« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

この日は寒い横浜を彷徨いました、そして新子安の市民酒蔵「諸星」になんとか辿り着きました。

【2012年12月19日(水)】

横浜 新子安 市民酒蔵「諸星」

今日は横浜で彷徨っていますhappy01

横浜まで所用で来たので、時間があれば横須賀でも攻めるかな?と思っていたのですが、ちょいと遅くなりました、横須賀はあきらめて横浜周辺で飲んで帰ることにします、

まず、浮かんだのが「横浜」駅ちかくの「まるう商店」です、

なにやら魚が旨そうな感じです、たしか「横浜」駅から歩いていけるはずです、スマホで場所を確認しますが横浜駅は少々複雑です、なんとか京急「横浜」駅の東口から出ます、高速道路の高架が目の前にあります、少し歩くと繁華な街並みも途切れます、ちょっとイメージと違いましたが、橋を渡って道路を横切ぎるとまた店が増えました、ちょっとした路地裏に入ります、「まるう商店」はこの辺りのはずです、と、お、「まるう別館」(だったかな)がありますよ、でもなんかちょいと覗いてみる感じじゃないですなあ、うむ?左手の路地の先の方に灯りが見えますよ、どうやらあちらが「まるう商店」のようですね、ドキドキしながら、はい、無事着きましたwink

051

こんな感じ、今の時期はビニールシートなんですね、すでに皆さん盛り上がっています、ちょうど入店しようとしているグループもいらっしゃいます、ではではワタシも入れていただきましょうか?

スイマセン、一人なんですが、
あ?え?予約はされていますか?
いえいえ、一人なんでしてませんが、
スイマセン、今日は予約のみで満員なんです、

あちゃ、そうですかsweat02、まあ忘年会のハイシーズンですからね、、、それに、なにか一人でしっぽり飲む雰囲気でもありませんね、、、なんとか一人でも、、、と粘るのもなんか違う感じです、、、ここはあきらめましょう、ではまた来ますねwink

さて、どうしますか?

もともと「まるう商店」で一杯飲んだ後に「常盤木」へ行く予定でした、このまま「常盤木」へ向かいましょうか、これまた10分くらいで歩けるはずです、

横浜には“市民酒場”もしくは“市民酒蔵”という冠の酒場があります、他では聞いたことがないのでワタシとしては興味津々ですshine

最初に行ったのが東神奈川の「みのかん」です、そしてもう一軒は新子安の「諸星」と2軒行きました、

もう一軒“市民酒場”の冠を持っているのが「常盤木」です、ただここは場所が不便です、「横浜」駅と「桜木町」駅のちょうど中間くらい、地下鉄の駅が近くにありますが、今の場所からだとやはり歩くしかないでしょう、ここは歩きましょうdash

「まるう商店」からさらに10数分ほど、少々迷いながらも無事「常盤木」到着です、では入りましょうかshine、、、と、引き戸になにか紙が貼ってありますね、、、え!?なになに、、、

053

「本日は予約のお客様のみの営業とさせて頂きます。」

わ!!ここもですか!!sweat01、今日は横浜在住全員で飲んでるんですか!?coldsweats01

うむ、残念ですcrying、やはりこの時期は一人での酒場探訪は難しいのかしら、、、

ちょっと弱気になります、寒い中をもう30分以上彷徨ってますので体が冷えています、それに空腹で血糖値が下がり気味sweat02、く~~、今日はツイていません、

気を取り直してとにかく急いで「横浜」駅まで戻ります、もう店は決めました、京急「新子安」駅の「諸星」へ行きましょうdash、さすがに「諸星」なら入れるでしょう、京急「横浜」駅から各駅停車で「新子安」駅を目指します、これがまた結構時間が掛かりましたが無事到着です、

どうです、この外観、イイでしょう新子安の市民酒蔵「諸星」、

056

結局、彷徨い始めてから1時間以上経ってやっと「諸星」に入店できました、ほhappy01

右側がテーブル席、左側には対面式カウンターともいうべき細長いテーブルが伸びています、7分くらいの入りですが空きはあります、いつもの如く指で一人客であることを示します、はいカウンターですね、ヨカッタ、やっと座れます、

御姐さんが飲み物を訊いてくれます、まずは生ビールにしますか、それと「マカロニサラダ」350円也もください、はい、やっとビールにありつけました、ふ~、いやはや今日はいろいろありましたね、一時はどうなるかと、でもまあこれも済んでしまうと楽しいのですwink

058

目の前の壁には短冊メニューが所狭しと並んでいます、魚系は少なく、フライ系は充実、飲み物のバリエーションも豊富で日本酒も揃っています、

061

フライ系から「串カツ」450円也を頼みます、

059

そして、いつもなら日本酒に行くところですが「串カツ」に合わせて焼酎ハイボールか何か飲みたいですね、メニューには「ハイ辛サワー」「ハイ辛ボール」というのが並んでいます、訊いてみたらサワーが焼酎ベース、ボールがウイスキーベースだそうです、では「ハイ辛サワー」370円也にしましょう、

060

下町ハイボールですねheart02、淡い琥珀色が付いています、これで「串カツ」をいただきます、

店は常連さんが多いのでしょが、テーブル席もあるのでグループ客も多いですね、カウンター側では向かい合ったりとなり合ったりしてあれやこれやと話に花が咲いています、お隣は引退されたと思しき先輩お二人、元会社の同僚のようで懐かしいお話をされています、いいですねえ、ワタシもはやく酒場三昧の日を送りたいですわhappy02

さて、もう一品「とんみの」450円也というメニューを頼みましょう、“豚のミノ”ということですよね、それと燗酒にしましょうか、燗におすすめは「森乃菊川」というメニューがあります、それにしますか、と注文すると品切れとのこと、では定番酒で結構なのでぬる燗でお願いします、

「とんみの」は予想外の外観、この下にスライスされたタマネギがたっぷり仕込まれていました、美味しいですねえ、当たりのメニューでしたshine

069

燗酒はコップで来ました、

068

さ、これを飲み干してトイレへ行って帰りましょうか、

と奥のトイレから出てくると目の前に知った顔が、あれ!?あれ!?、、、

なんと本社時代の元同僚です、なにしてるの?ってそれは向こうのセリフでしたhappy02、そうだよね、関西の人間が新子安で飲んでいるとは誰も思わないよね、どうもどうも、一人で飲んでるんですよ、そちらは二人で、それはまた結構ですな、では一緒に飲みますかhappy02

ということでさらにぬる燗を頼んで再度飲み直すことになりました、

はは、こんなところで同僚と出会うとは悪いことはできません、でも楽しかったですよ、最初の2軒に振られて彷徨ったことも忘れてしまいました、

もう一杯づつ飲んで3人でお開きにしました、京浜東北線に乗って品川まで帰りましょう、

長い探訪となりましたがこれにて今日はお仕舞です、新子安の市民酒蔵「諸星」、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

20数年ぶりの仕事同窓会、一人鍋の北浜「よし富」でしゃべりまくり^^)

【2012年12月8日(火)】

大阪 北浜 「よし富」

そろそろと忘年会が増える季節です、今日は一人鍋の北浜「よし富」で宴会です、

北九州から後輩のK氏が来阪とのこと、Facebookのおかげで最近連絡が取れました、久しぶりに飲みましょうとのこと、20数年振りですか、いいですね、では飲みましょうhappy01

ということで、いろいろ考えたのですが、今日は一人鍋の北浜「よし富」で宴会となりました、他に同期のO氏、そしてこれまた最近FBで連絡が取れたAちゃんの4人での宴会ですbeer

会社を出て歩いて北浜「よし富」を目指します、と、途中大阪市役所がえらい人だかりになっています、プロジェクションマッピングとかやってるんですねflair、全然知りませんでした、観たかったけど当然並ばないと観れないので断念、

023

さて、久しぶりの「よし富」、

024

この階段を上がった2階にあります、

025

“ひとり鍋”が売りの店、天然のレトロなB級グルメの店であります、が、なぜか演出でレトロな小物なども置いてあります、こんなの置かなくても充分レトロなんですがhappy02

久しぶりの飲み会、張り切って行ったので一番乗りですcoldsweats01、一人で飲み始めてもイイのですが、ここはさすがに少し待ちましょうか、、、

レトロな店内の雰囲気、やっぱり小物が効いてるのか?無くてもいいか??

