の暖簾にもちゃんと『日本盛直売所』の文字が染め抜かれておりましたsweat01)

高架側から見たときは店名不明?『日本盛』は酒の銘柄?かな、という感じでしたが、これではっきりしました、店名も「日本盛」なんですね、

では、入りましょうdash

あ、高架側の入り口が小さかったこともあり、てっきり立ち飲みかと思いこんでいたのですが、、、L字カウンターの居酒屋風です、

あら~、思いこみとは恐ろしいものです、反省自戒sweat02

カウンターの中にはお姉さん、

カウンターのショーケースやその上には小皿料理がずらりと並んでいます、イメージと違がうわcoldsweats01

とりあえず目の前の空いていた席に着きます、日本シリーズの放送が始まっています、トラは、、、負けてますheart03、、、

せっかくですから「日本盛」を燗でいただきます、

012

うん、こういう店の燗酒は美味しいのです、

料理は、、、ちょっとサラダっぽいものが欲しいなあ、スパサラか、、、向こうの方にサラダみたいなんが見えますね、

お姉さんに訊きます、あのサラダみたいなのは?

あ、生ハムです、

あ、ではそれを、
 

燗酒に生ハム、、、ま、よろしい、

013

名前を付けると「生ハムのサラダ オリーブオイル掛け プチトマトも添えて」な感じ、ええ感じhappy02、燗酒にも合いますgood(ホンマかいな)、

もう一品、頼んどきます、刺身かな?、、、焼き魚か?、、、料理がいろいろ並んでいるので迷います、、、

結局、焼き鳥にすることに、

訊くと「ずり」「せせり」「はつ」なんかがあるそうです、では、「せせり」と「はつ」を塩でお願いします、

015

お、塩味がちょうど良く旨いですshine

トラ、2ー0とリードを許し中盤、

好投していたピッチャーを和田監督が交代、でその後ずるずると負けていきました、カウンターには10人ほどのお客さん、当然のごとく和田批判happy02、今の交代はないわな~、がんばって投げてるんやから、、、

カウンターの中のお姉さんも結構野球好きのようで、店全体でワイワイ、ワタシも一言、、、今のはアカンsign01happy02

さて、トラも敗戦濃厚なのでお勘定にしましょう、お酒は2杯で1350円也、

ずっと前から気になっていましたが、てっきり立ち飲みだと勘違いしてた大阪野田の「日本盛」、ええ感じでした、なんか一人でふらっと入るのが似合う酒場です、ごちそうさん!また来ますねheart04

(おまけ)

翌日からなんやかんやと3連荘dash 

水曜日、同期の送別会、東京虎ノ門「鳥与志」、

006_2

木曜日、阪神御影の立ち飲み「銀狐」であの人やこの人と立ち飲み宴会lovely

019

そして金曜日はイベントの打ち上げで焼き肉、

004_2

と飲み会が続きました、

前週に通風発作の前兆があっただけにちょっと心配sweat02、飲むペースを落として対応しています、が、、、

さて、来週は大丈夫か!?dashsweat01明日はどっちだ!happy01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

引き続き野田訪問、今日は「お多福」のお隣の「中川酒造」へ、めちゃ渋い外観はハードル高いですが、、、

【2014年10月28日(火)】

大阪 野田 「中川酒造」

先日に引き続き大阪野田を探訪です、

前回訪問の「お多福」、良い店でした、

まるで映画のセットのような外観、風格を感じます、

008



で、その「お多福」の並びにあるのが「中川酒造」、

003kai

こちらも「お多福」の負けず劣らずの外観flair

映画のセットと云われても納得であります、、、というか、どちらかというとこちらのほうが正直入店ハードル高いですsweat02、入りにくいsign01、結構ディープな酒場なんでしょうか?

