« 日曜日も開いている店、でここにしました、海鮮がリーズナブルな野田阪神の「満海」。 | トップページ | 木津市場の店に続いて、天満の「やまなか」にも行ってみましょう、そして「吉田スヰッチ」。 »

2014年10月27日 (月)

近くて遠い?遠くて近い?土佐堀三丁目で立ち飲み3連荘、「森田商店」~「もなか」~「銀座屋」へ^^)。

【2014年9月16日(火)】

大阪 土佐堀三丁目 「森田商店」~「もなか」~「銀座屋」

この辺りにも立ち飲みがあるんです、今日は土佐堀3丁目辺りで立ち飲み梯子計画実行です

土佐堀3丁目ってちょっと遠いです、

梅田から歩くと30分近くかかるんじゃないかな、でも「西梅田」から「肥後橋」駅まで一駅乗るのもほとんど意味がないような気がするので歩きます

本当はもっと早い時間に出たかったんだけど仕事で出遅れ、到着が19時30分頃になりました、

この土佐堀通り沿いの3丁目には3軒ほど立ち飲みがあるのですが、出遅れているので一番閉店時間が早そうなここから攻めてみましょう、

「森田商店」、

角打ちですね、そうか、ここにもあったか、よしよし、てな感じです、見つけた時は嬉しかったね、

間口が広く左手が暖簾が掛かった角打ちスペース、

009

右側が酒販スペースのようですが、なんか右側からの方が入りやすそうなので右から入店、

010



酒販スペースを抜けて左側の立ち飲みスペースへ入って行きます、

奥のお勘定のカウンターにお父さんとお母さん、酒販スペースからきたからか、、、??な顔で迎えられます、スイマセン、飲めますよね、一人なんですが、大丈夫、はい、ではこの辺りで、

カウンターと大きめの立ち飲みテーブルが3つか4つ、空いていたテーブルに着きます、他のテーブルやカウンターには常連さんが7~8人、

え~っと注文は、、、瓶ビールは?大瓶だけ、なら缶ビールかな、あ、自分で取ったらイイですね、はい、

ということで、リーチインからこの缶ビールを取り出します、

003

この缶ビール飲むの初めてです、うん、悪くないよ、

壁のメニューをみて「奴」と「じゃこ天」も頼みます、

004

ふ~、なんとかこれで一段落ですわ、と壁の時計を見ると19時40分くらい、そして、、、その時計の横の貼り紙を見てびっくり、、、 

『立ち飲みは19時50分まで』

うわ、もう10分ちょっとしかありませんやん、それでか?入店時のあの雰囲気は?

お父さんに話しかけます、

もうすぐ終わりなんですね、

あ、はいはい、

てな感じでニコニコしたはります、これは案外延長可能なんかな?と淡い希望を抱きます、

「じゃこ天」も来ました、

005

軽く炙られています、うむ、美味しいやん

ビールがなくなりそうです、

あと数分で制限時間ですが、常連のみなさんはまだ余裕で飲んだはります、これはもう一杯飲むかな?日本酒かな、、、なんて考えていたら、急にあちこちからお勘定の声が!

やはり、制限時間一杯のようです、実質20時には閉店、みたいな感じですね、あ、大お母さんも出てこられた、

ではワタシもお勘定にしましょう、550円也、

やはり閉まるの早かった、次回はもっと早く来ないといけませんね、土佐堀3丁目の角打ち「森田商店」、ごちそうさん!また来ますね

2軒目は土佐堀3丁目の一番西にある、立ち飲み「もなか」、

011

ここは新しい感じ、看板もちょっとシュッとしてます、入ってみましょう、

15人くらいで満席になりそうなコの字カウンター、

7割ほどの入り、流行っていますね、カウンターの中には若いお姉さんが2人、ほう、女性のみの運営なんだ、これが人気の源泉か、、、

焼酎にします、一番安い「かのか芋」280円也の水割りにします、

肴は「落花生とうふ」180円也、珍しいよね、それにします、

015

お、ねっとりとした感触は胡麻豆腐みたいですが、あとでピーナッツの味がふぉわっと広がります、美味しいです

近所のサラリーマンの憩いの場ですね、

ワタシも紛れてもう一杯飲もうかと思ったのですが、新規の2名さんが隣に来店、詰め合わせて、どうぞどうぞ、ワタシは奥に詰めればいいですか?はい、

立ち飲みでの詰め合わせは義務です、問題ないです、、、が、、、 

新規手前のお客さんがヘビースモーカーです

空調の関係でか?紫煙が見事にワタシの目の前を漂っています、うわ、これはあきません

煙草は長く吸っていたのであまり気にしないのですが、この詰め合わせ状態でこの紫煙はちょっときついです、、、

ここは撤退しましょう、お勘定をお願いします、

スイマセンね、一杯だけで、印象イイですよ、大丈夫ですよ、な気持ちで勘定は460円也、はい、立ち飲み「もなか」、こちらも再訪してゆっくり飲みたいです、また来ますね

さて、3軒目はちょっと阿弥陀池筋の方へ戻ります、

来ました!「銀座屋」です

018

「銀座屋」と云えばそう、JR大阪環状線「天満」駅前の「銀座屋」が思い浮かびます、最高のCPを誇る立ち飲みのうちの1軒です、大阪駅前第1ビルB2Fにも支店があります、

で、この「銀座屋」はあの「銀座屋」と関係あるのでしょうか?入ってみます、

ウナギの寝床、20人くらいは立てそうな長い1本カウンターです、カウンターの中にはお兄さんが一人、入ったところが空いていました、

とりあえず「芋水」、ここでも“かのか”で270円也、

022

ざっと壁のメニューを見て決定、ここはあの「銀座屋」の支店ですね、間違いないです

料理は「はまち造り」280円也にしました、

023

なんとこれが一番高い料理でした

「あら炊き」200円也、「鳥唐揚げ」250円也、「あんこう唐揚げ」250円也と「銀座屋」メニューが並びます、「ごった煮」180円也というのは初めて見たかも、ちょっと気になる、

カウンターなのに一人客がいません、二人か三人のグループ客で賑わっています、場所柄ですね、近所の会社帰りのサラリーマンの憩いの場です、

もう一品、「ポテサラ」150円也、

024

ゴロゴロ系、きゅうり、人参、コーン、ハムに青海苔がかかっていました、ボリューム満点です、

これでお勘定にしました、700円也、帰り際にお兄さんに念のため確認、

ここは天満の「銀座屋」と関係あるんですか?

はい、ワタシは昼間は天満の店にでてます、

やはりそうですか、「銀座屋」3軒目を確認です、まだ他にもあるのだろうか?

とにかく安い、旨い、とってもリーズナブルな立ち飲み「銀座屋」土佐堀3丁目店、ごちそうさん!また来ますね

はい、今日は久しぶりに立ち飲み3軒梯子でした、

3店とも100m以内にあるという好立地、そして3軒ともそれぞれに持ち味があってよござんした、3軒で3杯4品頼んで合計1710円也、なのに、なんか遣い過ぎたような錯覚も憶えます

土佐堀3丁目、また来ますね

 

|

« 日曜日も開いている店、でここにしました、海鮮がリーズナブルな野田阪神の「満海」。 | トップページ | 木津市場の店に続いて、天満の「やまなか」にも行ってみましょう、そして「吉田スヰッチ」。 »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近くて遠い?遠くて近い?土佐堀三丁目で立ち飲み3連荘、「森田商店」~「もなか」~「銀座屋」へ^^)。:

« 日曜日も開いている店、でここにしました、海鮮がリーズナブルな野田阪神の「満海」。 | トップページ | 木津市場の店に続いて、天満の「やまなか」にも行ってみましょう、そして「吉田スヰッチ」。 »