027

とK氏が登場、後の二人は少し遅れる様なので先に乾杯いたしましょうか、とりあえずのビールね、K氏とはホントに久しぶりですがあまり変わってないね、でも少し太ったかなwink、ではカンパ~イです、

とりあえずの肴は「キャベツ味噌」、

026_2

これ謳い文句が“病み付きになる味”ということでしたが、たしかに病み付きになるあじでした、後でお替りしていますhappy01

028

「水菜のサラダ」だったかな、

なぜか“チキンラーメン”がかかっています、ここはチキンラーメンを使ったメニューがいくつかありますね、

お酒は焼酎に変えます、

029

と、こんな親切なセットで出てきました、グラスではなく量り売りということです、1合で480円也、この小さな薬缶に焼酎が入っています、お湯割りでお願いしたのでポットにはお湯、これで自分でお湯割りを作るんです、これは良心的なセットですね、結構飲み応えがありました、

おっつけO氏が到着、今日は東京出張で今帰って来たとのこと、お疲れ様です、

そして紅一点のAちゃんも無事到着、北浜ということで南森町経由で来たとのことsweat01、あらら、お疲れ様でした、

やっと全員揃っての乾杯beer、ワイワイと話しますが、、、もう、しゃべりっぱなしの数時間、20数年間の空白などなく久しぶりの楽しい時間が過ぎました、

途中で一人鍋を4つ頼みました、が、おしゃべりに夢中であまりよく憶えていませんcoldsweats01

これは定番「水炊き」、ここでは豚のしゃぶしゃぶ風鍋が「水炊き」です、

034

これはおそらく「豚のはりはり鍋」かな、

035

おそらく「牛もつ鍋」かな?

033

こうなるとまったく分からない! これは???「キムチ鍋」???sweat02

037

あと少し頼みながら焼酎をグビグビッといただき、やっとお勘定です、あ、〆にチキンラーメンを頼んでいますねhappy02、これ、ちゃんとしたメニューです、

046

また、いつか飲むことを約束してお開きにします、一人3000円ちょっと、一人鍋の北浜「よし富」、また来ますねheart04

帰りは御堂筋に出て「淀屋橋」駅から帰りましょうか、

048

と、御堂筋もこんな感じで飾り付けられていましたshine、いよいよクリスマス~年末ですねwink

 

【おまけ】

このところ再開したクッキング、

この日は「ぶり大根」heart02

008

なかなかの出来でしたgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

2012年最後のライブ参戦は新梅田シティ近くの“マンボカフェ”♪、その前に「田中萬酒店」から「いこい」へ行きました。

【2012年12月15日(土)】

大阪 南方 「田中萬酒店」~中津「いこい」

この週は宴会が続き、一度も一人飲みがありませんでしたheart03

そして、今日の夜はバンバンバザール+有山じゅんじのライブ『師匠、お願いですから走ってください!』を聴きに行く予定です、会場は新梅田シティ近くの“マンボカフェ”、この1週間は一人飲みに出ていません、ここはまず早めに飲める店を回ってみましょうwink

たしかここは早めに開いていたはず、地理的にもその後が便利そうです、ということでまず目指したのは南方の「田中萬酒店」です、

阪急「南方」駅が一番近いですが、往きは梅田から地下鉄御堂筋線に乗り「西中島南方」駅で降ります、改札を出るとパラパラと雨が降って来ました、たしかこの前、この辺りに来た時も雨が降り出したよね~、なんて思いながら持参の折り畳み傘をさして歩きます、

大きな通り沿いに2~3分歩くと歩道橋があります、その袂にあるのが「田中萬酒店」です、

雨の夕暮れということで早くもうす暗くなりそうですが看板に灯が入っていません、ありゃ!?休みか??sweat02と一瞬不安になりますが、近づいてみると店内には灯りが点いています、そしてお母さんが一人静かに座っておられます、まだ客は入っていないようです、初めての訪問なので一瞬入店を躊躇します(案外気が弱いのねhappy01)、とはいえ、ここまで来て前を通っただけで帰る訳にも行きません、ではでは入りましょう、

すいませ~ん、もうやってますか?
はい、飲まはるの?
はい、飲みます、
傘と荷物はその辺りに置いといて、
はい、ビールもらえますか、
瓶?缶?

なるほどflair、酒店ですからいろんなビールがある訳です、缶ビールならそこの冷蔵ショーケースから取ればいいそうです、ではそうさせていただきましょう、ショーケースにはいろんな缶が並んでいます、サッポロを選んで飲みます、

005_2

肴は、、、要領が分からないのでとりあえずカウンターの中の鍋が見えたおでんをいただきましょうか、

001

「厚揚げ」と「ちくわ」にしました、

これでちょっと落ち着きます、

店内は雑然とした感じの酒店、貫禄のある看板が飾られています、

007

店内の高いところには液晶TVも掛かっています、なにやら横浜辺りのシェアハウスの紹介番組が流れていました、お母さんと一緒に観ながら、少し話が弾みますlovely、これでだいぶ打ち解けました、

お母さんがそろそろと肴の準備をされます、

皿に盛られた肴をテーブルに並べ始められます、なるほど、時間が早かったのでまだ開店準備が出来ていなかった、という感じでしょう、一番客が来たし、そろそろ常連来客の時間なのでいろんな準備を進められているのですね、

そのうち、店内から男性も出て来られます、こちらも開店準備です、いろいろと会話が飛び交います、どうやら息子さんのような雰囲気ですね、

そして、お客さんも一人入って来られました、

間違いなく常連さんです、お母さんと親しく話されています、競馬の話題がひとしきり、ちょうど常連さんが来られるような時間なのでしょう、いろんな店内の準備がちょうど整っています、カウンターには肴の皿がずらり、、、

006_2

ビールを飲み干してお酒にしましょう、燗酒をください、それと肴の皿をざっと見回して「かぼちゃ」をもらいましょう、

004

燗酒はコップで出てきました、手作り?のかぼちゃが旨い!

これをゆっくり飲んでお勘定にしました、1010円也、1000円でイイよ!とお母さんwink、一見でもまけてもらいました、おおきにです、では1000円で、、、

南方の「田中満酒店」、早めに来たので空いてましたがこれから常連さんで溢れるのでしょう、今度はもう少しゆっくりと飲みたいものです、また来ますねheart04

雨脚は強くなっていますが、ここは予定通り阪急京都線の「南方」駅まで歩きます、ちょうど梅田行き電車が来たので飛び乗ります、

次のお目当ては阪急「中津」駅です、

「中津」駅は「十三」駅と「梅田」駅の間にある駅です、今晩のライブがある“マンボカフェ”は梅田からも歩けますが、阪急「中津」駅からから歩くのも案外近いのです、生憎の雨ですが「中津」駅から歩く予定です、、、でもその前に、、、

009

同じところを走っていますが阪急京都線には「中津」駅がありませんheart03、「十三」駅で並行して走っている阪急「宝塚」線か「神戸」線の各駅停車に乗り換えて行きましょう、

中津駅は小さな駅です、地下改札を出てそのままさらに階段を降りるとちょっとしたガード下の懐かしい空間が拡がります、こんな店もありますが、、、

010_2

階段を降りた右手すぐに大衆酒場「いこい」があります、ライブまでにはまだ少し時間があります、ここでも一杯飲んでいきましょう、

023_2

「いこい」は阪急のガード下一杯に拡がっているようです、京都・宝塚・神戸各線が複線ですから線路6線分ということは結構奥行きがありますね、その奥まった方はテーブル席ですが、一人客は手前のアルミ戸を引くと『おかえり~』という声が掛かります、どうもってな感じでカウンター席に着きます、

013

ここでも燗酒を頼みます、

015_2

アルミのチロリで出てきました、

とりあえずの肴は「湯豆腐」にしました、やはり寒いですからね、

016_2

そして、先程おでんをいただいたので、今度は焼き鳥を頼みましよう、焼鳥、レバ、すなづり、皮の4本、@80かな?

019

ここの焼鳥は炭火やガスではなく鉄板焼きです、珍しい、そしてネタにより味噌が付いてくるのも大阪では珍しいです、

020_3

これだけをさっと飲んで食べてお勘定です、

ライブの時間が近づいてきました、雨脚は強いですがここから“マンボカフェ”まで歩いていきましょう、阪急「中津」駅直下の「いこい」、また来ますねheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

桑名正博のCD購入、そして串カツの「にしき」で一献、千日前の「正宗屋」でも一献。

【2012年12月8日(土)】

大阪 なんば 「にしき」~千日前 「正宗屋」

今日は久しぶりに大阪ミナミへ行きますwink

10月26日に逝去された桑名正博さんのライブCDの発売の日です、Amazonとかでは売っていないので、唯一の販売店、大阪ミナミの「The MELODY」という店に行きます、

なんだか、ほんと久しぶりですね、ミナミ行くの、、、

地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅で降ります、

大丸の地下を横目に地上に出ます、心斎橋筋はえらい人なので、一筋二筋ずれて歩きます、「The MELODY」は二筋目の三休橋筋にあるようです、あまり土地勘のない、というかこの辺りを歩いたのは随分前だし、だいたい夜にしか歩いていませんcoldsweats01、のでなんとなくキョロキョロしながら見逃さないように南下します、

ありました、ここのようですね、

005

“Music Bar”ってありますね、飲めるのかな?lovely

なんて思いながら2階へ階段を上がります、はい、間違いなくここでした、CD買いました、「The MELODY」はCDショップですね、で、お茶も飲めるし夜はやはりBarでもあるようです、

