« ふと見かけた店構えが気になったので入りました、京都伏見桃山大手筋の「富士」、やはりイイ店でした^^) | トップページ | 久しぶりの東京酒場です、五反田の「ばん」から「蔵や」へ、どちらも間違いない店です。 »

2014年12月25日 (木)

二日連続で偶然の入店です、この店構えを見ては入らない訳には行きません、北加賀屋「おく」。

【2014年11月9日(日)】

大阪 北加賀屋 大衆酒場「おく」

今日は北加賀屋の「名村造船所跡地」で開催中の『大人の遊園地』を覗きました、

Nさんが『バーニングマン・フェスティバル』のPRブースを出されています、

この頃はNHKでもドキュメンタリー番組も放送されたので一部では盛り上がっているかも、、、

Photo

なかなか面白いイベントです、8月から9月頃の開催、定年した再来年くらいに行けたらエエな

日曜日なので今日はこのまま帰ろうと思っていたのですが、ちょっとだけ、「北加賀屋」駅の周りだけでも探訪してみましょうか、

と、道を渡った途端、いきなり見つけました!

「大衆酒場 おく」、

019_3

わお!エエ感じですやん、

「北加賀屋」駅周辺は2年ほど前に探訪したのですが、その時は交差点から別の方角へ歩きだしたのでここは見逃していました、

日曜日の夕刻、ま、いいか、ちょっとだけ飲んで行きまひょ

店内も予想通り、年季の入った酒場です、

20人くらい座れそうな大きめの逆L字カウンター、奥の方には小さなテーブルスペースもあるのかな?

大通りから入ったところの逆L字底辺に着きます、

カウンターの中には大将と若者、お母さんもいらしたかな?

とりあえず「芋水」をお願いします、

手元メニューがありません、

カウンターの中の壁に黒板がなんと7枚、白板が1枚、ぎっしりとメニューが書き込まれています、

028

席が逆L字の底辺なので正面向いている黒板メニューが見にくいです、なんとか見える範囲で「ひらめ造り」300円也にします、

「芋水」の焼酎はオリジナルのようで、

024

かつ、瓶に入った前割だそうです、はい、それで結構ですよ、

“前割”、水割りをその場で作るのではなく、前の日から焼酎と水を混ぜ合わせて寝かせてから飲む飲み方、これが旨い!とハマっている友達もいます、

飲んでみて、、、よく分かりませんが、なんかマイルドな飲み口のような気もします

「ひらめのお造り」300円也、

022_2

縁側付き、イケます、

魚は一定のレベル以上ですね、リーズナブルです、大将が捌く担当、職人魂グッと入ってそうでした、

もう一品、「げそ塩」250円也、

026_2

これは普通でした

大将はゴルフ好きなのか、

TVで女子ツアー最終日の模様をやっていますが、手が空くとTVの下まで行って観戦、

「芋水前割」をお代わり、

席を立って大量のメニューを正面から眺めます、だいたい300円くらいで何でもありますね、安い、高いメニューでは「土瓶蒸し」700円也、「てっさ」、「馬刺し」600円也くらい、

「ハムエッグ」とか「ベーコンエッグ」とかも食べたいな

、もちろん天ぷらに揚げ物もある、悩んだ末に「茄子の天ぷら」250円也にします(なんでや!?って、食べたかってん)、

030

予想に反して輪切りにした茄子の天ぷら、なんか写真では「芋の天ぷら」みたいです、

ふと思い出しました

子供の頃はおかずに「さつまいもの天ぷら」がよく出たな~、

ソースかけて食べるのが美味いんです、天ぷらでも「さつまいも」だけはソースで食べてました、

さてこれでお勘定です、1500円か1600円くらいだったかな、

焼酎前割は案外高いのかも、でも、全体としては料理が美味しくて安い良き店、と云うことでOKかと思います、

地下鉄四つ橋線「北加賀屋」駅、地上に上がってすぐの大衆酒場「おく」、ごちそうさん!また来ますね

|

« ふと見かけた店構えが気になったので入りました、京都伏見桃山大手筋の「富士」、やはりイイ店でした^^) | トップページ | 久しぶりの東京酒場です、五反田の「ばん」から「蔵や」へ、どちらも間違いない店です。 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二日連続で偶然の入店です、この店構えを見ては入らない訳には行きません、北加賀屋「おく」。:

« ふと見かけた店構えが気になったので入りました、京都伏見桃山大手筋の「富士」、やはりイイ店でした^^) | トップページ | 久しぶりの東京酒場です、五反田の「ばん」から「蔵や」へ、どちらも間違いない店です。 »