« 福島の“さばのゆ”で松尾貴史さんの朗読の会!?その前に立ち飲み「大黒」で一杯^^) | トップページ | さて、しばらくは「得一」祭です^^)、あちこちの「得一」行きましょう!まずは十三店から、そして塚口「阿部酒店」。 »

2013年10月18日 (金)

京阪電車の駅名変更に憤慨しながら祇園探訪、餃子の「歩兵」、そして西木屋町の「壱」へ。

【2013年8月17日(土)】

京都 祇園 餃子「歩兵」~立ち飲み「壱」

今日はバンド練習で京都です

練習終わりでちょっと祇園辺りを探訪することにしました、京阪電車の「祇園四条」で降ります、

しかし、この「祇園四条」という駅名はしっくり来ませんな、ここは昔から「四条」駅なんですからね、何でこんな駅名に変わってしまったのか?

と勝手に思い込んでいることがあるので書いておきましょう、

京阪電車本線は大阪と京都を結ぶもっとも古い私鉄路線です、その後“新京阪”(現在の阪急京都線)が出来ましたが京阪特急といえばTVカーや2階立て車両など斬新なアイデアで鉄ちゃんには人気の電車です(たぶん)、

駅名も当然先に「四条」、「五条」などの駅名を付けているわけですが、その先に付けた京阪電車の駅名がなぜ変更されたのか?

その原因は、その後出来た京都地下鉄の駅名がなんともグローバル感覚に欠けた命名にあるんだと勝手に思い込んでいます、、、

京阪電車が京都を南北に鴨川沿いの川端通り地下を走っている(地下化の前は鴨川沿いを優雅に走っていました)のに対して、京都地下鉄も同じく京都市内を南北に走る烏丸通地下を並行して走っています、

京都は碁盤の目の街ですから、川端通りにも烏丸通りにも“四条通り”“五条通り”との交差点があります、京阪電車が先に川端四条の交差点の駅に「四条」駅と名付けた訳です、これは当時なんの問題もありませんでした、

で、それから半世紀以上後に出来た京都市営地下鉄が無謀にも烏丸四条の交差点にある駅にも同じ「四条」駅という名前を付けたのです

ある意味これは京都人にとってはなんの問題もなく、おそらく京都市でも当時これを問題視する向きはなかったでしょう、京都人にとっては京阪の「四条」は当然南座のある川端であり、地下鉄の「四条」は大丸さんのある烏丸のことである訳です、これ京都人の常識、と、、、この辺がグローバル感がない、世界どころか日本全国も見てない訳であります

この「四条」両駅は直線距離で400mほど離れており、もちろん両駅は直接連結はされておらず、乗り換え案内だと阪急電車で一駅乗車することになります、

東京でいえばJR「原宿」駅がJR「表参道」駅になったようなもので、地下鉄「表参道」駅との混同多発間違いなしの状態です、

京都は日本有数の観光都市です、世界中からも多くのお客さまが来られます、

京都人にとって常識の二つの「四条」駅も観光客から見れば『「四条」という名前の駅なんだから同じ場所にある』と考えるのが普通です、なのに400mも離れていて連結もしていない、おもてなしやなんのと言っている観光都市にあるまじき不親切極まる行為です

大半を京都人で構成する京都市はこんなことになるとは思いもよらなかったんでしょうね、地下鉄の「四条」は大丸さんのある辺りの四条どすさかいに、、、なんてね

で、外国人、日本人を問わず多くの観光客が路頭に迷う状態になりました

でも役所仕事では地下鉄の駅名変更など何年かかることか分からない、京阪電車が自ら変更したのか?京都市がお願いしたのか知りませんが、とにかく異場所同一駅名だった3駅=京阪電車「四条」は「祇園四条」に、同じく「五条」は「清水五条」に、「丸太町」は「神宮丸太町」に変更されたわけです、、、軒先を貸して母屋を取られた、、、みたいなものです(ちょっとちゃうかな)、

ほんま、めんどくさいことです、、、って、酒場記事に入る前にめんどくさいことを書いてしまいました、、、なんてめんどくさい奴なんだ、、、

さて、気を取り直して祇園探訪に向かいます

まずは「祇園四条」駅を出てすぐ、ちょっと東へ入って北へ上がったところにある「河道」の前へ、なにかの雑誌で見かけた店です、今日は下見のつもりで場所確認、なにやら良い店の予感があります、店は2階の方ですが下にメニューが出てました、どうしようかと悩んでいたら4人ほどが入店されます、ね、ここ、ここ、とか言いながら階段を上がって行かれます、予約でしょうね、

これでちょっとタイミングを失った感、今日はスルーしましょうか、でもここは必訪問ですね、またあらためて来ますね、

東へ、祇園の小道をぶらぶらしながら今日のお目当ての店へ、餃子の「歩兵」、新しい店ですが評判を聞きつけたので訪問です、

013

ちょうど開店前です、もう5分ほどで開店時間、

前で待っているのもなんなのでちょっとその辺りの店を観察して戻ってくると開いてました、入店すると、、、もう3組も先客が、あた、油断禁物、このあとすぐに満席になりましたので危ないところでした、

店内は10席ちょっとくらいの小さなコの字カウンターとテーブル席が2つ、カウンターの中にはお兄さんが2人とまだ新米らしきお嬢さんが一人、今まさに開いたところでまだ餃子も焼かれていません、

先客の注文が済んだのでワタシも勇んで注文します、まずはビールをお願いします、サッポロ中瓶、うれしいですね、瓶はサッポロに限ります、

で、まずは「餃子」を1人前注文、

お兄さんが説明してくれます、1人前が8個、「大蒜の餃子」と「生姜の餃子」があるそうです、大きさを聞くと大きくない、小振りだそうです、でも様子が分からないのでとりあえず「大蒜の餃子」を1人前だけ注文します、

005

サッポロが出てきたのでぐびっといただきます、今日はそんなに歩いてないですがサッポロビールはやはり美味いです、

と、先客に出たメニューが、、、「壷きゅうり」、お、なんかよさそうですね、餃子は今から全員の分を焼き始めるのでしばらくかかるでしょう、ここは即出てきそうなメニューも頼みましょう、「壷きゅうり」もお願いします、

006

正解、ちょっと辛めの韓国風きゅうりの漬物でしょうか、

これを肴にサッポロをグビっといただきます、カウンターの中には餃子焼の鉄板が2枚、お兄さんが焼け具合を慎重に見計らっておられれるのを見ながらもう一杯グビッといただきます、焼き上がった餃子を想像してもう一杯です、

まずは普通の「大蒜のぎょうざ」が来ました、

008

く~、ビールと餃子、なんでこんなに美味しいんでしょうね、小振り、皮の厚さ普通、大蒜の餃子ということですが強烈ではない、上品、バランス良く美味しいです、さくさく食べます、レギュラーの餃子タレの他に味噌ダレも用意されています、味噌ダレでアクセントをつけるのも美味しいですね、

009

8個完食、、、まだイケますね、美味しいし、、、スイマセン!「生姜ぎょうざ」も下さい、

010_2

ほう、こちらは生姜の主張がありますね、食べ口さっぱり、レギュラーのタレでいただくのが良いようです

はい、これでお勘定、美味しかった、店の感じもイイ、うん、この辺りで小腹を満たしたい時はイイですね、京都祇園の餃子専門店「歩兵」、また来ますね

「歩兵」の脇の小路を抜けると祇園で一番の有名スポットの小橋があります、この時期でも観光客が多いですね、

015_2



三条のほうへ歩いてみます、

017kai

この通りは明るい看板も少なくまだイイ感じの祇園が残っていますね、

祇園縄手の「とり安」、水炊きの店ですね、

021_2

入ったことないです、表のメニューを見ると水炊きの他に焼き鳥や唐揚げなんかもあるようです、ほう、水炊きを一人で食べるのは気がすすみませんが焼き鳥があるならちょっと一杯だけいくのもあるかもしれません、入ってみますか、

店内は立派な割烹、カウンターの奥にはテーブルや小部屋がありそうです、

フロアには仲居さんがぎょうさん、うわ、思ったような店ではないようです

でも逃げるわけにもいかず、いつものように指で一人客であることを示します、はいお一人さんですね、少々お待ちください、今お席をご用意いたします、はい、おおきにです、でお料理は水炊きでよろしいですか?あ、え~っと水炊きではなく焼鳥とか唐揚げだけお願いしたいのですが、、、あ、あの~あれは水炊き(か、すき焼だったかな)の追加注文でお出ししているのですが、みたいなニュアンスでした、

あ~、単品はNGだそうです、なるほど、云われてみたらそうですよね、スイマセン、出直します、今度同窓会でもやります、、、

だめでした、一人でちょこっとどんな感じか食したかったのですがお呼びじゃない、な感じです、まあ出直しましょう、

この後、三条木屋町や西木屋町を流しますがピンと来る店がなく、

結局、日本酒Bar「壱」で一杯だけ、「而今」をいただき「鯖塩焼」だったかを食べて〆ました、

034

阪急電車で梅田まで小一時間、梅田でちょっと飲む元気もなくおとなしく退散、どうも今ひとつでしたか、京都祇園探訪、次回はもっと盛り上がるぞ~

 

 

 

 

|

« 福島の“さばのゆ”で松尾貴史さんの朗読の会!?その前に立ち飲み「大黒」で一杯^^) | トップページ | さて、しばらくは「得一」祭です^^)、あちこちの「得一」行きましょう!まずは十三店から、そして塚口「阿部酒店」。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪電車の駅名変更に憤慨しながら祇園探訪、餃子の「歩兵」、そして西木屋町の「壱」へ。:

« 福島の“さばのゆ”で松尾貴史さんの朗読の会!?その前に立ち飲み「大黒」で一杯^^) | トップページ | さて、しばらくは「得一」祭です^^)、あちこちの「得一」行きましょう!まずは十三店から、そして塚口「阿部酒店」。 »