ちょっとドキドキしながら引き戸を引きます、

結論から書きますと、、、

アットホームな良い店でしたhappy01

005

ちょうど良い大きさのコの字カウンター、

中にはお母さんが一人、先客が一人、雑然系の店内ですがお母さん、めちゃアットホームです、一見ですがニコニコと迎えていただきますheart02

とりあえずのビールは大瓶にしました、カウンターの上に並んでいる大皿から「カボチャ」を指名、

004

「カボチャの煮付け」かと思いきや違います、「カボチャのオリーブオイル焼き」だそうです、お母さん、洒落た料理作らはります、

今日も日本シリーズやってます、

お母さん曰く、今日は野球があるから空いてるのかも、みんな家で野球見てるんじゃない?とのこと、

ま、地元タイガースの久しぶりの日本シリーズですからね、ここ店内にはTVがなかったと思います、

産経新聞あげるわ、といきなり今日の夕刊をもらいましたhappy02

読売と2つ取ってるそうでもう読んだからよかったらもって帰って、とのこと、アメチャン感覚、めちゃフレンドリーです、

もう一人常連さんが入店、風呂上がりです、銭湯なのか自宅の風呂か?不明^^)

お母さんによると常連さんは将棋がお強いらしく、「将棋します?」とお母さん、棋盤を探しておられます、いえいえ、ワタシは指せませんのでご容赦を、めちゃ積極的に誘われますhappy02

燗酒にしましょう、

006

銘柄は「透泉」、たしか奈良の酒とおっしゃったかな、

普通酒ですが美味しいですshine、こういう店で飲むからか?酒がいいのか?とにかく期待以上の燗酒です、幸せ、

常連さんの噂話、あの人は今日は来ないかな~、と風呂上がりのお兄さん、

もう7時半やし、遅いしsign02今日は来ないよ、とお母さん、

時間軸が違いますhappy01

もう一品、「煮物」、

008_2

手羽元、玉子、大根、おでんよりも薄味の煮物です、ついでに燗酒もお代わり、美味しいので盃も進みます、

サービスで「丹波の黒枝豆」も出していただきました、

旬ですから美味しいです、聞くと塩で茹でるのですが砂糖も足すそうです、へ~知りませんでした、今度やってみますわ、

では、これでお勘定です、1590円也、

映画のセットのような外観、入るのにはちょっと勇気が要りますが、地元密着、アットホームな酒場でした、一人飲みには最適、大阪野田の「中川酒造」、ごちそうさん!また来ますねheart04

ではもう一軒行きましょかdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

なぜか未訪問だった大阪野田の「お多福」へ、さすが老舗、エエ感じの酒場でした。

【2014年10月25日(土)】

大阪 野田 「お多福」

ちょっと手足の先がピリピリしちゃったので、、、

3日間ほどほぼノンアルで過ごしましたheart03(虎ノ門「砂場」で燗酒一本いっちゃいましたがcoldsweats01)、

そろそろと再始動しても大丈夫でしょうか?sweat01

飲みたいけどどうしよう、、、な、あやふやな気持ちのまま出掛けますhappy01(酒飲み!)、

とりあえずは散歩です、

ちょうど神戸本山(岡本)のカフェ「cafe salon KOBE*HEART」でKさん主宰の写真展やってます、散歩にはちょうどいい距離です、歩きましょうgood

今まで歩いたことのない道を選んで歩きます、でも、あまり収穫なしheart03

「本山」駅近くのこの店、面白そうだったけど、

004

いまどき、この雰囲気でこの値付けは高くないですか?sweat02

45分ほどでJR「摂津本山」駅に到着、お目当ての「cafe salon KOBE*HEART」を探します、なんとなくこの辺だろうなあ、

と、ありましたflair

ふらっと入ると、、、

あら、写真展主宰のKさんがいらっしゃいました、どうも~、

ということで、写真展見て小一時間お茶飲み話、

貴重な情報を2つゲットgood、幸運でしたheart02、ではでは、またよろしくお願いいたします、

岡本から阪神「青木」駅まで歩きます、ここまでで6kmちょっとの散歩でした、

007



さて、ここからどうするか?が問題です、

このまま帰っておとなしくしているか?

御影か三宮へ出るか、それとも尼崎か大阪か?

