« 東京の西側もイイですな、この日は初探訪の西小山、“やきとん道場”「三鶴」。 | トップページ | めずらしく日曜昼飲みを敢行しております、ならばやはりここでしょう!新世界の「平野屋」~「丸徳」へ。 »

2013年5月24日 (金)

久しぶりに十三へ、懐かしい想い出、角打ち「イバタ」へ初訪問、そして「十三トリス」、〆は「喜八洲」で。

【2013年4月5日(金)】

大阪 十三 「イバタ」~「十三トリス」

今日は久しぶりに十三へ繰り出しますdash

先日、“立ち飲み女子連”達と飲みに行った時に教えてもらった十三の角打ち「イバタ」、

話を聞いただけでゾクゾクする(話聞いただけだけの酒場にゾクゾクするのもいかがなものかと思いますがcoldsweats01)店でしたので行くことにしました、それにこの「イバタ」女人禁制らしいのです、明らかに24条に違反している店ですbearing

これはぜひ一度行ってみましょうdash(どないだwink)、

阪急電車神戸線に乗って「十三」駅下車、

改札口から店まで2mという日本で一番改札口に近い立ち飲み屋「丸一屋」は改装で休んでいました、

001

はい、また来ますよ、

ここから右手に線路沿いの細い路地を歩きます、

002

この通りの店も変わりましたね~、

よく来たのはもう30年くらい前になるので変って当たり前ですが、旨かった豚骨ラーメンの店は違うラーメン屋になってるし、なにやら怪しげな赤や紫の看板の店が減って、明るく健全な若者向き激安居酒屋が進出しています、

突き当りの角の公衆便所は30年前のままで、その向かいにあった酒場「万長」(社会人になって初めて常連みたいになった店)は今「は七つ海」(表記あやふや)という酒場になっています、

これがちょっとややこしい話なのですが、

昔、一つ向こうの路地にあった“もつ焼き”の「七つ海」と同名ですが、今ある角の酒場「七つ海」は違う店です、

昔あった「七つ海」は今から考えると、当時の関西では珍しい“牛の串もつ焼き”の店でした、いまや東京での定番「かしら」なんかもあって(たしか)これが一番好きだったheart02、この角にあった酒場「万長」とともにホントよく行きました(あ~上手く書けないsweat01)、

「七つ海」お母さんだけ4人ほどでお店されていました、

他に記事でも書いていますが2001年頃そのうちのお一人が亡くなられ、そのうちに閉店ということになったような記憶があります、2001年の閉店の週は仕事が非常に忙しい時期でした、それでも最後の日はなんとか職場を抜け出して行きましたね、皆でワイワイと騒ぎ、カウンターの中を少し手伝い、その日はお勘定なしだったような気がします、感謝の気持ちやがなdash、お母さんがおっしゃってましたshine

まだ酒場巡りというようなことをやる前の話です、なにやらこの頃からこんなことしてたんですな、「三つ子の魂百まで」ですかhappy01

さて、そんな想い出の路地を抜けて行くと道路の高架がかかる道に出ます、

どうやら「イバタ」はこの高架下にあると聞いています、ちょいと周りを見回しながら左手に曲がるとありました、「イバタ」、なるほど、これはまさしく高架下ですねhappy02

013

ではでは、入りましょう、

大きな角打ちです、

カウンターは柱を挟んで2カ所、ここには6~7人しか立てませんが、立ち飲みテーブルが商品陳列棚やショーケースと交りながらいくつもあるようで、相当の人数が飲まれています、

012

天井は高架のコンクリむき出し、高架下を全部使っているので反対側にも入り口があるようです、反対側の入り口がはるか彼方に見えるような気がするhappy02、広いし客が多いです、

そんな店なのにカウンターの中にはお母さんが一人だけ、

これだけの大人数を相手に一人で仕切っておられるようです、すごく仕事が早いです、要領がイイですgood

お客さんも協力的で瓶を片付けたり皿を重ねたりお母さんをアシストします、

006

まずは飲み物を訊かれます、ビール小瓶ありますか?はい、という事でしたが、、、残念ながらこの日は切らしているという事で中瓶をお願いします、

料理はカウンターの大皿、おでん、乾きモノ、缶詰、他にも簡単なものがあるようです、お薦めのようなので「湯豆腐」にします、トッピングはかつお節で、

007

大阪らしい湯豆腐、旨いshine

店内の小さな貼り紙に立飲み営業時間(PM5~PM9)が書かれており、その下に小さく、でも確かに「ごめんなさい、女性の方はご遠慮ください」という旨が書かれています、

011

そういう由来なんでしょうね、

まあ一昔前は女性が角打ちで飲むということは想定外だったかもしれませんからね、、、先日訪問した東京国立のもつ焼き「まっちゃん」も平日女性入店不可だったと思います、ま、いつか解放されることになるでしょうが、こういう仕切なのでご了解を、、、

飲み物は「芋水割」に、お馴染みの“酒販組合”のグラスが嬉しい、

008

そして、、、

010

「紅生姜の天ぷら」といういかにも関西なメニューを頼んでお勘定です、

970円也だったかな?安いですね、さすが、お母さんもエエ感じやし、お客さんも筋がよろしい、店全体が良き酒場であることを証明しておりましたwink、十三の「イバタ」、また来ますねheart04

さて、来た路地より1本手前の路地を通って帰ります、

もつ焼き「七つ海」があった路地、ここにもう一軒昔から来ている「十三トリス」がありますshine、先日お母さんが亡くなられました(哀悼)、手向けに一杯飲んで帰ります、

この前、新開地の写真展でマスターらしき人を見掛けたので訊いてみると、行ってましたよ、とのこと、やはりそうでしたかflair、あ、お母さんは残念でした、哀悼、、、

ではいただきます、ここで飲むのは35年前から“白ハイ”と決まっています、サントリー“ホワイト”のハイボールです、当時は“オールド”や“角”は高くて飲めない、でも“レッド”よりはいい感じ、ということで“白ハイ”ですheart02、いまや“ハイボール”全盛の飲み屋街、不思議なもんです、回る回る時代は回りますね、

肴はこの日も結局「玉子焼き(ネギ入り)」、

018

マスターが焼いてくれはります、ボリューミーです、これに限ります、出来れば二人でシェアした方がいいのですが、、、

TVで阪神戦見ながら(BarやけどTVありますhappy02)、“白ハイ”をお替りして、「玉子焼き」全部食べてお勘定です、マスターおおきにです、また来ますねheart04

そのまま駅改札へ向かいます、「十三屋」が迫力の暖簾で迎えてくれますが、、、今日はスルーしましょう、

022_2

003

結局、「喜八洲」でこれまた久しぶりに“みたらし団子”を買います、ここのは京都深草の「栄泉堂」の次くらいに美味しいですheart02

では、今日の十三探訪はこれくらいにしといたろかhappy02

|

« 東京の西側もイイですな、この日は初探訪の西小山、“やきとん道場”「三鶴」。 | トップページ | めずらしく日曜昼飲みを敢行しております、ならばやはりここでしょう!新世界の「平野屋」~「丸徳」へ。 »

大阪十三西中島」カテゴリの記事

コメント

久しぶりです。
あの大阪以来テリーさんの移動の世界に魅了され、ようやく47都道府県制覇しました。
最近は太田和彦の百名山の制覇に燃えてます。
初期は酒場放浪記ばっかりだったんで2順スタートしました。
テリーさんから紹介された酒場は全て行きました。
全て良かったです。
次は世界中を目指して頑張ります。

投稿: たろう | 2013年5月25日 (土) 19時45分

たろうさん…毎度です♪

47都道府県制覇ですか!凄いですね、

ワタシも行きたい遠方地がまだまだあります、ゆっくり回ろうと思います、

これからもヨロシク!^^)

投稿: テリー | 2013年5月26日 (日) 19時48分

七つ海 私の店です。
覚えていただきありがとうございます。びっくり!! たまたま もつ焼き 七つ海で検索したら まさかのまさか! あの最後の日にお越しくださり 本当にありがとうございました。 母は82歳になりましたが あの時 カウンターの真ん中の席に座られて色々お話した事を覚えていました。母から「一番手前のテーブルでいつも楽しく飲んでおられましたね。皆さんのお顔が浮かんできます。本当にうれしい~ あの頃がなつかしいです。最後の日 お忙しい所 お越しいただき感謝しております。ありがとうございました。」

投稿: 七つ海 | 2013年7月 1日 (月) 22時19分

七つ海さん…うわ!コメントありがとうございます、

ワタシもビックリしました、
まさか、お店の方から連絡があるとは、書いて良かったです^^)

お母様の言葉は確かにワタシの当時の様子と合います、うわ~、よく憶えていらっしゃいます、すごいですね、

懐かしい日々を思い出させていただき、ありがとうございます、

お母様もいつまでもお元気で何よりでございます、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: テリー | 2013年7月 2日 (火) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/51304142

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに十三へ、懐かしい想い出、角打ち「イバタ」へ初訪問、そして「十三トリス」、〆は「喜八洲」で。:

« 東京の西側もイイですな、この日は初探訪の西小山、“やきとん道場”「三鶴」。 | トップページ | めずらしく日曜昼飲みを敢行しております、ならばやはりここでしょう!新世界の「平野屋」~「丸徳」へ。 »