« 神戸魚崎の「松屋酒店」の後です、角打ち「濱田屋」でアルコール研究に励みました^^)。 | トップページ | 梅田で買い物の後はホワイティ梅田“泉の広場”にある立ち飲み「七津屋」で一杯。 »

2012年12月16日 (日)

名古屋金山、二度目の訪問は焼きとんの「石田屋」がお目当てです、エエ感じの店でした、そして「大安」で〆ます。

【2012年11月1日(木)】

名古屋 金山 焼きとん「石田屋」~立ち飲み「大安」

今日は午後から名古屋で仕事です、

まずまずうまく行った打合せが伏見で終了、このまま帰るのはもったいないですね、同行のK氏と一緒にちょっと飲んでから帰りましょう

伏見にも「大甚」という名店がありますが、今日はお目当てがあり“金山”まで足を延ばすことにします、

地下鉄を乗り継いで「金山」駅で地上に出ます、前回初めてきた“金山”、JRと名鉄の大きな駅があるターミナルです、そろそろと陽が沈みかけています、まず目指す店は駅から少し離れています、スマホの地図アプリが使いにくくなって面倒ですが、こっちの方向ですかね、ちょいと大きな通りを下り、交差点を左へ折れるとありました、どうやらここみたいですね、

今日の一軒目、焼きとんの「石田屋」です、

003

先日、この近所の「大安」に来た時の記事を書いていて近所のこの店も評判がいいようなので来てみました、

が、いつものように詳しい事前調査はしていません、ので、どうも注文がうまく行きませんでした

さらに店内写真撮影が禁止となっていましたので写真も無しです、残念

アルミサッシの引き戸を引いて入ります、

早い時間ですが8分以上の入りで賑わっています、右手にゆるく湾曲したコの字カウンター10数席、左手にはテーブル席が3つか4つかな、カウンターの奥に案内されます、カウンターの中にはお母さん2人とお兄さん2人、お母さんは下ごしらえ係のようで途中で帰られたような気がします、なんとなく殺気立ってて恐いです

とりあえずビールですね、瓶オンリーです550円也、

銘柄を訊かれたのでKIRINと応えてみたのですが、あとのお客さんはSAPPOROを注文されていました、ASAHIも含め3銘柄ともあるようですね、SAPPOROにしたらよかった、

小さなメニューが壁に貼ってあるのですが、表記の仕方が微妙で初見ではよく分かりませんでした、店員さんの厳しい?口調もありちょいと慌てて注文したのでもったいないことをしました、

先に書くとメニュー構成はこんな風になっているようです(完全ではないと思います)、

■刺身 レバ、心臓、さがり、小袋
■焼物 とんやき、レバ、心臓、さがり、
■味噌煮 もつ煮、豆腐、こんにゃく、血管、はんぺいあか、はんぺいごぼう、
■飲物 瓶ビールに日本酒だけだったかな?焼酎があったかどうか定かではありません、

日本酒は丁寧に計りに一合を入れてからチロリに移されていたような記憶が、、、この辺りも記憶が曖昧です、2人連れで写真がないと案外憶えていないものです、

ということで、おそらく基本はこの「刺身」「焼物」「味噌煮」の3つから構成されています、刺身のところがメニューでは分かりにくく、ワタシは焼き物メニューと読み間違いました、なので目の前でお母さんがレバを捌いておられるのを見て「それ下さい」注文、K氏と二人で同じ「レバ刺し」(豚ですよ)を頼んでしまいました、失敗、よく見るとたしか『さがり刺身あります』の札も下がっていたのでこの日は複数の刺身ネタがあったはずです、もったいないことをしました、

そうそう、店内に箸がありません、刺身は爪楊枝で、他の焼物、味噌煮は串でいただくので箸は不要ということのようです

実際の注文は2人で、「レバ刺し」2人前、美味しかったです、醤油タレが掛かっていたような、

焼物は「心臓」と「さがり」を3本づつ、@80円とこれもお値打ち、カウンター内の焼き台で焼かれます、

大きな鍋に串が多数突っ込まれている味噌煮からは「豆腐」を2人前、そして「血管」、うんこれもイケました、太い血管が出てきます、そして正体が不明だった「はんぺいあか」、あてずっぽうで頼んでみたら、見た目ウインナーのような赤いものがやはりそれでした、うん、味は普通のはんぺい=はんぺんと一緒ですかね、

と、慌ただしく注文、これで日本酒も2杯いただきました、

ワタシ的には非常に気に入りました、少々店員さんの厳しい指導もこういう店ではよくあること、慣れればいいのでしょう、メニュー構成もなんとなく分かりましたので次回はもっと要領よく楽しめるでしょう、写真撮影禁止は残念ですがこればかりは、、、

このところ撮影禁止に転じるお店が散見されるのが残念ですね、、、

あらためて2回目挑戦必至です、もう一度じっくりと楽しみたい店ですね、名古屋金山の焼きとん「石田屋」、また来ますね、

いきなりディープな店に行ったのでK氏も大変だったでしょう

近くの立ち呑み「大安」で飲み直しましょう、こちらは先日一度訪問しているのでその安定感は間違いありません、ゆっくり飲めるでしょう、

ということで「大安」、左手のカウンターでは皆さん椅子利用で飲んでおられますが立ち飲みでイイので右手カウンター奥に着きます、

焼酎の水割りかなんかにして、料理は「ブロッコリー」、

004

「ポテサラ」、

005


「すずき昆布〆」、ここは刺身類も安くて旨いです、

008

「まぐろ刺身」、

010

「白子天ぷら」など、

012



肴はだいたい200円から300円くらい、美味しさ補償、二人で4杯飲んで2230円也とやはり安いです、ここはほぼ千ベロで行けそうですね

さて、2軒回りました、帰りましょうか、金山の立ち飲み「大安」、ここはもうテッパンですね、間違いないです、また来ますね

では、そろそろと大阪へ向かいます

 

|

« 神戸魚崎の「松屋酒店」の後です、角打ち「濱田屋」でアルコール研究に励みました^^)。 | トップページ | 梅田で買い物の後はホワイティ梅田“泉の広場”にある立ち飲み「七津屋」で一杯。 »

名古屋岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋金山、二度目の訪問は焼きとんの「石田屋」がお目当てです、エエ感じの店でした、そして「大安」で〆ます。:

« 神戸魚崎の「松屋酒店」の後です、角打ち「濱田屋」でアルコール研究に励みました^^)。 | トップページ | 梅田で買い物の後はホワイティ梅田“泉の広場”にある立ち飲み「七津屋」で一杯。 »