« 尼崎の“ちょろ呑み”探訪は「神戸東店」へ、そして神戸新開地で写真展、「トシヤ」で黒い焼きそば。 | トップページ | この暖簾が気になって来ました、十三東口から少し、路地裏に佇む懐かしい酒場です、「正宗 京屋」。 »

2014年3月 3日 (月)

ガイドブックを見ながら尼崎“ちょろ呑み”探訪です、立花「コニシ本店」から「なにわ酒販」へ。

【2014年1月13日(月祝)】

尼崎 立花 「コニシ酒店」~「ナニワ酒販」

尼崎センタープール西口前にある「中島南店」でいただいた“こいもん あまがさき”、

005

尼崎のソウルフード“あんかけチャンポン”と“ちょろ飲み(酒屋の立ち飲み)”のガイドブックです、尼崎市内のお店がずらりと紹介されています、今日もこのガイドブックを参考に歩いてみましょう、

JR「立花」駅を降ります、

久しぶりです、今日のお目当てではないですが“魚屋角打ち”とでも云うべき「釜谷」を覗いてみました、やはり休みですね、祝日だからか?一時休業の噂もありましたがもうだいぶ時間が経っています、

再開していると嬉しいのですが、

JR線路の南側に出ようと駅の方へ戻ると立ち飲みがありました、「純情や」、

007

月曜日休日の15時頃ですがすでに盛り上がっています、イイですね、今日はスルーしますがまた来てみましょう、

「立花」駅の南側は再開発が進んでいくつかの商業ビルが並んでいますが、そのビルの中には昔ながらのお店が並んでいます、

しかし、シャッターが降りている店も多い、こういうビル押し込み再開発の効力は20年とか30年しかないようです、一見綺麗になった街は大きな商業ビルがあるためにその寿命を縮めているような気がしてなりません、

立ち飲みもビルに入ってました、

008

ぐるりとビル周辺を回ると、今日のお目当て「コニシ酒店」はロータリー側にありました、

010

ここもまた商業ビルの1階ですね、でもいい場所にあります、看板は「コニシ本店」という表記になっていますね、では入りましょう、

入り口当たりで少し変形している奥に長いカウンター、

012

途中で切れ目があって、一番奥には横向きの短いカウンターもあるようです、カウンタートップは赤いデコラ様、エエ感じです、15時過ぎですがすでに8分以上の入りです、さすが流行っていますね、

入ったところの空きスペースに着きます、

長いカウンターですがお姉さん一人で対応されています、いやもう一方いらっしゃるのか?ほとんどが常連さんのようで店内の雰囲気は暖かく盛り上がっています、とりあえずの「芋焼酎お湯割り」をお願いします、

011

そしてワタシの定番「湯豆腐」、

013

うん、出汁が効いていて美味しいです、

TVでは競艇と「相棒」が流れています、
「相棒」、毎日どこかで放送しているような感じですな、まあ視聴率稼げるからな~、

肴は100円台から並んでいます、鮭塩焼き200円とか八宝菜250円也とかが高めに見えます、

お客さんどんどん入店、こりゃまじにこの時間で満員になりそうな勢いです、人気のお店なんですね、

今日は梯子の予定ですのでこれでお勘定にします、450円也、

JR「立花」駅南側ロータリ前のビルの1階にある「コニシ本店」、人気のお店でした、また来ますね、

商業ビルの中を抜けて東へ向かいます、

元気な地元スーパー、ここらも下町感覚で安そうでした、しかしこのネーミングセンス、大阪は凄いですわ、

016

ここからは少し歩きますが「牧商店」があります、ここも“こいもん あまがさき”で紹介されています、祝日は定休のようですね、また今度ね、

017

さらにどんどん東へ進みます、五合橋線の手前で再びJR線の北側に戻ります、そして五合橋線を越えた住宅街の中に「河野酒店」がありました、

018

中の様子が窺えないのですがここは営業しているようです、

どうしようかな~、と店の前で悩んでいるとお客さんが一人来られました、立ち飲みかなとみていると、お母さんと店先で何やら相談されています、ご近所さんですね、う~ん、どうなるのか分かりませんがちょっとタイミングを逃した感じなので今日は入店あきらめます、

