« 堺筋本町の角打ち探訪です、まずは「酒の浅田屋」から、商売っ気ないです^^) | トップページ | 祝い事が重なったので皆でお祝い膳です、京都伏見深草の名店「近善」で懐石です。 »

2014年5月15日 (木)

堺筋本町の角打ち探訪、その弐、「黒西酒店」はしっかりと営業されています^^)

【2014年3月14日(金)】

大阪 堺筋本町 「黒西酒店」

さて、大阪堺筋本町の「酒の浅田屋」の後です、もう一軒近くにある角打ちをしばいてから帰りましょうか^^)

二筋ほど南へ行ってちょっと東へ、ありました、「黒西酒店」、

012

前は「細田勝商店」として、やはり角打ち営業をしされてたようですが、今は店名が変わっています、

食べログでも以前の店名で載ったりしています(閉店扱い)、

その辺りの経緯はよく分かりませんが、現在は「黒西酒店」としてしっかり元気に営業されています、とりあえず入りましょう、

こちらは完全な角打ち積極営業体制ですね^^)、

明るく広い店内、短いカウンターに立ち飲みテーブル、もっと大きな立ち飲みテーブルが2つ、

015

あとで奥の手洗いに行ったときに奥のスペースも発見、奥だけでも立ち飲みテーブルが3つくらいあったんと違うかな?2つやったかな?

先客はカウンターに若者3人ほど、まだ空いているので大きめの立ち飲みテーブルに一人着きます、

え~っと、お酒がイイですね、燗酒お願いします、

013

こんな菊正宗が出てきました、、、って、普通に見えますが、、、

実はこの瓶、大きな王冠が着いていました、このタイプを見るのははじめてとちゃうかな、三ツ矢サイダーの栓抜きも年季入っています、

023

栓抜くとこんなキャップを被ってました、これは絶対に初めてですね、2段密閉タイプです、

024

普通はこの2段階:王冠&キャップを取って出てくるんでしょうか?普通はもっと小さい王冠だけのような気もしていましたが…

缶類の飲み物は後ろのリーチインから取るみたいですが、その向こうに肴が入ったリーチインがありました、その中からこれは「塩辛」でイイのかな?キムチ味だったような気もするけど忘れました、

017

酒の肴は豊富にそろっていますね、

乾きモノに缶詰、簡単な一品料理からスナック菓子の袋モノまで揃っています、後からきたサラリーマン風のお二人はスナック菓子でビール飲んだはりました、

「ゆでたまご」50円也、「プレミアムクラッカー」60円也、「フィッシュソーセージ」80円也と嬉しいお値段の肴が並び、高いものでも「ピザ」240円也、一番高いのはなぜか「たこ焼き」280円也でした、

だいたい近所のサラリーマンが帰りがけに軽く一杯飲むパターンのようですが、おしゃれな若い人も多いです、この辺りは“イトヘン”(糸遍)の会社も多いのでそういうところの社員かな?

ワタシは燗酒をおかわり、

ワインとか焼酎は飽きるけども日本酒は最後まで飲み続けられる、といってた人がいましたがその通りですね、日本酒はなくなるまで飲めます、なんで気をつけて飲まないといけませんな、ここは2軒目ですのでもうこの一杯でやめときましょう、

はい、2本目の日本酒を飲み干してお勘定にします、820円也、

堺筋本町からちょっと歩きます、「黒西酒店」、しっかりと営業されています、低予算でさっと飲めるサラリーマンの強い見方ですね、「細田勝商店」の跡目を継いでがんばってください、また来ますね、

|

« 堺筋本町の角打ち探訪です、まずは「酒の浅田屋」から、商売っ気ないです^^) | トップページ | 祝い事が重なったので皆でお祝い膳です、京都伏見深草の名店「近善」で懐石です。 »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堺筋本町の角打ち探訪、その弐、「黒西酒店」はしっかりと営業されています^^):

« 堺筋本町の角打ち探訪です、まずは「酒の浅田屋」から、商売っ気ないです^^) | トップページ | 祝い事が重なったので皆でお祝い膳です、京都伏見深草の名店「近善」で懐石です。 »