« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

腹ごなしに東十条から十条まで歩きます、で「斎藤酒場」をスルーして、、、帰れませんでした、入店^^)

【2014年6月25日(水)】

東京 十条 「斎藤酒場」

「東十条」駅と「十条」駅は歩いて10分くらいかな、

一駅北側の「赤羽」駅で京浜東北線と埼京線が同じ駅に乗り入れていますので、この2駅は結構近いのです、

関西で云うと、、、

「西九条」駅と「九条」駅?駅名の感じは似ていますが、違うな~、歩くと15分以上かかりそうやし、JR「大阪環状線」と「地下鉄」の駅ですからね、

閑話休題sweat02

東十条の「埼玉屋」で異次元の焼きとんを食べた後です、

そろそろと新幹線の時間が気になりますが少し時間があります、腹ごなしに「十条」駅まで歩いて帰りましょうかgood

途中、気になる店をパチリ、

036

あ、大衆演劇の小屋がありますねshine、こういうの観たことないですが根強い人気ですね、

037



さて「十条」駅に着きました、

このまま乗るなら手前の改札から行けるようですが、一応、あの店へご挨拶しときましょかhappy01

踏切を渡って路地を左へ入ると、、、「斎藤酒場」があります、

ここもまた良い店であります、今日も盛り上がってますか?引き戸が開いており中の様子が見えます、はい、やはり盛り上がっておりますwink

042

でも残念ながら今日はこのまま新幹線に乗って関西へ帰らないといけません、残念ですが今日はこのまま帰りますね~、、、

と、いうつもりだったのですが、いや、ちょっとだけならイイよねcoldsweats01、でも新幹線の時間がもう迫ってますsweat01、、、

え~い、まだ新幹線はあります、40分ほどずらします!スマホでホイホイと変更good

では、入ります、30分一本勝負です、

9分以上の入りです、変形の大き目のテーブルがランダムに並ぶ店内、入ったところのテーブルでお勘定があったようで席は空いています、

ここでいいですか?
はい、今片付けますからね、ちょっと待ってください、

ということで無事着席、変形テーブルには5人ほど、

知らぬ同士が小皿叩いて♪ちゃんちきおけさ♪ですhappy02

もう、お酒にしますね、熱燗でいい?と訊かれ、思わず「はい」と応えます、ぬる燗もあったかな、、、

お通しは「落花生」2個、

045



肴は「まぐろぶつ」280円也にします、

049

これが美味しいcherryblossom、中トロな感じです、

さすが老舗酒場の実力ですな、うんうん、

エエ感じで熱燗いただきます、こうなると燗酒も美味しくなってくる、うんうん、

注文するとこのシートにチェックが入ります、

052

熱燗は180円也のようですね、

使っておられるのは色鉛筆ですね、これはフロアのお母さん担当者毎に色が違うようで誰が受けた注文か分かるように工夫されているそうです、この辺りもさすが、真摯な営業態度ですgood

このまま、もう一本飲んで泊まって帰るか、、、な気持ちになりますが、、、だめだめ、さすがにもう帰りましょう、

ごちそうさん!460円也、十条駅前の「斎藤酒場」、こちらも久しぶりに入れてヨカッタです、また来ますねheart04

表にこんな貼り紙が、

054

年齢的にはピッタリです、応募してみっかなhappy01

(おまけ) この日のランチは新橋の「ととや」、

味噌汁、茶碗蒸し、小鉢が2つに香の物、

014

そしてメインディッシュは「ぶり大根」、

015

「ぶり大根」は出てくるの早かった、ラッキーshine

もちろん美味しかったですheart04、東京ではこういうレベルのランチの店は少ないです、ランチは大阪の方が美味しいとは思いますが、ここはOK、1080円也、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

5年振りくらいで東十条の「埼玉屋」へ、異次元の“焼きとん”9本をいただきます^^)

【2014年6月25日(水)】

東京 東十条 「埼玉屋」

ちょいと早めに仕事が終わったので、久しぶりに東十条に来ました、

JR「東十条」駅近くには有名な焼きトン店が、それも地名が店名になったお店がすぐ近くに2店あります、

「埼玉屋」と「新潟屋」、それぞれ個性があり両店とも大好きですheart02

さて、今日はどちらに行きましょうか?前回は「新潟屋」に入りましたっけ、では今日は「埼玉屋」にしましょうかwink

034

開店間もない時間です、ちょうど皆さんが着席したところですね、若大将から声がかかります、

「焼きトン、9本出ますけど、大丈夫ですか?」
「はい!」

ということでコの字カウンターの縦棒に着きます、

お隣の「新潟屋」がオーソドックスな焼きトン屋のスタイルを追求しているのに対して(それはそれは素晴らしい酒場なのですlovely)、

こちら「埼玉屋」はアバンギャルドですhappy02、焼きトンにアバンギャルドがあるのか!?とつっこまれると困りますが、とにかく“焼きトン”の概念をひっくり返すお店です、

初めてきた時は本当にびっくりしました、異次元の焼きトンでした、今日は久しぶりなのでとても楽しみですshine

いつの頃からか、コースのように串が出るようになっています、

初めて来た時はもう少し緩やかで、開店時は各々の注文を訊けないほど混むので、ネタを順番に焼いて行くのに客全員が乗る、と云った感じでした、たしか一人客でも2串づつ出たので一人だとあっという間にお腹いっぱいになってしまったsweat01のを思い出しました、

今はどうやら一人1本づつ、9本までは一旦皆同じように供されるようです、

夜はこういうことはなかった(普通に注文していた)ように記憶していますので、開店時のみの対応なのでしょう、一通りが終わるともちろん追加オーダーも可能です、

コの字カウンターがほぼ満席となってスタートです、

まずは飲み物、ホッピーは生ですね、これも珍しいかな、普通ならワタシもホッピーなのですが、ここでは「レモンサワー」が主流派です、あまり飲まないワタシも主流派に属したいのでhappy01レモンサワーでお願いします、

焼きトンとは相性の良い「レモンサワー」、

ジョッキーの縁に塩が擦り付けられています、これをちょいと含みながら飲むレモンサワーは格別です、あ~、旨い!

025

お通しに「大根の小鉢」が出て、大将の焼きスタートを待ちます、

結論から書くと、ここから驚愕の焼きトンを9串食べるのに約2時間、レモンサワー3杯とともにいただきました、

2時間と聞くと長いように思われるでしょうが、この2時間、退屈する事もなく、ストレスもなく、ただただ美味しいもつ焼きとレモンサワーをいただく至福の時間になるのでありますshine

炭の具合を確かめながら飲み物が各自に行き渡ってから、大将が焼き始めます、

まずは「バラ」、豚バラですね、

これがびっくりの一串です、レアな焼き加減、店内の10数人の客が一様にこれでノックアウトですhappy02

こんな“豚バラ”食べたことありません、先輩に連れられて初めて来たと云う隣の若者も悶絶してました、

写真なし、とにかく早く口に入れたくて、撮影の間なし、

2本目は「シロ」、これもびっくり、めちゃくちゃ柔らかいのです、

026

これはかろうじて一口食った後にパチリ、この最初の2本のインパクトがあまりに強いので、もうこの段階で大概の客は脳味噌が痺れていますhappy02

ここで早くも「レモンサワー」お代わり、

3本目は「レバー」、これも旨かった!ので写真なし、 

続いて「ハツ」、噛めば味わいが広がります、

027

大将は客全員に目を配り、軽口や蘊蓄(うんちく)も語りながら焼き進めます、オイルの使い方とかの講釈、西洋料理にも造詣が深い?

