« “裏なんば”の「魚屋 ひでぞう」から辿り着きました、今里の「魚屋 ひでぞう」へ、魚と日本酒です^^) | トップページ | 暑い日でした、京都の「キコク食堂」から、大阪で一番熱い、いや一番暑い酒場へ入ってしまいました、“ぶらり横丁”「大関」。 »

2014年9月16日 (火)

そろそろ土用の丑の日が近づいて来ました、新宿思い出横丁「カブト」で鰻串、品川の「酒肆大関」で旨いまぐろ、ランチは新橋の「花未月」と美味三昧。

【2014年7月24日(木)】

東京 新宿「カブト」~品川「酒肆大関」

今日も暑い、、、関西も暑いけど東京も暑いです

2014年の「土用の丑の日」は7月29日だそうです(詳しくはこちら)、

そろそろ近づいてきました、この頃になるとやはり鰻が食したくなりますな、平賀源内さんが考案したセールスキャンペーンとはいえ、今や押しも押されぬ日本の風物詩であります、四季折々、いろんな食べ物が楽しめるのが日本であります、ここは四の五の云わずに、、、鰻が食べたい!

でも、近年の稚魚の減少傾向(2014年の稚魚は豊漁のようですが)=鰻の高騰で「鰻重」は本当に高嶺の花となりました、ちょっと油断してビールに「鰻重特上」などを頼んでしまうと5000円札が飛んでいきます、

でも、平賀さんの甘言に乗って鰻は食べたい

で、思いついたのがここです、新幹線に乗る前にちょっと新宿まで行ってみましょう

久しぶりの新宿「思い出横丁」、

そろそろと店が開き始める時間です、もう開いている店で一杯やってる諸先輩方もいらっしゃいます、いいですね、だいたいがオープン形式の店、みなさん汗拭き拭き飲んだはります、

思い出横丁の中程を過ぎた辺りで路地が少しクランクします、

016_2

そこにあるのが鰻串焼きの「カブト」、今日はここで鰻食べて、飲んで帰りましょう、

関西にはほとんどない“鰻串焼き”、東京でも少ないですが何軒か行きましたね、、、国立、阿佐ヶ谷、中野、大井町、、、ちょっと贅沢ですが美味しいです、

ほぼ全面オープンのコの字カウンターに10数席、ここでも皆さん汗拭き拭き飲んだはります、縦棒に取り着きます、

とりあえずビールですね、どぶ漬けで冷やしてあるのかラベルは剥げてますな、

014

KIRINの大瓶、「おしんこ」も出てきます、

駆けつけで2杯ほど、

ふ~、今日は本当に暑いです、ビール飲んでもこのオープンカウンターでは汗が引きません、このまま頑張り通すしかないですね

一応、串の単品メニューの短冊が並んでいますが、最初は単品オーダーはできません、「一通り」、すべての串が順番に出てくるセットメニューとなります、

この「一通り」、東京の鰻串の店ではこのセットメニューが一般的かな、

「カブト」の「一通り」は、まず「えり」2本340円なり、

011_2

「えり」とは“ひれ”の部分でしょうか?小骨がついています、

でも、次にくるのが「ひれ」2本340円也、

012_2

これは文字通り“ひれ”の部分なのか?なんか違うか?よく分かっていません、でも、ここは美味しいです、好きな部位です

あとは1本づつで、

「蒲焼き」330円也、「れば」300円也、「きも」300円也とほぼ同時に出てきました、

015

手前が「蒲焼き」、おなじみの味、もちろん美味しいです

真ん中が「れば」かな?奥が「きも」?、、、でも「れば」と「きも」ってどう違うの?一緒じゃないんだ、どなたか教えて下さい

と、汗だくで串を7本、大瓶1本でちょうど完食、

余裕があれば日本酒に変えて「蒲焼き」でも追加したいところですが、さすがに暑いです!、河岸を変えて涼みたい!!

ここはこれでお勘定にしましょう、

ごちそうさん!土用の丑の日には鰻を食す、いいじゃないですか、たまの贅沢、美味しかったです、新宿思い出横丁の「カブト」、また来ますね

さて、新幹線で帰阪です、

山手線で涼みながら「品川」駅へ、でもこのまま帰るのもったいない、予約の新幹線まではまだ少しだけ時間あります、もう一軒行きましょう

「品川」駅高輪口北側の再開発ビルの2階に「酒肆大関」があります、料理が旨い店です、寄っていきましょう、

逆L字カウンター、縦棒上部に着きます、いつもの席です、

飲み物は「芋水」、お通しは「」そしてこれまたいつも注文する「奴明太乗せ」、これまたいつもの「お通し」です、

019_2



料理は「中落ち」680円也、

022

これが美味しいのです

形は悪いですが中トロと赤身、ボリュームもたっぷり、だいたいこれだけで最後まで飲めてしまいます、東京は本当にまぐろ天国です

この日は味違いで「しらすおろし」380円也も頼んでますね、

023

「芋水」のお代わりをしたところでそろそろ新幹線の時間です、

品川の「酒肆大関」、ごちそうさん!

相変わらずの安定感、「中落ち」美味しかったです、いつも新幹線の時間調整で使うのはもったいないね、一度腰を落ち着けて飲みたいもんです、また来ますね

(おまけ)

この日のランチもよかったです

新橋の「花未月」で「焼き魚(鮭)」、

005

魚も、かやくご飯も、味噌汁も小鉢もすべて美味しい!12時前に満席になったのも納得です、ここも、、、また来ますね、です、

|

« “裏なんば”の「魚屋 ひでぞう」から辿り着きました、今里の「魚屋 ひでぞう」へ、魚と日本酒です^^) | トップページ | 暑い日でした、京都の「キコク食堂」から、大阪で一番熱い、いや一番暑い酒場へ入ってしまいました、“ぶらり横丁”「大関」。 »

新宿」カテゴリの記事

五反田旗の台品川」カテゴリの記事

新橋虎ノ門浜松町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ土用の丑の日が近づいて来ました、新宿思い出横丁「カブト」で鰻串、品川の「酒肆大関」で旨いまぐろ、ランチは新橋の「花未月」と美味三昧。:

« “裏なんば”の「魚屋 ひでぞう」から辿り着きました、今里の「魚屋 ひでぞう」へ、魚と日本酒です^^) | トップページ | 暑い日でした、京都の「キコク食堂」から、大阪で一番熱い、いや一番暑い酒場へ入ってしまいました、“ぶらり横丁”「大関」。 »