« なぜか?今まで知らなかった赤羽駅前の「まるよし」、イイ感じでした、 | トップページ | 年に一度の『テニス合宿&BBQ』、滋賀県朽木の蕎麦屋「永昌庵」で集合です。 »

2012年11月 5日 (月)

大阪萩ノ茶屋に立ち飲み「難波屋」のライブ&立ち飲みを満喫、そしてもう1軒ライブ梯子へ♪

【2012年9月28日(金)】

大阪 萩ノ茶屋 「難波屋」

今日は大阪の萩ノ茶屋へライブを聴きに行きます

金曜日の夜といえば大概は飲みに行くことが多いのですが、今日はライブ参戦です!、、、って、実はライブがあるのが立ち飲み屋のようなのです、あは、ライブを聴きながら飲む!なんてことになりますよ~、これは行かない訳にはいかないでしょう

会場は大阪西成区萩之茶屋にある立ち飲み「難波屋」、

また行ったことありません、場所を確かめると「なべや」で飲んだ帰りに何度か前を通っていますね、ちょっとドキドキする場所柄ですが行ってみましょう

地下鉄御堂筋線「動物園前」駅で降ります、

いつもの“ジャンジャン横丁”方面への出口とは反対の西側の改札から地上へ出ます、少し西へ、そして次の交差点を南へ、「難波屋」はこの先右側にあるはずです、OSを変えたのでi-phoneの地図が使えないのでなんとなくずんずんと南へ向かいます、

この辺りは格安ホテルが並ぶ地区です、昔のような不穏な雰囲気はありませんがなかなか「難波屋」が見つからないのでちょっとドキドキしました、当然ワタシはスーツを着ているのでどうもこの辺りを歩くにはしっくりきませんね、思ったより遠かった「難波屋」ですが、、、

ありました、明るい看板などがなく目の前に来るまで分かりませんでした、

023

ガラス戸越しに見るとL字カウンターの立ち飲みです、

ここでライブがあるんでしょうか?いや、あるはずです、初めての店に入る時は毎度のことですが、、、勇気を振り絞ってガラス戸を引きます

カウンターは9分くらいの入り、混んでいます、

奥に続く壁沿いに奥へ進みます、突き当り手前になんとか半人分のスペースを見つけて入り込みます、手前のご同輩はもうずいぶんとメートルが上がっています、スイマセンね、どうもどうも、てなもんです、ここでもスーツが浮いています、あ~、今日は上着は会社に置いてきたらヨカッタなあ~、と後悔

どうやら奥のスペースでライブがあるようです

今日のプログラムは大塚まさじさんです、が、どうしたら良いのかよく分かりません、お店からの指示も特にないです、投げ銭制なのでとくにライブへの申し込みとか受付とかはないようですね、開演まではまだ20分ほどあります、ではまあ飲みますか、

カウンターの中には4人ほどおられます、

010

入り口近くが調理場ですね、お姉さんにビールを頼みます、小瓶ありますか?ある!250円也、ではそれをお願いします、

それと目の前のカウンター上の大皿から「揚げと菜っ葉」みたいな料理もね、

006

ふ~、ちょいとビールが入ると少しづつですがスーツを着ている違和感も忘れて行きます、お隣のご同輩、メートルが上がるにつれて体が揺れるので体が当たりますがそれも慣れてきました

ビールをさっと飲み干して焼酎の水割りにしましょう、

焼酎のメニューは麦が250円也、芋が300円也とここでは芋が格上ですね、ではここは麦にしましょう、郷に入っては郷に従え、、、ちょっと違うか、、、

と、まず焼酎がコップに並々と注がれます、180ccですね、

011

で氷の入ったジョッキーと水が出てきます、これで250円也という事でしょうか、めちゃ安いです!!(氷は別代金かな)、

軽く3杯は作れそうな感じですね、ではまず一杯目を、、、

でも、このコップからジョッキーへ注ぐのがちょいと難しい、先日も赤羽の「まるよし」で同様の苦難を味わいましたね、ゆっくり入れようと思うとかえってこぼれます、ここは思い切りよく一気に半分くらいの焼酎を注ぎました、やはり2杯作成になりますね、これは、でも2杯で250円也はめちゃ安!です

この頃にライブがスタートしました、

当初はライブが始まったら奥のスペースへ移動しよう考えていたのですが、この頃には奥のスペースも満員、飲み物を持って立ちながら聴くのも辛いので止めました、このままこのカウンターで訊かせていただきます、カウンター奥の方に陣取って良かったです、

022kai

中川五郎さん、バンジョーとギターの弾き語りです

テーマは一貫してプロテスタンティズムですね、戦争、反核、公民権など世事折々のテーマに対して唄での意思表示です、最近は原発問題もね、立派ですね、受験生ブルース、ディランなど、、、

さて、ライブを聴きながら料理をどんどん頼みました、「鶏の甘酢」かな?

012

「まぐろやまかけ」、たしか150円也、安

017

「ニラ玉」、これも150円也、

021



料理はたいがい200円までですね、

まぐろ、はまち、クジラ、焼きそば、さんまなどが200円也、一番高い「ハムエッグ」で250円也、ニラ玉、さんま開きなどは150円也、あ、「馬刺し」は300円也だ、高!って、そんな気持ちになるデフレ状態です

250円也の麦焼酎グラス一杯をお替りして、休憩を入れて約2時間のライブを聴きました、

先程のメートル高いご同輩もライブ目当てだったようで、奥のスペースで聴いておられます、

ご新規のお客さん、お隣に入られます、音楽は良いねえ、なんていう話題から話し始めたのかな?よく憶えていませんがとにかく話の流れで同い年だということが分かりました、この辺りの常連さんのようです、音楽はイイよね!、と何度も握手しています、あは、イイですよ、たしかに音楽はイイんです、また来てね、ねね、なんて言いながら先に帰られました、もうスーツの違和感はもうないですね、酔っぱらってますから

ライブ終盤には店の大将ともお話しました、

どうやら大将が音楽好きでこのようなライブを主宰されているようです、ここではワタシがイイですよね音楽って!なんて、酔っぱらてます、ふと見ると目の前の冷蔵庫に『難波屋オリジナルTシャツ&パーカー』の案内があります、こういう立ち飲みでこういうオリジナルグッズに出会うとは思っていませんでした、大将!パーカー買います!3500円也だったかな?Mです、色は紺、はい、あとこれは投げ銭でお願いします、ね

ということでライブも人情もグッズも手に入れた「難波屋」さん、

お勘定です、はい、1500円!え!?ビールと焼酎2杯(水割りにして4杯)に4品で1500円也ですか、安!!いやはや、嬉しい店だねえ、ご馳走様でした、ライブも終わったのでこれで失礼します、「難波屋」、また来ますね

実はこの後もライブ参戦です

2駅先のJR環状線「大正」駅前の沖縄料理「はいさい」でライブ仲間の「大坂城ジャグバンド結成10周年記念ライブ」やってましたのでお邪魔しました、

030

泡盛を飲めと言われなくても飲みますし

037

唄えと言われれば唄いました(写真は大坂城ジャグバンドです)、

さらに打ち上げにも参加、

053

この日は結構飲みました、翌日はテニス合宿だったのですがなんとか行きましたよ、

これから宴会が続きます

 

|

« なぜか?今まで知らなかった赤羽駅前の「まるよし」、イイ感じでした、 | トップページ | 年に一度の『テニス合宿&BBQ』、滋賀県朽木の蕎麦屋「永昌庵」で集合です。 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

難波屋のパーカー…記事を読んで私もそそられました。是非とも放浪機会を作って、購入したいと思います。

テリーさん!
やっと本読み終わりました。
東京へ行く機会は皆無ですが、最近の下町酒場ブームの煽りもあり、とても興味深く読ませて頂きました!
最近やっと重い腰を挙げ、自らも酒場放浪する?ようになりました。(月1目標レベルですが…)
是非とも次回作は「ひとりで楽しむ関西酒場」。宜しくお願いします。

投稿: 青豆 | 2012年11月 6日 (火) 22時23分

青豆さん…毎度です♪

ご愛読ありがとうございます、こんな文章で恐縮ですが

酒場巡り、バンバン続けてくださいね、
ワタシももう少し続ける予定です^^)

投稿: テリー | 2012年11月 7日 (水) 06時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪萩ノ茶屋に立ち飲み「難波屋」のライブ&立ち飲みを満喫、そしてもう1軒ライブ梯子へ♪:

« なぜか?今まで知らなかった赤羽駅前の「まるよし」、イイ感じでした、 | トップページ | 年に一度の『テニス合宿&BBQ』、滋賀県朽木の蕎麦屋「永昌庵」で集合です。 »