七味を皿に盛って付けて食べようと思ったら、大将がめざとく見つけて、

「七味は串に直接かけたほうが旨いよ!夏場は香りを楽しめるように山椒を多めにしてるから、ね」

はい!分かりました!な感じワタシ他のお客さん、

慣れた常連さんはサイドオーダーを挟まれています、

いくつかあったのですが忘れました、「ポルコ」っていうのはザワークラフトかな?あと、なるほど!っていうネーミングの一品があったのですが、、、忘れちゃったcoldsweats01

「ねぎま」、バラに葱ですね、

028

「ちれ」、これが凝っていてバターを少し乗せていただきます、

030

前回はこれにもやられたのですが、、、この日はこのタイミングで大将がお客さんと話し込まれました、あ、あ、ちょっと焼きすぎちゃいます、と心配しながら観ていたのですが、、、やはり、ちょっと焼きすぎでした、もったいないheart03

ラストスパートdash

「レモンサワー」は3杯目、ここで焼き方が若大将に変わりました、大将はフロアに出て接客、

「しゃも」、こちらはサルサソースがかけられます、

033



「カシラ」、脂がないタイプ、

031

最後は「タン」、この辺りはまあ普通です、

ふ~、ここまでで約2時間、ストレスありません、

お腹いっぱいになりました、気分良く飲めました、最初の2本を食すだけでも値打ちがあります、東十条の「埼玉屋」、ごちそうさん!美味しかったです、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

あと10分で大阪駅前第2ビルの「山長酒店」へ、そして、久しぶりの「マルコ酒店」へ入ったのですが、、、

【2014年6月24日(火)】

大阪 駅前ビル 「山長」~「WINE MARCO」

この頃、ちょいと忙しくなってきましたcoldsweats02

この日も20時30分を過ぎてやっと一段落、

12時間勤務やんか!でも、このところ月曜日はノンアルデー、火曜日は飲みたい日なのです、いくぞ~!!dash

 

と、急ぎ足で駅前第2ビルB1Fの「山長酒店」の立ち飲みを目指します、

入店が20時50分頃、21時までの「山長酒店」はそろそろと終い支度モードです、でもまだお客さんはいらっしゃいます、

飛び込みますdashスイマセン、まだいけますか!

どうぞ~、

ふ~、なんとかセーフです、おおきに、

ではSAPPORO小瓶下さい、そしてカウンター前にある冷蔵ショーケースから好物の「蛸の炊いたん」をお願いします、

009

ふ~、こんな感じで飲むのは久しぶりです、

仕事のことは忘れて飲むぞ~!みたいな感じです、これはこれでガンバレるものがあります(なんのこっちゃhappy02)、

ビールを飲み干して(いや、毎度の如くちょっと残したかもhappy01)、日本酒に行きます、好みの「百十郎 青面」が“青面祭”で300円になってました、それ、乗ります、

011

酸味と旨味がある「百十郎 青顔」、美味いです、この頃は家でも一升瓶で飲んでいましたheart02

肴は「おから」を追加しました、「蛸の炊いたん」と共に「山長酒店」での定番です、

本当はもう少し飲みたいところですが、残念ながらここで閉店です、他のお客さんもどんどんお勘定、ワタシもここでお勘定です、1150円也、

大阪駅前第2ビルB1Fの角打ち「山長酒店」、安定感抜群、日本酒も肴もイケます、また来ますねheart04

さて、もう少し飲みたいですね、久しぶりに第3ビルB1Fの「マルコ酒店」へ行きましょうか、

012

やってます、でもなんか暖簾が変わったような気がするな~、「WINE MARCO」になっています、、、でも、気にしない気にしない、では入りましょう、

あら、先客ゼロ、まあいいや、すいませ~ん、一人です、

奥の調理場にお父さんとお母さんがいらっしゃいます、ここでいいですか?では、え~っと日本酒もらえます?え?なんですか?日本酒は、、、ない!!sweat01

あら~、久しぶりに来たらお店のポリシーが変わってましたhappy01

聞くと、日本酒は3年前に、ビールは2年前にやめたそうです、ビールなどは周りに200円台とかで生ビールを売る店が乱立、売れなくなったので止めたそうです、えらいすっぱり止めはりましたね、そして、、、もう2年以上来てなかったんですねsweat02、失礼いたしました、

そうですか~、で今は“ワイン専門店”なんですね、

ではワインをいただきます、赤ですね、重いのがイイです、、お任せします、ワインはまったく分かりませんので、

で、いただいたのは「シャトーナルドン2005」、185ml、ボトルクオーターで1150円也とのこと、高いのかどうかもよく分かりません、

肴も頼みます、ここは料理も手作り感一杯で美味しいのですよ、え~っと「チーズオムレツ」700円也にします、

あ、店内はある時から残念ながら撮影禁止になっていますので写真なしです、

で、一人でしっとり飲んで、美味いオムレツをいただいていると団体さんが入店、

男性ばかりの6~7人ほど、皆さんワイン好きなんですね、なにやらあれこれと云いながらワインを注文されています、ワインが分かる人にはある意味、尊敬の眼差しです、

さて、ワイン1杯で大き目のオムレツを完食、これでお勘定です、

ほんと久しぶりに来た「マルコ酒店」は暖簾の通り「WINE MARCO」に変身されていました、角打ち立ち飲みでワインオンリーというのは非常に珍しいのではないでしょうか?「WINE MARCO」、おおきにごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

3月の火災で被災消滅した「十三屋」が新店舗で営業だそうです、行ってみます^^)、そして「中島酒店」へ。

【2014年6月21日(土)】

大阪 十三 「十三屋」~「中島酒店」

2014年3月7日(金)早朝の火事で大きな被害を受けた大阪十三の「トミーズタウン」、

阪急電車「十三」駅西口すぐの路地裏飲み屋街の36店舗が焼失しました、

ここは35年ほど前から幾度となく通った路地裏です、

もつ焼きの「七つ海」(2001年閉店)、「万長」(閉店年度不詳)など思い出深い店がいくつかありますが、今回の火災で「七つ海」「万長」と同じ時期から通った「十三トリス」も今回の火災で無念の消失sweat02

他には「十三屋」も燃えてしまいました、本当に残念ですheart03

でも、「十三トリス」は北新地に支店という形で店を出すようですし(2014年8月25日開店予定)、「十三屋」も十三東口に新店舗を開店されましたshine

今日は京都で所用を済ませ「ジンスケ」で“近大まぐろ”で日本酒をいただいた後です、

阪急電車で大阪へ戻ってきたのですが十三で途中下車です、「十三屋」が新店舗を開店したので行っていることにします、

阪急「十三」駅東口に出ます、焼けた西口の反対側、京都線特急ならホームに降りてそのまま東口に出れます、

線路沿いの方のアーケードを少し行って右手の路地に入ります、

025

この前訪問した「正宗 京屋」の路地ですね、もう少し奥まで行くと左手に「十三屋」新店舗がありました、では入りましょう、

さすがに前の店よりはかなり狭いです、左手にカウンターで7~8席、右手には壁にくっついた4人掛けのテーブルが4つだったかな?

