« 活況の裏なんば、「日本酒と私」の後はすぐ近くの"風の森"専門店「兵吾」にじゃ入りました。 | トップページ | 大国町に良き立ち飲みがありました、ここも店名の読み方が難しい^^)、「二劫」(にこう)。 »

2014年7月14日 (月)

名前が珍しい、なんば~話題の裏なんばで立ち飲み3軒です、「カナマターク」、「日本酒と私」、「兵吾」。

【2014年5月20日(火)】

大阪 なんば 「カナマターク」~「日本酒と私」~「兵吾」

先週末につづいてなんば~裏なんば探訪です、

久しぶりに先週末に裏なんばを探訪したことを話していたら、O氏から『難波の「カナマターク」って云う立ち飲み屋知ってる?』と訊かれました、いや、知らないけれども『今度行っとくわ』と安請け合いしました、ほんと腰が軽すぎますhappy01

でも請けた限りは仕方ない、行ってみましょう、

あいにくの雨模様です、地下鉄の出口から地上へ、小雨が降っています、わずかの距離ですが折りたたみ傘を差して行きましょう、

「カナマターク」は御堂筋から東へ少し入ったところにあるはずです、

え~っと、あ、ここですね、ビルの1階?の店ですね、中2階のような感じで何段かの階段を上ります、そこでふと、、、思い出しましたflair

007

ここ、来たことあるかもしれませんsweat01

それもずいぶん昔の事です、東京へ転勤する前、もう10年以上前、まだ酒場にはほとんど興味のない頃に「立ち飲み研究会」を称する女子に連れて来てもらったような記憶があります、

では、入ってみましょう、

あ、一番客です、、、そして、やはり店内も見憶えがあるような感じがします、

カウンターの中には女将さんが一人、ちょっとドキドキ氏ながらカウンター中央に着きます、

おしぼりを出していただきます、とりあえず生ビールにしましょうか、

しかしカウンターがエライ立派ですな、その上には大皿の料理が並んでいます、その中から「カボチャ」にします、

004

カボチャは血圧にイイんだよね~、

なんて口に運ぶと、あら、予想した味と違うのでびっくりしました、並んでいる大皿を見てワタシが勝手に「カボチャの炊いたん」かと思って注文したのですが、実は「カボチャのマリネ」350円也でした、

洋風の味付けね、予想した味とは違ったので舌がびっくりしましたが、そう云われて食べると美味しいです、

まだ、他のお客さんが来られないので女将さんに訊いてみます、

ここは何年前からやっておられます?ずいぶん前に来たような気がするんですが、

19年前からやってますよ、

やはり、来たのはこの店のようですね、聞くとここは元寿司屋としてオープン、少し営業した後で閉店、そのあとにこの「カナマターク」が入ったそうです、なのでカウンターがとても立派な材質と作りなのです、

「カナマターク」という珍しい店名ですが覚えがないので当時からこの名前だったかも訊きましたが、店名は開店当初からこの名前でやっているそうです、そうか~、やはり忘れているんだな~、

ビールがなくなったのでお酒にします、定番酒は「八重寿」、冷やでいただきます、

料理ももう一品、見た目でこれを選んだら、、、

005

これも洋風というか中華風というか、料理名は「小松菜のサンラータン煮」ということでした、料理も凝っていますねhappy01

この頃にはお二人入店、どちらも常連のようで女将さんが好みの飲み物をさっと確認、すっと出てきました、

では、ワタシはこれでお勘定にいたします、1450円也、

おそらく、たぶん、久しぶりに来た、ということになるのでしょう、なんばの立ち飲み「カナマターク」、料理が結構凝っているのが人気なのでしょう、美味しかったです、また来ますねheart04


小雨が降っていますがもう一軒行きましょうか、

心は決まっています、先週末に行ってその日本酒の揃えの良さ、CPの良さ、店の雰囲気の良さに圧倒された「日本酒と私」に行きたいです、早くも再訪です、

途中のアーケードを伝って歩きますが最後はどうしても傘をささねばなりません、今日も混んでるんだろうな~、

と「日本酒と私」に到着、中を覗くと、、、あら、今日は空いていますね、ヨカッタ、すっと入店です、

今日は空いている逆Lカウンターの真ん中辺りに着きます、

今日は空いていますね、
雨の火曜日ですので最悪です、

やはり雨は商いの大敵のようで、さらに火曜日が週の中で一番客足が延びないそうです、

では、お酒は先週来てすんごく気に入った「小衛右門」を指名オーダー、肴は前回頼めなかった「三種盛り」450円也、こちらも即オーダーです、

013

「小衛右門」、バランスがよく米の味が濃厚で好きなタイプです、

014

「三種盛り」、と云ってもこの日は9種ほど盛られて出てきましたlovely

刺身はひらめ、たこ、しらす、それに生ハムとスモークハム、チーズ豆腐にポテサラと蓮根と豪華絢爛shine、これだけで日本酒が3杯は美味しく飲めます、

2杯目は“同じ傾向のお酒で”とお願いしました、

022

「陽の光」、奈良の酒のようです、うん!酸味があって飲みやすいですね、これもまた旨し、これはたまりませんな~、

はい、ではこれでお勘定、1250円也、やはりイイ店です、裏なんばの「日本酒と私」、ごちそうさん!またまた絶対に絶対に来ますね~heart04

さて帰ろうかと思いましたが、「日本酒と私」を出て南へすぐ、角にある「兵吾」も空いています、ここもまたイイ酒があります、入りましょうか?

10人ほどで満員のカウンターだけ、お酒は奈良の「風の森」が3種だけ、何とも潔い店舗コンセプトがばっちりと当たっています、

酸味が強い「秋津穂」500円也をお願いします、カウンターの中は前回来たときの若い方のお姉さんですね、

あ、どうも、先週も来ていただきましたね、

ほう、先週もチョロっと飲んで帰っただけですがよく覚えていただいていましたねgood、さすが人気店だけのことはあります、

025

「秋津穂」、美味しい~

028

肴は「平天チーズ」300円也にします、これでゆっくりと「秋津穂」をいただきお勘定でした、

「兵吾」、ここもまたいいですね、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

|

« 活況の裏なんば、「日本酒と私」の後はすぐ近くの"風の森"専門店「兵吾」にじゃ入りました。 | トップページ | 大国町に良き立ち飲みがありました、ここも店名の読み方が難しい^^)、「二劫」(にこう)。 »

大阪ミナミ(心斎橋難波)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/56567189

この記事へのトラックバック一覧です: 名前が珍しい、なんば~話題の裏なんばで立ち飲み3軒です、「カナマターク」、「日本酒と私」、「兵吾」。:

« 活況の裏なんば、「日本酒と私」の後はすぐ近くの"風の森"専門店「兵吾」にじゃ入りました。 | トップページ | 大国町に良き立ち飲みがありました、ここも店名の読み方が難しい^^)、「二劫」(にこう)。 »