« 九州探訪筑豊編②感激の1本10円の「かわ」と「ずり」!大牟田の焼き鳥「元禄」。 | トップページ | 九州探訪筑豊編④博多市中央卸売市場「福魚食堂」で朝飲み、昼飲みは天神の大箱立ち飲み「角屋」。 »

2014年11月19日 (水)

九州探訪筑豊編③ ふたたび久留米に戻ります、「屋台キング」で“ダルム”をいただき、〆は「ひとくち餃子 てん屋」。

【2014年10月7日(火)】

九州探訪筑豊編③ 久留米 「屋台キング」~「ひとくち餃子 てん屋」

感激の1本10円の焼き鳥を大牟田の「元禄」で楽しんだ後です、

再びJR鹿児島本線で久留米へ戻りますtrain

すでに陽は傾いていますが、久留米でもう一飲みする目論見ですwink

JR「久留米」駅と「西鉄久留米」駅は離れています、その間に飲み屋街もあるようなのでぶらりと歩きながら探訪します、

まずは屋台を目指します、

九州というとなにやら“屋台”があちこちにあるようなイメージがあります(すいましぇん、ワタシの偏狭視野ですcoldsweats01)、ここ久留米にもあるようですheart02

昭和通りと明治通りという大きな通りがありますが、JR駅前から伸びる通りは「昭和通り」です、この大通りを市役所の方へ少し歩きます、

情報ではこの辺りに屋台があるそうですが、、、市役所近く、綺麗なビルが並んだビジネス街な雰囲気です、うむ?

途中の神社にいたニャンcat

051

と、ビルの角を曲がった先に屋台がありましたflair、ビルの敷地?にドーンと1軒だけ屋台がありますhappy02

053

どうやら間違いなくお目当ての「屋台キング」です、エエ感じの店構え、では入りましょう、

先客一組あり、ほ、気が楽になります、

お母さんとお兄さん、まだいろいろと準備中のようで忙しそうです、これまた気楽です、ではまず日本酒を燗でお願いします、

基本、広義の焼き鳥です、メニューには「ダルム」の文字が、でた!!どうやらこれは「ホルモン」の事のようですshine

表の大きな看板には“ホルモン”の字がありました、

この「ダルム」はドイツ語で“腸”の意味、という説もあるようで、「ダルム」は豚のホルモンの串焼きということになます、

ここ「屋台キング」が「ダルム」発祥の店flair(という説もあるようで)、短冊メニューには「ダルムのゴマ和え」「ダルムの酢の物」「ダルムの湯引き」なんていうメニューが並びますgood

では、まずは串焼きを頼みましょう、「ダルム」@110円也を2本と「つくね」@110円也を1本下さい、

日本酒はコップで、そして、まずは皿にタレがかかったキャベツが乗って出てきます、

055

これでしばしチビチビ、

串が来ました、まずは「ダルム」、

057kai

やはり“シロ”でしょうか、

でも他の部位も付いていたかもしれません(忘れましたsweat01)、間にはタマネギが挟まっています(これは福岡各地共通のようです)、あっさり塩味、なるほどね、酒が進みますheart02

そして「つくね」、これまたタマネギが挟まっています、

058kai

これも美味しいです、@110円也はお得な感じ、

もう少し飲むつもりでしたが、さすがに本日3軒目sweat02

もうそんなに飲めなくなってきました、ここは1杯でお勘定にしました、お母さんが丁寧に計算してくれます、730円也、明朗会計です、

ごちそうさん!JR久留米駅、もしくは市役所近く、ということでイイのかな?「屋台キング」、美味しかったです、次は「ダルムの湯引き」とか食べてみたいな~、また来ますねheart04

さて、昭和通りから明治通りを目指しますが、この2つの大通りの間に飲み屋が並ぶ通りがありました、気になった店がいくつか、、、

061kai
064

あ、「キング」や!

063

ここが“屋台でなない”方の「キング」ですね、

“焼きとり・中華料理”という激しいアプローチhappy02、ここも入ってみたいのだけれど、、、今は無理!残念ながらスルーいたしますcoldsweats01

ここは、昼間に久留米探訪で見つけた日本酒イベントのチラシに載っていた「泉屋酒店」を目指すことにします、立ち飲みならまだイケるかもしれません、

およその場所は分かります、たしか「古賀久」のところを少し南へ行けばいいはずです、

あ、これか、、、

076

酒屋というより大きな酒販会社です、トラックが並んでいます、

どうやら角打ちではないのかも、、、少し周りを歩きましたが角打ちは見つからず、あのイベント時だけ特設会場があったのでしょうか?詳細不明、、、あきらめますsweat02

商店街に戻ります、

明治通りの反対側にある焼き鳥「日吉丸」を目指しましょう、

と、イイ感じの路地があったのでぷらっと入り込みます、ここで偶然「ひとくち餃子 てん屋」を発見、

084kai

ここも候補店でした、

これもなにかの縁ですね、焼き鳥が2件続いたこともあり、すでに相当飲んでいることもあり、焼き鳥「日吉丸」を断念、、、

ここ「てん屋」に入りましょうhappy01

綺麗な店内、「ひとくち餃子」と「生ビール」にします、

突出しは「枝豆」、

079

「ひとくち餃子」はこんな感じ、

081kai

うん、肉です、餡はほとんど肉のような感じ、これはこれで美味いですheart02

これでお勘定、990円也、

ふ~、今日はもう限界ですね、

1日目ですから無理はしません、この辺で今日の探訪は終わりにします(ほんとうは博多でも飲みたかったのですが)、

ここでもニャンと遭遇、ちょっと遊んで、

087kai

バイバイ、

090

帰りは西鉄で博多天神まで、

荷物を担いでホテルまで歩いた、、、ようです、、、おぼろげな記憶sweat01、、、

(つづく)

|

« 九州探訪筑豊編②感激の1本10円の「かわ」と「ずり」!大牟田の焼き鳥「元禄」。 | トップページ | 九州探訪筑豊編④博多市中央卸売市場「福魚食堂」で朝飲み、昼飲みは天神の大箱立ち飲み「角屋」。 »

博多九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/58021558

この記事へのトラックバック一覧です: 九州探訪筑豊編③ ふたたび久留米に戻ります、「屋台キング」で“ダルム”をいただき、〆は「ひとくち餃子 てん屋」。:

« 九州探訪筑豊編②感激の1本10円の「かわ」と「ずり」!大牟田の焼き鳥「元禄」。 | トップページ | 九州探訪筑豊編④博多市中央卸売市場「福魚食堂」で朝飲み、昼飲みは天神の大箱立ち飲み「角屋」。 »