ほぼ満席ですが、いつものように指で一人客であることを示すと「どうぞ~」とのこと、3つ目のテーブルへ案内されました、

もちろん相席です、向かいに2人組、お隣はお一人のようです、小さなテーブルに3組4人の相席です、でも大丈夫、みなさん「十三屋」の常連さんなのでしょうか?どうもどうも、どうぞどうぞの譲り合いで気分よく座れます、

京都で飲んで来たのでここは「芋水」300円也にします、で、とりあえずの「ぬた」250円也にします、

028

狭い店内にフロアの大将の声が響きます、

カウンターの中にも店員さんがひしめいています、狭くなってもオールスタッフでの対応でしょうかね、被災から3ヶ月ほど、こうやって飲んでる皆さんが笑顔であります、

おでんかな、と思いつつ次の注文は天ぷらに日和ました、「いわしの天ぷら」300円也、

031

天つゆが嬉しいです、

これでお勘定にします、まずは新店舗で再開の「十三屋」、早く元の路地への復帰が待たれます、待ってますね~、また行きたいです~heart04

さて、路地を抜けて気になっている「十三食肉センター」の前へ、

032

うむ、一度入ってみたいが今日はもう食べ過ぎです、いや今日も食べ過ぎかcoldsweats01、またもスルーです、

で、お隣の立ち飲み「中島酒店」へ吸い込まれました、なんとここ初めてなんですsign01なんか縁がなくって、、、

022

で、入ってヨカッタです、イイ立ち飲みですheart02

店内の感じがヨロシイ、大将とお母さんの人柄かな、肴も多いし、日本酒も揃っています、正統、正しき立ち飲みの系譜ですね、

ワタシは「十三食肉センター」側から入りましたが、反対側にも入り口があります、ワタシが入った方がL字カウンターの角の部分になるので、こちらの方が入りやすいと思います、

035

客のおっちゃんが結構酔っぱらっていますが、それでも店の雰囲気が壊れないのは大将の手腕か、常連さんの思いやりかhappy01

ここでも「芋水」290円也、

033

水はペットボトルに入っていたみたいです、

そして、「奴」150円也

034

これで終わろうと思っていたのに、ついうっかり「焼きそば」を注文、なんかお腹が減ってきたのでcoldsweats01

040

小さなお皿に少しだけのおつまみ焼きそばでした、ちょうどイイか、今日は食べ過ぎですからね、

はい、これでお勘定です、十三の角打ち「中島酒店」、エエ立ち飲みでした、こりゃ再訪確実ですね、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

今日は京都、仏光寺の「磔磔」へ寄った後、ぶらりと歩くと見つけました、「ジンスケ」、日本酒と近大マグロですって!

【2014年6月21日(土)】

京都 綾小路 「ジンスケ」

今日は京都へ、老舗ライブハウス「磔磔」へちょいと打合せで参上いたしますwink

その前に阪神「尼崎」でこれまたちょいと所用を足して、、、早速一杯飲んでいます、暑いですからね、

立ち飲みの「得一」尼崎店でとりあえずの生ビールと「まぐろ」と「にらたま」、

002

では、梅田まで出て阪急電車で京都「烏丸」へ向かいますbus

「烏丸」駅から地上へ出ると四条通り、京都のメインストリートの一つです、

この四条通りの一筋南になるのが“綾小路”、

昔はなんてことない印象でしたが、最近はこの辺りにイイ感じの飲み屋やカフェが急激に増殖、京町家を使った地域再生のお手本のような状態になっています、

気になる店を物色しながら、まずは老舗ライブハウス「磔磔」へ参ります、ちょうどライブ入場の最中でしたのでしばし表で待機、蚊に噛まれるhappy02

004_3

打合せというよりは顔合わせ、ご無沙汰しております、例の件、一つよろしく、はいそれはあらためて、ではでは、、、みたいな感じで顔合わせ終了happy01

さて、ではちょいと飲みに行きましょかdash

ちょっと気になるのが煮込みの「鈴や」、

出店まもない頃に一度入りましたね、それなりにエエ感じでしたが、最近は人気が出ているようです、

もし空いてたら久しぶりに入ろうかと覗いてみましたが、ありゃお待ちの人までいますねcoldsweats01、やはり当たったようですね、たしかに「煮込み」は美味しかったような気がします、

「鈴や」断念、さてどうしますか?

来る時に見つけた立ち飲みにでも入ってみるかな、と適当に四条烏丸を目指して歩いているとこの店に遭遇、

020

「Jinsuke」、「ジンスケ」かな?

カジュアルな店構えに日本酒がウリの短冊が掛かっています、ほう、こんなところにも日本酒酒場か、

006

そしてこの看板には“近大まぐろ”の文字が!

人気の“近大まぐろ”、

グランフロント大阪や銀座に直営店を出してますね、でもグランフロントの店なんか未だに大人気、ランチメニューは朝一番に並ばないといけないようでsweat01、まだ“近大まぐろ”食べたことないです、

日本酒に“近大まぐろ”か、、、入ってみましょうhappy01

新しい店らしく綺麗な店内、でカジュアルな作りです、

真ん中にスモーク?するための??なんていうんだろ、現代風囲炉裏みたいな、なんかそんなんがあり、それに沿って変形カウンターと背の高いテーブル席、奥にもテーブル席がありました、先客が数組、カウンター左手端に着きます、

お兄さん3人ほどのオペレーション、まだあまりこなれていないのかもしれません、とりあえず表の看板に出ていたセットにしましょう、

生ビールと「まぐろ」+「突出し」で1000円也、

「まぐろ」を「近大まぐろ」にすると1500円也、という分かり易いグレードアップ商法happy02、もちろん「近大まぐろ」にしました、

この日はそんなに暑くなかったような気がしますが、それでもやはりビールがありがたい季節です、グビ、

「突出し」はこんな3品でした、

010_2

そして期待の「近大まぐろ」shine

009_2

うむ、たしかに見た目はエエ感じです、いただきます!、、、

まぐろです、

当たり前かhappy02、いくら話題の“近大まぐろ”とは云えそんなビックリするようなものではありませんでした、でもまぐろ不毛の地、関西ではやはりこういうレベルのもんが流通すると嬉しいですね、

さて、ではもう一つのお目当て、日本酒に行ってみましょうか、

量り売りで60ml、90ml、180mlとあり、値段も銘柄により3ランクに分かれています、

011kai

すこしづつ何種類か飲みたいので60mlでいってみましょか、

まずは好みを伝えて選んでいただきました、「鳳凰美田」純米大吟醸、60mlで480円也とちょっとお高いですが、

012_2

お!好みです、香、コクとも強く濃厚な味わいです、ほう、これは美味しいですねheart02

なんとなく名前でつい行ってしまったのがこれ、「天寶一夏酒」純米、60mlで380円也、

015_4

これは辛口さらり系、酸味があるという事でしたがあまり感じず、ま、夏のお酒ですね、

60mlだとすぐになくなってしまいますね、もう一杯行きます、

最後は知っている銘柄で「風の森」純米60mlで380円也にしました、これは安心して飲めます、

途中で肴に「いぶりがっこ」330円也を注文して日本酒を楽しみました、

019

これでお勘定は3000円弱、ちょっとお高い感じですな、

やはり60mlではちょっと飲み足らない感じ、気に入った銘柄に絞って飲む方がイイみたいです、そのほうが安く済むしwink

京都の注目酒場スポット綾小路に最近出来た(ような)「ジンスケ」、“近大まぐろ”食せて良かったです、日本酒もそれなり、もうちょっと安かったら良いのにな~、この辺りで飲む時にはまた来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

まだちゃんと営業していますよ、とのコメントをいただき、探訪してきました、高槻の立ち飲み「盤石」、そして2軒目は「福田バー」へ、エエ感じです。

【2014年6月20日(金)】

大阪 高槻 「盤石」~「福田バー」

2014年2月だったと思います、

長岡天神へ高校の同級生のコンサートを聴きに行った帰り、阪急「高槻市」駅で降りて酒場探訪をしました、

何軒か気になる店があったのですが結局「田渕酒店」に入っています、その時に見つけたのがここ「盤石」、

015_2

自販機が店の間口半分を占拠してます、

その外観からすでに廃業しているのではないかと勝手に思い込んで、このBlogに記事を書いたのですが、、、

まだちゃんと営業していますよ~happy01、とのコメントをいただきました、情報ありがとうございます!

