« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

尼崎の“ちょろ呑み”探訪は「神戸東店」へ、そして神戸新開地で写真展、「トシヤ」で黒い焼きそば。

【2014年1月11日(土)】

兵庫 尼崎 「神戸東店」~神戸新開地 「トシヤ」

今日は尼崎の“ちょろ呑み”=角打ち探訪です、

って分かりにくいですね、

年末に初めて行った「尼崎センタープール」西口前の角打ち「中島南店」、とても良い店でしたが、そこで大将にもらったのが尼崎市内の“角打ち”と“あんかけチャンポン”のガイドブック『こいもん あまがさき』でした、

005

知らないことが多いな~、角打ち(酒屋併設の店で飲むスタイル)のことを尼崎では“ちょろ呑み”というそうです、

“あんかけチャンポン”も知りませんでした、尼崎のローカルB級グルメとして“売出し中”見たいです、知りませんでした、食べたことないです、今度一度チャレンジしてみますね、

偶然貰ったそんなガイドブックですがこれがありがたい情報満載です、

尼崎の“ちょろ呑み”店が10数店紹介されていました、知っている店は4店ほどで他はまったくのノーマークの店ばかり、尼崎にもこんなにたくさんの“ちょと呑み”があるんですね、なるほど~、行きましょう、

ということで今日はまず阪神「尼崎」駅の商店街にある「神戸東店」へ行ってみましょう、

いつも歩いている商店街を出屋敷方面へ向かいます、そろそろ商店街のアーケードがなくなるのでは?と心配になってきたころ、「神戸東店」がひっそりとありました、

001

神戸と書いて“かんべ”と読むようですね、

右手が酒販コーナー、左手に短い立ち飲みカウンターがありますね、

009

角打ちといっても完全独立立ち飲みコーナーが多いのですが、こういう酒販・立ち飲み完全両立型の店舗構成はかえって珍しい感じですね、

先客は無し、カウンターの中にはお母さんがお一人、そろりと入店します、

時間は15時前、雰囲気は大丈夫ですが一応お訊ねするような体です、もう飲めますよね、はいどうぞ~、ではでは、、、

目の前には肴の皿がずらりと並んでいます、

004

なかなか美味しそうですね、まだあまりお腹が減ってないので「じゃこ」にします、最近これ好きですね、記事を書いていて自分で少々驚き、

003

ビールは小瓶があるとのことです、アサヒです、

カウンターの中には「おでん鍋」があり、メニューを見ると刺身もありますね、小さいお店ですが酒は売るほどあるし、料理も結構いろいろ楽しめそうです、

ビールを飲み終えて「芋お湯割り」にしましょう、

どれにします?と瓶を見せてくれます、焼酎は特に好みがないので「黒霧島」にします、一升瓶から一旦計量用グラスに注いでお湯割りを作られます、律儀ですね、

この後、お二人ほどいかにもご近所の常連さんという先輩がお二人入店、

でもお二人とも軽く一杯か二杯、という感じですね、後ろが酒販コーナーですからね、そんなにどっぷり楽しむ店ではないのかな?お母さんは途中で御姉さんに交代されました、

酒販コーナーと兼務ですのであちらもこちらも守備範囲で忙しそうです、

さて、珍しく肴は一品でお勘定にしました、

1000円也ほどだったかな、尼崎の商店街の中の“ちょろ呑み”「神戸東店」、はい、ちゃんと場所は憶えました、また来ますね、

この日はこの後、神戸新開地へ写真展『KOBE*HEART』を観に行きます、縁あってKさんから初日の交流会に呼んでいただきました、

017

まずは写真展を観て、、、

交流会まで時間があったのですぐ近くの「としや」で名物の「黒い焼きそば」をいただきました、和蕎麦の焼きそばということになります、噂通りホンマに真っ黒の焼きそばです、

027

“すじ”をトッピングして550円也、和蕎麦だけど味は完全にソース味、でもそんなに違和感ないですね、普通に美味しいです、

030

蕎麦はこんな感じ、量もあったのでこれだけでお腹一杯です、

店内はワタシの好きな感じのスクエアな食堂、グラスビールが100円のサービスもありました、「としや」、また来ますね、

025

で、あらためて写真展会場に戻って交流会へ参加、

「焼きそば」でお腹一杯でしたが、このパーティの料理がまた美味しかったので結構食べました、

037_2

日本酒も揃っていました、「壽」っていうラベルのしぼりたてが美味しかったですね、小さなグラスですがこれだけで3杯もいただきました、

039

ごちそうさん!

ふ~、結構飲み食べましたね、でももう1軒行ってみますか?

047

と、向かったのが貝つぼ焼きの「大谷」、

でも、なぜかお休みでした、でもこれでよかった、お腹はいっぱいです、今日はこれにて帰りましょう、「大谷」へはあらためて来ますね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

新年会?この日の飲み会はなんと〆を入れて4軒、呑み過ぎで~す、お目当ては日本酒の「吟蔵」です。

【2014年1月10日(金)】

大阪 肥後橋 「わすれな草」~「樽」~「吟蔵」

今日は飲み会です、日本酒の美味しい店のようです、お目当ては肥後橋の「吟蔵」だそうです、はい、行きます、

とはいえ、早めに会社を出れたのでまずは肥後橋の優良立ち飲み「わすれな草」でフライングすることにします、

金曜日のこの時間、人気店の「わすれな草」に入れるかな~とちょっと心配していたのですが、、、あら、えらい空いています、どないしたん?まあ、ラッキーということで、右側のカウンターに着きます、

とりあえずの生と、黒板メニューから「しらすおろし」380円也にします、

037

量がありますね、美味しゅうございます、

もう一品、「野菜スティック」280円也、何やら健康志向か?

038

ここでKちゃんも入店、名物メニューの「車海老塩焼き」を注文、

040

そういうと、ここでこのメニュー食べるの初めてです、最初に来た時に“名物”と教えてもらったのですが残念ながら品切れ、以来注文してなかったです、

ここらで約束の時間になったのでお勘定、

お目当ての「吟蔵」を目指しました、が、予約していなかったので満席とのこと、へ~人気なんですね、まあ金曜日の夜だから仕方ないか、

日本酒が美味しいようなのであきらめずに再訪することにします、1時間半ほどで空くとのこと、ではどこか他の店で時間を潰しましょう、

あてはなかったですが近くの店を探します、「おふくろの味」という看板が上る店、前から気になっていますが、、、今日はスルー、

日本酒が飲めそうな「樽」に入ります、

049

まずはお通し、

042

日本酒は「香住鶴」をぬる燗にしてもらいます、

「風の森」も頼んだかな、これが酸味の強い美味しい酒でした、

044

写真でも発砲しているのが分かります、

肴は「鯵なめろう」、

045

「鯖へしこ」と正統日本酒の肴で渋く飲みます、

046

ここらでIちゃんも合流、

最後に「〆張鶴」本醸造も頼んだかな、ここらで時間が来たのでお勘定、3人で5000円ちょっと、ご馳走様でした、

では、あらためて勇んで「吟蔵」へ行きます、はい、一回転したようで空いています、では入りましょう、

割と広い店内、日本酒が美味しい店ですが雰囲気はカジュアル、若い人で賑わっていますね、

ここは3軒目ですので、とりあえずの日本酒ということになります、

3人で3銘柄頼みました、すべて冷や、徳利で出てきました、猪口もどさっと来たので一人3つづつの猪口を選んで飲み比べることにします、

050

確かワタシが「磯自慢」、そして「秋鹿」、「刈穂」、ここでは瓶が見れないのがちょっと残念です、

うんうん、「磯自慢」はワタシの好みの旨味濃厚な酒、「秋鹿」、「刈穂」は比較的スッキリ系だったような気がします(忘れた)、

肴も結構頼んでいます、ワタシは「チーズ酒粕樽付」、

054

他に「鶏とレバー」、

055

「和牛岩塩焼き」、

057

さらに追加で「やげんなんこつ」、これ好物、

058

「だし巻」も頼んでいますね、

059

最後にぬる燗は「鍋島」、このお酒はちょっと前に南森町の店で飲んで“力のあるぬる燗”なイメージだったので頼んだんだろうな(憶えてない)、

はい、これでお勘定です、いくらくらいだったか、忘れた(3人飲みで盛り上りほとんど忘れてます)、はい、でも日本酒の揃えもしっかりしているのでまたあらためて一人で来てみます、一人では入りにくい雰囲気ですが何とかなるでしょう、

では、これで帰りましょう!

と思いきや、まさかの〆ラーメン餃子に行ってますね、

063

あちゃ、4軒目、久々にやってまいました、でもここのラーメン、細い麺が好みでした、ここもまたあらためて確認に行きますね~、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

まっすぐ帰るつもりがつい、、、尼崎戎神社近くの角打ち「しもやま」で軽く一杯。

【2014年1月9日(木)】

兵庫 尼崎「しもやま」

今日は“ノンアルデー”の予定だったのですが、、、ちょっと飲んでしまいました、検査でいい結果が出たので調子に乗ってしまいました、

そして、関西では9日~11日はえべっさん、

あちこちにある“えべっさん”が商売繁盛を願う人で賑わいます、大阪の今宮戎、堀川戎、兵庫なら西宮戎が有名ですが、ここ尼崎にも戎神社があります、関西はホント戎神社が多いです、

最近の夜店のネタはワタシらの子供の時とは様変わり、なんかあれもこれも買ってみたいような気がしました、、、

024

が、ワタシはやはり立ち飲みで栄養摂取することにします、

尼崎戎神社のすぐそばにある角打ち「しもやま」、

最近は尼崎で一番よく来る立ち飲みですね、戎神社の喧騒とは隔絶されてました、いつもと同じ感じでまったりと時間が流れています、

いつものサッポロ小瓶、そしてショーケースから「じゃこ」、いただきます、

012

このところ体調が優れず、血液検査をしました、心配性、

でもこのところの痛風対策=食事、アルコールの総量規制=週に3日のノンアルデー(目標、あくまで目標)の効果か?異常な数値は出ませんでした、でも眩暈があるのも事実、血圧が高めに出てきだしているので気をつけないと、、、少量のアルコールは血圧にもイイらしい(こら~)、

「しもやま」はこの1年くらい、よく来ていますね、

着物を着た美人若女将がいらっしゃいます(それが目当てではないですよ~)、落ち着いた感じで飲みやすい、それに肴が充実しています、目の前のショーケースには作り置きの肴がずらり、

011

こてっちゃん、きずし、たらこ、かまぼこ、もずく、らっきょ、ローストビーフ、にくじゃが、マカロニサラダ、おひたし、餃子、厚揚げ、焼き鳥、ずり、かわ、ハム、などなど、、、

ショーケースの上に既製品のピザ、茶碗蒸しが置かれており、もちろん「おでんの鍋」もくつくつと煮えております、

018

飲み物は「芋お湯割り」に変えて、

おでんを貰います、「厚揚げ」と「大根」、あつあつ、ふ~ふ~、、、

016

はい、これでお勘定にしましょう、飲み過ぎずにね(ノンアルデーは確保していますが、飲む日は結構飲み過ぎています、1月は会食が多いので気をつけないと)

尼崎の角打ち、立ち飲みの「しもやま」、だいぶ馴染んで来ました、また来ますね、

ココログさん!絵文字が使えましぇん(涙)、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

三宮で映画を観た後、日曜日に飲む店に困ります、で行ったのが「きんちゃん」、元の「金盃」ですね。

【2014年1月5日(日)】

神戸 元町 「きんちゃん」

昼間に尼崎の「小判屋酒店」で一杯、そして神戸三宮で映画『ゼロ・グラビティ』を観ましたshine、、、

では一杯飲んで帰りましょうか(おいおいcoldsweats01)、

とはいえ、正直日曜日の三宮で飲む店には困っています、

駅近くで日曜日営業の店をあまり知りません、そういうと日曜日営業に限らず「八島」も全部閉店したし、この日はガード下の「丸玉食堂 東店」のシャッターに閉店の張り紙がありましたheart03

う~ん、だんだん馴染みの店が減って行きますsweat02

ここも2年ほど前に改装してしまいました、三宮の「きんちゃん」、

023_2

たしかここは、元「金盃」という屋号で営業していました、

スタンダードな居酒屋でそれなりに雰囲気も出していたのですが改装しちゃいました、店名も「きんちゃん」に、、、

なんとなく軽くなってもったいないですね、新しくなってからは入ったことはありませんがこの日は営業していたので物見で入店してみます、

全体に綺麗になっていますがレイアウトは昔のままですね、

表の店構えはなにやら若い人向けにシフトしたようなイメージでしたが、中は普通の居酒屋のままですね、ある意味ヨカッタhappy01、客層も案外前と同じ感じ、、、この程度の改装なら厨房だけ綺麗にして店は前のままでもヨカッタのにな~、と勝手なことを思います、、、

厨房の中のスタッフは総入れ替えです、若いスタッフががんばっています、これは好感、前の大将や御姐さんたちが引退されたんでしょうかね、

カウンターの一番奥に着きます、まずは生ビールで乾杯、

肴は「オニオンスライス」と「野菜サラダ」、

009_2

010_2

最近、血圧が気になるのでタマネギです、でもちょっと被り気味でした、

そして「カキフライ」780円也、やや高めですね、

014_2

カキフライが美味しい季節ですheart02

そして、今年は特にカキフライが好きになりましたhappy01、牡蠣には一度当たったことがあり、食べないことはないのですがあまり得意ではなかった、、、のが、なぜか今シーズンはカキフライ大好きになりました、美味しいランチの店に当たったからかな?

