« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

天王寺からまだまだ歩きます、裏なんばでウロウロしてたら見つけました、立飲み焼き鳥「みづき」で日本酒です。

【2014年9月20日(土)】

大阪 裏なんば 「みづき」

今日はよく歩いていますwink

大阪環状線「桃谷」駅から四天王寺詣り、参道の商店街にある「森田屋」で一杯飲んだ後です、

初めて天王寺動物園に入りました、

虎はデカい猫です、めちゃめちゃデカいですがcoldsweats01、、、

032

“豹”は“ジャガー”の和名かと思っていたのですが、別の動物なんですね、へ~しらなんだ、というか“豹”の英名ってなんて云うんだろう?

これは“豹”です、たしか、、、

033
(豹の英名:レパード、パンサー、アフリカからアジアの広域に生息、小柄)

(ジャガー:南北アメリカ大陸に生息、豹より大柄頑丈happy01)



動物園を天王寺側から新世界へ抜けます、

ここからなんば辺りまで歩いて飲もうかな、という算段でしたが、途中で大国町にある未訪問の立ち飲み屋「みつわや酒店」を思い出しましたflair

今日は開いてるかな?と、思いつつ、やや方向修正、恵美須町から大国町を目指します、

「みつわや酒店」、

019_3

写真は別の日撮影、

この日は見事に閉まっていましたheart03、あちゃ、こら遠回りしたな、

どうしましょうか?

すぐ近くに先日訪問した「だいどこ やまなま」がありますが、もう少し軽い感じで飲みたい気分です、やはり裏なんばですかね、歩きましょうか、、、

なんばパークス辺りで南海電車の高架をくぐって路地に入ります、

「丑寅」もいいけどスルーして、、、「日本酒と私」を覗いてみると満員ですheart03

ここのところなかなか入れませんね、「兵吾」は入れそうです、「風の森 秋津穂」大好きなんですけど、、、どこか新規はないもんかな、

黒門市場の角打ちも探してみました、今日は見つかりましたが触手が動かず、、、

これは「兵吾」へ行きましょか、と堺筋を渡って裏なんばへ戻ります、初めての通りを歩いていて引っかかりました、

立ち飲み焼き鳥の「みづき」、

050

焼き鳥屋のようですが日本酒訴求もあり、手書きのお勧めメニューに意気がこもってました、ちょっと入ってみましょうかwink

立ち飲み、逆Lカウンター、大将と若いお姉さん、薄暗い店内、至って普通な感じのお店です、

先客1組だけ、奥の方にいらっしゃたので入ったところの底辺に着きます、

若いお姉さんは明るくてエエ感じです、日本酒のこともよくご存じでした、さすが、、、

もう、いきなり日本酒からいきましょう、

042

“ひやおろし”特集のメニューがあったのでここから選びましょう、お、「賀茂金秀」350円也、久しぶりです、これからいきましょか、

それと看板の焼き鳥も3本ほど、そしてPOPにあった「スタッフが開発しました」みたいなメニューから「鶏マヨオムレツ」を注文、

両方とも少し時間がかかるので、すぐ出る肴はいかがですか、とプッシュいただきましたが、、、ここは決め打ちでいきます、

「賀茂金秀」、

彼女が一升瓶を持ってきて手元で注いでくれます、これでなくっちゃね、グラスに入って出てくるのはなんか臨場感がありません、、、

039_2

ひやおろしの秋らしいラベルでした、好みの甘(うま)口でバランスが良いお酒です、あたり!good

そんなに待たずに焼き鳥が出てきました、

044

「ねぎま」、「はらみ」、「やげん軟骨」、

@130円也、ちゃんとレベル高いです、鶏で「はらみ」というのも初めてです、「はらみ」の味は・・・あ、忘れてしまいましたが美味しかったですよ、

「鶏マヨオムレツ」350円也も来ました、

045

イメージと違いましたねhappy01

小さめのグラタン皿に入ってます、葱とかつお節で和風な感じ、思ったよりマヨネーズ味は押さえ気味、ワタシ的にはもうちょっとマヨネーズインパクト強くても嬉しかったなhappy02、でもOKですよ、

お姉さんも大将もフレンドリーな接客でエエ感じです、

もう一杯飲みましょう、お姉さんが日本酒のことよくご存じのようなので、好みを伝えて選んでもらうことにします、

コクのある酒が好きなんです、

で、選んでくれたのが「徳次郎」350円也、

047

ほう、初めて見ました、飲みました、

あ、京都府城陽市の酒ですね、京都というとつい伏見になってしまいますが、京都府の北部、南部ともいろいろと美味しい酒があるんです、

では、いただきます、

ほう、これも好みの酒ですheart02、さすがお姉さん、やりますね、

濃厚でパンチが効いています、ちょっと「玉川」に似てるかも、「玉川」を少し角を丸めた感じかな、そういうと「玉川」も京都ですね、これが京都流なのかな、

ほんと良いお酒を選んでいただきました、

はい、これでお勘定にしました、1440円也、良心的です、

裏なんばの、う~ん、場所は上手く云えません、「みづき」、飛び込んで正解でした、またぜひ日本酒目当てできたい店です、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

大阪桃谷から探訪開始、成果も少しありながらまずは天王寺「森田屋」で一杯。

【2014年9月20日(土)】

大阪 天王寺 「森田屋」

今日はJR大阪環状線「桃谷」辺りから探訪してみますshine

「桃谷」は鶴橋の一つ南側の駅、

環状線の外側(東側)は何度か探訪しております、ホルモン焼きの「金屋」がありますね、あ~また「金屋」の「こぶくろ刺し」が食べたいわheart02

057

ですが、今日は環状線の内側、西側を探訪してみます、

玉造筋を越えて西へ歩きます、

この辺りは閑静な住宅地です、でも先の戦争では空襲で焼けたようです、いくつかそういう旧跡案内などがありました、

また、この辺りは上町台地(で良いのかな?)なので適度な坂があります、

こういう坂のある街並みは好きです、なんか大阪市南部のステレオタイプなイメージとはちょっと違いますね、

公園ではテニスと草野球やってるし、夕陽丘高校だったかな?ここも綺麗で立派な建物でした、エエとこで勉強したはります、なんかほんまエエ住宅街ですわshine

でも、問題は、、、飲み屋が全くないことです!happy02

細い商店街が延びる「桃谷」駅東側とは対照的にこちらには酒場、角打ちなどの気配が全くしません、いくら勘の良いワタシでも、運の良いワタシでもこりゃ今日は失敗だったかなsweat02

やはりこの辺りで酒場、立ち飲みは無理か、、、

と、夕陽丘高校の横の坂を上っていると、、、

酒屋らしき店を発見!シャッターは閉まっていますがどうも角打ちの匂いがします、

「吉村善酒店」、

シャッターの前でしげしげと観察していると自転車に乗った女性が、、、

てっきり通り過ぎるものと道を空けたら、、、シャッターの前で止まられました、

ええ!ちょっとビビって数歩退きますhappy02、女性はすばやくシャッターを開けて店内に入られます、

おお、なんというタイミング、

今日の探訪で初めて見つけた角打ちらしき店、ついガン見していました、中の様子はよく分かりませんでしたが、間違いなく角打ち営業の店ですflair

今日の収穫、ありましたsign01

時間は15時前くらいかな、開店はまだでしょう、ここはあらためて探訪することにします、また来ますね!、

収穫ありに気を良くしてサクサクと歩きます、

自然と四天王寺さんへ足が向きます、そういうと今は彼岸です、参詣の人も多いです、参道や境内の店を冷やかします、

008

012

境内は古着の店が:多いんですね、外国人観光客が着物の古着を物色されてます、

011

四天王寺さんの池には亀が付き物と昔から相場が決まっております、

たしかに池には亀が無数に、、、

でも、よく見ると全部外来種の“ミドリガメ”です、日本固有種の亀は駆逐されたようですheart03

そら、ワタシらの子供の頃から祭りとかでミドリカメを売ってましたからね、亀は長寿だし、それにミドリガメは繁殖力も強いらしいです、固有種駆逐も必然か、、、

泥ガメは何処へ!?happy02

さて、そろそろと阿倍野天王寺へ続く商店街です、そこそこ歩いたのでぼちぼち一杯飲みたいところですね、

スタンド「森田屋」があります、

015

萩之茶屋の商店街にあった店の流れですね、

出来たのは1年半ほど前でしょうか?今では元の萩之茶屋の店は閉店したのでここが本店ということでしょうか、

幸いこの時間から営業しています、入りましょうwink

大きなL字カウンター、奥にはたしかテーブルスペースもあり、2階もあるはずです、

L字の縦棒下部に着きます、歩いたのでとりあえずの生ビール390円也、

目の前の冷蔵ショーケースの中やカウンターの上に料理が並んでいます、メニューも多いですね、いろいろ迷った結果、ウリだったような気がする「まぐろすきみ」350円也にします、

017_2

うん、イケます、ここは料理も安定感があってエエ感じです、

昼飲みは大人の時間ですね、

ご近所の先輩方々、女性の二人組、四天王寺詣りの帰りとお見受けする老夫婦など大人の時間が流れています、

日本酒にしましょうか、

地酒もいくつか置いておられます、リーチインの中で目に留まったのは「壽」のラベル、このラベル見覚えがあります、春先だったか、神戸新開地の写真展のレセプションで振る舞っていただきました、美味しかった記憶があります、それにします、