高槻の「盤石」、営業しているならこりゃ訪問しなきゃなりますまいdash

ということで、今日は最近高槻辺りを根城にしている?O氏と二人で「盤石」訪問です、

お、「盤石」、今日はエエ感じの暖簾が掛かっています、ではでは入りましょうshine

004_2

ちょうど良い大きさのL字カウンターの立ち飲みです、

時間は19時過ぎとちょいと出遅れております、すでに7分の入りですが入ったところのL字角辺りが空いています、ではここらで行きましょか、

まずは生ビールだったかな?そして「たこ煮」、

005

これがレアでめちゃ美味しかったです、なにやら「盤石」期待できますheart02

たしか、この頃はちょうどサッカーW杯が始まったころで、O氏と日本代表の活躍予想、予選突破はどうかな~なんて、、、

ビールの後は日本酒だったかな?「長龍」です、これを燗でいただいています、二人でいったい何本飲んだのか??happy01

009

写真によると、あとの料理は、、、「イカ焼き」、

007

「スパサラ」、

010

「あなきゅう」、

012

これはたしか「鶏レバーの刺身」、

015_3

運よくまだ残っていたのです、他にも頼んだかもしれませんが記憶ナシ、

家族経営のようでお父さんに息子さん兄弟でお店をやっておられるそうです、カウンターの中の息子さんはとても陽気です、

008

訊くと「盤石」は1965年7月の創業だそうです、

今年で49周年、記念日にはイベントもあるそうです、あ、もう過ぎちゃいましたね、すいません、来年は50周年ですでに何かイベントをやることが決まっているそうです、イイですね~、元気なお店です、

営業時間はなんと27時までだそうですsign01

酒場の鑑ですねhappy02、途中でご兄弟が担当を変わられるようで、深夜の方は「晩盤石」というそうです、飲みながらの話なので記憶はsweat02、、、定かではないですが、たしかそういうようなお話でした、

あ、猫が散歩に行きます、どうもhappy02、、、

良い酒場です、高槻にこんな良き店がありましたか、こりゃまだまだ酒場探訪は続けねば、

二人で2時間ほど飲んでお勘定にしました、二人で4600円也、高槻の立ち飲み「盤石」、ごちそうさんでした!絶対にまた来ますねheart04

ではこれでお開き?ですかね、

なんて云いながら、あ、ここにも立ち飲みがありますね、今度来ますか?

018

そして、帰り道にあるO氏行きつけの「福田バー」へ寄って帰ることに、

022

Barは久しぶりだな、

ここもカジュアルでかつBarとしてもなかなかエエ感じ、ええ店ですな、「ワイルドターキー」のライ(麦)をソーダで割っていただき1杯だけ、はは、酔いましたわhappy01

021

では、これで帰りましょう、Oさん、おおきにでしたheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

ここも気になっていました、どうやら立ち食い焼肉のようです、千日前の「仔牛屋」、まあこういうのも残って欲しいですな。

【2014年6月18日(水)】

大阪 千日前 「仔牛屋」

裏なんばの角打ち「桝田商店」で飲んだ後です、

さて、この辺りで2件目となると、このところの定番は奈良のお酒“風の森”のお店「兵吾」なんですが、もう2杯も日本酒をいただいたので今日は別の店にしましょう、

ふらりと歩くとモツ焼き屋らしき店があります、

030

最近は関西でも増えてきましたね、で、思いつきました、そうだ、まだ入ったことのない「仔牛屋」へ行ってみましょうflair

ずいぶん前に発見、一度入ってみたいと思いつつまだ未入店です、

御堂筋からちょっと東へ、千日前通りに面した南側、ある意味エエ場所にありますが、その店構えというか、その構造というか、渋い暖簾のせいもあり、きっと相当前からここで営業されているんでしょうね~と勝手に思い込んでいます、が、詳細は不明です、

初めて見た時に一度は入ってみようと決めました、今日がその時ですhappy01はい「仔牛屋」です、

外観はこんな感じ、

032_2

もうちょっと引くとこんな感じ、はい、立ち食いの焼き肉ということで良いでしょう、

031_3

ま、一度は入ってみないと分からない店であることは間違いないですcoldsweats01、ではでは突入ですdash

小さなL字カウンターに真っ赤に燃えた炭の入った七輪が5つほど、

040

そこで皆がビール飲みながら焼き肉焼いてます、うむ、予想通りですhappy02

でアジアンテイスト、隣がコリアンのカップルだったせいもありますが、暖簾一つくぐったここは別世界です、尻は現実世界に出ていますが脳と口は別世界に入りますwink

カウンターの中にはシャツ1枚の大将、

飲み物はビール大瓶だけ?よく分からないですが他にはなかったかもしれません、もちろんビール大瓶550円也を注文、

あとは焼肉です、ごはんもないみたいです、別世界は現代日本ほどコンシュマーの欲求に敏感ではないようですhappy02

肉のメニューは「きも」「つら」「こころ」などがありますが、え~「はらみ」と「たん」下さい、各650円也、

035

別世界は暗いので写真も判然としませんが、こんな感じで肉は出てきたようです、これを七輪で焼きますが、、、

七輪は5つほど、カウンターには10人くらいが立てますので、概ね2人に七輪ひとつ、という配分になります、

ワタシは一番左端に陣取ったのですが、後からもう一人来られたので暗黙のうちに彼と二人で七輪を共有することになります、、、こんなん初めてですsweat02

立ち食い焼肉というと天満の「電撃ホルモン ツギヱ」がありますが、七輪は基本一人客でも一つ至急されますので、見ず知らずの方と七輪を共有するのはとりあえず初体験です、

もちろん、七輪の上の網には境界線などはありません、

そこは紳士協定happy01

お互いに自分の領土を主張しつつ、決して相手の領土に土足で入るようなことがないよう、細心の注意を払って肉を焼きます、この辺りの心配りは各国政府首脳にも見習って欲しいものですhappy02

