« この駅名なんて読むんだ?どこにあるんだ??って感じで、雑色のもつ焼き「三平」に行って来ました^^) | トップページ | この日は渋谷でライブ参戦です♪、渋谷蕎麦「福田屋」~中華「錦」、そして大倉山の「大倉山もつ肉店」へ。 »

2013年4月24日 (水)

初めての「国立」探訪です、迷うことなく駅近の「うなちゃん」へ、エエ感じで飲ませていただきました、そして「まっちゃん」にも^^)

【2012年3月8日(金)】

東京 国立 「うなちゃん」~「まっちゃん」

さて、週末のこの日、国立へ来ています

遠いですよね、国立、ワタシも初めて来ました、なぜ来たかというと、、、はい、こちらの本の影響です、

マイク・モラスキー著『呑めば、都』の影響です、

Photo

いろんな酒場本が出ていますが、この本はホントに面白かった、

すっかり根っから心身ともに(?)インスパイアされました、だいたい外国人(あ、このステレオタイプな視点はマイクさんに怒られそう)がここまで日本の酒場に深い理解を示し、その魅力とそれを生み出した背景を精密に調べ上げていることに驚きました、大学教授だから当たり前?いやいや、ほんとに素晴らしい文章でありました、ワタシが書いているこのBlogなど吹き飛んでしまう完成度なので、そういう意味では大いに悩ましい問題でもありますが(写真掲載の無い本でしたので、せこせこ写真を撮ってる自分に嫌悪感も沸き起こります)、、、まあ、教授には敵わない、外国人選手には敵わない(選手ちゃうし)、とりあえずワタシはカモメ(なんのこちゃ)、このまま酒場巡りを推し進めていくわけでありんす、、、

でも、やはりこの本で紹介されていた店には行きたいんだよ~、

とくにね、今まで足を踏み入れたことのない街には俄然興味が湧きます、本を読んで思い浮かべたその街のイメージを、膨らんだ店のイメージ実際に見てみたい欲望は抑えきれません、

ということで、先般は「溝ノ口」へ行きました、そして今日はいよいよ「国立」へ突入であります、

夕方、仕事終わりで東京駅へ、今日は泊りですので新幹線に乗らずに中央線快速電車に乗ります、

「国立」駅に停まりますね、確認、でも“中央特快”のほうが「国立」には早く着くようです、東京単身赴任時は中央区佃に住み、主に東側の酒場に魅かれていたので東京の西側は未開拓です、「国立」へ行くのは初めてなのでこの辺りの感覚全くないのですが、まあいいや、ゆっくり行きましょう、本でも読みながら、、、

と新宿を過ぎた辺りで寝落ちました、駅に停まる度に何度か目を覚ましますが距離感がよく分からないので、あとどれくらいで着くのか???でまた寝て、、、と、ハッと目を覚ますと「国立」駅でした、おっとっとあぶないあぶない、寝ぼけ眼で電車から飛び降ります、

あは、あっという間に着きましたね(寝てただけや)、

とりあえず改札口を出ます、なんとなく南側の駅前を眺めます、初めての国立、なんとなく期待通りのような雰囲気だけど、ちょっと思ったより小さい駅前のような感じもしました、

今日のお目当ての2軒は駅から近いようです、

念のためスマホの地図アプリで確認(これも使わない方があちこち歩けていいのですが、やはりつい使っちゃう)、うん近いですね、では適当にそちら方面を歩いてみますか、適当に見つかるでしょう、

中央線沿い南側を東に向いて歩きます(京都人は東西南北で移動を考えます)、、、

といきなり「まっちゃん」がありました

もつ焼きのお店です、あら~なんだか簡単に当たってしまいましたね、大概ちょっと迷ったりするものだのですが、すぐ見つかるなんて、、、これはこれでまだ結構な事なんですが、あっさり見つかるとちょっと物足らなかったりするのです、

とりあえずまずは1軒目を確保して、もう1軒の方へ行ってみましょう、「まっちゃん」の角を北へ曲がって中央線ガード下をくぐります、こちら側にはもう1軒のお目当て「うなちゃん」があるはずです、

と、ガード下をくぐると右手にいきなり「うなちゃん」がありました

これにはビックリ、なんとなくこちら方面という認識でしたのであららって感じです、今日はめちゃ早い発見です、

こちら「うなちゃん」は“うなぎ串”の店のようです、

052

“うなぎ串のお店”、

東京には結構あって、焼き鳥と併設で“うなぎ”の看板を上げている店もちょいちょい見かけます(先般訪問した溝ノ口の「いろは」もそうでしたね)、確か新宿思い出横丁にもありました、ところが関西ではこういうスタイル、つまり“酒場な感じでうなぎを串で食す”(それも結構安価で)というスタイルの店はないように思います、いや、あるのかもしれませんがワタシはまだ行きあたってない、スタンダードなスタイルではないことは間違いないと思います、

さて、どんな感じの店なのかな?と近寄ってみると、、

あれ?もうお客さんが入っていますね、開店まではあと10分くらいありますが早めに店を開けておられるのでしょうか?(立石の「宇ち多”」みたいに周りに迷惑にならないよう行列を捌くために早く開ける店もありますからね)、うむ、なんかこのまま店に入るには早すぎるような気がします、まだ国立に降り立って5分くらいしかたっていません、なんかもう少しぶらりと歩いてから、お!こんなところにありましたか、みたいな感じで入るのが好きなんですが(なにを贅沢ゆうとる)、、、

と、一旦「うなちゃん」もスルー、

もう一度ガードをくぐって南東側を少し歩いてみることにします、ね、せっかく国立まで来たんだからいろいろ歩いてみましょうよ、が、あまり飲食街、飲み屋街みたいなのは見つかりません、やはり綺麗な街ですよね、なんか嗅覚をくすぐる街角が見つかりません、う~ん、あまり歩き過ぎて「うなちゃん」が満員になったらどうしよう、という嫌な予感も過ります、こういう時は素直になりましょう、探訪は一旦あきらめてまずは「うなちゃん」入店を目指しましょう、

ふたたび「うなちゃん」の前に戻りました、

うむ、確かに大将がカウンターの中で働いておられますし、お客さんが複数人、コの字カウンターに陣取っておられます、やはり開店しているようです、ではではガラス戸を引いて入ります、

すいませ~ん、いらっしゃい、

いつものように指で一人客であることを示します、どうぞ~と大将に受けていただきます、店はコの字カウンターのみ、すでに各辺にお客さんが座っておられます、右手奥の方のカウンターが空いているのでお客さんの後ろを通って入って行こうします、お客さんの背中とガラス戸戸の隙間は狭いです、すいませ~ん、見たいな感じで行こうとすると、大将から指示が飛びました、スイマセン、あっちの入り口から入ってもらえますか、あ、はい、見ると右奥にも小さな入り口があるようです、了解、一旦表へ出てぐるっと回り込み中央線高架と店の間に入り込んで奥の入り口から入ります、こちら側は表が一段高くなっているので店の床とは大きな段差があります、よいしょっみたいな感じで無事入店です

初めての店なので要領が分かりません、一番緊張する瞬間です、

さてどうするか?ドキドキです、でもカウンターの中のお母さんが優しい声を掛けてくれました、飲み物は?ほ、おおきにです、そう訊いてもらえると助かります、ではビールをお願いします、3銘柄ともあるようなのでサッポロをお願いします、

そして、さらにお母さんがナイスな一言をかけてくれました、今準備していますからね、出来次第料理を出しますので、あ、はい、一通りでイイですか?、はいはい、それでお願いします

なるほど、この状態、開店前のお待ち時間だったようです、

てっきり営業中かと思っていましたが違います、まだどなたにも“うなぎ”は供されていませんでした、大将が一所懸命に串を焼いておられます、それを常連さんが待っておられるのです、その間にもお酒は出てきます、ワタシの前にも瓶ビールとキャベツの浅漬けが出てきました、

054

まあこれでうなぎが焼き上がるまで待っててくださいね、ということです、イイ感じですね、こうやって先に飲んで待っているといやが上にも味覚中枢が興奮してきて美味しくいただけるというものです、

メニューは短冊が上っていたような気がしますが忘れました、

お母さんが云ってくれたように“一通り”をお願いしているのでもうここはお任せです、待っている間のメニューも少しあるようで、別オーダーのお新香だったかな?それで飲んでおられる先客もいらっしゃったような、焼酎の水割り(か、ソーダ割?)セットなんかもあるようです、、

あ、それとBGMは“クールファイブ”でした、それもずっと、まったく問題ありません、

そろそろとその時が来たようです

お待たせしました、ということで順次お客さんに“うなぎ”が供されます、もちろんワタシにも回って来ます、おおきにで~す、

まずはこれ、、、

056

美味しいです、、、でも、これって、、、よく分かりません、うなぎの料理名部位など全く知識なし、これは「くりから焼」で良いでしょうか?どや?



ビールを少し残してぬる燗をお願いしてみます、

大丈夫です、お母さんと若いお姉さんがテキパキと対応してくれます、燗器のチロリで燗してもらいます、この辺りも気持ちいいですね、

次はこれ、「きも」だったかな~、忘れました、

057

そしてもう2本、この辺りが「ひれ」とか「あたま」とかですかね?

061

ゆっくりと出てくるので、ついお酒も進みます、ぬる燗、お替り下さい、

この頃には続々入店、ほぼ満員になって来ました、どうやらワタシ同様出張で来られた方、初めて息子さんを連れて来られた方、エエ感じで暖まって来ました、

最後はこれ、

063

これは「白焼き」でイイのですかね、これもホント美味しいです

並びの常連さんは「白焼き」を特注のようです、串ではなく普通の「うなぎのかば焼き」状態のモノです、これも見ていて美味しそうでしたね~、

お母さんに一応確認、これでお終いですか?はい、これで一通りです、

はい、お酒も2杯飲んだのでこれでお勘定にしましょう、2500円也、美味しかったのはもちろんですが、お店の雰囲気がよろしい、開店前準備段階からビール、一通りの料理開始、そしてぬる燗へと気持ちよく飲めました、良い店ですね、国立の「うなちゃん」、また来ますね

さて、三度中央線のガードをくぐって南側に戻ると、

064

はい、「まっちゃん」が開店しています、これはもう入らない訳にはいかないでしょう、お酒も入っているので躊躇はありません、各々方入りまするぞ

大き目のコの字カウンターとテーブル席もあったような(たしか)、

早くも8分の入りです、右手奥のカウンター席が空いていますのでそこへ着きます、目の前で燗酒を手配しているのでワタシもぬる燗をお願いします、肴はえ~っととりあえずお新香をくださいな、

068

若いスタッフが多い、というか全体に思ったより若い感じの綺麗な店内です、お客さんもバリーエーション豊かで比較的若いお客さんもいらっしゃいますが、一人で綺麗に飲む紳士や、結構酔っぱらっている常連のオッチャンもいらっしゃいました

066

ここはやはりもつ焼きで行きましょう、1本づつの注文でイイということですので、まずは好物の「かしら」と「タン」を注文、

070

やや大振りの串、インパクトあります、肉質も上々で美味しいですね、

お値段は「かしら」が@170円也、「タン」が@150円也と、そこは国立価格(そんなんあるのかな)でございますが、ボリュームもあるしエエんじゃないでしょうか、

ふと並びのカウンターをみると見た顔の方と目が合います、

あれ?知人??かと一瞬思いましたが、、、先程「うなちゃん」におられた方です、どうやらワタシの後に「まっちゃん」に回って来られたようです、どうも、ってな感じでご挨拶、地元の方とお見受けします、いいですね、こんないい店が2軒もあって、ワタシなら毎回梯子間違いなしです、

そして「ナンコツたたき」と「ガツ」、

071_2

この「ナンコツたたき」170円也というのが変わった食感でした、普通のナンコツのあのコリコリ感ではなく、フニャと生っぽいナンコツ、珍しいですね、初めて食しました、

2軒目なのでこれでお勘定にしました、1720円也、

店もちょうど満員になっていますので早々に出ましょう、「まっちゃん」のもつ焼きももっと味わいたいですね、もし次回「国立」に来たら、まずは「まっちゃん」に入ってもつ焼きを端から全部頼みたいです、また来ますね

よかったね~、初めての「国立」探訪、うん、機会があればぜひまた来たい街になりましたわ、さてホテルに戻りますか、、、

それでも、帰りがけにいきなり中野で降りています、

なんか久しぶりに中野の飲み屋街を徘徊したくなりました、で「中野ブロードウェイ」東側の一帯を歩き回ります、

084

何やら並んでいるのは「川二郎」というこれまた“うなぎ串”の店です、じつはふと思いついて空いていたら入ろうと目論んだのですがお待ちたくさんでした、ここは次回のお楽しみに残しておきましょう、

次回は久しぶりに中野も攻めてみるかな

 

|

« この駅名なんて読むんだ?どこにあるんだ??って感じで、雑色のもつ焼き「三平」に行って来ました^^) | トップページ | この日は渋谷でライブ参戦です♪、渋谷蕎麦「福田屋」~中華「錦」、そして大倉山の「大倉山もつ肉店」へ。 »

吉祥寺国立」カテゴリの記事

コメント

うなちゃんの串ですが、
初めのくりからは合っていますが、
次のキモと書かれているのは、ヒレですね、タレが浸み込んで旨いですね、
次がキモでしょう。
エリを頭と説明してくれますが、これは圧力鍋で柔らかくして供されます。
では、

投稿: NAKAZAWA | 2013年12月25日 (水) 12時47分

NAKAZAWAさん…コメントありがとうございます、

やはり、間違っておりましたか、ご指摘ありがとうございます、

関西にはこういうタイプの"うなぎ串"の店がないので、部位の事が分かりませんでした、

まだ行ってない店もありますので、今度は間違えないようにがんばります^^)

投稿: テリー | 2013年12月27日 (金) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての「国立」探訪です、迷うことなく駅近の「うなちゃん」へ、エエ感じで飲ませていただきました、そして「まっちゃん」にも^^):

« この駅名なんて読むんだ?どこにあるんだ??って感じで、雑色のもつ焼き「三平」に行って来ました^^) | トップページ | この日は渋谷でライブ参戦です♪、渋谷蕎麦「福田屋」~中華「錦」、そして大倉山の「大倉山もつ肉店」へ。 »