で、思いついたのが、、、大阪の野田ですflair

先日野田へ行ったときに取りこぼしている店が何軒かあることを思い出しました、たしか土曜日は営業しています、

ということで、電車で野田を目指しますtrain

阪神「野田」駅で下車、

すぐ向かいに商店街がありますが、今日はその向こう側、交差点の向こう側の商店街を入ります、JR「野田」駅につながる元気な商店街です、入ってすぐに道幅が広がる角を右へ、

一瞬で昭和の街に迷い込みます、

すぐ左手にあるのが今日のお目当て、「お多福」です、

008

創業60年以上の老舗だそうです、

まるで映画のセットのような店構え、これは期待できます、不覚ながらこれまで未入店です、

隣にはこんな店が、

009kai

こちらの方がハードル高いですcoldsweats01

中川酒造はとりあえずスルーして、まず「お多福」入店です、

切れ目のあるコの字カウンター、

14~15人座れるちょうどいい広さ、中には大将一人、カウンターの上と冷蔵ジョーケースの中に皿に乗った料理、肴が並びます、

とりあえずビールを飲んでみよう、小瓶あります?あるsign01、では、それで、

それと、目の前にあった「竹輪胡瓜」にします、

011

ふ~、歩いたしビールが美味い、、、今日はイケるかなwink、、、

壁に掛かっている木札のメニュー、

まず「豆腐150円」、次が「小皿200円」「中皿300円」「豚足300円」と並んでいます、う~ん、いまひとつピンとこない、小皿、中皿ってなんだ?「豆腐」と「豚足」が名物なのか?

と、しばらく経って分かりましたflair

013

目の前の冷蔵ショーケースに並んでいる皿の値段なんですね、

回転寿司の要領で小皿が200円也、中皿が300円也ということのようです、実際には皿の大きさではなく皿の種類で値段が分かる仕組みのようです、

ちなみに酒の銚子の本数は“爪楊枝”カウンターでした、

大将は注文で出た皿の補充料理をどんどん生産中happy02

手が早いです、ワタシの前にもまた新しい「竹輪胡瓜」が来ました、

「ぬる燗」260円也にします、

肴は「ショーケースに入っていた「白和え」、

015

燗の付け方、上手ですねheart02

普通の定番酒ですが旨いです、燗はやはり付け方次第ですねshine

と、18時頃にいきなり大将が颯爽と現れた若大将と交代です、どうやら夜の部は若大将の担当のようです、

この頃には8分の入り、常連さんを中心に店が暖まって来ます、

「唐揚げ」とか「天ぷら」メニューもあり、若大将がどんどん揚げていきます、料理が充実していますね、「穴子を揚げて」なんていうオーダーもあり、若大将大忙しです、

そろそろと日本シリーズも始まりました、どうしようかと迷いましたがもう熱燗を一杯、

肴は「じゃこおろし」、

019

ぬる燗、旨いのでなんと3本目sweat01、調子良いです、

でも今日はこれくらいにしておきましょう、

ごちそうさん!エエ感じの酒場でした、料理メニューも豊富、燗酒も旨い、もっと早く入ればよかったですね、大阪野田の「お多福」、また来ますねheart04

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

久しぶりの東京、酒場探訪かと思いきや禁酒!蕎麦屋巡りと相成りました、神田「藪」「まつや」、虎の門「港屋」「砂場」。

【2014年10月22日(水)~23日(木)】 

東京 蕎麦 神田「藪」、「まつや」、虎ノ門「港蕎麦」、「砂場」、他

久しぶりの東京、2ヶ月以上ご無沙汰でした、逢いたかったよ~TOKYOhappy01

さあ、久しぶりに東京酒場を探訪か!?