タレはえぐい色をしています、ネギとなにやら一味のようなものがたっぷりと浮かんでいます、いかにも辛そうに見えますが、、、辛いですsweat01

037

ワタシはもうなにも足さなくてイイですsweat01

隣りのコリアンのカップルはこれになにやら辛そうな木の実?(一味か?)かなにかを足してました、他に味噌やニンニクでのチューニングも可能なようです、

おっと、肝心の肉のお味は、、、よく覚えていませんが普通ですcoldsweats01

ここは肉の味を楽しむところではないです、肉とタレと七輪は別世界体験をするための道具でしかありません、 

粛々と、しかし領土問題などを真剣に考えながら肉を焼き食らい、ビールを飲みます(ほんまかいなsweat02)、

ふ~、ちょっと汗もかきながら完食です、

大将、お勘定してください、ごちそうさん!で、上半身をすっと抜いて暖簾から上半身を出すと、、、 

あ、そこには現実の千日前がありましたflair

あれ~、今までワタシはどこでなにをしていたんだろう?別世界での記憶がどうも曖昧なのは酔っていただけではないような気がしますwink

千日前の「仔牛屋」、また別世界を観てみたい気持ちになったら来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

最近、めちゃくちゃ楽しい“裏なんば”の角打ち「桝田商店」、日本酒も揃ってるイイ店です。

【2014年6月18日(木)】

大阪 なんば 「桝田商店」

このところ頻繁に来ているゾーン、裏なんばに気になる角打ちがあります、もう何度も前をスルーしているので今日は入りましょう、

なんばグランド花月の裏側の角、先日行った「魚や ひでぞう」の並びにある「桝田商店」、

017

グランド花月側が酒販店の入り口、で、ちょいと横に回ると角打ちの入り口があります、感じのいい暖簾をかき分けて入りましょう、

角打ち然とした角打ちです、

左手に小皿料理が並ぶ小さなカウンター、その中にはお母さんが座っておられます、立ち飲みテーブルが3つほど、その他にもなんとなく飲めるスペースがあちこちにあります、

カウンターのお母さんに一人客であることを示します、

え~っと、そこでどう?と奥左手の小さなカウンタースペースに着きます、こんな感じがちょうどいいです、はい、

で、ビールは、、、奥?あ、酒販スペースから自分で取ってくるんですね、はいはい、了解ですhappy01

右手奥から酒販スペースに回ります、

リーチインにビール、日本酒にワインもあったかな?ここから好みのお酒を持って行くようようです、お、SAPPORO黒星の中瓶がありました、これにしましょう、

で、自分のポジションまで瓶を持って帰りましたが、、、栓抜きがありませんsweat02、う~、と周りを見回していると隣の常連さんが気を利かせてくれました、

栓抜きはここね、後ろのテーブルにありましたshine

コップはここね、あ、コップも自分で手配するんですねshine

ありがとうございます、これでやっと飲めます、

お母さんの前のカウンターには肴が並んでいます、

024

トマト、薩摩揚げ、フライもの、焼き鳥、煮物、シュウマイなどが並んでいます、どれも200円也のようです、

ワタシは「高野豆腐と豆の炊いたん」みたいなんにします、

022

これでやっと一段落です、いろいろと作法がありますが一度覚えてしまえば一人で楽しむには好都合でありますgood

ちょっと手が濡れたのでティッシュを探します、

その仕草を見ただけでお母さんが店のティッシュの在処を教えてくれました、さすが、客の仕草だけで察するとはプロでありますwink

日本酒はワタシの目の前、というか目の上に大きな貼り紙で銘柄がずらりと並んでいます、左側の一枚には番号が振ってあり、その番号で頼んでもイイみたいです、これはちょっと便利かも、、、

023

では日本酒を頼んでみましょう、

まずは⑧番!にします、

「千代鶴」特別純米生酒、日本酒は基本380円也のようです、この頃にはお父さんも出てこられ、適時オーダーに応えて日本酒を注いでくれはります、

026

うん、あっさり系ですが旨味あります、「かきあげ」も一緒に頼んでいますね、

027

お隣の常連さんに話しかけられます、ここはエエ店ですよ~、とベタほめ、高校時代はサッカーをやっておられ、元全日本代表監督の岡ちゃんと同世代だったそうです、へ~岡ちゃんって大阪出身なんだ、今は山登りが趣味だそうです、

なんか、話が盛り上がってきたのでもう一杯頼みましょか、

では、なんかお勧めらしい「魯山人」夏の純米吟醸酒、これもあっさり系でした、ま、夏の酒と銘打ってますからね、

肴はまたカウンターの皿から物色して「水茄子」、

029_2

さて、これくらいでお勘定にしましょう、

しかし、このなんばの真ん中でこんな良き角打ちがあったとは感激です、お母さんもお父さんも感じがエエし、肴も美味しい、日本酒も揃ってる、で安い、今日は1600円くらい、これは再訪確実ですね、裏なんばの角打ち「桝田商店」、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、どうしますかwink、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

特報!「十三トリス 北新地支店」は8月25日(月)オープンです♪みなさん、こぞって飲みましょう!

特報!酒場訪問記ではなくリアルタイム記事です、

会社からの帰り道、いつも通る北新地のビルを抜ける道、

少し前からあの「十三トリス」のバナーが掲げられています、あ!ここに出来るんだshine、「十三トリス 北新地支店」!!とワクワクしていたのですheart02、、、

005

2014年3月7日(金)朝の大火で11棟36店舗が焼失した大阪十三の十三トミータウン(通称「ションベン横丁」)、

この路地にはワタシにとって思い出深い酒場が3軒ありました、もつ焼きの「七つ海」、酒場「万長」はすでに廃業、唯一残っていた「十三トリス」も3月7日の火災で焼失してしまいました、、、残念sweat02、、、

でも、「十三トリス」はまずは「十三トリス 北新地支店」として北新地で再開することになりました、それがこのビルなんですね、ワタシの勤務先が入るビルの目と鼻の先ですhappy01、こりゃ通うことになるなlovely

と、昨日の帰り道、前を通ると店内に灯が点いていますsign03

ガラス越しに中を覗くとマスターが開店準備をされていました、目が合うと“どうぞどうぞ”というような仕草で招いていただいたので厚かましく入店しました、

いろいろと話をしたのですが、先に開店日を書きましょう、

004

2014年8月25日(月)、オープンですsign01、開店時間は・・・5時か6時か、まだ決めてないそうですhappy01

まずは再開開店、おめでとうございますhappy01

ワタシも適時行かせていただきます、みなさまもご愛顧のほどをお願いいたしますheart02

マスター曰く、

お祝いとか花とか言われるけど、まだまだ再開できていない店も多いので、あんまりそういうのは、ねえ、、、

宣伝して、それで飲みに来て、それが嬉しいわ、、、15日くらいから告知しようと思っててん、もう書いてくれてええよ、

とのことでございますので書かせていただきますgood

「十三トリス 北新地支店」は8月25日(月)オープンです、時間は未定、5時か6時happy02

店内は19席、カウンターと丸テーブル、窓際にもカウンターがあります、

足元や壁には前の店を偲ばせる煉瓦が使われています、棚には懐かしい写真、写真は焼けたそうですがネガがあったとのことで、お母様の写真、大塚まさじさんと3人で映ってる写真もちゃんと飾られていました、

壁の色も数年前の改装時に使った色と同じ、天井の色はそれなりに年月が経った頃の色を再現したそうです、

そうそう、表にはこの樽が看板代わりに置かれるそうです、

002

これが目印ね、

ここで成功しないと十三に帰れないからね、

(そうですよね)

無理せんでええよ、小遣いの許す範囲で来てね、

(くう~)

なんて、優しい言葉をかけていただきました、マスター、おおきにですheart04

十三での再開には、まだまだいろんなハードルがあると思いますが、まずはここでがんばって、そしてもう一度十三で開店して欲しいです、もう一度十三で“白ハイ”が飲みたいですshine

開店後は一人で『「十三トリス 北新地店」へ飲みに行くぞキャンペーン』をやりますdash

皆さん、よかったら一緒に行きましょねheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

神戸東部を昼飲み彷徨、青木の「あぽろ食堂」から偶然見つけた「花木商店」へ、歩きましたね。

【2014年6月14日(土)】

神戸 青木 「あぽろ食堂」~「花木商店」

この日は阪神間を昼飲みで彷徨っていますwink

芦屋唯一の角打ちではないかと勝手に思っている「上條酒店」で一杯、その後はJR「住吉」駅前の立ち飲み「かこも」で美味しい日本酒もいただきました、

さて、次はどうしますか?