019_2

どうやら「磐城壽」650円也という山形の酒です、辛いですが甘(うま)みもたっぷりで好みの酒でした、

2品目は目の前のカウンターに並んでいた「鰻蒲焼き」がどうにも美味そうです、700円也と高価ですが我慢できずに注文しますwink

020

身が厚くて美味しいです!鰻、ホントに高嶺の花になりましたが、やっぱり好きだなあheart02

「磐城壽」をちびちびやりながら「鰻」もちびちびいただきました、これはバクバク一瞬で食べるのはモッタイナいです、

はい、これでお勘定です、2000円ちょっと、ごちそうさんで!安定感抜群ですね、天王寺のスタンド「森田屋」、また来ますねheart04

では、まだまだ歩きますよgood

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

大阪九条でも立ち飲み3連荘です、まだまだありますわ、「泉本店」~「泉商店」~「小林の酒場」。

【2014年9月19日(金)】

大阪 九条 「泉本店」~「泉商店」~「小林の酒場」

さて、今日も立ち飲み3連荘ですhappy01

今まで気づきませんでしたが、九条川口辺りに中央大通り沿いにエエ感じの角打ちがありました、今日はそこから攻めてみます、

地下鉄中央線「九条」駅で降ります、

東側の改札を出て北側の階段を下り「阿波座」方面へ戻ります、200m以上歩くかな?交差点を越えて側道が入り込んでいる辺りに「泉本店」があります、

010

立派な蔵元の看板が2枚、

ここは前も通ったことがあるのですが気づきませんでした、でも先日は夕方に通って発見、どうやら角打ちをやっていそうですlovely

今日もすでに角打ち営業始まっています、では入りましょうdash

右手には奥に延びるカウンター、カウンターの中には大将、

左手は酒販スペースのようですが、小さな丸テーブルが一つあります、カウンターに一人、丸テーブルにもすでに二人の常連さんがいらっしゃいます、

カウンター手前辺りに着きます、

え~っと飲み物はどうするのかな、、、瓶ビールは?大瓶だけ、では缶ビールかな、あ、そこのリーチインから取ったらいいんですね、はいwink 

リーチインに「寶焼酎ハイボール」があったのでそれにします、

016

カウンターの上には小皿料理、肴が並んでいます、

019

先ほどのリーチインの中には奴、トマト、じゃこなどが入っていました、どうすっかな、ちょっと悩んで料理の皿を取りました、

017

「玉子と魚肉ソーセージの炒めたん」、チンしてもらいますhappy01

カウンターの常連さんはビールを飲み終えて焼酎のボトルが登場、日本酒や焼酎はボトルキープもできるみたいですgood

丸テーブルにはお仲間がぞくぞく集結、最終的には6人組になって盛り上がっておられますup、ご近所会ですな、

立派な木看板が店内にも2枚、老舗酒屋さんなんでしょう、

021

「寶焼酎ハイボール」をお代わりhappy02

022

料理ももう一皿、「天ぷらの盛合せ」、

024

大将がちょっと忙しかったので、丸テーブルの常連さんが自分でカウンターの小皿をとって電子レンジでチン、

すいませんね~、と大将、

エエよ、自分でチンしたらタダやから、な!、と常連さん、こちらに笑顔のサイン、

カウンターの常連さんがお勘定、

手が空いた大将と大相撲中継を観ながら世間話、

遠藤が調子悪いね~、と、大将おもむろにスマホを取り出されました、ワタシよりずいぶん先輩ですがスマホ使いです、携帯に比べると高いよな~使いこなしてないのに、、、

で、もう1機、タブレットも持ったはりますsign01、、、わ、すごいなあ、大したもんですhappy01

大将に訊いてみました、他にも近所に「泉」の酒屋がありますよね、

あ、あれは親戚やね、

やはり、、、実は歩いて5分くらいのところにもう一軒角打ちらしき「泉商店」と云う店があります、やはりこの「泉本店」と繋がりがあるようですね、

ではこれでお勘定にしましょう、850円也、安!!

九条東寄りにある「泉本店」、エエ感じの大将でした、ごちそうさん!また来ますねheart04

2軒目は当然「泉酒店」を目指しました、

025

日本酒の「このや」の角を松島新地の方へ入ります、数分で「泉商店」に到着、では入りましょう、

こちらもエエ感じの角打ちです、カウンターにテーブル席もちゃんとあります、テーブル席ではやはり常連さんが3人で飲んだはります、

カウンターの中のお母さんに一人客であることを告げますが怪訝な表情sweat02

どうやら流しの客はとても珍しいようです、なんとなくOKな感じでカウンターに着きます(ドキドキhappy01)、

お酒とカウンターの上の冷蔵ショーケースにあった「鯛の刺身」にします、他にも「う巻き」や「海老天ぷら」「厚揚げ」などがありました、

028

「鯛の刺身」、ちゃんと美味しかったですshine

027

雰囲気ではテーブルに座っておられるのがどうも大将のようですが、、、

なんとなくワタシは異物感満載のようですcoldsweats01、う~ん、どうも雰囲気が和まないので一杯で撤退しました、800円也、

ちょっと飲み足らないので「九条きらら商店街」まで歩いて「小林の酒場」に入ります、ここ、たしか数年前に出来ましたがまだ入ったことなかったです、

034

九条から西九条にかけて「小林の酒屋系」で飲める店が数軒あります、地場酒場ですね、

別に「小林の酒や」、もしくは「小林直売所」というのがもう少し先の路地を左に入ったところにあったと思います(今もあるかどうかこの日は未確認です)、

その店ではなく、商店街を入ったところにある、商店街に面したほうの店です(食べログでは店名と場所がゴッチャになっているみたいなので参照なし)、

入ってみるとイメージとずいぶん違いました、カウンターの中はお姉さんだけ、へ~、てな感じ、

店の内装もなにやら変わっている、

039

でも雰囲気は和やかです、

「芋水」に「奴」、

035

そして「めざし」、

043

これでお勘定、850円也、

なんか表から観てた雰囲気とちゃいましたが、対応も親切で良心的なお店でした、「小林の酒場」、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

木津市場の店に続いて、天満の「やまなか」にも行ってみましょう、そして「吉田スヰッチ」。

【2014年9月17日(水)】

大阪 天満 「やまなか」~「吉田スヰッチ」

今日は天満で日本酒を飲みます、

まずは、まだ入ったことがない天満の「やまなか」です、

先日はミナミ木津市場にある「だいどこ やまなか」に行きましたね、好感でしたので今日は天満の店に来ましたgood

017

こちらは「山中酒の店直営店 立ち飲み・天ぷら やまなか」が正式店名なのかな?

透明のビニールシートは「だいどこ やまなか」と同じ感じ、では飲み友と二人で入店です、

L字カウンターとテーブル席がいくつか、カウンターの中にはお姉さんとお兄さん、にこやかでエエ感じです、

とりあえずビールが飲みたいな、

と、メニューを見ると国産スタンダードのとりあえずなビール、は置いていないようです、

いいですよ~、ではワタシはよく分からないですがこのビールにします、

HITACHINO NEST ホワイトエール?飲み慣れたビールとは全くの別モンです、グイグイ飲む感じじゃないです、

006kai

相方はいきなり日本酒へ行っていますわhappy01

突き出しは「茄子」ですね、たしか、、、

007



せっかくですので早々に日本酒に代えます、

ワタシはたしか「遊穂」から、“山おろし無ろ過生詰原酒”と長い名前、

011_2

コク香りのある酒が好みのワタシ向きですhappy01

“山廃”ってなに?とよく訊かれますがちゃんと説明できませんsweat02

とりあえず“山おろしを廃止”したのが山廃、という訳の分からない説明でお茶を濁しておりますhappy02

そして、山おろしは熟成の工程ですので、ワタシは山おろしが好みに近いと云うことになるみたいです、ちなみにこの日の相方はすっきりした飲み口が好みなので山廃の方が合うみたいです、

肴は「鰻肝煮」、旨い!

008

「新さんまの刺身」、旬の味です、このところよく食していますね、

010_2

「やげん軟骨」なんかを頼んだようです、

009_2

店名にあった“天ぷら”頼んでないね、とか思いながら、やはり頼んでないですねcoldsweats01

日本酒2杯目はこちら、

015_2

「白隠正宗」山廃純米ひやおろし、

なぜか山廃頼んでますcoldsweats02

さわやかな飲み口にも甘みがあります、まさにひやおろしですね、でもやはりもっとコクのある方がワタシは好みであることを確認、

これでお勘定にしました、一人@2500円ちょっと、

好感です、お姉さんもいい感じで応対していただきました、次回は天ぷらも頼まなきゃ、天満の「やまなか」、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、もう一軒行っときましょか、

近くの「吉田スヰッチ」へ入りました、ここもイイ日本酒が飲めます、壁に貼ってあるメニューから選びます、

たぶん、ワタシは「磯自慢」本醸造を冷やで頼んだようです、相方の酒は不明、

022_2



肴は「自家製オイルサーディン」、

023_2

「しめ鯖」は胡麻和えな感じで葱たっぷり、

030



2杯目は燗を所望、店長のお勧めで「豊の梅・とうとつと暖かさを伝えたい」、

027

燗酒用のようですが案外すっきり、恒例の“お燗メーター”も使用、ぬる燗で、

024_2



相方は「NINE9」、

025

こちら、ラベルのイメージはスッキリですが、意外とコク甘みのあるタイプでした、

どうやらこれでお勘定にしたようです、

気分良く酔っているので金額は不明happy02、「吉田スヰッチ」、酒も肴も美味しくいただきました、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

近くて遠い?遠くて近い?土佐堀三丁目で立ち飲み3連荘、「森田商店」~「もなか」~「銀座屋」へ^^)。

【2014年9月16日(火)】

大阪 土佐堀三丁目 「森田商店」~「もなか」~「銀座屋」

この辺りにも立ち飲みがあるんです、今日は土佐堀3丁目辺りで立ち飲み梯子計画実行ですdash

土佐堀3丁目ってちょっと遠いです、

梅田から歩くと30分近くかかるんじゃないかな、でも「西梅田」から「肥後橋」駅まで一駅乗るのもほとんど意味がないような気がするので歩きますgood

本当はもっと早い時間に出たかったんだけど仕事で出遅れsweat01、到着が19時30分頃になりました、

この土佐堀通り沿いの3丁目には3軒ほど立ち飲みがあるのですが、出遅れているので一番閉店時間が早そうなここから攻めてみましょう、

「森田商店」、

角打ちですね、そうか、ここにもあったか、よしよし、てな感じですhappy01、見つけた時は嬉しかったね、

間口が広く左手が暖簾が掛かった角打ちスペース、

009

右側が酒販スペースのようですが、なんか右側からの方が入りやすそうなので右から入店、

010



酒販スペースを抜けて左側の立ち飲みスペースへ入って行きます、

奥のお勘定のカウンターにお父さんとお母さん、酒販スペースからきたからか、、、??な顔で迎えられます、スイマセン、飲めますよね、一人なんですが、大丈夫、はい、ではこの辺りで、

カウンターと大きめの立ち飲みテーブルが3つか4つ、空いていたテーブルに着きます、他のテーブルやカウンターには常連さんが7~8人、

え~っと注文は、、、瓶ビールは?大瓶だけ、なら缶ビールかな、あ、自分で取ったらイイですね、はい、

ということで、リーチインからこの缶ビールを取り出します、

003

この缶ビール飲むの初めてです、うん、悪くないよ、

壁のメニューをみて「奴」と「じゃこ天」も頼みます、

004

ふ~、なんとかこれで一段落ですわ、と壁の時計を見ると19時40分くらい、そして、、、その時計の横の貼り紙を見てびっくり、、、 

『立ち飲みは19時50分まで』

うわ、もう10分ちょっとしかありませんやんsweat01、それでか?入店時のあの雰囲気は?

