« この週は金曜日に初めて飲みます、思案の末選んだのは西九条の立ち飲み「吉」。 | トップページ | ここは湊町?なんば?、ずいぶんと綺麗な街になってました、でも昭和な「北川酒店」から「綛谷屋酒店」で楽しみます。 »

2013年12月25日 (水)

今日は神田で“良心的な”「あさひ」で大軍を目の前に孤軍奮闘、そして角打ち「藤田酒店」でほっこり。

【2013年10月28日(月)】

東京 神田 「あさひ」~「藤田酒店」

おっと、この日は珍しく月曜日に東京にいますね、ちょっと追い込まれていたことがあったので日帰りで来ました

でも、帰りがけに一杯飲んで帰ります、久しぶりに神田へ行ってみましょう、JR「神田」駅ではなく地下鉄移動で「淡路町」駅で降ります、

このあたりなら「みますや」がありますが、今日はこのお店に入ってみることにします

002_2

キャッチコピーは『良心的なお店』、『2千円で3時間楽しめるお店』

「あさひ」、なんとなく気になっていましたがまだ入ったことはありません、

正々堂々とここまで書かれるとちょっと怖い気もします、ドキドキ、今日は入ってみましょう

スクエアな店内、テーブル席が7つ8つほど並んでいます、毎度の如く指で一人であることを示して、すでに盛り上がってらっしゃる4人組の横の席に着きます、

え~っと、まずは飲み物は「芋焼酎のお湯割り」150円にします、安!

009

で、料理はまずは軽めな感じで「湯豆腐」250円也にします、

と、「湯豆腐」はこんな感じで出てきました、

005_2

うわ!なんじゃこりゃ!

いきなりのメガトン級(久しぶりに聞いた、書いた、この表現)のボリュームです、豆腐はおそらく一丁はあるんではないかな、そしてたっぷりのキャベツにもやし、スープは中華味です、もうこれだけでお腹一杯というか、食べ切れるかどうか確信が持てないほどの量です

もう、“ちょっと飲む”というよりは“ひたすら食べる”という感じです、いやはや、こういう店でしたか

でも、味違いでもう一品は頼んでみよう、

003_2

とメニューを睨みつけますが、、、

どれもこれも量がめちゃめちゃ多い予感が、、、

「シューマイ15個」300円、「つくね14個」300円、「ちくわ揚げ8本」250円と読み上げるだけで怖いようなメニューが並びます、この辺りを食べたかったのですが断念します、無理、一人では絶対に無理、

結局、「野菜炒め」350円也にします、

006

ワタシはすでにこの“良心的なっメニューの乱立”に相当混乱していたのでしょう、キャベツにもやしの山、完全に「湯豆腐」と被っています、あら~、ナニやってるんだか

「お湯割り」をお替りして“ひたすら食べる”作業続行、

「野菜炒め」はなんとか完食しましたが、「湯豆腐」の野菜とスープは少し残しました、もうだめです、

スイマセン、もうお勘定にさせていただいてイイでしょうか、みたいな気持ちになりました、もう茫然自失、おぼろげながら1000円もしなかったような記憶が、、、

ここは一人での入店は出来ません、

皆さんグループでワイワイと楽しんでおられました、うん、グループに限ります、「ちくわ揚げ8本」とかを皆でつまむのがよろしい、『2千円で3時間楽しめる』『良心的なお店』、神田の「あさひ」、次回はグループで来ますね

では、JR神田駅を目指して歩きましょう、もう帰るべきでしょう、お腹いっぱいです、、、が、、、

神田にはイイ酒場がたくさんありますが“角打ち”はないと思っていました、ところがこれがあるんですね、神田にも角打ちがあるようなのでちょっと覗いていきましょう、

神田駅の近くにありました、「藤田酒店」、

013

スタイルとしては完璧な角打ちですね、

酒屋であり、でも立ち飲みのカウンターがしっかり、表でも飲めるみたいです、こんな店が神田にあったとは、まだまだ勉強がたりません、では入りましょう

混んでいますが奥のカウンターにちょっと混ぜてもらいます、

昔の酒屋の作りですね、立派な作りの天井や梁鵜、

015

日本酒もそれなりに揃っています、燗酒かと思っていたのですが「手取川」500円也にします、

019



肴は「牛すじ煮込み」400円也にします、

020

東京ではちょっと珍しい“牛すじの煮込み”です、そしてスープひたひたのタイプ、甘い味付け、シャキシャキの水菜が乗って来るとなんか関西の“煮込み”に近い感じですね、OKです

お母さんとお兄さん、お姉さん、家族経営でしょうか?店の雰囲気も暖かい、これはイイ店ですね

時間がないので今日は一杯だけで帰りますがこれはまた来ますね、神田の角打ち「藤田酒店」、絶対にまた来ますね

 

 

|

« この週は金曜日に初めて飲みます、思案の末選んだのは西九条の立ち飲み「吉」。 | トップページ | ここは湊町?なんば?、ずいぶんと綺麗な街になってました、でも昭和な「北川酒店」から「綛谷屋酒店」で楽しみます。 »

神田須田町飯田橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は神田で“良心的な”「あさひ」で大軍を目の前に孤軍奮闘、そして角打ち「藤田酒店」でほっこり。:

« この週は金曜日に初めて飲みます、思案の末選んだのは西九条の立ち飲み「吉」。 | トップページ | ここは湊町?なんば?、ずいぶんと綺麗な街になってました、でも昭和な「北川酒店」から「綛谷屋酒店」で楽しみます。 »