« 北海道酒場探訪②、焼き鳥の「金富士酒場」を目指しますが、見つかりません! | トップページ | 北海道探訪④テクテク小樽観光の後は、日本酒立ち飲みの「小樽酒商たかの」へ、思わぬ長居となりました^^) »

2013年12月13日 (金)

北海道探訪③2日目は小樽、街を探訪した後のランチは花園の鶏料理「ニューなると」です。

【2013年10月17日(木)】

北海道 小樽 「ニューなると」

大人の遠足、北海道の2日目です

朝は会社でちょいとメールチェック、30分ほどで済ませて、はい今日もオフです、

今日は小樽を目指します、

めちゃくちゃ久しぶりです、1976年のバイク旅行、敦賀からフェリーに乗って初めて北海道に上陸したのが小樽でした、37年ぶりの小樽ということになります、月日の流れは大河だな~

札幌駅からJRの快速で40分くらいだったかな?

あっという間に到着です、快晴の小樽、

070

まだ11時前です、お昼の店もまだ開いてません、ゆっくり小樽探訪をしながら向かいましょう、

まず目に付くのは、、、小樽は猫が多い!

073

085

街のそこかしこに猫ちゃんがいます、野良猫というより“街猫”という感じだな、大らかに人間と猫が一緒に生活しています、

094

猫だけを追いかけても結構面白い写真が撮れそうな小樽です、

大きな商店街が2つほどありました、両方ともそれなりに頑張っています、ここらは観光客が少ない地元の人のテリトリーのようですな、

075

で、最初に見つけた飲み屋街はここ、「レンガ横丁」、

080

“屋台村”みたいな謳い文句があったような気がします、当然まだ一軒も開いていませんが余裕があれば夜に寄ってみましょう、

ここも後で寄る予定です、「小樽酒商たかの」、もちろんここもまだ開いていません、

081

飲み屋街らしい花園という街区を目指します、

084

あった、“嵐山新地”、案外簡単に見つかりました、

ここにも何軒か気になるお店があります、ここ「かすべ」も候補です、

088

この辺りには寿司屋もありますが、意外と焼肉や中華料理の店が多いですね、まそんなものかな、

さてそろそろ12時前です、

昼食時間に開いている候補店が2つ、魚系の「魚一心」と鶏料理が有名な「ニューなると」、「魚一心」の前まで行きますがまだ準備中のようです、少し離れた並びにある「ニューなると」は開いていました、

099

じゃあ、まずはここにしましょうか、

一番客です、

カウンターとテーブル席の食堂風、遠慮黄みにカウンターの端に着いてとりあえずの生ビール、

メニューには名物の鶏に寿司、海鮮丼などが並んでいます、できれば「魚一心」にも寄りたいという企みもあったのでシンプルな「若鶏定食」950円也にします、あ、ご飯は少なめでお願いします

102

これが「若鶏定食」

鶏の半身(=モモと手羽が一つづつ)の素揚げです、ボリュームあります、これは強敵ですぞ~

定食の副菜、

101

これでビールをゆっくりいただきます、

揚げ方がイイのでしょう、鶏の素揚げは香ばしくて美味しいです、味噌汁も美味しい!!一食の価値があります、が、、、

104

ボリュームがあるのでご飯までを完食するのが精一杯、もうお腹いっぱいになりました、これは「魚一心」でもう一杯というのは無理です、断念します、

はい、ご馳走様でした、若鶏と寿司の「ニューなると」、期待通りの美味しい鶏素揚げでした、また来ますね(・・・来れるかな~)、

この後は腹ごなしにすぐ目の前にあった“水天宮”に登り、

110

小樽を一望、

114

113

反対側の階段を降りて小樽運河に続く観光通りのお土産屋さんを流して土産も購入

123

運河を歩いて、観光案内所のようなところの休憩所で1時間ほどウトウト、次の店の開店まではまだ2時間ほどあります

ではもう少し歩くことにしましょう

つづく、、、

|

« 北海道酒場探訪②、焼き鳥の「金富士酒場」を目指しますが、見つかりません! | トップページ | 北海道探訪④テクテク小樽観光の後は、日本酒立ち飲みの「小樽酒商たかの」へ、思わぬ長居となりました^^) »

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道探訪③2日目は小樽、街を探訪した後のランチは花園の鶏料理「ニューなると」です。:

« 北海道酒場探訪②、焼き鳥の「金富士酒場」を目指しますが、見つかりません! | トップページ | 北海道探訪④テクテク小樽観光の後は、日本酒立ち飲みの「小樽酒商たかの」へ、思わぬ長居となりました^^) »