« 久しぶりに駅前第2ビル「山長酒店」で飲みました、「百十郎 青面」が「美味しかったです^^) | トップページ | 博多の夜、桜が咲き始めたこの日は一人で飲み歩きます、「酒一番」から「みすみ」へ。 »

2014年6月 2日 (月)

7年振りの博多、まずは舞鶴の酒場「さきと」で美味い酒と肴をいただきました、2軒目は屋台「花山」へ。

【2014年3月27日(木)】

福岡 赤坂舞鶴 「さきと」~屋台「花山」

なんと7年振りくらいの福岡です、あれやこれや楽しみですshine

初日のこの日は東京でお世話になったSさんと5年ぶりに一献交わすことにいたします、

店はいろんな方にいろいろと情報をいただいて、ワタシ好みの店のような気がした赤坂舞鶴の「さきと」にしました、

中洲のホテルから歩いていきましょう、

川を越えると天神ですね、で天神をスルーして次の「赤坂」駅の方へ歩きます、5分ほどで右手に折れてしばらく行くとありました、

034

今日のお店「さきと」です、もちろん初めての訪問です、

033

ビルの1階にあるお店です、外観は今風というか、、、普通の花屋さんか雑貨屋さんのような感じ、ちょっと早いですが入りましょう、

立て棒が長いL字カウンターだけのお店、

二人で予約していましたので席はあります、Sさんはまだのようです、縦棒の上の方の席に着いて瓶ビールをお願いします、SAPPOROの黒★があるそうです、うれしいですね、

とりあえず、Sさんが来られるまで先に一杯やるつもりです、突出しは「くらげの酢の物」かな、

035

一番美味しい最初の一杯を飲み干して二杯目を注いだ辺りでSさん登場、どうもどうも、お久しぶりです、では乾杯、

懐かしい話をしながら楽しいお酒を飲みました、

ワタシは日本酒希望、Sさんも付き合っていただいて日本酒もあれこれといただきました、

先に書いておきますが、「さきと」は肴も酒も美味しい店でした、気に入りました、7年振りの博多、まずはこの店に来ることにして正解でした、

では写真を参考になんとか当日の酒肴を想い出しましょう、

まずは刺身から、気に入ったのはこれ!「ごまさば」!!

036

めちゃめちゃ美味しかったですheart02

メニューを観たら「さばの刺身」とは別に「ごまさばの刺身」がありました、胡麻がかかって出てきたので料理の名前かと思いきや、どうやら“鯖の種類”=“ごまさば”と云う鯖がいるようですhappy01、それともダブルミーニングなんでしょうか?
ま、いずれにせよ美味しかったです、これから博多では「ごまさば」最優先です、

あとは「中トロ」と「赤貝」かな、

037

そろそろお酒にしています、まずはワタシの好みの「東一」があったのでつい頼みます、大吟醸ははじめてかも、

039

続いて「山の壽」、

038

福岡県のお酒ということでチョイス、久留米市のお酒だそうです、九州というと焼酎の本場ですが福岡、佐賀辺りは日本酒・焼酎とも盛んだそうです、

Sさん、焼酎やワインは飲み飽きるけど日本酒はいつまでも飲み続けられますね~、などと上機嫌で飲み進めます、

これはなんの天ぷらだったかな~、「はもの天ぷら」かな、

041

「なまこ」も良いですよね~、

043



酒は一応いっときますか、な感じで「獺祭」、

048

これは「白子塩焼き」、これ旨かったな~、酒の肴です、

049

ここで味違いは「ポテサラ」頼んでます、

051

最後の酒は「博多一本〆」、

050

これもやはり福岡のお酒ということでリクエストしました、

写真では分かりませんがメニューではたしか「繁桝 博多一本〆」となっていたと思います、高橋商店の「繁桝」のサブブランドということかな、これは燗にしてもらったかな?忘れましたhappy01

これでお終いにしました、

二人で一万円ほど、2時間半ほど語りましたね、Sさん、お付き合いいただきおおきにでした、そして「さきと」気に入りました、酒も肴も店の雰囲気も気に入りました、また博多に来る機会があれば再訪確実ですね、また来ますねheart04

このあとはSさんと分かれて天神から中洲を流して結局天神の屋台「花山」に入りました、

057

お、酒はやはり「繁桝」ですね、

066

おでんもありましたが、焼き鳥と云うか串焼きを頼みました、これは「しろ」だったかな?他に「なんこつ」、「だんご」も頼みました、

070

素焼きだったかな、それをタレに付けて食べます、たれはちょっと辛かったですね、

071

これは追加の注文、「なんこつ」と「えのきベーコン巻」、お酒もお替りしたかな?

隣りは会社帰りの同僚、、

でもお一人は中国か韓国人の営業マンでした、国際的やな、そして反対側には韓国からの観光客が4人、片言の日本語で焼鳥を注文しています、博多は国際化が進んどるの~、

ではこれでお勘定ね、970円也、屋台で飲むのもイイですな~、

翌日のランチはKさんお薦めの博多うどん「大助うどん」の「ごぼてんうどん」、

097

コシのない細麺のうどんに出汁が効いた半透明の汁、

“ごぼてん”は平天かと思いきやご覧のような“ささがきごぼうの天ぷら”でした、柚子胡椒でいただきます、うん美味しかったですよ、600円也、このうどんもお奨めです、

|

« 久しぶりに駅前第2ビル「山長酒店」で飲みました、「百十郎 青面」が「美味しかったです^^) | トップページ | 博多の夜、桜が咲き始めたこの日は一人で飲み歩きます、「酒一番」から「みすみ」へ。 »

博多九州」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/55848887

この記事へのトラックバック一覧です: 7年振りの博多、まずは舞鶴の酒場「さきと」で美味い酒と肴をいただきました、2軒目は屋台「花山」へ。:

« 久しぶりに駅前第2ビル「山長酒店」で飲みました、「百十郎 青面」が「美味しかったです^^) | トップページ | 博多の夜、桜が咲き始めたこの日は一人で飲み歩きます、「酒一番」から「みすみ」へ。 »