お父さんに話しかけます、

もうすぐ終わりなんですね、

あ、はいはい、

てな感じでニコニコしたはります、これは案外延長可能なんかな?と淡い希望を抱きます、

「じゃこ天」も来ました、

005

軽く炙られています、うむ、美味しいやんwink

ビールがなくなりそうです、

あと数分で制限時間ですが、常連のみなさんはまだ余裕で飲んだはります、これはもう一杯飲むかな?日本酒かな、、、なんて考えていたら、急にあちこちからお勘定の声が!

やはり、制限時間一杯のようですcoldsweats01、実質20時には閉店、みたいな感じですね、あ、大お母さんも出てこられた、

ではワタシもお勘定にしましょう、550円也、

やはり閉まるの早かった、次回はもっと早く来ないといけませんね、土佐堀3丁目の角打ち「森田商店」、ごちそうさん!また来ますねheart04

2軒目は土佐堀3丁目の一番西にある、立ち飲み「もなか」、

011

ここは新しい感じ、看板もちょっとシュッとしてます、入ってみましょう、

15人くらいで満席になりそうなコの字カウンター、

7割ほどの入り、流行っていますね、カウンターの中には若いお姉さんが2人heart02、ほう、女性のみの運営なんだ、これが人気の源泉かhappy01、、、

焼酎にします、一番安い「かのか芋」280円也の水割りにします、

肴は「落花生とうふ」180円也、珍しいよね、それにします、

015

お、ねっとりとした感触は胡麻豆腐みたいですが、あとでピーナッツの味がふぉわっと広がります、美味しいですhappy01

近所のサラリーマンの憩いの場ですね、

ワタシも紛れてもう一杯飲もうかと思ったのですが、新規の2名さんが隣に来店、詰め合わせて、どうぞどうぞ、ワタシは奥に詰めればいいですか?はい、

立ち飲みでの詰め合わせは義務です、問題ないです、、、が、、、 

新規手前のお客さんがヘビースモーカーですsweat02

空調の関係でか?紫煙が見事にワタシの目の前を漂っています、うわ、これはあきませんheart03

煙草は長く吸っていたのであまり気にしないのですが、この詰め合わせ状態でこの紫煙はちょっときついです、、、

ここは撤退しましょう、お勘定をお願いします、

スイマセンね、一杯だけで、印象イイですよ、大丈夫ですよ、な気持ちで勘定は460円也、はい、立ち飲み「もなか」、こちらも再訪してゆっくり飲みたいです、また来ますねheart04

さて、3軒目はちょっと阿弥陀池筋の方へ戻ります、

来ました!「銀座屋」ですhappy02

018

「銀座屋」と云えばそう、JR大阪環状線「天満」駅前の「銀座屋」が思い浮かびます、最高のCPを誇る立ち飲みのうちの1軒です、大阪駅前第1ビルB2Fにも支店があります、

で、この「銀座屋」はあの「銀座屋」と関係あるのでしょうか?入ってみます、

ウナギの寝床、20人くらいは立てそうな長い1本カウンターです、カウンターの中にはお兄さんが一人、入ったところが空いていました、

とりあえず「芋水」、ここでも“かのか”で270円也、

022

ざっと壁のメニューを見て決定、ここはあの「銀座屋」の支店ですね、間違いないですhappy01

料理は「はまち造り」280円也にしました、

023

なんとこれが一番高い料理でしたhappy02

「あら炊き」200円也、「鳥唐揚げ」250円也、「あんこう唐揚げ」250円也と「銀座屋」メニューが並びます、「ごった煮」180円也というのは初めて見たかも、ちょっと気になる、

カウンターなのに一人客がいません、二人か三人のグループ客で賑わっています、場所柄ですね、近所の会社帰りのサラリーマンの憩いの場です、

もう一品、「ポテサラ」150円也、

024

ゴロゴロ系、きゅうり、人参、コーン、ハムに青海苔がかかっていました、ボリューム満点です、

これでお勘定にしました、700円也、帰り際にお兄さんに念のため確認、

ここは天満の「銀座屋」と関係あるんですか?

はい、ワタシは昼間は天満の店にでてます、

やはりそうですか、「銀座屋」3軒目を確認です、まだ他にもあるのだろうか?

とにかく安い、旨い、とってもリーズナブルな立ち飲み「銀座屋」土佐堀3丁目店、ごちそうさん!また来ますねheart04

はい、今日は久しぶりに立ち飲み3軒梯子でした、

3店とも100m以内にあるという好立地、そして3軒ともそれぞれに持ち味があってよござんした、3軒で3杯4品頼んで合計1710円也、なのに、なんか遣い過ぎたような錯覚も憶えますhappy01

土佐堀3丁目、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

日曜日も開いている店、でここにしました、海鮮がリーズナブルな野田阪神の「満海」。

【2014年9月14日(日)】

大阪 野田 「満海」

明日の月曜日も休みの3連休、日曜日ですがさくっと飲みに出ましょうhappy01

とはいえ、日曜日の夜に飲むとなると結構開いている店が思い付きません、考えに考え抜いて(そない考えんでも)思い付きましたflair

阪神電車「野田」駅近くの魚料理が美味しくてリーズナブルな「満海」へ行きましょう、

たしか無休のはずです、念のため電話で確認したら、はい!やってま~す!とのこと、では参りますheart02

阪神電車「野田」駅を降りて西側の横断歩道を渡り、2つの商店街の間の路地にあります、「満海」、暖簾には“寿司”とありますね、

042

入ったらすぐに短いカウンターと調理場、その奥に広いテーブルスペースがあります、冬場なら大人数での鍋なんかでも使えますが、この日は空いていますのでゆったりと座ります、

とりあえず生ビール、料理メニューはこんな感じ、

050

刺身中心です、お寿司もあります、

日曜日だからかサイドメニューが少し少ないような気がします、前来たときは「ポテサラ」とかあったような気がするけども、、、

そして刺身は「鱧ゆびき」、旬は過ぎましたがイケますよ、

044



「たこ」、これが半茹で、柔らかくて美味しかったshine

045

そして3日連続となる「新さんまの刺身」happy01

048

まさしく旬の味、甘くて美味しいですheart02

生ビールは一杯でやめて燗酒にします、定番酒は「大関」、とりあえず小さいのでいいです、

049



焼き物は「甘鯛」、

052

甘鯛は大人になってから好きになりました、子供の頃、よく食卓に並んだ魚です(京都では“ぐじ”として定番魚)が、子供の頃は嫌いでしたsweat02(そりゃそうだhappy02子供には向かない)、

揚げ物、味違いで「ヘレカツ」、これはこれで旨いgood

051



お酒お代わり、お願いします、ふ~、寿司も食べときますか、「鉄火巻き」ください、

056

「鉄火巻き」ちゅうのはどこで食べても大概美味しいですねhappy01、鉄板の寿司メニュー、

お酒お代わり、ください、小さいので(最初に大きいのを頼んどけばヨカッタcoldsweats01

「茶碗蒸し」も頼みました、ふうふうしながらいただきます、

057

寿司も追加、「うに」、

053

「いくら」、

059

と、この辺りでお勘定にしました、もうお腹一杯ですhappy02、二人で7000円ほど、

ごちそうさん!野田阪神近くの「満海」、カジュアルな雰囲気の海鮮、寿司がリーズナブルにいただけます、冬になればてっちりとか食したいですね、うんそうしよう、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

高槻にはまだ良き立ち飲みがありました、O氏の紹介で高槻市駅近くの「す-さん」へ。

【2014年9月13日(土)】

大阪 高槻 立ち飲み「すーさん」

南田辺から高槻まで、飲むために長駆移動していますhappy02

今日は大阪市の南部、JR阪和線「南田辺」駅辺りでライブの打合せ、無事終了後はミーティングを兼ねて飲んで帰ろうということに、

「南田辺」駅のすぐ近くには煮炊きモノが美味しい「スタンドアサヒ」があります、

ちょいと覗いてみるとまだ開店していませんでした、17時からか、あと20分ほどです、待つ手もありましたが、同行の0さんが高槻にお勧めのエエ立ち飲み屋がある!とのこと、ならそちらへ行ってみまひょdash

ということで南田辺から高槻まで長駆移動することにしました、

高槻でも阪急電鉄「高槻市」駅のほうが便利らしいです、さてどうして行きますか?ぱっと思いつくのはJRで大阪駅まででて、阪急に乗り換えるという経路ですが、、、地下鉄堺筋線が阪急京都線へ乗り入れているのを思い出します、

どこかで堺筋線に乗れば良いわけです、

ということで、とりあえずJR阪和線で「天王寺」駅まで出て、そこで谷町線に乗り換え、「南森町」で堺筋線に乗り換えることにします、

が、よく考えるとJR「南田辺」駅の近くに地下鉄谷町線の「田辺」駅もありました、そちらまで歩く方法もありましたね、

さらに天王寺では、なぜか谷町線へ乗り換えるのをやめてhappy02、動物園沿いに地下鉄堺筋線「恵美須町」駅までぷらぷら歩くことに、、、まあのんびり行きましょhappy01

一時間ほどで阪急京都線「高槻市」駅に到着です、

駅の南東側に出てすぐに立ち飲み「すーさん」がありました、

029_2

3人ですが、、、入れそうです、、、ではでは入店です、

鰻の寝床型の店内、20人は入らないかな、

縦棒の長い逆L字カウンターのてっぺん(奥のほう)に着きます、まずは生ビールを飲んだかな?