なにでお知りになりましたか?
Facebookで晴子さんが書いておられたので、
あ~、そうですか、なんかここでしか売らないのが晴子さんの狙いだそうですわwink

みたいなお話をマスターとして、CDを無事購入、お店を出ます、

010

さて、せっかくミナミへ来たので、もちろん飲んで帰ることにします、

いろいろと選択肢があるのですが、今日は串カツの「にしき」へ行きましょう、音楽絡みということでなんとなく「にしき」が良いように思います、「にしき」はフォークのミュージシャンの記事や話などにちょこちょこ出てくる“串カツ屋”です、桑名さんが行ったことあるかどうか知りませんが、勝手に一献手向けましょうshine

三休橋筋を南下、道頓堀を渡ります、

いまや一大観光地の道頓堀、カニもいます、

016

龍もいますhappy02

015



法善寺横丁を抜けて、心斎橋筋まで戻ると「にしき」があります、串カツ(とおでんもあります)の店です、久しぶりに串カツが食べたいですね、

020

時間は17時前ですがもう開店していますね、ではでは入りましょう、

1階は逆L字カウンターにテーブル席、先客がすでに3組ほど、ワタシは前も座った入ったところの逆L字底辺付け根辺りに座ります、飲み物は?と訊かれるので生ビール430円也をお願いします、コートを脱ぎながら近くに来られた男性店員に、「それと串カツを5本ください」と、つい、、、頼んでしまいましたsweat01

で、すぐに気付きました、スイマセン、ここは注文、とくに串カツやおでんはメモに書いて注文するんでした、、、あ、はいイイですよ~、と快く注文通していただきました、

021



はい、ビールをグビッと飲んで待つこと数分、“串カツ”5本来ました、

023

串カツというと料理名ジャンルの段階では“串で食べるカツ”料理全体のことをさすのですが、メニューの段階での“串カツ”というと、大阪では大方は“牛肉の串カツ”のことをさします、今日はどうしても“牛肉の串カツ”が食べたかったので集中発注です、(この“串カツ”の使い方でえらい失敗したことありますcoldsweats01)

ここ「にしき」の“串カツ”は“ロース”という表記になっていたような、“牛のロース”の串カツですな、@100円也、

生中を飲み干して日本酒にします、燗酒は菊正宗です、

025

そして、おでんを注文、串カツも追加したいので今度はちゃんとメモに書きましたhappy01

024

まずはおでんが来ます、「厚揚げ」と「ごぼ天」、ほこほこheart02

そして、串カツの追加は「えび」、「うずら」、「ウインナー」、ネタに関わらず@100円也はレベル高いですねgood、美味しいし、写真で見てもちゃんと揚がっているのが分かりますlovely

026



はい、これでお勘定です、1700円也くらい、串カツのレベルやはり高いですね、ミナミの串カツ「にしき」、また来ますねheart04

さて、もう一度法善寺横丁辺りをぶらつきながら次の店を物色しますが新規入店はちょっとしんどいので結局千日前の「正宗屋」に入店、

034

満員です、めちゃ盛り上がっています、

ここはお母さんも店員も迫力あります、店内が熱いですね、ここの雰囲気はイイですね、刺身系もイケるし、汁なし状態で盛り上がったおでん鍋もイイとは思わないけど食べたら美味しいしhappy02

1席だけ空いていたおでん鍋前辺りのカウンターになんとか滑り込みます、ここでも燗酒、そして「刺身盛合せ小」1300円也を頼みます、串カツの後だったので刺身にしました、中トロ、鯛、イカ、ブリ、白身の雲丹和え、へへ、美味しい、

037

燗酒260円也は白鶴でした、

035

ここでどっぷり飲んで酔いたい気分ですがここまでにしておきましょう、千日前の「正宗屋」、この迫力と熱さが好きです、また来ますね、

では、地下鉄「なんば」駅まで歩いて帰りましょう、

048

また、「金龍」が、、、昔ここでハリソン・フォードがラーメン食べてたなあ(CMですがhappy02)、、、

【おまけ】

この日の昼食は「マルちゃん正麺」を作りました、たしかに袋麺の枠を超えていますね、

004_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

やはり今年は「九平次」は品薄のようです、大阪駅前ビルの「山長酒店」で「獺祭」を購入。

【2012年12月7日(金)】

大阪 駅前第2ビルB1F 「山長酒店」

今日は金曜日、普段ならド~ンと繰り出すところですが(なんやそら)、、、

このところ体調不良が続いていますsweat02

風邪かと思っていたのですがどうやら違うようです、耳が炎症を起こしておりそのせいでフラフラしていたのかも、この日は耳鼻咽喉科に診てもらって薬ももらいました、とくにしんどい訳でもないのですが、どうも本調子でもないというなんとも中途半端な状態ですcatface

でも飲んでますcoldsweats01・・・

そろそろ日本酒消費量が増えています、この季節になるとやはり日本酒です、燗酒がイイです、

家の日本酒がなくなったので、いつもいいお酒を置いている大阪駅前第2ビルB1Fの「山長酒店」へ行ってみます、ここの立ち飲みで「九平次」を初めて飲み最近の日本酒の進化に驚きflair、日本酒を飲み始めたきっかけになった店です、

でも、、、例年だともうとっくに並んでいるはずの「九平次」が今年はついにこの時期まで並ばず仕舞いです、今日もひょっとしたら入ってないかと期待しながらの訪問でしたが、、、通路に面した冷蔵ショーケースにはやはり「九平次」は並んでいません、やはりないか、、、「獺祭」が多く並んでいます、少し前から3000円を切る手頃な価格の“純米大吟醸50”が入っているのでこれを買うことにします、

店内に入って「獺祭」を包んでもらいながら訊いてみました、

今年は「九平次」が入らないのですか?
スイマセン、人気だそうで今年は年内は入らないんです、
あ、そう、、、やはりそんなことになっているんですね、
はい、年明けも“件の山田”は入らないんですよ、

とのこと、

“件の山田”は「九平次」の一番安いランクの銘柄(一升瓶で3000円切ります)ですが、ワタシはこれが好きなんです、、、そうか、残念です、石高が少ないし仕方ないですか、なんか変なところが買い占めていなければいいのですが、、、

さて、気を取り直して「獺祭」を持って帰ります、おおきにでした、ついでに立ち飲みの方で一杯飲んで帰りますわ、、、ってsign02

おっと、思わず云ってしまいましたhappy02

「山長酒店」は文字通り“酒店”ですが、お隣というか裏では立ち飲みもやったはります、この日はおとなしく帰って家で飲もうかと思っていたのですが(やはり、飲むんかいなcoldsweats01)、やはりここまで来たら一杯飲んで帰りたいです、で、思わず酒店のお兄さんに宣言して立ち飲みの方へ回ります、

時間は20時30分を回っています、いつも混んでいるのですがさすがに空いてました、

012_2

ではではいただきます、え~っともういきなり日本酒にしましょう、

019

この日は「渡舟」にしたかな、そして定番の「高野豆腐」、

010_3

これでちびっと「渡舟」をいただきます、

もう一品は「イワシの天ぷら」、

018

ワタシはソースでいただきます、醤油派も多いと思います、迷うところですがやはりソースかな、、、シュウマイなんかも迷うところですが、シュウマイは醤油派です、目玉焼きはソースで、、、もういいかhappy01、、、

さてこれでお勘定にします、毎度の「山長酒店」、おおきにです、また来ますねheart04

もちろん家に帰って「獺祭」もいただきましたhappy01

022

初めてですが“ぬる燗”にしてみました、、、これもOKgood

さすがに美味い酒だけあって“ぬる燗”もイケます、結局この一升はこの後すべて“ぬる燗”でいただきました(4日ほどでなくなりました)、

【おまけ】

この日のランチは「王将」の餃子という暴挙!
スイマセン、匂いましたよねcoldsweats02

003_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

仕事終わりでちょいと一杯、浜松町の「一力」の小さいほうの店、てっきりこちらが本店かと思ってました、

【2012年12月5日(水)】

東京 浜松町 「一力」

今日は朝から東京におります、

午後からは浜松町辺りで打合せ、何とか無事打合せは終了、ふ~、ヨカッタヨカッタshine、帰路につき同僚と3人で浜松町駅を目指します、

が、関西への帰りはワタシが新幹線、一人は即飛行機なので羽田へ、もう一人はまだ用事があるようでここでバラバラになります、少し確認の打合せしましょうか、、、カフェや喫茶店でもいいけれども、、、

ここへ行きましょう!

001_2

前から気になっていた焼きとんの「一力」の小さい方の店ですlovely(どうやら「別館」ということのようです)、

半年ほど前から仕事でこの辺りはたまに来るようになったのですが、JR「浜松町」駅南西側には結構古い街並みと飲み屋街が残っています、東海道の名残?下町の名残?近くには大きな寺社仏閣もあるしやはりこの辺りもワタシ好みの飲み屋街でもあるようですwink

何回かこの辺りで飲みましたが、まだ入ってない気になる店が「一力」

031_2

駅近くに大きな店があります、営業していたら煙がモクモク、思わず一杯行きますか!と誘いこまれそうなビジュアルであります、(この写真は6月頃のモノです)

と、もう少し南側に同じロゴの小さな「一力」を見つけましたshine

こういうのは惹かれますね、なんとなくここが元本店で、商売繁盛、どんどん出世、で先程の店構えの大きな店を新しく出しました!!みたいなお話のような気がしました、ここが発祥の地なんだね、と勝手に決めつけていますwink

いずれにせよ、どちらの「一力」にも入ったことはありません、ちょうどイイ機会です、もう開店しています、ワタシも後は新幹線に乗るだけですからちょいと一杯飲んでいきましょう、

ということで、無理やり?3人で入店ですhappy02

実はこの頃は体調を崩しておりあまり飲んではいけないのですが、まあいいや(これで完治が長引きますsweat01)、

はい、一番客ですね、一番奥のテーブルに着きます、表から見た感じよりは広い店内です、テーブル席が5つか6つあったかな?え~っと、とりあえずビールを1本、はい、お疲れ様でした、

004_2

お通しが出てきましたので、これで飲みますか?、

003_2

でも、せっかくですから焼き物も少し頼みましょう、「カシラ」「ハツ」「タン」「こぶくろ」辺りをね、皆食べる?じゃあ3本づつね、

「タン」?、

009_2

「ハツ」、

010_2

「カシラ」?、

007

「こぶくろ」、

011_2

すべて塩焼きで頼んだのですが、味噌が薬味で付いてくるカタチです、古いスタイル?という事でもないでしょうが、なにか焼き鳥の原型のような気がして、このスタイルは好きですlovely

ビールは一口で、ワタシは燗酒を頼みます、耳が軽い炎症を起こしており“耳キーン”なので温めた方がいいかと思って(飲まないこと!!coldsweats02)、

そろそろとお客さんが入って来られます、とっぷりと日も暮れましたね、はい、これでひとしきり仕事の確認を済ませてお勘定です、ご馳走様でした、

店の表に出るとお父さんが表の焼き台(持ち帰り用?)の準備中です、ちょっと訊いてみました、

『もう一つ「一力」がありますが、ここが本店ですか?』
『いいや、本店はあっち、ここは出来てから何年になるかな?』

と意外な返答、

あら、こちらが本店で、出世した大きな店が出来たかと勝手に思い込んでいたのですが、こちらが新店(別館)ですか、あは、こりゃまた失礼いたしましたsweat01、思い込みで勝手にいろんなことを想像していましたcoldsweats01、、、反省sweat02

では、次の機会に本店へ行ってみますか、浜松町の「一力」、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

美章園探訪の後は、南田辺の「スタンドアサヒ」~阿倍野「ニャムニャム食堂」と転戦です。

【2012年12月1日(土)】

大阪 南田辺 「スタンドアサヒ」~阿倍野「ニャムニャム食堂」

さて、美章園を探訪した後です、

美章園で見つけた「串もつ もんぱ」に入るかどうか迷ったのですが、この日はどうも体が弱っていますsweat02、迷いに迷って、なにか体に優しいものを食して燗酒を飲みたい、という体の欲求に従うことにします(飲まないほうがイイと思うんだけどhappy02)、

012

JR阪和線で「美章園」駅から一駅の「南田辺」駅でおります、寒い、「美章園」駅で電車を待っている間も震えておりましたbearing、一刻も早く暖かい店に入りたいです、

お目当ては駅前の「スタンドアサヒ」、

何回か訪問している名店です、煮炊きモノが売りという正統派、料理が美味しい酒場であります、どうも体が本調子ではないのでここの「炊き合わせ」で燗酒をいただきたい、というイメージが強くなってきたので、美章園での一杯は先送りしました、正解だったような気がしますshine

013

「スタンドアサヒ」は駅から徒歩1分、駅前は高架化工事の時に再開発されたようです、前よりは少し駅前らしくなっていましたが、それでもまだまだフェンスに囲まれた空き地がたくさん残っています、

「スタンドアサヒ」はその空き地を囲うフェンスの際にあります、危なかったですね、もう少しで移転しなきゃいけなかったcoldsweats02、かもです、

もう躊躇なく「スタンドアサヒ」の引き戸を引きます、

鮮やかな朱色のカウンターが目に飛び込んで来ますが、、、あら、満員ですねheart03、でも今日は引き下がりません、待ちます、という強い意志を持って忙しく動き回っている御姉さんにいつも通り指で一人客であることを伝えますhappy01

お一人?、店内を見回すお姉さん、待ちます、と覚悟を決めているので不安はないです、

と、、、とりあえずここに座ってください、とカウンターの一番端、少しだけある90°曲がったスペースに座るように指示がありました、、、

016

やったねhappy01、確かに椅子も一つあります、ここのカウンターはたしか一文字、ある意味“狭いお誕生席”みたいな状態ではありますが、即入店はありがたいです、また寒い中、外で待つのは正直辛かったですからね、

後で分かったのですが、この日は近くの長居スタジアムでサッカー“セレッソ大阪”の試合があったようで、そのお客さんがたくさん流れて来られていました、それで混んでいたんだね、

セレッソはJ2への降格の可能性もあったようですがどうやらこの日の試合で無事残留を決めたようです、

さて、とりあえずお姉さんの厚意で座れました、とりあえずのビールをお願いします、小瓶はないとのことで生ビール小にします、それと「小鉢」も、はい、小鉢~!、と注文が通ります、

関西では煮物のことを“炊いたん”などと表現します、“芋の炊いたん”とか“筍の炊いたん”とかと云う具合です、で、ここ「スタンドアサヒ」の看板料理はこの“炊いたん”です、鯛の子、とこぶし、貝柱などなどの“炊いたん”メニューが並んでいますが、「小鉢」と注文するとこの“炊いたん”の盛り合わせが出てきます、これが分かるまでに2度ほど訪問しなければなりませんでした、

はい、「小鉢(炊き合わせ)」です、

015

この日は、鯛の子、とこぶし、貝柱、椎茸、南瓜、インゲンなど、これは体に優しいです、狙い通りですねgood

早々に燗酒をお願いします、白鶴です、

017

店内はカウンター席が10席ちょっとかな、テーブル席は2人~ボックス席までいろんなサイズで6つほどが狭い店内にぎっしりと詰まっています、複数だと予約で来る人が多いですね、人気店なので満員で入れないことも多いと思います、

025

前述のようにこの日はセレッソの試合があったのでとくに混んでいるようです、予約の時間前に来店されたお客さんはお待ち、先のお客さんも早々に切り上げて入れ替え、と店は相当に忙しく、お姉さんのきびきびした指示に店内に緊張が走りますcoldsweats01

でもまあ、そんなに心配することもなくゆっくりと飲み進めて大丈夫ですwink

お隣の客さんがお勘定されたので、ワタシはカウンターのライン端に移動の指示、晴れて正面を向いて飲むことになりましたhappy01

二品目は「あさりの酒蒸し」350円也、

020

ワタシにしては珍しいチョイス、温かい汁モノが欲しかったんですね、

メニューは煮炊きモノ中心、刺身系もありますが少なめ、おでん、揚げ物もありますね、いつもカニがカウンターに並んでいるイメージがありますhappy02

燗酒もお替りします、そして「おでん」も下さい、好物の「厚揚げ」と、そして「ちくわ」にします、

023

さて、これで体も暖まりました、お客さんは入れ代わり立ち代わり来られます、常に満席状態、敗退のお客さん、お待ちのお客さんもおられます、この辺でお勘定にしましょう、

2100円也、「南田辺」駅前の「スタンドアサヒ」、「炊き合わせ」が美味しいです、また来ますねheart04

この後は地下鉄谷町線「田辺」駅まで歩いて一駅移動、

031

「阿倍野」駅近くのタイ料理「ニャムニャム食堂」へ、

042

タイのビールとお任せの汁蕎麦をいただきました、

033

レバーのソーセージとか骨付きばら肉が入っていました、、名前は・・・忘れましたcoldsweats01

039

はい、ではこれで帰りましょう、

美章園から始まった今日の探訪は長かったですね、お疲れ様でした、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

なんと、この記事では入店なし!!大阪美章園を探訪しています、が・・・

【2012年12月1日(土)】

大阪 美章園辺りを探訪

さて、風邪もほぼ治ったので久しぶりに土曜日飲みに出かけましょうdash、、、
(という感じだったのですが、実は別の症状を発症していましたsweat01、でも飲みに行ってますcoldsweats01)

NHK関西のノーカル番組だったかなあ?美章園をぶらり探訪みたいな番組を偶然観ました、

前から気になっていた“美章園”、って何にも知らないのですが、この地名は気になりますよね、なかなか良い名前だと思いますheart02、東京で言えば「堀切菖蒲園」みたいな(ちょっと違うかhappy01)、、、TVの中で取材はされていないのですが『串もつ』というテント看板の店がちらっと映るのを見逃しませんでした、どんな店か分かりませんがとにかく行ってみましょうgood

「美章園」駅は大阪天王寺から阪和線で一駅目、

実はなかなかディープな感じのする場所です、いったいどんなところなのか?前述の番組ではJR高架下を歩いていましたので、とりあえず駅周辺を歩けばいいのではないでしょうか?時間は18時前?もうすでにとっぷりと日は暮れています、暗いです(当たり前)、寒いです(これはそうsweat02)、風邪はほぼ治ったとはいえまだどうも本調子ではありません、温かくして歩きましょう、

「美章園駅」、

001

駅前は案外あっさりしていますが高架沿いには飲み屋街が拡がってそうです、

まずは道路を渡って南の方の高架沿いを見回しますが、、、

002

先は暗いです、あれ?こちらではないのかな??

と、一旦戻って駅舎の裏の方を回ってみると、こちらの方がなにやら匂いますね、高架沿いの道にはいろんなお店があります、まずはこちら側(北側)を進んでみましょう、

004

飲み屋が何店か並んでいます、目当ての『串もつ』のテント看板は見当たりませんが、100mくらい進むと立ち飲みを発見!flair

006

「山長酒店」、

おお、あの大阪駅前ビルの立ち飲み名店「山長酒店」と同名ですhappy02

たしか住之江区の北加賀屋には所縁の「山長酒店」があります、ここもなにか関係があるのでしょうか?ちょいと外から覗くと小さなスペースの立ち飲み、何人かが飲んでおられます、どうしようかと一瞬迷いますがここは探訪を続けます、

結局この辺りで店は途切れます、

うむ、違ったか、と高架を潜って反対側に回りますがこちら側はほとんど店はありません、真っ暗、仕方なくそのまま駅の方まで戻ります、

で最初に行きかけた南側へ向かいます、

まずは寂しいほうの西側を歩きます、何店かありますがやはりあのテント看板はありません、だんだん体が冷えてきました、やはり店が途切れかけた辺りで高架を潜り今度は南東側へ出ます、で少し戻るとありました!『串もつ』のテント看板flair、ずいぶん遠回りしました、最初に来かけた方へ歩けばすぐに見つかっていたのです、

011

お店の名前は「串もつ もんぱ」というようです、

ふ~ん、イメージとはちょっと違い中の様子が見えません、どうしようかなあ、この頃にはちょっと体調も自信がなくなっていますheart03、元気な時はどんな店でもそれなりに対応しますが今日はちょっときついかも、、、できれば知っている店で安心して飲みたいという弱気も顔を出しますsweat02

迷いながら前を取り過ぎると、反対の角にこれまた角打ちらしき店を発見flair、「井上酒店」、

008

ここも渋いですね、イイですねhappy01

と、駅の方へズルズルと後退、この辺りにも「井菊」、

009

「だんだん」(島根出身?)と、それなりの雰囲気の店が続きます、

どうしようか、、、

また「串もつ もんぱ」の前まで戻ります、迷いに迷います、でも、ちょっとしんどいし、体は冷えてきました、あの店が浮かびます、ここから一駅「南田辺」駅前に「スタンドアサヒ」があります、そこで「炊き合わせ」で熱燗をキュッとやりたいという妄想がむくむくと湧いていました、

断念!!crying

今日は新規開発はあきらめます、でも「串もつ もんぱ」には絶対にもう一度来ることを誓います!!、スイマセン(謝らんでもエエhappy01)、

ということで、せっかく来た美章園でしたが、なんと入店なし!!初の飲まない探訪記となりました、あちゃsweat01

この後は予定通り「南田辺」駅前の「スタンドアサヒ」へ入店いたしますがその記事は明日アップでございます、明日もよろしくご愛読ください、

【追記】

この後、耳に圧を感じる症状がきつくなりました、風邪かと思っていたのですが週明けの月曜日に病院で診察、どうやら耳の中が炎症を起こしており軽い“中耳炎”のような状況だという事、抗生物質で1週間で治ったのですが、その後、12月末にまた同様の症状を発症、とついに年を越してグズグズとした状態を引きずってしまいました、

酒飲みにとっては体が資本、健康第一ですね、(意味不明sweat02)・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

天王寺探訪、「花野酒店」の後は「森田屋」、魚系が美味しいです、、、そして「都スタンド」へ^^)

【2012年11月30日(金)】

大阪 天王寺 「森田屋」~「都スタンド」

さて、天王寺探訪、「花野酒店」の続きです、

「花野酒店」をビール1本で済ませて、次は大通り沿いの商店街に戻って「森田屋」へ入りましょう、

先日、この前を通って発見した外観は新しい店です、

020

この辺りはあまり来ないので昔からあった店かな?なんて思っていたのです、こういう新しい店は外観だけが酒場ぽくって、中身は冷凍食品三昧だったりするチェーン店だったりするのでちょっと躊躇する場合が多いのですが、ここはなんか良さそうだったので入ってみることにしました、

この記事を書く時に調べてみると、、、なんと萩ノ茶屋の「酒のもりた」の新しく出来た支店のようですflair

へ~、「酒のもりた」は一度訪問しています、ディープな萩ノ茶屋の飲み屋街を行ったり来たりして、結局「酒のもりた」に飛び込みましたね、イイ感じのお店でした、たしか酒の朝割引happy01がある店、さすが萩ノ茶屋と唸ったものです、、、これは期待できますねshine

この時はそんなことも知らずにすっと入店、

が、混んでいますね、一人客であることを示します、カウンターの中のお兄さんが店内を見回すと、、、ちょうど、目の前のお客さんがお勘定をしておられます、ヨカッタ、なんとかは入れそうです、(この後はしばらく満員でお待ちになりました)

無事お勘定のお客さんの後のカウンターに着きます、店内に活気がありますねgood、カウンターの中のお兄さんもイイ笑顔です、

さて、ここはまず燗酒でいきましょう、

メニューには地酒も並んでいますがここはまず定番酒の燗酒370円也でいきましょう、ぬる燗できます?じゃあ、それで、、、

そして、「ポテサラ」200円也を注文、メニューを見ながら中トロも食べたくなり「中トロすき身」350円也も即追加注文、

と、ほぼ同時に全部来ました、



026_4

お酒は大関ですね、

早いですね、イイですね、まず注文が早いというのは“エエ店”の可能性をぐっと高めてくれますshine、活気もあるし、カウンターの中のお兄さんは人も良さそうです、グッとリラックスして飲めそうな店です、

もちろん「中トロすき身」もめちゃイイところでした、

024

「ポテサラ」もOK!

025_3

店内は20人くらいは座れるL字カウンター、奥にはテーブル席もありました(トイレへ行くときに確認)、どうやら2階3階もあるようです、かなりの大箱ですね、これで満員になっているのだからすでに相当な人気があるのでしょうか?

028_2

店の冠に“旬菜と海鮮”と謳っていますが、看板に偽りなく「中トロすき身」は美味しかったですheart02、 

早々にぬる燗を早々にお替りします、

と、小さな子供を連れたスペイン人の3人連れ家族が入店、なんでスペイン人ってわかるかって?店のお兄さんがどこから来たの?なんて聞いてましたからhappy01

ちょっと気になるので注目、ビールに中トロ、そしておでんにライスも注文したはりました、ライスはサラダ感覚なんでしょうかね?

そういうと日本人は飲みとなるとあまり野菜のことは意識しませんが、向こうの方はやはり野菜が欲しいのでしょうか?それとも米が美味しいのかな?たしかスペインでは結構米を食しますからね、

「中トロすき身」が美味しかったので、もう一品刺身をいってみましょう、「白ばい貝刺身」400円也、

033

ほい、これもイイですね、間違いなく魚系がイイ感じですね、

さて、これでお勘定にします、1610円也、飛び込みですがこれはアタリのお店でしたね、再訪確実な感じです、天王寺谷町筋沿いの「森田屋」、また来ますねheart04

さて、天王寺の交差点へ戻ります、横断歩道を渡ってちょいと寺田町方面へ歩くと、ここにも気になる店があります、

「都スタンド」、

048

ここも先日、チェックしておきました、このネーミングとこの末枯れた外観、一度は入ってみないといけないでしょうhappy01

で、すっと入店します、

予想外に奥に広い店内、コの字カウンターは25席くらいはありそうです、ちゃんと椅子も並んでいますhappy01、反対側にも出入り口があるようですね、

カウンターの中にはお母さんとお兄さん、先客は一人とちょっとひっそりとしています、いきなりの初見の一人客、ちょとビビりましたが、お母さんは自然な感じで「何にします?」と応じていただきます、駅に近い場所柄か初見のお客さんも多いのかな、

え~っと、とりあえずぬる燗をお願いいたします、

050

こちらは白鶴ですね、

店内は年季が入っています、ビニールシートの丸椅子、背中に当てがあるタイプですが、すべてのイスの背にガムテープで補修がhappy02、、、

055

まあね、そこがひび割れたりするんですよね、きっとね、うんうん分かる、みんなね、

メニューはいろいろとあるのですが、ここはおでんにしましょか、え~っと「厚揚げ」と「牛すじ」ください、

056

「厚揚げ」は珍しい四角いカタチ、

どこかで飲んで来た感じのお二人が入店、さらにワタシ同様初見の感じの一人客も入店、すこし店が暖まります、

二人客とお母さんの会話から判明、料理をされているお兄さんは息子さんのようです、ずいぶん昔からここでやっておられるようですな、

おでんは「じゃがいも」を追加、

060

さてこれでお勘定にしましょう、770円也、ネーミングと外観が渋すぎる「都スタンド」、ちょっとイメージは違いましたがOKです、この駅前でよくぞ頑張ってくれていますgood、天王子でちょっと一杯という時にまた来ますねheart04

後で調べると「都スタンド」にはこんな話題もありましたhappy01、ほう、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

久しぶりに大阪天王寺界隈を探訪、まずは角打ちの「花野酒店」です♪

【2012年11月30日(金)】

大阪 天王寺 「花野酒店」

さて今日は久しぶりに天王寺を攻めてみましょうdash

なにやら再開発がどんどん進む大阪の南のターミナル“阿倍野地区”、

もう1年以上前になるのか?“あべのキューズタウン”ができて、あの「明治屋」も移転再開店、イイ感じで前店舗を移築したとはいえせっかくの老舗も新装になってしまいました、

と、今度は日本最高の高さを誇る“あべのハルカス”がその外観を表しました、

010_2

下まで行ってみたけど見上げられないのでhappy02、少し離れて写真を撮りました、

高い!、、というか、、、でかいcoldsweats01、、、

これでまた路地裏がいくつもなくなったのか、、、と思いきや、阿倍野の路地裏はまた少し残っています、路地裏は健在です、

さて、再開発が進む阿倍野からJRの線路を隔てた北側の天王寺、

こちら側はそんなに大きな再開発は進んでいません、地区の中には『阿倍野に後れを取っている!!』というような声もあるのかもしれませんが、もうこの時代、再開発が発展のきっかけになるのかどうかも怪しいものです、30年くらいすれば時代遅れのビルとビルの中の飲み屋街商店街が残るだけかも、、、まあゆっくりやってけばいいんじゃないですか、

とはいえ天王寺界隈も少しづつ変って行きます、久しぶりに探訪してみましょう、

JR天王寺駅から北側へ道路ひとつ渡ります、アーケードのある商店街をほんの少しあるいて右手の路地を入ると昭和なアーケード付き路地裏の街並みが残っていますshine

013_2

立ち飲みの「種よし」もここにありますね、

014_2

この路地裏には駄菓子屋のネタになる“あてもん”(駄菓子屋のくじ付お菓子)を売っている店が複数あります、

019_3

小売りもしていますが問屋さんのようでもあります、この辺りは昔は駄菓子屋の問屋街だったのでしょうか?なんとなくそんな感じがします、

飲み屋も何軒か気になる店があります、

045

ちょっと外れには焼き鳥チェーン店の「秋吉」もありましたねshine、好きなチェーン店であります、この辺りで飲まなきゃいけない時は使えますね、

さて、この辺りで飲んでもイイのですが、今日はもう少し北側を探訪します、

大通り沿いのアーケードがある商店街を北へ歩きます、しばらくすると「百萬石」という寿司屋というか食堂らしき店がありました、

040

うむ、イイ感じです、入ってみたい衝動に駆られますがここで食べてしまうともう後がありません、ここはスルーします、

もう少し行くと「森田屋」がありました、

019_4

外観は新しいですね、前からある店が新装したのか?新店なのか?ちょいと調べてみると、なんと萩ノ茶屋の「酒の森田」の支店という説がありましたflair、なるほど!!こりゃ期待できますね、

でもここはスルーします、後で来ますからね、大丈夫ですよhappy02

本日の天王寺探訪1軒目はここに決めていました、

先日、所用で通りかかった時、

028

この路地の奥の方に小さな「酒」の看板が見えました、

自販機もあるし酒屋ですね、ひょっとして角打ちもやってないかと路地の中に入ってみたら、、、角打ちやってましたflair、我ながらエエ勘してますわhappy01

026_3

ということで、今日はまずここから行ってみます、

大通りから路地を20~30mくらい入ります「花野酒店」、

015_2

典型的な“角打ち”です、そろそろ寒くなってきたこの頃、躊躇することなくガラス戸を引いて温かい店内に入ります、

古色溢れる酒屋の店内、

013_3

6畳位の飲みスペース、短いカウンターの中にはお母さんとお父さん、いらっしゃい!と声を掛けていただきます、カウンターには常連さんが4人ほどいらっしゃいます、壁際に立ち飲みテーブルが2つあるのでワタシは奥の方のテーブルに取り付きましょう、

初めてなので要領は皆目分かりませんね、

1軒目ですのでここはビールにしましょうか、中瓶があるそうなので(酒屋だからあるかhappy01)中瓶320円也、アサヒが出てきました、銘柄を指定することも出来そうですが、初見ですので遠慮、

010_3

「大阪府小売酒販組合連合会」のコップ、久しぶりに見ました、

肴は角打ちの定番のみ、

おでんや煮込みなどの料理はないようです、乾きモノに缶詰、ちくわやチーズのような袋モノということになります、カウンターの上に並んでいた袋モノを物色して「するめ」120円也を選びます、

ワタシ以外は皆さん常連さんですね、

007

二人連れが1組にあとは一人客、さらに何人か入って来られましたが皆さん顔見知り、ご近所さんのようですね、オッと、近所の会社帰りと思われるお二人も来られました、お一人は女性、手慣れた感じでワインを飲んでおられたかな?

ちょうど国会の解散が決まった後だったので、カウンターでは政局についての真剣かつ深淵な論議がなされていましたhappy02、「“太陽の党”と一緒になった“維新の会”は信用できん!!」なんてね、常に民の声は正しいですなあhappy01

ほんとは日本酒を燗でいただきたいところですが、今日は梯子の予定ですのでビールのみでお勘定にします、440円也、

偶然見つけた天王寺の角打ち「花野酒店」、イイ感じでした、またなんかの機会に近くに来たら燗酒でもいただきましょう、また来ますねheart04

では、次は先程の「森田屋」に向かいますdash

【おまけ】

この日のランチは気に入っている北新地のカジュアルな中華料理屋「明翔(ASUKA)」で、野菜たっぷりが嬉しいランチです、

110303

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

寒い夜です、中崎町「セルクル」での“1日だけの立ち飲みバル”の前に、「大黒」堂山店で旨い魚を食します。

【2012年11月27日(火)】

大阪 堂山「大黒」~中崎町「セルクル」

今日は中崎町の「セルクル」でNさんが『1日だけの立ち飲みバル』開催ですhappy01

「セルクル」では2回目の開催ですね、

前回は19時頃に行ったところ満員で注文もままならず、、、で、今回はちょいと一杯ひっかけて、時間をずらせてから行くことにしました、

「セルクル」は中崎町の交叉点から少し入ったところ、最近ぐんぐんと人気鰻登りの店ですね、休日の火曜日の立ち呑みバルはお店を借りての開催なので通常営業とはまた別なんですが、、、

その「セルクル」へ行く前に飲むならやはりこの辺りでしょう、と、堂山の交差点をちょいと入ったJR環状線のガード下の「大黒」を覗いてみることにしました、

この「大黒」、チェーン店ですが人気店ですね、

022

西九条、福島、京橋、寺田町にもあります、どこも魚系の料理が美味しいです、ここ堂山(住所表記は中崎西)の「大黒」もいつも結構混んでいます、空いてるかな?と暖簾をくぐります、

1階は小さな小上がりのようなスペースもありますが基本はカウンター席、10数席でしょうか、

店内に入ってカウンターの状況を確認しながら一人客であることをフロアのお兄さんに示します、あ~~って感じでお兄さんもカウンター席を見回しますが、、、生憎の満席ですheart03、そうですか、、、でも、お兄さん、がんばってくれました、まずは2階でお願いします、空いたら下をご案内しますから、とのこと、おおきにですwink、では初めての2階に上がらせていただきましょう、

意外にも2階は板の間の座敷席でした、

010

低いテーブルが5つか6つほど、すでに2組が飲んでおられますが全体にはゆったりと空いています、ワタシは一人なので落ち着きませんが壁を背に席に着きます、2階は御姐さんが一人で仕切っていました、が、なにやらお忙しそうですcoldsweats01、いつもは2階の担当ではないのでしょうか?なにやら愚痴りながらひとりで右往左往しておられます、

まず瓶ビールにします、大瓶という事でしたが、隣の席のテーブル上に中瓶があったので中瓶にしてもらいます、中瓶は下から持ってくるのでちょっと待ってね、、、とまた忙しくしてしまったようですhappy02

4人客も2階へ入店、御姐さん、ますます忙しくなりました、

料理はまず「天然はまちの刺身」450円也にします、しかしこの調子やと2階は大変やなあ、と、少し飲んで待っていると下のカウンターが空いたようです、ラッキーです、1階のカウンターに案内されました、ほshine、ではでは移動いたしますね、

カウンターに着いて少しゆったりした気分になります、「はまち」も来ました、

012

うん、良い「はまち」です、満足heart02

もう一品は「きすの天ぷら」400円也にします、丁寧な揚げ方、これで400円也は値打ちです、やはり「大黒」は値打ちがあります、

014

酒に変えましょうか、

ここは日本酒も揃ってます、ワタシの好みの銘柄も揃っているのですが、今日は冷え込んでいます、ぬる燗にしたいですね、地酒をぬる燗にする手もありますが、ここは定番酒をぬる燗にしてもらおうと思ったのですが、燗は機械で付けているとのことでぬる燗はちょっと、、、できない、、、はい、イイですよ、では燗酒をお願いします、

定番酒は白鶴でした、燗酒が恋しい季節になりましたねwink

次は煮物にしましょうか、

「がしらの煮付け」はありますか?はい、ありますよ、ちょっと時間いただきますが、はいイイですよ、ということで燗酒をお替りして待つことにします、

019_2

「がしらの煮付け」580円也、

これまた値打ちです、注文してからに煮付けてもらいました、旨い、こういう料理をしっかり出してくれる店は嬉しいですよねlovely、それに安いし、

これでお勘定にします、2610円也、

しっかりした料理3品とビールに酒2本、安いです、人気の理由もよく分かります、魚系料理の安定感は抜群です、「大黒」堂山店、また来ますねheart04

さて、では中崎町の「セルクル」へ向かいます、ガード沿いを歩きますが寒いです、ひゅ~snow、ホントに今日は寒いです、自然と足早になります、

「セルクル」は目論見通り空いていました、

026_2

といってもまだまだ先客はたくさん、でも壁際に小さなテーブルが空いています、そこにとりついてビールをお願いします、

023_2

新潟の地ビールで“エスプレッソ”とのこと、黒ビールみたいな感じ、2軒目でゆっくり飲むにはちょうどよかったです、

料理も適当に1品、

029

以前、東北支援の寄合に呼んでいただいたカメラマンのOさんとも会えましたshine、いろいろと話をして即FBで友達にhappy01

飲み過ぎないように1杯で帰りましょう、もう時間も遅いしね、

地下鉄谷町線「中崎町」から一駅乗ってもイイのですが、酔い醒ましにまた歩いて梅田まで戻りましょう、寒いけど、、、

あ~、やっぱり寒いわ!!sweat01、く~~、足早に帰ります、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

この日はKBS京都RADIOに出演♪、その後はぶらり京都、、、丸太町「花もも」から寺町「更級」と蕎麦屋の梯子です。

【2012年11月25日(日)】

京都 丸太町「花もも」~寺町「更科」

今日は日曜日ですが朝からKBS京都放送のラジオスタジオへ行ってきましたshine

午前中の番組で我がFitbandが生出演ですhappy01、、

『日曜ワイド われら夢の途中』という番組、その中のコーナー『夢のポケット・スペシャル』で出演です、“スペシャル”です、凄いですね~~、

出演は朝9時頃から10時頃、生放送に生出演、生演奏に生歌唱です、それも飲まずにですsweat01happy02、緊張する場面ではありましたがなんとか無事演奏も歌唱も出来ました、手慣れた曲をやって正解でしたね、

で、放送終了後、メンバーでお茶を飲んで解散、

時間は11時頃、場所は京都御所の横、烏丸通上長者町通辺り、午後は実家に寄らなきゃいけないのですがまだ時間があります、ギターを担ぎながらですがちょいと京都ぶらり探訪してみましょう、

烏丸通を南下、途中で京都御所に入ります、

この日は晴天、気持ちイイです、御所内の木々も綺麗に色付いていました、

006



御所内を斜めに横切って丸太町通の家庭裁判所辺りに出ます、

008

宮内庁の看板は「京都御苑」となっていますね、たしかに東京の人なんかもこの呼び方をする人が多いのですが、、、地元では単に「御所」と呼んでいます(と思う)、「京都御苑」というのはどうも馴染みません、

丸太町通り南側の一帯は洒落た店が増えていました、

町家を改装したお店が多いですね、元々骨董や着物関係が多い界隈でありますが洒落たビストロなんかも出来ていました、こういう形で古い街並みが活性化して行けばイイですねgood

011

と、蕎麦屋がありました、手打ちそば「花もも」、

017

以前、同級生のカーちゃんがめちゃ美味しい!!と推薦していた店です、まだ入ったことがありません、時間は11時15分くらい、もう営業していますね、ちょうどいい機会ですので入ってみましょうshine

2階席もあるようですが、1階は8~10人くらい座れそうな大きなテーブルが一つです、先客が1組4名様、ワタシもギターを何とかテーブルの横に置いて席に着きます、

とりあえず「ざるそば」ですよね、太目に切った“田舎そば”(だったかな?)もありましたが、まずは普通の「ざるそば」ですよね、 

そして、ビールも頼みましたcoldsweats01、“一番搾り”の中瓶、

013

はい、昼のビールは美味しいです、無条件幸福shine

そして蕎麦はこんなん、

015

好きなタイプ(更科系?)の王道ツルツルシコシコの蕎麦です(って、蕎麦は詳しくありません、ご容赦をsweat01)、繊細、量もちょうどイイくらいあります、貧乏性なので、美味しくても極端に量の少ない店は御免こうむりたいのです(これは自信ありcoldsweats01)、

はい、ご馳走様でした、京都丸太町の蕎麦屋「花もも」、間違いなく美味しい店でしょう、また来ますねheart04

では、腹ごしらえも出来たのでもう少し歩きましょう、

寺町通まで出て南下します、この辺りは京都の骨董屋街です、他にもお茶やらなにやらいろんな店が並んでいます、

と、また蕎麦屋があります、ここも前から気になっていました、

019

寺町二条上ルの「更科」、

創業明治45年ということですから、そろそろ1世紀に届こうかというお店ですね、先程「ざるそば」を食べましたがもう一杯くらい何とかなるでしょう、入りましょうdash

026

蕎麦屋定番のテーブルと椅子の店内、割と広い店内です、

え~っと、何にしましょうか、「ざる」でもイイんだけどせっかくですから違うメニューにしましょう、メニューをじっくり検討、「あなごそば」990円也にします、これは珍しいメニューですね、

京都名物の蕎麦となると「にしんそば」があります、

海から遠かった京の都での海の食材は日持ちのするものに限られます、なので加工した“鯖”や“鰊”ということになるのです、川モノの“鰻”もあります、生命力の強い“鱧”は大阪から運んできても活きが良かったので“おとし”でも食せたということです、

では“穴子”はどうなんだろう?もちろん食べますが昔から食べていたのかどうか??よく分かりません、

出てきたのはこんな感じ、

023

穴子は“蒸し穴”を軽く炙った感じ、柔らかくて美味しいですshine

蕎麦自体は普通、というかさっきの「花もも」に比べると少しべっちゃした感じの素朴な蕎麦、というところでしょうか、

もちろん、というか、、、お酒も頼みましたcoldsweats01

021

正一合かな、飲み応えありました、650円也、これをちびっとやりながら、蕎麦もいただきました、

ふ~、お腹一杯です、ご馳走様でした、寺町二条上ルの「更科」、また来ますねheart04

さて、お腹一杯ですので腹ごなしに京阪三条まで歩いて帰りましょう、結構歩いたことになりますね、

途中、寺町二条の角にあった「石田ミシン店」、

027

いまどき“ミシン専門店”です、新品もありますが、中古品も堂々の販売、さらに出張修理など“ミシン”に対する愛情がムンムンした店でしたhappy01

素晴らしいですが、これで商売になるのか?と心配になるほどの頑固一徹一点集中店舗でした、

【おまけ】

前日は実家に泊まりました、母親と二人で食事、

001


今の京都は刺身もありますhappy02

そして一献、

004


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

大阪西九条の“トンネル横丁”、まだ入ったことのない「三平」へ行ってみました。

【2012年11月22日(金)】

大阪 西九条 「三平」

先週から風邪気味でしたがもうだいたい治ったみたいなので飲みに行きま~すcoldsweats01、(実は風邪ではなかったのですが・・・sweat02)

この前、「白雪温酒場」で飲んだ後に西九条辺りを探訪してみたのですが、トンネル横丁(別名:「19番飲食街」?)の店がまた一軒閉店していましたheart03

残念ですなあ、、、で、昔からあると思われる間口が広い居酒屋「三平」へ行ってみることにしました、いきなりここも閉店なんてことはないでしょうが、なにやら気になります、早々に訪問しておきましょう、

JR大阪環状線「西九条」駅を降ります、ガード沿いに道路を渡るとすぐに“トンネル横丁”があります、

ちょうど大阪環状線のガード幅分だけの小路です、看板を見ると両側に3店舗づつ計6店舗の横丁ですね、道路側の店も含めて“19番飲食街”というようですね、

022_3

今日は「三平」に決め打ちですが、この前閉店空家になっていた隣の店が新装開店していました、立ち呑「高越」shine、おう、よかった、あまり空き家があると横丁に元気がなくなりますからねwink

さて、「三平」に入りましょう、

015

間口が広い店です、引き戸が8枚くらいあるのではないかな、

新装開店の店に近い方の端の引き戸を引きます、奥行はあまりないです、目の前は逆L字カウンター、引き戸と席に隙間なしhappy01、逆L字底辺は奥に向かって3席ほどあります、店の反対側にはテーブル席が3つか4つありますね、遠くてよく分かりませんが全部埋まっているみたいですね、案外の人気ですhappy02

カウンターの中には大将と女将さん、店の雰囲気よりはなんとなくモダンな感じのお二人です、

瓶ビールのサイズを訊きます、大瓶しかないそうです、では生ビールにしましょうか、ビールは量を飲めないこの頃です、

そして肴は「きずし」400円也にします、

004

まあ、出来合いっぽい「きずし」でしたが、これはこれでよろしいのです、

カウンターには同輩か先輩と思しき3人組、車の話でエライ盛り上がっています、

この世代はクルマ好きですね、スカイラインの変遷や疾走感、チェリーなんて車名も聞こえます、ありましたね、たしか若き秋吉久美子さんがCMやってたなあhappy02、、、でも、相当メートルも上がっているので話がだんだん怪しくなってきましたよhappy01

奥のテーブル席もワイワイと盛り上がっています、外観よりも随分と賑やかな店内でございました、

ビールを少し残して燗酒にします、まだ少し風邪が残っているような気もしますからね(実は風邪ではありませんでした、、、sweat02)、ぬる燗でお願いします、

012

そして料理の追加は、、、なぜか「コロッケ」が食べたくてcoldsweats01

011

冷凍食品ですが通し揚げです、女将さんが上手く揚げてくれます、ホクホクで美味しかったですwink

はい、これでんぬる燗をゆっくり飲み終えてお勘定にします、2000円は掛かりませんでした、はい、ご馳走様でした、西九条のガード下“トンネル横丁”の「三平」、また来ますねheart04

さて、今日も西九条駅界隈をちょいと探訪してみましょうか、

028

駅前ガード下の「とさ一」では落語会なんかも企画されていますね、ガンバってください、

027



駅の下の飲み屋街は“ゴールドタウン”というようです、はは、なんともいえないネーミングですhappy01

029_2

大阪寄りのガード下には商店街が拡がっています、

032

飲み屋も多く結構盛り上がっていました、

033_2

次回また探訪してみましょう、イイ店がいくつかあるような気がしますgood

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

ディープな錦糸町を探訪、その後は「馬力」から「三四郎」へ、両店とも中身の濃い良い店です。

明けましておめでとうございます、
本年もグビグビと行く所存でございます、

本年もご愛読の程、よろしくお願い申し上げます。happy01

【2012年11月21日(水)】

東京 錦糸町 「馬力」~「三四郎」

今日は錦糸町で飲みます!good

錦糸町、、、

東京単身赴任中に初めて来ました、たしか、さがみ湘さんのホームグラウンドでさがみさんと斉藤哲夫さんのライブを聴きに来たのですnote、そのライブハウスが結構ディープな一角にあったのでビックリしたのであります、正直、少々ビビってましたhappy02

そんなほんとディープな街、錦糸町でありますが、その中に相当ディープな飲み屋街がある!!との情報をいただいたので行ってみることにします

JR総武線「錦糸町」駅を降ります、久しぶりですね、いつも思うけど、、、総武線の駅前はどこもデカいなあ、「錦糸町」駅前はとくに、、、デカいなあ、

022

南側へ出て京葉道路を渡り少し東へ、

一筋裏通りを歩きましたが、いきなりのそれっぽい通りで客引きに引かれまくります、うわ、やはり錦糸町やわ、足早足早dash、とこの裏通りを抜けたらいきなりありました、毎度の如く詳しい情報は持っていないのですがどうやらここみたいです、

021

「花壇街」、期待に反して普通のビルですhappy02、ほう、ここに飲み屋街があるのですか?と、ちょいと歩いてみるとありました、なるほど、

017

ビルの1階をこういう感じで通りが2本通っています、ここもおそらく再開発ビルなんでしょうか?昔からあった飲み屋などをここに収容してるんですかね、しかし、ちょっと色気がない通りです、

013

この「居酒屋」という名前の居酒屋、

ここがお目当てでした、馬刺しが有名みたいです、この日はまだ開いていませんね、ちょっと時間早いですからね、この日は仕事終わりで新幹線に乗る前にちょいと足を延ばしています、時間がないのでここで開店まで粘る訳にも行きません、場所は確認いたしました、また次の機会に参上いたしますwink

では、京葉道路沿いを駅前方面へ戻ります、と、人だかりになっていたのが、、、

026

魚屋!です、「魚寅」、

たしか駅前のほうにも魚屋ありますよね、やはり開発前からある魚屋さんなんでしょう、マグロとタコを量り売りしています、

024

惹かれるなあ、東京らしいエエ感じです、

マルイの横の路地に入ってぐるりと裏へ回ります、

029

ここにも懐かしい感じのビルがあります、

1階に飲食店が入り、上は今でも住居として使われているのかな?ちょっと惹かれるもつ焼き屋もありましたがスルー、もう少し南へ行くと「三四郎」があります、中ではまだ開店準備中ですね、少し待てば入れますね、待ちますか、と少し通り過ぎると、、、

あ、「馬力」がありますflair

031

今まで気がつきませんでした、

以前「神田」駅前の「馬力」に飛び込んだことがあります、たしか豚のつくね焼みたいなのがとても美味しかった記憶が、、、こちらはもう開店してます、先客が何人も飲んだはります、あ~、入っちゃいますか、諺にもあります『5分後のもつ焼きより目の前のホッピー』(ない!!そんな諺happy02)

テーブル席と右手のカウンター席、一人客であることを示すとカウンター席へどうぞ、とのこと、は~い、飲めたらイインデスヨ~、ではではまずはホッピーですね、「馬力」という店名にはホッピーが似合いますgood

033

そして、手元メニューと壁の短冊をじろじろと嘗め回します、焼き物の前に、、、うほうほ、刺身がありますね、「ホルモン刺身盛合せ」590円也にします、

036

キャー、大盛りですねえ、旨そうです、いただきま~すshine

え~っとですね、部位はレバ(薬味もいろいろ付いてます、これはアブラ塩でいただきます)、小袋にハツ、タン、あと一つは??御姐さん訊きました、これなんでしたっけ?ガツです、あ、そうですね、ガツね、ということで5種類のホルモン刺し、薬味はニンニク、生姜、油と揃っています、これはイイですね、「馬力」の真骨頂ですheart02

メニューを見ると珍しいメニューが、、、「サッポロ一番」450円也、袋麺ですね、確かに食べたいかもhappy01、メニューの肩に“野菜入り”って書いてあるのが微笑ましいheart02

それとホッピーが3種類あります、白と黒はまあ普通にあるのですが、ここ「馬力」にはなんと“ホッピー赤”というのがありました、これは知りません、初めて見ました、“赤”ってなにが入っているんだろう?辛いの??ちなみに焼酎はキンミヤですね、OK!

焼物に行きます、注文が一人一本限定という「コツネ」190円也、確かこれが美味しかったメニューのはず、注文、

042

これね、やはり美味しかったです、豚のナンコツのつくねでしょうか?、でも、勢い余って写真を撮る前に齧ってしまいましたsweat01、失敗、

後は「カシラ」120円也と「豚上ナンコツ」150円也を注文、

039

両方とも案外上品、予想外、「カシラ」は身の部分、「豚上ナンコツ」も美味しかったです、

はい、ホッピー中を1杯追加してこれでお勘定です、1710円也、ご馳走様でした、

チェーン店ですがホルモン系の実力は相当高いですね、「馬力」、また来ますねheart04

さて、外へ出るとすぐ「三四郎」です、もちろんもう営業しています、ちょいと覗いていきますかcoldsweats01

048

まだ早い時間ですが6分ほどの入り、カウンターに着いてぬる燗をお願いします、

050

酒は“菊川”ですか?これが美味しかった、ぬる燗にピタリの酒、付け方も上手、さすが、いきなり老舗の力を見せつけられました、

焼物は好物の「カシラ」と「ナンコツ」をお願いします、

@150円で2本からの注文なんですが、なんとこの時間ですでに「カシラ」は1本しかないとのこと、もう売り切れですか!!人気なのか?品薄だったのか??不明、

056

けど、確かにもつ焼きも旨いですshine、「馬力」とはまた違った美味しさ、王道のもつ焼きです、ボリュームもありました、

さあ、時間がないのでこれだけで帰りましょう、

700円程だったかな、さすがに実力安定、もつ焼きの「三四郎」、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »