« 神戸『水道筋ミュージックストリート』観戦、でおおいに呑みました^^) | トップページ | 再開発が進む広島駅前、はたしてこんなんでいいのかな~?「源蔵本店」~「順ちゃん」~「パドック」。 »

2013年12月30日 (月)

半年ぶりの広島呉探訪です、安定感抜群の老舗「鳥よし本店」から、飛び込みで「酒狸」へ。

【2013年11月7日(木)】

広島 呉 「鳥好本店」~「酒狸」

明日は朝が早いので、今日は広島へ前乗りです

さて、どこで飲みましょうか、銀山でおでんもいいけれども、やはり今日は呉へ行くことにします

前回の呉訪問はこちら、

5月のことですからもう半年も経つんですね、呉は海軍の街、重工業の街、必然、良い酒場も多い印象でした、まだまだ行き足りません、広島から電車で40分~小1時間ほど、往復するだけでも2時間以上かかりますが、、、

ここは呉へ行きましょう

運よくあった快速電車で呉へ向かいます、

2度目ですから現地での行動は素早いです、駅前から川沿いの道へ、この辺りに屋台が出ると聞いているのですがこの日も屋台は見当たりません、もう少し向こうへ行かないとないのかな、、、

今日のお目当ては「鳥好本店」、

この川沿いにあるはずです、ずんずん歩いてちょっと不安になったころにありました、ここです、

001

綺麗な暖簾ですな、では入ります、

左手のカウンターに10席ほど、右には広い座敷、カウンターの中には大将と若大将かな?カウンターの奥ではお母さんと娘さんが賄い中です

一人客であることを示してカウンターに着きます、お母さんが注文を訊いてくれます、とりあえずの生ビールにしましょうか(もう、ビールも平気で飲んでいます、少しならね)、

カウンターにはガスの焼き器があります、

015

よく見るとこれが上下から焼く珍しいタイプです、ここで焼物、壁側では揚げ物、そしてその向こうには関西で云う“どて焼き”状態の鉄板鍋もあります、

基本“鶏”のようですがなまこや牡蠣、鯵やメバルなどの魚料理もあります、

004

目の前のメニューには“創業以来変わらぬ味”として3つ紹介されています、美味そうですね、ではまずはこの「みそだき」をいただきましょうか、

002

はい、「みそだき」はなにかな~?、鶏の皮の味噌煮込みですね、く~、濃厚で美味いです

団体さんが来店、賄いを食べ終わったお母さんとセーラー服の娘さんがあっという間に稼働、接客対応です、素早い、慣れてます

「みそだき」は濃厚でした、で思い出しました、あ!サラダも食べなきゃ、ということで「サラダ」300円也もいただきます、

008

“じゃこ”がかかっていて美味しいですし、カルシウムも補給できたイイですね、

さて次は名物メニューではなくメインメニューの「串焼き塩」300円也にします、

006

関西で云う“ねぎま”ですね、予想よりもずっと歯応えのある鶏肉で、塩味が爽やかです、

生ビールを飲み干して焼酎にします、鹿児島の「白玉の露」というのにします、

005

2人連れが来店、常連さんのようで「もも焼き」とか「みそだき」「串カツ」「串焼き」などを手早く注文、注文上手、う~ん、もも焼きも旨そうだな~

が、しかし、一人で食すには「もも焼き」はちょいとボリューミーです、

それに天ぷら好きにはこっちのメニューの方が気になってました、「串天」300円也、関西で焼鳥屋で天ぷらはあまりないのでこちらを注文、

011

文字通り「串天」です、

こちら、へへ、好みのお姿です、串の天ぷらってイイですよね、

中は串焼きの鶏身と同じだと思います、もも肉、、、違うかな、こちらは胸肉かな、、、まあいいや、美味しいし

はいこれでお勘定です、2300円也、

広島呉の「鳥よし本店」、ホカホカとした家族経営、でも老舗感もあり料理がどれも落ち着いています、カジュアルでありトラッディショナル、ガッツリしてて繊細、そんな二面性を感じました、要はイイ店!!ってこってす

「鳥よし本店」、また来ますね

さて、もう一軒行きましょうか

時間がないのでまたまたズンズン歩きます、2軒目は海鮮系の店を目指したのですが、、、店の前まで行くと店構えがどうもしっくりこなかったのでヘジテイト

それよりは途中にあったこの店の方がそそられた、

019

020

ね、ね、あまり高くなさそうだし、日本酒も揃っています、

こっちにしよっと、「酒狸」に入りま~す、“しゅり”って読むのかな?(調べたら“さけたぬき”でした)

普通の小奇麗な居酒屋な感じ、そしてまたもや家族経営な感じ、いや、宴会要員のアルバイトさんか?まあそんなことはイイや

短いカウンターに掘り炬燵の座敷席、宴会が入るのかカウンターの中は忙しそうです、

もちろん、看板メニューにあった日本酒にしましょう、いろいろとありますがせっかくですので地元呉の「雨後の月」にしましょう、

021

「突出し」も出ました、

「雨後の月」はあっさりしていますが旨味もしっかり、料理に合いますね、正解

肴はあれこれ頼むのもしんどいので珍しく「刺身盛合せ」1050円也にしました、

0022_2

かんぱち、鯛に蛸ですね、量もあるし、鯛が新鮮で美味しい、いいね~、日本酒と刺身、思惑通りの一献を傾けました

はい、これでお勘定です、2100円也、「お通し」は315円ということですね、

飛び込んだ「酒狸」ですが良かったですよ、日本酒も肴も楽しめそうですね、広島呉の「酒狸」、また来ますね

さて、急いで広島に帰りましょう、って、普通電車しかないのか、ではのんびりと帰りましょう、、、

 

|

« 神戸『水道筋ミュージックストリート』観戦、でおおいに呑みました^^) | トップページ | 再開発が進む広島駅前、はたしてこんなんでいいのかな~?「源蔵本店」~「順ちゃん」~「パドック」。 »

広島高松岡山鳥取」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半年ぶりの広島呉探訪です、安定感抜群の老舗「鳥よし本店」から、飛び込みで「酒狸」へ。:

« 神戸『水道筋ミュージックストリート』観戦、でおおいに呑みました^^) | トップページ | 再開発が進む広島駅前、はたしてこんなんでいいのかな~?「源蔵本店」~「順ちゃん」~「パドック」。 »