« 暑い日が続きますが「湯豆腐」で日本酒にしましょうか、天満の「上川南店」から「稲田酒店」。 | トップページ | 福島の“さばのゆ”で松尾貴史さんの朗読の会!?その前に立ち飲み「大黒」で一杯^^) »

2013年10月14日 (月)

地方競馬場っていい味出してますよ、兵庫県園田競馬場探訪、「明石屋」~「園田屋」~「西ホルモン」。

【2013年8月9日(金)】

尼崎 園田競馬場 「明石屋」~「園田屋」~「西ホルモン」他

7月に一度連れて行ってもらった兵庫県の地方競馬場『園田競馬』、再訪であります、

JRA中央競馬の大規模・有名レース・華麗な有名馬に酔う華やかな雰囲気(そうでもないか)に比べ、地方競馬ちゅうのは末枯れた感じ、同じ賭け事でもなにやらのんびりした雰囲気、少額投票(投票は確実に100円単位)、それでも馬と騎手は真剣に走るのでちょっとスリリングでもあるのは賭け事の本質、

そして競馬場内の酒場もJRA場内とは一味ちがう地方競馬の味わいそのままのイイ感じの店が並んでいるのです

この日は夏休みをもらって園田競馬のナイター営業日に参戦です、

前回初訪問時にアクセスや入場方法は学習済なので今日は余裕です、同行の初参戦Kちゃんにいろいろと講釈します、「園田」駅からの阪急バスはタダやで、あ、知ってる?、競馬場に入るには100円硬貨投入で自動改札を突破するんや、へへ、これは知らんかったやろ

入場したらとりあえずメインスタンドへ行って1レース見ましょか、あっちからスタートしてぐるっと1周してここがゴール、どう、なかなか迫力があって面白いやろ、、、と俄地方競馬通になります

さて、1レース観たので早速酒場探訪に取り掛かりましょう、

 まずは前回おすすめメニューの「蛸の天ぷら」が売り切れだった「明石屋」へ行きましょう、生ビール!そして「蛸の天ぷら」を注文、今日はあります、園田競馬場というとまずはここの「蛸の天ぷら」が一押しのようです、

004

店の前のテーブルに座って飲みます、とサービスで「かぼちゃの煮たん」と「お漬物」が出てきました、ナイスサービス、

003

そして「蛸の天ぷら」160円也、串に刺さって出てきます、古い形の天ぷらですね、

002

見た目は天ぷらというか、フリッターというかナゲットというか唐揚げというか微妙な外観です(ところでこれらの揚げ物、どう違うんやろ?ちゃんと分かっていません)、

で、かぶりついてみると、、、なるほど、園田競馬場内一押しの訳が分かります、柔らかいんです、蛸がふわっと柔らかいんです、これは予想以上の美味しさでした、これでビールをグビ、ついでに「串カツ」と「鱧」ともに200円也も追加、

007

もうこれでお腹一杯になりましたわ、

競馬のレースはだいたい30分~40分くらいの間隔で出走します、

なんか時間が空きそうな気がしますがこれが結構タイトです、「明石屋」で飲みながら予想作業です、といっても馬も騎手のこともまったく分かりませんので馬名のみで好きな馬を選んでます、ではちょっと馬券を買いますか、200円を投資、馬連を100円2口購入、マークシートで自動販売機で購入、慣れればすぐに買えます、で馬券を握りしめてメインスタンドで観戦、、、

かすりもしません

では2軒目は「園田屋」へ行きましょうか、

ここは店内にテーブル席が並ぶ園田競馬場内最大の酒場です(って大層に書いていますがそんなに大きい訳ではありませんよ)、おでんと焼き鳥が美味しいそう、

021

そして、一品からうどん、定食まで何でもあり、オールマイティの酒場です、

奥のテーブルで飲みましょう、

018

「奴」に「きんぴら」も注文、

011

そして焼き鳥は「皮」、旨い!

014

「ネック」は鉄板で焼いたものが皿で出てきました、ボリュームあり、

015

こんなんを食べて飲んでたらあっという間に次のレースが迫って来ます

またまたスポーツ新聞を広げて馬名のみで検討、とりあえず酒関連の言葉が付いている馬を選んで今度は3連複100円×4口を購入、で、「園田屋」に戻って飲み続けます、

珍しくというか、なぜかこの店にはTVないのです、競馬場内の店としてはTVがないのは??ですが、ここはひと時の安息場と云う事でしょうか、レースの一喜一憂を乗り越えて心平安に酒を楽しみなさい、という神の言葉かな、

そうそう、園田競馬に来るきっかけになったこのグラスも紹介しなきゃ、

012

日本酒用の“競友会”のグラスです、エエ感じでしょう、これで飲む日本酒は、、、普通です

「園田屋」の大将に“競友会”について訊いてみました、

“競友会”は園田競馬場内の飲食組合の名前だそうです、このグラスは随分前に作って各店で使っていたそうですが、年月とともに割れたり店の代変わりなどで随分と減ったとのこと、

こちら側(正門から向かって左手)のすべてのお店4軒と、反対側の手前から3軒は古くからの店だそうです、「園田屋」はなんと創業というか営業60年だそうです、これにはびっくり、こりゃ関西でも何本かの指に入る老舗酒場ですね、園田競馬場自体の歴史は戦前に遡るようですの60年くらいの歴史は普通なんでしょう、

さて、今回も馬券ははずれ、反対側の「あたりや」で一杯だけ飲んで、また戻って来ました、最後は「明石屋」の隣りにある「西ホルモン」、

031

ここの「豚のホルモン」300円也も名物なので忘れないように食べて帰ります、

033

うん、キャベツがたっぷり入った味噌こてっちゃん系ですね、これだけで相当飲めそうな濃厚な味です、

さて、ここまでで陽が暮れてきました、

レースは最終20時過ぎまで続きますが酒場探訪はここらで打ち止めにします、酔っぱらいました、レースが次々あるので忙しい、飲んで食べて予想して(真面目に予想してないけど)投票して、ほんとに忙しい、この日は確か800円の負け、競馬は難しいな

次回は酒場探訪だけにしよう、まだ何軒か行ってない店があります、あらためて来なきゃいけませんな、園田競馬場、また来ますね

|

« 暑い日が続きますが「湯豆腐」で日本酒にしましょうか、天満の「上川南店」から「稲田酒店」。 | トップページ | 福島の“さばのゆ”で松尾貴史さんの朗読の会!?その前に立ち飲み「大黒」で一杯^^) »

阪神間(尼崎西宮・神戸東灘灘)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方競馬場っていい味出してますよ、兵庫県園田競馬場探訪、「明石屋」~「園田屋」~「西ホルモン」。:

« 暑い日が続きますが「湯豆腐」で日本酒にしましょうか、天満の「上川南店」から「稲田酒店」。 | トップページ | 福島の“さばのゆ”で松尾貴史さんの朗読の会!?その前に立ち飲み「大黒」で一杯^^) »