« 南森町、天神橋1丁目の「酒肴 よしむら」で美味しい酒と料理をいただきました。 | トップページ | 堺筋本町の角打ち探訪、その弐、「黒西酒店」はしっかりと営業されています^^) »

2014年5月14日 (水)

堺筋本町の角打ち探訪です、まずは「酒の浅田屋」から、商売っ気ないです^^)

【2014年3月14日(金)】

大阪 堺筋本町 「酒の浅田屋」

今日は大阪のビジネス街、堺筋本町辺りを探訪します、

地下鉄中央線「堺筋本町」駅で下車、この辺りも久しぶり~、

地下改札の前にもディープな船場センター街の地下食堂街が広がります、ここにも良い酒場があるのですが、今日は地上のお店がお目当てです、

地上に出てほんの少し歩きます、

堺筋本町の交差点から南東のブロック、仕事も含めてこちらの方にはほとんど来たことがありません、

さて、今日のお目当ては「酒の浅田屋」、角打ちですね、すがれた外観が素敵です、では早速入ってみましょう、

003_2

左手に勘定場とも見える短いカウンター、右手には大きな立ち飲みテーブルが2つあります、奥の方のテーブルではすでに3人ほどが仲良く飲んでおられます、

お母さんがカウンターにおられますので一人客であることを告げて手前のテーブルになんとなく着きます、流しの客は珍しいようでちょっときょとんとされています^^)

え~っと、飲み物はまずはビールですかね、ビールならワタシの後ろにあるリーチインから勝手に取り出すみたいです、SAPPOROがなかったのでアサヒにします、

肴は、、、乾きものなんかがあるかと思いきや、あまり見あたりません、どうする?カウンターにはおでん鍋があります、おでんにする?とお母さんからもプロモートがかかったのでおでんにします、

好物の「厚揚げ」に「だいこん」、

006_2

奥の3人は常連さんお二人とこの店の大将のようです、

角打ちの体裁にはなっていますが、そんなに商売熱心ではないようですな^^)、常連さんと機嫌良く飲む場所のようです、お母さんも混じってワイワイと飲んだはります、

007_2

ワタシはビールを少し残して日本酒にしましょか、スイマセン、日本酒をください、

「え!?日本酒はないよ」

うわ!角打ちで日本酒ないです、商売気ありませ~ん^^)

どうやら常連さんたちが飲んでおられるのはボトルキープの焼酎のようです、そうかあ、これは困ったなあ、

と、余程ワタシが困っているように見えたのか、お母さんが日本酒やったらこれがあるよ、1000円、と4合瓶を見せてくれます、なるほど!と一瞬触手が動きましたが、さすがに一人で4合は無理ですね、スイマセン、やめときます、

では、焼酎のお湯割りにします、それなら大丈夫です、

008_2

おでんも追加します、「豆腐」に「つくね」、

009_2

常連さんが先に「豆腐!湯豆腐にして」っておっしゃってましたが、こういうことです、おぼろ昆布がドンと乗るということですね、

常連さんの「ぎょうさん乗せてや」に便乗してワタシもついでにぎょうさん乗せてもらいました、おぼろ昆布大好きなので嬉しいです、一味も常連さんが向こうのテーブルからトスしてくれました、とってもフレンドリーです、

そろそろと店の雰囲気に馴染んできましたね、

常連さんの話にそれとなく反応しながら飲み進めて、ここらでお勘定です、820円也、一応角打ち体裁ですがボトルキープで飲むのがお得な感じ、何人かで来てもいいかもしれません、

堺筋本町も「酒の浅田屋」、ごちそうさん!お母さんもお元気で優しかったです、また来ますね^^)

|

« 南森町、天神橋1丁目の「酒肴 よしむら」で美味しい酒と料理をいただきました。 | トップページ | 堺筋本町の角打ち探訪、その弐、「黒西酒店」はしっかりと営業されています^^) »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堺筋本町の角打ち探訪です、まずは「酒の浅田屋」から、商売っ気ないです^^):

« 南森町、天神橋1丁目の「酒肴 よしむら」で美味しい酒と料理をいただきました。 | トップページ | 堺筋本町の角打ち探訪、その弐、「黒西酒店」はしっかりと営業されています^^) »