ここは魚料理が美味しいそうです、この日頼んだのは、まず「まぐろ刺身」、

017

これはまあ普通、


「きずし」、ドライミディアム系、

018

「つぶ貝」、

015

たしかに立ち飲みですが魚料理は充実していますgood

日本酒も揃っているとのことですので即日本酒に切り替えます、

ワタシは「五橋」純米、好みのタイプです、美味しい、

020

他の二人は「秋鹿」超辛口、「真澄」ひやおろし」を注文、

O氏がお勧めを忘れていた!ということで「奴」を3人前追加、

021_2

たしかにこれは美味しい豆腐でしたshine

豆腐自体が甘(うま)いんです、薬味、醤油なしでそのままいただきます、う~ん、これは本当にお勧めですね、

料理追加は「ホタルイカの沖漬け」(あら、写真なしsweat02)、

そして「やきなす」、

025_2

「アスパラ」、茹でていただきました、

023

そして「鱧の天ぷら」、小さめの一本揚げです、

022_2



お酒はもう一杯だけ、ワタシは「香露」を注文、

028

すっきりした口当たり、で甘(うま)みがありインパクトもあります、ようできたお酒です、 

ワタシが飲んだお酒は2つともグラス@500円でした、まあまあの設定ですね、

これで無事打合せも終了(打合せ!?したっけhappy02)、お勘定にしました、@2、000円くらいだったかな?なるほど、魚料理が充実していますね、日本酒もそれなりに楽しめます、

高槻には「盤石」という良き立ち飲みがあります、

「盤石」と「すーさん」、高槻の立ち飲みの両巨頭ということで良いでしょう、「すーさん」、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

梅田辺りで昼飲みです、閉店するらしい「松葉」、蕎麦の「香雅」で腹ごしらえ、そして「奴」の実力を思い知る。

【2014年9月13日(土)】

大阪 梅田 「松葉」(阪神前地下)~新梅田食堂街 蕎麦「香雅」~「奴」

今日は大阪梅田で昼飲みです、

午後からライブの打ち合わせがあるのですが、その前にちょこっとだけ飲んで行きましょう、

梅田に着いたら目に付いた、阪神百貨店前地下の階段脇にある立ち飲み串カツの「松葉」地下店、

002

そういうと、ここも近々閉店する!とどこかで聴いたような気がするなあ、久しぶりにさくっとご挨拶しておきますか、と肩を入れようと思いましたが、なんと並んだはりますわ、人気やな、、、並びますhappy01

つうても、立ち飲みの串カツ単品です、回転は早くほんの数分で入店、

005

というか、暖簾かき分け肩を入れてダークな姿勢をとります、混んでなくてもこれが基本、なるべくたくさんお客が入れるようにね、

偉そうにカウンターに両手着いて飲んだりしたらあきまへん、、、

隣の兄ちゃんが初心者、ちょっと詰めてあげてえ~言われても、両手着いたまま横に移動するだけ、、、ちゃうねんなあ、それはcoldsweats01、、、

生中、串カツはまず牛、

004

あとたしか、たまねぎ、茄子、あおと、他にも食べたかな?

長居する店ではありません、10分足らずでお勘定、1010円也、ごちそうさん!違うカタチで再オープンしたりするんでしょうか?その時はまた来ますねheart04

続いて新梅田食堂街に吸い込まれます、

立ち飲みの「奴」は見た目超満員ですねheart03、他をあたってみましょう、

そういうと気になっている蕎麦屋がありました、「御陵院 香雅」、

006

なにやらエエ感じの店ですが、たいがい並んでるかいっぱいです、

暖簾越しに中を覗くと、お、空きがありますね、こういうラッキーは逃さずに入りましょうwink

8席ほどの小さな店、蕎麦だけです、

ビール、酒もありますがここは蕎麦だけにしましょう、「鴨せいろ」がなんか良さそうですがここは「もり」850円也にします、

うん、美味しかったですgood

蕎麦もツユも好きな感じでした、ツユで食す前に塩でもどうぞ、ということでしたので塩でもいただきましたが、これもイケました、

塩は「そば塩」と「岩塩」の2種類おいてありましたが、とりあえず「そば塩」でいただきました、

はい、ごちそうさん!手打ち蕎麦の「香雅」、美味しい蕎麦でした、次は「鴨せいろ」を食べたいですね、また来ますねheart04

さて、もう少し飲みたいのでもう一度立ち飲み「奴」の前へ、

006_2

あら、スペースあります、今日はラッキーが続きますねhappy01、そのまますっと入店します、

日本酒かと思いましたが、ここは「芋水」300円也にします、

刺身はちょっと高い「しまあじ」500円也、

007

旨い!さすが「奴」、コリコリと新鮮です、これはお値打ちですlovely、至福のひととき、この時間でもどんどん刺身は売切れます、

「しまあじ」にやられたので、もう一品も刺身にしました、ちょうど旬です、昨日も京都深草の「近善」で少しいただいた「さんま」の刺身にします、

008

目の前で裁かれた「さんま」、半身でボリュームもあります、見たも綺麗です、そして美味しいですhappy01

いや~さすが「奴」の刺身はほんとお値打ちですね、増税でか?ちょっと値段あがったような気もしますがお値打ちリーズナブルに違いはありません、

翌週の土曜日もまたまた「奴」を訪問しています、

この時は好物の「はまち」、

002_2

旨いsign01脂が乗ってて身が柔らかい、これが「はまち」の本来の美味しさですね、

もう一品は兄弟魚ですが、美味しそうだったので「ぶりの煮付け」、

003

これも旨い!煮付けが上手いというのもあるでしょうが、「ぶりの身」自体が滋味溢れていて美味しいです、仕入れが違いますね、とにかく旨い!!

う~ん、梅田昼飲みで「奴」の実力再認識ですわ、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

また、来ました、京都深草の「近善」、もちろん母親と一緒に美味しい料理をいただきました。

【2014年9月12日(金)】

京都 深草 「近善」

久しぶりに京都深草の「近善」へ行ってきましたwink

母親がめずらしく「近善」へ行きたい、とのこと、了解です、喜んで付き合いますよhappy02

でも、仕事が長引いたのでちょっと遅刻ですsweat01

実家へ一度行くつもりでしたが間に合わず、携帯メールで直接「近善」で待ち合わせに変更、

大丈夫かなと心配しながら直接「近善」へ行きましたが、母親がちゃんと先にカウンターに座っていました、ほheart02、ヨカッタ、では乾杯しますか、たしかSAPPORO★大瓶で乾杯、

今日も「近善」は忙しそうです、

2階に宴会が入っているんでしょう、いつものように料理はほぼ大将一人が孤軍奮闘です、

料理の予約はしていませんが、とりあえずの刺身は作っていただけるようです、

まずは突出し、

021

前回もこれなにやったけ?な状態happy01の「むかご」と「お茄子の炊いたん」、

「むかご」って?何かわからず前回も調べたのですが、この日も親子で「むかご」ってなんやったけ状態、はは、ワタシもだいぶボケてますわhappy02

刺身は「きんめ」、「せきあじ」、「さんま」、「はも」、それに「よこわ」でした、

022

全部旨いです、やはりここの魚料理は間違いがありませんgood

「きんめ」はプリプリでとっても美味しい、「さんま」もこの頃から新さんまが入荷し出したようで、この後も毎日食べることになります、

そして「はもの刺身」、これは初めて食べました、新鮮だからできる造れるんでしょう、味わい深い刺身でした、

厨房が忙しいので料理は3品、一気に注文しました、順次出てきます、

刺身でも食べましたが母親が食べたいということで「新さんまの塩焼き」、

026

シンプルですけど肉厚で旨い!

ビールをやめて日本酒にします、いくつかある伏見に酒から「桃の滴」を冷やで、

025

濃厚な味わいの好みの酒です、


今日は珍しくカウンターも4組ほど入りました、

だいたいがご近所?そして年齢的にも高いわ、ま、若い人が来るような店ではないですからね、2階や座敷は盛り上がっているのでしょうか?相変わらず厨房は忙しそうでこちらが焦ります、、、もうそろそろこれに慣れないと、、、

次は「賀茂茄子の揚げ出し」、

027

ちょっと分かりにくいですが、鴨茄子の中を少しくり抜いて海老真薯が入っています、茄子の食感、海老真薯の存在感、そしてなんといっても出汁が美味しいです、京都らしい一品、

最後に「う巻き」、

029

このところ鰻食べたくて、、、でも高いし、、、「う巻き」で我慢happy02

「桃の滴」をもう一本頼んでお勘定にしました、二人で6500円程、

「近善」、京都市伏見区深草の街道沿いなる渋い割烹です、ごちそうさん!今日も美味しかったです、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

JR駅のポスターでヒントをいただき探訪、「大正」駅からバスで20分、音楽と角打ちの「田中屋酒店」へ。

【2014年9月9日(火)】

大阪 大正 「田中屋酒店」~「大川」

今日は久しぶりに大阪大正で飲みます、

大阪の大正区、大阪市の西南部、

大きな区なのですが、電車の駅が区の最北端部にJR大阪環状線「大正」駅、地下鉄長堀鶴見緑地線の「大正」駅があるのみ、

区内への移動は必然市バスということになります、他に交通手段がないので市バスの運行本数が半端なく多いです、

この日は19時頃に「大正」駅に到着、

お目当ての店は区南部にありますので市バスで行くしかないです、夕方のラッシュ時なので1~2分間隔くらいで市バスがバンバン来ます、大阪市内あちこちから来る路線がありますが行き先はほとんど同じ、どれに乗ってもOKみたいですwink

駅前のバス停に行くとバスが1台乗降中、そのまますっと乗り込みます、

このまま大正通りを南下、「大運橋通り」でほとんどのバスが右折します、右折して一つ目のバス停「昌運橋」で降ります、ラッシュ時だからか乗って20分近くかかりましたね、

この辺りは南側が大きな工場なので日が暮れるとちょっと寂しい雰囲気、

北側は住宅街でちらほらと店の明かりが見えます、目当ての店はこの通りの北側、通りに面してます、少し戻って無事たどり着きました、

003

はい、今日のお店は「田中屋酒店」です、角打ちですね、そしてなにやら音楽の匂いがする店なのでありますnote

002

間口は広く、店内も広いみたい、とりあえず右側の方が入り易そう、ではでは入りましょう、

渋いhappy02、、、

006_2

真ん中に調理スペースがあって大将がおられます、L字っぽいカウンター、途中で仕切られているような構造なので奥の方の様子が分かりませんが常連さんが座っておられるようです、

で、その常連さんの話題は、、、

いきなりのバンドの話、それも素人バンドの演奏の注意点について盛り上がっていますlovely

この店を見つけたきっかけは仕事で来たときに見つけたJR大阪環状線「大正」駅に貼ってあったこのポスター、

028

その店内の様子にヒントがあり検索すると「田中屋酒店」が出てきましたgood

そして、同時にここでライブが開催されている、という情報も摂取しました、

へ~、中川五郎さんとかもやっておられますね、これは一度ぜひ行かなきゃ、、、ということで来たわけですが、、、

いきなりのバンドネタでの盛り上がりに思わず苦笑しました、

空いているL字底辺のカウンターに着きます、大将が向こう側から出てこられて注文です、

瓶ビール、小瓶がある、では小瓶ください、それと「煮込み」もお願いします、

ワタシが着いた側の正面奥にはステージがあり、

ドラムセットも置いてありました、やはり「音楽と角打ち」みたいなコンセプトですね、エエとこ見つけた感じ、

008_3

瓶はSAPPORO小瓶でした、ラッキー、350円也、

004

そして「煮込み」、

011_2

いろんな部位が入っています、ホルモン、レバ、ミノ、、、

ポスターに出ていたのはこの店内看板「標語」、語呂合わせになっているので辿り着けました、

007_3

日本酒にします、目の前にメニューが貼ってあったので「泉正宗」純米酒400円也、

012_3

わりと辛口でした、

ご夫婦で後続客来店、と、奥の常連さんから声が掛かります、どうも、どうも、

どうやら、これまたバンド繋がりのようですhappy02

先程からバンドの話で盛り上がっておられる常連さんと、間奏のあり方について意見交換、はは、ほんまに音楽が染み渡っているお店です、

そのご夫婦の注文が美味しそうだったので追随発注、

016_3

「鰯半干し」、これが美味しかったです、半生でちょうど良い干し加減、日本酒に会います、

大きな垂れ幕が店内にありコピーが『酒の音もライブ!』、

コンセプトが貫かれていますhappy01、今日はライブはないようですが、いつかライブ聴きに来ましょう、

これでお勘定です、1350円也、肴は一品300円検討ですね、

ごちそうさん!大正区の南の端、「昌運橋」バス停辺りの「田中屋酒店」、音楽と角打ち、気に入りました、ぜひまた来ますねheart04

帰りのバスもすぐ来ました、道が空いていたので帰りは15分ほどで駅頭着、

せっかくなんで駅前の立ち飲み「大川」へご挨拶happy01

019_2

「芋水」300円也と「豆もやし」150円也、

020_2

そして、ここへ来るとどうしても食べたくなる「若鶏唐揚げ」、

024_4

通し揚げの熱々が5ピースで280円也、

021_2

壁の貼り紙によるとちょっと値上がりしていますhappy01

「芋水」お代わりして「ポテサラ」100円也、

025_3

居心地が良いのでついつい飲み食べてしまいました、1130円也、はい、ごちそうさん!大正駅前の「大川」、また来ますねheart04

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

前回探訪で見つけられずに敗退した、大阪木津市場の「だいどこ やまなか」へ無事入店いたしました。

【2014年9月4日(木)】

大阪 大国町 「だいどこ やまなか」

新今宮の「マルフク」の後です、

前回、店が見つからず敗退した木津市場の「だいどこ やまなか」へリベンジですdash

まずは前回同様、ちょっと時間が早いので16時から開いている、近くの秀逸な立ち飲み「二劫」へ行きます、

平日の16時過ぎなのにもう5組ほど入っています、さすがです、いつものカウンター奥目に付いていきなり日本酒にします、

「千代菊 光琳」400円也、なかなかイケますshine

肴は「ポテサラ」100円也、ゴロゴロ系、毎度、100円とは思えないクオリティでございます、

「二劫」は日本酒をいつも2銘柄置いています、

というか2銘柄しか置いていないから、新鮮なうちに飲めるシステム、もう1名柄(控えるの忘れた!)も飲むかどうか迷いましたが、今日はこの後も日本酒を飲み予定です、ここは自重します、

ごちそうさん!キャッシュオンなので500円ポッキリで退店です、めちゃめちゃ秀逸な立ち飲み「二こう」、また来ますねheart04

さて、今日の目当ての店「だいどこ やまなか」に向かいましょう、前回のリベンジですgood

「だいどこ やまなか」、

今宮の本家には行ったことないのですが、こちら「だいどこ やまなか」は行ってみようかと、、、前回も木津市場まで来たのですが見つかりませんでしたheart03

“木津市場”の中にある、という情報でしたのですぐに見つかるさ、と油断していました、

スマホでの地図表示では木津市場の西側にあることになっていますがありませんsweat02

木津市場自体も入ったことがないのでよく分からず、反対の東側にはいくつか店舗があったのですが、、、「だいどこ やまなか」は見当たらず、、、

気分的にもあまり粘れず、あえなく敗退と相成りました、

今回は追加情報を入手、

どうやらやはり東側の店舗群の中にありそうだ、ということでそんなに心配していません、「二劫」で一杯引っかけていますので、ほろ酔い気分で木津市場に入ります、

が、今回も一瞬ビビりました、、、やはりない!!そんな!!sweat01

でも、間違いなくこの辺りのはずです、

奥の方までしっかり見ると、、、ありました!!flair、あ~、この店の奥にあったんですね、手前の店と同じ店かと思ってました、

015_3

実は前回も目の前まで来ていたのですね、これが前回撮った写真、この奥が「だいどこ やまなか」です、目の前まで来てるやん!happy01)

この「木津 活イカセンター」の奥にあるのが「だいどこ やまなか」でした、外観も似ており、なんか同じ店に見えたので気付かなかったようです、

035

ほ、今日は宿願達成リベンジ成功のようです、では入ります、

店は出来て間もないようで真新しい白木のイメージ、でも、ビニールシートで囲われていますhappy01

大きなコの字カウンター(二の字だったかな?)、開店間もなく一番客です、

カウンターの中には若い板さんと若いお姉さん、

カウンタについて日本酒のメニューを見ると、おお、やはり充実していますね、ええ感じです、でもこれは目移りしますね~heart02

と、奥のリーチインに目視で「山形正宗」の姿を発見、好みの酒です、とりあえずこれから行きましょう、スイマセン、「山形正宗」をお願いします、

020

突き出しは「つぶ貝」、これでまずは一献、 

023

料理のメニューもずらり、これまた迷います、

022

板さんからコースのお勧めがあります、

もし、おなかが空いてたら3000円くらいでしっかりお腹一杯になるコースがあります、とのこと、

でも、昼はホルモン食べました、「二劫」でも「ポテサラ」を食べたのでそんなにお腹は減っていません、う~ん、

なら、1200円で酒の肴が6品ほど出る、たしか「酒肴おまかせ」コースみたいな、、、おheart02、それが良いですね、ではそれでお願いします、

ということで、一番客ということで板さん、さっさと料理を出してくれます、

これは手前が「焼きサワラの南蛮漬け」、奥が「しゃことモロヘイヤのおひたし」、(料理名はたぶん、な感じです、若干違うかもsweat02)

024_3

この辺りで2杯目、好みを言っていくつかの候補の中から美味しそうだった「三光正宗」山廃純米、という岡山のお酒にします、

025_2

これは個性的ですねshine、京都久美浜の「玉川」のようなインパクトがあります、好きです、こういう日本酒、

 

料理はどんどん来ました、「つみれしんじょうの揚げ出し」、

026

箸が追いついていませんねcoldsweats01

「クリームチーズの山葵漬け」、

027

これも面白い、一口目がクリームチーズ、の後に山葵の香りと刺激が、、、なんか「三光正宗」と個性を競ってる料理です、

 

「焼き鮎の肝醤油漬け」、

029_2



「釜揚げシラスの薬味和え」?、 

030_2

どれも手の込んだ一品です、これで1200円也はリーズナブルでしょうgood

最後の一杯は「写楽」、好みの酒です、香り華やか、

032

途中で来られた後続客の二人組もやはりこのコースで日本酒を楽しんでおられました、このお二人日本酒のこと、よくご存じでしたね、さすがに日本酒好きが来られます、

はい、これでお勘定です、3000円也ほどだったかな?

いや~、良いお店ですね、shine日本酒も揃ってるし、料理はちゃんと美味しいし、板さんもお姉さんもええ感じでした、これは再訪確実ですね、大阪大国町の木津市場内「だいどこ やまなか」、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

先日、教えてもらった朝から飲めるホルモン屋さんへ、新今宮の「マルフク」、エエ感じでした~♪

【2014年9月4日(木)】

大阪 新今宮 ホルモン「マルフク」

今日は休暇をいただいて免許所の更新です、

昼前に終了、今回は残念ながらゴールド更新できずheart03、ネズミ取りでした、でも眼鏡の条件は解除、老眼のせいか?

さて、どこで飲みましょか?

と、悩むことなく、今日のお目当ては決まっています、JR大阪環状線に乗って「新今宮」駅まで、東口を降りて南へまっしぐら、今日のお目当てはここ、ホルモンの「マルフク」です、

 

017_2

前回、この辺りで一人飲んでいた時に偶然合流したチームが、先に飲んでいたのがここらしいです、ワタシは未訪問、とっても安い!ということを聞いていますので、一刻も早く行ってみたかったのですwink

予想通りのオープンな店構え、

L字カウンターと壁にも立ち飲みテーブルがくっついています、縦棒上の方に着きます、時間は13時前くらいかな?では、瓶ビールでお願いします、アサヒ、ハイ、結構ですよ、

それと、とりあえず「ホルモン」ください、

アサヒ大瓶400円也、

010_2

お!久しぶりにスーパードライを飲んだら美味しいですlovely

うむ、味変わったの?いや、昼間のビールだから美味いのか?、まあいいや、美味いもんは美味い、健康な証拠やhappy02

「ホルモン」140円也は豆腐を入れるような柔らかいポリ?容器に入って出てきました、

006

表の方にある大きな鉄板で常時大量に製造中です、

016_2

大阪南部の典型的な、じゃりんこチエ的なホルモン焼きですね、もちろん旨いです、美味しいビールに旨いホルモン、平日の昼間、しばらくはこれ以上の幸福は思いつきませんわshine

「生ビール」もプラスティックのコップで出てくるみたいです、ちょっと小振りです、

サラダも食べなきゃ、「野菜サラダ」150円也、なにつける?マヨネーズ?ドレッシング?

