« 土曜日の午後、この時間しか行けない店に行きましょう、天五の「かね又」食堂、そして「稲田酒店」へ。 | トップページ | 7年振りの博多、まずは舞鶴の酒場「さきと」で美味い酒と肴をいただきました、2軒目は屋台「花山」へ。 »

2014年5月29日 (木)

久しぶりに駅前第2ビル「山長酒店」で飲みました、「百十郎 青面」が「美味しかったです^^)

【2014年3月25日(火)】

大阪 駅前第2ビル 「山長酒店」

さて、今日は久しぶりに駅前ビルで飲みます、

お目当ては駅前第2ビルの「山長酒店」です、

良いお酒が揃っていますし角打ちもあります、消費税増税前の駆け込み需要で日本酒を一本買って帰るつもりですので、まずは酒販スペースの方に入ります、

通路から見えるリーチインをざっと見回して「玉川」を見つけます、

002

先日、南森町の「あづま」で飲みましたね、強烈な個性のお酒で「あづま」では山廃を“前割り”で出していました、蔵は京都府久美浜町の木下酒造、杜氏はなんとイギリス人のフィリップ・ハーパーさんだそうです、いいですね、英国感性の日本酒、買いましょう、「特別純米酒」にします、

後日、家で飲みましたがやはり強烈な個性のある酒です、

辛いというより個性強すぎ!という感じ^^)、でもちゃんと旨味もあります、料理と合わせるのも良いし食後酒みたいに飲むのもありかな、

さて、「玉川」の一升瓶を持って角打ちの方へ回りましょう、すぐ横が角打ちで、店の奥では角打ちと調理場、酒販コーナーが繋がっています、

20人以上は立てるコの字カウンター、まずはSAPPORO黒★の小瓶と「おから」にしましょう、

008

ぐび、

うん一杯目のビールは確かに美味い、SAPPOROなら尚良しでございます、

常連さんが入れ替わり立ち代わり来られます、なんだか皆さんお友達のようです、毎日来てるみたい、、、さすが、

ビールを飲み干して日本酒にしましょう、

酒販コーナーで見た「百十郎青面(あおづら)」600円也が短冊メニューに並んでいます、これ飲んでみましょう、“青面”は純吟無濾過生原酒ということです、

010

はい、ちょっと濁っています、

純吟無濾過生原酒ですから(よく分かっていませんが^^)、おお、さすがに美味しいです、キレがあってコク旨味もたっぷり、これはいいですね、次はこれを買いましょうか、

肴は「蛸旨煮」、

012

好きなんだな、これが、、、よく頼んでいると思います、

「百十郎青面」を飲み干して、もう一杯だけ飲みましょう、

015

これまた表に並んでいた「此君」600円也、どうやら“しくん”と読むようです、短冊メニューには鳥取と書いてあります、表には色違いでいろんな瓶が並んでいましたがメニューがどの色になるのか?確認しませんでしたが、これもまた純吟無濾過生原酒です、期待できます、頼んでみましょう、

018

こちらのほうがすっきり辛口ですが(ワタシは濃厚酸味旨口好き)、これまたイケます、でもやはり「百十郎青面」の方が好みのようです、

最後についうっかり「げその天ぷら」を注文^^)、

020

はい、これでお勘定です、2400円也、

ふ~、やはり良いお酒を飲ませてくれます、大阪駅前第2ビルの「山長酒店」、毎度お世話になっております、今日も上手く酔いました、また来ますね、

|

« 土曜日の午後、この時間しか行けない店に行きましょう、天五の「かね又」食堂、そして「稲田酒店」へ。 | トップページ | 7年振りの博多、まずは舞鶴の酒場「さきと」で美味い酒と肴をいただきました、2軒目は屋台「花山」へ。 »

大阪梅田(駅前ビル)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/55836499

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに駅前第2ビル「山長酒店」で飲みました、「百十郎 青面」が「美味しかったです^^):

« 土曜日の午後、この時間しか行けない店に行きましょう、天五の「かね又」食堂、そして「稲田酒店」へ。 | トップページ | 7年振りの博多、まずは舞鶴の酒場「さきと」で美味い酒と肴をいただきました、2軒目は屋台「花山」へ。 »