根性なしです、

五合橋線に戻って南下します、このまままっすぐ行くと阪神「尼崎」駅に辿り着けます、その手前でちょっと右手に入り込みます、

021

なんか、こんな大工事現場(大きくって正直見とれました、こんなん好きな人も多いのでしょうね)のところ辺りで右手に入り込みます、

ありました、「なにわ酒販」、ここは中が良く見えます、ちょうど開いたところのようですがすでに3人組が入店されています、

022

尼崎の“ちょろ呑み”で気付くのが“角打ちスペースと酒販スペースがオープンに共存している”店が多いということ、角打ち専門ではなく酒販も並行してやっている地域密着店が尼崎にはまだ多くあるということですね、

ここ「なにわ酒販」もそういうタイプの店でした、

正面は酒販スペースが前面に見えます、“ちょろ呑み”スペースへは横手の小さな入り口から入ります、でも中は結構オープンな感じで繋がっていました、

20人以上は立てる大き目のコの字カウンター、

向かいに先客3人、大将が一人、開店準備中のようです、先客の飲み物を急いで作ったはります、少し待ってワタシも注文、ここでも「芋お湯割り」にしました、

024

壁の短冊メニューで肴を検討、大将はいろいろと忙しい中、料理の注文を訊いてくれました、おおきにです、ではなんかすぐ出て来そうだったの「ポテサラ」200円也にします、

レンジで少し温めていただき、すぐ出てきました^^)

025_2

壁際に折りたたみ椅子が並んでいます、ちょっと高めのタイプ、

これに座っても飲めるようで先客の御三方は座っておられるようです、あとから来られたお客さんも座られました、まあじっくり行くならこれもアリですね、ワタシは若造なので(ここではね)立ち飲みといたしました、

なにやら静かだなと思ったらTVが点いていません、

お客さんの指摘があり大将が言い訳、どうもリモコンの電池が切れたみたいなんです、点きませんね、ほら、たしかにリモコンを操作されていますが点きませんね、相撲をやってる時間なのでお客さんは残念そうです、

あとで電池探しますのでちょっと待ってください、

おでんの鍋もまだ出汁が張られていませんでした、

大将せっせと準備中、出汁を張ってネタを入れます、注文も入りますが煮えるまではもう少しかかりますね、ちょっと待ってください、

しばらくしておでんもOKになりました、

もうしばらくしたら、、、TVが点きました、わ、点いた!!電池交換しなくても点いたみたいです、大将ビックリ、まあありますよね、こういうこと、でも電池は交換しておいた方がイイですね、客は相撲が見れて満足、店の雰囲気も暖まります、

ぼちぼちと入店が続きペースが出てきたようです、

ではワタシはここらでお勘定です、450円也だったかな、おおきにご馳走様でした、ほんわかとエエ感じのちょろ呑みです、「ナニワ酒販」、また来ますね、

さて、また歩いて阪神「尼崎」駅を目指します、

駅前にはまたまた“こいもん あまがさき”で紹介されている「壽屋矢田」がありましたが、残念ながら開店していませんでした、ここもあらためてですな、

はい、今日の“ちょろ呑み”探訪はここまで、たくさん歩きましたね、

お店もたくさん確認できました、また行く楽しみが増えました、で飲んだのは2杯だけですね、

では、帰って家で飲みますか、

|

« 尼崎の“ちょろ呑み”探訪は「神戸東店」へ、そして神戸新開地で写真展、「トシヤ」で黒い焼きそば。 | トップページ | この暖簾が気になって来ました、十三東口から少し、路地裏に佇む懐かしい酒場です、「正宗 京屋」。 »

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガイドブックを見ながら尼崎“ちょろ呑み”探訪です、立花「コニシ本店」から「なにわ酒販」へ。:

« 尼崎の“ちょろ呑み”探訪は「神戸東店」へ、そして神戸新開地で写真展、「トシヤ」で黒い焼きそば。 | トップページ | この暖簾が気になって来ました、十三東口から少し、路地裏に佇む懐かしい酒場です、「正宗 京屋」。 »