« 大阪九条でも立ち飲み3連荘です、まだまだありますわ、「泉本店」~「泉商店」~「小林の酒場」。 | トップページ | 天王寺からまだまだ歩きます、裏なんばでウロウロしてたら見つけました、立飲み焼き鳥「みづき」で日本酒です。 »

2014年10月30日 (木)

大阪桃谷から探訪開始、成果も少しありながらまずは天王寺「森田屋」で一杯。

【2014年9月20日(土)】

大阪 天王寺 「森田屋」

今日はJR大阪環状線「桃谷」辺りから探訪してみますshine

「桃谷」は鶴橋の一つ南側の駅、

環状線の外側(東側)は何度か探訪しております、ホルモン焼きの「金屋」がありますね、あ~また「金屋」の「こぶくろ刺し」が食べたいわheart02

057

ですが、今日は環状線の内側、西側を探訪してみます、

玉造筋を越えて西へ歩きます、

この辺りは閑静な住宅地です、でも先の戦争では空襲で焼けたようです、いくつかそういう旧跡案内などがありました、

また、この辺りは上町台地(で良いのかな?)なので適度な坂があります、

こういう坂のある街並みは好きです、なんか大阪市南部のステレオタイプなイメージとはちょっと違いますね、

公園ではテニスと草野球やってるし、夕陽丘高校だったかな?ここも綺麗で立派な建物でした、エエとこで勉強したはります、なんかほんまエエ住宅街ですわshine

でも、問題は、、、飲み屋が全くないことです!happy02

細い商店街が延びる「桃谷」駅東側とは対照的にこちらには酒場、角打ちなどの気配が全くしません、いくら勘の良いワタシでも、運の良いワタシでもこりゃ今日は失敗だったかなsweat02

やはりこの辺りで酒場、立ち飲みは無理か、、、

と、夕陽丘高校の横の坂を上っていると、、、

酒屋らしき店を発見!シャッターは閉まっていますがどうも角打ちの匂いがします、

「吉村善酒店」、

シャッターの前でしげしげと観察していると自転車に乗った女性が、、、

てっきり通り過ぎるものと道を空けたら、、、シャッターの前で止まられました、

ええ!ちょっとビビって数歩退きますhappy02、女性はすばやくシャッターを開けて店内に入られます、

おお、なんというタイミング、

今日の探訪で初めて見つけた角打ちらしき店、ついガン見していました、中の様子はよく分かりませんでしたが、間違いなく角打ち営業の店ですflair

今日の収穫、ありましたsign01

時間は15時前くらいかな、開店はまだでしょう、ここはあらためて探訪することにします、また来ますね!、

収穫ありに気を良くしてサクサクと歩きます、

自然と四天王寺さんへ足が向きます、そういうと今は彼岸です、参詣の人も多いです、参道や境内の店を冷やかします、

008

012

境内は古着の店が:多いんですね、外国人観光客が着物の古着を物色されてます、

011

四天王寺さんの池には亀が付き物と昔から相場が決まっております、

たしかに池には亀が無数に、、、

でも、よく見ると全部外来種の“ミドリガメ”です、日本固有種の亀は駆逐されたようですheart03

そら、ワタシらの子供の頃から祭りとかでミドリカメを売ってましたからね、亀は長寿だし、それにミドリガメは繁殖力も強いらしいです、固有種駆逐も必然か、、、

泥ガメは何処へ!?happy02

さて、そろそろと阿倍野天王寺へ続く商店街です、そこそこ歩いたのでぼちぼち一杯飲みたいところですね、

スタンド「森田屋」があります、

015

萩之茶屋の商店街にあった店の流れですね、

出来たのは1年半ほど前でしょうか?今では元の萩之茶屋の店は閉店したのでここが本店ということでしょうか、

幸いこの時間から営業しています、入りましょうwink

大きなL字カウンター、奥にはたしかテーブルスペースもあり、2階もあるはずです、

L字の縦棒下部に着きます、歩いたのでとりあえずの生ビール390円也、

目の前の冷蔵ショーケースの中やカウンターの上に料理が並んでいます、メニューも多いですね、いろいろ迷った結果、ウリだったような気がする「まぐろすきみ」350円也にします、

017_2

うん、イケます、ここは料理も安定感があってエエ感じです、

昼飲みは大人の時間ですね、

ご近所の先輩方々、女性の二人組、四天王寺詣りの帰りとお見受けする老夫婦など大人の時間が流れています、

日本酒にしましょうか、

地酒もいくつか置いておられます、リーチインの中で目に留まったのは「壽」のラベル、このラベル見覚えがあります、春先だったか、神戸新開地の写真展のレセプションで振る舞っていただきました、美味しかった記憶があります、それにします、

019_2

どうやら「磐城壽」650円也という山形の酒です、辛いですが甘(うま)みもたっぷりで好みの酒でした、

2品目は目の前のカウンターに並んでいた「鰻蒲焼き」がどうにも美味そうです、700円也と高価ですが我慢できずに注文しますwink

020

身が厚くて美味しいです!鰻、ホントに高嶺の花になりましたが、やっぱり好きだなあheart02

「磐城壽」をちびちびやりながら「鰻」もちびちびいただきました、これはバクバク一瞬で食べるのはモッタイナいです、

はい、これでお勘定です、2000円ちょっと、ごちそうさんで!安定感抜群ですね、天王寺のスタンド「森田屋」、また来ますねheart04

では、まだまだ歩きますよgood

 

 

 

 

|

« 大阪九条でも立ち飲み3連荘です、まだまだありますわ、「泉本店」~「泉商店」~「小林の酒場」。 | トップページ | 天王寺からまだまだ歩きます、裏なんばでウロウロしてたら見つけました、立飲み焼き鳥「みづき」で日本酒です。 »

大阪南部」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/57640221

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪桃谷から探訪開始、成果も少しありながらまずは天王寺「森田屋」で一杯。:

« 大阪九条でも立ち飲み3連荘です、まだまだありますわ、「泉本店」~「泉商店」~「小林の酒場」。 | トップページ | 天王寺からまだまだ歩きます、裏なんばでウロウロしてたら見つけました、立飲み焼き鳥「みづき」で日本酒です。 »