« 20数年ぶりの仕事同窓会、一人鍋の北浜「よし富」でしゃべりまくり^^) | トップページ | 久々、麻布十番探訪、ハイソで下町な街のような気がしています、そして、やきとんの「あべちゃん」。 »

2013年1月30日 (水)

この日は寒い横浜を彷徨いました、そして新子安の市民酒蔵「諸星」になんとか辿り着きました。

【2012年12月19日(水)】

横浜 新子安 市民酒蔵「諸星」

今日は横浜で彷徨っています

横浜まで所用で来たので、時間があれば横須賀でも攻めるかな?と思っていたのですが、ちょいと遅くなりました、横須賀はあきらめて横浜周辺で飲んで帰ることにします、

まず、浮かんだのが「横浜」駅ちかくの「まるう商店」です、

なにやら魚が旨そうな感じです、たしか「横浜」駅から歩いていけるはずです、スマホで場所を確認しますが横浜駅は少々複雑です、なんとか京急「横浜」駅の東口から出ます、高速道路の高架が目の前にあります、少し歩くと繁華な街並みも途切れます、ちょっとイメージと違いましたが、橋を渡って道路を横切ぎるとまた店が増えました、ちょっとした路地裏に入ります、「まるう商店」はこの辺りのはずです、と、お、「まるう別館」(だったかな)がありますよ、でもなんかちょいと覗いてみる感じじゃないですなあ、うむ?左手の路地の先の方に灯りが見えますよ、どうやらあちらが「まるう商店」のようですね、ドキドキしながら、はい、無事着きました

051

こんな感じ、今の時期はビニールシートなんですね、すでに皆さん盛り上がっています、ちょうど入店しようとしているグループもいらっしゃいます、ではではワタシも入れていただきましょうか?

スイマセン、一人なんですが、
あ?え?予約はされていますか?
いえいえ、一人なんでしてませんが、
スイマセン、今日は予約のみで満員なんです、

あちゃ、そうですか、まあ忘年会のハイシーズンですからね、、、それに、なにか一人でしっぽり飲む雰囲気でもありませんね、、、なんとか一人でも、、、と粘るのもなんか違う感じです、、、ここはあきらめましょう、ではまた来ますね

さて、どうしますか?

もともと「まるう商店」で一杯飲んだ後に「常盤木」へ行く予定でした、このまま「常盤木」へ向かいましょうか、これまた10分くらいで歩けるはずです、

横浜には“市民酒場”もしくは“市民酒蔵”という冠の酒場があります、他では聞いたことがないのでワタシとしては興味津々です

最初に行ったのが東神奈川の「みのかん」です、そしてもう一軒は新子安の「諸星」と2軒行きました、

もう一軒“市民酒場”の冠を持っているのが「常盤木」です、ただここは場所が不便です、「横浜」駅と「桜木町」駅のちょうど中間くらい、地下鉄の駅が近くにありますが、今の場所からだとやはり歩くしかないでしょう、ここは歩きましょう

「まるう商店」からさらに10数分ほど、少々迷いながらも無事「常盤木」到着です、では入りましょうか、、、と、引き戸になにか紙が貼ってありますね、、、え!?なになに、、、

053

「本日は予約のお客様のみの営業とさせて頂きます。」

わ!!ここもですか!!、今日は横浜在住全員で飲んでるんですか!?

うむ、残念です、やはりこの時期は一人での酒場探訪は難しいのかしら、、、

ちょっと弱気になります、寒い中をもう30分以上彷徨ってますので体が冷えています、それに空腹で血糖値が下がり気味、く~~、今日はツイていません、

気を取り直してとにかく急いで「横浜」駅まで戻ります、もう店は決めました、京急「新子安」駅の「諸星」へ行きましょう、さすがに「諸星」なら入れるでしょう、京急「横浜」駅から各駅停車で「新子安」駅を目指します、これがまた結構時間が掛かりましたが無事到着です、

どうです、この外観、イイでしょう新子安の市民酒蔵「諸星」、

056

結局、彷徨い始めてから1時間以上経ってやっと「諸星」に入店できました、ほ

右側がテーブル席、左側には対面式カウンターともいうべき細長いテーブルが伸びています、7分くらいの入りですが空きはあります、いつもの如く指で一人客であることを示します、はいカウンターですね、ヨカッタ、やっと座れます、

御姐さんが飲み物を訊いてくれます、まずは生ビールにしますか、それと「マカロニサラダ」350円也もください、はい、やっとビールにありつけました、ふ~、いやはや今日はいろいろありましたね、一時はどうなるかと、でもまあこれも済んでしまうと楽しいのです

058

目の前の壁には短冊メニューが所狭しと並んでいます、魚系は少なく、フライ系は充実、飲み物のバリエーションも豊富で日本酒も揃っています、

061

フライ系から「串カツ」450円也を頼みます、

059

そして、いつもなら日本酒に行くところですが「串カツ」に合わせて焼酎ハイボールか何か飲みたいですね、メニューには「ハイ辛サワー」「ハイ辛ボール」というのが並んでいます、訊いてみたらサワーが焼酎ベース、ボールがウイスキーベースだそうです、では「ハイ辛サワー」370円也にしましょう、

060

下町ハイボールですね、淡い琥珀色が付いています、これで「串カツ」をいただきます、

店は常連さんが多いのでしょが、テーブル席もあるのでグループ客も多いですね、カウンター側では向かい合ったりとなり合ったりしてあれやこれやと話に花が咲いています、お隣は引退されたと思しき先輩お二人、元会社の同僚のようで懐かしいお話をされています、いいですねえ、ワタシもはやく酒場三昧の日を送りたいですわ

さて、もう一品「とんみの」450円也というメニューを頼みましょう、“豚のミノ”ということですよね、それと燗酒にしましょうか、燗におすすめは「森乃菊川」というメニューがあります、それにしますか、と注文すると品切れとのこと、では定番酒で結構なのでぬる燗でお願いします、

「とんみの」は予想外の外観、この下にスライスされたタマネギがたっぷり仕込まれていました、美味しいですねえ、当たりのメニューでした

069

燗酒はコップで来ました、

068

さ、これを飲み干してトイレへ行って帰りましょうか、

と奥のトイレから出てくると目の前に知った顔が、あれ!?あれ!?、、、

なんと本社時代の元同僚です、なにしてるの?ってそれは向こうのセリフでした、そうだよね、関西の人間が新子安で飲んでいるとは誰も思わないよね、どうもどうも、一人で飲んでるんですよ、そちらは二人で、それはまた結構ですな、では一緒に飲みますか

ということでさらにぬる燗を頼んで再度飲み直すことになりました、

はは、こんなところで同僚と出会うとは悪いことはできません、でも楽しかったですよ、最初の2軒に振られて彷徨ったことも忘れてしまいました、

もう一杯づつ飲んで3人でお開きにしました、京浜東北線に乗って品川まで帰りましょう、

長い探訪となりましたがこれにて今日はお仕舞です、新子安の市民酒蔵「諸星」、また来ますね

|

« 20数年ぶりの仕事同窓会、一人鍋の北浜「よし富」でしゃべりまくり^^) | トップページ | 久々、麻布十番探訪、ハイソで下町な街のような気がしています、そして、やきとんの「あべちゃん」。 »

横浜川崎横須賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この日は寒い横浜を彷徨いました、そして新子安の市民酒蔵「諸星」になんとか辿り着きました。:

« 20数年ぶりの仕事同窓会、一人鍋の北浜「よし富」でしゃべりまくり^^) | トップページ | 久々、麻布十番探訪、ハイソで下町な街のような気がしています、そして、やきとんの「あべちゃん」。 »