« ここのお母さんの話はとてもためになります^^)同心町の角打ち「向井酒店」。 | トップページ | 友が天満でライブするそうです、じゃあその前にちょっと呑んで行きますか、「銀座屋」、「権兵衛」、「双龍居」。 »

2013年9月26日 (木)

こんな楽しい角打ちはないでしょう!天五中崎商店街の「稲田酒店」。

【2013年7月26日(金)】

大阪 天満 「稲田酒店」

さて、同心町の「向井酒店」のあとです、

この7月末で一旦閉店、でも9月に再開店する予定らしい「天満酒蔵」で事実確認、訊いてみるとやはり9月に再開店するようです、ひとまずは良かった、でも、、、それだったら閉店せずに休業でよかったのに、という声も
(すでに9月初旬に再開店した模様です)

016

なるほどもっともな意見だわい、

と思いつつ“天五中崎商店街”に入ります、

すぐにたこ焼きの「うまい屋」があります、先日はいって食べましたがたしかに上手く焼かれたおいしいたこ焼きでした、

その先の左側には「堀内酒店」、

022

もう少し先の右側に「稲田酒店」があります、

036

両方とも盛り上がっていますが、今日はなんか美味しい日本酒が飲みたいので「稲田酒店」に入りましょう、

立て棒の長いコの字カウンターは満員ですが手前に少しスペースがありました、すいません、入れていただきます、

テーブルスペースも含めて満員ですね、みなさんワイワイと盛り上がっています、一人で来ている方も多いのですがとりあえずここのお客さんはみなさん仲が良い、隣の方とも自然と盛り上がる、そんな雰囲気のお店です、

026

その喧噪と注文の嵐の中、まずは日本酒を注文しましょう、

壁の日本酒の短冊メニューを見回して「三十六人衆」にします、大吟醸だったかな?

023

フロア担当のお兄さんがリーチインから一升瓶を取り出して注いでくれます、このリーチインにある一升瓶は全部飲めるようで壁の短冊メニューに載ってないモノもあり、慣れた常連さんは直にリーチインで確認して発注する方もいます、

「三十六人衆」はたまたま封切りの一本となりました、

これはなんか得した気分、やはり封切りたての日本酒は旨いですからね、と奥から常連さんが「今なにが開いたの?」とチェックにこられました、やはり常連さんはよく御存じです

料理はカウンター上の大皿から「カボチャの煮物」、

027

この後は客の出入りがあるたびにスペースを作るために右へ左へすこしづつ移動しながらの飲みです、こんなんが嫌いな人は向きません、ワタシは好きです、はいはいとグラスと皿を持って動きます、一人でニコニコしながら飲んでいます、

2杯目の銘柄は忘れてしまいました、料理は「水茄子」を頼んだようですね、

035

ここまでで1300円ほど、お勘定にしました、ごちそうさまでした、

で、翌週、また訪問しました、久しぶりに一回行くと続け様に行きたくなります、

このときは「盾野川」500円也(フルーティで旨味たっぷり、好きなタイプ)と、「米鶴」大吟醸を半分300円也(小さなグラスで)いただきました、

019

料理は「高野豆腐」と「椎茸焼き」、

009

012

いつ行っても楽しく盛り上ってて、美味しい日本酒がいただけます、「稲田酒店」、また来ますね

|

« ここのお母さんの話はとてもためになります^^)同心町の角打ち「向井酒店」。 | トップページ | 友が天満でライブするそうです、じゃあその前にちょっと呑んで行きますか、「銀座屋」、「権兵衛」、「双龍居」。 »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな楽しい角打ちはないでしょう!天五中崎商店街の「稲田酒店」。:

« ここのお母さんの話はとてもためになります^^)同心町の角打ち「向井酒店」。 | トップページ | 友が天満でライブするそうです、じゃあその前にちょっと呑んで行きますか、「銀座屋」、「権兵衛」、「双龍居」。 »