と、思いきや、、、手足の指がなんかちょっと痛い!!、、、うむ~,これは発作の予兆です、あれです、痛い奴ですsweat01

思い返すと、、、

先週金曜日からライブ飲み、丹波篠山でBBQ飲み、家飲み、歓送迎会、日本酒の会と5連チャンで飲んでしまいましたsweat02

1年前に通風の初発作に見舞われheart03

以来、週に2日~3日はノンアルデー設定、薬の服用なしで対応してきたのですが、ちょうど1年振りにヤバい状況発生です、さすがにこの状態では飲酒自重も止むを得ません、

ということで、この東京での2日間、酒場には入りませんでした、

断腸の想いとはこのことですhappy02

とはいえ夕食は取らねばなりません、

立ち飲みでノンアルというわけにも行かず、で、蕎麦屋へ行くことにしました、さくっと蕎麦をたぐって寝ることにしましょう、

蕎麦もプリン体が案外多いとのことですが、ま、アルコール摂取に比べれば大したことないですしょう、

ちょうど、火事で焼けてしまった神田須田町の「藪蕎麦」が新装開店したとのニュースも流れていました、ここはままず「藪」へ行きましょう、

生憎の雨ですがJR「神田」から歩きましょう、

実は神田「藪」はあまり贔屓ではありません、

間違いなく蕎麦は美味いのですが、まあちょっとあって、どちらかというと「まつや」派です、池波正太郎さんの影響もあります、

でも、新装「藪」です、再開店出来てヨカッタですね、一度は行っておきましょう、

火事で相当の被害があったのでしょう、

お店はまったく新しい建物になっています(たぶん)、立派な生け垣と庭、エエ感じです、黒塗りのハイヤー横付けでお偉い方も蕎麦を目当てに来られます、な感じ、

19時頃ですが並んでいます、

蕎麦屋とはいえこの時間は飲み客も多いのでどうかなと思いましたが、一人なので5分ちょっとでカウンター席に案内していただきます、

注文は「もりそば」、670円也(税別)だったかな、

全部で何席くらいあるんでしょうか?

広い店内は大いに盛り上がっています、たいしたものです、フロアの担当が5人ほど、カウンターには帳場と女将さん厨房には7~8人くらいいらっしゃるんではないでしょうか?こんな蕎麦屋、他にありません、

両隣は一杯やっておられます、ゴクリ、粋です、よろしおすな~happy01

「もりそば」、

056

はい、繊細な味わいの蕎麦、つゆも文句ないと思います、美味しいです、 

 

お勘定は帳場で、

隣では女将さんが有名な名調子で注文を読み上げておられます、、、が、お勘定してもありがとうのお言葉はなし、注文が立て込んでますか、、、

文句なしで美味しい蕎麦なんですが、、、どうもねsweat02、、、

そのまま、すぐ近くの「まつや」へ向かいます、

060

引き戸を引くとこちらも満員、狭い店内、相席です、「もり」をお願いします、 

グループで一杯やっておられる方が多いですが、「藪」に比べると一人客も多いように見受けます、店の雰囲気もカジュアル、普通の蕎麦屋、という線を外さない、エエ店ですheart02

「もり」、

057

ここの「もり」には“わさび”が付いてないんですsign01(たしか、ざるには付いてます)、初めての時は面食らいましたwink

「藪」に比べるとごろっとした蕎麦、この日はやや固めに感じました、あくまで繊細な「藪」に対して、あくまで少し野暮ったい(違うか)「まつや」heart02

 一人二人で飲むならやはり「まつや」が贔屓なんですね~、ごちそうさんでしたheart04

翌日も夕方に業務終了、

まずは虎ノ門ヒルズの前にある話題の「そば処港屋」へ行きました、

昼は長蛇の列の人気店です、

夜の部開店と同時に入ります、なんかモダンな店内、打ちっ放しみたいなイメージ、でかい立ち食いテーブル、

たしか「肉蕎麦」、

063

ゴムのような蕎麦、辛いたれ、具沢山、生玉子、 

これはジャンルが違いましたsweat01、蕎麦違いでしたheart03、若者には受けるのかもしれませんがおっちゃんはNGですcoldsweats01

これでは帰れないので、口直しにすぐ近くの虎ノ門「砂場」へ、

067

「しらうお天せいろ」、1500円くらい、 

やはりこっちの方が美味しいですねlovely

我慢できずに「澤の井」のぬる燗を一本だけ、

066

この4軒の蕎麦の中ではここ「砂場」が一番好みかも、店の雰囲気もちょうどよろしいheart02 

酒場へは行けなかったけど、まあいいか東京の蕎麦は美味しいですね~、また来ますねheart04

この後の蕎麦探訪も一挙公開happy01

 

まずは虎の門の「さだはる」、立ち食い蕎麦ですがレベル高いので好きです、

 

005

同じく虎の門の「小諸そば」、普通の立ち食い蕎麦ですが、かき揚げ用のつゆが付いているのにびっくり、

 

027

浜松町の「更科布屋」の「かしわせいろ」、好みの蕎麦ですheart04

058

同じく浜松町の「やぶ徳」の「大もり」、下町な感じのエエ感じの店でした、

041

大阪も入れときます、老松通りの「和豊」の「鳥なんばん」、出汁がめちゃめちゃ美味しいです、

002

 

大阪駅前ビルの「ツルツル庵」の「きざみ蕎麦」330円也、ここも出汁が上等、

20140526

う~ん、蕎麦は美味いですね、まだまだ行きますよ~lovely

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

今日は日本酒会で木津市場敷地内の「だいどこ やまなか」へ、料理も日本酒もたっぷりいただきました。

【2014年10月21日(火)】

大阪 木津市場 「だいどこ やまなか」

本日は日本酒を楽しむ会でありますwink

会場は大阪今宮辺りの木津市場敷地内にある「だいどこ やまなか」、日本酒はホントよく揃っていますshine

参加者は6人、

お店は2人で切り盛りされていますので、6人でアラカルトはちとしんどい、

ということで5品ほどのコースになりました、このコースで3000円かもう少ししたかも、

定刻に着くともう4名先着、みなさん早いですhappy01、20席近くある大きめのコの字カウンター、

なんかいきなり親しい雰囲気が醸し出されています、

後で聞くと参加者のNさんとお店の人が知り合いだとか、偶然ですsign01、今日初めてこの店に来て分かったそうです、ま、Nさんは顔広いですからねhappy01

とりあえずのビールはこれ、

016

常陸野バイツエン、

「酒のやまなか」系の店はどこもこのビールリストみたいです、そういうと先日訪問した天満の「やまなか」もそうでしたね、

この後は日本酒をいっぱい飲みましたdash

6人でワイワイと宴会ですのでどうも細かいところは覚えておりませんcoldsweats01、写真を元に思い出すと、、、

まずは料理をまとめて、、、

一品目、「蛸とパプリカのマリネ」、だったかな?

018



二品目、「刺身」です、さんま、はまち、かつお、

024



三品目、煮物は「鯛の子」、関西では定番の煮物、好物です、

032



四品目、焼き物は「さんま」、

034



五品目、「酒の肴(アテ)盛り」、

038

「イチジクのチーズ和え」、「はまちのなめろう」、「白魚の沖漬け」、「秋刀魚の肝醤油漬け」、これだけでそうとう日本酒が進みましたgood

六品目、「わかさぎの天ぷら」、

042

最後はたしか「お茶漬け」、シラスのお茶漬け?忘れたsweat01

050

結構な量がありますがワイワイやっているので完食でした、

追加の料理も頼んだような、、、

そして、日本酒ですが、、、

私が飲んだのはまず「岩城壽」、

019

天王寺の「森田屋」でも飲みましたね、好きなタイプなのでまずはご指名lovely

『マッサン』の舞台でもある広島の「竹鶴」、純米にごり酒、燗で米の味わいをたっぷりいただきます、

031



「神亀」、山廃ひやおろし、辛口のイメージです、

039

でやはり辛いのですが、旨味もたっぷり、ええお酒です、

最後は「東鶴」中汲み、佐賀かな?すっきり華やかな飲み口です、

045

でも、なにやら当日のFBに一番気に入ったと書き込んでいるのは、Tさんの注文を一口ご相伴に授かったこれheart02

028

「竹泉醇辛」・・・、バランスよくインパクトも強い、とにかく美味しかった!、、、ようです、、、coldsweats01

その他にも各位が頼んだお酒がずらり、、、

 

いや~よく飲みました、

021

022

033

043

040

お勘定も結構行きましたねhappy02

大阪今宮辺り木津市場敷地内の「だいどこ やまなま」、楽しかったです、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

飲み会前のフライングで野田の「上田温酒場」へ、変わらぬ時間が流れていました。

【2014年10月20日(月)】

大阪 野田 「上田温酒場」

今日は大阪福島で歓送迎会、その前のまたまたフライングですhappy01

スタートが20時と遅い歓送迎会、

みんな忙しそうですが、ワタシは20時まで我慢できません、酒飲みはそれを我慢できないnote、のですhappy02、、、

で、先に会社を出て散髪(散髪かい!)、

まだ、時間あるのでどっかで軽く飲んでいきましょう、歓送迎会は20時からは福島、、、福島で飲みますか、

と、阪神電車に乗って思いつきました、そうだ、野田へ行こうflair

こういう時はなかなか行けない野田の「上田温酒場」へ行きましょうheart02

この「上田温酒場」、最近は20時頃に閉店してしまいます、ちょっと行こうかな、と思ってもだいたい時間切れ間近ということが多いのでもう1年ほど寄っていません、

この時間、一杯だけなら大丈夫でしょう、

阪神電車「野田」駅下車、商店街を歩いて7~8分というところでしょう、

あら、ぽつぽつと降ってきました、ここへ来るときは割と雨の日が多いような気がするな~、

いつも歩く大きな商店街で一本道なんですが、ひょいと一本手前の商店街を歩きます、

気になる店を2軒発見shine

まずは「大丸屋」、ほう、ここは入ったことないですね、名前がよろしい、期待できるかもしれません、今度来ましょうwink

もう少し行ったところには「坂口酒店」、角打ちですね、

ここも知りませんでした、気になるな~、今度来ますheart02

と、酒場を探しながら歩いていると、雨が強くなってきたので傘を差します、あと少し、黙々と歩きます、

はい、到着、傘と鞄を持っているのでカメラ操作が難しい、ちょっとぶれましたcoldsweats01、では入店です、

007_2

10人ちょっとの小さなコの字カウンター、縦棒上部に着きます、先客3組6人、カウンターの中にお母さん、

いつもの通りの酒場です、

ビール小瓶ください、それとおでんは「厚揚げ」と「こんにゃく」ください、

008_2

ぷは!旨い!

肴は「どて焼き」と「おでん」、その他にちょっとだけ、シンプルな温酒場(おんしゅじょう)はゆっくりと時間が流れます、

小瓶はすぐになくなって、「よかいちの水割り」をお願いします、

“前割”だそうです、はい、それでお願いします、250円也、

010

おでんは「大根」を追加、よく煮込まれてるのん、柔らかい、

このまま腰を落ち着けたい気分ですが、宴会があります、これでお勘定です、

久しぶりの「上田温酒場」、変わらずゆったりとした時間が流れていました、ごちそうさん!また来ますねheart04

この後は福島の中華料理「珉珉」で宴会、

011



帰りがけには福島のJRガード下の「TOKIN」だったかな?生ビールが美味しいということなのでまたビールを飲んで帰りました、

013

明日も飲み会があります、これくらいで帰りましょうwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

先日の探訪で見つけた夕陽丘の「吉村善商店」へ、そして桃谷駅前の「近江屋今津商店」。

【2014年10月17日(金)】

大阪 夕陽丘「吉村善商店」~桃谷「近江屋今津商店」

この日は桃谷のカフェで金森幸介さんのライブに参戦予定note

で、フライングで飲ませていただきますhappy01

大阪「桃谷」駅で下車、1軒目は夕陽丘です、「桃谷」駅から少し歩きます、

前にこの辺りを探訪したときに見つけた「吉村善酒店」、

002

良き住宅街のこの辺りでやっと見つけた貴重な角打ちですhappy01、ではでは入店します、

一番客です、大将が座ってるカウンターとビールケースでできたテーブルが一つ、ただこれだけ、シンプルな店内、

あ、立派な木看板がど~んとありました、

006



一対一なので、どうも~な感じで入ります、ドキドキですcoldsweats01

でも大将は優しい感じです、大丈夫ですね、はい、飲み物はどうすれば?あ、ここから勝手に取っていいんですね、はい、では「ヱビス」の350mlにしましょか

230円也、安!店頭販売か買うと同じ価格だそうです、なるほどね、

つまみは結構揃っています、

あちこちにメニューが貼ってあるので全容は不明ですがいろいろある感じです、とりあえず「たこわさ」にしますshine

003_2

この辺ですか?

そら、訊かれますわなhappy02、二人っきりですから、いえいえ、こういうところで飲むのが好きなのでわざわざ来ました、と正直に申告、

それはそれは、どうもありがとうございます、

ということで、ちょっと打ち解けていろいろと話をお聞きしました、

昔からの酒屋さんのようです、

最近は安い酒を売る店が増えたので、もう個人商店では対抗できません、無理、昔は先代が立ち飲みもやってたけど一旦やめました、配達だけやっていたけどそれもどんどん昔の常連さんが亡くなってもうほとんどない、ほんでまた立ち飲み始めましてん、けど、立ち飲みも儲かりませんわhappy02、と明るく話していただきました、

なるほど、ほんま今の時代、個人商店では酒屋はしんどいですよねsweat02

常連さんがお一人入店、

当然テーブルで相席、なれた感じで瓶ビールと「イカ焼き」で一杯、「イカ焼き」美味しそう、後で頼もかなheart02

常連さんの女性入店、少しずれて相席、

奥からお母さんと女の子、店で遊びだすhappy02、どんどん人が増えていきます、

ワタシは「寶焼酎ハイボール」ロング缶200円也、安!

005

「おでん」かなと思ったのですが、残念ながら今日はもうないとのこと、昨日でタネが切れたそうです、今日は金曜日なので追加はなし!と大将きっぱりwink

で、「出汁巻き」をお願いします、

メニューでは150円と250円がありましたがとくに訊かれることもなくスルー、大将が奥で焼いてくれはります、大きさからこれは250円也かな、これ、食べ切れんくらいありました、

004



男女3人連れ、年配の女性、さらに若者2名とあっという間に店内は大混雑状態に、、、結構、人気ありますやんgood

ライブにはまだ時間があるのでゆっくり飲んでいたのですが、

こうなるとそういう訳にもいきません、「出汁巻き」をなんとか食べ切ってお勘定にします、750円也、安!lovely

夕陽丘の角打ち「吉村善商店」、普通の角打ちですが料理などいろいろあり、がんばったはります、常連さんも多数、ワイワイと飲んだはるようです、ごちそうさん!楽しかったです、また来ますねheart04

とりあえず桃谷駅のほうへ向かいます、ちょっと早いけどライブ会場へ行きますかあ、

と、駅前に戻る途中で立ち飲み角打ちを発見sign01

ここも今まで気が付きませんでした、

008

「近江屋 今津酒店」、

滋賀県出身かな?happy01、ええ感じですやん、混んでますね、駅前のサラリーマンの楽園か?もう少し時間あります、入ってみましょうdash

左右にカウンター、立ち飲みテーブル、奥には座るスペースもあるのかな?

混み合っているのでよく分かりません、とりあえず入り口近くのスペースになんとか紛れ込みます、

お酒にしましょう、定番酒もあるのですがこれが気になりました、

014

純米酒 天王寺「真田丸」、

お母さんに訊いたら、“大阪の陣 400周年記念”で作ってるそうです、そうやね~、あれからもう400年ですか(って、知ってるのかsweat01)、

この辺りはたしか真田幸村が真田丸という城を作ったところですからね(詳細な場所は不明、現在の地名「真田山」は玉造と鶴橋の間にあります)、

肴は「すじ焼き」300円也、

012

お、皿で出てきました、ボリュームたっぷりで嬉しいですheart02

「真田丸」は、、、普通でしたhappy02

009



女性客は皆無、いやお一人いらっしゃいますか、
サラリーマンの坩堝ですね、こりゃ迫力ありますdash

あ、ライブの時間が近づいて来ました、お勘定にしましょう、700円也、

ごちそうさん!大阪環状線「桃谷」駅すぐ近くの「近江屋今津酒店」、今日は時間がないのでここまで、再訪確実shine、今度はゆっくり飲ませていただきます、また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »