« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

番外編:【2012年訪問酒場一覧(下半期分) 】

ハイ、本年度下半期の訪問店ですcoldsweats01、いやはや・・・

番外編:【2012年訪問酒場一覧(下半期分) 】

≪7月≫

大阪 駅前ビル 「あかね」
兵庫 尼崎 「酒の吉田屋」
大阪 駅前ビル 「たよし」
大阪 新世界 「平野屋」
大阪 新世界 「丸藤」
兵庫 三宮 「酒肆大関」
兵庫 三宮 「中森」
和歌山 高野山 「丸万」
和歌山 高野山 「ミッチー」
大阪 なんば 「自由軒」
兵庫 芦屋 「月桂冠」
名古屋 大須 「角屋」
大阪 お初天神 「いっしん」
大阪 お初天神 「北サンボア」
大阪 駅前ビル 「ふくじゅ」
大阪 空堀商店街 「冨沙屋」

≪8月≫

東京 銀座 「三州屋」
大阪 肥後橋 「さわ村」
大阪 肥後橋 「わすれな草」
兵庫 三宮 「三宮市場丸吉」
大阪 八尾 「自由食堂」
東京 立石 「宇ち多”」
大阪 駅前ビル 「味善」
大阪 駅前ビル 「たよし」
京都 三条木屋町 「焼肉 弘」
東京 門前仲町 「大坂や」
東京 門前仲町 「だるま」
東京 浅草 「オーセンティック」
東京 浅草 「浩司」
東京 西巣鴨 「柳下」
兵庫 芦屋 「まるさん松本」
京都 桂 「もぐら」
京都 西院 「才」
大阪 梅新東 「ほっとあわとく」
大阪 西天満 「松浦酒店」
東京 西巣鴨 「とり福」
東京 池袋 「ふくろ」
兵庫 御影 「銀狐」
兵庫 御影 「いくちゃん」
兵庫 住吉 「まる」
大阪 野田 「六つ車」
大阪 野田 「上田温酒場」

≪9月≫

東京 門前仲町 「魚三酒場」
東京 門前仲町 「千松」
東京 新宿 「千草」
東京 浜松町 「秋田屋」
東京 浜松町 「かわさき」
岐阜 岐阜駅前 「清八」
名古屋 大須 「末廣」
名古屋 金山 「大安」
東京 渋谷 「みうら」
京都 三条京阪 「篠田屋」
京都 川端二条 「よこちょう」
京都 西院 「さかぶくろ」
大阪 野田 「六つ車」
東京 八重洲 「ふくべ」
大阪 西天満 「大安」
京都 東山 「澤正」
大阪 駅前ビル 「上田酒店」
東京 東十条 「新潟屋」
東京 赤羽 「まるよし」
大阪 萩ノ茶屋 「難波屋」
大阪 大正 「はいさい」
滋賀 朽木 「永昌庵」

≪10月≫

東京 月島 「おしお」
東京 月島 「牛若」
兵庫 西宮北口 「Bar Moo」
大阪 駅前ビル 「麦太郎」
大阪 駅前ビル 「徳田酒店」
大阪 駅前ビル 「山長酒店」
兵庫 姫路 「初代神酒」
兵庫 姫路 「一成だるまや」
兵庫 姫路 「合格や」
大阪 天神橋6丁目 「餃子の王将」
大阪 天神橋5丁目 「ダイワ食堂」
広島 幟町 「安さん」
大阪 九条 「白雪温酒場」
京都 七条河原町 「保ちゃん」
兵庫 元町 「カンパイ」
兵庫 元町 「平和」
広島 駅前ビル 「麗ちゃん」
東京 浅草橋 「西口やきとん」
東京 駒込 「立ち呑みひろし」
東京 御徒町 「佐原屋」
東京 御徒町 「八幡屋」
東京 渋谷 「麗郷」
東京 東向島 「丸好酒場」
兵庫 魚崎 「松屋酒店」
兵庫 魚崎 「濱田屋」

≪11月≫

名古屋 金山 「石田屋」
名古屋 金山 「大安」
大阪 梅田地下街 「七津屋」
東京 目黒 「蔵」
東京 目黒 「すだ屋」
広島 駅前 「波平商店」
広島 駅前ビル 「波平キッチン」
大阪 駅前ビル 「かわさき」
東京 錦糸町 「馬力」
東京 錦糸町 「三四郎」
大阪 西九条 「三平」
京都 丸太町 「花もも」
京都 寺町 「更科」
大阪 堂山 「大黒」
大阪 中崎町 「セルクル」
大阪 天王寺 「花野酒店」
大阪 天王子 「森田屋」
大阪 天王寺 「都スタンド」

≪12月≫

大阪 南田辺 「スタンドアサヒ」
大阪 阿倍野 「ニャムニャム食堂」
東京 浜松町 「一力」
大阪 駅前ビル 「山長酒店」
大阪 なんば 「にしき」
大阪 千日前 「正宗屋」
大阪 南方 「田中満酒店」
大阪 中津 「いこい」
大阪 北浜 「よし富」
横浜 新子安 「諸星」
東京 麻布十番 「あべちゃん」
東京 一之江 「カネス」
東京 品川 「酒肆大関」
横須賀 横須賀中央 「相模屋」
横須賀 横須賀中央 「市場食堂」
大阪 九条 「白雪温酒場」
大阪 西九条 「大黒」
大阪 中津 「酒のおおにし」
大阪 中津 「Cave」
大阪 天満 「大安」
大阪 天満 「酒の奥田」
大阪 駅前ビル 「たよし」
大阪 北新地 「かん禄」

ということで、、、来年もよろしくお願いいたしますheart02
しかし、よう行っとるなあsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

番外編:【2012年訪問酒場一覧(上半期分) 】

さて、早いもので今年ももうすぐ終わりです、
今年もご愛読、ご愛用をいただきありがとうございましたhappy01

2012年に記事にした酒場リストを掲載しておきます、

まずは上半期(1~6月分)です、

番外編:【2012年訪問酒場一覧(上半期分) 】

≪1月≫

大阪 梅田地下街 「鳥の巣」
大阪 天満 「多聞酒蔵」
大阪 空堀商店街 「ことみ」
横浜 京急新子安 「諸星酒場」
横浜 国道 「国道下」
東京 木挽町 「秩父錦」
大阪 野田 「上田温酒場」
大阪 野田 「まんだら」
東京 恵比寿 「田吾作」
横須賀 汐入 「一福」
横須賀 横須賀中央 「中央酒場」
神戸 新開地 「八栄亭」
横浜 桜木町 「キンパイ」
東京 大塚 「きたやま」
東京 立石 「宇ち多”」
東京 亀戸 「魚昭」
東京 清澄白河 「浅野」

≪2月≫
東京 四谷 「鈴傳」
大阪 梅田地下街 「七津屋」

大阪 天満橋 「みやい」
大阪 天満橋 「松崎屋」
大阪 堂山 「大黒」
東京 野方 「秋元屋」
東京 中野 「おかやん」
大阪 大正 「なかのぶんてん」
大阪 大正 「畑分店」
東京 清澄白河 「だるま」
大阪 天満 「双龍居」
京都 京都駅前 「へんこつ」
東京 神田 「若竹」
東京 椎名町 「北ノ誉」

≪3月≫
大阪 天満橋 「かおり」
大阪 福島 「松崎屋」
東京 神田 「馬力」
東京 練馬 「金ちゃん」
東京 月島 「牛若」
東京 西荻窪 「戎」
東京 西荻窪 「にぎにぎ」
京都 京極蛸薬師 「蛸八」
大阪 野田 「まんだら」
大阪 千船 「たによし」
東京 勝どき 「池のや」
京都 祇園 「遊亀」
大阪 高槻 「へんみ」

横須賀 横須賀中央 「銀次」
横須賀 横須賀中央 「お太幸」
兵庫 尼崎 「菊芳」
京都 荒神口 「あだち」

≪4月≫
京都 大和大路五条 「はり清」
大阪 北浜 「梅乃宿温酒場」
京都 中書島 「月の蔵人」
大阪 天満 「上川南店」
東京 大塚 「大提灯」
大阪 駅前ビル 「たまゆら」
大阪 駅前ビル 「魚群」
大阪 新梅田食道街 「毎日」
大阪 新梅田食道街 「奴」
兵庫 尼崎 「正宗屋」
大阪 天満 「酒の奥田」
東京 八重洲 「ふくべ」
仙台 文化横丁 「源氏」
仙台 稲荷小路 「くろ田」
仙台 一番町 「ブラザー軒」

大阪 駅前ビル 「山長酒店」
大阪 駅前ビル 「ふくじゅ」
大阪 針中野 「こだいみょう」
大阪 針中野 「かいたにや」
大阪 岸和田 「幸」

≪5月≫
兵庫 立花 「釜谷」
兵庫 神戸 「中森」
神奈川 東神奈川 「根岸屋」
京都 綾小路 「鈴や」
京都 寺町二条 「末廣寿司」
兵庫 花隈 「山田酒類販売」
兵庫 元町 「皆様食堂」
大阪 駅前ビル 「かわさき」
大阪 難波 「佐海たちばな」
京都 裏寺町 「静」
京都 綾小路 「山本」
大阪 新梅田食道街 「豊」
兵庫 尼崎 「酒の吉田屋」
東京 新宿 「ぼるが」

東京 新宿 「つるかめ食堂」

≪6月≫
京都 中書島 「スタンドあん」
東京 池袋 「バッカス」
東京 池袋 「千登利」
大阪 天満 「香住北よし」
大阪 梅田 「七津屋」
大阪 梅田 「大黒」
大阪 駅前ビル 「山長酒店」
京都 高倉塩小路 「山本まんぼ」
大阪 桜橋 「ときわ」
広島 福山鞆の浦 「おてび」
広島 福山 「稲田屋」
京都 山科 「はなさき」
京都 山科 「スタンド スズや」
大阪 中崎町 「セルクル」
大阪 中崎町 「竹之膳」
東京 浜松町 「かわさき」
東京 浜松町 「鳥まつ」

大阪 北新地 「とり甚」
大阪 駅前ビル 「たよし」
大阪 西天満 「松浦酒店」
大阪 西天満 「大安」

下期分は明日、掲載いたしますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

風邪で体調不良、でも駅前第2ビルの「かわさき」で吹き飛ばす計画です^^)。

【2012年11月20日(火)】

大阪 駅前第2ビルB1F 「かわさき」

先週後半から風邪で体調不良、珍しく5日間も酒を抜いています、が、今日は少し飲んでみたいcoldsweats01

ということで会社を出たのですが、さすがに新規開拓で探訪する気力は無し、どこかでなにか暖かいものを食べたいなあ~、と思いつきましたflair

ならばここでしょう、大阪駅前第2ビルB1Fの「かわさき」、名物の「ニンニクスープ鍋」で温まりましょうhappy01

時間は19時頃、「かわさき」は7分の入りですね、今日は一人で入店です、大将が「久しぶり、何人?」「今日は一人なんです」「珍しいね」というようなやりとりをしながらカウンター奥に案内していただきます、

ここ「かわさき」は料理が美味しいので、大概誰かと一緒に来て楽しむことが多いのです、

今日は風邪気味なので「にんにくスープ鍋」を食べに来ました、と説明、風邪のひき初めには「にんにくスープ鍋」は効くよ、とのこと、早速作ってもらいますが、、、

とりあえず、ビールをちょとねcoldsweats01、中瓶ですね、

002

そして、大将から『すぐに出せる「牛すじ煮込み」でも出しておこうか?』とのことなので、「牛すじ煮込み」で一杯飲みます、

003

あっさり系の煮込み、大き目の大根、こんにゃくに牛すじと野菜もたっぷり、美味しいですshine

ビールを残しながら熱燗にしますか、ね、

すいません、熱燗を、大きいの?小さいの?とりあえず小さいのを、、、と、お姐さんが大きいのにしときなさいよ、ぐっと飲んでタオルを首に巻いて寝たら風邪なんか治るからdash、との強力なプロモート、はは、では大きいのにします、

010



そして、「にんにくスープ鍋」出来ましたwink

007

ここ「かわさき」は和風割烹風居酒屋ですが、大将は料理にとてもアグレッシブです、

「ローストビーフ」も名物なんですが、薬味のホースラディシュは英国産の物を個人輸入で入手している!!というような逸話がいくつかあります、この「にんにくスープ鍋」もここの名物です、もとはたしかスペインの家庭料理か何かがルーツだそうです、香辛料たっぷりのにんにくスープ、玉子でとじられているのは“バケット”です、でパセリどっさり、如何にも家庭料理です、

ほんとに風邪にも効きそうです、普段は二人で一つくらいの量なんですが今日は一人で全部いただきます、大きな熱燗と共にひたすらいただきます、汗出てきた、、、

ふ~、体めちゃ温まりました、汗かきました、そしてお腹一杯です、思惑通りです、これで風邪も吹き飛ぶでしょう、ではではこれでお勘定です、3000円少々、
大将、ご馳走様でした、どうも、また来ますねheart04

まじにこれでいったんはほぼ風邪は吹き飛んだのですが、、、

の後、別の症状で体調不良が意外に長引くことになるのですsweat01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

2日連続の広島、そして昨晩に続き“波平”です、広島駅ビル2F飲食街の「波平キッチン」へ、いざ。

【2012年11月9日(金)】

広島 駅ビル 「波平キッチン」

さて、昨晩前乗りだった広島での用事を済ませました、ではでは飲んで帰りましょうhappy01

時間は18時半頃、朝5時起きでしたがまだまだ大丈夫ですhappy02、、、

でもやっぱり銀山へ繰り出すのはちょっとしんどい、ここは広島駅ビル2Fの飲食街で飲んで帰りましょう、

お、先日お邪魔した「麗ちゃん」のもう一つの店、「第二麗ちゃん」です、相変わらず大賑わいです、

052

カウンターの割烹なども気になるのですが、その奥にあるこの店に入ることにします、

033

「波平キッチン」、

おそらく、おそらく昨晩お邪魔した駅前の海鮮系居酒屋「波平商店」の姉妹店ですよね、いままで何回も前まで来ていますが、ここもまた未入店です、昨晩の「波平商店」が好感でしたので、こちらも攻めてみることにしました、

049

やはり内装は「波平商店」の系統ですね、テーブルや椅子はこちらの方がプレーンかな、

毎度の一人であることを指で示します、

すかさずカウンターへどうぞ!!とのことですっと入店、テーブル席はほぼ満員ですね、駅ビルの中ですが観光客が多いという感じではないです、普通の居酒屋さんの客層です、若い人も多いです、、、あ、そうかflair、普通に電車に乗って自宅へ帰る人なんかが多いのか!帰宅前の一杯かな?いずれにしても流行っています、

今日はいきなり日本酒に行ってみましょう、メニューから好みに近そうな「亀齢」500円也というお酒にしてみましょう、

突出しに「しゃこの酢味噌」が出てきました、

034

しゃこに酢味噌は珍しいですね、初めての食べ方です、

「亀齢」はやはりこんなチロリで出てきました、席で一升瓶から注ぐスタイルは昨晩と一緒ですが、こちらの店は受け皿が無いようです、、、これじゃあ、注ぐときに余分こぼせないじゃんcoldsweats01

038

これでちょっと飲み、ゆっくりメニューを吟味します、

昨晩も“サザエさん”繋がりでサザエやらイクラなどを頼もうとしたのですが上手く行きませんでした、今日は「サザエの天ぷら」を頼みたいなあ、と探したのですが、残念ながらこちら「波平キッチン」にはなさそうです、メニューは「波平商店」と微妙にメニューは違うんですね、

それでもなんとか“サザエさん”繋がりでこんなメニューにしました、

「穴子の西京焼き」600円也、、、あなごクンです!!happy02

040

こちらの食べ方も初めてですね、

穴子は煮たり、焼いてもタレ焼きが主流の関西、白焼きもありますが、西京焼きは初めて見たので注文しました、なるほど白身ですからね、西京焼きにも合いますね、美味heart02

食材的にも知らない貝の名前が、、、夜泣き貝wink

043

関西にはない貝なのか?呼び方が違うのか?調べましょう⇒詳しくはこちらhappy01

お酒を変えましょう、

メニューに「獺祭」600円也がありますね、いっときましょか、好きな日本酒は“香り”と“旨味”があること、“酸味”があるともっと良い、

042_2

良いお酒ですよね、「獺祭」、

そして、料理はやはり味違い(昨晩と同じパターン)、「波平クリームコロッケ」680円也にしました、

048

クリームコロッケの味は普通でしたが、具に“ホタテ”、“エビ”、“イカ”などの海鮮がたっぷり、こういう料理も日本酒に合うのですよ、ワタシ的にはwink

さて、これでお勘定です、3000円弱くらいだったかな、

広島駅ビル2階の「波平キッチン」、こういう感じだったのですね、漁師屋系の店はあまり入らないので探訪が遅れましたが、、、OKですねshine、料理も美味しいし、広島の食材や料理方法が楽しめそうです、また来ますねheart04

新幹線で新神戸まで帰り、地下鉄で三宮へ、時間は21時を回っています、、、が、、、やっちまいましたsweat02

053

ここのラーメン好きなんですcoldsweats01

055

好きな博多ラーメン、この雰囲気、チャーシューたっぷり、新幹線移動で小腹がすいたのでつい、というか我慢しきれず食しました、年に数回の暴挙ですsweat01

さて、ではもう帰りましょうか、、、(当たり前や!happy02)

 

 

【おまけ】

 

前日の昼食は大阪駅前第2ビルの讃岐うどん「にしき」の秋野菜うどん+天ぷら、ボリューム満点、美味しい!!、

 

004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

評判がイイので初めて入りました、広島駅前の「波平商店」、魚が美味しゅうございました。

【2012年11月18日(木)】

広島 駅前 「波平商店」

今日は翌日朝からの移動に備えて広島入りです、ホテルは駅前、チェックインして、、、ではでは早速夜の広島へ繰り出しますhappy01

なんて、まあちょいと飲みに行くだけなんですが、、、

銀山や八丁堀辺りまで繰り出す訳ではありません、ホテル近く、駅前の店へ直行です、

広島駅前というと最初に広島へ来た時に自力開発した「源蔵本店」がありますが今日は違います、広島駅(新幹線口じゃない方)を出てすぐ左手にちょっとそそる商店街があるのですが、その商店街に入ったところ、地下にあるお店です、

「波平商店」flair

005

みなさん、ほぼ100%、「サザエさん」の“波平”を連想するでしょう、ね、どうでした?happy02

前にもチェックはしているのですが、“民芸系”の匂いがあまり得意ジャンルではないので入店してなかったのですが、良い評判を聞きましたので今日はここで一杯飲む予定ですgood

時間は20時30分頃かな?でっかい看板のある階段を降ります、『駅前海鮮』sign03

006

と、予想通りの感じの店内、めちゃ盛り上がっています、

元気な店ですね、皆ワイワイガヤガヤ、店員さんも元気に動き回っておられますshine

忙しそうなのでしばし放置されます、一人なんですが、といつものジェスチャーで認識してもらいました、すいませ~ん、ちょっとお待ちください!とのこと、

大きな店内は予想通りの“漁師屋系”の内装、

008

大き目のテーブル席がメイン、左手に20人くらい座れそうなカウンターとその中に厨房、右手から奥にかけては半個室な感じの座敷席のようです、時間的にピークですがお勘定も出そうです、ここはゆっくり待ちましょう、

009

手持ち無沙汰なので、眼の前に有ったショーケースなどを覗いてますhappy02



座敷の相席が空いたようです、どうですか?とお姉さんに訊かれますが、、、出来ればカウンターかテーブルが良いのでもう少し待ちましょう、、、ほどなく、お待たせしました、テーブルが空いたのでご案内します!!ということで、元気なお姉さんの店員さんから案内です、ではではいきますか、

大き目の4人掛けテーブルに一人で着きます、え~っとまずは少しビールが欲しいですね、瓶は?中瓶がありますか、ではそれで、

014

サッポロの中瓶450円也、イイですねえ、

そして、同時に来た突出しは「子持ちイカと大根」かな?

013



そして、メニューを見回します、

ここはまず刺身、それも盛合せにしてみましょうか、1280円也の盛り合わせを頼みます、

020

わお!!「刺身盛合せ」1280円也です、豪華!!ですhappy02

ホタテ、イカ、生タコ、中トロ、サーモン、カンパチ、鯛、これは大満足です、CPもサイコーだし、さすがに新鮮で美味しい、なるほど、これがこの店の人気の秘密、、、というか、直球ですね、とにかく海鮮が新鮮で旨い!!shine

では、日本酒に変えましょう、

せっかくですから地元のお酒を飲みたいのですね、「雨後の月」があります、たしか呉のお酒ですね、以前阪神「久寿川」駅の「喜多屋」で飲んだことがあり好印象だったのでこれにしましょう、

022

こんなチロリが出てきました、一升瓶を席まで持ってきて注ぐスタイルです、美味しそうです、で、コップに注ぎ替えるのではなくこのままいただくそうです、これはちょとめずらしいかな?、

各テーブルにはガスコンロが置かれています、もう一つのおすすめメニューがこちら、

015

「海鮮浜焼き」flairなんですね、

何人かでワイワイと楽しみたいメニューですね、テーブルだけではなくカウンターにも座敷席にもガスコンロが置かれています、「波平」に来た限りはこれをいただかない手はないのでしょうが、一人で焼くのもちょっと寂しいかなあ、などと弱気になって、次の注文は別のモノにしました、

メニューにはこんなんも、

011

「地物あじ」、、、塩焼きフライより刺身の方が安いflair

言われてみれば同じ食材なら手間がかかる焼きの方が高いのも納得できますが、、、刺身も焼きも同じ食材なんですね~、芦屋の「まるさん松本」な感じですね、

注文は結局「エビマヨ」480円也、

028

刺身盛合せが多かったので味違いです、これは普通でしたhappy01

「雨後の月」はもちろんお替りです、相変わらず美味そうhappy02

042



店名からの連想で、できれば「サザエ」か「いくら」、「穴子」を注文したかったのですがうまく行きませんでした、刺身盛りに「ワカメ」があったので勘弁してください、

しかし、後で見つけた「サザエの天ぷら」は気になった、サザエを天ぷらで食したことはありません、やはり無理してでも頼んだ方が良かったかなheart03

さて、ここらでお勘定です、3210円也、はい、納得のお勘定です、広島駅前徒歩1分の「波平商店」、お魚美味しかったです、また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

目黒駅前探訪、2軒目はサンフェリスタB1Fの静岡の店「すだ屋」で日本酒をいただきました。

【2012年11月7日(水)】

東京 目黒 「すだ屋」

さて、「目黒」駅前探訪の2軒目です、

滝田ゆうさんの『下駄の向くまま-新東京百景-』の記述をヒントにJR山手線「目黒」駅前を探訪、かつての路地裏飲み屋街の痕跡と思われる再開発ビル内の飲み屋街を発見shine、まずは1階の「蔵」で一杯、常連さんが集うエエ感じの店でした、

「蔵」をホッピーを2杯飲んだ後は地下へ降りてみます、

012_2

ここ“サンフェリスタ目黒”の飲食街、2Fはスナック、1FとB1Fは酒場という構成のようです、

B1Fの店は先程、目星を付けていました、

017

小さな焼き鳥屋さんも惹かれましたが、ここは静岡の店「すだ屋」へ入ってみましょう、「静岡の店」ということですが、銀座辺りによくある地域物産名産販売の大きな店ではなく普通の居酒屋ですhappy01

開店したばかりで先客はおられません、

大きなカウンターだけのお店、中にはお姉さんがお一人、ホッピーを飲んで来たのでここは日本酒にしましょうか、

048

と、メニューには静岡の日本酒が並んでいますねshine

「杉錦」、「國香」、「臥龍梅」、「日本刀」「伊豆萬燿の原酒」などなど、それぞれ「冷」「ぬる」「燗」との相性が◎、○などの表記で示されていました、ほう、日本酒にも力入っているようですね、壁の短冊メニューには「磯自慢」の名前もありましたね、

ではぬる燗でお願いしましょう、

カウンターの中のお姉さんに「ぬる燗で飲みたいのですが」と銘柄をお任せします、選んでいただいたのは「志太泉」でした、

そして、お通しには「マグロの竜田揚げ」かな?、

045

「志太泉」もぬる燗で美味しいですhappy01

名前に偽りなくお酒もメニューも“静岡”にこだわっています、料理のメニューには『静岡グルメ』のコーナーがあります、並んでいたのは、、、


「静岡おでん」、これは有名、
「清水もつカレー」、
「みしまコロッケ」、
「浜松ぎょうざ」、
「富士宮やきそば」、これも知ってるshine
「磐田おもろ」、
「焼津黒はんぺん」、

へ~、静岡のB級グルメってこんなにあるんですね、「みしまコロッケ」とか「浜松ぎょうざ」って知りませんよ、餃子に鰻が入っているのか!?happy02

更に名産品料理として「遠州地鶏一黒軍鶏の唐揚げ」、「しらすおろし」、「うなぎ串焼き」などが並んでいました、

なるほど静岡のB級グルメ満載ですねshine

「静岡おでん」もまだ食べたことないなあ、「みしまコロッケ」とか「浜松ぎょうざ」も食べてみたいけど、、、が、さきほど「煮込み」をいただいているので、ここはあっさりと「しらすおろし」400円也にします、

046



「磐田おもろ」ってなんですかね?と、調べてみたら、、、豚足の甘辛煮のようです、“おもろ”!、

カウンターにはこんな商品群も並んでいました、ここで食せるのかな?、

049

お酒をもう一杯飲みましょうか、

これだけ銘柄が並んでいると“冷(ひや)”も一杯イキたいですねwink、メニューの説明を読んで今度は自分で選びます、「伊豆萬燿の原酒」600円也にします、日本酒度+2、濃厚な味わいと飲みやすさ云々、良さそうです、これにしましょう、

052

うん、確かに米の味わいがイイ感じです、が、、、ワタシにはこれでも辛すぎました、惜しい!!happy02、でも良い美味しいお酒でしたよ、

さあ、これくらいでお勘定にしましょう、

良い日本酒を2杯飲んだので2000円くらいと少し掛かりました、サンフェリスタ目黒B1Fの「すだ屋」、ごちそう様でした、次回は「静岡おでん」や「みしまコロッケ」、「浜松ぎょうざ」とかをいただきたいですね(コロッケ、餃子に惹かれていますhappy02)、

目黒の静岡の店「すだ屋」、ではでは、また来ますねheart04

【おまけ】

前日の昼食、大阪駅前第1ビルB1Fに新装開店した気になる「今井きしょう」で、、、親子丼みたいな感じの丼、

005

今度、夜にも行ってみたい、、、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

滝田ゆうさんの『下駄の向くまま』の記述をヒントに目黒探訪です、まずは「蔵」へ。

【2012年11月7日(水)】

東京 目黒 居酒屋「蔵」

今日は「目黒」駅辺りを探訪します、

少し前に読んだ『下駄の向くまま-新東京百景-』滝田ゆう著、

Photo

その中に「目黒駅前、権の助坂の辺りの飲み屋街」というような記述がありましたflair、「目黒」駅周辺では飲んだことがないですが、そんな飲み屋街があったっけ?いや、もう再開発で無くなっているんだろうなあ、などと思いながらもこの目で確かめてみたい、

ということで今日はJR「目黒」駅辺りを探訪してみますwink

「目黒」駅前(山手線の外側のほうね)は何度か来ていますね、急な坂が2つ下っています、如何にも東京らしく山谷が入り組んだ地形であります、

向かって左の坂が“行人坂”、ほんと急な坂道です、

狭い坂道です、雪の日なんかは絶対に歩きたくないですね、この先に洒落たオフィスビルや宴会場、そして降り切った先には撮影スタジオもあったはずで、何度かこの坂を降り登りしていますね、この先にもいろんな飲み屋があるようです、いくつかの本に書かれています、いつかまた探訪したいものですshine

そして向かって右の坂は“権之助坂”、

今は大きな車道となっています、広い道だけに見た目ではあまり急な感じはしませんが、やはり結構な急こう配です、

滝田ゆうさんの記述によると、、、

この“権之助坂を登り切った辺りに路地の飲み屋街”があった、、、ようです、

駅側からざっと見回しますがそれらしき路地は見当たらいません、、、というか一帯は完全な雑居ビル街になっています、通りを渡って“権之助坂を登り切った辺り”に取り付きます、う~ん、やはりここから見ても路地裏があるような雰囲気はまったくありませんね、だよね、20年前ならまだあったかな、なんて思いながら“権之助坂”ちょいと下ってみます、

と、あっという間に見つけましたhappy02、路地裏の飲み屋街!!はもうないですが、その名残であろう飲み屋街がビルの中にありました、

012

「サンフェリスタ目黒」というのはビルの名前でしょうか?

それともこの飲食街の名前でしょうか?よく分かりませんがとにかくこの店の集まり方は間違いなく“再開発前にここにあった路地裏の飲み屋街のお店を収容してできたビル飲み屋街”だと確信しましたwink、「スナック・飲食街」って、そのままズバリであります、

013

とりあえずB1F~2Fの3フロアの店の看板が並んでいます(その上にもまだ飲食店は入っているようです)、

015

2Fはその店の名前からどうやら“スナック”集積地のようですhappy02

でも1FとB1Fは良い酒場がありそうな予感がheart02、これぞ滝田さんが書いていた“目黒権之助坂登り切った辺りの飲み屋街”の現在の姿に間違いないでしょうgood

まず1Fを流してみます、

036_2

お、いきなりエエ感じの店が開いています、すでに先輩常連さんが飲んでいますね、

居酒屋「蔵」shine、チェーン店でしょうか?でも、エエ感じです、ホッピーの提灯が嬉しいですね、この辺りの探訪を済ませたらまた来ますねhappy01

奥まで行くと階段があります、地下へ降りてみましょう、

039

予想通り地下にも酒場が並んでいます、

一区画がめちゃ小さい店も何店か並んでいます、カウンター4席とか5席?再開発前の店の姿が偲ばれますね、地下にも良さそうな店がありました、チェックチェックwink

もう一度、1FとB1Fを流して再チェックの上でまずは1Fの「蔵」に入ることにしますgood

ビルの中にありますが、店内の雰囲気が結構エエ感じで残っています、細長いコの字カウンターに壁沿いのテーブル席という構成の大き目の店です、コの字カウンターに着いてまずはホッピーセット360円也をお願いします、それとコの字カウンターの中の鍋で煮えていた「煮込み」320円也もください、

030

店員さんは外国人、のんびりしていますわ、まあまだ時間も早いですからね、

はい、ホッピーと「煮込み」、

023

021_2

この「煮込み」が美味しかったですsign03

大根、牛蒡、人参と具だくさんでホルモンもたっぷり、ちょっと濃厚な味もワタシの好みでした、

カウンターのイスはこんな感じの長椅子タイプ、

031

どうして座るのか??と一瞬思いますが、案外軽くてすっと動きます、でも相席になるとちょっと不便かな?happy01

こんな都心の駅前雑居ビルの中の店ですが、常連さん率高いですね、

ここが再開発されたのか?ちょっと調べたのですが良く分かりません、バブル期の計画だとするともう20年近く前に再開発されたのではと思われますが、その割には常連さんが多いように思います、あちこちで挨拶が飛び交い、共通の友人の風の噂が耳に入ります、感心しました、この近くに住宅地がまだ多く残っているという事でしょうか?

ホッピーの中をお替りして、もう一品「冷奴」230円也をお願いします、

029

さて、B1Fの店にも寄ってみたいのでこれでお勘定にします、1218円、外税なんだね、はい、目黒駅前サンフェリスタ目黒1Fの「蔵」、エエ感じで飲めました、また来ますねheart04

では、階段を降りてもう1軒、行ってみましょうdash

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

梅田で買い物の後はホワイティ梅田“泉の広場”にある立ち飲み「七津屋」で一杯。

【2012年11月3日(祝土)】

大阪 ホワイティ梅田 「七津屋」

今日は京都でバンド練習でしたnote
翌週の京都中書島『伏見港ライブ』に向けての練習でしたが、残念ながら雨天予報のため中止になりましたheart03

さて、練習を終えて大阪まで戻って来ました、

冬物のパンツでも買おうとあちこちウロウロ、最近はワタシらに合うようなものがなかなか売ってないので苦労します、結局リーバイスのコーデュロイという定番に決定、でも色は臙脂色を選択、紅葉のイメージのコーディネイトやな、これはhappy02

ほな、ちょっと飲んで帰りましょかhappy01

堂山の「大黒」などが思い浮かびます、なんとなく泉の広場方面へ向かい、そこで立ち飲み「七津屋」に捕まります、まあ、今日はちょっとだけなんでここでイイか、つうことでそのまま「七津屋」へ吸い込まれましたhappy02

040

今年になって出来た立ち飲みですね、

もともと梅田の地下街でもこちら“泉の広場”方面は立ち飲みなどなく、阪急メンズ館の下辺りが立ち飲みが並んでいるエリアだったのですが、最近この“泉の広場”辺りにも立ち飲みが3軒ほど出来ていますね、世の流れ、なにやらせちがないような気もしますが、、、ワタシはOKですgood

ということで「七津屋」、

肴は安いです、少しだけビールを飲みたいので小瓶があるかどうか訊くと「プレミアムモルツの小瓶」があるそうです、ではそれをいただきましょう、

そして肴は「おから」150円也と「豆もやし」170円也にします、この微妙な値付けに真摯な態度を感じますhappy02

はい、3品ともとんとんと出てきます、いただきます、

023

このサントリーの「プレミアムモルツ」というのは不思議なビールであります、

名前の通りプレミアムで高いのかと思いきや、あまり値付けが変わらなかったり、「(普通の)モルツ」と同じ値付けだったりします、でもなんとなくプレミアム感がある、モルツと両方置いている店が多いので必然“プレミアムモルツ”と固有名詞で呼ぶことが多くなる、と親近感も優等感も相高まる、固有名詞で呼ばれるようになるとビールは売れます、キリンラガー、一番搾り、スーパードライ、そしてプレミアムモルツ、、、計算されているのかどうか分かりませんが、サントリーさん、上手い事やったはりますねwink

024

025

プレミアムモルツを少し残して飲み物を変えます、「泡盛」の字が目についたので注文、でも水割りにしました、ちょっと弱気ですcoldsweats01

033

目の前で鉄板焼きを焼いています、

032

どんどん注文が入るのを要領よく焼いておられます、焼きようを見ていると食べたくなりましたwink、「豚ハラミ」とかが美味しそうですがメニューには「ツラミ」というのもあります、好物の“カシラ”に通じるところがあるのかな?別物かな?と考えながら「ツラミ」220円也を注文しました、

038

付け合せのもやしもちゃんと付いてます、でも、、、予想より脂濃かった、、、ハラミにしといたらよかった、ちょっと失敗sweat01

はい、これでお勘定です、1000円ちょっとかな?ホワイティ梅田の立ち呑み「七津海」、使いやすいお店です、また来ますねheart04

帰り掛けに阪神百貨店地下で買い物、

ついでに名物「イカ焼き」も食べました、実はワタシ、「イカ焼き」を自分で買って食べるのは初めて!!そうか、ここで売ってたのか!!って感じ、なんでも最初は初めてです、

044

これも美味しかったですよlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

名古屋金山、二度目の訪問は焼きとんの「石田屋」がお目当てです、エエ感じの店でした、そして「大安」で〆ます。

【2012年11月1日(木)】

名古屋 金山 焼きとん「石田屋」~立ち飲み「大安」

今日は午後から名古屋で仕事です、

まずまずうまく行った打合せが伏見で終了、このまま帰るのはもったいないですねhappy01、同行のK氏と一緒にちょっと飲んでから帰りましょうgood

伏見にも「大甚」という名店がありますが、今日はお目当てがあり“金山”まで足を延ばすことにします、

地下鉄を乗り継いで「金山」駅で地上に出ます、前回初めてきた“金山”、JRと名鉄の大きな駅があるターミナルです、そろそろと陽が沈みかけています、まず目指す店は駅から少し離れています、スマホの地図アプリが使いにくくなって面倒ですが、こっちの方向ですかね、ちょいと大きな通りを下り、交差点を左へ折れるとありました、どうやらここみたいですね、

今日の一軒目、焼きとんの「石田屋」です、

003

先日、この近所の「大安」に来た時の記事を書いていて近所のこの店も評判がいいようなので来てみました、

が、いつものように詳しい事前調査はしていません、ので、どうも注文がうまく行きませんでしたsweat02

さらに店内写真撮影が禁止となっていましたので写真も無しです、残念heart03

アルミサッシの引き戸を引いて入ります、

早い時間ですが8分以上の入りで賑わっています、右手にゆるく湾曲したコの字カウンター10数席、左手にはテーブル席が3つか4つかな、カウンターの奥に案内されます、カウンターの中にはお母さん2人とお兄さん2人、お母さんは下ごしらえ係のようで途中で帰られたような気がします、なんとなく殺気立ってて恐いですcoldsweats01

とりあえずビールですね、瓶オンリーです550円也、

銘柄を訊かれたのでKIRINと応えてみたのですが、あとのお客さんはSAPPOROを注文されていました、ASAHIも含め3銘柄ともあるようですね、SAPPOROにしたらよかった、

小さなメニューが壁に貼ってあるのですが、表記の仕方が微妙で初見ではよく分かりませんでした、店員さんの厳しい?口調もありちょいと慌てて注文したのでもったいないことをしました、

先に書くとメニュー構成はこんな風になっているようです(完全ではないと思います)、

■刺身 レバ、心臓、さがり、小袋
■焼物 とんやき、レバ、心臓、さがり、
■味噌煮 もつ煮、豆腐、こんにゃく、血管、はんぺいあか、はんぺいごぼう、
■飲物 瓶ビールに日本酒だけだったかな?焼酎があったかどうか定かではありません、

日本酒は丁寧に計りに一合を入れてからチロリに移されていたような記憶が、、、この辺りも記憶が曖昧です、2人連れで写真がないと案外憶えていないものです、

ということで、おそらく基本はこの「刺身」「焼物」「味噌煮」の3つから構成されています、刺身のところがメニューでは分かりにくく、ワタシは焼き物メニューと読み間違いました、なので目の前でお母さんがレバを捌いておられるのを見て「それ下さい」注文、K氏と二人で同じ「レバ刺し」(豚ですよ)を頼んでしまいました、失敗、よく見るとたしか『さがり刺身あります』の札も下がっていたのでこの日は複数の刺身ネタがあったはずです、もったいないことをしました、

そうそう、店内に箸がありません、刺身は爪楊枝で、他の焼物、味噌煮は串でいただくので箸は不要ということのようですflair

実際の注文は2人で、「レバ刺し」2人前、美味しかったです、醤油タレが掛かっていたような、

焼物は「心臓」と「さがり」を3本づつ、@80円とこれもお値打ち、カウンター内の焼き台で焼かれます、

大きな鍋に串が多数突っ込まれている味噌煮からは「豆腐」を2人前、そして「血管」、うんこれもイケました、太い血管が出てきます、そして正体が不明だった「はんぺいあか」、あてずっぽうで頼んでみたら、見た目ウインナーのような赤いものがやはりそれでした、うん、味は普通のはんぺい=はんぺんと一緒ですかね、

と、慌ただしく注文、これで日本酒も2杯いただきました、

ワタシ的には非常に気に入りましたshine、少々店員さんの厳しい指導もこういう店ではよくあること、慣れればいいのでしょう、メニュー構成もなんとなく分かりましたので次回はもっと要領よく楽しめるでしょう、写真撮影禁止は残念ですがこればかりは、、、

このところ撮影禁止に転じるお店が散見されるのが残念ですねcatface、、、

あらためて2回目挑戦必至です、もう一度じっくりと楽しみたい店ですね、名古屋金山の焼きとん「石田屋」、また来ますね、

いきなりディープな店に行ったのでK氏も大変だったでしょうhappy02

近くの立ち呑み「大安」で飲み直しましょう、こちらは先日一度訪問しているのでその安定感は間違いありません、ゆっくり飲めるでしょう、

ということで「大安」、左手のカウンターでは皆さん椅子利用で飲んでおられますが立ち飲みでイイので右手カウンター奥に着きます、

焼酎の水割りかなんかにして、料理は「ブロッコリー」、

004

「ポテサラ」、

005


「すずき昆布〆」、ここは刺身類も安くて旨いです、

008

「まぐろ刺身」、

010

「白子天ぷら」など、

012



肴はだいたい200円から300円くらい、美味しさ補償、二人で4杯飲んで2230円也とやはり安いです、ここはほぼ千ベロで行けそうですねwink

さて、2軒回りました、帰りましょうか、金山の立ち飲み「大安」、ここはもうテッパンですね、間違いないです、また来ますねheart04

では、そろそろと大阪へ向かいますbullettrain

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

神戸魚崎の「松屋酒店」の後です、角打ち「濱田屋」でアルコール研究に励みました^^)。

【2012年10月30日(火)】

神戸 魚崎 「濱田屋」

さて、初入店の神戸魚崎の「松屋酒店」の後です、

もう一軒行きましょう、すぐ近くにある「濱田屋」さんです、

ここは2年ほど前から狙っていたのですが未入店でした、一度はお隣の駅「住吉」の立ち呑み「まる」で飲んだあとに前まで来たのですが、予想の外観と違うのにちょっと簸るんでしまい、すでに2軒飲んでいたこともあり入店しませんでしたsweat01

その時の記事はこちら、 

さて、今日は間違いなく入店しますよdash

というのも「松屋酒店」同様、「濱田屋」さんもカメラマンのKさんの紹介です、先日ここで中川五郎さんのライブがありお誘いをいただいたのですが、その日は都合が合わず来れなかったのです、今日は、、、間違いなく入りますwink

「松屋酒店」の前の道を南へ、R43号線を渡り西へ、高架沿いに「濱田屋」さんがあります、

028

完璧に酒屋さんなのですが意外に大きいビルです、最初に来た時もこの大きさが“角打ち”のイメージとは少し違ったので入店しませんでしたsweat02、、、

今日は躊躇なく入りましょうhappy01

入った途端にレジカウンターがあり、その前に惣菜の皿がラップを被って並んでいます、

030

ふむふむ、これは自分で取れということですな、

レジカウンターの中には大将がにこやかに立っておられます、もうその笑顔だけで「濱田屋」ファンになりましたlovely

では、ここは初めてですから謙虚に訊きましょう、

あの~初めてなんですが、飲みたいのですがどうしたらいいんでしょうか?料理も飲み物も自分で取ってください、すいませんね、不精な店で、、、みたいな会話を交わしたような、、、とりあえず予想通りです、ビールなど飲み物は冷蔵ショーケースなどから自分で引き出す、料理、乾きモノなどの肴もとりあえず店内にあるものは自分で取ってこのレジカウンターで清算するみたいです、

日本酒はすぐ目の前に一升瓶で並んでました、

041

これもコップ一杯自分で入れるそうです、

いろんな形のコップが並んでいましたが、、、どれでも入る量は一緒やから(笑)、いっぱいいっぱい入れてください(笑)、と大将、ますますファンになりましたhappy01

では、「大黒正宗」コップ一杯250円也にしましょうか、御影辺りはこの「大黒正宗」をよく見かけますね、

そして料理は「茄子と挽肉のパスタ」200円也、

034

料理名はラップの上に貼ってあるものもありました、このネーミングが書いてあったのかどうか?憶えていませんが、たぶん書いてあったのでしょう、

さて、飲む場所ですが、レジカウンターの左手に暖簾が掛かっておりその奥に立ち飲みスペースがあります、ここで飲むようです、、、あっちでも飲めるんですが今日は貸切なんですわ、、、大将が右手奥を差して説明していただきます、ほう、あちらが貴賓室とかいう呼び名のスペースのようですねhappy02こちらのBlogで読んだ記憶があります、

ではでは、まずはお勘定、450円也を支払って左手の暖簾をくぐって立ち飲みスペースに入ります、

038

6畳位のスペース、真ん中に立ち飲みテーブル、壁にも小さな立ち飲みテーブルがあったような記憶が(2軒目なのでちょっとあやふやcoldsweats01)、先客は2組3名様、コップの日本酒をこぼさないようにテーブル真ん中に着きます、

031

ではいただきます、こういうイイ感じの店で飲むコップ酒はサイコーですね、きゅ~って感じで喉を通って行きますwink

立ち飲みスペース内を見回すと、『濱田アルコール研究所 四規則』なる貼り紙を発見sign01、これがまたエエ感じですhappy02

035

1、 コップ食器類は カウンターに返却すべし
2、 研究終了後はきれいに かたづけて帰るべし
3、 大声、奇声は慎み 静かに研究すべし
4、 喧嘩したる者百年間 出入りを禁ず

はい!!大いに気に入りました、その通り!!と大声を上げそうになりました、、、いかんいかん、静かに研究すべしだhappy02

そうかここはアルコール研究所だったんだflair

それはそれは、ワタシとしたことが勉強不足でした、ふわっとした気持ちで入店、いや入所してしまい申し訳ない気持ちで一杯ですhappy02

そうと分かれば一層研究に励まなければいけませんdash、ではもう一杯研究させていただきますdash「大黒正宗」に絞り込んで深く静かに研究いたします、料理は「肉大根」250円也、

043

後から研究者の方も続々入所、

それぞれ飲み物のバリエーションが豊かです、ビール、発泡酒、ワインに日本酒、ハイボールや焼酎系の缶など酒屋さんならではの研究範囲の広さです、

こんな良い店ならもっと早く来ればよかった、と心から思いました、これからも在野の研究者としてなるべく足を運びたいと思いますhappy01、神戸魚崎の「濱田屋」、また研究させてくださいsign03

【おまけ】前日のランチは駅前第2ビルB2Fの「四国屋」で、

『「鶏うどん」を玉子でとじて』と注文、

と店のお姉さんが『親子ですね』って、あそうか!メニューにはないんだけど親子でイイんだflair

0141029

ここのうどん、讃岐うどんですが独特の粘りが美味いですheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

平日の夕方、休みなので早めに繰り出しました、阪神「魚崎」駅近くの角打ち「松屋」。

【2012年10月30日(火)】

神戸 魚崎 「松屋」

今日は休暇でした、訳あってプライベートゴルフへ、ゴルフほんま久しぶり、半年ぶりです、スコアは・・・相変わらずですsweat02、、、

さて、ゴルフ場へは車で行ったので当然ながら飲めません、ので宴会もなし、プレー終了と共に解散です、これはイイことですね、グズグズしないでさっと帰る、エエ感じです、それに関西はゴルフ場が近いのです、4時前には家に帰着、

さてどうしますか?って、、、

そりゃ飲みに行くしかないでしょうhappy02、そろそろと酒場には灯が燈る頃です、ではではあらためで出掛けます、

今日のお目当ては阪神電車「魚崎」駅近くにある立ち飲み2軒です、

先日、そのうちの1軒の立ち飲みで中川五郎さんのライブがありました、都合がつかず行けなかったのですが、その店は前から行きたいと思っていたのでこれを機に行くことにしましたgood

と、カメラマンのKさんからまたまた耳寄りな情報が、、、

『その手前にも良い立ち飲みがもう一軒あるよ』

とのこと、イイじゃないですが、今日はその2軒をまとめて面倒見るつもりです(なんのこっちゃhappy02)、

阪神電車「魚崎」駅、

人口島:六甲アイランドに繋がっている“六甲ライナー”という新交通との乗換駅になったので今や特急も止まる駅に出世しましたね、何度か乗り降りしたことはありますが駅周辺に飲み屋がなかったので、この辺りで飲むのは初めてですね、お隣の「住吉」や「御影」では良く飲んでいるのですが、

「魚崎」駅を降りて南側へ、

43号線を越える横断歩道がある道まで東へ向かいます、南へ折れると43号線の横断歩道の手前に1軒目のお目当ての店がありました、

025

「松屋酒店」、酒屋です、

で、勿論角打ちもあるということだと思います、時間は17時過ぎだったかな、もう開店されているようですが、外から中の様子を窺うと客も店主も見えません、どうしようかと一瞬立ち止まって躊躇していると、店の横手でご主人らしき方が作業をされていました、目が合ったのでそれをきっかけに入店します、ご主人も店に入って来られました、

どうもどうも、初めてです、みたいな感じで店内のメニューを見回します、

飲み物は?え~っとビールを少し、缶ビールがありますが、瓶は多いので缶にしましょう、スーパードライは避けたいので、、、一番搾りがあります、ではそれで、、、と大将表に出て自販機で「一番搾り」を買ってこられましたhappy01、どうやら店内に在庫がなかったのかな?、

019

店内はこんな感じ、

017_2

5~6人は立てるカウンターと、壁際に小さな立ち飲みテーブル、ぎゅうぎゅう詰めれば10数人は飲めますね、まだ新しい感じですが落ち着いた店内です、

016

メニューはこんな感じ、角打ちですが魚系メニューが充実、他の料理メニューにもなにかこだわりがありそうですshine

ではまず、お奨めらしき赤線が入っている「コハダ(コノシロ)の酢味噌和え」280円也にしましょう、

018

そろそろとお客さんが入って来られます、お一人は常連さん?もうお一人はどうやら初見のようです、ワタシのお仲間かな?happy01

店内のTVではこの日執り行われた歌手の桑名正博さんの葬儀告別式とその後の御堂筋パレードの様子が流れています、哀悼think

缶ビールを飲み終えて日本酒にします、

定番の銘柄は「太田酒造十九代本醸造上撰」250円也、こんなチロリ?じゃないなあ、片口なんとかかな?、、、で出てきました、うん、日本酒はこういう風に飲むと美味しいですね、器も大切wink

024

もう一品、「宇和島じゃこ天」200円也を注文、

022

さっと焼いて出てきました、これで200円はお得な感じです、

さて、もう一軒行くつもりですのでこれくらいでお勘定です、1030円也、ご馳走様でした、ええ感じです、料理もなにかこだわりがあるというか、もう少しいろいろと食べてみたかったですね、これはまたあらためてお邪魔しそうです、魚崎の「松屋酒店」、また来ますねheart04

では、2軒目へ向かいますdash

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

昼過ぎの渋谷、では台湾料理の「麗郷」で昼飲みと参りましょう、そして東向島の「丸好酒場」へ。

【2012年10月27日(土)】

東京 渋谷 台湾料理「麗郷」

今日は渋谷で昼飲みですwink

昨晩は大学の後輩の面々と会食、皆立派な大人になっておりましたhappy01

そして今日は朝から少しの所用を渋谷で済ませます、時間は昼過ぎです、ではランチにしましょうか?渋谷でランチというと「鳥かつ」がまず浮かびますが、今日は台湾料理の「麗郷」にしましょう、半年ほど前に会社の同僚に連れて来てもらいました、店の雰囲気が“美味しいぞ~”と訴えかけていました、ので、ぜひ再訪をと狙っていたのですheart02

118

広い店内、ランチの時間を少し過ぎていますので空席はあります、とはいえひっきりなしに入店があるようですね、

129

一人客ですのでカウンターを奨められます、目の前に「自家製のソーセージ」?がぶら下がっていますhappy02

128

とりあえずのビールをお願いします、瓶ビールでね、

120

サッポロの生ですね、嬉しいですshine

メニューを見ながら料理を検討します、

前回訪問時は本当のランチでしたので「ビーフン」を頼みました、名物らしいです、今日もまたビーフンを食べたいとも思いますが、せっかくなので別の料理にしてみます、

まずは「家常豆腐」1200円也にします、厚揚げの旨煮ですね、こんな名前なんですね、家庭料理なんでしょう、量的にはこれで充分だと思いますが、できればもう一品ということで「肉焼売」500円也を注文しました、

店内は如何にも台湾料理の老舗感が溢れています、

土曜日の昼下がりということで昼飲み組も多いです、最近は定年を迎えた?男性のグループがよく飲んでおられるような気がします、ここ「麗郷」でもやはりおられました、後はカウンターで黙々と一人飲みの先輩もおられますね、

まあワタシもその類ですがcoldsweats01

130

目の前で調理をされています、割とのんびりした感じですね、まあこんなもんですか、「餃子の王将」のキッチンが騒々しいのかhappy02

まずは「肉焼売」が先に来ました、大き目の焼売が4つ、ビールに合います!!

123

そして「家常豆腐」、

127

やはり予想通り量は多いですねcoldsweats01

ねぎ、椎茸、タケノコ、ピーマン、ニンニクなど盛りだくさん、メニューでは『揚げ豆腐の辛子煮込み』というキャプションが付いていました、“厚揚げ”は好物なのですが、それでもこれは相当得点高かったです、旨い!flair

ビールを少し残して日本酒300円也に変えました、

もう少し料理を楽しみたいとは思いますが、「肉焼売」4つと「家常豆腐」一皿でもう満腹です、これでお勘定にします、2600円程、やはり台湾料理は一人ではもったいないですね、次回は2人3人でいろんな料理をいただきたいものです、渋谷の台湾料理「麗郷」、また来ますねheart04

この後、新幹線に乗る前に久しぶりに東向島の「丸好酒場」へ顔を出しました、

「レバ刺し」が名物だったのに、やはり「丸好酒場」でもメニューからなくなりました、行政の指導もあるようです、残念ですheart03、「レバ刺し」好きとしてはなんともお子様向けの法律が恨めしいです、

「センマイ刺し」と「じゃがカレー」にハイボールを2杯ほどいただいて帰りました、「丸好酒場」、お母さんもまだまだお元気です、「丸好酒場」、また来ますねheart04

では新幹線で帰阪ですbullettraindash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

この日は河豚料理の会食です、その前にあの店、この店、忙しい一夜です。

【2012年10月26日(金)】

東京 駒込「立呑ひろし」~御徒町「佐原屋」~「八幡屋」

今日は東京に居残ります、

夜に大学の後輩方々と会食の約束があります、会場は御徒町の河豚料理「八幡屋」です、バンドメンバーのNさんに教えてもらった店ですね、それなりの料金でボリュームいっぱいの河豚が食せるお店です、

とはいえ、開宴が遅い時間です、どうしましょうか?ちょいと行きたい店もあるので先に一杯飲んでいくことにしますhappy01

まずは駒込の「立呑ひろし」、山手線でもまだ下りたことのない「駒込」駅です、イイですね、初めての駒込です、

082

ほう、「旧古川庭園」も近くなんですね、なるほどflair

ここに来たいと思った理由のひとつがそのここら辺りの地名が“中里”だからです、

「駒込」も初めてきますが、京浜東北線の「上中里」という駅も降りたことがありません、ワタシ的には酒場情報もあまりなく、つかみどころのない駅が「上中里」駅でした、でも今日の1軒目「立呑ひろし」の住所はなんと“中里”なのです、せっかくですからこれはちょっと行ってみましょうよ、という気持ちになりました(やや意味不明ですかcoldsweats01)、

「駒込」駅、田畑側の出口を出て左へ曲がります、すぐに下町の商店街が拡がっています、ほんの少し歩くと右手に「立呑ひろし」がありました、意外と新しい感じのお店ですね、ではでは入ってみましょうか、

074

10人ばかり立てる逆L字カウンターと、壁際にも小さな立ち飲みテーブルが付いています、先客が5人ばかり、ホッピーがあるのでお願いします、カウンターの中ではダンディな先輩が注文を仕切っておられます、奥に調理担当の方がおられるようです、常連率は75%くらいな感じですね、常連さんが多いけれど一見さんも結構入って来られそうな店です、

あ、キャッシュオンですか、ホッピーセット350円也ですね、はい、

075

壁に貼ってある短冊メニューから料理は「焼き茄子炒め」250円也にします、

078

ぼつぼつと入店が続き込んできました、

茄子は、、、熱いですcoldsweats01、でも旨いlovely、シーズンですからね、丁寧な調理のような感じです、

小奇麗な立ち飲みでしたね、今日はゆっくりできないのでこれにてお勘定にします、というかキャッシュオンでした、ではこれで失礼します、またゆっくり来ますねheart04

では「駒込」駅から山手線で「御徒町」駅を目指します、会食の「八幡屋」の前に後輩のO氏と「佐原屋本店」待ち合わせています、忙しいですね今日は、



「佐原屋本店」はJR「御徒町」駅のガード下にあります、

二度ほどお邪魔しています、表は八百屋か何かだったような記憶があります、その横から酒場に入れます、長い一直線のカウンターに店です、反対側にもカウンターがありますがワタシが入った時は荷物置き場になっていましたね、

ということで「御徒町」駅を降りて、勝手知ったる通りを歩いて行くと、、、あら!「佐原屋本店」がありましたが、、、新装開店です、まったく前の面影がありません、これまた小奇麗なお店に変身していました、ビックリsign02

084_2

ここで待ち合わせなのでとにかく入ります、

店内のレイアウトも全く変わっています、左手に逆L字カウンター、ここが混んでいます、カウンターが常連さんの上席のようです、右手にテーブルが3つほど、奥には座敷席もあります、

一人なんですが後でもう一人来る予定です、ではテーブルにどうぞ、すいませんねえ、では失礼して、え~っと「島美人」350円也をロックで下さい、はい、

086

それと「煮込み」350円也もください、

088

忙しそうなフロア担当は3人ほど、前の「佐原屋」と同じく女性店員さんが多いですね、

なんとなく見覚えのあるお母さんに訊いてみました、ここ改装されたんですね、そうなの、ほんの4か月前に開店したところです、とのことです、4か月前ですか、そうですか、なんかもう少し早く来て前の「佐原屋」にも入っておきたかったような気がします、綺麗で良いのですが前の雑然とした店内も良かったです、、、

085

おっつけO氏が後輩のS氏も伴って来店、一杯飲んで一品づつ頼んで一段落したらもう時間が来ました、お勘定にします、お母さん、ご馳走様でした、また来ますねheart04

ということで、やっと本来の会食会場である「八幡屋」に向かいます、JRの高架を潜ってもう一筋向こう、ちょいと左に曲がると「八幡屋」がありました、

091

定刻少し前に入ります、3階の座敷です、少しして続々と後輩方々が集合、この度転勤で単身赴任を始めたU氏が遅れていますが始めましょか、

今日は河豚料理のコースです、

「先付」、

092

「白子豆腐」、旨い!、

095

「吸い物」も出て、、、

そしてお目当ての「てっさ」です(これで4人前)、

097

東京では「ふぐ刺し」とでもいうのでしょうか?

関西では間違いなく「てっさ」ですね、ここはまずボリュームです、トラフグではないかもしれませんがイイんです、皮も旨いです、

これは「白子とぎんなん」かな、もうここらでお腹一杯ですhappy01

102

そして「てっちり」、

105

東京では「ふぐちり」なんでしょうか?

ここはやはり「てっちり」でないと雰囲気が出ませんね、これまたボリュームたっぷり、骨付きもほとんどないので食べやすいです、唯一困るのはもうすでにお腹が一杯だということですhappy02

最後に雑炊を少しだけ、ホントに少しだけ作っていただきました、

ふ~、今日も良く食べ良く飲みました、マル!!年に一度は来てみたいですね、御徒町の河豚料理「八幡屋」、ご馳走様でした、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

長い一日の締め括りは浅草橋の「西口やきとん」、“がつの醤油焼き”が新鮮な味でした。

【2012年10月25日(木)】

東京 浅草橋 「西口やきとん」

今日は長い一日でしたcoldsweats01

朝から広島へ、ランチは広島駅ビル2Fでお好み焼きheart02

午後は大阪で仕事、そして夕刻に大阪を出発してなんとか21時頃に東京へ到着、明日は本社で朝から会議です、ここは明日への英気を養いましょうgood、というこうことで荷物を持ったまま酒場へ直行ですhappy01

どこへ行こうか迷いますね、

東京駅に近い店なら八重洲の「ふくべ」となりますが、先日も訪問したところです、今日はどこかほかの所へ行きたいですね、とはいえ東京駅から便利が良いところ、この時間でもまだ入れる店、、、と、条件を出しながら脳内検索、、、ピコン!!、思いつきましたflair、まだ行ったことがない有名店、たしか夜遅くまでやっているはずです、

総武線「浅草橋」駅近くの「西口やきとん」へ行ってみましょうshine

東京駅から山手線で2駅「秋葉原」で乗り換えて1駅で「浅草橋」です、

「西口やきとん」へは一度探訪しようと向かったのですが、場所をしっかり確認してなかったので発見できずに(まだスマホもなかった時代)断念heart03、それ以来なぜか足が向いてなかったのです、今回は迷うことはありません、ちょっと路地に入らないといけないのですね、はい、今日は無事到着です、

056

もう時間が遅いので空いていますね、

本立ち飲みのようですが奥にはテーブル席もあるようです、とりあえず一人客であることを告げます、焼き台のある方のカウンターは満員だったので反対の壁に向かったカウンターを奨められます、

飲み物はビールでもイイんだけど、こういう店は焼酎系の飲み物が良いですね、メニューのトップにあった「レモンハイボール」をお願いします、それと「煮込み」200円也と「きゅうり」100円也も下さい、

ふ~、長い一日でした、朝広島へいたのが昨日のような感じですね、

043

「レモンハイボール」、この手のチューハイはあまり飲まないのですが、飲みやすいですね、その分グビグビ行ってしまいそうです、

「煮込み」は小振り、意外にあっさり目です、野菜たっぷりですね、

040

そして、「きゅうり」、

038

目の前の壁にこんなアプリのポスターがhappy02

042

なんと吉田類さんとツーショットが撮れるアプリだそうです、笑えますhappy01、買う?いや、止めときましたhappy02

さて、では焼き物に入りましょうか、焼きとんの店ですからね、

期待できます、え~っと、“カシラ”に“ナンコツ”、“ガツ”“ハツ”をお願いします、すべて@100円ですね、1本から注文OKですので1本づつお願いします、焼き方はどうします?あ、では“塩焼き”でお願いします、分かりました、でも“ガツ”は醤油焼がお奨めなんです、美味しいですよshine、お、そうなんだ、では“ガツ”は醤油焼でお願いします、

それと飲みモノは「ホイスボール」をお願いします、メニューにもありましたし、これまた壁にこんなポスターが貼ってありましたので、

049

東京でも「ホイス」を置いている店は少ないですね、

「ホッピー」が東京を席巻、関西や地方にも根を伸ばしているのに比べるとあまりにも少量生産、でもちゃんと脈々と飲み継がれている感じですね、ワタシが初めて「ホイス」を飲んだのは恵比寿の焼き鳥「田吾作」ですね、先日も久しぶりに飲みました、もう一軒どこかで見かけた憶えがあるのですが、、、忘れましたcoldsweats01

ここ「西口やきとん」では「ホイスボール」という表記ですね、炭酸で割ってあるということですが、普通の「ホイス」というのも炭酸で割ってあると思います(「田吾作」ではね)、

はい、「ホイス」です、

044

「ホッピー」がビールの代用酒として発明されたとすると、「ホイス」はウイスキーハイボールの代用酒でしょう、東京下町の「焼酎ハイボール」に通じるものがありますが、「ホイスボール」の方が主張が強いような気がします、独特の味わいであります、

さて、焼き物が来ました、まずはお薦めの「ガツの醤油焼」、

046

なんだかお淑(しと)やかな感じですねhappy01

で、味も上品ですflair、まさに醤油の味付けでガツがしっとり上品に変っています、ワタシには新しい味です、OKです!、

そして残りは塩焼きできました、スタンダードな感じの焼とんですがしっかりインパクトがあります、“カシラ”はアブラの部分、好物ですlovely、ちょっと立石の「宇ち多”」の“アブラ”に通じるものがあります、旨い!!good

051

これで「ホイスボール」もクイクイと進みます、お替りお願いしま~す、

そして焼き物も追加です、好物の「カシラ塩焼き」とお薦めの「ガツ醤油焼」をもう一度お願いします、気に入りましたwink

055_2

そして一品で「マカロニサラダ」200円也で仕上げました、

054

これでお勘定です、2000円弱ってとこだったかな?

やっと探訪できました、浅草橋の「西口やきとん」、なるほでイイ感じで飲めました、焼きとんも美味しかったしね、さすが有名店、また来ますねheart04

057

お向かいにはこんな店もありました、姉妹店でしょうね、

さて、どうしましょうか、いい気分なので荷物はありますが「秋葉原」までぶらりと歩きますか、ね、総武線の高架沿いに西へ「秋葉原」駅を目指します、

途中で発見がshine

総武線の高架ですが一部のみ綺麗なアーチ形の橋脚がありました、

058

専門探訪分野ではないのですがなかなかの構造物に見えました、エエ感じですhappy01

もう少し行くと秋葉原の繁華街飲み屋街でした、皆さん、盛り上がってます、

067

では、メトロ日比谷線の「秋葉原」駅から帰路につきます、お疲れ様でした、

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

この日のランチは広島駅ビル2階飲食街のお好み焼き「麗ちゃん」、行列が出来る人気店でした。

【2012年10月25日(木)】

広島 広島駅ビル お好み焼「麗ちゃん」

今日は朝から広島へ向かいました、

新神戸駅で先発の鹿児島行き「さくら」を見送りました、

018_3

この列車、一度乗ってみたいなあ、まあ引退後の楽しみかhappy01

先日、はじめて「さくら」か「みずほ」だったかに乗ったのですが、普通車も「のぞみ」のグリーン並みの1列4席シートなんですね、

(*下の写真は別の日に乗った「みずほ」)

029

時間の都合が良かったので何気に携帯で予約変更してすっと乗ったので料金をよく確認していませんでした、あれ?これって通常の「のぞみ」より高いの?出張規定では出ないよ!!sweat01と心配しましたが通常料金でした、広島へ行くには「さくら」「みずほ」の乗るのがお得!ということですねshine

さて、この日は「のぞみ」で朝早くに新神戸から広島入り、朝のうちに緊急の対応を済ませます、

ではひとまず大阪へ戻りましょうか、夜には東京へ入っていないといけませんdash、でもその前に大阪でも用事があります、忙しい日ですcoldsweats01

とはいえ、、、ランチは広島で食べて行きましょうhappy02

時間がないので駅ビルの2階にある飲食街に上がります、一度、ここで尾道ラーメンの店に入ったことがありますね、さて今日は、、、お好み焼きを食べてみましょうか、2階には10数店舗の店が入っています、そのうちお好み焼き屋さんが5軒くらいあるのではないでしょうか、さすが広島good

時間は11時過ぎ、まだ早い時間なので各店とも開店したばかりですが、、、すでに行列ができている店がありますsign03、お好み焼きの「麗ちゃん」、

031

何の事前情報も持っていないのですが、、、きっと人気店なんでしょうね、

他のお店にはまだお客さんが誰もいない状態で、この店だけが満員行列です、ふ~ん、どうしようかな、と一通り飲食街を見て回ります、やはり他はまだ開店準備中かな~という感じでゆっくりと営業開始されている感じ、どれくらい待つのか分かりませんが、ここは行列に並んでみましょうか、と「麗ちゃん」へ戻るとどうぞ、との声、どうやらお待ちのグループはテーブル席待ちのようで一人客ならちょうど1席空いたようです、グッドタイミングです、ではでは、入店いたしましょうheart02

目の前が鉄板、調理のお父さん、お兄さん、お姉さんが6~7人でお好み焼きを大量生産中です、休日ならビール!といきたいところですがさすがに今日は飲めませんheart03

お好み焼きのメニューを眺めます、一番人気は「全部入り」の広島焼きとのことですが1000円を超える豪華版、一介のサラリーマンとしてはビビります(気が小さ過ぎcoldsweats01)、定番みたいな表示があった「イカそば入り」930円也をお願いします、

と、フロアのお姉さんがオーダー確認、そばとうどんがありますが、あ、そばでお願いします、(へ~、うどんもあるんだね、そばのイメージが強いけど)、

なんてぼーっとしていると、続けさまに確認、食べるのは皿でイイですか??、、は??はい、、、と応えたものの一瞬意味がよく分かりませんでした、で、周りを見回すと、、、

021

なるほど、食べ方は焼いたお好み焼きをさらに乗せて箸で食する方が多いのですが、数人は目の前の鉄板にお好み焼きを置いて“てこ(こて)”で食べておられます、なるほど、鉄板か皿かをオーダーできるんですねshine

小さい頃のお好み焼き、駄菓子屋で頼むと新聞紙に包んでくれたのを立ち食いしていました、ちゃんとした店のお好み焼きも鉄板から直接“てこ(こて)”食べてました、今は切ったお好み焼きを一旦小皿にとって箸で食べたりもしますね、でもたしかに1枚をそのまま皿に入れて食べるのはないかもしれませんね、これも広島アレンジですね、

022

目の前で大将が調理開始です、薄く生地を引いてたっぷりのキャベツ、そばは後ろの方で茹でておられます、これも関西とは違いますね、関西では茹でずにて鉄板で少量の水で炒める感じです、そのそばには調味料の他にケチャップが掛かりますflair、ほう、この辺りが人気の秘密ですか?wink

充分に焼込んでギュギュっと押し付けて、はい、出来上がりです、

029_2

こんな感じ、ソースは普通の方が掛かってます、とのこと、ソースはもっとだぼだぼの方が好みなんですがとりあえずこれでいただきます、

うむ、やはり関西のお好み焼きとは別物ですね、

生地は少ししかないのですがねっとりとした歯ごたえ、そばはもちもちとパリパリの混合状態、キャベツの味がしっかりとしていて美味しいですheart02、玉子も入っているのですがこれが“雲丹”かと思うような鮮やかな色合い、これもまた売りのようです、

イカはゲソも入ってますね、これも関西とは違います、関西ではあまりお好み焼きにゲソは入りません、

これが重層に重なっているわけですが、しっかりと切れていないので重層状態のままパクリといくのが難しいです、箸では切りきれないので結局各パーツ毎にばらばらに食すことになります、皿で食べるのは上品でイイですがやはり本来は鉄板で“こて(てこ)”でしっかり切り分けてガッツリ行くのが良いかなと思いました。

やはりソースはもう少し多い方が好きなので足し掛けます、カウンターには2種類のソースがあります、すでに掛かっている普通のソース(もちろん「麗ちゃん」特製やと思いますが)と、辛口です、両方とも掛けてみました、はいはい、やはりだぼだぼソースも旨いですhappy01

これで完食、ボリュームも満足、では急いで大阪に帰りましょうか、広島駅の駅ビル(正面側)2階の飲食街「麗ちゃん」、人気のお店なので入ってみました、また来ますねheart04

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

元町の“金盃”が復活!?、ではさっそく行ってみましょう、神戸元町「カンパイ」から焼肉「平和」へ。

【2012年10月20日(土)】

神戸 元町 「カンパイ」~焼肉「平和」

今日は神戸三宮で一杯です、

「金盃」という酒場、三宮に1軒ありました、

一品モノや天ぷらが充実、そこそこ使いでが良かったので何回か訪問していましたが、、、先日前を通ると・・・「居酒屋金ちゃん」に変っていたようなsweat01、たしかここですよね、、、

028

焼き鳥のんちゃんの姉妹店ですか、、、

027

ショルダーには焼き鳥唐揚げあります、、、そうですか、唐揚げね、好きですけど、、、若者向け居酒屋に変っちまったのでしょうか?残念ですheart03、、

と、逆に一旦閉店していた元町の「金盃」が復活した!との噂も耳にしました、閉店した元町「金盃」には行ったことがありませんが、復活した店の場所は分かります、今度はちょいとこちらの「金盃」を覗いてみましょうか、

ということで二人で新生なったと思われる元町「金盃」へ行ってみました、

場所はJR・阪神「元町」駅の前の道南側を西へ200mほどでしょうか、すぐに見つかりました、

001

看板、暖簾には泉正宗「カンパイ」とありますね、提灯は「金盃」、ここもまた微妙に複雑な家庭の事情があるようですhappy01

土曜日の19時頃、店内は3部の入り、高いカウンターとテーブル席が4つほど、今日は二人ですのでテーブル席を所望します、とりあえずの「生ビール」470円也2つと「小松島のちくわ」160円也というのが気になったので即注文、

では、カンパ~イです、

007

雰囲気は懐かしい居酒屋を目指していますが、まだ出来たてなのでなんだか妙に小ざっぱり見えます、

008_2

追加の注文は「刺身盛合せ」680円也、

005

3品、ハマチ、マグロ、鯛でしょうか、まあまあです、

続いて「卯の花」210円也、

002

「ポテサラ」260円也、

003

日本酒を常温でいただきます、ガラスコップには“泉正宗”の文字が、“金盃”との関係や如何に!?happy02

010

他に「あら炊き」、

012

「串カツ」なども注文していますね、

015

これでお勘定にします、

う~ん、開店したてだからか?どうもまだ雰囲気が出ていませんね、奥には部屋もあって予約客で賑わっていましたので常連さんも付いているのでしょうが、、、ちょっとどういう店になるのか?分かりにくいですね、神戸元町の「カンパイ」(元「金盃」?)、また様子を見に来ましょう、

どうも中途半端なのでもう一軒、ということで帰り道で前を通った焼肉「平和」に衝動的に入店、2軒目に焼肉という暴挙に出てしまいましたhappy02

ホント久しぶりですね、10年振りくらいかな、お母さんも少し雰囲気変わりましたがご健在でした、お元気で何よりですhappy01 

018

今どきの無煙ロースターかと思ったら違いましたが、でも、昔の煙モクモクの状態でもありません、換気装置が良くなったのかな?、もうビニール袋に上着は入れないんですね~、お母さんが袋あるけど入れる?と訊いてくれます、いえいえ大丈夫ですcoldsweats01、このままいきますよ~、

2軒目ですが定石通り「塩タン」から始めます、

019

そして「ハラミ」「ミノ」「テッチャン」のゴールデントリオheart02

024

あ、ワタシは白い御飯も下さいhappy02

ということで、なぜか焼肉で〆てしまったこの日の元町探訪となりました、ごちそう様です、三宮高架下の焼肉「平和」、美味しかったです、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »