« 大満足のお店でした、大阪都島の住宅街にある大衆酒場「金盃」。 | トップページ | 京都祇園で母親に鰻をたかり^^)、その後は四条大宮の立ち飲み「庶民」へ、京都の立ち飲み界の衝撃です。 »

2014年3月24日 (月)

『こいもん あまがさき』掲載店探訪、センタープール前の「あさを」から武庫川の「中島商店」へ。

【2014年2月1日(土)】

尼崎 センタープール前 「あさを」~武庫川「中島商店」

このところ集中的に探訪している『こいもん あまがさき』掲載店、今日も行ってます、

今日は土曜日ですが珍しく梅田でお仕事、それも15時過ぎには無事終了、ではワタシはこれで失礼しますね、

 

さて、どこへ行きますか?^^)

梅田辺りで一杯というのもアリですが、ここはやはり尼崎まで行って『こいもん あまがさき』掲載店を攻めてみましょう、

ということでまずは阪神「尼崎」へ、でなぜか鯛焼き買いました、一個60円也、で美味しいのです、最近嵌っています^^)

005

鯛焼き買って、普通電車で尼崎から神戸方面へさらに2駅の「センタープール前」駅で下車します、この駅周辺に何軒も“ちょろ呑み”(角打ち)があります、今日は何度も前を通っている「あさを」さんから行ってみましょう、

「センタープール前」駅から競艇場に繋がる大きな屋根付通路の横を北上、2分ほどで酒場「角屋本店」があり、銭湯があり(写真は逆から見てます)、

014

その向こうに「浅尾酒店」とちょろ呑みの「あさを」があります、すぐ横ですが酒販部門とは別に独立して立ち飲み部門があります、

012

時間は16時頃かな、では入ります、

先客がお一人、カウンターと立ち飲みテーブル、15人入るか入らないかの小さなちょろ飲みです、カウンターの中にお兄さん一人、ではビールは省略して芋焼酎のお湯割りにします、

そして、目の前のショーケースの上に載っていた「唐揚げ」が食べたくてつい注文、から揚げ食べるの久しぶりです、

008

狭い店内ですがTVは3台架かっています、すべて競艇の映像^^)、

今日は尼崎開催はないのですが住之江(大阪)、児島(岡山)、平和島(東京)とバンバンレースやっています、尼崎開催はなくても場外販売をやっているのですね、

一段落がついた常連さんが何人か戦果を持って来店です、

奥にはおでん鍋があります、

007

おでんをもらいましょう、「厚揚げ」と「ちくわ」、ほくほく、いただきます、

010

はい、これでお勘定です、650円也、気さくな感じのちょろ呑み「あさを」、また来ますね、

さて、もう一軒行きましょうか、

前回は時間が早すぎてちょろ呑みはまだ開いていなかった武庫川の「中島商店」に行ってみましょうか、電車で一駅ですがここは歩いていきましょう、43号線を南に越えて西へ、

この辺りは工場と住宅地が混在している地域ですね、「元浜緑地」大きな公園がありました、知りませんでした、

前回、「中島商店」からこちら側へ歩いてきた記憶をもとに歩きます、なんとなく見覚えのある街並みに入って来ました、たしかこの辺りですよね、

015_2

はい、ありました、「中島商店」、今日はちょろ呑みの看板も出ています、先客はいないようですが入ってみましょう、

大きな酒屋さんです、ちょろ呑みスペースは左側から入ります、短いカウンターがありますのでここで飲むんですね、

023

お母さんがなにやら用事をされています、スイマセン、ここで飲めますよね、はいはいどうぞ、ではぬる燗をおねがいします、

016

肴は小鉢に入っていた「ほうれん草とじゃこ」をもらいます、ではまずはこれで一杯、

広い酒販コーナーと同居したタイプ、7~8人で一杯のカウンター、床はたしか板張りというのも酒屋の本道です、

尼崎のちょろ呑みはこういうタイプの正統角打ちが多いです、ここも住宅街の中の酒屋です、まだまだ酒販とちょろ呑みをちゃんと両立できてるんですね、なんかエエ感じです、

先程のお母さんに代わって若いお母さんが出て来られました、

娘さんでしょうか、さらに小さな女の子が奥の住居から出てきて遊んでいます、若い方の母さんの娘さん?いやお孫さんでしょうか?なら4世代?あくまでもご「近所の酒屋さん」+「一応立ち飲みもあります」な感じ、というほん家庭的なちょろ呑みでございます、

メニューもシンプル、ビール大瓶、生390円也、中瓶340円也、酎ハイ270円也、日本酒上撰280円也、焼酎210円也、

018

温泉マークが付いているのは温かい肴という事でしょうか、玉子焼き、豚平350円也、

他にはチーズクラッカー、奴250円也と至ってシンプルです、

常連さんが二人入店、やはりご近所さんでいろんな話が出ます、すべて町内の話題です、そういう店ですね、イイです、

さて、ワタシはこれでお勘定にしようかと思ったら若い方のお母さんから、、、

特に意味はないんだけど今日は善哉を作ったので振る舞います、いかがですか?とのこと、実はワタシ甘いものもイケます、餅も大好きです、ありがたくいただきます、

022

日本酒に善哉、ワタシはイケま^^)

ではお勘定、消費税がかかって510円也、ごちそうさんでした、武庫川の住宅街の中の酒屋さん+ちょろ呑みの「中島商店」、その立地の通りのご近所密着の家庭的なちょろ呑みでした、善哉もごちそうさん!また、来ますね、

|

« 大満足のお店でした、大阪都島の住宅街にある大衆酒場「金盃」。 | トップページ | 京都祇園で母親に鰻をたかり^^)、その後は四条大宮の立ち飲み「庶民」へ、京都の立ち飲み界の衝撃です。 »

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『こいもん あまがさき』掲載店探訪、センタープール前の「あさを」から武庫川の「中島商店」へ。:

« 大満足のお店でした、大阪都島の住宅街にある大衆酒場「金盃」。 | トップページ | 京都祇園で母親に鰻をたかり^^)、その後は四条大宮の立ち飲み「庶民」へ、京都の立ち飲み界の衝撃です。 »