このまま阪神「御影」駅方面へ行くと何軒かイイ店があります、この選択もなかなか魅力的です、久しぶりに「ライオン堂」で大分名物“鳥の天ぷら”が食べたい!(このメニュー、まだあると嬉しいのですがlovely)、

でも、今日は反対側、このまま国道2号線を東へ戻りましょうか、

たしか住吉川を越えてしばらく行ったところに「あぽろ食堂」があるはずです、Kさんのご紹介、一度行くべしの店であります、

では、2号線沿いに歩いて行きましょう、

途中、気になる店に惹かれながらも住吉川を越えて行きます、

2号線南側を歩いて行くとありました、「あぽろ食堂」、思ったより新しい洒落た店構えです、

015

表にはイタリアンかと見間違うようなメニューボードがありましたhappy01

“お疲れ様セット”880円也、ビールに肴が2品、揚げ物が1品、お得感ありますね、これにしましょう、ではでは入りましょうdash

綺麗な店内です、まだ新しい感じですね、

奥にテーブルスペースがありますが入ったところのカウンターに着きます、一番客ですね、

カウンターの中にはお姉さん、

え~っと、お疲れ様セットをお願いします、とりあえずビールで、はい、SAPPOROの黒中瓶、嬉しいですね、

018

肴の2品は「枝豆」と「ポテサラ」です、これもOKです、

019



そしてセットの最後は揚げ物です、

メニューから選べたのか?決まっていたのか??忘れましたが、とりあえず「アジフライ」でございます、

021

しばらくして揚げたてアツアツで出てきました、アツアツが少し冷めたぐらいが揚げ物は旨いです、幸せですhappy02

カウンターのお姉さんから訊かれました、どこでお知りになりました?

あ~、Kさんの紹介だったかと思います、

すぐにはピンとこなかったようです、もう少し詳しく話してみると分かったようです、ワタシの方もその辺の関係はよく分かっていないのですがcoldsweats01

はい、これだけで恐縮ですがお勘定にします、セットのみ880円也、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、ここからまた歩きます、

どうしましょうか?と、考えることもなくなんとなく東へ向かいます、

2号線沿いに飲み屋酒場を物色しながら、青木辺りで商店街があったので南下、ふと見ると左手の通りに提灯が見えたので曲がってみると、、、ありました!見つけました!!立ち飲みですねhappy02、大発見です、

029

「花木商店」、

酒屋のような感じもしますが酒販コーナーはないようです、これは入らねばなりますまいdash

明るい店内には縦棒が短いコの字カウンター、

すでに常連さんで盛り上がっています、駅からはだいぶあります、基本ご近所の常連さんお店なんでしょう、家族的な雰囲気で盛り上がっています、ワタシは異端児です、カウンターの中のお母さんも怪訝な顔つきですsweat02

すいません、一杯飲めますか?はいはい、ではここで、15~16人でほぼ満員です、

お酒をお願いします、常温で、「櫻正宗」ですね、

肴は向こう側のリーチインから自分で取って来ます、「おから」かな?「白和え」?憶えていません、そして「ちりめんじゃこ」ですね、

031

では、一人でカンパイです、

ワイワイと盛り上がっている店内、

032

一人飲みが少なく、いや一人で来ても顔見知りが多いようでなんとなくいくつかのグループになってワイワイと盛り上がっています、流行っていますねhappy01

小さな女の子が入って来ました、

どうやらこちらの店のお孫さんのようでお客さんも声を掛けます、お母さんらしき女性も奥から出て来られました、

水曜日、木曜日が休みなんでしょうか、壁のカレンダーに×が付いています(未確認です)、

はい、ここも一杯でお勘定です、

ごちそうさん!しかし、ここはよく見つけたな~、偶然というか、自分の酒場嗅覚にちょっと満足しての帰路でございますwink、「花木商店」、おおきにでした、また来ますねheart04

さて、ここまで来たらもう電車に乗るのはやめて歩いて帰りましょう、途中気になる店をチェックしながらもう1時間ほど歩きました、

042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

この日は昼飲み、阪神間を彷徨っています、まずは芦屋の「上条酒店」から住吉駅前の立ち飲み「かこも」へ。

【2014年6月14日(土)】

兵庫 芦屋「上條酒店」~住吉「かこも」

今日は昼飲み企画、阪神間を一人彷徨っておりますhappy01

まずは芦屋の「上條酒店」、

003

随分前に前を通りかかった時に気付きました、

あ、ここ角打ちやってる、パッと見は酒販コーナーしか見えませんが左手に立ち飲みカウンターがあるようです、覗いていると大将と目が合いました、飲んでいきますか?あ、はい、今日はちょっと、また来ますね、

ということで、そのままになっていたので今日は入店することにします、芦屋唯一の角打ちかもしれませんhappy01(未確認、他にもあるかもですね)

ちわ、という感じで入ります、

今日は大将、奥に座っておられます、飲めますか?、入り口横から入るのかと思いきやこっちからどうぞ、ということで奥に招かれます、リーチインの裏に回ると立ち飲みカウンターがありました、先客がお二人座ったはります、予想していなかったのですがカウンターの中には店員スペースもあります、へ~、しっかりとした角打ちですやん、

とはいえ、今はカウンターの中にはどなたもいらっしゃいません、

酒販スペースの方から大将が「飲み物はこっちから選んでください」と酒販スペースのリーチインを指示されます、ではEBISUの350mlにしましょう、

横のリーチインには肴が並んでいます、そこから小鉢を一つとります、それは「ままかり」ね、はい、それとカウンターにあった乾きモノから「6Pチーズ」をひとつ取ります、

え~っとコップは、あここ、常連さんが教えてくれはります、箸は、あ、ここですか、はい、ありがとうございます、

はい、これでやっと準備完了です、では昼飲みスタートです、

001

ぷは~、至福の一口目ですgood

カウンターには高い椅子がありますがワタシは立って飲むほうラクチンです、立ったまま行きます、

壁に掛かったTVでは虎の試合が流れています、

この日は旗色が悪いようです、いつの間にか奥からお母さんも出てきたはります、お客さんも来られて小さなカウンターはちょっと混み合ってきます、自然と野球やら何かの話題で常連さんとちょっとした会話も生まれます、

日本酒に行きたいところですが、今日は彷徨う予定ですのでこれでお勘定、620円也、芦屋の角打ち「上條酒店」、この辺りで立ち飲みは貴重です、また来ますねheart04

さて、次はどちら方面へ行きますか?

とりあえずJR「芦屋」駅からどこか移動しましょう、ちらっと尼崎大阪方面も頭に浮かびますが、やはり今日は神戸の方へ行きましょう、

そうだflair、久しぶりに「住吉」へ行きましょうdash

お目当ては立ち飲みの「かこも」、

数年前に出来た人気店ですね、オープン当初は満員続きでしたが何とか一度入店しています、今日は土曜日なので調べてみると16時開店です、ちょうどイイ感じの時間です、行ってみましょう、

JR「住吉」駅前の再開発ビルの1F、国道2号線に面したバス停の前にあります、開店早々のはずですがすでに7割ほどの入りです、まだまだ人気ですね、

012

Dの字の上半分のようなカウンターの奥の方、縦棒に空きがありました、

え~っと最初の注文はワンコインセットにします、500円で飲み物1杯と「三品盛り」が付いてます、日本酒も行けるようですがなぜか「芋焼酎水割り」にしました、

005

「三品盛り」はナンコツ、たこ酢、あなきゅう、料理もしっかりしていて美味しいですshine

満員になれば20人近く入るでしょうか?

カウンターの中は3人だけなのでちょっと注文するタイミングが難しいです、新規入店の皆さんも注文待ち、順番に聞きますので、と言いながらお兄さん順番間違ってますよ~coldsweats01、まあ、飛ばされた方はおとなしくお待ちなのでよかったですが、

洒落た店内、BGMはJazz、料理も旨い、

立ち飲みらしくない洒落た感じが人気なのでしょうか、ご夫婦連れとか女性同士も多い店ですね、さっきはちょっとバタついていましたがオーダーもストレスのない範囲で上手く捌いたはります、

では日本酒にしましょか、日本酒も揃っています、

手元のメニューから「屋守」純米中取り無調整生酒588円也にします、東京のお酒ですね、なんて読むんだろうとお姉さんに聞いたら“おくのかみ”と云うそうです、へ~、知りませんでした、

“やもり”なんて大声で注文しなくてヨカッタwink

008

うん、予想通りの旨味あり、量も適切、やはり良い店か、

料理は「アジの刺身」、

009

これも美味しいheart02、観ても分かりますね、

料理も間違いがありません、これで368円也はリーズナブル、満足の一品でした、

ほぼ満席になったので数えてみたらお客さんは18人、これくらいがエエ感じです、

これでお勘定は1530円也、やはり評価すべきお店だと再確認、JR「住吉」駅前の立ち飲み「かこも」、美味しゅうございました、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、彷徨はまだ続きます、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

この日は用事の前の軽飲み、ミナミの「はり重 カレーショップ」でミンチカツ、そして「カナマターク」で一杯だけ。

【2014年6月13日(金)】

大阪 なんば 「はり重 カレーショップ」 ~ 「カナマターク」

この日は軽飲みですhappy01

というのも、夜遅くにちょいと仕事で人と会わなければなりません、それまでちょっと飲んでいましょう(仕事相手も飲んで来ますのでOKですgood)、

待ち合わせ場所はなんば、

地下鉄四ツ橋線「なんば」駅で降ります、ここから来るとあの店が近いですね、久しぶりに行ってみましょうheart02

地上に出て道頓堀沿いに少し行くと「ふじい」があります、

大阪では珍しいタイプの店です、料理は「もつ煮込み」、

イチオシ飲み物の「ハイボール」は甲類焼酎ベースに炭酸とジンジャエールだったかな、東京下町ハイボールを連想させます、カウンターの中にはお母さん方、渋い接客をしていただきます、独特の店の雰囲気も老舗名店である証、イイ店ですが、、、

あれ?シャッターが降りています、中には貼り紙がsweat01、、、

043

ガーン!!しばらくお休みのようですheart03

うむ、たしかに老齢化により老舗運営にはしんどい時代になって来ましたが、、、なんとか再開してほしいですね、

(この後、もう一度訪ねましたがやはり同じ状態、食べログも掲載保留になっていましたsweat02、、、)

ちょっと思惑が狂いました、どうしようかな、

とりあえず御堂筋まで出ます、飲んでも良いとはいえ人と会うまでに酔っぱらう訳にはいきません、軽くね、軽く飲みましょう、

御堂筋を渡るとこちらも老舗「はり重」があります、

すき焼屋さんですかね、恥ずかしながら入ったことありません、そしてその右隣には「はり重 カレーショップ」があります、こちらは洋食屋さんですね、ここも入ったことないです(ミナミは弱い)、

051

ガラス戸越しに中を覗きます、

ここで腹ごしらえするかな、ちょっと飲むにも都合良さそうだし、ではでは入りましょう、

静かで上品な街の洋食屋さんです、

カレーショップということですが揚げ物も美味しそうです、メニューから「ミンチカツ定食」800円也にします、え~っとご飯は少なめで、それと瓶ビールください、小瓶、はいそれでお願いします、

046

小瓶を飲みながら待ちますが、ビールはあっという間になくなりそうですhappy01

来ました、「ミンチカツ」heart02

044

洋食屋のあるべき姿のミンチカツですlovely、ソースがドバドバ状態です、好きです、もちろん美味しいです、

小瓶は早々に飲み干しました、お代わりをしてもイイのですがお腹一杯になりそうなので水に切り替えます、

045

ミンチカツ、久しぶりです、美味しいです、ふふ、幸せです、ご飯もすすむんだな~、バクバクいただきました、

ごちそうさん!「はり重 カレーショップ」のミンチカツ、美味しかったです、また来ますねheart04

まだ少し時間があります、すぐ近くの立ち飲み「カナマターク」へ行きましょう、

「芋焼酎水割り」400円也、

053

ここも料理が独創的で美味しいのです、今日は「ゴーヤの白和え」350円也、

054

時間が来たのでこれだけでお勘定、ごちそうさん!
また来ますねheart04

では待ち合わせの店に向かいます、

道頓堀を越えて北へ、

058

あ、このグリコの看板も新しいのに変わるみたいです、グリコの看板は永遠ですね、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

飲み友情報でJR「東淀川」駅前の立ち飲みおでん「権兵衛」、料理が楽しく美味しかった、そして吹田の立ち飲み「ままや」へ^^)

【2014年6月12日(木)】

大阪 東淀川 「権兵衛」 ~ 吹田 「ままや」

地下鉄御堂筋線の「東三国」駅からJR京都線「東淀川」駅辺りは何度か探訪しましたが、この店は見逃していました、

飲み友Yちゃん情報ですwink

「東淀川」駅からすぐの立ち飲みのおでん「権兵衛」、情報入手から1週間ほど、さっそく訪問することにしました、腰の軽さが自慢です、

「新大阪」駅から一駅、というかすぐそこ、北側にあるのがJR京都線「東淀川」駅、地味な駅です、

昔、今の新大阪辺りは何もなかったようで(スイマセン、この目で見た訳ではありませんが)、ここに新幹線の駅を作る!となった時に大阪の人はびっくりしたそうですhappy01

あとは“いしいひさいち”さんの“東淀川大学”かなhappy02

現実の「東淀川」駅もなんだかちょっとうら寂しい感じ、駅前開発は隣の「新大阪」駅に任せてひっそりと佇んでいます、

ちいさな駅舎を出てそのまま右手にすすむとすぐに「権兵衛」がありましたshine

035

う~ん、ここは見逃していたな、

看板には大きく“おでん”の文字、売りなんでしょうが、雰囲気は決して“おでん屋”さんではなさそうです、“立ち飲み”っていうのが近いですね、

ではでは、入りましょう、

小さな変形L字カウンター、中には大将、先客はお二人、雑然として暖かい、なタイプの店です、

031

ではとりあえず瓶ビールをいただきましょう、KIRINです、

そして壁の白板メニューをさっと見て、まずは「ねぎじゃこ」200円也がピタッと来ましたのでオーダー、

028

ポン酢味です、この時期はビールグビグビがサイコー、ビールも肴も美味しいです、

目の前には丸るいおでん鍋があります、常設ではなくコンロの上に鍋が乗っています、

029

他の料理メニューも豊富です、値付けもエエ感じです、

豚しょうが焼き、焼きそば、すじ肉こんにゃく、さんま開き、鯛のお造りが300円也、丹波しめじもやし酢の物、ニラ餃子、奴、沖縄のもずく、おくら、小松菜煮などが200円也、6Pチーズ、ウインナー、らっきょうが100円也、

大将が料理好きなのかな、なんかどれも美味しそうです、その中でも「トマトの玉子焼き」300円也が気になりました、大将に訊いてみます、

「トマトの玉子焼き」ってどんなんですか?

う~ん、玉子焼きにトマトが入ってるだけなんだけど、、、

あは、そうですよね、それお願いします、

こんなんです、

032

大将の手によってケッチャップドバドバですlovely

この中にトマトが入っているのですが、見た目で一番主張しているのがウインナー、そして玉子にはチーズが絡んでいました、これは美味しいshine、これで300円也はリーズナブルです、大将、料理好きのようです、工夫されてますgood

ビールがなくなったので日本酒を常温でいただきます、

でも結局、看板のおでんは注文せず、でもここは大将手作りの料理を楽しむのが良いように思いました、次回はおでんも頼みますけどね、

これでお勘定、東淀川駅から徒歩1分かな?立ち飲みおでんの「権兵衛」、大将の手料理が楽しく美味しい、満足のお店でした、また来ますねheart04



さてどうしましょうか?ふと、思い付きましたflair

JR京都線の次の駅は「吹田」ですね、同級生がやってる立ち飲みがあります、久しぶりに行ってみましょうwink

「東淀川」駅とは対照的に「吹田」駅前は典型的な再開発、

駅前には再開発ビルが林立、でもこのビル群もくたびれて来ています、再再開発はどんなプランがイイのでしょうね、いろんな駅前でいつも気になりますが、、、それまでは生きていないだろうな~、見れないな~coldsweats01

その駅前の再開発ビルの地下にあるのが立ち飲みの「ままや」、

041

地下のフロアの真ん中にぐるりと大きなコの字カウンター、270度ほぼオープンという珍しい店構えです、

どこから入ろうかとグルリと店の周りを回って様子を窺っていると、、、同級生とばったり、

おう!久しぶり、今日は早めに今帰るとこだったそうです、

あら、でも、うん?一緒に飲む?、ということで一緒に客となって飲むことになりましたhappy02

ワタシは「芋焼酎水割り」190円也、わ、これって安くないですか!?こんな値付けだっけ、久しぶりなので忘れた、

肴は「揚げ茄子」120円也、

036

もう一品の「板わさ」は130円だったか、とにかくここも安くて美味しいのです、良心的な店だね~、

同級生と1時間ほどあれこれおしゃべり、

フォークも共通の話題です、「春一」は同じ日に行ってたんだけど会えなかったね~、あ、こんなライブがあったんだ、店に貼ってありました、note

037

へ~、日本酒とフォーク、ワタシのためにあるようなライブじゃないですか、知らなんだsweat02、この日本酒「磐城壽」は新開地で飲みましたね、美味しいお酒でしたshine

「芋水」2杯飲んで2品頼んで730円也、はは、安いわ、ちょっとご無沙汰でしたが秋には皆で会えるかもね、ヨロシクwink

JR「吹田」駅前ビル地下の立ち飲み「ままや」、良心的な価格設定は庶民の味方ですね、今度は1軒目でゆっくりと飲み食べます、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

久しぶりの駅前第2ビル「山長酒店」は初の4人飲み、ちょいとはしゃぎ過ぎたようです、、、

【2014年6月10日(火)】

大阪 大阪駅前第2ビル 「山長酒店」

このところご無沙汰していた、大阪駅前第2ビルB1Fの「山長酒店」へ行きました、

梅田で良い日本酒がしっかり飲める嬉しい立ち飲み、それに酒販店も併設(逆かcoldsweats01)なのでここで一升瓶を買って帰ることもできます、

このところご無沙汰でしたが、若き女子連から“美味しい日本酒が飲みたい”という殊勝な申し出をいただいたので、ならば「山長酒店」でしょう、ということで4人で行くことにしました、

018

誰かと2人で行ったことはあるような気がしますが4人で行くのは初めて、表に一応テーブルはありますが最近はあまりここでは飲めないようです、

ぎっしり入って20人くらいで満員のコの字カウンターのみ、4人で行くのは相当リスキーです、

19時過ぎ頃に先発隊として2名で入店、ほぼ満員でしたが奥の4人組団体さんが、お勘定、ラッキーですhappy01

16時~21時までの店ですのでそろそろ終盤です、このタイミングしか入店できないかも、スマホですぐ来るよう指示を飛ばします、すぐ来い!、今しかない!満員になる!!dash

と、呼ぶより誹れhappy02、ではないですが、思いが通じて無事入店できました、

ということで4人飲みなので詳細不明になりました、写真を頼りに書きますと、、、

肴は定番の「蛸の炊いたん」、

004

これまた定番の「高野豆腐」、

008

これも定番、「おから」、

010

他にも「めかぶに海老」、
「鳥肝」などなど、 肴はだいたい250円也~300円也くらいです、 

SAPPORO黒★の後は日本酒です、

009

コップにたっぷり180mlかな、500円~600円くらいがメイン価格帯、 

この日飲んだのはたしか、、、さっぱりな「此君」(鳥取)、和歌山の「黒牛」、コク香りの「百十郎青面」、これ好みです、家でも飲んでます、めちゃ個性的な京都の「玉川」、「白瀑」のにごりなどを飲んでいますheart02

そして、この日初めて見たのが「白瀑」の“ど黒にごり”

0122

日本酒なのに黒いんです、珍しいね、味は、、、普通だったような気がしますが、、、忘れましたcoldsweats01

 

あとは女子連が好みをバンバン云って「常山」(福井)、「奥」(愛知)などを飲んだみたいです、、、が、記憶ナシsweat02

肴追加もおびただしく「蛸刺身」、

014

「まぐろ刺身」、 

015

「きずし」、

016

他にも「南蛮漬け」、 「げその天ぷら」などなど、、、

とにかく店のお母さんと二人の女子連が盛り上がって飲みまくりました、いやはや、お勘定が確か4人で1万円越えたのではないかな?ここでは飲み過ぎと云うことですsweat01

ということで、久しぶりの「山長酒店」、

楽しく飲みました、これ以降、また一人で何回か行くことになります、癖のもんですからね、大阪駅前第2ビルB1Fの「山長酒店」、お騒がせしました、ごちそうさん!また来ますねheart04

この後、急遽連絡のあった中崎町「セルクル」でのNさんの1日バルに行くため、ワタシはここで抜けます、お疲れ様でしたgood

023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »