« 北海道探訪⑤小樽でホルモン焼き!「やしま」で白い恋人ならぬ“白いホルモン”と“白いナンコツ”を食します。 | トップページ | 北海道探訪⑦札幌で偶然見つけた「福鳥本店」は営業していました、そして〆は「朱月庵」で蕎麦。 »

2013年12月16日 (月)

北海道探訪⑥札幌観光の後は、数少ない立ち飲みの「鶴の蔵」、“千歳鶴”の直営店です。

【2013年10月18日(金)】

北海道 札幌観光~「鶴の蔵」

北海道3日目ですhappy01

日課になっている朝のホテルからオフィスまでの散歩の途中、偶然ここを発見、

「福鳥本店」、

192

ほう、ここは確か“食べログ”では閉店扱いになっていましたよね、でも、こうしてみるとなにやら営業してそうな雰囲気もあります、う~ん、これは夕方にでも確認に来る必要がありますねwink

毎朝恒例のメールチェックと、ちょいと今夕の打合せを済ませて出掛けます、

今日は札幌観光です、まずは北海道大学へ行きましょう、札幌駅辺りからなら徒歩10分ほどで着きます、

クラーク博士、ここに来るのも38年振りですねhappy02

194

北海道大学のキャンパスは広大で緑豊かで本当に素晴らしいキャンパスです、

197

キャンパスを端から端まで歩くのに30分近くかかりました、探していたのは生協、大学オリジナルのトレーナーかなんかあれば買おうかと思っていたのですが、、、Tシャツとかがありましたがデザインが今ひとつなので触手動かずcoldsweats01、もったいないな~、上手く作れば売れそうな気もするのですが、、、国立大学ですからあまりお金儲けには興味ないのかな?

まあいいや、

で食堂を見てみるとワタシの大学時代とは比べ物にならない充実のメニュー、バイキング形式のテーブルもあったりしてビックリshine、ここで昼食べようかと思いましたが、注文の要領も分からないし、今日はラーメンを食べたいので止めときます、

1時間ほどキャンパスを見て回って南側へ出ます、

奨めてもらったお目当てのラーメン屋はススキノ方面です、このまま南下して行けば辿りつくはずです、さ、どんどん歩きましょう、、、と、目の前にラーメン屋が、

201

「三代目 月見軒」札幌駅北口店、

ラーメンは全く詳しくないのでどこでもいいのですhappy01、時間は11時30分頃、今日も良く歩きましたのでそろそろお腹も減ってます、暖簾を見る限りエエ感じ、というかこの時間ですがどんどん人が入っています、ここはここで人気店のような気もしたのでそのまますっと入店です、ほぼ満員でしたがすぐにカウンターに案内されました、

ここは「味噌ラーメン」でしょうlovely、ね、

199

はい、美味しかったですよgood

ビールを飲もうかと迷いましたがここは自重、ふ~、お腹ふくれました、ではまた歩きましょう、

この後は“道庁”前を通って、

205

“ススキノ交番”、(ここにも探偵はいませんでしたhappy02)、

206



ワタシは知りませんでしたが、札幌には路面電車が走っています、

市街の南西側をぐるりと回るような形の路線です、終点始点は“すすきの”と“西4丁目”、この間は200mくらいしかありません、面白い路線です、せっかくですからこれに乗ることにします、

208

「すすきの」駅から乗ります、

目的地は藻岩山です、路線の真ん中辺りにロープウェイへ行ける「ロープウェイ入口」駅があります、ゴトゴトと路面電車はゆっくり進みます、まあ急ぐ旅でもなし、文庫本でも読みながら、と思いますがついウトウトsleepy

でも、寝落ちて乗り過ごすといけないので本はやめて「ロープウェイ入口」駅が来るまで車窓を楽しみます、

路面電車を降りて少し歩くとロープウェイの駅までのシャトルバス停がありました、

これで行くんですな、そしてロープウェイと短いケーブルカーを乗り継いで藻岩山山頂まで登りました、途中のロープウェイ、高所恐怖症のワタシには結構怖かったです、

そして「西3丁目」駅まで戻ります、

時間は15時頃、まだ少し時間があります、あてどもなくブラブラと歩きます、最後は札幌駅前の通りの地下道から入った新しい大きなビルの地下フロアで30分ほど読書、

16時、ふ~、やっと飲めますよ、お待たせしました、

札幌には立ち飲みが少ないようです、気候のせいでしょうか?寒い時期はやはり立ち飲みというのは寒いかもしれませんからね、

そんな中で立ち飲みがありました、北4条西5丁目の「鶴の蔵」、札幌市内の蔵「千歳鶴」直営のお店のようですshine

211

新しい店のようですね、この辺りはどんどん再開発が進んでいるようですので前からあった店の移転かもしれませんが分かりません、

では入ってみましょう、

一番客ですね、店内にはお姉さんが二人、どこへでも、という感じなので奥目のカウンターに着きます、

219

店内は変形でテーブル・カウンターも複雑な配置です、敢えて云うなら漢字の“心”という字にちょっと似てます、分かりにくいかhappy01、、、ま、それだけ複雑なレイアウトということで、、、

まずはビールを飲もうかとも思いましたが『千歳鶴の飲み比べセット』680円也というのがあったのでそれにします、

肴は「道産プロセスチーズの自家製燻製」でどうかな、チーズはプリン体が少ないのですwink

『千歳鶴の飲み比べセット』はこんな感じ、

212

グラスが3つ、それぞれ「千歳鶴」の吟醸、純米、醸造酒が注がれています、へへlovely、では吟醸酒からいってみますか、

ほう、吟醸酒はスッキリ香立つ辛口です、

純米酒も同じ系統ですが香りがやや弱くなります、というか吟醸酒の香が立っているんでしょうね、

醸造酒もイケますよ、うん、こういうお酒で鍋かなんかいただくと良さそうですgood

ちびりと3種の酒を交代に飲み続けます、

216

チーズも美味しいですheart02、料理もイケるみたいです、

これはもう一品頼んでみましょう、名前が気になった『生厚揚げの三升漬けはさみ焼き』380円也にします、三升漬けって初めて聞きました、どんなんだろうshine

218

これも美味しかったですshine

厚揚げも美味しいし三升漬けも旨い!バランスもイイ、なんか料理もイケてますよ~flair

これで飲み比べセットを飲み干してお勘定にしましょう、1410円也、

お酒も美味しかったし、料理も美味しかったgood、(おそらく)新しい店ですがさすがに酒蔵の直営店だけのことはあります、札幌北4条西5丁目の「鶴の蔵」、うん、ヨカッタです、また来ますねheart04

|

« 北海道探訪⑤小樽でホルモン焼き!「やしま」で白い恋人ならぬ“白いホルモン”と“白いナンコツ”を食します。 | トップページ | 北海道探訪⑦札幌で偶然見つけた「福鳥本店」は営業していました、そして〆は「朱月庵」で蕎麦。 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/54037769

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道探訪⑥札幌観光の後は、数少ない立ち飲みの「鶴の蔵」、“千歳鶴”の直営店です。:

« 北海道探訪⑤小樽でホルモン焼き!「やしま」で白い恋人ならぬ“白いホルモン”と“白いナンコツ”を食します。 | トップページ | 北海道探訪⑦札幌で偶然見つけた「福鳥本店」は営業していました、そして〆は「朱月庵」で蕎麦。 »