« 久しぶりに十三へ、懐かしい想い出、角打ち「イバタ」へ初訪問、そして「十三トリス」、〆は「喜八洲」で。 | トップページ | 大阪新世界での日曜昼飲み、3軒目はスクエアなイメージの「半田屋」へ。 »

2013年5月27日 (月)

めずらしく日曜昼飲みを敢行しております、ならばやはりここでしょう!新世界の「平野屋」~「丸徳」へ。

【2013年4月7日(日)】

大阪 新世界 「平野屋」~「丸得」

日曜日ですが、珍しく昼飲みに出かけます!!

というのも、この前日の土曜日は昼飲み計画だったのですが、、、

猛烈低気圧の接近で昼からは大荒れの天気になるという予報、無理はするまいと昼飲み計画は直前であえなく中止

ところが関西地方は雨風ともそれほどではなく“これなら行けたんじゃないの”的反省兼悔しさ悶々モリモリでこの日曜日を迎えたのです、こうなればもう致し方ない、止められない、昼過ぎには単独出撃に及びました、

とはいえ、日曜日の昼飲みというとターゲットは限られます、

天満か?京橋か?あべのの新しいビルもありやね~、と、あは、日曜日でも結構あるやんか、でも、いろんな店があってもっとも安定しているのはやはりここでしょう、新世界

ということで、14時頃にはひとり新世界に到着です、

JR「新今宮」駅を降りて“ジャンジャン横丁”を目指します、良い天気ですが昨日の名残の風が強いですね、

“ジャンジャン横丁”を北上、串カツ人気店はすでに長蛇の列でございます、寿司もちょっと魅かれます、やすいもんね、

027

でも、1軒目はやはりここでしょう、立ち飲みの「平野屋」、

004

酒と肴のバランスがとっても良い立ち飲みです、

うむ、この日もすでに満員の賑わいですが、詰めあせていただいて逆L字カウンター中ほどに着きます、ここは目の前に冷蔵ショーケースがあり肴が選びやすいのでたまに来る者にとっては絶好のポジションです

まずはビールにしましょうか、大瓶も生もあると思いますが、ここはハートランドの中瓶があるのです、美味しいし量もこれくらいがいいですね、はい、ハートランド中瓶、

001

肴はショーケースから季節の「しんこ」220円也にします、

002

思ったより硬かったがOKです、

これで気分よく今日の昼飲み体制の基盤固めを推進します、ビールの後はぬる燗かな、などと一人にニヤついていたのですが、、、好事魔多し、、、

隣に来た先輩が結構酔っぱらっておりまして、グダグダとした店とのやり取りになってます、店の大将も強く注意されますが本人にはあまり効いてない、、、隣なのでどうにもやり過ごせません、

仕方ないですがここは一杯で河岸を変えましょう、「平野屋」さんになんの落ち度もありませんので念のため、良い店です、いつも満員ですが一人二人なら何とか潜り込めるでしょう、また来ますね

で、急遽の退店ですが、新世界では次の選択に不足はありません、やっぱり新世界にして正解やったな、まだまだ行くべき店は両手に有り余っています、ヨカッタ

では、「平野屋」の並びの「丸徳」に入ってみましょう、

012

看板には、

『テレビ雑誌でおなじみ新世界名物!煮込みホルモン うどん そば トーフ 「本場琉球泡盛」』

と、なにやらてんこ盛り表示です、文脈不明瞭なところもありますが全体的に“どんな店なのか?だいたい大まかには分かりました!”って感じです、一度入ってみたいと思っていたので入店します、

長い一本カウンター、大先輩のお母さんが一人でカウンターの中におられます、先客はナシ、とりあえず真ん中辺りに座ります、

006

店内の様子は隣の「丸藤」とよく似ていますが“焼肉用のコンロ”はありません、

泡盛、沖縄地ビール、そしてメニューにも沖縄料理とこちらの店の精神的支柱はあくまで“沖縄”と云う事のようです、名物らしき「ホルモンうどん」も「丸藤」と同じです、麺はうどん、そば、そして中華そばと3つから選べるシステムになっています、

ではとりあえず「ぬる燗」かな(あれ?泡盛は敬遠??)、それととりあえず「煮込みホルモン」ですよね、メニューにも一番に上がっています、が短冊メニューに「ホルモントーフ」というのがありそちらに日和ました、値段はどちらも450円也、

お母さんがよいしょっという感じで動かれます、でも手際は良いです、しっかりとした動きで出てきました、「ぬる燗」と「ホルモントーフ」、

005

この組み合わせ、好きです、美しいし

その日の調子にもよるのですが、“オール煮込み”よりも“豆腐と煮込みのコンビ”の方が好きな日が多いように思います、こう書いていると北千住の「大はし」を想い出しました、涎

さて、こちらの「煮込みホルモン」は濃厚でしたね、

沖縄風と云う事ではないと思いますが、泡盛ストレートとかロックに合うような濃厚さでした、やはり豆腐がちょうどイイ感じで機能しています、

どうしようかと迷いましたがここもこれでお勘定にします、

ちょっと今日のワタシには濃厚過ぎたかもしれません、煮込みホルモンの「丸徳」、“オール煮込み”な気分の時は来ましょう、泡盛ロックや!!みたいな感じの時、あ、そうか「煮込みホルモンうどん」はその辺りが中和されてちょうどエエ感じになるんかな?今頃気がつきましたわ、次回は麺類勝負してみますか、

とにかく「丸徳」、また来ますね

さて、もう1軒行きますか、つづきは明日の記事をお楽しみに、

|

« 久しぶりに十三へ、懐かしい想い出、角打ち「イバタ」へ初訪問、そして「十三トリス」、〆は「喜八洲」で。 | トップページ | 大阪新世界での日曜昼飲み、3軒目はスクエアなイメージの「半田屋」へ。 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めずらしく日曜昼飲みを敢行しております、ならばやはりここでしょう!新世界の「平野屋」~「丸徳」へ。:

« 久しぶりに十三へ、懐かしい想い出、角打ち「イバタ」へ初訪問、そして「十三トリス」、〆は「喜八洲」で。 | トップページ | 大阪新世界での日曜昼飲み、3軒目はスクエアなイメージの「半田屋」へ。 »