« 酒も肴も楽しめる角打ちです、天神橋筋1丁目の「ミナミカワ」、とても良い店です。 | トップページ | 閉店!この言葉を聞くとドキッとします、ここもか、、、天満のランドマーク「天満酒蔵」。 »

2013年9月 4日 (水)

お、こんなところにも角打ちがありました、天満の天神さん、天満天神繁盛亭すぐ北、「大迫酒店」。

【2013年7月12日(金)】

大阪 天神橋筋2丁目 「大迫酒店」

天神橋筋1丁目の角打ち「ミナミカワ」で飲んだ後です、

初めて入った「ミナミカワ」、酒、料理、コストと3拍子揃った良い店でした、気分良く次の店へ行きましょうか、

と表へ出ると祭囃子が聞こえてきます

7月のこの時期この場所というと“天神祭”の稽古のようです、「ミナミカワ」から北へ向かうとすぐに天満の天神さんがあります、祭囃子はそこから聞こえてくるようです、ではちょっと覗いていきましょうか

037

天満の天神さんの境内では2週間後に迫った天神祭の稽古の真っ最中です、

御輿に見立てた台の上では男の子たちが太鼓の稽古、タイミングが合うとなかなか迫力があります、他に女性中心の笛のチームがそれぞれ想い想いの場所、メンバーで稽古中、子供さんが多いですね、子供神輿か何かの稽古なのかな?

しばらく稽古場風景を見て一段落がついたところで退散します、どうも関係者ばかりのようです、失礼いたしました

天満の天神さんの北側には大阪唯一の落語の定席「大阪天満天神繁昌亭」があります、定席ですから今日も席が立っています、落語か、、、たまには聞いてみたい気もするけど、今日もスルーですね、ごめんなさい、

041

「繁昌亭」を通り過ぎると右奥に「白米稲荷社」の鳥居が見えます、

038

この鳥居の左手前にあるのが「大迫酒店」です

049kai

1階は比較的新しい店構え、外から見る限り非常にシンプルな角打ちのようです、回り込んだ奥のほうにも店のシャッターがありますから前はそれなりに大きい店だったようですな、では入ってみましょう、

店の中は短い立ち飲みカウンターで左右に仕切られていますが、元々右側は酒販売コーナーのようですが、今では左右どちらでも飲めるようになっています、大将がお一人、店の中心におられて前後からの注文、世間話を裁いておられるような感じです

ワタシは正当な立ち飲みポジションと思われる左側のカウンター前に着きます、角打ちですからビールは3銘柄とも揃っているようですがここは日本酒から入りたいですね、

え~っと、日本酒、常温でいただけますか、

棚の上の方には菊正宗、松竹梅、月桂冠と灘や伏見の定番酒が並んでいます、常温となるとこの辺りが出てくるのかと思いきや、大将が右側入り口近くの冷蔵ショーケースから地酒を取り出してこられました、で“大阪府小売酒販組合連合”のグラスになみなみと注いでいただきました、定番酒を覚悟していたのでなにやらうれしいですね

043

酒は秋田「爛漫」の純米酒300円也、米の旨味がする辛口です、いいですね、

042

目の前にはウインナーに柿の種などの乾きモノが並んでいますが、先客の手元をみると小皿になにやら肴が入っています、手元メニューや短冊メニューはないようですので訊いてみます、

015_2

すいません、なにかつまみが欲しいのですが、

はい、え~っと、と大将が棚の上の方に手を伸ばします、とそこから出てきたのは、、、どうやらレトルトの肴シリーズのようです、蓮根の炒めたん、小芋の煮たん、筍などがあるようです、では「牛蒡のきんぴら」をもらいましょうか、

パウチを開けてそのまま小皿に盛ってできあがり、早!、150円也

後日訪問の時は「冷奴」がありました、

隣の常連さんが頼んだのでワタシもすかさず追随、大将は奥に入っていかれます、どうやら奥の冷蔵庫に豆腐が入っているようです、

039

辛子を塗って、葱に鰹節をかけて出来上がり、こちらのほうが手間がかかっていますがやはり150円也

ま、こういうのを摘みながら軽く一杯やるのがここの楽しみ方でしょう、

お客さんは近所の会社帰りのサラリーマン、そしてご近所にお住まいの先輩方、大将もこの辺りの方のようです(当たり前か)、

「天神祭用に氷を奥で冷やしてんねん」

そろそろ暑さも盛りになりそうです、ではお勘定を、純米酒が300円で肴が150円、450円也、さくっと飲む「大迫酒店」、また来ますね

帰りにまた扇町の「得一」に寄ってますね、生中340円也に「ぶり刺身」280円也、

022

「なま蛸天ぷら」300円也、

026

ここもクオリティ高いですね

|

« 酒も肴も楽しめる角打ちです、天神橋筋1丁目の「ミナミカワ」、とても良い店です。 | トップページ | 閉店!この言葉を聞くとドキッとします、ここもか、、、天満のランドマーク「天満酒蔵」。 »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お、こんなところにも角打ちがありました、天満の天神さん、天満天神繁盛亭すぐ北、「大迫酒店」。:

« 酒も肴も楽しめる角打ちです、天神橋筋1丁目の「ミナミカワ」、とても良い店です。 | トップページ | 閉店!この言葉を聞くとドキッとします、ここもか、、、天満のランドマーク「天満酒蔵」。 »