焼鳥、2本で290円也を4皿注文、まずは「つくね」、

017_3

「ねぎ身」、

018_2

これは「なんこつ」かな?

019

これは?たしか「合鴨」?coldsweats01

020

味違いであっさり「ちくわきゅうり」300円也、

021

そして最後に「なんこつ唐揚げ」350円也、

022_2

これが美味しかったね、焼酎の肴にもピッタリでしたgood

これでお勘定、

二人で生ビールと焼酎計6杯飲んでます、6000円くらいのお勘定、まあこんなものでしょうか、全体にちょっと高いかな~、雰囲気も前の店の方が良かったともいえますが、、、

これから歴史を重ねて老舗の系譜を注いでほしいものです、三宮の「きんちゃん」、がんばってくださいwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

2014年のちょろ呑み初めは尼崎の「小判屋酒店」からです、「センタープール前」駅から歩きます。

【2014年1月5日(日)】

兵庫 尼崎 「小判屋酒店」

2014年、年末年始9連休の最後の日です、

夕方に前日に席を予約した映画を観に行く予定ですが、その前にちょろっと寄って行きましょうcoldsweats01

年末に探訪したセンタープール西口前にある「中島南店」さんでいただいた尼崎の角打ち(尼崎ではちょろ呑みというようですnote)、名物のあんかけちゃんぽんなどのガイドブック“こいもん あまがさき”、

005_2

これに“ちょい呑み”の店が10数店掲載されています、

嬉しいですね~、ページをめくっていると案外日曜日営業の店もあります、えへwink、イイですね、映画に行く前にちょっとどこか寄って行きましょうかwink

ということで、本日のお目当ては「小判屋酒店」さんです、エエ名前です、

やはり阪神「センタープール前」駅で降ります、そのまま“センタープール”入場口を横に観ながら北上、ここまでは一度下見に来たことがあります、入場口角には酒場「角屋本店」があります、そして、

013_2

その向こうには“こいもん あまがさき”でも紹介されているちょろ呑み「あさを」がありました、

ここも営業していますね、でもここはまた来れます、今日はもっと遠くまで歩きましょうdash

そのまま北上、国道2号線に出ると左手に阪神タイガースの2軍球場浜田球場があります、さすがにこの日は誰もいませんhappy01

2号線を越えて少し西へ、そしてまた北上して左へ曲がるとありました、「小判屋酒場」flair、エエ感じです、

003

向かいがちょうど人気の銭湯なので“こいもん あまがさき”では「一風呂浴びて一杯」みたいに紹介されています、ほんとにそういう使い方もありですね、

ではでは入りましょうheart02

左側が奥に長いコの字カウンター、

日曜日の14時30分頃ですが17~8人くらいで満員のカウンターに10人くらいが立っておられます、人気ですね、

005_3

皆さん常連さんのようです、左側の中ほどが空いていたのでとりあえず取り付きます、

先客の皆さんの手元を見ると皆さん瓶か缶系ですね、生ビールはないのかな?とちょっと逡巡しているとカウンターの中の大将が声を掛けてくれました、

ビールなら大概なんでもありますけど、

では、、、プリン体の少ないのん、お願いします(この頃は結構気にしている)、

ということでビール銘柄決定、酒屋ですからね、何でもありますよねhappy01

カウンターの上には小皿の料理が並んでいます、

008_2

焼き魚、野菜炒め、ニラ玉、鶏甘酢、高野豆腐などなど、

向こうのカウンターには天ぷらや揚げ物が並んでいるようです、他に湯豆腐や茶碗蒸しなどの暖かいのもあるみたいです、

はい、では「ニラ玉 肉入り」200円也を頼んでこれでスタートです、

007_2

入口付近の4人連れの先輩、えらい話が盛り上がっています、

聞くともなく聞いているとcoldsweats01なにやら戦術的なお話や組みやすい相手がどうのこうのと、、、どうやらテニスクラブのお仲間のようです、

皆さん相当先輩ですが今日もすでに元気にプレーされた後のようです、いいですね、日曜日の昼下がり、テニスの後にちょろ呑みで一杯、なにやら至高の幸せのような気がします、お元気で何よりです、

もう一杯だけ飲みましょう、

芋のお湯割りにします、肴は向こう側に見える揚げ物から「コロッケ」にします、、、、と、大将が、スイマセン、あれはミンチカツなんです、、、あら、ちょっとイメージよりヘビーですがまあいいか、ではそれでお願いします、

009

テニス仲間の皆さんはバラバラにお勘定、一人二人と帰られます、

これまたイイ感じ、酒場では徒党は組まずが良しとされます、入れ替わりでご新規さんもどんどん入店、またまた常連さん同士で盛り上がっています、流行ってます、活気がある暖かい店内です、

ではワタシもこれでお勘定にしましょう、930円也、ごちそうさんでしたhappy01

駅から徒歩10分ちょっと離れている住宅街の中のお店なので“ぶらり探訪”ではなかなか見つけることはできない“ちょろ呑み”でした、エエ感じでした、「小判屋酒店」、また来ますねheart04

「こいもん あまがさき」掲載店探訪はこれからも続きますよ~、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

2014年最初の立ち飲みはこちらから、新しい店ですが海鮮系の肴も充実、神戸元町の「新世界」。そしてオマケは京都鳥羽街道「弁慶食堂」。

【2014年1月4日(土)】

神戸 元町 立ち飲み「新世界」

この年末年始は9連休と長かったですねshine

その9連休もあと2日というこの日、映画でも見ようかと思ったのですが満席であえなく敗退、翌日の席を予約して即飲みに行くことになりました、

2014年最初の酒場探訪はここになりました、「元町」駅を南へ少し行ったところ、最近出来た立ち飲みです、「新世界」、

018

最近出来た立ち飲みだそうで何やらよくはやっているようです、今日はまだ早い時間、開店直後です、入れます、入っておきましょかwink

ぎゅっと詰めれば30人くらいは入れそうな立ち飲み、壁向きのカウンターと真ん中にコの字カウンターがあります、

011_2

なにやら大声で迎えられます、

オーダーも大声で、厨房からもありがとございま~す!と大声で、、、店の流儀ですが、、、客がまだ少ないので、、、ちょっとうるさいですhappy02

どうやら海鮮がウリの立ち飲みのようです、

なんか期待できるな~とメニューを物色していると、まずは店の会員になるように勧誘されます、会費500円、こういうなんは基本入らないのですが、、、入りましたhappy02

細かい条件は忘れましたが、まあ今日だけでもある程度元が取れそうなので入りました、で、ヱビス生ビール会員価格280円也(通常380円だったかな?)を頼みます、

海鮮料理がおすすめの立ち飲みです、おせちに飽きて刺身の口だったので「刺身5種盛り」1000円也に決定、

でも、店員さんに「今日のマグロは絶対に美味しいです」と薦められ、あっそう、とそれも注文、今日はなんか押されやすいな、正月だからまあいいかhappy01

「刺身5種盛り」、うん、まあまあいいんじゃないですか、

008

004

「本まぐろ刺身」会員価格380円也、

なるほど、たしかに美味しいです、

ついでに「うに軍艦巻き」会員価格380円也、あら、写真がピンぼけだわ、

012_2

本日のメニューはこんな感じ、

006

他の料理もまあまあ安いかな、「刺身の口」も一段落したので他の料理も頼んでみましょう、飲み物は焼酎芋のお湯割りにします、

「豚天ぷら」280円也、

014

「ポテサラ」280円也、

016

サラダもゴロゴロ系で美味しいですが、掛かっていたソースが上等でした、ちょっと分からないですがチーズが効いているのかな?とにかくソースが美味しかったheart02

そして「鶏なんこつ唐揚げ」180円也、

017_2

これも肴としてはイイですねshine、180円也というのも嬉しい、

はいこれでお勘定にしました、

二人で3500円ほど、新しい店なので老舗立ち飲みのような雰囲気は望めませんが、ちゃんと使えますね、若者やサラリーマン御用達として人気あるんでしょうね、神戸元町の「新世界」、また来ますねheart04

【おまけ】

正月2日に京都の京阪電車「鳥羽街道」駅横の「弁慶食堂」で親子丼をいただきました、

ここは仕事の関係で10年ほど前まで頻繁にお邪魔していたのです、懐かしいですheart02

毎年、稲荷山参りからの下山ルートとしてこの辺りを歩いているのですが、今年は正月に営業していたので久しぶりに入りました、注文は“親子丼”、

027

京都の玉子丼、親子丼、カツ丼などの溶き玉子はしっかりとかき混ぜます、白身と黄味が完全に一体化するまでホロホロにします、大阪や東京の丼とは一味違うのです、これは京都の老舗食堂共通だと思います、、、このタイプが京都人は大好きですlovely

そしてこの「弁慶食堂」、京阪電車本線とJR奈良線に挟まれています、“食べ鉄”にはたまりませんhappy02

031_2

033

向かい側は阪神高速開通で更地になってしまいました、そんな中でよくぞ今も営業してくれてました、がんばってね「弁慶食堂」、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

2013年最後の1軒は尼崎センタープール前の「中島酒店」、とっても良い店でした!宝物もいただきました^^)

【2013年12月30日(月)】

尼崎 センタープール前 「中島酒店」

2013年最後の一人飲みは尼崎のセンタープール前ですhappy01

“センタープール”というのは“泳ぐプール”ではありませんhappy02

競艇場の名前ですflair、当然ながら場内や周辺には良い飲み屋がいくつもあるようです、残念ながらまだ“センタープール”の中には入ったことはないですが、周辺の酒場を探訪してみることにします、

阪神電車本線に「センタープール前」という駅があります、

競艇場へ直結の駅ですね、でも今日のお目当ての「中島酒店」は“センタープール”への入場導線とは反対側にあります、競艇開催日なら場内を西へ通りぬけるとすぐ目の前になるのですが生憎今日は開催していません、駅を降りると線路沿い北側を西に向かって歩きます、2~300mくらい歩いて通りに出るとそれを北上、競艇場の2辺をぐるっと回る感じですね、

しばらく行くと競艇場の西門(今日は閉まっていますが)があります、そのすぐ前に「中島酒店」があります、

010

12月30日、この年末に営業しているかどうか心配でしたが、ちゃんと看板に灯が燈っていますflair、やっていますね、よかった、ではでは入りましょう、

お、予想より広くてスクエアな店内です、

左右に少しカウンターがありますがメインは大きな樽テーブル(もしくはビールケーステーブル)です、7つか8つ樽テーブルが並んでいます、

013

正面のカウンターにはショーケースがあり(肴いっぱいhappy01)、その向こうが厨房になっています、

う~ん、どうしたらいいんだろう、ちょっと立ちすくみますが意を決して奥のカウンターに向かいます、厨房には大将らしき方とお姉さん、他にもいらしたかな、

017

ショーケースの切れ目から大将に声を掛けます、

え~っと、ここで頼んだらいいですか?、、、はい、、、ではビール小瓶、サッポロあります?、、、はい、、、それと、おでん下さい、

ということで無事発注終了、

キャッシュオンかとお金を出し掛けると、最後に清算で結構ですよ、とのこと、はい、分かりました、では空いている樽テーブルまでビールとおでんを持って帰っていただきます、

012

ふ~、一人飲みは久しぶりな感じ、年末はやはり飲み会が多いですからね、

2013年は特に多かった、ちょっと体調不良もありノンアルデーを作っていることもあり一人飲み回数が激減しました、反省!!(いったい何を反省するのか??不明coldsweats01)

と、いつの間にかフロアに出てこられた大将から突然話しかけられました、わお!ちょっとびっくりhappy02

ご近所ですか?

いえ、ちょっと電車に乗って来ました、

余程ワタシが異質だったのでしょう、目を付けられましたhappy01

ここは正直に告白いたします、酒場探訪してるんです、角打ちとか立ち飲みも大好きです、友人2人からここの評判を聞いていたので来ました、今日は開いていてよかったです、

営業日は競艇開催によって変わるようなのです、今日は開いていてほんとうにラッキーでした、

と、大将から「尼崎の立ち飲みはどこへ行った?」と問われます、

え~っと、あ~、尼崎なら「吉田酒店」とか「しもやま」くらいですかね、、、と、大将「あかんあかん、もっとあるでえ」とどこかへ行かれます、あら?

で、持ってこられたのがこれ、『こいもん あまがさき』、

005

大将も参加して作られたそうな、“尼崎の濃いもん”=角打ち、中華ラーメン店、それに地元企業(優良技術企業?)などを紹介したパンフレットです、

ありがとうございますheart02

と中を見てみると、、、すごい!!角打ちが15軒以上紹介されていますup

阪神沿線だけではなくあくまで“尼崎市”なのでJR尼崎や立花、塚口周辺の角打ちも紹介されています、これはイイものをいただきました、もうムラムラと探訪意欲が湧いてきましたdash

ちょうど“一人飲み”回数が減っている時期だけに良き刺激をいただきました、大将、おおきにです!!これ持って尼崎を歩き回ります!!(実際、年明けに早速行きました、あらためて書きますねwink)

さて、なにやら気分高揚、酒は芋焼酎のお湯割りにします、

022

そして「ハムサラダ」350円也にします、もう慣れてきましたのでテーブルから通りかかった大将やお姉さんに頼むこともできます、

と、向こうのテーブルの3人組が日本酒を注文、

大将が一升瓶を3本ほどテーブルに並べてテイスティングの上で銘柄を決めておられます、ほほう。親切ですね、まあ酒屋ですからね、酒は売るほどありますhappy02

あ~、なんかワタシも日本酒を頼みたいですね、すでにビール⇒焼酎と展開しましたが3杯目は日本酒にしましょうgood

ふたたび大将にテーブルまで来ていただき日本酒を所望します、、、どんな酒がイイですか、、、米の味わいが強いのが好みです、濃厚なのも好きですshine、、、はい、分かりました、、、

ということで、ワタシのテーブルにも一升瓶を3本持ってきていただきました、

029

「大黒正宗 しぼりたて」、摂州富田酒「きよつる あらばしり」、同じく「きよつる 新酒しぼりたて香酔」、

3本ともグラスでテイスティングさせていただきます、

おおきにです、「大黒正宗」は地味ですが阪神間の酒場ではよく見かける銘柄ですね、基本好感銘柄ですshine、うん、すっきりとして旨味もあります、

摂州富田酒「きよつる」もなんとなくエエ感じですね、富田辺りの蔵なんですね、これも好感、真ん中の「きよつる あらばしり」が好みです、ではこれをいただきまます、ありがとうございます、

031

肴にさっきから食べたかったlovely「いか天ぷら」200円也を注文、

023

ちょっと『料理と酒の相対性理論』=“ビールで刺身、日本酒で揚げ物”の罠に嵌った感がありますが、これもOKです、

はいこれでお勘定です、

1600円くらいだったかな?阪神電車「センタープール前」駅から徒歩5分、センタープール西門前の角打ち「中島酒店」、イイお店でした、大将がエエ感じです、そして、いただいた「こいもん あまがさき」はワタシの宝物です、おおきにでした、“ごちそうさん”でした、また来ますねheart04

そうそう、せっかくですから残りわずかとおっしゃっていた「大黒正宗 しぼりたて」一升瓶を買って帰り正月にいただきました、

002

しっかりと主張のある美味しい酒です、ぬる燗でいただくのが美味しかったです、こちらも“ごちそうさん”でしたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

エエ感じのお店でした、大阪野田の「満海」さん、リーズナブルな魚系料理が美味しいです。

【2012年12月26日(木)】

大阪 野田 「満海」

やはり今日も送別会ですcoldsweats01

会場は大阪野田の「満海」、

会社の同僚のお奨め、魚系が安くて美味いとのことです、忘年会にはちょうどイイですね、この時期ですので予約して4人で行きました、

場所的には阪神電車「野田」駅で下車徒歩2分くらいの感じですが、この日は会社を出るのが遅れたので桜橋からタクシーですdash

国道2号線が大きく左へカーブする野田の交差点、

西側に伸びる商店街ともう一つの阪神高架沿いの通りの間に「満海」はあるようです、すこし分かりにくい場所ですが小雨模様ですので迷ってる暇はありません、ここかな?と路地を覗き込むと、同席のS氏と偶然の合流、はい、ここだよね、ということで無事入店ですhappy01

スイマセン、19時から4人で予約のモノです、はいはい、

入るとすぐにカウンターに調理場があります、で奥にはテーブル席がざっと40席くらいはありそうです、10人席のテーブル席の奥に先客4人、「てっちり鍋」のようですねlovely、そして我々も4人席、間に2人分空いているので楽です、

こちらの料理は予約していません、とりあえずのビールを頼んでメニューを物色します、さっと決めます、すぐ出てくる「ポテサラ」と「高野豆腐」はいずれも300円也、

012

015_2

いずれも量があります、これなら安い感じですgood

そして、刺身はお薦めの「まぐろ」800円也、

014

美味しい!!shine、中トロがエエ感じです、やはり評判は間違いないようですね、

「活タコ」500円也、タコも旨いんです、

016_2


そしてこのシーズン、大阪ではやはりこれがお目当てになります、「てっさ」1200円也、リーズナブルですね~、これは嬉しいクオリティでしたshine

018_2

お店のお奨めで「湯引き」500円也も注文、これも酒の肴に最適でございます、酒が進みます、

017_2

ここまででボリュームがあるので肴は十分な感じです、飲み物は日本酒なり焼酎に切り替えます、このままワイワイと盛り上がります、

でも。そろそろ料理の追加も欲しくなってきました、では料理を追加ね、任せるので注文して、

で、「牡蠣酢」380円也、旬です、ひえ~happy02

022_2



「まぐろカマ焼き」450円也、

028



そして「う巻き」380円也、うん、これも美味しかった!これもリーズナブルですheart02

029_3

お酒もそれなりに飲んで、これでお勘定、なんと一人@3000円を切りましたsign01

安いですね、刺身、料理とも美味しいです、これはぜひ再訪していろいろと試してみたいです、

でもボリュームがあるので一人飲みはちょっときついかもしれません、二人くらいで楽しむのがイイかもしれませんね、もちろん宴会にはピッタリです、冬場は「てっちり鍋コース」もイイでしょう、大阪野田の「満海」、イイ店を教えてもらいした、いずれにせよまた来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

まさかのクリスマスイヴ、焼肉と立ち飲み2軒という展開でした、「ミナミカワ」~「万両」~「酒のおおにし」。

【2013年12月24日(火)】

大阪 南森町 「ミナミカワ」~「万両」~中津「大西酒店」

さて、今日はクリスマスイヴですが、、、焼肉で送別会という予想外のセッティングですhappy01

19時スタートの送別会に間に合うかどうかやきもきしていましたが、無事業務終了、さっさと南森町に急行、とちょっと早めに着いてしまったので、、、即、立ち飲み「ミナミカワ」に入店、フライング一人飲みとなりましたhappy02

いつものコの字カウンター縦棒のビジター席に、

021

ビールを避けて燗酒(ここでは初めて)と「野菜サラダ」!にしようと思ったのですが今日は品切れ、「ポテトサラダ」でもイイ?とカウンターの中のお母さんにプッシュされたので受諾、

