« 大阪駅前ビルに新しい立ち飲みが!「徳田酒店」、そして安定感抜群の「山長酒店」へ。 | トップページ | “大人の遠足”姫路編②、なんと「プロ酒場」は休み!?で、姫路おでんを食しに「一成だるまや」へ。 »

2012年11月14日 (水)

“大人の遠足”姫路編①、姫路駅前の飲み屋街発見、まずは「初代神酒」へ。

【2012年10月6日(土)】

兵庫 姫路 「初代神酒」

さて、“大人の遠足”シリーズです、今日は姫路へ行ってみましょう

兵庫県姫路市、

神戸三宮からJR新快速で45分足らずで着きますがなかなか行く機会がありません、でもなんとなくB級グルメの匂いがします、きっと良い酒場もあるはずです、そのうちに行こうと狙ってました、下調べも少ししました、では本日は姫路まで電車でGo!です

が、その前に今日は「芦屋バル」も開催中ですね、

ご近所のHさんの店も参加されているそうです、芦屋のワインガーデン「リブゴーシュ」、今日の料理担当は「落語と東北料理を楽しむ会」で料理を担当していただいているNさんです、HさんとNさんはたまたまのお知り合い、奇遇ですね

昼過ぎに「リブゴーシュ」に行ってバルメニューをいただきます、キールロワイヤルとこんな料理、ワタシには似合わんなあ

001

さて、ここは1杯で切り上げて姫路へ向かいましょう、

三宮まで阪神電車に乗って、そこでJRに乗り換えます、新快速なら45分ほどですが混んでいそうなので先に来た快速に乗ります、空いてます、

これで姫路まで行く予定で少し本を読んで、うつらうつら、気が付くと新快速待ちです、さっきも抜かれたので2本目ですね、思いの外快速では時間が掛かるようです、新快速なら「姫路」駅は次駅のようですし、ここは乗り換えましょう

はい、久しぶりの姫路到着です、

ホント久しぶりです、ずいぶん前に仕事で来た憶えがあります、もう10年ほど前でしょうか、その前も仕事?その前は??でももっと昔に姫路城を見た覚えがあるのでなにか旅行で来たのかもしれません、まったく憶えがりませんが・・・

下調べで東口の方の飲み屋街に目星を付けています、

駅前再開発?の工事中の通路を抜けるとすっと視野が広がり、目の前に立ち飲み屋がありました、こういう時は思わず「よし!」という気持ちになりますね

004

店の名前は「播州一献」?、

いやこれは酒の銘柄のようですね、店名は「初代神酒」のようです、あ、ここも下調べででてきましたね、「初代みきや」と出てたような気がします、“みき”=“神酒”と云う事のようですね、幸先がいいです、あとで来ることにしましょう、

005

その並びにまた気になる店があります、“ビーフカレー290円”の看板に惹かれます、イイ感じです、後で寄りましょう

ここから商店街に入ります、大きな鯛焼きの店もあります、有名店でしょうか?ここも後で寄りましょう(おいおい、何軒行くつもりや)

009



ここら辺りにはすでに開店している酒場が何軒もあります、立ち飲みもあります、目星通りここらが姫路駅前の飲み屋街のようですね、

010

ズンズンと進みます、

今日一番のお目当ての店もすぐ近くのはずです、この辺りの路地裏にあるそうですが、、、この路地ですかね?ちょいと入ってみると、、、ありました、「プロ酒場」です、

015

まだ開いていませんね

何時開店なのか?情報がありません、時間は16時頃、土曜日なので早い時間の開店もあるかと期待しましたが、まだ開いてなくても不思議ではない時間ですね、ではここも後で来ましょうか(まあ、ここは来ないといけませんね)、

そうそう、ここ「プロ酒場」の店名の由来、普通に“プロ”=“玄人”という意味かと思っていたのですが、どうやら“プロレタリア”=“労働者”のプロのようです、労働者の酒場!、イイじゃないですか、ここは絶対に来ましょうね

さて、飲みの時間までもう少し我慢です、とりあえず姫路城へ行ってみましょう、ここからでも歩いて10分くらいで着くはずです、

016

少し道をシフトして大きなアーケードの商店街を北上します、

お城の手前の短いしなびた商店街がイイ感じです、セレクトショップに古本屋、

026

なにやら??なお店、そして交番さえレトロしててイイ感じでした、

028

姫路城は現在“平成の大修理”(かどうか知りませんが、たぶんこんな名前)の修理期間中で大きな覆いに覆われていますので天守閣は見れません、分かっていましたが残念です、でも人手は結構多いですね、桜の季節とかは満員になるんでしょうね、

019

はい、では来た道を戻りましょう、

025

セレクトショップに思わず入りそうになります、でもそろそろお腹が空いてきましたね、血糖値が下がる前に酒場へ入りましょう

第1目標の「プロ酒場」を確かめてみますが、、、まだ開いていないですね

ではまずは最初に見つけた姫路スタンド酒場「初代神酒」へ入ってみましょうか、

049

立ち飲みですね、

047_2

先客は一組、まだ17時過ぎですからね、とりあえずの生ビール450円也、

そして「マカロニサラダ」280円也、

036

カウンターの中にはお姉さんが二人、その後若いお姉さんがまた二人出勤、ほう、イメージと違いそういう感じの体制なんですね、ちょいと意外、

048

ビールはさっと飲み干してお酒にしましょう、

カウンターの上に「播州一献」が並んでいます、ワンカップの方が安いのですがここは1合ガラス瓶の方の「播州一献」390円也にしましょう、ぬる燗にしてください、

040



そして肴の追加ですが悩みました、

あれもこれも食べたかったのですが、メニュートップにあった「ホルモン唐揚げ」500円也にしました、さてどんな料理なんだろう、姫路といえばなんとなくB級グルメのイメージがあるのでこのネーミングにやられました、

042

「ホルモン唐揚げ」、

おう!イメージ違います、こんな感じです、でかいサイコロ状の唐揚げです、では齧ってみます、中はアブラでしょうか?噛み切れません、すごいなあこれ、正直ワタシには濃過ぎました、若者の料理?そうでもないのかな?とにかく、ホルモン好きですがちょっと油濃っこ過ぎました、失敗、、、、

ではこれでお勘定です、1620円也、はい、ご馳走様でした、“大人の遠足”姫路編の1軒目は姫路駅東口すぐの「初代神酒」でした、

さて、そろそろ「プロ酒場」は開いているかな?

|

« 大阪駅前ビルに新しい立ち飲みが!「徳田酒店」、そして安定感抜群の「山長酒店」へ。 | トップページ | “大人の遠足”姫路編②、なんと「プロ酒場」は休み!?で、姫路おでんを食しに「一成だるまや」へ。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “大人の遠足”姫路編①、姫路駅前の飲み屋街発見、まずは「初代神酒」へ。:

« 大阪駅前ビルに新しい立ち飲みが!「徳田酒店」、そして安定感抜群の「山長酒店」へ。 | トップページ | “大人の遠足”姫路編②、なんと「プロ酒場」は休み!?で、姫路おでんを食しに「一成だるまや」へ。 »