« 東急世田谷線で「世田谷」へ、世田谷にも酒場あります、世田谷の「酒の高橋」。 | トップページ | 立石から五反田へ長躯、でも開いている店はなく、迷った末に阿佐ヶ谷の「川名」で落ち着きました、そしてもう一度五反田へ、「へそ」。 »

2014年7月28日 (月)

半年くらいで禁断症状が出るようです、葛飾区立石の「宇ち田"」へ半年ぶりに宇ち入りです。

【2014年6月7日(土)】

東京 立石 「宇ち多”」

振り返ってみるとだいたい半年に一度、訪問しています、

今回も半年ぶりですね、そろそろ禁断症状が限界に来たのでしょう、立石の「宇ち多”」へ参ります

時間は11時20分頃、正式な開店は12時かららしいですが、間違いなくすでに営業しています、行列のはずです、ま、覚悟の参上であります、

京成「立石」駅の北東側の階段を降りて、ぐるりと回り込んで立石仲見世商店街に入ります、「宇ち多”」はすぐの右手にあります、

064

あ!行列がない、ラッキー、雨模様の今日は空いているのかな?と暖簾を分けて中を覗きます、満員です、ニコニコしながらいつものフロアのお兄さんに視線を合わせると、、、

お兄さん、ゴメン、そっちは出口専用、裏に並んで!

うわ、こんなことに、

065

表に並べなくなったんですね、これは初めてです、甘かった、並ばずに入ろうなんて虫が良すぎました、はい、裏へ回りましょう、

裏には、これまた最近は人気の立ち喰い寿司の「栄寿司」(前は「宇ち多”」の後にぷらっと入れたのになあ)や、奥には夕方からの営業のもつ焼き「みつわ」などがあります、

そこに「宇ち多”」お待ちの列が十重二十重、とまではいきませんが三重くらいになりそうな列です、ざっと30人くらい、これはちょっとかかりますね、でも最近の「宇ち多”」は長居もできませんので大丈夫、入れるでしょう、並びます、

持参の文庫本に集中、

面白い小説だったのでこの時間はこの時間でありがたいい、電車のように寝落ちることもなく

でも、やはり時間掛かりました、

40分ほど待ってやっと入店です、久しぶりに煮込みの鍋のあるカウンターです、はい、もう注文はほぼ固定されています、まずはビール小瓶です、それと生モノはやはり「ガツ生」かな、

055

ふ~、やっぱり「宇ち多”」のもつ焼きはここでしか食べれない代物です

「おしんこ」も下さい、

056

次は焼きに行ってもイイのですが「タン生」の注文が通りました、まだあるんですね、便乗します、「タン生」も下さい、

057

「タン生」、きゅ~、旨いです、

あ、注文単価が@200になっていますね、

もつ焼きも生メニューやお新香、などすべて一皿@200円也ということです、ビール小瓶は2単位、大瓶は3単位かな、

「煮込み」は2単位だったかな、そういうと「煮込み」は長らくご無沙汰ですね、

初めて来た時はたしか@160円也だったかな、

@140円という時代もあったようです、先日までは@180円でした、増税での値上げかな?@200円也、串1本100円と考えればまだ安いですね、

飲み物は「焼酎梅割り」、これも@200円也、

059

お兄さんが寶焼酎の一升瓶と梅シロップを抱えて席で注いでくれます、

焼きに行きます、「アブラたれ」、塩も好きですが今日はタレにします、

058

く~、これがどれほど旨いか!

なぜこれほど旨いのか!!分かりません!!とにかくとっても美味しいのです、たまりまへん

次はこれまた好物の「かしら」を狙っていたのですが、、、

「かしら」売り切れの声が店内に飛び交いました、早!もう売り切れですか、時は昼の12時過ぎです、

参りましたね、生2品と寄り道したのが裏目に出ました、もう残っているのは「シロ」「レバ」あとは、、、みたいな調子です、いったい今日は何時閉店なんだろう

今ならんでいる人は注文出来ないよ、といらぬことまで心配します、

どうするか、ここは「シロ」かな、いや「レバ塩若焼き」も良いな、でも、、、

061

結局、頼んだのは「アブラ塩」、どんだけ好きやねん、そしてやはり旨い!!

「梅割り」は2杯、これでお勘定です、今日は9単位で1800円也、

ふ~、気が済みました、またこれで半年ほど生きていけます、ごちそうさん!立石の「宇ち多”」、今度は秋かな、冬かな、また来ますね、

|

« 東急世田谷線で「世田谷」へ、世田谷にも酒場あります、世田谷の「酒の高橋」。 | トップページ | 立石から五反田へ長躯、でも開いている店はなく、迷った末に阿佐ヶ谷の「川名」で落ち着きました、そしてもう一度五反田へ、「へそ」。 »

葛飾区(立石四つ木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半年くらいで禁断症状が出るようです、葛飾区立石の「宇ち田"」へ半年ぶりに宇ち入りです。:

« 東急世田谷線で「世田谷」へ、世田谷にも酒場あります、世田谷の「酒の高橋」。 | トップページ | 立石から五反田へ長躯、でも開いている店はなく、迷った末に阿佐ヶ谷の「川名」で落ち着きました、そしてもう一度五反田へ、「へそ」。 »