019

と、これがボリュームたっぷりで(ここはなんでもボリュームたっぷりなのを忘れいてましたsweat01)、焼肉前に満腹というsweat02“やっちまった”状態で送別会場の焼肉「万両 南森町店」へ向かいます、

ここ「万両」、Webの評判を見て来ました、たしかにCPはイイですね、

022

そして、2時間制で退店、人気店ですからね仕方ないけど2時間はちょっと短いんですよね、でも店員のお兄さんもエエ感じです、また来ますねheart04

で、ちょっと飲み足らないのでもう1軒、中津の「酒のおおにし」へ行きましょうdash(つうか予定の行動coldsweats01)、

少し前にも来ましたね、中津の「酒のおおにし」、良いお酒をずらり揃えてる角打ちです、立ち飲みでリーズナブル価格で日本酒が楽しめます、

ワタシはまず先日飲んで気に入った「真澄 あらばしり」をいただきました、

024
(「酒のおおにし」では白いデコラテーブルがレフ板代わりになって写真は綺麗happy02)

うん、これホントに美味しいです、
(奥ではトマトジュースが、、、)

他のメンバーは「菊姫 にごり酒」、

029_2

「義左衛門 しぼりたて」、

030

この時期の日本酒は美味しい酒が揃っていてイイですね~heart02

肴は「じゃこ」、

025

「わさび漬け」、

026

もうお腹一杯ですから酒のアテです、

ワタシの2杯目は「五橋」、

031

他に「なまの上善如水」、

032

「冬の月」、

036

「越の誉 純米大吟醸原酒」なんてのも登場lovely

047



さすがに肴を追加、これは「いぶりがっこ」かな?

039


そして、この技は初めて見た、「ホタルイカのするめ」?をライターで炙ってます、

034



ワタシももう一杯、「大七 雪しぼり」、よう飲んでますな、ちょっと飲み過ぎかなsweat02

048

はい、お疲れ様でしたwink

やはり冬の日本酒は美味しいですね~、「酒のおおにし」もサイコーでした、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

この日はよく飲みました、そんな1軒目は老舗の貫禄十分、自由が丘の「金田」です。

【2013年12月20日(金)】

東京 自由が丘 「金田」

自由が丘の有名店「金田」へ初めて行きましたwink

この日は東京で忘年会もあり、大学の後輩とも会うことになり、結果的には飲み過ぎましたsweat01、ので、この日の酒場全部のレポートは無理です、後半は酔っ払いです、

が、1軒目の「金田」はなんとかレポート可能ですcoldsweats01

「金田」、有名店ですねshine

老舗居酒屋、金田酒学校、居酒屋学校なんて呼ばれたりもいるようです、山口瞳さんや伊丹十三さんも通ったとか(会いたかったhappy01)、、、逸話には事欠かない店のようです、前から訪問リストに入っていましたがなんか敷居が高くって、並びの鰻串の「ほさかや」まで来たことがあるのに未訪問でした、

でも、今回の訪問の直接のきっかけは、、、

2013年12月にオリジナルメンバーで再結成なった“ザ・タイガース”のジュリーとピーの再会のきっかけを作ったのがこの「金田」の大将だった!という逸話を読んで、どんな店かぜひ見たくなりました、

ではでは行ってみましょう、

「自由が丘」の駅は東急東横線と大井町線が微妙な角度で交わっています、どの改札を使っていいのか?が分かりにくいです、大井町線で来たので今日も方向を見失いそうになりますが、前回「ほさかや」訪問時と同じルートでぐるりと回って踏切を渡って「金田」まで行きつきます、

015

016

ここですね、では入りましょう、

ほう、暖かな感じの店内ですね、

大き目のコの字カウンターが二つ、9分の入り、こりゃ流行っていますhappy01

奥の方のやや大きめのコの字カウンターの角に空きがあります、カウンターの中の女将さんらしき人と目を合わせます、予約の方ですか?と声が掛かります、いいえ、予約なし、一人です、ざっと見回して空いている角を示されます、ここでイイですか?はい、無事入店です、

予約もできる店ですが、予約は基本2階になるようです、2階席の様子は分かりませんが、おそらくはやはりここ1階のカウンターがイイんでしょう、この店は、

先客の90%は先輩ですhappy02

018

はは、早い時間から来て飲めるのが特権の方々、ネクタイ締めているのはワタシともうお一人だけです、酒と料理を楽しむ自由空間ですな、

ビールを敬遠、日本酒にしようか迷いましたが、痛風を気にしてるこの頃、焼酎を所望、あるのかどうかわかりませんでしたので訊いてみるとあるとのこと、ではそれで、

お通しで小さな「湯豆腐」が出てきました、出汁が効いていて美味いですheart02

017

そして、焼酎はびっくりの小さなボトルで出てきました、「菊正宗 七年貯蔵」だってcoldsweats01、なんだか???、これでお湯割りのセットを貰って自分で作るスタイルです、都合3杯作って飲みました、

肴のメニューは多いです、手元のメニューと店内の壁に木札がずらりと並んでいました、刺身、焼物、煮炊物、居酒屋メニューも揃っています、迷った末に「あなご白焼き」900円也にします、

焼物はちょっと時間掛かりますよ、とのことでしたがそんなには待ちませんでした、結構な人数でテキパキと仕事されています、この辺りは老舗の貫録が感じられますねshine

020

「あなご白焼き」、はい、ちゃんと美味しいです、

どんどんお客さんが入店、

予約の団体さん、飛び込みの3~4人連れは2階席へ、2人連れはちょっと待って1階のカウンターという感じです、

もう一品、「しめ鯖」750円也にします、生姜醤油、ややレア・ドライ系です、

023

これも美味いですがビックリするようなこともないです、全体に高いレベルの普通の料理という感じなんでしょうね、

店の雰囲気は好きですheart02

一人で飲むのも二人でカウンターで飲むのもイイ感じです、2階席も見てみたい気がします、少々高いですがまあそれもビックリするほどのことはないので大丈夫でしょう、

自由が丘の「金田」、老舗の貫録が好感です、また来ますねheart04

この後、学芸大の「浅野」でホッピーを呑み、

029

恵比寿で大学の後輩と会い「まくら とよかつ」へと飲み歩き、、、沈没でしたsweat01、反省happy02

037


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

この日は草鍋で忘年会、大阪九条の有名店「小川下」からすぐ近くの「さぬきや」へ。

【2013年12月16日(月)】

大阪 九条 「小川下」~「さぬきや」

今日は忘年会です、会場は3年振りくらいの“草鍋”!大阪九条の「小川下」ですshine

久しぶりに食べたくなった“草鍋”、

ヘルシーで美味しくてお腹一杯になります、楽しみだなあheart02、と思っていたら、前週に知り合いが2組も“草鍋”「小川下」に行ってました、

なんか久しぶりのブーム到来ですかあ?happy01

地下鉄「九条」駅からぷらっと歩いて4~5分ほど、はい「小川下」です、

023

“小川下”と書いて“こかげ”と読ませます、今日は月曜日ですが年末のこの時期、混んでいるだろうと予約しています、では入りましょう、

あら、先客なしですね、一番客ですか、

座敷席にでもどうぞ!とのことでしたがテーブル席を所望、では一番大きいテーブルを使ってください、いいの?相席でもいいけど、いや今日はそんなに来ないと思いますよ、あら?そうなんですか、ではでは店の真ん中辺りの大きな変形テーブル席にゆったり座ってスタートします、

ビールで乾杯します、鍋が煮えるまでは突出しで繋ぐのがここのルールです、この日は3人なので3品取りました、

「蛸のぬた」、

018

「小芋」、

019

そして「厚揚げの炊いたん」、

020

これでビールを飲みながら体も気分も暖めます、

鍋が来ました、これが“草鍋”ですwink

017

とにかく野菜が一杯、

もやしにニラ、他にも葉っぱが入っています、この下に豚肉が潜んでいるのですが、鍋を美味しくしているのが“はるさめ”かな、野菜+肉+はるさめの取り合わせが絶妙ですflair

他のお客さんの入店がないですね、

大将に訊いてみると今日は予約も入ってないそうです、今日は谷間やね、昨日まではずっと満員で2階も使ってたけど今日はあまり来ないと思うよ、とのこと、商売というのは難しいですね、結局この日はワタシ達以外の来店はナシ!(ワタシ達がいる間はね)ということになりました、

いろいろと積もる話をして飲み食べ進めます、肉と野菜中心なのですっと腹に納まります、肉ともやしを追加ですdash

そうそう、ここの出汁は秘密のようですが、煮えた野菜と肉を醤油+辛子で食べます、こんな食べ方は他ではないですよね、“醤油+辛子”、一瞬怯みますが、これが食べてみると野菜と肉にとてもよく合うんです、出汁も効いているからかもしれませんがとにかくすいすいと腹に納まります、

途中から焼酎に変えました、

ビールは少しだけでね、とか痛風の自慢話をしていたら大将が食いついてきました、どうやら大将も長年痛風と付き合っているようです、これでまた病気自慢の話に花が咲きます、大将の痛風体験はホント壮絶な歴史でした、でも痛風はほうっておくと他の合併症に繋がるので怖い病気だということも認識、飲み過ぎ食べすぎには注意します、はい、

最後に1人前だけ雑炊を作ってもらいました、これで十分です、もうお腹一杯です、

022

はい、ではこれくらいでお勘定にしましょう、

久しぶりでしたが“草鍋”はやはり美味しい、そして大将の痛風経験談は参考になりました、気をつけますわ、大阪九条の“草鍋”「小川下」、また来ますねheart04

さて、もう一軒行きますか?

と3人でぷらっと歩き始めたのですが、すぐ近くにあって前から気になっている「さぬきや」へ行ってみましょう、

025

この外観、たまりませんね、前から入ってみたかったのですが未入店でした、今日は3人という多勢ですので怯まずに入店ですhappy01

くの字カウンター10席ほどの小さな店、カウンターの中に優しそうなお母さんと先客がお二人、

ここでも焼酎だったかな、肴は「チーズ」とか、

027



「玉子焼き」、美味しかった~good

028

他にも頼んだかもしれませんが忘れましたcoldsweats01

お母さんはとっても優しくて親切、イイお店でした、ここもまた一人でゆっくり楽しみたい店ですね、「さぬきや」、また来ますねheart04

そうそう、帰り際に「さぬきや」の由来を訊きましたshine

記憶では『ここの大将が徳島出身だったので、、、』という事でしたが、大将はお母さんの旦那さんだったのかどうかは???それに、徳島出身って、“さぬき”は讃岐~香川県だし、、、どうもあやふやでございます、もう一回行って確かめなきゃ、

とりあえず、これにてお勘定です、九条の商店街裏の「さぬきや」、エエ味出しています、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

玉造でライブ観戦です♪、前飲みは森ノ宮「岡室酒店」、後飲みは玉造の“まぐろが名物の立ち飲み”「魚介」です。

【2013年12月14日(土)】

大阪 森ノ宮 「岡室酒店」~玉造「魚介」

今日は大阪玉造で“金森幸介”さんのライブ観戦ですnote

でもその前にちょっと飲んでいきましょうhappy01

玉造辺りで飲むとなるといつも思い浮かぶのが、おでんの「きくや」ですが、、、土曜日は休みですね、残念sweat02

ならば、JR大阪環状線の一駅手前、「森ノ宮」駅前にある立ち飲みの「岡室酒店」へ行きましょうか、たぶん早い時間からやってるんじゃないかなshine

「森ノ宮」駅を降りて東へ徒歩20秒ほど(早happy02)、はい、期待通り営業していただいております、ありがとう!では入店です、

034

比較的広い角打ち、混んでいる時は40人くらいは入ってるんじゃないかな、

今日は土曜日、時間は16時前、先客は10人ほど、案内されたのはカウンターの真ん中、グッドポジションですshine、ではまずはビールを少しだけ飲みたいですね、小瓶あります?あるhappy01、ではお願いします、

それと目の前のショーケースから「あなご」を選びます、はい、では一人でカンパ~イです、毎度お馴染みの渋いグラスですwink

008

カウンターの隣りにはうら若き女性が二人、

結構エエ感じでお酒飲んだはります、聞くともなしに聞くと(笑)これから大阪城ホールでライブだそうです、たしか女性グループか何かのライブ、その前にちょと一杯やて、一緒やんか、渋いな~、

早々に小瓶を飲み終えて燗酒にします、

026

燗酒にはおでんにしましょう、「牛スジ」と「厚揚げ」、メニューには天ぷらもあるのですが“土曜日は天ぷらやってない”らしいです、

030

さてこれで終わろうかと思ったのですが、、、まだ開演まではちょっと時間がありますね、え~っと、すいません、ぬる燗半分ください!

えへhappy01、さっきテーブルの客さんがオーダーしたのを聞くともなく聞いてました、

どうやら“コップ半分”のお酒オーダーがあるようです、立石の「宇ち多”」の梅割りも半分オーダーありますが、森ノ宮の「岡村酒店」もありましたhappy01

ということでぬる燗半分とこれもらいました、

031

「ちりめんじゃこ+大根」かな?これが美味しかった、出汁が効いています、そしてシャキシャキの食感がイイ、美味しい肴でしたlovely

さて、これでお勘定です、1400円ほどかな、忘れましたcoldsweats01ホントこの頃は物忘れが激しい、

森ノ宮駅すぐの角打ち「岡室酒店」、京橋に2軒ある「岡室」と関係あるのかな?訊こうと思ってこれまた忘れましたsweat01、健忘症かあhappy02、でもまた来ますねheart04

そうそう、「岡室」訪問の写真をFBに上げたらお二人から“ここD大学関係の知人です”と連絡いただきました、これまたご縁、次行った時に訊きますね、

この後、まだライブ開演まで時間があります、玉造の会場まで歩いていきましょか、駅で一駅、15分もあれば着くでしょう、

それでもまだ時間があったので、、、なんと「王将」で餃子いってますわ、こら~、逆掟破りのライブ前餃子です、こら~happy02

011

さて、2時間ほどのライブ観戦も無事終了(早sweat01)、

どうしようかと「玉造」駅に向かう途中で見つけたのがここ、

020

まぐろが売りのお店は多いですが、ここは立ち飲みですって、これはちょっと珍しいんと違いますか?まぐろが名物の立ち飲み「魚介」wink

奥にはテーブル3席ありますって、ちょっと言い訳、やはりまだ立ち飲み1本では不安があるようです、でもいいよ!立ち飲みまぐろ!!入りましょうdash

入ったところのカウンターに取り着いてとりあえずという感じで「まぐろぶつ」290円也と芋焼酎水割りをお願いします、

023

では、いただきます、、、

わ、旨いいいsign03、これはアタリです、まぐろ旨いです!!このレベルのまぐろで290円はお値打ちでしょう、東京に比べて大阪は美味しいマグロが少ない、というか美味しくないマグロもありますからね(東京は総じてまぐろレベル高いと思います)、これはイイかもgood

もう一品は「生ねぎトロ巻き」350円也にしてみます、

025

これはデカい!!sweat01

もうちょっと上品なのをイメージしていましたcoldsweats01、ライブ前に餃子を食べているのでこれはちょっとハードでしたが、美味しいのです、これまたちゃんとした“ネギトロ巻き”です、飯だけ残すのも不作法なのでちゃんと完食しました、

これは拾いものでした、

まぐろが美味しいのは確かです、機会があればもう一度来ていろいろと食べてみたいし、店の雰囲気も確かめたいですね、「玉造」駅すぐ近くのマグろが名物の立ち飲み「魚介」、また来ますねheart04

では、今日はこれくらいで帰りましょう、ふ~、お腹いっぱいだわsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

【番外編】今日は呑んでないけど書きます、京都大和大路松原辺りの焼きそば「おやじ」。

番外編【2013年12月13日(金)】

京都 松原大和大路辺り 焼そば「おやじ」

今日の記事は飲んでいませんので番外編ということでお届けします、

しかし、この店の焼きそばは本当に美味しいのですheart02

今度はビールを飲みながら頂きたいものです、京阪電車の「祇園四条」駅から徒歩10分くらい、京都人の呼び方で云うと“大和大路松原”を“西へ入ってちょっと下がった”とこにありますhappy01
(京阪「清水五条」駅からの方が近いかも、、、)

焼きそば専門店「おやじ」、

007

2回目の訪問です、前回も今回もランチ、仕事のついてに寄ったのでさすがに飲むわけにいかないのが残念無念coldsweats01

店構えはこんな感じ、表には“さだまさし”さんの訪問時の記事が貼ってあります、さださんの“最後の晩餐”候補の店だそうです、なるほど、

時間は12時過ぎ、中を覗くとさすがに満員です、10人ほどで満員のカウンターだけの店ですがお昼時なので回転は早いです、待ちます、

10分ほどでお一人がお勘定、では入りましょう、

まだ2回目なので緊張します、前来た時の記憶も定かではありません、え~っといろんなルールがあったような気がしますが、、、忘れましたhappy02、、、

鉄板カウンターの中にはお母さんと娘さんのお二人、先客は常連さん半分、いや70%常連さんかな、

とにかく注文です、

そうそう、注文はたとえ簡単な注文であろうと備え付けのメモ用紙に書くことになっていたはずです、そう、「焼きそば」だけでも書かなきゃいけないsweat01、、、

念のためお母さんに訊くと“はい、書いてね”ということです、壁際に置いてあるボールペンとメモ用紙を取ります(このメモがお勘定書きになるようです)、

メニューは「焼きそば」だけです、が注文となると結構悩むことになります、

まずは“そばの量”、1玉600円也~2玉800円也~と一玉ずつ増量可能ですが、お値段は3玉1100円也~4玉1400円也~5玉1700円也という風に3玉以上は@300円也と比例級数的増加となります、

5玉とか誰が食べるの?ということになりますが、これはグループでの注文で多用されるようです、2人で3玉とか、3人で5玉という具合ですね、鉄板から直接いただくシステムですので出来上がった焼きそばが皆の前にど~んと並ぶ訳で、これだけでテンションはめちゃ上がること間違いなしですgood

その次がトッピングです、基本形にはキャベツ+ちくわ+イカが入っているようです、これにトッピングできるのは、

牛肉、豚肉、脂カスが各200円也、
かた肉、イカ、エビ、キャベツ、ちくわ各100円也
玉子、天かす、ニンニク、ラード各50円也というメニューになっています(記憶によります、たぶん…)、

サイドメニューで「キムチ」と「ライス」もあります、毎月6日はなぜか“玉子がサービス”ですhappy02

まあ、これくらいでオーダーは出来そうですね、この日のワタシのオーダーは、、、

『1玉、豚肉トッピング』800円也といたしました、

一人ならまあこの辺りで十分ですが、グループで来た時はいろいろとトッピングをして楽しみたいですなwink

このオーダーをメモに書いてお母さんに渡すと調理開始です、しばし待ちますが、、、あ、水もセルフサービスやったかな、自分で入れます、

調理が始まるとお母さんに「辛いソースは掛ける?」「紅しょうがは?」と訊かれました、はい、両方ともお願いしますshine

ということで出来上がり、こんな感じの焼きそばです、

010


では、いただきます、

う~ん、これが本当に旨いんですheart02

まずはソースが旨味たっぷりですね、自家製ということはないと思うのですが他とは一味違うsign01と云うかんじです、

そして麺もエッジが立っていてモチモチ系です(たしか・・・)、一度食べると嵌るのがよく分かります、ホント、旨いです!

次は3人くらいで来て5玉フルトッピング+もちろんビール!みたいなのをやってみたいですhappy02

京都大和大路松原辺り、焼きそばの「おやじ」、ほんまに旨い焼きそばです、また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »