« 立ち飲み角打ち密集地に出撃!南海「堺東」駅周辺探訪、「溝畑酒店」~「虎屋」。 | トップページ | 大阪美章園探訪をリベンジ、“串もつ”「もんぱ」から「井菊」へ、これまた思わぬ展開でした^^) »

2013年4月17日 (水)

気になるお好み屋さん「くるみ」から、久しぶりの「プラスワン松屋」へ、駅前ビル探訪です。

【2013年3月1日(金)】

大阪 駅前ビル 「くるみ」~「プラスワン松屋」

さて、今日から3月です、そして金曜日、いつもなら遠出をしたくなるところですが、、、今日は大阪駅前ビルへ行くことにしました、

というのも、どうも気になる店があるからです、酒場ではありません、お好み焼き屋さんです

以前から何度か「お好み焼き屋へはあまり行かない」と書いています、

大阪と云えば粉モン、お好み焼きはその代表選手でありますが、どうも一人飲みで“お好み焼き屋”はしっくりこないので「あまり行かない」という事なのですが、、、

なぜか、今年になって割と行ってます、お好み焼きは食べなかったけど堂山の「どんたく」に行ったし、ワタシの理想のお好み焼きに近い京都七条河原町下ルの「鳥井商店」にも行きました、食べてみるとやはりお好み焼きは美味しいですね、

で、本日もお好み焼きにします、大阪駅前第1ビルB1Fの「くるみ」です、

001

その店構えからして駅前ビルが出来てからずっとここにあるのではないかと睨んでいます(後で分かったのですがどうも違うようですが)、ランチ営業もされていますがいつもほとんどお客さん入っていません、オヤジさんが一人でやっておられるようです(通りすがりに見るかぎり)、気になります、

ということで、本日は一人でお好み焼き屋「くるみ」へ入店です、

鉄板が入ったテーブルが4つ、先客の3人組の先輩が奥のテーブルで盛り上がっています、手前のテーブルには一人客、案外入ってるじゃない、ヨカッタ(誰もいなかったらどうしようかと思っていたので)、

テーブルに着いて瓶ビールをお願いします、大瓶ですね、

002

ふ~、久しぶりのビールが美味しいです(ちょっとプリンタ体が怖くてこのところ飲んでいませんでした)、お好み焼きは「豚玉」650円也をお願いします、

大将はさっと作業にかかられます、

お馴染みのアルミカップに生地を入れてワタシのテーブルまで来て目の前でかき混ぜます、ワタシはそれをしっかりと見守るという儀式のような雰囲気、なぜかちょっと照れくさいです、鉄板に生地を拡げます、中くらいの大きさに広げます、厚くもなく薄くもなく(ワタシは薄いのが好き)、ワタシ的には今のスタンダード(厚いの)が嫌いです

そして、今度は豚肉の入った大きな金皿を持ってきてうやうやしく2枚、生地の上に載せます、どうやら最後まで大将が焼かれるようです、

004

適度に裏返しに来られて、最後にパンパンと叩いて“ハイ出来上がりました”という雰囲気に、どうやらソースや青のり、鰹節は自分で掛けて良いようです、これは助かります、チェーン店などではソースまで店員が塗るところがありますがあれはいけません、この楽しみはあくまで客側に残しておくべきですよね、

005_2

はい、ではいただきます、

006_2

うん、美味しいです

ここまでで瓶ビールはもう半分以上飲み進んでいます、この焼けるまでの間の時間が美味しいお好み焼きをいただく秘訣かもしれません、

先客と大将の話を聞くともなく聞いていると、お店は24年目だそうです、この第1ビルが出来たのが1970年代のようですのでビルと共に開業したわけでないようですね、

さて、これでお勘定です、気になっていた駅前第1ビルB1Fのお好み焼き「くるみ」、美味しゅうございました、1150円也、さくっとお好み焼きが食べたいときはまた来ますね

さて、もう1軒行って帰りましょうか、

やはり「山長酒店」(駅前第2ビルB1F)かな、と行ってみると、、、

008_2

なんと臨時休業です、、、

ワタシ、こういう目によく合います(被害妄想気味です)、う~ん、どうすべえ、と、向かいにある「プラスワン松屋」が目にはいります、

022

いつ頃かな?綺麗になりましたよね、代変わりしたのかな?なんて思って見てましたが、改装してからは入ったことがありません、席も空いているので一回入ってみましょうか、

カウンターと、壁際には小さなテーブル席があります、常連さんが多い店ですね、ちょい手前側のカウンターに着きます、日本酒かな、やはり、と日本酒のメニューに「獺祭」がありました、イイですねえ、でも値段が書いてないのでお母さんに訊いたらグラスで600円也とのことでした、あ、安いんじゃないですか、では「獺祭」にします、

013

突出しは「しんこ」、

012

そして「獺祭」は三割九分の大吟醸でした、50とか48かと思っていました、これで600円也は安いですね、良心的です

カウンターの中にはお兄さんとお母さん、どうやら親子のようです、お兄さんが参加されてお店も新しくされたのかな?

肴は「きずし(〆鯖)」、

015_2

見た目ミディアム・ミディアム系(〆具合・ドライ~ウェット具合)ですが美味しかったです、この辺りはなにやらさすがの実力派という感じでした、

2杯目の獺祭を頼むと、獺祭好きなんですか?とお母さんに訊かれます、はい、いつも向かいの山長さんで買ってます、今年の「獺祭」はとくに美味しいような気がしますね、

2品目は「鯵の開き」、なんか魚が美味しそうで鯖から鯵です、うん、美味しいです、酒に合います、

019

さてこれでお勘定です、久しぶりに入った「プラスワン松屋」、「獺祭」と美味しい料理に好感です、これはこれからも贔屓にさせていただこうかな、また来ますね

 

 

|

« 立ち飲み角打ち密集地に出撃!南海「堺東」駅周辺探訪、「溝畑酒店」~「虎屋」。 | トップページ | 大阪美章園探訪をリベンジ、“串もつ”「もんぱ」から「井菊」へ、これまた思わぬ展開でした^^) »

大阪梅田(駅前ビル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になるお好み屋さん「くるみ」から、久しぶりの「プラスワン松屋」へ、駅前ビル探訪です。:

« 立ち飲み角打ち密集地に出撃!南海「堺東」駅周辺探訪、「溝畑酒店」~「虎屋」。 | トップページ | 大阪美章園探訪をリベンジ、“串もつ”「もんぱ」から「井菊」へ、これまた思わぬ展開でした^^) »