« ここもまたサイコーに好きです、生もつ肉が旨い横浜野毛の「宮川橋もつ肉店」。 | トップページ | 沼袋2軒目は渋い、渋い店に出会いました、二の字カウンターに梅割り、「ホルモン」。 »

2013年9月17日 (火)

さて、今日は沼袋探訪です♪、、、って、沼袋ってどこだあ~^^)、まずはもつ焼き「たつや」。

【2013年7月19日(金)】

東京 沼袋 「たつや」

今日も東京で飲んでいます、それも沼袋!ってどこや^^)happy02

この日のランチは久しぶりに築地の「魚竹」の銀鮭焼きの定食、サラダ追加で1000円超えますが、、、

201307191

でもここの銀鮭はめちゃくちゃ美味しいheart02

鮭の塩焼きでは日本一です(くらい美味しいってことでhappy02)、白飯もおいしい、味噌汁も美味しい(お代わりできます)、サラダも美味しい、う~ん、文句なしのランチです、満足shine

さて、今日は“沼袋”を目指しますdash

ってワタシも沼袋は初めて、どこにあるの~って感じですので、さすがに事前にルート検索、どうやら西武新宿線の駅のようです、高田馬場から4駅目、以前行った「野方」の一駅手前ですね、はい、ここまで分かれば大丈夫でしょう、行きます!happy01

地下鉄東西線で高田馬場まで、そこで西武新宿線に乗り換えます、ほう、ここから乗り換えるのは初めてですね、ホームにあがると夕方とはいえまだまだ暑いです、混んでるし、各駅停車までの待ち時間で汗だくになりました、

でも各駅停車は比較的空いていたのでよかった、

先発の特急だかは通勤客でぎゅうぎゅう詰めの状態、サラリーマン諸君、ご苦労さん!happy02とこちらは各駅停車に乗る植木等的な感じで意気揚々です、そりゃこれから飲みに行くんだものwink

「沼袋」駅に到着、

小さな商店街がある普通の街、この商店街を北へ向かうみたいですね、お店を覗きながら良い飲み屋がないかどうか探しながらぶらぶらと歩きます、ちょっと気になる居酒屋があったので写真などを撮ってさらに進みますが、、、よくある間違いというか、、、

どうも行きすぎたようですsweat02

目的の店は左手の路地を入ったところにあるので路地路地を覗きながらここまで来たつもりですがどうも歩きすぎです、こんなに離れていることはないような、、、仕方ないのでスマホで確認します、、、やはりだいぶ来すぎていますね、戻る戻る、え~っとこの筋ですか、

は~これは気づかなかった、路地を少しはいるとお目当ての店のか看板が目に入りました、なるほど、ここですね、もつ焼きの「たつや」、

104

思ったより広い間口の大きな店です、ではでは入りましょうdash

入ってすぐにワの字ともいうべき変形カウンターがあります、

奥にはテーブル席もある比較的広いお店ですね、一人であることを指で示してワの字右長辺につきます、先客は3組ほど、みなさんカウンターに着いておられます、

とりあえずのホッピーを注文します、

白黒?あ、では白で、氷は入れます?お、氷のあるなしも選べるようですね、これは珍しいかもshine、親切です、ちょっと外も暑いし薄めて飲みたいので氷はありでお願いします、

ホッピーがくる前にメニューをさっと見ると「冷製おまかせ3種盛り」500円也というのが目に付きました、いいですね、こんな気分でしたのでドンピシャのメニューです、すかさず声を上げて注文します、

カウンターの中にはお兄さんが二人、

一人が焼き方、もう一人の大将?はまだ比較的空いているので串打ちなどをされています、注文はすぐ通ってホッピー、

039

そして「冷製おまかせ3種盛り」もすぐにきました、

105

3種盛りはコブクロ、レバ、ガツとの説明、

うん美味しそうです、薬味も醤油に葱、生姜、塩にごま油とちゃんとセットされていてなにやら充実の一皿を実感できる内容ですlovely、これは正解ですね、

もつはみな新鮮で期待通りホッピーがグイグイ進みます、

続々来店、小さな子供がいる親子3代家族連れの一団も、こういう店に子供はいかがなものかと思いましたが、まあ近所の馴染みの店ということなんでしょう、

ホッピーの中をお代わりして焼き物も頼みましょう、

全部塩で行きました、まずは「たんもと」、これは1本120円也とちょっとお高めな設定だけに期待してます、

025

旨い!!コロッとした感じのたんもと、塩味がばっちりです、

「アブラ」は今まで見たことのないカタチですflair

026

開いてます、ワタシの中での理想の「アブラ」は立石「宇ち多"」の「アブラ」なのですが、味はそれに近です、エエ感じ、

「なんこつ」は堅めでコリコリの単位が細かいタイプ(あ~なんてわかりにくい表現)、好きなタイプです、ありゃ、美味しいのでがっついたようで写真は撮り忘れたみたいですsweat01

「かしら」はやはり赤身の部分、肉厚で美味しいです、

030

「かしら」は赤身と脂身の部分が混ざる店も多いのです、

「アブラ」が“かしらの脂身の部分”かなと思うので、「アブラ」が別メニューになっている店では「かしら」は赤身のみ、だと思っているのですが・・・違うのかな?

そうそう、「たんもと」以外は@100円也、

串は中振りですが全体にボリュームがある印象、ネタの切り方から串打ちまで丁寧に作られている感じでそれが美味しさの秘訣のように感じました、このクオリティでこの価格はイケてますね、人気店の実力ですか、

さて、混み合ってきたのでそろそろお勘定にしましょう、1730円也とちょっと高めですが、評判通りの美味しいもつ焼きをいただきました、沼袋の「たつや」、また来ますねheart04

|

« ここもまたサイコーに好きです、生もつ肉が旨い横浜野毛の「宮川橋もつ肉店」。 | トップページ | 沼袋2軒目は渋い、渋い店に出会いました、二の字カウンターに梅割り、「ホルモン」。 »

中野高円寺荻窪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/52925232

この記事へのトラックバック一覧です: さて、今日は沼袋探訪です♪、、、って、沼袋ってどこだあ~^^)、まずはもつ焼き「たつや」。:

« ここもまたサイコーに好きです、生もつ肉が旨い横浜野毛の「宮川橋もつ肉店」。 | トップページ | 沼袋2軒目は渋い、渋い店に出会いました、二の字カウンターに梅割り、「ホルモン」。 »