ドレッシングにしてください、

013_3

お母さん、どばっ!!な感じのドレッシング大サービスでしたhappy02

「ホルモン」を食べ終えてもう一品、

「ミノ湯引き」220円也にします、ポン酢?辛味噌?え~っと辛い味噌にします、安いけど手抜きはないです、ちゃんとオプションがありますwink

012_2

おお、ほんまに辛そうや、「ミノ湯引き」、辛い、、、

メニューに“モーニングサービス”ちゅうのがありましたflair『8時~11時 ドリンク一杯に一品付き』、

008_2

ええわあ~、8時から飲んでみたい!happy02まあ、一番高い一品料理でもたぶん300円也ですからね、

飲み物は「芋水」220円也にして、もう一品「豚ハラミ」240円也を追加オーダー、

015_2

結構なボリュームあり美味しい、満足、

奥で別のお母さんがせっせと一品料理や肴を作ったはります、朝から晩まで、途切れることなくお客さんが来るんでしょうね、

焼いた「ホルモン」の持ち帰りもあるようです、

大量に注文が入ったようで、鉄板で焼いていたホルモンがあっという間になくなり、お母さんは新しいホルモンを投入、どんどん焼きます、ホルモンが鉄板からなくなることはありません、

さて「芋水」を飲み干してお勘定にします、

1350円くらいだったかな、安!新今宮駅から徒歩2分、大きな通りに面したホルモン「マルフク」、美味しくホルモンの雰囲気も楽しめました、ごちそうさん!!また来ますねheart04

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

今日も「十三トリス北新地支店」へ出勤いたしました^^)、、、で、サントリー角の飲み比べ!?

【2014年9月2日(火)】

大阪 北新地 「十三トリス 北新地支店」

今日も「十三トリス 北新地支店」へ行きました、強化月間ですhappy01

今日もまた新地で飲んだ後に入店です、賑わっています、

今日は真ん中辺りの丸テーブルに3人で着きます、ワタシは毎度の「白ハイ」、他の二人も追随したかな、いや、他のものを頼んでいるようです、

016

で、料理は、、、なんと初訪問者がいきなりまさかの「イカ焼き」オーダーcoldsweats01

018

このメニュー、よほどインパクトがあるのか、前回と同じスタートになりました、、

というか、ワタシも毎度の「玉子焼き」を食べたかったのでオーダー、前回と全く同じ展開ですsweat01

019

あ、今日の「玉子焼き」は普通に葱入りです、

ここが違う!happy02な感じ、そして、やはり美味しいheart02

2杯目を検討していると「角」に3種類あることが判明、

そういうとお酒のディスカウントショップで確かにラベルが「白い角」や「黒い角」が並んでいるのを見たような気がします、

訊くと「白角」はすっきり系、「黒角」は濃い味?だっけ、ま、すっきりの反対系の味、というふうになにやら日本酒のようになっているらしいです、

なんとなく同行の一人は“すっきり系”が好き、ビールならアサヒが好きらしいです、

ワタシはビールならSAPPORO、日本酒ならワタシは香・コクがあるタイプが好き、

では、飲み比べてみますか?と3種同時発注happy01

021

グラスは“白州”ですが、中は角ですwink

で、飲み比べてみたら、割とはっきり違いが分かりましたshine

で、好みは、、、ワタシはやはり「黒角」でしたhappy01、やはり好みの酒というのがあるようです、好みが三人三様でうまく3つに分かれたので平和に気持ちよく飲めました、

これでお勘定、やはり3人で7500円くらいだったかな?ごちそうさん!でも、次は他の料理も頼もう!!happy02「十三トリス 北新地支店」、また来ますねheart04

この日の1軒目は海鮮が食べたい!ということで、北新地の海鮮が売りの店へ、

刺身に、

009_2

後は七輪で海鮮を焼くスタイル、貝柱、おおあさり、ししゃもに海老などを焼きました、

011

これは「甘エビ」だったかな、

013_2

日本酒もそれなりに揃っており、、しっかりお銚子で出てきました、が、一升瓶が登場しないので臨場感に欠けます、「〆張鶴」他3杯ほど飲みました、

店のお姉さんも親切でいろいろと教えてくれましたheart02、ごちそうさん!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

いよいよ「十三トリス北新地支店」がオープンしました、「たゆたゆ」で焼きとんを食べてから初入店です。

【2014年8月27日(水)】

大阪 北新地 「十三トリス」

今日は北新地に今週オープンした「十三トリス 北新地支店」へ初出勤、、、いや初入店ですhappy01

2014年3月の火災で残念ながら消失した十三の“しょんべん横丁”の「十三トリス」、

現地での再開にはまだ少し時間が掛かるということで、まずはここ北新地で「十三トリス 北新地支店」ということで新たなスタートを切ることになったようですgood

新地で1軒行ったあとに3人でお邪魔しました、

開店週ということでほぼ満員ですが運良く奥の丸テーブルが空いていたので無事入店です、

十三の店は“鰻の寝床”なお店でしたが、北新地支店はスクエアなお店です、L字カウンターに窓際には丸テーブルが4つほど配置されています、

まずは迷わず「白ハイ」です、

35年以上前からここで飲むのは「白ハイ」と決まっています、グラスは「山崎」ですが中身は「白」ですhappy01

025

サントリーウイスキーの序列など、今の若い人には分からないようで、「白ハイ」ってなんですか?と聞かれる始末sweat01

大学の頃のコンパでは「赤」だったな~、

「角」は上等、「オールド」は高級品、「リザーブ」はちょっとすました感じで高級Barでしか置いてなかったときもあり、「ローヤル」となるとこれはもう見たこともないhappy02状態でした、

「トリス」と「白」は年代時代の関係か、大学時代はあまり記憶がないのですが、社会人になってすぐに「十三トリス」で「白ハイ」を飲んでからはここら辺りがワタシ向きかと飲み続けている次第です、

連れはなにやらもっと高いものを頼んだようです、グラスは「白州」、中身は忘れましたcoldsweats01

024_2

そして、肴にいきなり「イカ焼き」を注文、

029

たしかにこの香ばしい匂いにはかないません、そして、たしかに美味しいheart02

ワタシの料理オーダーはまずこれ、行ったときはほぼ間違いなく頼んでいる「玉子焼き」、

030

今日は“葱”苦手!というとんでもない連れがいるのでhappy01葱抜きであります、

ボリュームたっぷりで一人で行った時に頼むと持て余す時もありますが、やはりこれ、今日は3人なのでちょうど良し、

これで「白ハイ」3杯ほど飲みました、

棚には懐かしい写真が、、、

028kai

火事で写真はすべて焼けてしまったそうですが、家にネガが残っていたので無事復活したそうです、思い出は綿々と綴られていきます、

ごちそうさん!はい、これでお勘定、3人で7500円也ほどでした、

ここで成功して無事十三にも戻ってほしいと思います、「十三トリス 北新地支店」、がんばってください、ワタシもがんばる、また来ますねheart04

「十三トリス 北新地支店」の前に行ったのは「たゆたゆ」北新地本店、

十三の頃は、当時の大阪では珍しいモツ焼きの「七つ海」から「十三トリス」へ流れるのがもっとも多いパターン、

ならば、今日もモツ焼きを食べてから行こう!ということで、評判の高い「たゆたゆ」経由ということにしました、

逆Lカウンターにテーブル席が少し、人気の店なので予約は必須のようですね、

初めてなので要領が分からず、まずは「煮込み」、

007

白味噌仕立てで上品かつインパクトも感じました、

串は「おすすめ5本セット」を注文、

と、、、

他の方の注文で「刺身のセット」みたいなものも発見sign03、急遽追加でまずは刺身からいただきます、

「はらみ」と「ガツ」かな、

008

「タン」、「ハツ」、「コブクロ」、

009

一手間かけた丁寧な刺身でした、

豚の内蔵の刺身となると関西ではまだまだ馴染みはないですが、さすがにここの刺身はレベルが高いですshine

サラダは「大根サラダ」だったかな?

010

焼き物、まずは「はつ」と「豚トロ」、

012

「のどぶえ」と「がつ」、「のどぶえ」ってあまり聞かないですが美味しい、

013

そして「まるちょう」、見たとおり濃厚ですhappy01

015

で、「ヤングコーン」、「まるちょう」対策、美味しい!

017

女性客が多く、焼き豚(とん)モツ焼きもここまで洗練されてきたかという感じで嬉しいです、

はい、ごちそうさん!

関西でもちゃんとした焼き豚(とん)が食せるようになってきましたね、ますます進化してほしいものです、できればもっと場末の酒場で安く楽しめれば良いのですが贅沢は言うまい、「たゆたゆ」、また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

「GODZILLA」の後に海鮮居酒屋、がNG、口直しに神戸元町の中華料理「楽園」へ。

【2014年8月26日(火)】

兵庫 神戸元町 中華料理「楽園」

今日は休暇です、「GODZILLA」観ましたshine

ハリウッド2014「GODZILLA」、2回目観ました、ゴジラ好きなんで2回目?実はそれだけではないのです、

1回目に観た時は予約をしくじり、なんと“日本語吹き替え版”を観てしまいましたcoldsweats02

これはこれで観れなくはなかったのですが、この映画、日本語と英語が入り交じっています、それに主役の渡辺謙が英語で話すシーンで吹き替えでないと分からない重要なシーンがあるのです、吹き替えではここのニュアンスがまったくでません、失敗sweat01

ということで、2回目は間違いなく“字幕”そして“3D”で観ました、見直してヨカッタです、吹き替え版とはまったく別の映画として観れました、満足lovely

閑話休題、さて、飲みに行きましょかdash

映画館近くに海鮮系の美味くて安い居酒屋があるということなのでいってみました、

が、NGheart03

店内はいかにもというチェーン店装飾、安そうで結局そんなに安くないし、味もとくに語ることなし、、、

2杯ほど飲んで早々に切り上げました、

口直しの店を探して三宮駅から北側の飲み屋街を彷徨いますがなかなか決まりません、立ち飲み、焼き肉、焼き鳥、韓国料理、居酒屋、バル、う~ん、

結局、元町辺りまで歩いてここにしました、

ガードの北側の道路沿いにある中華料理「楽園 サンセット通り店」、入ったことありませんが、

020_2

このメニューでとりあえず試してみよう、ということになりました、

021

1000円でドリンクと一品、なんか期待できそうです、入りましょうdash

小さなお店、テーブル席が4つほど、先客なし、でも2階もあるようでそちらは宴会真っ最中のようです、

予定通りセットメニューで二人とも生ビール、

料理はワタシが「ミニまるさめ」、相方が「香港風揚げ豆腐」、

では口直しの乾杯です、

他に客がいないので静かですhappy01

奥から調理の音が聞こえてきます、材料を切る音、油がはじける音、う~ん、なんか美味しそうです、2軒目ですがまた食欲が沸いてきます、

まずは「ミニはるさめ」、

015

醤油でも付けようかと思ったらお母さんが「なにも付けなくても美味しいよ」とのこと、ではなにも付けないでいただきましょう、

旨い!happy02

冷凍の「春巻き」とかだと醤油とか辛子を付けてしまいますが、これは不要でした、味付けは知ってる春巻きの味とはちょっと違います、なんだろう?不明、ただ旨いだけ、、、

もう一品の「香港風揚げ豆腐」、

017

これもチャンとした料理ですね~、

二品とも美味しい、ということで意見が一致、飲みものと料理を追加することにしました、

ワタシは「芋水」にして、料理は「青梗菜と豚肉炒め」、

019_2

ヘルシーです、美味いです、

そして「海鮮焼きそば」、

018_3

これも二人でペロリでした、

ふ~、1軒目のストレスを取り戻しましたよshine、神戸元町JR阪急高架のすぐ北側の道路に面しています、中華料理「楽園」、ごちそうさん!飛び込みで入りましたが美味しかったです、また来ますねheart04

(おまけ)

この前の週にも別の映画を見て、その後、久しぶりに東梅田の「味香佐」へ行きました、炉端焼きの風情を残す居酒屋です、

004

005

相変わらず流行っていましたね、料理もなかなかでしたよheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

やはり京都のB級グルメは美味しいわ^^)東九条のお好み焼き「本多」で焼きそば、お好み焼きを堪能。

【2014年8月23日(土)】

京都 東九条 「本多」

今日は京都の東九条でお好み焼きですwink

京都の料理と云えば、上品綺麗であっさり薄味、みたいなイメージではありますが、B級グルメに関してはそのイメージは当てはまらないんですheart03

たとえば、京都ラーメンの代表選手「新福菜館」のラーメンはこんな感じ、

006_2

真っ黒ですhappy02

「天下一品」も京都出身ですが「こってり」もありますよね、

私見ですが「学生の街京都」ということがB級グルメを安くて旨い!こういう具合に発展させたのではないでしょうか?shine

もう一つのB級グルメがお好み焼きですhappy01

これまた今更ながらですが、東山七条から河原町九条辺りにかけてはお好み焼き屋さんが多いです、

行きつけは三十三間堂裏にある「吉野」、

007_3

ここは今や修学旅行生と席を争わなければならない店になりましたcoldsweats01

他にも東九条に何軒か有名店があります、

この辺りほとんど知らないので新規開発急ピッチですdash先日は「よっちゃん」へ行きました、へ~こんなスタイルのお好み焼きなんや、と納得、美味しかったです、

では今日はお好み焼きの「本多」へ行ってみることにしましょう、

七条から河原町通りを九条まで南下します、毎度気になる店を今日もスルーです、いつか入るぞ、

013

で、九条通りを越えて路地を東に入るとありました、「本多」、

020kai

こりゃすごい店構えですねhappy01

これだけで美味いに違いないと確信heart02、時間は夕方の早い目、お客さんは誰もいない様子、入ります、

鉄板の入ったテーブルが3つだったかな?お母さんに一人客であることを告げると右手のカウンターを薦められました、はい、ここで結構です、

まだ暑いこの日、当然ビールです、大瓶550円也、アサヒかキリン、キリン下さい、

そして壁に貼ってある短冊メニューを物色、「お好み焼き」「焼きそば」は500円からですね、今日は「焼きそば」な気分ですね、「すじ入り焼きそば」650円也にします、

目の前の鉄板で焼いていただきます、

そばを焼きます、ゆっくり焼きますです、あまり鉄板が熱くなってないのか?こういう焼き方なのか?あまりジュウジュウいいませんhappy01

キャベツ投入、そしてイカとゲソも入りました、どうやらここまでがデフォルトのようです、

そして、結構なボリュームのスジが投入されました、スジは一つ一つが大振りです、ごくり、美味そうです、

ここまででビールを半分以上飲んでいます、暑さと目の前の旨そうな焼きそばが肴です、グビ、あ~もうなくなっちゃうよhappy02

お母さんがOK出し、出来上がりました、

018

ソースは自分で掛けた方がイイ?掛けとく?こっちが辛いのね、、、この辛いソースもこの辺りの定番ですね、一応、一通りお母さんに掛けていただき完成です、

では、いただきます、、、おお!!美味しいですflair

ゆっくりじっくり焼いた焼きそばも美味しいですし、スジも旨いheart02先日の「よっちゃん」でも驚きましたが、このスジ、本当に旨いです、下味の付け方なんかな?

それにスジが大降りなので存在感があります、焼きそばの中にスジが混ざっている、というよりも、スジだけの旨さを別に味わえる感じ、これが勝因かな?

残り少ないビールでバクバクいただきます、

この頃にはお持ち帰りの注文が殺到しています、

奥からお父さんも出てこられて臨戦態勢dash、カウンターとテーブルの鉄板が持ち帰り用を焼くだけで満杯になりそうです、

お好み焼きの持ち帰りは2つ折りにしてスチロールのトレイに乗せられます、2つ折りが懐かしいですhappy01

ワタシの小さい頃は駄菓子屋でお好み焼きを売ってました、薄いお好み焼きを2つ折りにして新聞紙に包んで食べたものです、懐かしいwink

今はそれにラップが掛かります、なるほど、そして例の緑の薄紙で巻いて持ち帰り用完成です!やっぱ、この緑の薄紙は必須ですね、

はい、ごちそうさん!

なんともレトロな雰囲気で美味しくてボリューム満点の「スジ入り焼きそば」でした、満足です、というか好きです、これはお好み焼きも試さないといけませんな、京都東九条の「本多」、また来ますねheart04

ということで翌週にさっそく再訪しましたwink

もう、我慢できずに来ましたあ!!という感じです、

2回目訪問は昼前、入店するとお父さんが一人、先客なし、うん?って顔で迎えられます、客です、いいでしょうかsweat02

今回は右手窓側のテーブル席を勧められましたhappy01

まずは大瓶、そしてメニューは決めてあります、

今回は「スジ入りお好み焼き」650円也にします、今日はお好み焼きに挑戦です、

そばかうどんが入りますが、

あ、そうなんや、ではそばで、

半玉、一玉、一玉半も出来ますが、

あら、では一玉でお願いします、

 (どうやら“半玉”がデフォルトで後は追加料金が掛かるようです)

やはりここも、お好み焼きの生地は“広島焼き”のように薄く敷くだけです、

これが京都流なのか?東九条流なのか?ワタシの小さい頃は普通の大阪風お好み焼きをペタンペタンに押さえつけて焼いていました、

キャベツとそばから入ります、そしてイカ・ゲソにちくわが入りました、

011

そして今回も大量のスジ投入shine

最後に天かすと紅生姜、もう一度生地を軽く掛けてひっくり返して、今日もまたゆっくり焼かれます、やはりゆっくり焼くんや、

014

それにほったらかしですhappy02、ほとんど押さえたり様子を見ることもなく、、、ほったらかしです、、、

玉子入れますか?

あ、また急襲されたhappy01、はい、お願いします、(トッピング代別、50円かな?)

出来上がり直前のお好み焼きをちょっとずらして玉子を鉄板に落として、もう一度お好み焼きを元に戻します、玉子の上へドン!

はい、これで出来上がりのようです、ソースはセルフです、いや、この方が嬉しい、基本、気分はだぼだぼソース派ですので自分で塗ります、

018_2

普通のソース、そして辛いソースも適当に掛けます、

では、いただきます、テーブルに箸はありません、ちいさなコテ(もしくはテコ、どっちが正しいんやsign02)で切り分けながらいただきます、

019

う~ん、お好み焼きも旨い!!スジがやっぱり旨い!!heart02

存在感があります、そば一玉にしたのでボリュームも満点です、うわ~これは参ったわ、そば半玉で十分やったわsweat01、外は暑いしsun、鉄板も熱いし、汗かきながらやけど、、、旨いわ!!

完食するのが精一杯、途中でビールなくなりましたけど我慢して後半は水飲みながら、結構時間掛かりました、

う~ん、やはり東九条のお好み焼きは恐るべし、嵌りました、

これでお勘定です、トッピングはそば半玉分と玉子で150円アップだったか?忘れましたheart03

東九条のお好み焼き「本多」、ごちそうさん!美味しいです、店の構えもお好み焼きも気に入りました、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

久しぶりに天満で新規開拓です、駅近くの「大旦那」、魚料理が美味しいと思います。

【2014年8月21日(木)】

大阪 天満 「大旦那」

今日は久しぶりの天満、それも新規開拓ですhappy01

JR大阪環状線「天満」駅近くの「大旦那」という店を目指します、

最近できたのでしょうか?魚料理が美味しいとの噂、日本酒も飲めるようですので、まずは探訪いたしましょう、

「天満」駅の南側ほんの2分ほどで着くはずです、

と、その前に気になる店発見!末枯れた中華料理屋「蓬莱」、

029

表から覗くと中も昭和のまんまの食堂ですhappy01、気になります、さすがに今日は見送りますがいつか来ましょうshine

もう少し行くと「大旦那」がありました、

004

大きな店構えです、さすが大旦那!happy02、では入ってみましょう、

やはり、新しい店なのでしょうか?広くてきれいな店内です、大きな逆L字カウンター、テーブル席もたくさん並んでいます、

入ったところのカウンターが空いていたのでそこに着きます、真っ赤なポロシャツのユニフォームを着たお姉さんが注文を訊いてくれます、

生はSAPPOROの★らしいです、ではそれでhappy01

今日の昼は肉を食べたからか、野菜を欲しています、

で、とりあえず「もやしいため」、なんか珍しいスタートです、あ、それと「筑前煮」も追加しました、やはり野菜欠乏症かhappy02、両方とも280円也、

「筑前煮」から来ました、

012

あら、見た目より薄味です、ちょっと物足らないのは暑さのせいか?でも、丁寧な料理の印象です、

「もやしいため」、

014

ボリュームあり、こちらは塩加減もちょうど良く美味しいですheart02、こりゃアタリです、黙々と食べますdash

さて、これでちょっと落ち着きました、

では日本酒に行きましょう、日本酒のメニューはこんな風にテイストの順に並んでいました、

005

上の方が“すっきり辛口”、下の方が“旨口甘口”となっています、よく分かりませんが一番下にある和歌山の「錦郷」にしてみました、120ml380円也、

一升瓶を持ってきて席でポロシャツの彼女が注いでくれます、写真もOK、ぜひ撮ってください、とのこと、ではパチリ、

017

これは普通でした、山廃普通酒本醸造との表示に幻惑されました、旨い、というより甘(あま)いってやつですね、

やり直しますwink

つぎは富山の「羽根屋」、純米吟醸煌火生原酒ということですが、、、

019

うん、これは美味しいです、好み、甘(うま)みたっぷりです、

肴はせっかくですので魚にしましょう、「はまち刺身」480円也、

021

これも美味しい!shine評判通り魚料理もOKみたいです、

広いフロアをフロア2人、調理場3人で回したはります、なかなか要領がよろしい、こういう店は落ち着いて飲めます、

もう一杯いきましょか、宮城の「伯楽星」特別純米、酒はほとんどが120ml380円也です、

024

表示通りちょっと辛いですが旨みもあります、やはり日本酒は純米以上かな、

料理をもう一品、「蛸のぐつぐつ」380円也、

どんな料理か訊くと、アヒージョみたいな、、、あ、アヒージョね!と調子良く受け答え、、、アヒージョ、なんとなく知ってますcoldsweats01、ではそれをお願いします、

026

これもアタリでした、美味しかった、バケットも付いてたlovely、幸せや、オイルも蛸も美味しいわ!

日本酒の揃えはもうちょっとがんばって欲しいですが、肴も魚料理も美味しいです、安くて旨い料理、イイですね、

これでお勘定です、3280円也、天満の「大旦那」、ごちそうさん!また来ますねheart04

(おまけ)

この日のランチ、

最近できた店、よくデザインされた看板に『良い食材を・・・より親しみやすいお値段で』なんて書いてあるから、、、

表のメニューの写真を見て、あ、サラダも付いてるし久しぶりに肉食べよう!と「タンシチュー」にしたら、

002

実物は、、、

001

サラダがほぼポテサラ一盛りに変身!

野菜も期待していただけに、久しぶりに「だまされた感」おおいにありpout、メニューの写真も綺麗な店でしたが、、、これはいかがなものかと思いました、、、食べましたけどねhappy02

で、この日は野菜欠乏症状が出たみたいですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

2014年夏休み企画2日目、この日は思わぬ展開に、、、「かめや」~「足立酒店総本店」~「岩田屋酒店」。

【2014年8月14日(木)】

大阪 新世界「かめや」~新今宮「足立酒店総本店」~「岩田屋酒店」

今日も夏休みです、やはりなんの予定もないので昼飲みに出掛けます、

一昨日の昼飲み、彷徨よった割にはどうもじっくりと飲めなかったので少々ストレスが残っています、今日はどうなるでしょうか?できれば手堅く行きたいですね、

ということで、平日昼飲みならまずこのエリアもいろいろとあるだろうと、今日降り立ったのはJR大阪環状線「新今宮」駅、

ここなら北に新世界、南に萩ノ茶屋と昼飲み安全地帯を南北に抱えているので安心happy01

という訳で余裕しゃくしゃくでのスタートです、

ジャンジャン横丁から新世界に入ればいくらでも飲める店があります、

でも先日、「平野屋」へ行ったところです、今日はまず新規開拓に挑戦してみましょう、

まずはJRのガード沿いに少し歩いてみると「岩田屋酒店」がありました、まだやっていません、残念heart03

001

駅前の通りを南へ渡ります、

003

目に付くのが「足立酒店総本店」、準備中ですな、暖簾がまだ掛かっていません、ええ感じですのでまた後で来ましょう、

「難波屋」は開いているかと行ってみたのですが、ここもまだでした、

案外、平日昼間いて開いている店少ないの?、、、ちょっと焦り出しますsweat02

萩ノ茶屋の商店街には何軒か開いている酒場がありました、

006

「丸玉」ここは入ったことなかったっけ?う~ん、どうも決心が付かずスルー、、、なにやら一昨日に続いて彷徨の予感がしてきますsweat01

動物園前商店街のほうへぐるっと回ります、

008

お、「足立第六酒店」って云うお店がありますね、

この近辺は「足立酒店」の領地のようですねhappy01、ここも準備中な雰囲気、

他にもいくつか気になる店はあるものの決断着かず、結局ジャンジャン横丁へ入ります、

このまま新世界の「平野屋」か「酒の穴」「半田屋」あたりへ吸い込まれそうな予感でしたが、この店にひっかりました、

014

新世界といえば“串カツ”の街です、

一昔前の剣呑な雰囲気はまったくなくなり、家族連れ、観光客で賑わう“二度漬け禁止の串カツ”の街です、

そんなジャンジャン横丁でなぜか“天ぷら”でがんばっている「かめや」、

何度も前を通っていますが未入店、前から気にはなっていました、

今日も1軒目がなかなか決まらない昼飲み夏休み、ちょうどいい機会です、今日の1軒目はここ「かめや」にしましょうgood

小さいカウンター、壁側にもカウンター、先客1組、10人ほどで満席になりそうな小さな店です、

壁側のカウンターに着きます、瓶ビールにします、中瓶500円也とこの辺りではちょいと高め、でもそこそこ歩いたのでビールが旨い!

天ぷらはまず目に付いた「若鶏の天ぷら」3個350円也にします、好物です、いつか大分に行って名物の「鶏の天ぷら」が食べるのが夢です、

もちろん通し揚げ、とくに鶏の天ぷらは時間がかかるようです、

020

で、出来上がりはこんな感じ、見た目は好きな天ぷらのタイプです、

からっという感じではないですが、鶏好きなのでOKですwink

ビールを飲み干し「芋水」350円也にしたかな、

天ぷらも単品で注文、「海老」、「アスパラ」、「茄子」、この辺りが好物、

022

これでお勘定にしました、たまには天ぷらもイイよね、

ちょっとビールが高いのが気になりますが仕方ない、串カツに飽きたときは天ぷらということでまた来るかもしれませんね、串カツの街「新世界」で天ぷらでがんばる「かめや」、また来ますねheart04


さて、萩ノ茶屋方面へ戻りましょう、

「足立酒店総本店」がやっと開店しています、これはええ感じですね、入らないわけに行かないでしょうdash

024

奥行きのあるL字カウンター、エエ店です、入っただけで分かります、大将も丁寧な言葉遣い、あ~エエ感じですheart02

028kai

「芋水」310円也、小さめのジョッキーに焼酎が入ってでてきます、自分でペットボトルの水で割るシステムのようです、良心的です、

025



肴は「きずし」270円也、ドライ・ミディアム~ややレア系、うん、美味しいです、

026

奥のTVでは今日も高校野球が盛り上がっています、何となくそれを観ながらゆっくりと飲みます、

やっとエエ感じで飲める店発見ですhappy01

もう一品「ニラ玉」210円也、安!

031

そろそろと「芋水」もお代わりして、これくらいで切り上げようかな、、、と思っていたら、FB友からメッセージがsign03

近くでホルモン食べてるけど合流してイイ?

そう、ここ「足立酒店総本店」、良い店でしたのでFBでチェックインしたのです、それを見つけられたようですcoldsweats01

もちろんOKです、

ほな、すぐ行きますわ、

ということで、いきなり3人が合流、そのままここで飲み直しとなりました、とりあえずカンパ~イbeer

てなわけで、あとはよく覚えておりましぇんsweat01 

写真を手がかりにすると、「マカロニサラダ」を頼み、おそらく何杯か「芋水」を飲み、、、

035

もう一軒行ってます、、、

あ、「足立酒店総本店」、とても良い立ち飲みでした、再訪確実、ごりちそうさん!また来ますねheart04

この後は「岩田屋酒店」が開いていたので入店、

037

写真だけが頼りです、「ひらあじ」?

041

「おばけ」、

042

「ポテトサラダ」、

043

たしか日本酒を常温で飲みましたね、多聞だったか?

045

ワイワイと飲み、先客お帰りになり、お母さんと店の話などをしたような記憶がうっすらとcoldsweats01、、、

あと、何品方飲んでいます、「まぐろ」、「にんにくオイル揚げ」、「煮込み」など?

048

「岩田屋酒店」も好印象でしたが、、、スイマセンsweat01、酔っぱらいでした、

次回は素面で再訪いたしますhappy01、1軒目に来ます、ね、また絶対に来ますねheart04

ということで、どうして家の帰ったのか?久々の記憶ぷっつり、

なんとか帰巣本能のみで無事帰り着いたようです、、、飲んだ飲んだ、、、

(おまけ)

翌日は実家に行き、家族で夕食、恒例若者所望の焼き肉、
三条木屋町下ル東入ルの焼き肉「弘」先斗町店、

京町家を再生したエエ感じのお店です、

001_2



肉もこういう刺しが入ったお肉、

010



「ユッケ」は工場生産のパッケージのまま、安全性確保のためだそうです、へ~、

003_2

しかし脂の乗った赤身肉はもうそんなに多くは食べられないわsweat02

「タン」と「ハラミ」少々と「上ミノ」「テッチャン」があればイイです、

というワタシにはもったいない焼き肉でした、猫に小判?豚に真珠、ちょっと違うなあ、こういう場合の慣用句は何だっけ?wink

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »