« きたやまおさむさんの講演を聞いたあとは、まず四条大宮の新進立ち飲み「庶民」へ行きましょう。 | トップページ | ワタシもミーハーだな~、CMで見かけた大森の「富士川」から、久しぶりの「蔦八」へ。 »

2014年4月24日 (木)

京都島原にありました、創業87年目の「たこ松」、昭和の匂い満点の酒場でした。

【2014年3月1日(土)】

京都 島原 「たこ松」

さて、この日のお目当ての店の紹介です、

この日は京都KBSホールできたやまおさむさんの講演+ライブを聴き、
木材屋さんの立ち飲み「井倉木材」をスルーして、
四条大宮の新進気鋭の立ち飲み「庶民」で軽く一杯飲んだ後です、

今日のお目当ては島原の辺りにある「たこ松」です、FBで知り合いが訪問しているのを見て、これは絶対に行きたい!と思いました、

ただ場所が結構不便です、

五条と七条の間、大宮通りの西側、遊郭で有名な島原の辺りです、

JR嵯峨野線の「丹波口」駅が近いですが、今日は四条大宮から歩くことにしました、20分はくらいかかります、雨の中を黙々と歩きます、

店の近くは住宅街ですね、

あまり照明のない小さな通りを歩きます、少し広い通りに出て少し北へ戻るとありました、「たこ松」、

014

赤提灯、そして臙脂に白抜きの暖簾、これはエエ感じです、では入りましょう、

うわ~、昭和の店がここにも残っていました!

詰めれば8~9人くらい座れそうな小さな変形L字カウンター、その中にはおでん鍋と共にお母さん、雑然とした店内ですが落ち着きます、好きな店です、

先客は奥の方に若いカップル、ワタシは反対側の左端に着きます、

え~っと、お酒、ぬる燗でいただけますか、それと目の前にあった「もろこ」を頼みます、

燗は湯煎です、ぬる燗ね、とお母さん、付け具合を慎重に計りながら、、、これでイイかな?ぬるかったらもう一度付けるね、はい、、、これで大丈夫です、

017

「もろこ」はどれくらいいる?、一人前でお願いします、、、、一匹売りなのよ、

わ!「もろこ」の一匹売りは初めてですわ^^)、ではもう一匹くらい入れてください、堅田のもろこですか、

016

雨の中を歩いてきた体もぬる燗でちょっと緩みます、ほ、

お母さんは愛想よくずっと喋ったはります、

奥のカップルは最近この近所に越してきたようで、やはりこの店が気になって初めて入ったようです、彼の方はベトナムから来ているそうです、エエ趣味してしたはります、

この二人は先にお勘定、お母さんと二人になったので自然と話をすることに、

相当古い店だと聞いています、店の歴史を訊いてみましょう、

今年で創業87年目だそうです、昭和初期の創業ですね、お母さんで3代目、この店自体は戦後の建物のようで、その前の建物は目の前の通りの向こう側にあったそうです、島原という場所柄かどうかはわかりませんが、昔から舞台や映画関係の方が来られていたそうです、円谷英二や長谷川一夫の名前が出てきます、

お母さんは若い時に大阪梅田のお好み焼き屋に住み込みで働きに出てたそうで、当時の梅田、扇町界隈の風景や店の話で盛り上がりました、

せっかくですからおでんにしましょうか、名物の「だいこん」と「ひろうす」をいただきましょう、

019

「だいこん」は聖護院大根を使っているそうです、大き目で美味しい、今でも卸売市場から聖護院の良いものだけを仕入れているそうです、なので「おでん」は聖護院大根のシーズンのみ、11月頃から聖護院大根がなくなるまでお店に出しているそうです、

『今日は名物の蛸がないのよね』とのこと、なるほど、店名のある“蛸”も名物なんですね、

この頃になって常連さんがお一人入店、お風呂帰りだそうです、この辺りに銭湯が2軒あるそうです、サウナなしとサウナありの2軒、最近の銭湯は設備が充実していますからね、そこでゆっくり寛いでから来られるということですね、

続いてもう一方、先の常連さんのお連れです、常連さんかと思いきやお母さんの息子さんだそうです^^)、

さらに舞鶴からわざわざ来たという3人連れ、さらにもう一組の3人連れとあっという間に満員になりました、

ワタシは「ぬる燗」と「おでん」を追加、

021

ここのおでん種はなにやら古い形を残しているような気がします、

「厚揚げ」も品切れなので「薄揚げ」にしますが、おでんで「薄揚げ」はほとんどみかけませんね、それに「糸コンニャク」、これもない訳ではないですが最近は案外珍しい、

他のお客さんも続々注文、「だいこん」も品切れになったようです、大繁盛ですな、

022

予備椅子も出しての満席になったので店全体で話すようになっています、いろんな話が飛び交ってます、面白いですね、

では、ワタシはこれでお勘定にします、ごちそうさんでした、

京都島原の創業87年の「たこ松」、エエ感じに末枯れています、ぜひ再訪したい店です、また来ますね、

外へ出ると入れ違いの常連さんに声を掛けられました、

「もう帰るの!?」
「はい、ちょうど今一席空きましたよ」
「あ、暗いんで間違うたわ、人違い、ゴメン」
「いえいえ、ごゆっくり」

いいですね、京都の下町情緒でございます、

こちらは帰り道にあったお好み焼き屋さん、

023

中の様子は分かりませんでしたが盛り上がっていました、ここも入ってみたいね、今度来てみましょう、

では、まだ雨が降っていますがイイ気分です、京都駅まで歩いて帰りましょうか、また20分くらいかな、、、

|

« きたやまおさむさんの講演を聞いたあとは、まず四条大宮の新進立ち飲み「庶民」へ行きましょう。 | トップページ | ワタシもミーハーだな~、CMで見かけた大森の「富士川」から、久しぶりの「蔦八」へ。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都島原にありました、創業87年目の「たこ松」、昭和の匂い満点の酒場でした。:

« きたやまおさむさんの講演を聞いたあとは、まず四条大宮の新進立ち飲み「庶民」へ行きましょう。 | トップページ | ワタシもミーハーだな~、CMで見かけた大森の「富士川」から、久しぶりの「蔦八」へ。 »