« なんか、西天満に新しい立ち飲みの店があるようです、行ってみましょう!「そら豆食堂」、そして「松浦酒店」へも挨拶。 | トップページ | 京都島原にありました、創業87年目の「たこ松」、昭和の匂い満点の酒場でした。 »

2014年4月23日 (水)

きたやまおさむさんの講演を聞いたあとは、まず四条大宮の新進立ち飲み「庶民」へ行きましょう。

【2014年3月1日(土)】

京都 大宮 「庶民」

今日は京都で授業を受けました、 会場はKBSホール、

講師はきたやまおさむさん、まあ講演+ライブなんですが、きたやまさんのお話はやはり授業でした、2時間以上に及ぶ講演、というかワークショップというか、大変面白かったです、

004

その後、白井貴子さんのライブ、そしてきたやまさんもちょこと唄われました、

終演が19時頃、うわ!4時間も演ってたんですね、堪能、

では、飲みに行きましょう、もっと早めに終わるかと思っていたので少々焦っています、そぼ降る雨の中を速足で歩きます、

今日のお目当ては結構不便なところにあります、市バスで行くしかなさそうです、でも、その前に先日初めて探訪した四条大宮の新進気鋭の立ち飲み「庶民」に寄って行くのが経路的に良さそうです、

KBSホールのある烏丸通り下長者町辺りから西へ、バスに乗るにはまずは堀川通りに出ましょう、

と、途中に材木屋さんの立ち飲み、材打ちともいうべき「井倉木材」があります、

007

うわ~、イイ店です、一度だけ来ましたね、

正直ここに入ってもいいんじゃない!と思いました、でも、ここに入ると今日のお目当ての店まで辿り着けそうにありません、断腸の思いでスルーします、

堀川通りに出てバス停へ、

滅多に市バスに乗らないのですがここからなら四条大宮までのバスはあるでしょう、とさっそくバスが来ました、四条河原町方面行きなので大宮へは行きませんが、四条堀川で降りて歩いてもすぐです、これに乗りましょう、

10分ほどで四条堀川に到着、ここで降りて四条大宮まで歩きます、ほんの3分ほどで「庶民」に到着です、

044

 (写真は前回訪問時のものです)

土曜日の夜、混んでます、

というかこの「庶民」、昨年2013年12月にオープンしたところの新しいお店なんですが、そのリーズナブルな価格と美味しい料理であっという間に人気店の仲間入りをしています、商売っていうのはこういう革新・核心・確信があるとあっという間に成功するんですね、

とにかく混んでいるのは覚悟の上です、一人なのでなんとかなるでしょう、

細長い店内を奥へ進みます、左にカウンター、右の壁にも小さな立ち飲みテーブルが取り付けられているので左右幅一杯一杯です、それでもなんとかカウンターに空きを見つけて取り付きます、前回訪問時と同じようなポジションですね、

キリンラガー中瓶が300円也、安いです、人気の源泉Ⅰ、

肴は前回訪問時に美味しそうだった看板メニューの「本まぐろ刺身」400円也にします、

011

中トロと赤身、うん、美味しいです!

東京に比べると関西はマグロのレベルがどうしても下がります、これで400円也は納得でしょうね、人気の源泉Ⅱ!

次は、これまた前回気になった「鰻のかば焼き」を頼んだのですが品切れでした、残念、では「蒸し穴子」300円也にします、

012

はい、やや小振りなれどこれも美味しいです、

他にも「海老フライ2本」150円也とか「揚げ餃子」150円也と、なんだかワクワクするお値段のオンパレード、そいでもって美味しいというのですから人気になるのは無理もない、人気の源泉Ⅲ、呑兵衛はいつも正直です^^)、

 

今日は他に御目当てがありますのでこれでお勘定です、ちょうど1000円也、

新進気鋭、人気に源泉あり、京都四条大宮の立ち飲み「庶民」、ごちそうさん!また来ますね、

さて、そぼ降る雨の中、大宮五条辺りを目指して歩きます、20分くらいかな?う~寒いかも、、、

|

« なんか、西天満に新しい立ち飲みの店があるようです、行ってみましょう!「そら豆食堂」、そして「松浦酒店」へも挨拶。 | トップページ | 京都島原にありました、創業87年目の「たこ松」、昭和の匂い満点の酒場でした。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きたやまおさむさんの講演を聞いたあとは、まず四条大宮の新進立ち飲み「庶民」へ行きましょう。:

« なんか、西天満に新しい立ち飲みの店があるようです、行ってみましょう!「そら豆食堂」、そして「松浦酒店」へも挨拶。 | トップページ | 京都島原にありました、創業87年目の「たこ松」、昭和の匂い満点の酒場でした。 »